【半年毎に更新】トヨタ シエンタ値引き情報の全データまとめ

【最新版】トヨタのシエンタ値引き情報

最終更新日:2019年3月12日

シエンタ
※画像出典:トヨタ公式HP
トヨタのシエンタはコンパクトなボディに7名が乗車できる、3列シートを搭載するミニバンです。

 

2003年に初代モデルが発売され、2015年のフルモデルチェンジで2代目になりました。

 

フルモデルチェンジでテイストを大きく変え、トレッキングシューズをイメージしたスタイリッシュなデザインになりました。

 

2代目からはハイブリッドモデルを用意したことで、より多くの層に訴求できるラインナップになっています。

 

そんなシエンタの良さが一発でわかるyoutube動画はコチラ。

 

この記事では、シエンタの値引き情報についてまとめています。

シエンタの値引き情報まとめ

  • シエンタ車両本体の値引き目標額:25万円
  • シエンタオプションを含むトータル値引き目標額:35万円
  • シエンタの値引き難易度:易

実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。

 

常に最新の情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。

 

マイナーチェンジ予想などに基づき、今後の値引き額の変動も紹介。

 

この記事を読むだけで、シエンタの平均値引き額と目標購入金額が分かります。

 

交渉テクニックも紹介しているので、最終的には新車を少しでも安く購入する方法が身につきます。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

1.トヨタ シエンタの値引き情報

シエンタ
※画像出典:トヨタ公式HP
シエンタは2015年の販売開始とともに爆発的な大ヒットとなり、一時は納車まで半年近く待たされるという事態が起きたほどです。

 

一時は需要も落ち着きましたが、2018年9月に大がかりなマイナーチェンジを実施。

 

内外装のデザイン変更や2列シート車の追加をしたことで、再び納期は長引くことになりました。

 

2019年4月現在では納期は2~4ヶ月と案内されており、選ぶグレードによってはかなり待たされることになってしまいます。

 

とは言え値引き難易度は上がっておらず、交渉次第では大幅値引きも可能。

 

そこで、2018年の1年間にシエンタの値引き額はどう推移したのかを見ていきましょう。

 

今回は、大手口コミサイト「価格コム」に寄せられた購入レポートや、その他のサイトに投稿された内容を参考に紹介します。

 

シエンタの値引き情報まとめ

  • シエンタ車両本体の値引き目標額:25万円
  • シエンタオプションを含むトータル値引き目標額:35万円
  • シエンタの値引き難易度:易

価格コムのシエンタ値引き情報
※画像出典:価格コム「トヨタシエンタ値引き情報」より

 

シエンタの2018年3月~2019年2月の値引き推移

シエンタ

 

グレード別のシエンタ目標値引き額

グレード名 車両本体価格(値引き前) 目標購入額(値引き後)
ハイブリッドG 238万円 213万円
ハイブリッドG Cuero 253万円 228万円
ハイブリッドFUNBASE G 234万円 209万円
X 181万円 156万円
FUNBASE X 177万円 152万円


シエンタの2018年3月~2019年2月の値引き額は、オプション値引き込みで35万円前後を推移しています。

 

発売直後は販売も絶好調だったため、値引きも5万円や10万円程度という口コミも目立ち、非常に交渉の難易度が高い車でした。

 

しかし今ではビッグマイナーチェンジがあったものの、値引き額は大幅に拡大。

 

口コミを見ても平均して35万円程度の値引きがされていることが分かります。

 

人によっては40万円を超える値引きも見られ、現在シエンタの値引き交渉の難易度はそう高くないことが考えられます。

 

その理由の一つに、シエンタの最大のライバルであるホンダ「フリード」のフルモデルチェンジがあります。

 

フリードは2016年にフルモデルチェンジを実施して、シエンタの飛躍にストップをかける唯一の存在となりました。

 

それまでシエンタの一人勝ちだったため、ライバル不在で値引き額も渋めになっていました。

 

そこでフリードが登場したことで状況が一変し、値引き競争が始まったのです。

 

そうした背景から、現在はきちんと交渉を行えば大幅値引きを引き出すことはそう難しくありません。
ビッグマイナーチェンジ直後であるため、今後もしばらくはモデルチェンジの予定はありません。

 

現時点でこれだけの値引きがされていることから、今後も値引き額は安定して今の水準を保ち続けるでしょう。

 

こうした背景を踏まえ、結論としてシエンタ購入の際には本体から25万円、オプション込みで35万円の値引きが引き出せれば成功と言えるでしょう。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

次の章では、きちんと値引き交渉を行うための必勝テクニックを紹介していきます。

 

2.複数のディーラーを回ることが値引きを引き出す一番のコツ

シエンタ
※画像出典:トヨタ公式HP
値引き交渉の鉄則は、シエンタを扱っているディーラーをいくつか回ることです。

 

1店舗だけで決めてしまうと、その値引き額が本当に安かったのかどうかわかりません。

 

もしかしたら他にもっといい条件を提示してくれるディーラーがあった可能性もあります。

 

そうならないためにも、住んでいる地域のトヨタ系ディーラーは複数回ることが大事です。

 

ディーラー同士の値引き競争も引き起こせるので一石二鳥です。

 

しかし、そのためには覚えておきたいポイントがいくつかあります。

 

実は近所にあるディーラーをランダムに回るだけでは限界価格を引き出すことはできないのです。

 

そこで、まずはディーラーの仕組みを理解しましょう。

 

トヨタ シエンタの取扱店舗はどのディーラー?

