フリード 値引き

【最新版】ホンダフリードの値引き情報

最終更新日:2017年8月4日
フリード
※画像出典:ホンダ公式HP
ホンダが販売するコンパクトミニバン「フリード」は、コンパクトカーより大きくてミニバンよりも小さい"ちょうどいいサイズ"が売りの車です。

 

2016年に実施されたフルモデルチェンジで2代目となり、室内空間の拡大と安全装備の拡充が行われました。

 

3列シートを搭載しながら取り回しやすいサイズ感である事がヒットの理由です。

 

この記事では、ホンダの人気車種でもあるフリードの値引き情報をまとめています。

 

実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。

 

この記事を読むだけで、フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。

 

値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。

 

1.【2017年8月時点】ホンダ フリードの値引き情報

フリード
※画像出典:ホンダ公式HP
フリードは最大の特徴である室内空間の広さを磨き上げ、近年需要が高まっている自動ブレーキなどの機能を追加したフルモデルチェンジを2016年9月に行いました。

 

人気のハイブリッドモデルも引き続きラインナップしたこともあり、販売は好調で数ヶ月の納車待ちが発生していました。

 

しかし、2016年の終わりに差し掛かった辺りから増産体制が整ったこともあり、現在では大きな納車待ちは発生していません。

 

ハイブリッドモデルでも1〜2ヶ月程度で納車が可能なようです。

 

そのため、値引き交渉もしやすい車と言えそうです。

 

そこで、この半年間でフリードの値引き額はどう推移しているのかを見ていきましょう。

 

今回は、大手口コミサイト「価格コム」に寄せられた、実際にフリードを購入した人のレポートを参考にお話します。

フリードの値引き情報まとめ

  • フリード車両本体の値引き目標額:15万円
  • フリードオプションを含むトータル値引き目標額:30万円
  • フリードの値引き難易度:普通

フリードの2017年1月~6月の値引き推移

“フリード"

 

グレード別のフリード目標値引き額

グレード名 車両本体価格(値引き前) 目標購入額(値引き後)
Gホンダセンシング 210万円 190万円
Gホンダセンシング 210万円 170万円
G 200万円 180万円
ハイブリッドGホンダセンシング 251万円 231万円
ハイブリッドEX 265万円 240万円


フリードの2017年1月〜6月の値引き額を見てみると、平均値引き額はトータルで30万円前後を推移しています。

 

車両価格からの値引きを見てみると、ガソリンモデルで15万円、ハイブリッドモデルで20万円程度の値引きがされています。

 

これはハイブリッドモデルの方が車両価格が高い事が影響しています。

 

オプション値引き額はどちらのモデルも平均で15万円程度となっており、半年間は安定しています。

 

納期も早まっていることから値引き交渉もしやすくなっており、しっかりコツを掴めば交渉事態の難易度はそう高くないものと予想できます。

 

口コミを見ても、人によって極端な開きは見られず、誰でもしっかり値引きをしてもらっていることが分かります。

 

このことから分かるように、フリード購入の際には、ガソリンモデルなら25万円、ハイブリッドモデルなら30万円程度の値引きが引き出せれば成功と言えます。

 

次の章では、実際にフリードの値引き交渉をする際に覚えておきたいテクニックを紹介していきます。

 

2.複数のディーラーを回ることが値引きのコツ

フリード
※画像出典:ホンダ公式HP
金額の大小問わず、買い物をする際に価格を比較することは鉄則です。

 

インターネットを駆使してしっかりとした相場観を持ち、提示された金額が適正であるかどうかを判断するのは非常に大事なことです。

 

車の購入であれば金額が大きいことから、必ず価格比較を行いましょう。

 

そのためにするべきことはディーラーを何店舗も回ることです。

 

しかし、ランダムに選んだホンダのディーラーを回るだけではフリードの値引きはうまくいきません。

 

実は、同じホンダのディーラーであっても運営会社が異なる場合があるのです。

 

全国にはホンダのディーラーを経営している会社がいくつもあり、それらは全て別会社なのです。

 

会社ごとに運営方針や予算が異なり、値引きに割ける金額も異なっているのです。

 

そのため、効率よく別会社のディーラーを回ることで交渉の無駄を省き、最短ルートで大幅値引きを得ることが可能になるのです。

 

