【半年毎に更新】日産 リーフ値引き情報の全データまとめ

【最新版】日産リーフの値引き情報

最終更新日:2019年3月17日

リーフ
※画像出典:日産公式HP
日産の次世代の環境車両と言われているのがリーフです。

 

ガソリンエンジンを搭載しない、100%電気自動車として2010年に初代モデルが発売されました。

 

リーフは日本をはじめとする全世界で販売され、電気自動車の代名詞と言える存在。

 

2017年には初のフルモデルチェンジを実施し、航続可能距離が飛躍的に向上したことで話題となりました。

 

そんなリーフの良さが一発でわかるyoutube動画はコチラ。

 

この記事では、そんなリーフの最新値引き情報についてまとめています。

リーフの値引き情報まとめ

  • リーフ車両本体の値引き目標額:30万円
  • リーフオプションを含むトータル値引き目標額:50万円
  • リーフの値引き難易度:易

 

この記事は、実際にリーフを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き推移をグラフ化して紹介しています。

 

これからリーフを購入する際、いくらぐらい値引きが期待できるのかが分かるように、口コミのまとめも紹介。

 

値引き情報は半年ごとに更新しているため、常に最新のものが確認できます。

 

マイナーチェンジの予定から、今後の値引き額の推移も予測して紹介しています。

 

記事後半では新車を安く買うための裏技も紹介しているので、この記事を最後まで読めばリーフを最安値で購入する方法が身につくでしょう。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

1.日産 リーフの値引き情報

リーフ
※画像出典:日産公式HP

 

現行型のリーフは2017年6月に登場しました。

 

先代をベースにバッテリー容量をアップし、弱点だった航続可能距離を飛躍的に向上させることに成功。

 

アクセルやブレーキ、ハンドル操作をアシストしてくれる「プロパイロット」や、自動駐車システム「プロパイロットパーキング」などの先進の運転支援システムを搭載したことも大きなポイント。

 

2019年1月には、さらに大容量バッテリーを搭載した「リーフe+(イープラス)」が追加グレードとして投入されました。

 

そんなリーフですが、登場からしばらくは納車待ちが発生していましたが、2019年8月現在では1ヶ月程度で納車が可能と言われています。

 

納期が分かったところで、早速値引き額の詳細をお話していきます。

 

今回値引き推移のグラフを作成するにあたり、大手口コミサイト「価格コム」で実際にリーフを購入した人のレポートを参考にしています。

 

非常に信ぴょう性の高い情報なので、これからリーフを購入する際に役に立つでしょう。

 

リーフの値引き情報まとめ

  • リーフ車両本体の値引き目標額:30万円
  • リーフオプションを含むトータル値引き目標額:50万円
  • リーフの値引き難易度:易

価格コムの値引き情報
※画像出典:価格コム「日産リーフ値引き情報」より

 

リーフの2018年3月~2019年2月の値引き推移

リーフ

 

グレード別のリーフ目標値引き額

グレード名 車両本体価格(値引き前) 目標購入額(値引き後)
S 324万円 294万円
G 399万円 369万円
NISMO 403万円 373万円
e+ X 416万円 386万円
e+ G 472万円 442万円

2018年3月~2019年2月までの1年間を見ると、リーフの値引き額は車両価格から30万円前後、オプションパーツ込みで50万円前後を推移していることが分かります。

 

新型リーフ登場から間もない頃は、値引き額もトータルで30万円前後となっていました。

 

しかし2018年後半からは一気に値引き額が拡大し、50万円を超える値引きを引き出している人が数多く見られました。

 

これには国の補助金制度が終了したことが原因として考えられます。

 

電気自動車は環境に優しい車ということで、定期的に国からの補助金制度が設けられます。

 

しかし年末に予算が尽きたことがあり、その分車両価格からの値引き額が拡大。

 

そのため50万円以上の値引きを引き出せるようになったのです。

 