トヨタはディーラーの運営方式として「チャネル制度」というものを導入しています。

 

トヨタには「ネッツ店、カローラ店、トヨペット店、トヨタ店」の4種類のディーラーがあります。

 

これらのディーラーはそれぞれ経営母体が違い、全て別の販売会社が関わっているのです。

 

今回はチャネル制度を利用し、戦略的にディーラーを回って価格競争を仕掛けるテクニックを紹介していきます。

 

シエンタを取り扱っているディーラーは4つ全て

トヨタの販売チャネルの中で、シエンタは以下のディーラーで販売されています。

トヨタ シエンタの取扱店舗4つ

  1. トヨタ店
  2. トヨペット店
  3. カローラ店
  4. ネッツ店

シエンタはトヨタのラインナップの中では珍しく、全チャネル販売がされています。

 

どのディーラーに行っても購入できるため、この4つのディーラーを回れば価格競争を引き起こすことが可能になるのです。

 

これらの販売チャネルは基本的に全て経営母体が異なります。

 

そのためそれぞれの販売会社で予算や行っているキャンペーンが異なります。

 

それぞれが販売計画やノルマを持っているため、値引きのタイミングや限界価格、キャンペーンを仕掛けるタイミングが違うのです。

 

それはつまり、値引き価格は全てのディーラーで違う事を意味するため、4つのディーラーを回ってシエンタの限界値引き額を把握しましょう。

 

販売チャネルによって値引きの特性も異なる

トヨタの販売チャネルの中でも、最も値引きが引き出しやすいと言われているのが「ネッツ店」です。

 

なぜならネッツ店はコンパクトカーとミニバンをメインで扱う、トヨタディーラーの中でも設立が比較的後発のチャネルです。

 

トヨタのラインナップの中でも低価格帯の車種を扱うことと、長期で付き合いをしているお客様がまだ少ないことから、新規客に対しての値引きも積極的です。

 

そのため値引き要求に難色を示すことなく、すんなりと限界価格を提示してくれる傾向があります。

 

一番最初にネッツ店へ行き見積もりを出してもらったら、その場は一旦保留にして退店しましょう。

 

その足で向かうべきは「カローラ店」です。

 

カローラ店はネッツ店とラインナップが重複している部分も多く、兄弟車を多く取り扱っているという特徴があります。

 

そのためネッツ店との顧客争奪戦が激しく、最初にもらった見積もりをぶつけることでそれを超える値引き額を提示してくれる可能性があります。

 

シエンタの値引き交渉は、基本的にこの2つのディーラーで行いましょう。

 

この時点で大体の値引き額もわかり、目標値引き額もなんとなく分かって来るはずです。

 

「自分はいくらでシエンタを買いたい」と言う明確な金額が決まったら、3店舗目「トヨペット店」へ向かいましょう。

 

トヨペット店での交渉は単刀直入に目標購入金額を伝えることがポイントです。

 

なぜかというと、トヨペット店は販売ノルマが厳しいディーラーと言われています。

 

マークXなどの中価格帯の車をメインで扱っているため、値引きに対してはあまり積極的ではありませんが、ノルマ達成が厳しいディーラーマンに当たれば大幅値引きが期待できます。

 

一発勝負の側面が強いため、いきなり目標購入金額を伝えてそれができるかどうかを問うのが有効です。

 

そこでの見積もり結果も一旦保留し、最後に「トヨタ店」に向かいましょう。

 

トヨタ店は歴史も長く、高級車をメインで販売するディーラーなので値引きに対してあまり寛容とは言えません。

 

そのため値引きしてほしい気持ちはあまり口に出さず、まずはディーラーマンが提示してくる金額をしっかり確認しましょう。

 

その上で他のディーラーの方が安かったらその旨を伝えて、相手の出方を伺います。

 

好感触が得られなかったらトヨタ店での交渉はその時点でストップしてしまって構いません。

 

最後に残った3つのディーラーで引き続き値引き交渉を続けていきましょう。

 

ディーラーを回る上で注意すべき点

ここで紹介した方法を実践するためには、注意すべき点があります。

 

ディーラー回りは同日もしくは同じ週のうちに行いましょう。

 

キャンペーンや値引きに割ける予算は週によって異なります。

 

ノルマ達成の関係から月末の方が予算も増え、キャンペーンも頻繁に行われます。

 

