【半年毎に更新】スバル インプレッサ値引き情報の全データまとめ

【最新版】スバルインプレッサの値引き情報

最終更新日:2019年3月29日

インプレッサ
※画像出典:スバル公式HP
インプレッサはスバルが販売するミドルサイズの乗用車です。

 

セダンのG4とハッチバックのスポーツがあり、ボディ形状の違いに合わせて名称も変更されています。

 

2016年に販売開始された5代目は、スバル初となる次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」を採用しました。

 

これによって優れたハンドリング性能と高い安全性を両立し、国産車初となる歩行者用エアバッグを全車標準装備したことも話題となりました。

 

そんなインプレッサの良さが一発でわかるyoutube動画はコチラ。

 

この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。

インプレッサの値引き情報まとめ

  • インプレッサ車両本体の値引き目標額:20万円
  • インプレッサオプションを含むトータル値引き目標額:30万円
  • インプレッサの値引き難易度:普通

 

この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。

 

実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。

 

データは半年毎に更新し、過去の値引き推移をグラフ化した上で今後の値引き額の予想も紹介しています。

 

この記事を読むだけで、インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。

 

すぐに実践できる値引き交渉術も紹介しているので、最終的にはインプレッサをお得に購入する方法が身につきます。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

1.スバル インプレッサの値引き情報

インプレッサ
※画像出典:スバル公式HP
現行型のインプレッサは2016年10月から販売が開始されました。

 

2019年8月現在では1~2ヶ月で納車が可能と言われています。

 

登場から2年以上が経過したことで需要も落ち着き、新車効果が薄れてきたこのタイミングで、値引き額と交渉の難易度はどう変化したのでしょうか?

 

そこで、インプレッサの最新の値引き額はどうなっているのか、過去1年間の値引き情報をグラフ化してまとめました。

 

今回は、大手口コミサイト「価格コム」に投稿された、実際の値引きレポートを参考にお話します。

インプレッサの値引き情報まとめ

  • インプレッサ車両本体の値引き目標額:20万円
  • インプレッサオプションを含むトータル値引き目標額:30万円
  • インプレッサの値引き難易度:普通

価格コムの値引き情報
※画像出典:価格コム「スバルインプレッサ値引き情報」より

 

インプレッサの2018年3月~1年間の値引き推移

インプレッサ

 

グレード別のインプレッサ目標値引き額

グレード名 車両本体価格(値引き前) 目標購入額(値引き後)
2.0i-S EyeSight AWD 261万円 241万円
2.0i-S EyeSight 239万円 219万円
2.0i-L EyeSight 218万円 198万円
1.6i-L EyeSight AWD 216万円 196万円
1.6i-L EyeSight 194万円 174万円


2018年3月~2019年2月の1年間で、インプレッサの値引き額は30万円前後を推移しています。

 

納期はどんどん短縮され、現在は注文から1~2ヶ月程度で納車とアナウンスされているようです。

 

インプレッサは発売後、その高い商品力が評価され、カーオブザイヤーを受賞しました。

 

カーオブザイヤーを受賞したことで販売も好調で、値引きも少なく納期も長めとなっていました。

 

口コミの中にも値引き交渉が難航したという声が多く見られていましたが、現在ではその需要も落ち着いています。

 

登場から2年が経ち新車効果も薄れた今、安定して30万円程度の値引きがされていることが分かります。

 

交渉の難易度も下がり、しっかり交渉すれば平均値引き額を狙うことは難しくないと言えるでしょう。

 

新型モデルであることから、今後もしばらくはビッグマイナーチェンジなどは行われないでしょう。
そのため値引き額もしばらくは同水準で推移することが予想され、決算月やボーナス商戦を狙うことで値引き額を拡大させる工夫などが必要です。

 

こうした点から結論として、インプレッサ購入の際には本体から20万円、オプション込みで合計30万円の値引きが引き出せれば成功と言えます。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

次の章では、値引きに成功した人が使っているテクニックを紹介していきます。

 

2.複数のディーラーを回ることが成功のカギとなる

インプレッサ
※画像出典:スバル公式HP
交渉の難易度が高いインプレッサは、1つのディーラーと商談するだけでは大幅値引きは期待できません。

 

