新車購入

【半年毎に更新】マツダ アクセラ値引き情報の全データまとめ

【半年毎に更新】マツダ アクセラ値引き情報の全データまとめ

出典:マツダ公式HP

アクセラはマツダが販売するミドルサイズの乗用車です。

ハッチバックとセダンの異なる2種類のボディ形状をラインナップし、マツダの販売車種の中核を担う売れ筋の車となっています。

2013年に販売が開始された現行モデルは3代目にあたり、マツダが推し進める「鼓動デザイン」を取り入れたデザイン性を重視した車です。

アクセラはマツダ車初のハイブリッド車を用意しており、クリーンディーゼル車と合わせて環境性能の高さをアピールしています。

そんなアクセラの良さが一発でわかるyoutube動画はコチラ。

今回はそんなマツダの人気車種であるアクセラの値引き情報をまとめていきます。

記事中では、2019年5月に発売されたアクセラの後継車「マツダ3」の値引きについても紹介しています。

アクセラの値引き情報まとめ

  • アクセラ車両本体の値引き目標額:10万円
  • アクセラオプションを含むトータル値引き目標額:20万円
  • アクセラの値引き難易度:難

実際に購入した人のレポートを基に、過去1年間の値引き額の推移をグラフ化しています。

常に最新の情報をお伝えできるよう、値引きデータは定期的に更新しています。

そのためこの記事を読むだけで、アクセラの目標値引き額が分かり、実際の購入価格を知ることができます。

値引き交渉に使えるテクニックも紹介しているので、最終的に新車を安く買うコツが身につきます。

\優良中古車を探すテクニック/

  • 中古車は千差万別、相場よりも高い車や故障車が存在
  • 優良な中古車は市場に出回らず、普通に購入しても手に入らない
  • 優良中古車は状態もよくコスパが良い

一般の人では、優良な中古車は手に入れることができません。

ただし、中古車提案サービスを使うと、市場に出回らない優良な中古車を優先的に紹介してもらえます。

中でもオススメなサービスが「ズバット車販売」です。

※提案してもらうだけでOK、必ずしも購入する必要はありません。

マツダ アクセラの値引き情報

マツダ アクセラの値引き情報

マツダ アクセラの値引き情報

出典:マツダ公式HP

現行モデルのアクセラは2013年に発売されているので、登場から既に5年以上が経過しています。

年次改良を重ねることで商品価値を落とすこと無く、常に最新の技術を取り入れているのが特徴です。

そのため登場から年数が経過しているものの、販売台数は安定して好成績を記録しています。

しかし、そんなアクセラも2019年5月にフルモデルチェンジを実施し、マツダ3という名称に変更されました。

デザインを一新し、内装の質感を大幅に向上したマツダ3は、実質的なアクセラの後継車として販売されます。

これから、アクセラのここ1年の値引きの動向を見つつ、マツダ3はいくらぐらいの値引きが期待できるのかを紹介していきます。

今回は、大手口コミサイト「価格コム」をはじめとする、購入レポートが充実しているサイトから厳選した情報をまとめて紹介していきます。

アクセラの値引き情報まとめ

  • アクセラ車両本体の値引き目標額:10万円
  • アクセラオプションを含むトータル値引き目標額:20万円
  • アクセラの値引き難易度:難

※値引き情報は価格コムを中心にSNSや他サイトの口コミ等を参考にしております。

アクセラの2018年5月~1年間の値引き推移

アクセラの2018年5月~1年間の値引き推移

アクセラの2018年5月~1年間の値引き推移

グレード別のアクセラ目標値引き額

グレード名車両本体価格(値引き前)目標購入額(値引き後)
15S PROACTIVE214万円209万円
15XD PROACTIVE244万円239万円
22XD L Package308万円303万円
15XD L Package(セダン)268万円263万円
HYBRID-S L Package287万円282万円