そのため月の最終週の土日に回るのが最も効率的な方法です。

 

また、見積書は作成が日が経つにつれて効果がが薄れてきます。

 

一ヶ月前に他店で作ってもらった見積書を提示して交渉しても、古い見積もりはあまり参考にしてもらえません。

 

なるべく数日のうちに作成してもらった見積書を提示するようにしましょう。

 

他にも、テレビCMやラジオCMを頻繁に放送しているディーラーは値引きが少ないという情報もあります。

 

広告宣伝費に多額の資金を使ってしまっているということは、その分新車値引きの予算を削っていることが考えられます。

 

こういうディーラーは来場プレゼントなどは豪華ですが、肝心の値引きは期待できません。

 

こうした点に気を配ってディーラーを選べば、自分が本当に回るべき店舗が浮かび上がってきます。

 

トヨタで自宅の近くのディーラーを探す方法

基本的なことですが、車は自宅からほど近い場所にあるディーラーで購入しましょう。

 

新車は購入すれば数年間はメンテナンスや車検でお世話になります。

 

あまりに遠くのディーラーで車を購入してしまうと通うのが大変です。

 

後でディーラーを変えることもできますが、購入した所ほどのサービスは期待できないでしょう。

 

こうした点から、値引きも大事ですがディーラーとの距離も気をつけましょう。

 

ここでは、それらの点を踏まえたディーラーの探し方を伝授します。

 

トヨタのディーラーの探し方は以下の通りです。(※今回は静岡県を例として説明します。)

 

1.トヨタの販売店検索のサイト(http://toyota.jp/service/dealer/spt/search-addr)に行く

 

2.車種を選ぶ
ここでは今回紹介している「シエンタ」を選択します。
シエンタを探す
シエンタを探す
シエンタを探す
シエンタを探す
※画像出典:トヨタ公式HP

 

3.地図、または郵便番号か最寄り駅から探す
住んでいる場所の郵便番号が分かれば入力し、わからなければ最寄り駅や地図上から探すこともできます。
シエンタを探す
シエンタを探す
※画像出典:トヨタ公式HP

 

地図上には、シエンタを取り扱っているディーラーがいくつも表示されています。

 

この中から「ネッツ店」「カローラ店」「トヨペット店」「トヨタ店」を1つずつ選択します。

 

同じ販売チャネルがいくつも表示されている場合は、好みのグレードの試乗車や展示車が置いてあるところにすると良いでしょう。

 

逆に、表示されるディーラーの数が少ないようなら、地図を広範囲に広げると良いでしょう。

 

3.更に値引きを引き出す3つのポイント

シエンタ
※画像出典:トヨタ公式HP
ここまでの交渉ポイントを抑えるだけで、シエンタの値引きは目標に近い金額まで引き出せるでしょう。

 

しかし、大幅値引きを勝ち取るならまだ契約してはいけないのです。

 

複数のディーラーを回った上で、ここで購入すると決めたディーラーとの交渉は時間を掛けて行いましょう。

 

ディーラーマンと少し仲良くなったこのタイミングこそ、プラスアルファを引き出すポイントがいくつもあります。

 

ここでは、シエンタの値引きを最高額にするための3つのポイントを紹介していきます。

 

特に3つ目は下取り車を持っている人限定ですが、新車値引きと同等の効果を発揮する方法なので、絶対に見逃さないようにしてください。

 

【誰でも知っておきたい】ライバル車と値引き競争をさせる

シエンタはミニバンの中でも少し特殊なジャンルに位置する車です。

 

コンパクトカーとそう変わらないサイズに3列シートを搭載している車は、シエンタの他には「ホンダ フリード」しかありません。

 

そのため、この2車は非常に激しい顧客の争奪戦をしており、ライバル車としてお互い意識しあっています。

 

そこでフリードの値引き額を提示して価格競争をさせると、シエンタの値引き額が一気に跳ね上がることが期待できます。

 

まず最初にホンダのディーラーに行き「シエンタと迷っている」と告げた上で見積もりを作成してもらいましょう。

 

フリードは30万円前後の値引きを行っているため、目標30万円として値引き交渉をしましょう。

 

次にトヨタのディーラーに行き「フリードはこれだけ値引きをしてくれた」と伝えることで、ディーラーマンにとっては相当なプレッシャーとなります。

 

金額が安い方で決めると伝えれば、フリードへ顧客流出を防ぎたいトヨタはそれに対抗する値引きをせざるを得ません。

 

結果30万円を超える値引きを勝ち取れる可能性が一気に上がるのです。

 

その交渉に応じてくれないようなら、ディーラーを変えるのも良いでしょう。

 

【知ってると得をする】大事な質問には答えない

ディーラーマンは雑談の中で色々な質問をしてきます。

 

その中でもお金に関する質問には答えないようにしましょう。

 

具体的には「いくらぐらいの値引きなら決めてもらえます?」といった類いのものです。

 