成功体験にあるような金額を目指すのであれば、スバルのディーラーをいくつか回ることが重要です。

 

ライバル車と値引き競争をさせることも大事ですが、複数のディーラーでインプレッサ同士で競わせることも大きな効果が見込めます。

 

ただし、近所にあるスバルのディーラーをやみくもに何店舗も回るのは意味がありません。

 

ここでは、回るディーラーの探し方を紹介していきます。

 

このポイントさえ抑えれば、大幅値引きを狙うことも不可能ではありません。

 

スバルディーラーの種類を正しく理解する

スバルはディーラーの事情が他メーカーとは若干違います。

 

他メーカーは1つの地域にいくつもの販売会社があり、それぞれがメーカーと契約を結んでディーラーを運営しています。

 

そのため親会社が違うディーラーを回るだけで最安値を簡単に引き出すことが出来るのですが、スバルの場合は違います。

 

スバルは基本的に1つの地域に1つの販売会社しかありません。

 

住んでいる都道府県にあるディーラーは全て同じ会社が経営しています。

 

値引きできる金額などは全て販売会社ごとに決まっているため、これでは何店舗回っても同じ値引き額しか引き出せないのです。

 

そこで活用するのが、隣県のディーラーを回る方法です。

 

スバルは1地域1販売会社制のため、隣県のディーラーになれば強制的に販売会社が変わります。

 

別資本の会社となるため、値引きに割ける予算や行っているキャンペーンが変わるのです。

 

もし隣県まで容易に行ける距離に住んでいる場合は、県をまたいでディーラーを回るのがおすすめです。

 

サブディーラーを活用する

隣県が遠いからといって諦める必要はありません。

 

スバルにはメーカー直営のディーラーとは違う、サブディーラーと呼ばれる販売店があります。

 

メーカー直営のディーラーは特約店と呼ばれ、「地域名+スバル株式会社」という社名です。

 

サブディーラーはスバルショップと呼ばれ、各地域の販売会社が独自に運営しています。

 

整備工場や中古車販売店が兼業で新車販売をしている場合もあり、これもサブディーラーに該当します。

 

サブディーラーでインプレッサを契約すると、その店は各地域のスバル直営のディーラーに注文を入れます。

 

結果的に直営店で買うのと変わらないと思われがちですが、ここでやり取りされる販売契約は「業販」と呼ばれ、一般客が直営ディーラーで買うよりも安く卸されます。

 

サブディーラー車を買うということは、この業販を賢く使うことを意味するのです。

 

サブディーラーは試乗車や商談用のショールームを用意していない上に、営業マンも雇っていません。

 

そのため新車販売における余計なコストがかからず、新車を安く販売することが可能なのです。

 

スバルディーラーを回る順番を知っておく

これらの事情を知った上で、まず最初に回るべきは住んでいる都道府県のディーラーです。

 

まずは近所のディーラーに訪問し、インプレッサの見積もりを出してもらいましょう。

 

決してその場で契約はせず、まずは限界の値引き額を聞く程度に留めます。

 

最終金額がわかった所で一旦退店し、その足で隣県のスバルディーラーに行きましょう。

 

1店舗目で出してもらった見積書を提示して、同じグレードの同じ装着オプションで見積もりを出してもらいます。

 

その上で価格交渉をして、最終価格が分かったタイミングで退店しましょう。

 

そして、最後に住んでいる地域にあるサブディーラーに行きましょう。

 

直営のディーラーで出してもらった見積書を提示して、その金額より安くできないかを単刀直入に聞きます。

 

サブディーラーは新車の販売をメインにしているわけではないので、すぐに可能かどうかを教えてくれます。

 

他にもサブディーラーがあれば訪問し、一番安い価格を提示してくれる所を見つけましょう。

 

ポイントは、サブディーラーは最後に訪問することです。

 

直営のディーラーは、サブディーラーの見積もりに対しては一切競合しません。

 

万が一サブディーラーより安い価格を提示して新車を売ってしまうと、顧客を奪い取ったということになってしまうからです。

 

業販のルール上それはタブーとされているため、ディーラーはサブディーラーで交渉をしている人に対しては慎重になります。

 