アクセラの2018年4月~1年間の値引き額は、20~30万円の間で推移していることが分かります。

値引きは20万円と30万円で大きな開きがあるように見えますが、これは全てオプションパーツからの値引きをしてもらっているかどうかの違いです。

アクセラの車両本体価格からの値引きは一律10万円と言われており、どの口コミを見ても基本的に車両価格からの値引きは10万円となっています。

一部例外もありますが、多くの人がそのように投稿していることから、この金額は全国で統一されていることが予想されます。

これは、マツダが値引きを行わない販売戦略を取っているからです。

メーカーから直々にあまり値引きをしないように要請されていることが考えられ、そのため値引き額が少なめになっているのです。

それだとライバル車に価格競争で負けてしまうため、ディーラーが独自にオプションパーツから値引きを行うという対策をしているのです。

それでも全体的の値引き額はあまり大きくなく、アクセラの値引き交渉の難易度は高いと言えるでしょう。

年次改良を毎年行い、商品価値を高いまま維持していることも値引き交渉が難航する原因となっています。

通常、車は数年に1度のマイナーチェンジに留められていることが多く、モデルが古くなるほど値引きをして販売します。

しかし、アクセラの場合は毎年マイナーチェンジを行っているため、常に最新の装備が装着されています。

後継車「マツダ3」の発売が事前にアナウンスされていたにも関わらず、モデル末期特有の「投げ売り」がなかったのも特徴です。

通常、モデル末期の車になると在庫処分のために過剰な値引きを行いますが、アクセラは生産調整を行い過剰な在庫を出さないようにしていました。

そのため過剰な値引き無しでモデル終盤まで乗り切ったのです。

そのため、アクセラは20~30万円の値引きを安定して推移したまま販売を終了しました。

気になる「マツダ3」は、発売が2019年5月末ということもあり、商談している人が少ない状態です。

口コミを見ると、値引きは「なし」または「オプションから5万円」という声が目立ちました。

しばらくは5万円の値引きのみとなることが予想され、マツダ3を買う際は値引きは期待しない方が良いと言えそうです。

2017年も8月にマイナーチェンジが行われており、予防安全性能の向上が図られています。

アクセラに関しては、ディーラーに在庫が残っていれば上記の値引きで購入することができるかもしれません。

安く買えるのはアクセラの方なので、マツダ3と比較してみて、自分にとってライフスタイルに合う方を選びましょう。

こうした点から、アクセラ購入の際には本体から10万円、オプションパーツ込みで20万円の値引きが引き出せれば成功と言えるでしょう。

\下取りよりも30万以上高く売る方法/

  • 車を高く売るならディーラーの下取りはオススメできない
  • 車買取業者1社だけでは足元を見られた査定をされる
  • 複数の買取業者を競争させれば相場よりも高く売れる確率が高い

車一括査定を使うと、あなたの下取り予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が競い合うため、特に交渉せずとも愛車を高く売ることができます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

値引き交渉がしづらいアクセラだからこそ、次の章で紹介するテクニックを身に付けて万全の状態でディーラーに行きましょう。

新車の値引きを引き出す最大のコツは複数のディーラーを回ること

新車の値引きを引き出す最大のコツは複数のディーラーを回ること

新車の値引きを引き出す最大のコツは複数のディーラーを回ること

出典:マツダ公式HP

アクセラの値引きを最大限まで引き出すのであれば、複数のディーラーを回ることは必須です。

ライバル車と競わせることも大事ですが、最も値引きが引き出せるのはアクセラ同士を価格競争させることです。

 車種もグレードも同じにすることで、ディーラーは値段で勝負をするしかなくなるからです。

しかし、近所にあるマツダのディーラーを適当に回ればいいわけではありません。

ディーラーは回る順番と選ぶべき店舗があるため、ここではその方法を紹介します。

別系列のマツダディーラーを回る

まず最初に、回るディーラーは全て別系列であることが必要です。

全てのディーラーはマツダが直接経営しているわけではなく、各地域にある販売会社がマツダと契約を結んで店舗を出しています。

そのため、ディーラーによって経営する販売会社が違うのです。

販売会社ごとに値引きできる価格がバラバラだったり、行っているキャンペーンが違っているという特徴があります。

値引き額はディーラーごとに異なるのではなく、販売会社ごとに異なります。

同系列のディーラーであれば全て同じ値引き額になり、別系列のディーラーであれば全て違う値引き額になります。

そのため、新車の値引き交渉を行う時はディーラーの背後にある販売会社を気にすることが重要です。

同系列のディーラーは社内ネットワークで全店舗が繋がっているため、どの店に行っても商談記録が残っています。

時間を余分に使うだけなので、事前にインターネットを使って別系列のディーラーだけをリストアップしておきましょう。

難しそうに感じますが、別系列のディーラーはマツダのホームページから簡単に探すことができます。

次でその方法を画像つきで紹介します。

マツダで自宅の近所のディーラーを探す方法

新車はなるべく自宅の近くのディーラーで購入しましょう。

一度アクセラを購入したら今後数年は点検や車検でそのディーラーに通うことになります。

その時の通いやすさも考えた上でディーラーを探すのがおすすめです。

今回は、マツダのホームページから自宅の近所にあるディーラーを探す方法を紹介します。

1.マツダの販売店検索のサイトに行く

https://www.mazda.co.jp/purchase/dealer/

2.都道府県・販売会社で検索を使う

マツダのディーラー検索ページは郵便番号で検索する方法と、都道府県・販売会社で検索する方法の2種類があります。

別系列のディーラーを探すためには「都道府県・販売会社で検索」の方を使いましょう。

(※今回は岩手県を例に説明します。 )