そういう質問には「答えない」か「極端な金額を答える」ようにするのがおすすめです。

 

希望値引き額を正直に答えると、実はそれ以上の値引きができたとしてもその金額が提示されることはありません。

 

例えば、「30万円値引きしてくれれば買う」と答えてしまうと、値引き額が30万円を超えることはないでしょう。

 

そういう質問をされた時には、はぐらかして答えないか「50万円値引いてくれたら買う」と極端な金額を答えるのです。

 

それはできませんとディーラーマンが言ったら、すかさず「それではいくら値引きができますか?」と聞くことがポイントです。

 

ディーラーマンから値引きできる金額を言わせるように流れを変えることが重要です。

 

他にも「ご予算は?」という質問もうまくごまかせるようにしましょう。

 

予算を答えてしまうとその金額ぴったりに収まるように調整されてしまいます。

 

なるべく安くと答える程度にとどめておくのが良いでしょう。

 

提示された金額が気に入らなければその日は退店してしまうのも有効です。

 

自分の連絡先を伝えて、「もっと安くできそうなら連絡ください」と伝えておくのです。

 

大体の場合は電話がかかってきますし、この方法でシエンタの30万円以上の大幅値引きを勝ち取ったという事例もあります。

 

【期待大の方法】下取り車は買取店へ、一括査定を使って売る

シエンタを安く買う方法は、新車の値引きを頑張るだけではありません。

 

今乗っている車をいかに高く売るかというのも重要なことです。

 

ディーラーの下取りは安く買い叩かれてしまうことが多く、あまりおすすめできません。

 

せっかく新車を安くしてもらったのに、下取り車で損をしては結果は同じことになってしまいます。

 

そうならない為にも、一括査定を使って買取店に売るようにしましょう。

 

ディーラーでは提示されないような高額査定が出てびっくりすることでしょう。

 

一括査定サービスを利用して高く売る

自分が今乗っている車を、インターネットを利用して複数の買取業者に査定を依頼するのが一括査定です。

 

ディーラーの下取りと違い、一括査定は中古車買取業者に査定を依頼します。

 

1社だけではなく、複数の業者に査定をしてもらうことが一括査定で車が高く売れる理由なのです。

 

利用は無料で、ホームページで自分の車の「車種・年式・走行距離」を入力するだけです。

 

すぐに査定結果が電話で知らされるので、一番高い金額を提示してきた業者に家に来てもらうだけで済みます。

 

その後正式な査定結果を聞いて、車を売るかどうかの判断をします。

 

一括査定で車が高く売れる理由

車を買う時は複数のディーラーを回るべきと先ほど説明をしましたが、車を売る時も原理は同じです。

 

売るのも買うのも複数の業者で価格競争をさせることが重要なのです。

 

中古車買取業者によって車の査定ポイントは異なります。

 

改造車を得意とするところもあれば、低年式車や過走行車を得意とするところもあります。

 

そうした業者は海外に販路を持っていることが多く、日本車の人気が高い国に中古車を流すことで利益を得ています。

 

そのため、ディーラーで嫌われる事故車や過走行車でも高価買取が可能なのです。

 

探している車も業者によって違うため、自分が売りたい車をたまたま探している業者に当たれば高価買取が期待できます。

 

なるべく多くのところに査定を依頼することが車を高く売るコツです。

 

ネット上に数ある一括査定の中でも、登録会社が多いサイトを選ぶようにしましょう。

 

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。

蛇足にはなりますが、家電の最安値を調べるときに重宝する「価格.com」も一括査定サービスを運営していますが、実は裏側は「カーセンサー」のサービスです。(カーセンサーの運営会社は「株式会社リクルートパートナーズ)
価格.comの一括査定注意事項


それだけでも安心して利用できますよね!


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約49社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



かんたん車査定ガイド

車査定比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:211社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ズバット車買取

廃車寸前のボロボロの車であれば「廃車買取.com」

廃車買取.com

 

 特徴①:どんな車でも0円以上の買取保証あり
 特徴②:年中無休で全国どこでも買取がOK
 特徴③:廃車に掛かる費用や廃車の手続きはすべて無料で対応


カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カービュー

 

まとめ

シエンタを安く買うコツはたったの2つしかありません。

 

値引き交渉をきちんとすること下取り車を高く売ることだけです。

 

この記事をしっかり読んで値引き交渉のコツを掴み、目標値引き額をしっかり決めておきましょう。

 

そして、目標を達成するまで契約しない強い心を持って交渉することが大事です。

 

無事に契約が済んだら、次に考えるべきは今の車を高く売ることだけです。

 

一括査定を賢く使って自分の車を高く買ってくれるところをしっかり探しましょう。

 

ディーラーの下取りに任せてしまうよりも、確実にお得にシエンタを購入できることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