そのため、まずは直営ディーラーで見積もりを出してもらい、その上でサブディーラーに訪問しましょう。

 

それが、最安値を出すためのスバルディーラーの回り方です。

 

スバルで自宅の近くの店舗を探す方法

このルールを覚えたら、まずは自宅の近くにあるスバルのディーラーを探しましょう。

 

回るディーラーを決めたらリストアップし、全てを1日~2日で回ってしまいましょう。

 

ここでは、メーカー直営のスバルディーラーの探し方を画像つきで紹介します。(※今回は埼玉県を例として説明します。)

 

1.スバルの販売店検索のサイト(https://ap.subaru.jp/search/dealer.html#/)に行く

 

2.都道府県から探す
スバルのディーラー検索は、都道府県・郵便番号・地図からの3つの方法で行うことができます。

 

今回は都道府県を選択して検索します。

 

市町村を入力せずに検索すると、その都道府県にある全ての販売会社を探すことが可能です。
インプレッサを探す
インプレッサを探す
※画像出典:スバル公式HP

 

3.一覧から近くのディーラーを見つける
画面上には住んでいる都道府県とその隣県にあるスバルディーラーが全て表示されています。

 

その中から、住んでいる都道府県のディーラー1店舗と、隣県の都道府県にあるディーラー1店舗をリストアップします。

 

複数の県が隣接している場合は、回れる範囲のディーラーを選択しましょう。
インプレッサを探す
※画像出典:スバル公式HP

 

スバルのディーラー検索は、試乗車や展示車の情報も表示されるため、回るディーラーに迷った時は好みの展示車がある店舗を選ぶのがおすすめです。

 

残念ながらこの方法はサブディーラーを探すことはできないため、直営ディーラーの検索にしか使えません。

 

サブディーラーを探したい場合は検索サイトで「地域名+新車販売」などと検索するようにしましょう。

 

3.さらに値引きを引き出す3つのポイント

インプレッサ
※画像出典:スバル公式HP
ここまで紹介した方法で、インプレッサの値引きは限界に近いものが引き出せているはずです。

 

目標値引き額を達成したからといって、購入を決めるのはまだ早いです。

 

最後にもう少し頑張ることで、プラスαの値引きを引き出しましょう。

 

契約直前というのは、値引き交渉においてとても重要なタイミングなのです。

 

特に3つ目の方法は、あなたが下取り車を持っていれば効果は絶大です。

 

絶対に見逃さないようにしましょう。

 

【誰でも知っておきたい】ライバル車と競合させる

スバルはディーラーの数が少ないため、インプレッサ同士の競合も限界があります。

 

そこで活躍するのがライバル車の値引き情報なのです。

 

ライバル車と購入を迷っている事を伝えることで、インプレッサを購入してほしいスバル側から大幅値引きを引き出すことができます。

 

現在国内外で販売されている新車の中で、最もインプレッサとボディサイズも性能も価格帯も近い車は「マツダ アクセラ」です。

 

スバルのディーラーに行く前にマツダに出向き、アクセラの見積もりを作成してもらいます。

 

その際に、インプレッサと迷っている旨を伝えて限界まで値引いてもらいます。

 

購入する予定がない車の見積もりを取るのは面倒かもしれませんが、インプレッサの値引き額を少しでも多くするためには必要なことです。

 

アクセラは30万円前後の値引きがされているので、目標を30万円として交渉をしましょう。

 

無事アクセラの見積書が完成したら、それをもらって退店します。

 

その足でスバルのディーラーに出向き、アクセラとインプレッサを価格競争させるのです。

 

マツダで値引いてもらった金額を提示して、どちらか安い方を買いたいと伝えれば間違いありません。

 

車両本体の値引き額で勝てなかったとしても、オプションパーツ等で調整してくれる可能性があります。

 

ボディサイズや性能が近いライバル車として「フォルクスワーゲン ゴルフ」がありますが、ゴルフは車両価格がインプレッサよりもかなり高いので、値引き交渉の材料としては使えないでしょう。

 

【購入を焦っていなければ】決算期に購入する

もし、現在車の買い替えを焦っていないようであれば、3月と9月にある決算期を狙いましょう。

 