その上、リーフはリセールバリューが悪いというデメリットがあります。

 

日産もその問題は把握しているので、できるだけ購入価格を下げるように値引き交渉に積極的に応じています。

 

こうした理由があるため、リーフの値引き交渉の難易度はそう高くないのです。

 

事実、Twitterにはこのような口コミが投稿されています。

 

 

またリーフならではの問題として、購入後に自宅に充電スタンドを設置する費用が5~10万円ほどかかります。

 

この費用をサービスしてもらうという値引き方法もあるので、交渉の際には忘れずに充電スタンドの話もしましょう。

 

リーフは追加グレードが登場したばかりということもあり、今後は大きなマイナーチェンジの予定はありません。

 

補助金制度が終わったこともあり、今後も値引き額は同水準を推移するでしょう。

 

こうした背景からも、結果としてリーフ購入の際には、本体から30万円、オプションパーツ込みで50万円程度の値引きが引き出せれば成功と言えるでしょう。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

これだけ値引きの好条件が揃っているリーフですが、だからといって準備をせずにディーラーに行くと交渉が失敗する可能性があります。

 

次章からは確実にリーフをお得に購入できるよう、新車を安く買うためのテクニックを紹介していきます。

 

2.値引きを引き出す一番早い方法は複数の店舗を回ること

リーフ
※画像出典:日産公式HP

 

値引き交渉で最も大切なことは、「複数のディーラーを回る」こと。

 

1店舗で交渉を続けても、最安値が提示されることはありません。

 

必ず複数のディーラーを競わせないと値引き額は拡大しないのです。

 

そのことを頭に入れた上で、更に注意すべきことが「同系列のディーラーは回らない」こと。

 

これがどういうことか、これから分かりやすく解説していきます。

 

ディーラーの回り方

全国にある日産のディーラーは、全てメーカーの直営というわけではありません。

 

各地域にある販売会社が日産と契約することで、正規ディーラーとして運営することを許可されているのです。

 

そのため日産ディーラーと言っても、運営している会社が違えば当然ライバル関係になります。

 

複数のディーラーを回る時には、必ずライバル関係にあるディーラーだけを回りましょう。

 

そしてそれぞれで同じ条件のリーフの見積もりを作成してもらい、最安値を競い合うのです。

 

とはいえ街を歩いていても、日産ディーラーの運営会社の違いまではわかりません。

 

そこでネットを使ってカンタンに別系列の日産ディーラーを探す方法があるので、これから画像つきで紹介していきます。

 

日産で自宅の近くのディーラーを探す方法

日産のホームページでディーラーを検索する方法は以下の通りです。(※今回は神奈川県を例に説明します。)

 

1.日産の販売店検索のサイト(https://www3.nissan.co.jp/dealers.html)に行く

 

2.住所または駅名を入力する
日産のディーラー検索ページは、「住所または駅名を入力する」、「現在地から探す」の2種類。

 

今回は住所を入力する方法を利用します。

 

リーフを探す
※画像出典:日産公式HP

 

3.一覧から近くのディーラーをピックアップする
地名を入力して検索をすると、その地域にある全ての日産のディーラーが一覧と地図で表示されます。

 

そして今回注目すべき点は、画像の赤枠で囲った一覧の方です。

 

リーフを探す
※画像出典:日産公式HP

 

神奈川県でディーラーを検索した時、「神奈川日産自動車株式会社」というディーラーと、「日産プリンス神奈川販売株式会社」というディーラーの2種類があることが分かります。

 

実はこれが別系列ということで、これらの2つは別会社が運営している日産ディーラーなのです。

 

つまり、今回競わせるべきディーラーは2つで、これは全国でも同じことが言えます。

 

一覧で違う会社名が出てきたら、その会社から1つディーラーをピックアップするようにしましょう。

 

これが回るべきディーラーの探し方です。

 

同系列のディーラーを回ってはいけない理由

複数のディーラーは回るべきですが、全て別系列のディーラーだけを回る必要があります。

 