【半年毎に更新】ホンダ フリード値引き情報の全データまとめ
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
【半年毎に更新】日産 ノート値引き情報の全データまとめ
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」は何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【半年毎に更新】トヨタ C-HR値引き情報の全データまとめ
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
【半年毎に更新】ダイハツ トール値引き情報の全データまとめ
2016年11月、ダイハツから発売されたのが「トール」です。取り扱いやすいコンパクトカーサイズのボディでありながら、全高を高くすることで広い室内空間を実現。経済性と実用性の両立を図り、1Lエンジンを搭載しているのが特徴です。先進の安全運転支援システムも搭載し、購入しやすい価格にまとまっていることが人気の秘訣です。この記事では、そんなトールの最新値引き情報についてまとめています。実際にトールを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き額をグラフ化。平均でどれくらいの値引きがされているのかカンタンに知ることができます。
【半年毎に更新】トヨタ タンク値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「タンク」の値引き情報をまとめています。実際にタンクを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。タンクの目標値引き額が分かり、購入金額を決める参考になります。新車を安く買うためのコツも紹介しているので、最終的にはタンクを安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ルーミー値引き情報の全データまとめ
ルーミーの値引き情報についてまとめています。実際にルーミーを購入した人の購入レポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。ルーミーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはルーミーを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】スズキ スイフト値引き情報の全データまとめ
スズキが2000年から販売しているコンパクトカーがスイフトです。初代モデルは軽自動車とボディパネルの一部を共有した低価格が売りのコンパクトカーでしたが、2代目からは世界戦略車として全てが専用設計された車に生まれ変わりました。その戦略が成功し、スイフトは見事にスズキを代表するコンパクトカーとなり、現在では4代目となるモデルが販売されています。スイフトはいくらの値引きで買えるのか、実際にスイフトを購入した人の口コミを参考に、過去1年間の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。平均値引き額が一発でわかるようになっています。データは半年ごとに更新しているため、常に最新の値引き額を知ることも可能。
【半年毎に更新】スズキ ジムニーシエラ値引き情報の全データまとめ
スズキが販売する本格的クロカン車「ジムニー」。スズキの定番車種として高い人気を誇りますが、そのジムニーの排気量を上げたモデルがジムニーシエラです。1.5Lのエンジンを搭載することで出力とトルクがアップし、本格的な四輪駆動システムと合わせることで高い走破性を実現しているのが特徴。この記事では、ジムニーシエラの値引き情報を詳しく紹介。これからジムニーシエラを買う際、いくらぐらいの値引きが可能なのかをお伝えします。値引き情報は全てネット上に投稿された、実際にジムニーシエラを購入した人の口コミが基となっているため、信ぴょう性が高い情報を提供しています。
【半年毎に更新】スズキ ジムニー値引き情報の全データまとめ
スズキが1970年から販売を続けるジムニーは、軽自動車でありながら本格的な四輪駆動システムを搭載するロングヒット商品。ラダーフレームを採用する唯一のオフロード向け軽自動車で、個人向けのみならず企業や行政にも導入されています。非常にモデルサイクルが長いことが特徴ですが、2018年に20年ぶりのフルモデルチェンジを敢行。この記事では、20年ぶりにフルモデルチェンジをした新型ジムニーの値引き情報を分かりやすくお伝えしています。この記事を読むだけで、新型ジムニーの目標値引き額と値引き交渉のテクニックがわかります。
新型ソリオは何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【半年毎に更新】スズキ ソリオ/バンディット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】マツダ CX-5値引き情報の全データまとめ
CX-5の値引き情報についてまとめていきます。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。CX-5の予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にCX-5をお得に購入するテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ヴィッツ値引き情報の全データまとめ
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
ワゴンRの3つの特徴・オススメグレードととライバル車種との比較
今も昔も人気の軽自動車であるワゴンRは、「軽自動車といえば…」と言われると誰もが思い浮かべられるほど有名です。そのためあなたも今、軽自動車の代表格といえるワゴンRについて購入や比較などの検討をしているのではないでしょうか。最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にワゴンRを購入できるということが理解できますよ。
新型N-BOXはどうして人気?悪い評判はない?ライバル車種との比較
新型N-BOXを徹底調査してまとめました。新型N-BOXの特徴と従来モデルからの改善点が分かります。気になるライバル車との比較ポイントもまとめているので、最終的に「新型N-BOX」はどんな車で、ライバル車より何が優れているのかが分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-BOX値引き情報の全データまとめ
新型N-BOX・N-BOXカスタムの値引き情報をまとめていきます。実際にN-BOXを購入した人による値引きレポートを基に、値引き推移をグラフ化してまとめています。この記事を読むだけで、N-BOX/N-BOXカスタムの予想値引き額と目標購入金額が分かります。交渉で使えるテクニックも紹介しているので、最終的にはN-BOXを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