会社の年間の業績を大きく左右する勝負の一ヶ月間なので、ディーラーも販売に必死になります。

 

この間はキャンペーンも積極的に行っているので、現金値引きとは別にオプションパーツプレゼント等のサービスが期待できます。

 

ただし、決算期は毎週のようにキャンペーンを行っているためディーラーも混雑が予想されます。

 

商談が遅れて契約が翌月にずれ込んでしまうと、せっかく勝ち取った大幅値引きも無効になってしまいます。

 

決算期は、その月の間に契約することが条件なのです。

 

そのため、決算期はなるべく早めに契約をすることが大事なのです。

 

年に2回しかないイベントのため、ディーラーは1ヶ月以上前から決算を見越した販売戦略を立てます。

 

ディーラーによっては2月や8月から決算用の予算を使って値引きをしてくれる所もあるので、事前に相談をしてみることをおすすめします。

 

条件だけ先に詰めてしまい、契約だけ決算期に行うということも可能です。

 

1台でも多く売りたいディーラーは、このあたりの相談には柔軟な対応をしてくれます。

 

3月と9月の大決算月以外にも、6月と12月も四半期決算として大幅値引きが期待できます。

 

購入のタイミングをこの月にずらしても問題ないようであれば、決算期を狙いましょう。

 

【下取り車があれば期待大】下取り車は一括査定を使って買取店に売る

もし、インプレッサを購入する際に下取りに出そうと思っている車があるなら、ディーラーに売ることはやめましょう。

 

ディーラーの下取りは基本的に金額が安く、せっかくの新車の値引き分を打ち消してしまうことがあります。

 

ディーラーは新車の値引きをがんばった分、下取り車を安く買うことで調整しようとします。

 

結果的にトータルの支払額で見ると大して値引きされていないということが起きてしまうのです。

 

こうした事態にならないように、下取り車は中古車の買取を専門にしている買取店に売りましょう。

 

一括査定を使えば簡単に自分の車を一番高く買い取ってくれる業者を見つけることができるのでおすすめです。

 

一括査定サービスを利用して車を高く売る

複数の中古車買取業者に一度に査定を依頼することを一括査定と言います。

 

最近はインターネットで簡単に利用ができるようになり、利用者が増えています。

 

一括査定のサイトに、自分の乗っている車の「車種・年式・走行距離」を入力するだけで、最大10社以上の中古車買取業者が査定を行ってくれます。

 

査定結果は最短5分程度で分かり、電話によって伝えられます。

 

満足できる査定額を提示してきた業者に家に来てもらって、実車の査定をお願いするだけなので無駄がありません。

 

一括査定を使うおすすめのタイミングはスバルのディーラーに行く前です。

 

インプレッサの見積もりを出してもらうより前に自分の車の価値を知っておけば、トータルの支払額の計算が楽です。

 

さらに、ディーラーが下取りの査定をしてくれた時に、その査定額が妥当かどうかもその場で分かります。

 

一括査定の結果とあまりにかけ離れていれば、ディーラーの下取りをその場で断ってしまうこともできます。

 

こういう便利な使い方ができるのも大きなメリットと言えます。

 

一括査定で車が高く売れる理由

一括査定のサイトに登録しているのは、中古車の買取を専門にしている会社だけです。

 

買い取った車を流通させるための販路を広く持っているため、どんな車であっても適正な査定価格を提示することができるのです。

 

人気車種であれば当然多くの業者が欲しがるため、複数の業者がオークションに似た形式で価格競争をします。

 

さらに、ディーラーの下取りで嫌われる「低年式車・過走行車」も、海外に販路を持っている中古車買取業者であれば高額査定が期待できます。

 

海外では日本車の需要が高いため、高く売ることができるのです。

 

自社の中古車販売店に流すだけのディーラーにはできないことなので、その差が査定価格となって現れます。

 

業者によって査定ポイントも違うため、改造車や修復歴がある車であっても大きなマイナス査定になりにくいといった特徴もあります。

 

ディーラーは新車販売のプロではありますが、中古車販売のプロではありません。

 

中古車の販売を主に行っているプロに売るのが、車を一番高く売る方法なのです。

 

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。

蛇足にはなりますが、家電の最安値を調べるときに重宝する「価格.com」も一括査定サービスを運営していますが、実は裏側は「カーセンサー」のサービスです。(カーセンサーの運営会社は「株式会社リクルートパートナーズ)
価格.comの一括査定注意事項


それだけでも安心して利用できますよね!