都道府県で岩手県を選択すると、下のボックスには「岩手マツダ販売株式会社」「株式会社東北マツダ」「マツダオートザム」の3種類が表示されます。

そのうちのどれかを選択して検索します。

アクセラを探す

アクセラを探す

アクセラを探す

アクセラを探す

出典:マツダ公式HP

3.地図と一覧から近所のディーラーを選ぶ

販売会社を選んで検索すると、その会社が経営しているディーラーが地図と一覧で表示されます。

この中で、自宅から行きやすいディーラーを1店舗リストにします。

それをそれぞれ、販売会社の数だけ同じ作業を繰り返します。

今回例に挙げた岩手県では「岩手マツダ販売株式会社のディーラー1店舗」「株式会社東北マツダのディーラー1店舗」「マツダオートザムのディーラー1店舗」の合計3店舗をリストアップします。

アクセラを探す

アクセラを探す

出典:マツダ公式HP

この方法でリストアップしたディーラーは全て別系列なので、今回はこの3店舗でアクセラの価格交渉を行います。

ディーラーを選ぶ際の注意点

ディーラーを選ぶ時には、なるべく広告チラシ宣伝やテレビCMを行っていない所を選びましょう。

広告宣伝費に多額の投資をしているディーラーは、意外と値引きが渋いと言われています。

これは、広告宣伝費に予算を割きすぎて新車の値引きが行えないからです。

ディーラーの利益は基本的に新車の販売による売上や点検修理などの売上です。

その中から広告宣伝費を使ってしまうと、別の所から削るしかなくなり、結果として新車の値引きを渋ることになります。

意外と、地味な営業活動を行っているディーラーの方が値引き額が大きかったという口コミもあるので、ディーラーを探す時にはこれらの点も考慮しましょう。

サブディーラーと競わせる

派手な営業活動を行っていないディーラーの最たる例がサブディーラーです。

サブディーラーというのは、地元の修理工場が新車販売も行っている店などの事を指します。

マツダの場合は「マツダオートザム」もサブディーラーとして分類されます。

マツダは正規ディーラーに対しては過剰な値引きを行わないように通達していると言われています。

そのため車両本体価格から10万円程度の値引きになってしまうのですが、サブディーラーはこの通達がされていません。

そのため、赤字にならない限りはいくらでも値引きをすることができるのです。

今後の修理などのメンテナンスで入庫してくれることを期待して大幅値引きをするといった例もあるので、新車を買う時はサブディーラーの利用も検討しましょう。

ただし、サブディーラーは必ず最後に回る必要があります。

正規ディーラーはサブディーラーと価格競争をしてはいけないといったルールがあるので、先にサブディーラーに行ってしまうと正規ディーラーで商談することができなくなってしまいます。