同系列のディーラーは、値引きできる限界額などが全て一律で決まっています。

 

そのため別のディーラーに行っても提示される条件は変わらず、時間を無駄にすることになります。

 

その上全ての商談メモをコンピューター上で保存しているのです。

 

つまり、同系列のディーラーばかり何店舗も回っていると、「しつこく値引き交渉ばかりしてくる人」として要注意リストに入れられてしまう可能性があるのです。

 

新車を購入したら最低でも数年は付き合うことになるディーラーなので、購入前にマイナスイメージを持たれることは避けたいもの。

 

必ず、商談メモが共有されていない、別系列のディーラーだけを回るようにしましょう。

 

値引き交渉の際に注意すべきこと

別系列のディーラーを回る際に注意したいことが、全ての交渉は1~2日で終わらせることです。

 

交渉は日数の期間が空いてしまうと、同条件が引き出せない可能性があります。

 

値引き額というのは日々変化するもので、月末になるほど値引き幅は拡大すると言われています。

 

そのため月をまたいだりしたらせっかく取った見積もりが無駄になる可能性があるのです。

 

ライバルとなる店舗に1週間以上前の見積書を持って行っても、最新のものではないとして取り扱われない可能性もあるため、交渉はスピーディーに行いましょう。

 

理想は「週末の2日間で決める」などの短期決戦です。

 

週末の方がキャンペーンを行っていることが多いので、筆者は「月末の週末」を最もオススメしています。

 

これだけ覚えておけば、リーフの商談はスムーズに行えるでしょう。

 

次章では、新車をもっと安く買うために覚えておきたい3つの方法を紹介していきます。

 

3.更に値引きを引き出す3つの方法

リーフ
※画像出典:日産公式HP

 

値引き交渉は一筋縄ではいかないもの。

 

相手は客商売のプロである上、毎月何台も新車を売っているのです。

 

数々のセールストークを駆使してくる可能性があるため、相手のペースに飲まれず交渉を続けることがポイントです。

 

そこで当日焦らないように、新車購入で覚えておきたいポイントを3つお話していきます。

 

【知っておくべき】交渉の基礎テクニックを覚えておく

交渉には基本的なテクニックがあります。

 

数ある中でも最も重要なことが「相手のペースに乗らない」ということ。

 

営業マンは毎月何台も車を販売しているプロです。

 

いくつもの会話のパターンを持っており、自分のペースに巻き込むことが得意。

 

ここぞとばかりに畳み掛けてあまり値引きをしないで販売しようとします。

 

そこで「目標額になるまでは絶対買わない」とハッキリ態度に出すようにしましょう。

 

営業マンに「小手先の会話ではどうにもならない」と思わせる事が大事なのです。

 

話を値引き以外に逸らされそうになっても、「値段に納得できなければ買わない」としっかり伝えましょう。

 

別の話題でお茶を濁そうとする営業マンに先手を打つのです。

 

他にも、見落としがちなのが「最後のもうひと押し」です。

 

交渉がまとまりかけた頃、「最後にもうすこしサービスしてくれたら買う」と伝えるのを忘れてはいけません。

 

これだけで、納車時のガソリン満タンサービスが付いたり、ちょっとしたオプションパーツのサービスが期待できます。

 

話に応じてくれない営業マンだとしたら、その人からは買わないという選択もいいでしょう。

 

買った後にも付き合うことを考えたら、きちんとコミュニケーションが取れる営業マンと交渉するというのも大事なポイントです。

 

【焦っていなければ】あえて決算月を狙う

もし車の買い替えを焦っていないのであれば、決算月に買うのがオススメ。

 

決算月は毎年3月と9月で、この2ヶ月間はディーラーがセールや超大幅値引きをしてくれる可能性が高いのです。

 

なぜ決算月は新車が安くなるのかといえば、3月と9月は会社の決算に重なるため。

 