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約49社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



かんたん車査定ガイド

車査定比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:211社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ズバット車買取

廃車寸前のボロボロの車であれば「廃車買取.com」

廃車買取.com

 

 特徴①:どんな車でも0円以上の買取保証あり
 特徴②:年中無休で全国どこでも買取がOK
 特徴③:廃車に掛かる費用や廃車の手続きはすべて無料で対応


カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カービュー

 

4.まとめ

インプレッサを安く買う方法はたったの2つだけです。

 

値引き交渉をしっかりすること下取り車を高く売ることです。

 

スバルはディーラーの数が少ないため、どんな戦略を立てるかが成功のカギを握ります。

 

ライバル車やサブディーラーをうまく活用し、無駄のない交渉をすることが重要です。

 

現金値引きだけにこだわらず、オプションパーツやメンテナンスパックのサービスなども狙いましょう。

 

納得できる金額で契約ができたら、下取り車をなるべく高く売ることに専念します。

 

事前に一括査定サービスを使って自分の車の本当の価値を知っておき、ディーラーには売らずに中古車買取業者に売りましょう。

 

車を安く買うことも大事ですが、今の車を高く売ることも同じくらい大事です。

 

この2つをしっかり覚えて、少しでも安くインプレッサを購入しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

【半年毎に更新】ホンダ フリード値引き情報の全データまとめ
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
【半年毎に更新】トヨタ シエンタ値引き情報の全データまとめ
この記事では、シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。常に最新の情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。この記事を読むだけでシエンタの平均値引き額と目標購入金額が分かります。交渉テクニックも紹介しているので、最終的には新車を少しでも安く購入する方法が身につきます。
【半年毎に更新】日産 ノート値引き情報の全データまとめ
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」は何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【半年毎に更新】トヨタ C-HR値引き情報の全データまとめ
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
【半年毎に更新】ダイハツ トール値引き情報の全データまとめ
2016年11月、ダイハツから発売されたのが「トール」です。取り扱いやすいコンパクトカーサイズのボディでありながら、全高を高くすることで広い室内空間を実現。経済性と実用性の両立を図り、1Lエンジンを搭載しているのが特徴です。先進の安全運転支援システムも搭載し、購入しやすい価格にまとまっていることが人気の秘訣です。この記事では、そんなトールの最新値引き情報についてまとめています。実際にトールを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き額をグラフ化。平均でどれくらいの値引きがされているのかカンタンに知ることができます。
【半年毎に更新】トヨタ タンク値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「タンク」の値引き情報をまとめています。実際にタンクを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。タンクの目標値引き額が分かり、購入金額を決める参考になります。新車を安く買うためのコツも紹介しているので、最終的にはタンクを安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ルーミー値引き情報の全データまとめ
ルーミーの値引き情報についてまとめています。実際にルーミーを購入した人の購入レポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。ルーミーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはルーミーを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】スズキ ジムニーシエラ値引き情報の全データまとめ
スズキが販売する本格的クロカン車「ジムニー」。スズキの定番車種として高い人気を誇りますが、そのジムニーの排気量を上げたモデルがジムニーシエラです。1.5Lのエンジンを搭載することで出力とトルクがアップし、本格的な四輪駆動システムと合わせることで高い走破性を実現しているのが特徴。この記事では、ジムニーシエラの値引き情報を詳しく紹介。これからジムニーシエラを買う際、いくらぐらいの値引きが可能なのかをお伝えします。値引き情報は全てネット上に投稿された、実際にジムニーシエラを購入した人の口コミが基となっているため、信ぴょう性が高い情報を提供しています。
新型ソリオは何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【半年毎に更新】スズキ ソリオ/バンディット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】マツダ CX-5値引き情報の全データまとめ
CX-5の値引き情報についてまとめていきます。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。CX-5の予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にCX-5をお得に購入するテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ヴィッツ値引き情報の全データまとめ
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-BOX値引き情報の全データまとめ