マーチはどんな車?試乗レビュー・評判と目標値引き額
今どきの車はどんどん格好良くなっていますが、なかなか可愛らしいオシャレな車はありません。そんな中、一昔前からオシャレな女性に人気の車種として、日産から販売されているマーチがあります。あなた自身、今では珍しい丸目のヘッドライトなどに魅力を感じていませんか?最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にマーチを購入できるということが理解できますよ。
【半年毎に更新】ホンダ ステップワゴン値引き情報の全データまとめ
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
フィットは何がいいの?4つの特徴・評判とライバル車種比較
フィットのマイナーチェンジの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる予想値引き額についてもまとめていますので、最終的には新型フィットがどれほどの値引きで購入できるのかということも分かります。
【半年毎に更新】ホンダ フィット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去1年間のデータをグラフ化してまとめています。最新の情報をお伝えするためにデータは半年毎に更新し、今後の値引き額の予想についても紹介しています。この記事を読むだけで、フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
SUVで人気のエクストレイル!3つの特徴・評判とライバル車種比較
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【半年毎に更新】日産 エクストレイル値引き情報の全データまとめ
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ アクア値引き情報の全データまとめ
トヨタの大人気車種「アクア」は、2011年にトヨタ最小のハイブリッドカーとして登場しました。初代プリウスから数えたら8年ぶりになる5ナンバーサイズのハイブリッドカーとなり、ハイブリッド車のさらなる普及に一役買いました。それから細かな改良を繰り返し、2017年に行われたビッグマイナーチェンジでは大胆なフェイスリフトを行い、燃費性能も向上しました。この記事では、アクアの値引き情報を徹底的に調べてまとめています。購入した人がいくらの値引きをしてもらったのか、実際の口コミをグラフ化してまとめました。過去1年間の推移をわかりやすくまとめている上に、今後の予測も紹介しています。
【半年毎に更新】トヨタ ノア値引き情報の全データまとめ
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ヴォクシー値引き情報の全データまとめ
みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去1年分の値引き推移をグラフ化しています。最新の値引き情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。この記事を読むだけで、ヴォクシーの値引き可能額や目標値引き額が分かります。値引き交渉の必勝テクニックもまとめていますので、最終的には車を安く買う方法が身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ エスクァイア値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
新型CX-3はどんなデザイン?ライバル車種比較と目標値引き額
人馬一体の走りをコンセプトに掲げているマツダでは、魅力的な車を多く製造しています。その中でも比較手が届きやすく、人気が高いのがCX-3です。そこで今回は、元ディーラー営業マンである筆者が、マツダのCX-3について詳しく解説していきましょう。魅力がたくさん詰まっているCX-3は上手くいけば本当にお買い得で、間違いなく満足できる車種ということができます。
【半年毎に更新】トヨタ プリウス値引き情報の全データまとめ
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
【半年毎に更新】ダイハツ ムーヴ値引き情報の全データまとめ
ムーヴの値引き情報についてまとめています。実際にムーヴを購入した人による口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、ムーヴの予想値引き額と目標購入金額が分かります。車をお得に購入する方法も紹介しているので、最終的にはムーヴを最安値で買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】スバル インプレッサ値引き情報の全データまとめ
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【半年毎に更新】トヨタ カローラ値引き情報の全データまとめ
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【半年毎に更新】トヨタ パッソ値引き情報の全データまとめ
発売から1年が経過した現行型のパッソの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。パッソの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ ヴェゼル値引き情報の全データまとめ
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】マツダ アクセラ値引き情報の全データまとめ
マツダの人気車種であるアクセラの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。アクセラの目標値引き額が分かり、実際の購入価格を知ることができます。値引き交渉に使えるテクニックも紹介しているので、最終的に新車を安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】マツダ デミオ値引き情報の全データまとめ
デミオの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人の口コミやレポートを参考に、過去半年分の値引きデータをグラフ化しています。デミオの目標値引き額と実勢価格が分かります。新車を安く買うコツもまとめているので、デミオ購入の際に役に立つでしょう。
【半年毎に更新】トヨタ ハリアー値引き情報の全データまとめ
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
電気自動車のリーフはどう?3つの特徴と試乗レビュー・評判と目標値引き額
世界的に今、エコカーがブームになっています。そのため電気自動車やハイブリッドカーの人気が高いのですが、その中でもひときわ目を引く存在が、日産から販売されているリーフでしょう。実際、あなた自身もリーフについて購入や比較の検討をしているのではないでしょうか。最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にリーフを購入できるということが理解できますよ。