これはどういうことかを、ここから説明していきます。

 

ディーラーの仕組みを知ってしまえば、本当に回るべきディーラーの選び方がわかるようになります。

 

運営会社が異なるホンダディーラーを探す方法

ホンダの新車販売ディーラーは、全て「Honda Cars」という名称です。

 

そのため、どのディーラーに行っても看板にはHonda Carsとしか記載がなく、実際に足を運んでディーラーを探す方法はおすすめしません。

 

まずインターネットを使い、運営会社が異なるディーラーを探し出してから行動を起こしましょう。

 

ここでは、回るべきホンダディーラーの探し方を紹介します。

 

今回は三重県を例として解説します。

 

1.ホンダの販売店検索のサイト(http://shopsearch.honda.co.jp/auto/area/)に行く

 

2.住んでいる地域を選択する
地図の上部に「地図からお近くの店舗を探す」というタブがあるので、それを選択します。

 

その後、日本地図から住んでいる地域の地名をクリックします。
“フリードを探す"
“フリードを探す"
※画像出典:ホンダ公式HP

 

3.市区町村を選ぶ
選択した県名の市区町村が表示されるので、その中から住んでいる場所の市区町村を選択します。(※今回は鈴鹿市を例として説明します。)
“フリードを探す"
※画像出典:ホンダ公式HP

 

4.ディーラーが地図と一覧で表示される
市町村を選択すると、近隣のディーラーが地図と一覧で表示されます。

 

今回注目すべき点は一覧の方です。
“フリードを探す"
“フリードを探す"
※画像出典:ホンダ公式HP

 

表示された一覧の中に「Honda Cars 三重」「Honda Cars 三重北」「Honda Cars 鈴鹿」の3種類が表示されています。

 

実はこの3つは全て違う会社です。

 

この画像から分かることは、ディーラーは5店舗あるものの運営会社は3つしかないということです。

 

つまり、今回行くべきディーラーの数は3つとなります。

 

ホンダのディーラーの回り方

ここまでで、運営会社とディーラーの関係は分かってもらえたと思います。

 

運営会社はディーラーの数より少ないため、これで効率よく回ることができるようになりました。

 

1つの会社が2店舗持っていることもありますが、その2店舗は基本的に値引き額は同額となることも覚えておきましょう。

 

これだけわかれば、後は実際にテクニックを駆使して値引き交渉をしていくだけです。

 

ホンダのディーラーの回り方は、ディーラー同士で値引き競争を引き起こさせることです。

 

全ての店で同じ条件のフリードの見積もりを取り、提示された値引き額を競わせます。

 

実は、ディーラーマンは他社のライバル車との競争よりも同じ車種で値引き額を競うことを嫌います。

 

なぜなら、車の性能が同じであれば価格で勝負をするしかないからです。

 

そこを逆手に取り高額値引きを狙いにいくことをおすすめします。

 

ただし、同じ運営会社のディーラーを複数回るのはやめましょう。

 

ホンダは接客履歴が全て自社データとして残しているため、別の店でどのディーラーマンが担当して、いくらの値引きを提示したという記録が全て残っています。

 

同じ会社のお客さんを取るわけにもいかないため、それを超える値引き額は絶対に提示されませんし、結果として元のディーラーに戻った時に別支店へ行ったことも全てバレてしまいます。

 

そうなると今後の交渉は難航することになるため、必ず1つの運営会社で1店舗というルールを守りましょう。

 

これだけ守れば、スムーズに値引き交渉を行うことが可能です。

 

次の章では、ディーラーに入店してから行うべき交渉テクニックを紹介します。

 

3.ディーラーで値引きを引き出す4つのポイント

フリード
※画像出典:ホンダ公式HP
それでは、早速ディーラーに行ってからするべき交渉術を紹介していきます。

 

ディーラーマンは駆け引きには慣れているため、相手のペースに乗せられないようにすることが大事です。

 

契約を迫る様々な発言を用意していますが、どれもセールストークであることを十分覚えてからディーラーへ行くことが大切です。

 

実際に大幅値引きをしてもらっている人は、常に先を読んだ交渉で成功しています。

 