新型N-BOX・N-BOXカスタムの値引き情報をまとめていきます。実際にN-BOXを購入した人による値引きレポートを基に、値引き推移をグラフ化してまとめています。この記事を読むだけで、N-BOX/N-BOXカスタムの予想値引き額と目標購入金額が分かります。交渉で使えるテクニックも紹介しているので、最終的にはN-BOXを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ ステップワゴン値引き情報の全データまとめ
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ フィット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去1年間のデータをグラフ化してまとめています。最新の情報をお伝えするためにデータは半年毎に更新し、今後の値引き額の予想についても紹介しています。この記事を読むだけで、フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
SUVで人気のエクストレイル!3つの特徴・評判とライバル車種比較
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【半年毎に更新】日産 エクストレイル値引き情報の全データまとめ
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ ノア値引き情報の全データまとめ
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ヴォクシー値引き情報の全データまとめ
みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去1年分の値引き推移をグラフ化しています。最新の値引き情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。この記事を読むだけで、ヴォクシーの値引き可能額や目標値引き額が分かります。値引き交渉の必勝テクニックもまとめていますので、最終的には車を安く買う方法が身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ エスクァイア値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
【半年毎に更新】トヨタ プリウス値引き情報の全データまとめ
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
【半年毎に更新】ダイハツ ムーヴ値引き情報の全データまとめ
ムーヴの値引き情報についてまとめています。実際にムーヴを購入した人による口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、ムーヴの予想値引き額と目標購入金額が分かります。車をお得に購入する方法も紹介しているので、最終的にはムーヴを最安値で買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】トヨタ カローラ値引き情報の全データまとめ
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ ヴェゼル値引き情報の全データまとめ
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】マツダ アクセラ値引き情報の全データまとめ
マツダの人気車種であるアクセラの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。アクセラの目標値引き額が分かり、実際の購入価格を知ることができます。値引き交渉に使えるテクニックも紹介しているので、最終的に新車を安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ハリアー値引き情報の全データまとめ
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
【半年毎に更新】日産 リーフ値引き情報の全データまとめ
日産の次世代の環境車両と言われているのがリーフです。ガソリンエンジンを搭載しない、100%電気自動車として2010年に初代モデルが発売されました。リーフは日本をはじめとする全世界で販売され、電気自動車の代名詞と言える存在。2017年には初のフルモデルチェンジを実施し、航続可能距離が飛躍的に向上したことで話題となりました。この記事は、実際にリーフを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き推移をグラフ化して紹介しています。これからリーフを購入する際、いくらぐらい値引きが期待できるのかが分かるように、口コミのまとめも紹介。
【半年毎に更新】トヨタ ヴェルファイア値引き情報の全データまとめ
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ アルファード値引き情報の全データまとめ
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ シャトル値引き情報の全データまとめ
シャトルの値引き情報についてまとめていきます。実際にシャトルを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。シャトルの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にシャトルを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ オデッセイ値引き情報の全データまとめ
オデッセイ/オデッセイハイブリッドの値引き情報をまとめています。実際にオデッセイを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。オデッセイの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うための方法もまとめているので、最終的にオデッセイを安く買うためのコツが全て身につきます。
【半年毎に更新】日産 デイズ値引き情報の全データまとめ
デイズ/デイズルークスの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。デイズ/デイズルークスの予想値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。その他にも、新車を少しでもお得に購入するためのテクニックもまとめているので、最終的にはデイズを安く買う方法が身に付くでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツ タント値引き情報の全データまとめ