これだと全く意味がないため、先にマツダの正規ディーラーで商談をしましょう。

そこで提示された値段をサブディーラーにぶつけて、それより安くならないかどうかを聞くようにしましょう。

サブディーラーは、正規ディーラーと価格競争をしてもいいことになっています。

次の章では、ディーラーに行った時に使いたい値引き額をアップさせるテクニックを紹介します。

さらに値引きを引き出す3つのポイント

さらに値引きを引き出す3つのポイント

さらに値引きを引き出す3つのポイント

出典:マツダ公式HP

上記の方法で、アクセラの値引きは目標に近づけることができます。

しかし、交渉できる余地はまだまだあるのです。

ここでは、大幅値引きを引き出すことに成功した人が行っているテクニックを厳選して3つ紹介します。

特に3つ目に紹介する方法は、もしあなたが下取り車を持っていれば絶大な効果を発揮します。

絶対に見逃さないようにしましょう。

【意外な狙い目】オプションパーツからの値引きを狙う

マツダ車は車両本体価格からの値引きが少ないことで有名です。

そこで各ディーラーはオプションパーツからの値引きを行っています。

これに気づかず契約してしまうと後々損したことに気づきます。

車両価格の値引きが少なかったら、その時点でオプションパーツからどれだけの値引きができるのかを聞きましょう。

ディーラーマンとしてもその質問は想定しているため、値引きできるオプションパーツを提示してくれます。

最も値引きまたはサービスが期待できるオプションパーツは、フロアマットとドアバイザーです。

これらは大半の人が装着する上、3~5万円程度するため、サービスしてもらえばかなりの効果があります。

他にも値引きが狙えるのはボディコーティングです。

ボディコーティングは原価はあまり高くないものの、実際に施工すると10万円程度かかります。

ディーラーとしても利益率が高いパーツなので、値引きをしてもらえる可能性が高いオプションです。

それらをサービスしてもらえないかどうか聞きつつ、最後に端数カットやガソリン満タン納車をお願いするのも忘れないようにしましょう。

【基本テクニック】ライバル車と競わせる

王道な交渉テクニックですが、ライバル車と競わせるのは忘れないようにしましょう。

マツダ社は独自の商品価値があるため大きな効果は見込めませんが、やっておいて損はないテクニックであることは間違いないでしょう。

アクセラには、似たようなコンセプトの車として「スバル インプレッサ」という存在があります。

この2台はボディサイズも近く、性能や価格も似ているため購入を迷う人が後を絶ちません。

先にスバルのディーラーを訪れ、アクセラと迷っている事を伝えた上でインプレッサの見積もりを作成してもらいましょう。

インプレッサは車両価格から15万円前後の値引きをしているため、ライバル車の見積もりとしては悪くありません。

インプレッサの見積もりを出してもらったら、その後マツダのディーラーを訪れてアクセラの見積もりを作成してもらいます。

この際も、インプレッサと迷っていることは伝えましょう。

どれだけアクセラが優れていたとしても、価格があまりに離れていれば購入を諦める人も少なくありません。

そうしたことを匂わせながらマツダのディーラーマンと交渉をしましょう。

あくまで大事なのは購入価格である事を伝えれば、ディーラーマンも値引き交渉に応じるしかありません。

【下取り車があれば期待大】下取り車は一括査定を使って買取店に売る

新車の値引きと同じくらい大事なことが、今の車をいくらで売るのかということです。

ディーラーの下取りは価格が安いと言われています。

その理由は、新車の値引きをして減った利益を下取り車で取り返すように調整しているからです。

これではせっかくアクセラを安く買っても全く意味がないため、ディーラーの下取りは断りましょう。

下取り車は買取店に売ることが一番高く売るコツです。

しかし、自分で買取店を探すのは時間もかかるし大変なので、ここで一括査定を活用しましょう。

一括査定を使えば、ディーラーに売るより高い価格で車を売ることができます。

車を一括査定を使って高く売る

車はディーラーで売らなければいけないというルールはありません。

自分で高く売れる店を見つければそこで手放してもいいのですが、多くの人が面倒に感じて安い価格でディーラーに売ってしまっています。

確かに、自分で買取店を回るのは大変で、店もわからなければ時間もありません。

しかし、一括査定ならインターネットを使って自分の車の査定額を知ることができます。

登録料や利用料も一切無料です。

これから紹介するおすすめの一括査定サイトに、自分の車の「車種・年式・走行距離」を入力するだけです。

最短5分程度で、複数の業者から査定価格を知らせる電話がかかってきます。

その中から、一番高い価格を提示してくれた業者と今後のやり取りを進めていくだけです。

納得できる価格を提示してくれるまで電話で交渉することも可能なので、自宅から一歩も出なくても高価査定を引き出すことが可能です。

一括査定で車が高く売れる理由

中古車買取業者は全世界に販路を持っています。

買い取った車を世界中に流通させることで、一番高く売れる方法で再び販売しています。

日本国内では、過走行車や低年式車、事故歴車は嫌われて査定価格も低くなりがちです。

しかし海外ではあまり気にされることなく、日本車というだけで高く売れるのです。

そうした所に再流通させる販路を持っていることが、中古車買取業者で車が高く売れる理由です。

一括査定のサイトには、こうした中古車買取業者が数十社も登録しています。

査定の依頼が入ると十社以上がその1台を同時に査定するため、内部では競り合いが行われます。

これがオークションのような状態になり、どんどんと査定価格が上がっていくのです。

人気車種ならもちろんこの傾向が強く出るため、最大で数十万円もの違いが出るといったケースも珍しくありません。

色んなジャンルの車を買い取っている業者が査定してくれるため、ミニバンや軽自動車に限らず、スポーツカーや不人気車も高価査定が期待できます。

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「かんたん車査定ガイド」については、総合点ではかんたん車査定ガイドに軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーのポイント

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスのポイント

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドのポイント

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

かんたん車査定ガイド 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口のポイント

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

売却者全員に5,000円がキャッシュバックキャンペーン中

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

まとめ

もし、アクセラを少しでも安く買おうと思っているなら、この2つの方法を試しましょう。

まず1つ目は価格交渉をしっかりすることです。

サブディーラーやライバル車を活用して、車両本体価格のみならずオプションパーツからも値引きをしてもらいましょう。

系列の異なる複数のディーラーを回ることで、その地域で一番安く買えるディーラーを探しましょう。

そして、アクセラを契約したら2つ目の今の車を高く売ることです。

一括査定を活用して、少しでも高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

この2つのコツこそ、アクセラを安く買う方法なのです。

おすすめ記事

54view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

55view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

396view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

584view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-新車購入

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.