ここでは、その人達が実践している高度なテクニックを全て紹介します。

 

特に4つ目の方法は、あなたが下取り車を持っていれば効果は絶大ですので必ずチェックしておきましょう。

 

【値引きの基本】交渉は数回に分ける

値引き交渉の基本は、1度目の訪問で絶対に契約しないことです。

 

最初に訪問したディーラーで、「今日決めてくれれば頑張ります」と言われても丁重に断りましょう。

 

これはディーラーマンがよく使うセールストークで、限界価格と言いつつ実際は違います。

 

契約を頼み込まれたとしても、何かと理由をつけて見積書だけもらって立ち去りましょう。

 

断る理由は「他にも検討している車がある」と言うのが無難です。

 

この時、もっと安くできるようなら連絡が欲しいと伝えておくことも有効です。

 

買う気はあることをアピールしておくことで、ディーラーマンは時間をかけてどこまで値引きができるのかを改めて考えてくれる可能性があります。

 

しかし、初回交渉で限界価格を出すことはまずありえないので、じっくり様子を伺います。

 

その後他の店でも見積もりを取り、その値引きが本当に安いのかどうかを確認しましょう。

 

次に行った店でも同様に見積書だけもらい、最初に決めたディーラーは全て回ります。

 

その中で、最終交渉をすると決めたディーラーと購入に向けた真剣な商談を進めるのが最大値引きを引き出すコツです。

 

二度目のディーラー訪問をした際には、いよいよ購入に向けて真剣な話をしたい旨をしっかり伝えましょう。

 

冷やかしではない事をアピールすることで、ディーラーマンも本気の対応をしてくれます。

 

一度話をしていることから、二回目以降の交渉は本音でしやすくなっているはずです。

 

【知ってると得する】アンケートには答えない

ディーラーに行くと必ず記入を求められるアンケートですが、実は答えてはいけない項目がいくつもあります。

 

住所や連絡先程度であれば構いませんが、現在の車の車検の時期や購入予算を書かせる欄は全て白紙で提出しましょう。

 

もし、今乗っている車の車検時期が迫っていたとしたら、ディーラーマンはチャンスと捉えます。

 

契約を急がないと車検に間に合わないなどのトークで契約を迫ります。

 

たとえ本当に車検が迫っていたとしても、それをわざわざディーラーマンに伝える必要はありません。

 

同じ危険性が予測されることから、購入予定時期に関しても答える必要はありません。

 

また、購入の予算だけは絶対に伝えないようにしましょう。

 

うっかり予算を答えてしまうと、ディーラーマンはその予算以下で販売可能な車でも、絶対に聞いた予算以下まで値下げをしてくれません。

 

いくらぐらいの値引きが希望なのかを聞かれることがありますが、「できるだけ多く」とお茶を濁す回答に留めておきましょう。

 

また、商談の中で軽く聞かれる質問にも注意しましょう。

 

本命車種を聞かれた場合は、必ずライバル車種を答えることもポイントです。

 

フリードであれば、激戦を繰り広げているライバル車「シエンタ」の名前を挙げると良いでしょう。

 

フリードが一番欲しいと正直に答えてしまうと、あまり値引きをしなくても買ってくれる人と認識されてしまいます。

 

その点、シエンタも検討していると分かれば、トヨタに客を奪われたくないディーラーマンは必死になります。

 

実際にシエンタの見積もりを作成してもらい、それを交渉材料にして商談をするという手も非常におすすめです。

 

他にも、現在の車が故障しているなどのマイナス情報も言わないようにしましょう。

 

すぐに買い替えが必要と判断されると、値引き交渉に応じてくれなくなる可能性があります。

 

ディーラーに入店したら、最初のうちは秘密主義を貫く事が大事です。

 

【値引きの上級テク】見込み発注車を狙う

フリードのような人気車種の場合、ディーラーはある程度売れる事を見越して新車を発注していることがあります。

 

これが"見込み発注車"と呼ばれるものです。

 

本来、新車というのはお客さんがカタログを見て好みの構成を選びます。

 

グレードや色、オプション品など多岐にわたる装備を選んで、自分だけの仕様を組み立てます。

 

無事契約となった時に、ディーラーマンはその構成の新車をメーカーに発注します。

 