タントの値引き情報をまとめています。今タントがいくらぐらいで買えるのか、実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけタントの予想値引き額と目標購入金額が分かります。さらに、新車を安く買うための方法も紹介しているので、最終的にタントをお得に買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツ ミライース値引き情報の全データまとめ
長らくダイハツの看板車種として親しまれてきたミラですが、現在は低燃費に特化した「ミライース」のみが販売されています。この記事では、「ミライース」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。
コスパが最強?スズキアルトの4つの特徴とライバル車種を徹底比較
せっかく車を購入するなら、少しだけ個性的な車が良いと思いませんか?更にコスパが高い車種なら文句なしですよね。そこで登場するのがスズキの「アルト」です。本当にコスパが高く、さらに個性の強い車種であるためあなた自身も狙っているのではないでしょうか。最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にアルトを購入できるということが理解できますよ。
【半年毎に更新】スズキ アルト/アルトワークス値引き情報の全データまとめ
アルトの全モデルを対象にした値引き情報をまとめています。実際にアルト/アルトワークスを購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけでアルト/アルトワークスの予想値引き額と、購入の目安になる金額が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム値引き情報の全データまとめ
N-WGNシリーズ全ての値引き情報を取り扱っています。実際にN-WGNを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。N-WGN/N-WGNカスタムの目標値引き額と予想購入価格が分かります。値引き交渉で使えるワザも紹介しているので、最終的に新車を安く買うための方法が全て分かるようになっています。
【半年毎に更新】ダイハツキャスト値引き情報の全データまとめ
ダイハツのキャストの値引き情報をまとめています。実際にキャストを購入した人のレポートを参考に、今キャストがいくらで購入できるのかを紹介しています。値引き額の推移もグラフ化して紹介しているので、この記事を読むだけでキャストの目標値引き額と大体の購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも扱っているので、最終的にキャストを安く買うための方法が全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツウェイク値引き情報の全データまとめ
ダイハツウェイクの値引き情報をまとめています。ウェイクが実際にいくらで買えるのかをわかりやすくするため、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでウェイクがいくらの値引きが可能なのか、どれくらいの金額で購入できるのかが分かります。新車値引きのテクニックなども紹介しているので、最終的にウェイクを安く買うためのノウハウが全て身に付きます。
【半年毎に更新】トヨタ ピクシス値引き情報の全データまとめ
ピクシスシリーズがいくらで買えるのか、値引き額について紹介しています。みんなはいくらでピクシスを買っているのかをわかりやすく紹介するために、値引き額の推移をグラフ化しています。この記事を読むだけで、ピクシスシリーズの目標値引き額と予想購入価格が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはピクシスを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】 スズキ エブリィワゴン値引き情報の全データまとめ
エブリィワゴンの値引き額を中心とした情報をまとめています。エブリィワゴンはどれくらいの値引きが期待できるのかを紹介するために、実際に購入した人の口コミを基に値引き額の推移をグラフ化しています。そのためこの記事を読むだけでエブリィワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはエブリィワゴンを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
2017年12月発売のスズキ新型クロスビーの4つの特徴とライバル車種との比較
スズキが2017年12月25日に発売したのが、新型「クロスビー」です。ハスラーのテイストを強く残しつつ、サイズを拡大することで5ナンバーの普通車として登場しました。この記事では、そんなクロスビーについてまとめていきます。クロスビーの特徴ってなんだろう、ライバル車と比べて何がすごいの?、目標の値引き額はどれくらいなんだろうか?今回の記事は、その全てを解決するためにクロスビーを徹底調査してまとめました。
【半年毎に更新】スズキ クロスビー値引き情報の全データまとめ
クロスビーはスズキが2017年に発売した、小型のクロスオーバー車です。軽自動車「ハスラー」のデザインが好評であることから、同じテイストのデザインを採用していることが特徴。1,000ccのエンジンを搭載する普通車であるため、軽自動車と違い大人5名が乗車できるようになっています。扱いやすいボディサイズで、「軽自動車では物足りない」という人にちょうどいいと評判の1台です。この記事は、クロスビーの値引き情報を中心に、新車を安く買うための方法を紹介しています。過去1年間の値引き額の推移をグラフ化しているため、一発で目標値引き額がわかるようになっているのが特徴。
【半年毎に更新】日産 セレナ値引き情報の全データまとめ
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ ランドクルーザープラド値引き情報の全データまとめ
トヨタが1984年から製造・販売している、ランドクルーザープラド。本格的な四輪駆動車として高い走破性を持ち、耐久性の高さは全世界で評価されています。トヨタのオフローダー「ランドクルーザー」シリーズの1台であり、ボディサイズ・値段ともにシリーズ内では最も手が出しやすい位置に属しているのが特徴です。現行型は2009年から販売されており、何度か大型のマイナーチェンジを実施。この記事では、そんなランドクルーザープラドの最新値引き情報についてまとめています。