この時期に少しでも売り上げを増やし、業績好調としたいディーラー側の事情があるのです。

 

もちろんディーラー側の事情なので、買う側にデメリットは一つもありません。

 

ディーラーを運営する会社は、決算月用に特別予算を組み、いつもより値引き額を増やしていいと通達します。

 

その結果、営業マンもいつもより値引き交渉に応じてくれるようになります。

 

ただし一つだけ注意点があり、それは「決算月中に納車される」こと。

 

3月と9月の間に登録が終わらないと業績に関係ない売り上げとなり、値引きがされない可能性があるのです。

 

つまり人気車種ほど決算月の間に納車が間に合わない可能性があるのです。

 

そこで筆者は「2月と8月」に買うことをオススメしています。

 

決算直前ということもあり、すでに2月と8月は値引き額が拡大しています。

 

決算期と変わらぬ値引きが期待できる上、人気車種でも決算月中に納車される可能性が大。

 

3月と9月はディーラーが混雑しているというデメリットがありますが、これもクリアできます。

 

決算値引きを狙うなら、少し前から交渉するようにしましょう。

 

【下取り車があれば期待大】下取り車は一括査定を使って買取店に出す

買い替えに伴い下取り車があるなら、ディーラーに売るのはやめましょう。

 

ディーラーはあくまで新車を売るところであり、車の買取を専門にしているわけではありません。

 

そのため買取価格は安く、せっかく新車の値引きを頑張ってもらってもそれが無駄になってしまう可能性があります。

 

下取り車は車の買取を専門にしている買取店に依頼しましょう。

 

買取店なら中古車の買取と販売をメインにしているため、高価買取が期待できます。

 

とはいえ、買取店に直接持っていくだけでは足元を見られてしまう可能性があります。

 

それを防ぐために利用したいのが一括査定です。

 

一括査定を使えば複数の買取店が査定をするため、足元を見るのは不可能。

 

普通に店舗に持ち込むよりもはるかに高く売れるのです。

 

一括査定がどういうものか、どうして車を高く売れるのかは次章で詳しく説明していきます。

 

一括査定を使って車を高く売る

一括査定をカンタンに説明すると、「複数の買取業車に査定申し込みが同時にできる」というサービスです。

 

申し込みは専用のサイトから行い、売りたい車の「車種・年式・走行距離」を入力するだけ。

 

誰でも2~3分程度で申し込みができてしまいます。

 

申し込み後すぐに、入力した電話番号に電話が来て、査定日の打ち合わせをします。

 

複数の買取業車と日程の調整をすれば、あとは当日自宅で査定を受けるだけ。

 

複数の査定結果を比較して、一番高い業者に売るだけでいいのです。

 

ではなぜ、一括査定は車を高く売ることができるのでしょうか?

 

一括査定で車が高く売れる理由

一括査定を使えば車が高く売れる理由は、「相見積もり」にあります。

 

相見積もりとは複数の業者に同じものの見積もりを取ることで、複数の買取業車に同じ車を査定してもらうのも相見積もりになります。

 

相見積もりのメリットはライバルがいることで、1社査定だと足元を見ることができますが、それができなくなるのです。

 

中途半端な査定価格を出すと他者に買い取られてしまうため、はじめから限界価格を提示するしかありません。

 

全ての買取業社がガチンコ勝負をすることになるので、一括査定は車を高く売れるのです。

 

その上、一括査定に参加している買取業者は全て全世界に販路を持つプロフェッショナル。

 

どんな車であっても高く売れる販路を持っているため、低年式車や過走行車でも高価買取が可能。

 

ディーラーの下取りでは考えられない価格で車を売ることも不可能ではありません。

 

そんな一括査定ですが、似たようなサイトがいくつもあるのがデメリット。

 

そこでこれから、どのサイトが一番オススメなのかを紹介していきます。

 

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。

蛇足にはなりますが、家電の最安値を調べるときに重宝する「価格.com」も一括査定サービスを運営していますが、実は裏側は「カーセンサー」のサービスです。(カーセンサーの運営会社は「株式会社リクルートパートナーズ)
価格.comの一括査定注意事項


それだけでも安心して利用できますよね!