しかし、車というのは完全オーダーメイドではないため、ある程度構成がパターン化されています。

 

人気のグレード、人気色、人気のオプションを組み合わせた車であれば、全く同じ注文をしてくるお客さんが黙っていても現れるのです。

 

見込み発注車に同じ仕様の車があれば、そうしたお客さんを待たせる事なく納車できます。

 

一見メリットがたくさんに思える見込み発注車ですが、これは一歩間違えばすぐに在庫車となってしまうのです。

 

せっかく見込み発注をしたのにその車を欲しがるお客さんが現れないと、その車は長期在庫となります。

 

つまり、ある程度ディーラー側の選んだ構成を受け入れれば、大幅値引きをしてもらえる可能性があるのです。

 

特にホンダは見込み発注車が多いため、こちらからディーラーマンに交渉を持ちかけるのも有効な手段です。

 

ディーラーマンの方から「この部分だけ我慢して貰えれば安くできる車があります」と言われることもあります。

 

見込み発注車は基本的に人気のオプションを組み合わせたものがほとんどです。

 

将来的な下取り価格も期待できるため、メリットは大いにあります。

 

在庫車は登録済み未使用車と違い完全な新車です。

 

絶対に自分だけの1台にしたいというこだわりが無ければ、非常におすすめ度の高い方法です。

 

【下取り車がある人は期待大】一括査定を使って下取り車を高く売る

車を安く買う方法は、新車の値引きだけではありません。

 

今乗っている車を高く売ることで、値引きと同等の効果が生まれるのです。

 

ディーラーは新車販売で値引きした分を、下取り価格で調整します。

 

大きく値引きをしてしまった分、下取り価格を安くすることでトータルで赤字にならないように調整しているのです。

 

結果得をしていないことになってしまうため、ディーラーで下取りをしてもらうのはやめましょう。

 

最近は車の買い取りに特化した買取店が数多くあり、そうした業者の方が高く売れます。

 

買取業者は独自の中古車販売ルートを持っているため、買い取った車を無駄なく次に流すことができます。

 

こうしたノウハウのおかげで買取額が高くなっているのです。

 

しかし、自分で買取業者を探すのは非常に面倒です。

 

そこで、ネットで簡単にできる一括査定サービスを活用しましょう。

 

一括査定がどんなもので、どうやって使えばいいのかを次の章で詳しく説明していきます。

 

一括査定は高く売れる理由

どうして、一括査定は車を高く売ることができるのでしょうか?

 

それは、買取業者同士が価格競争をするからです。

 

基本的に、買取店へ車を持っていった場合は一対一の交渉になります。

 

そのため価格競争は起きません。

 

しかし、一括査定サービスは最大で10社以上の買取業者が一台の車を査定します。

 

どうしてもその車を手に入れたい業者は当然高額査定を提示してきます。

 

それに負けじと他社も更に高い査定額を提示してくるため、勝手にオークションのような状態になるのです。

 

この競争を簡単に引き起こすことができるのは、一回の情報入力で複数の買取業者に査定が依頼できる一括査定サービスならではのことです。

 

実際に一括査定サービスを使った人の中には、査定額に10万円以上の差がついた人もいます。

 

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:1,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

楽天オート

 

 特徴①:一括査定の申込みで楽天5ポイント
 特徴②:成約すると楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約70社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート

 

4.まとめ

フリードを少しでも安く買うなら、値引き交渉のコツを掴むことが大事です。

 

運営会社が違うホンダディーラーを見つけ出し、全ての店でフリードの見積もりを取りましょう。

 

日程も決めて、できるだけ月末に回ることでノルマ達成のための大幅値引きを狙いましょう。

 

特にホンダのディーラーは見込み発注車が多いため、運が良ければ安く買える場合があります。

 

そして、車を契約したら、一括査定で今の車を高く売ることが大事です。

 

複数の業者に持ち込むのは大変ですが、インターネットを使えば簡単な情報入力だけで査定依頼が完了します。

 

空いた時間で新車を迎え入れる準備をすれば、納車費用もカットできます。

 