【半年毎に更新】日産 リーフ値引き情報の全データまとめ
日産の次世代の環境車両と言われているのがリーフです。ガソリンエンジンを搭載しない、100%電気自動車として2010年に初代モデルが発売されました。リーフは日本をはじめとする全世界で販売され、電気自動車の代名詞と言える存在。2017年には初のフルモデルチェンジを実施し、航続可能距離が飛躍的に向上したことで話題となりました。この記事は、実際にリーフを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き推移をグラフ化して紹介しています。これからリーフを購入する際、いくらぐらい値引きが期待できるのかが分かるように、口コミのまとめも紹介。
CX-8はどんな車種?4つの特徴とライバル車種・目標値引き額
日本では今、空前のSUVブームとなっています。その中でも、ここ最近発売されて人気絶頂なのが、マツダから販売されているCX-8でしょう。そこで先に上記の気になる部分について、結論を簡単にお伝えしておきます。最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にCX-8を購入できるということが理解できますよ。
【半年毎に更新】マツダ CX-8値引き情報の全データまとめ
スタイリッシュなSUVでありながら、大人7名がゆったり乗れるというコンセプトで登場したのが、マツダ「CX-8」です。同社のSUV、「CX-5」より全長を伸ばし、ゆとりのある3列シートを搭載したことで居住性を大幅に向上させていることが特徴。3列シート車でありながらスライドドアを搭載しないことで、ミニバンを敬遠する層に受け入れられています。この記事は、実際にCX-8を購入した人の値引きレポートを参考に、過去1年間の値引き額をグラフ化。口コミによる値引き額の情報も紹介しているので、読むだけで平均でいくらぐらい値引きをしてもらえるのかが分かります。
【半年毎に更新】トヨタ ヴェルファイア値引き情報の全データまとめ
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ アルファード値引き情報の全データまとめ
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ シャトル値引き情報の全データまとめ
シャトルの値引き情報についてまとめていきます。実際にシャトルを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。シャトルの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にシャトルを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】トヨタ クラウン値引き情報の全データまとめ
クラウンの値引き情報についてまとめています。クラウンがどれくらい値引きしてもらえるのか、実際に購入した人によるレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。>クラウンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引きテクニックもまとめているので、最終的にクラウンをお得に買う方法が身につきます。
【半年毎に更新】ホンダ オデッセイ値引き情報の全データまとめ
オデッセイ/オデッセイハイブリッドの値引き情報をまとめています。実際にオデッセイを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。オデッセイの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うための方法もまとめているので、最終的にオデッセイを安く買うためのコツが全て身につきます。
【半年毎に更新】日産 デイズ値引き情報の全データまとめ
デイズ/デイズルークスの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。デイズ/デイズルークスの予想値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。その他にも、新車を少しでもお得に購入するためのテクニックもまとめているので、最終的にはデイズを安く買う方法が身に付くでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツ タント値引き情報の全データまとめ
タントの値引き情報をまとめています。今タントがいくらぐらいで買えるのか、実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけタントの予想値引き額と目標購入金額が分かります。さらに、新車を安く買うための方法も紹介しているので、最終的にタントをお得に買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】スズキ ワゴンR/スティングレー値引き情報の全データまとめ
ワゴンRの値引き情報についてまとめています。ワゴンRを実際に購入した人のレポートを参考に、値引き推移をグラフ化して紹介しています。この記事を読むだけでワゴンRの予想値引き額が分かり、目標の購入金額を知ることが可能です。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはワゴンRをお得に購入するノウハウが身につきます。
【半年毎に更新】ダイハツ ミライース値引き情報の全データまとめ
長らくダイハツの看板車種として親しまれてきたミラですが、現在は低燃費に特化した「ミライース」のみが販売されています。この記事では、「ミライース」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。
【半年毎に更新】スズキ スペーシア/スペーシアカスタム値引き情報の全データまとめ
スペーシア/スペーシアカスタムの値引き情報をまとめています。実際にスペーシアを購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。この記事を読むだけで、スペーシア/スペーシアカスタムの予想値引き額と、目標購入金額が分かります。新車を安く買う値引きテクニックも紹介しているので、最終的にはスペーシアを安く買うための方法が全て分かるようになっています。
コスパが最強?スズキアルトの4つの特徴とライバル車種を徹底比較
せっかく車を購入するなら、少しだけ個性的な車が良いと思いませんか?更にコスパが高い車種なら文句なしですよね。そこで登場するのがスズキの「アルト」です。本当にコスパが高く、さらに個性の強い車種であるためあなた自身も狙っているのではないでしょうか。最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にアルトを購入できるということが理解できますよ。
【半年毎に更新】スズキ アルト/アルトワークス値引き情報の全データまとめ