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約49社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



かんたん車査定ガイド

車査定比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:211社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ズバット車買取

廃車寸前のボロボロの車であれば「廃車買取.com」

廃車買取.com

 

 特徴①:どんな車でも0円以上の買取保証あり
 特徴②:年中無休で全国どこでも買取がOK
 特徴③:廃車に掛かる費用や廃車の手続きはすべて無料で対応


カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カービュー

 

4.まとめ

この記事では、日産リーフの値引き情報や新車を安く買うための方法を紹介してきました。

 

覚えておきたいポイントは2つで、「1.新車を少しでも安く買うこと」、「2.今の車を少しでも高く売ること」だけです。

 

リーフはリセールバリューの面から、販売時の価格が高いと売れないことを日産側も分かっています。

 

そのため大幅値引きが狙いやすい車なのでしっかり交渉をしましょう。

 

そして忘れてはいけないのが、今の車を高く売ること。

 

今の車を高く売れば、その分支払う現金が少なくて済みます。

 

この記事で紹介している一括査定を活用して、買取業者に最高価格で買い取ってもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

【半年毎に更新】ホンダ フリード値引き情報の全データまとめ
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
【半年毎に更新】トヨタ シエンタ値引き情報の全データまとめ
この記事では、シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。常に最新の情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。この記事を読むだけでシエンタの平均値引き額と目標購入金額が分かります。交渉テクニックも紹介しているので、最終的には新車を少しでも安く購入する方法が身につきます。
【半年毎に更新】日産 ノート値引き情報の全データまとめ
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」は何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【半年毎に更新】トヨタ C-HR値引き情報の全データまとめ
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
【半年毎に更新】ダイハツ トール値引き情報の全データまとめ
2016年11月、ダイハツから発売されたのが「トール」です。取り扱いやすいコンパクトカーサイズのボディでありながら、全高を高くすることで広い室内空間を実現。経済性と実用性の両立を図り、1Lエンジンを搭載しているのが特徴です。先進の安全運転支援システムも搭載し、購入しやすい価格にまとまっていることが人気の秘訣です。この記事では、そんなトールの最新値引き情報についてまとめています。実際にトールを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き額をグラフ化。平均でどれくらいの値引きがされているのかカンタンに知ることができます。
【半年毎に更新】トヨタ タンク値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「タンク」の値引き情報をまとめています。実際にタンクを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。タンクの目標値引き額が分かり、購入金額を決める参考になります。新車を安く買うためのコツも紹介しているので、最終的にはタンクを安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ルーミー値引き情報の全データまとめ
ルーミーの値引き情報についてまとめています。実際にルーミーを購入した人の購入レポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。ルーミーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはルーミーを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】スズキ ジムニーシエラ値引き情報の全データまとめ
スズキが販売する本格的クロカン車「ジムニー」。スズキの定番車種として高い人気を誇りますが、そのジムニーの排気量を上げたモデルがジムニーシエラです。1.5Lのエンジンを搭載することで出力とトルクがアップし、本格的な四輪駆動システムと合わせることで高い走破性を実現しているのが特徴。この記事では、ジムニーシエラの値引き情報を詳しく紹介。これからジムニーシエラを買う際、いくらぐらいの値引きが可能なのかをお伝えします。値引き情報は全てネット上に投稿された、実際にジムニーシエラを購入した人の口コミが基となっているため、信ぴょう性が高い情報を提供しています。
新型ソリオは何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【半年毎に更新】スズキ ソリオ/バンディット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】マツダ CX-5値引き情報の全データまとめ
CX-5の値引き情報についてまとめていきます。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。CX-5の予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にCX-5をお得に購入するテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ヴィッツ値引き情報の全データまとめ