こうしたワザをフル活用して、賢くフリードを手に入れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介
新車値引きの相場や交渉術、また最終的にお得に購入する方法をご紹介します。
現ディーラー営業マンに聞いた!新車購入の安い時期と安くする方法を暴露
現営業ディーラーマンに実際に聞いた新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の税金は13年経過すると上がる!トータルで見ると買い替えた方が得?
現在車にかかる税金についてあまりよく分かってない方は、読み終わる頃には車の税金のアレコレやお得な買い替え時期が分かるでしょう。
【2017年最新版】エコカー減税はいつから?どれぐらい変わる?
今回はエコカー減税とは何なのか、減税率はどう変化するのか、買い替えに影響はあるのかなど、エコカー減税に関して様々なことを解説していきます。
2017年の車通勤におすすめの車種はどれ?元ディーラーが徹底解説
今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
中古車を安く購入したい!でも安い時期ってあるの?
今回は特別に、あなたが中古車購入をする際の極意をお教えします。その極意は特別な知識などはいりません。
中古車を購入するときに最低限知っておくべき10のチェックポイント
今回はそんな不安を解消すべく、車を購入するときにチェックするポイントをはじめ、その他お得な情報をお届けしていきます。
新型フリードの特徴・強み・弱みと目標値引き額を徹底調査
新型「フリード」の長所も短所もわかるので、ライバルの「シエンタ」とどちらにしようか迷っているのであれば、最後まで読んで頂けるとどちらが優れたコンパクトミニバンなのか分かって頂けるでしょう。
シエンタは今でも売れ続けている!シエンタが売れている理由と目標値引き額
シエンタの従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイント<が分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、最終的にシエンタの特徴と予想値引き額が分かります。
ムーヴキャンバスの特徴・強み・弱み
ムーヴキャンバス、かわいいけどそのほかはどうなんだろう、自分に合った車なんだろうか、買っちゃっていいのか・・・そんな風に迷っているあなた、この記事を最後まで読んでくれれば、その迷いはスッキリ解消間違いなし。
新型インプレッサの特徴・強み・弱み
あなたはインプレッサの強みや弱みを把握でき、もしインプレッサとライバル車種と迷っているのであれば、どっちがいいのか判断できるのを約束します。
ノートe-POWERの特徴・強み・弱み
あなたはノート「e-POWER(イーパワー)」の長所や短所を把握できます。もしノートとライバル車種のアクアやフィットハイブリッドと迷っているのであれば、どちらがいいのか?その判断ができる情報を提供しています。
【2017年8月】日産のノート値引き情報!半年間の推移から予測
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」/売れ行き好調の理由と目標の値引き額
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年7月】トヨタのC-HR値引き情報!半年間の推移から予測
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
ルーミー・タンク・ジャスティの特徴
あなたは「ルーミー」と「タンク」の長所や短所を把握でき、もしライバル車種と迷っているのであれば、どちらがいいのか判断できる事を約束します。
新型スイフトの4つとの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
フルモデルチェンジをしたスズキのスイフトの購入を検討している方に向けて、元ディーラー営業マンの筆者がこれら「スイフト」の全てを解説します。
新型マークX/特徴とライバル車種との比較、目標値引き額を徹底解説
この記事を読むだけで、マークXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、発売後の値引き情報についても詳しくまとめているので、マークXがいくらぐらいの値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型ソリオにハイブリッドが追加!目標値引き額とライバル車種との違い
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
マツダの新型CX-5は何が特徴なの?ライバル車種比較と目標値引き額
元ディーラー営業マンだった筆者が詳しく解説します。読み終わる頃には貴方も「CX-5」の全てが理解できます。
トヨタの新型ヴィッツにハイブリッド車が登場!主な特徴と目標値引き額
これからヴィッツなどのコンパクトカーを購入しようとする方に、元ディーラー営業マンの筆者がこれらの疑問の全てを解説します。
【2017年8月】トヨタのヴィッツ値引き情報!半年間の推移から予測
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。 値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
スズキのワゴンRがフルモデルチェンジ/主な特徴と最新目標値引き額
元ディーラー営業マンの筆者が「新型ワゴンR」を徹底的に調べたのがこの記事です。この記事を読み終えるころには、あなたは「新型ワゴンR」の全てを知ることが出来て、軽自動車選びに答えが出るはずです。
2017の新型シビックは何が特徴なの?目標の値引き額はどれぐらい?
まだまだ謎の多い新型シビックの特徴や日本未発売の先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年4月発売!レクサスLC500の5つの特徴とライバル車種比較
LC500シリーズを徹底調査してまとめました。過去のレクサス車と何が違うのかが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
新型XVは何が進化したの?主な変更点・特徴と目標値引き額
3月9日からの予約開始、4月6日に正式発表となる新型スバルXVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
三菱から期待のSUV「エクリプスクロス」が発売予定!特徴と目標値引き額
エクリプス クロスの特徴や気になるデザイン、ライバル車との違いや目標の値引き金額の全てが分かります。発売時期に関しても取り扱っているので、エクリプス クロスが気になっている人には必見の内容ばかりです。
2017年に発売?新型アクアの特徴とライバル車種との比較