アルトの全モデルを対象にした値引き情報をまとめています。実際にアルト/アルトワークスを購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけでアルト/アルトワークスの予想値引き額と、購入の目安になる金額が分かります。
【半年毎に更新】スズキ ハスラー値引き情報の全データまとめ
ハスラーの値引き額を中心にした情報をまとめています。値引き額を正しくお伝えするために、実際にハスラーを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読めばハスラーの正確な目標値引き額と、購入価格の目安が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム値引き情報の全データまとめ
N-WGNシリーズ全ての値引き情報を取り扱っています。実際にN-WGNを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。N-WGN/N-WGNカスタムの目標値引き額と予想購入価格が分かります。値引き交渉で使えるワザも紹介しているので、最終的に新車を安く買うための方法が全て分かるようになっています。
【半年毎に更新】三菱ekワゴン/ekスペース値引き情報の全データまとめ
「ekワゴン/ekカスタム/ekスペース/ekスペースカスタム」の4車種の値引き情報についてまとめています。実際にこれらの車種を購入した人がいくら値引きしてもらったのか、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。ekシリーズの予想値引き額と目標購入金額がわかります。
【半年毎に更新】ダイハツキャスト値引き情報の全データまとめ
ダイハツのキャストの値引き情報をまとめています。実際にキャストを購入した人のレポートを参考に、今キャストがいくらで購入できるのかを紹介しています。値引き額の推移もグラフ化して紹介しているので、この記事を読むだけでキャストの目標値引き額と大体の購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも扱っているので、最終的にキャストを安く買うための方法が全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツウェイク値引き情報の全データまとめ
ダイハツウェイクの値引き情報をまとめています。ウェイクが実際にいくらで買えるのかをわかりやすくするため、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでウェイクがいくらの値引きが可能なのか、どれくらいの金額で購入できるのかが分かります。新車値引きのテクニックなども紹介しているので、最終的にウェイクを安く買うためのノウハウが全て身に付きます。
【半年毎に更新】トヨタ ピクシス値引き情報の全データまとめ
ピクシスシリーズがいくらで買えるのか、値引き額について紹介しています。みんなはいくらでピクシスを買っているのかをわかりやすく紹介するために、値引き額の推移をグラフ化しています。この記事を読むだけで、ピクシスシリーズの目標値引き額と予想購入価格が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはピクシスを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】 スズキ エブリィワゴン値引き情報の全データまとめ
エブリィワゴンの値引き額を中心とした情報をまとめています。エブリィワゴンはどれくらいの値引きが期待できるのかを紹介するために、実際に購入した人の口コミを基に値引き額の推移をグラフ化しています。そのためこの記事を読むだけでエブリィワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはエブリィワゴンを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
2017年12月発売のスズキ新型クロスビーの4つの特徴とライバル車種との比較
スズキが2017年12月25日に発売したのが、新型「クロスビー」です。ハスラーのテイストを強く残しつつ、サイズを拡大することで5ナンバーの普通車として登場しました。この記事では、そんなクロスビーについてまとめていきます。クロスビーの特徴ってなんだろう、ライバル車と比べて何がすごいの?、目標の値引き額はどれくらいなんだろうか?今回の記事は、その全てを解決するためにクロスビーを徹底調査してまとめました。
【半年毎に更新】スズキ クロスビー値引き情報の全データまとめ
クロスビーはスズキが2017年に発売した、小型のクロスオーバー車です。軽自動車「ハスラー」のデザインが好評であることから、同じテイストのデザインを採用していることが特徴。1,000ccのエンジンを搭載する普通車であるため、軽自動車と違い大人5名が乗車できるようになっています。扱いやすいボディサイズで、「軽自動車では物足りない」という人にちょうどいいと評判の1台です。この記事は、クロスビーの値引き情報を中心に、新車を安く買うための方法を紹介しています。過去1年間の値引き額の推移をグラフ化しているため、一発で目標値引き額がわかるようになっているのが特徴。
新型セレナの3つの特徴・ライバル車種比較と目標値引き額
年間販売台数でも常に上位をキープしているミニバンがあります。それは日産から販売されているセレナで、なんと2018年の年間販売台数は「ミニバンで1位」となっているのです。そのため人気であるのはもちろんのこと、実際にあなた自身もセレナの購入を検討しているのではないでしょうか。そこで今回は、元ディーラー営業マンである筆者が、日産セレナについて詳しく解説していきましょう。セレナは人気車種ですが、実は「意外と安く購入可能」ということができる車種で、正しい知識さえ身に着けておけば決して難しくありません。
レガシーB4はどんな車種?4つの特徴と試乗レビューと利用者の評判
スポーツセダンの中で最も有名かつ高性能と言われる、レガシー。実は一昔前まではセダンタイプだけではなく、ステーションワゴンタイプ(※現在はレヴォーグに移行)も販売されていたことをご存知でしょうか?しかしスポーツセダンとしての性能は健在で、さらに高級感も増していることから購入・比較検討していませんか?最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にレガシーを購入できるということが理解できますよ。
【半年毎に更新】日産 セレナ値引き情報の全データまとめ
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ ランドクルーザープラド値引き情報の全データまとめ
トヨタが1984年から製造・販売している、ランドクルーザープラド。本格的な四輪駆動車として高い走破性を持ち、耐久性の高さは全世界で評価されています。トヨタのオフローダー「ランドクルーザー」シリーズの1台であり、ボディサイズ・値段ともにシリーズ内では最も手が出しやすい位置に属しているのが特徴です。現行型は2009年から販売されており、何度か大型のマイナーチェンジを実施。この記事では、そんなランドクルーザープラドの最新値引き情報についてまとめています。