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-BOX値引き情報の全データまとめ
新型N-BOX・N-BOXカスタムの値引き情報をまとめていきます。実際にN-BOXを購入した人による値引きレポートを基に、値引き推移をグラフ化してまとめています。この記事を読むだけで、N-BOX/N-BOXカスタムの予想値引き額と目標購入金額が分かります。交渉で使えるテクニックも紹介しているので、最終的にはN-BOXを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ ステップワゴン値引き情報の全データまとめ
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ フィット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去1年間のデータをグラフ化してまとめています。最新の情報をお伝えするためにデータは半年毎に更新し、今後の値引き額の予想についても紹介しています。この記事を読むだけで、フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
SUVで人気のエクストレイル!3つの特徴・評判とライバル車種比較
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【半年毎に更新】日産 エクストレイル値引き情報の全データまとめ
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ ノア値引き情報の全データまとめ
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ヴォクシー値引き情報の全データまとめ
みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去1年分の値引き推移をグラフ化しています。最新の値引き情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。この記事を読むだけで、ヴォクシーの値引き可能額や目標値引き額が分かります。値引き交渉の必勝テクニックもまとめていますので、最終的には車を安く買う方法が身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ エスクァイア値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
【半年毎に更新】トヨタ プリウス値引き情報の全データまとめ
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
【半年毎に更新】ダイハツ ムーヴ値引き情報の全データまとめ
ムーヴの値引き情報についてまとめています。実際にムーヴを購入した人による口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、ムーヴの予想値引き額と目標購入金額が分かります。車をお得に購入する方法も紹介しているので、最終的にはムーヴを最安値で買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】スバル インプレッサ値引き情報の全データまとめ
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【半年毎に更新】トヨタ カローラ値引き情報の全データまとめ
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ ヴェゼル値引き情報の全データまとめ
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】マツダ アクセラ値引き情報の全データまとめ
マツダの人気車種であるアクセラの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。アクセラの目標値引き額が分かり、実際の購入価格を知ることができます。値引き交渉に使えるテクニックも紹介しているので、最終的に新車を安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ハリアー値引き情報の全データまとめ
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
【半年毎に更新】トヨタ ヴェルファイア値引き情報の全データまとめ
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ アルファード値引き情報の全データまとめ
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ シャトル値引き情報の全データまとめ
シャトルの値引き情報についてまとめていきます。実際にシャトルを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。シャトルの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にシャトルを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ オデッセイ値引き情報の全データまとめ
オデッセイ/オデッセイハイブリッドの値引き情報をまとめています。実際にオデッセイを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。オデッセイの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うための方法もまとめているので、最終的にオデッセイを安く買うためのコツが全て身につきます。
【半年毎に更新】日産 デイズ値引き情報の全データまとめ
デイズ/デイズルークスの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。デイズ/デイズルークスの予想値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。その他にも、新車を少しでもお得に購入するためのテクニックもまとめているので、最終的にはデイズを安く買う方法が身に付くでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツ タント値引き情報の全データまとめ