2017年12月頃の登場が期待される新型アクアの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
プリウスPHVは何がすごいの?4つの特徴とライバル車種との比較
プリウスPHVの何がすごいのかが分かり、ライバル車との比較するべきポイントも分かります。そして最終的に、プリウスPHVがいかに究極のエコカーであり、今一番のおすすめであるのかが分かります。
新型MINIクロスオーバーはどんな特徴がある?ライバル車種との比較
新型MINIクロスオーバーを徹底調査してまとめました。この記事を読むだけで、従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイントが分かります。
2017年中に発売?新型N-BOXの特徴とライバル車種との比較
2017年に発売される新型N-BOXを徹底調査してまとめました。新型N-BOXの特徴と従来モデルからの改善点が分かります。気になるライバル車との比較ポイントもまとめているので、最終的に「新型N-BOX」はどんな車で、ライバル車より何が優れているのかが分かります。
新型アウトランダーPHEVの特徴・ライバル車種比較と目標値引き額
2017年2月9日に登場した新型アウトランダーPHEVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年に発売予定の新型マーチはどう進化する?予想値引き額は?
新型マーチの特徴と従来モデルとの違いが分かります。新型マーチがライバルに比べて何が優れていて、本当に買うべき車かどうかが分かります。
新型レンジローバーヴェラールの特徴と目標値引き額
レンジローバー ヴェラールを徹底調査してまとめました。レンジローバー ヴェラールの特徴やライバル車種との比較ポイントが分かります。レンジローバー イヴォークとの違いもまとめているので、最終的には「レンジローバー ヴェラール」がどんな車であり、本当に”買い”な車なのかどうかが分かります。
2017新型カムリの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
新型カムリの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型カムリの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型カムリはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ボルボV90はどんな特徴がある?オススメな人はどんな人?
ボルボV90を徹底調査してまとめました。新型ボルボV90の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
新型レクサスLSと現行モデルの変更点は?どんな特徴がある?
新型レクサスLSを徹底調査してまとめました。新型レクサスLSの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型スカイラインクーペの特徴は?目標値引き額はいくら?
新型スカイラインクーペの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型のCX-6はどんな外観?ライバル車種はどれになるの?
新型CX-6の特徴、ライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
新型アウディQ5はどんなデザイン?主な特徴とライバル車種との比較
新型アウディQ5を徹底調査してまとめました。新型アウディQ5の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型RVRは何がすごいの?主な特徴・変更点と目標値引き額
新型RVRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型RVRはどういう人に向いているのか、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型レクサスNXが大型マイナーチェンジ!特徴は何?ライバル車種との比較
新型レクサスNXを徹底調査してまとめました。新型レクサスNXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
ホンダのステップワゴンの主な特徴4つと目標値引き額、ライバル車種との違い
ステップワゴンの特徴と、ライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新モデルや値引き情報についてもまとめていますので、ステップワゴンの買い時といくら位値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型のアウディA5はどんな特徴がある?ライバル車種比較と目標値引き額
アウディA5を徹底調査してまとめました。従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。今後発売される派生モデルについても扱っていますので、最終的にはA5のモデルごとの特徴や一番おすすめのモデルが分かります。
2016新型タントの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
2016年11月30日に登場した新型タントの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型タントの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型タントはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ベンツ「GLA」の特徴は?ライバル車種と比べた評価は?
GLAの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。今回のマイナーチェンジでGLAのどこが変わったのか、今最もおすすめのコンパクトSUVは何かということが分かります。
新型ミライースの特徴は?従来モデルとの違いと目標値引き額
ミライースを徹底調査してまとめました。新型ミライースの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。予想値引き額に関してもまとめているので、ミライースの値引き情報も分かります。
新型グレイスがビッグマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
グレイスを徹底調査してまとめました。大型改良されるグレイスの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、最新の値引き情報についてもまとめているので、最終的にはグレイスの予想購入価格も分かります。
ホンダフィットがマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
フィットのマイナーチェンジの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる予想値引き額についてもまとめていますので、最終的には新型フィットがどれほどの値引きで購入できるのかということも分かります。
新型ゴルフがマイナーチェンジで大幅改良!主な変更点とライバル車種比較
ゴルフを徹底調査してまとめました。新型ゴルフの特徴とライバル車との違いも分かります。そして最終的には、今回のマイナーチェンジでゴルフの何が変わったのがも分かります。
2017年にハリアーがマイナーチェンジ!主な変更点と目標値引き額
この記事を読むことで、ハリアーのマイナーチェンジの全貌とライバル車との違いが分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、ハリアーがどんな車でいくらの値引きが可能であるのかも分かります。
新型エクストレイルがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
トヨタがアクアをマイナーチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
この記事を読むだけで、新型アクアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になるマイナーチェンジの全貌もまとめているので、従来のモデルから何が変わったのかが分かります。
【2017年8月】トヨタのアクア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、アクアの値引き情報をまとめています。購入した人がいくらの値引きをしてもらったのか、実際の口コミをデータ化してまとめました。
BMWの新型5シリーズツーリングはどんな特徴?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけで、従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新機能についても解説していますので、最終的には新型5シリーズツーリングがどれだけ大きく変わったのかが分かります。
2017年の新型レヴォーグはどんな特徴がある?目標値引き額は?
この記事を読むだけで、今回のマイナーチェンジの全貌とレヴォーグの特徴が分かります。ライバル車との違いや値引き情報についてもまとめています。最終的にはライバル車との違いや、どの車が一番おすすめかが分かります。
新型「WRX S4」のデザインはカッコイイ?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけでWRX S4の従来モデルからの変更点が分かります。気になる値引き情報やライバル車との徹底比較もしているので、最終的には新型WRX S4は本当におすすめできる車なのかということが分かります。
新型ノアはどんな特徴がある?旧モデルとの違いと目標値引き額
ノアがどんな車かということとライバル車の違いが分かります。マイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからの変更点も全てわかります。
新型ヴォクシーが何が進化した?ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにヴォクシーを徹底調査してまとめました。ヴォクシーのすべてが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
新型エスクァイアの特徴は?特徴4つ、ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにエスクァイアを徹底調査してまとめました。エスクァイアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、今発売されているミニバンの中でどのモデルが一番おすすめかが分かります。
新型CX-3はどんなデザイン?ライバル車種比較と目標値引き額
2017年6月に登場したばかりの新型CX-3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型CX-3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型フェアレディZの主な変更点は?4つの特徴と目標値引き額
2017年7月に登場したばかりの新型フェアレディZの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型フェアレディZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型フェアレディZはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年7月】トヨタのプリウス値引き情報!半年間の推移から予測
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
新型SX4はどんなデザイン?主な変更点と目標値引き額
今回のマイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからどんな点が変わったのかも分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、SX4 S-CROSSの購入を検討している人はこの記事を読めば疑問が全て解決します。
2017新型エスクードの特徴とライバル車種との比較は?目標値引きは?
2017年7月26日に登場した新型エスクードの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型ムーヴのマイナーチェンジ内容は?主な変更点と目標値引き
今回のマイナーチェンジは、登場から3年近くが経過したことで機能面でライバル車に劣っていた予防安全性能をバージョンアップしました。その他にも数々の改良が加えられているため、この記事ではその内容を詳しくまとめていきます。ここでは、新型ムーヴの特徴を解説していきます。
2017新型シトロエンC3のデザインは?4つの特徴とライバル車種比較
2017年7月7日に発表された新型シトロエンC3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型シトロエンC3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型シトロエンC3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。