タントの値引き情報をまとめています。今タントがいくらぐらいで買えるのか、実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけタントの予想値引き額と目標購入金額が分かります。さらに、新車を安く買うための方法も紹介しているので、最終的にタントをお得に買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツ ミライース値引き情報の全データまとめ
長らくダイハツの看板車種として親しまれてきたミラですが、現在は低燃費に特化した「ミライース」のみが販売されています。この記事では、「ミライース」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。
コスパが最強?スズキアルトの4つの特徴とライバル車種を徹底比較
せっかく車を購入するなら、少しだけ個性的な車が良いと思いませんか?更にコスパが高い車種なら文句なしですよね。そこで登場するのがスズキの「アルト」です。本当にコスパが高く、さらに個性の強い車種であるためあなた自身も狙っているのではないでしょうか。最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にアルトを購入できるということが理解できますよ。
【半年毎に更新】スズキ アルト/アルトワークス値引き情報の全データまとめ
アルトの全モデルを対象にした値引き情報をまとめています。実際にアルト/アルトワークスを購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけでアルト/アルトワークスの予想値引き額と、購入の目安になる金額が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム値引き情報の全データまとめ
N-WGNシリーズ全ての値引き情報を取り扱っています。実際にN-WGNを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。N-WGN/N-WGNカスタムの目標値引き額と予想購入価格が分かります。値引き交渉で使えるワザも紹介しているので、最終的に新車を安く買うための方法が全て分かるようになっています。
【半年毎に更新】ダイハツキャスト値引き情報の全データまとめ
ダイハツのキャストの値引き情報をまとめています。実際にキャストを購入した人のレポートを参考に、今キャストがいくらで購入できるのかを紹介しています。値引き額の推移もグラフ化して紹介しているので、この記事を読むだけでキャストの目標値引き額と大体の購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも扱っているので、最終的にキャストを安く買うための方法が全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツウェイク値引き情報の全データまとめ
ダイハツウェイクの値引き情報をまとめています。ウェイクが実際にいくらで買えるのかをわかりやすくするため、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでウェイクがいくらの値引きが可能なのか、どれくらいの金額で購入できるのかが分かります。新車値引きのテクニックなども紹介しているので、最終的にウェイクを安く買うためのノウハウが全て身に付きます。
【半年毎に更新】トヨタ ピクシス値引き情報の全データまとめ
ピクシスシリーズがいくらで買えるのか、値引き額について紹介しています。みんなはいくらでピクシスを買っているのかをわかりやすく紹介するために、値引き額の推移をグラフ化しています。この記事を読むだけで、ピクシスシリーズの目標値引き額と予想購入価格が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはピクシスを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】 スズキ エブリィワゴン値引き情報の全データまとめ
エブリィワゴンの値引き額を中心とした情報をまとめています。エブリィワゴンはどれくらいの値引きが期待できるのかを紹介するために、実際に購入した人の口コミを基に値引き額の推移をグラフ化しています。そのためこの記事を読むだけでエブリィワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはエブリィワゴンを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
2017年12月発売のスズキ新型クロスビーの4つの特徴とライバル車種との比較
スズキが2017年12月25日に発売したのが、新型「クロスビー」です。ハスラーのテイストを強く残しつつ、サイズを拡大することで5ナンバーの普通車として登場しました。この記事では、そんなクロスビーについてまとめていきます。クロスビーの特徴ってなんだろう、ライバル車と比べて何がすごいの?、目標の値引き額はどれくらいなんだろうか?今回の記事は、その全てを解決するためにクロスビーを徹底調査してまとめました。
【半年毎に更新】スズキ クロスビー値引き情報の全データまとめ
クロスビーはスズキが2017年に発売した、小型のクロスオーバー車です。軽自動車「ハスラー」のデザインが好評であることから、同じテイストのデザインを採用していることが特徴。1,000ccのエンジンを搭載する普通車であるため、軽自動車と違い大人5名が乗車できるようになっています。扱いやすいボディサイズで、「軽自動車では物足りない」という人にちょうどいいと評判の1台です。この記事は、クロスビーの値引き情報を中心に、新車を安く買うための方法を紹介しています。過去1年間の値引き額の推移をグラフ化しているため、一発で目標値引き額がわかるようになっているのが特徴。
【半年毎に更新】日産 セレナ値引き情報の全データまとめ
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ ランドクルーザープラド値引き情報の全データまとめ
トヨタが1984年から製造・販売している、ランドクルーザープラド。本格的な四輪駆動車として高い走破性を持ち、耐久性の高さは全世界で評価されています。トヨタのオフローダー「ランドクルーザー」シリーズの1台であり、ボディサイズ・値段ともにシリーズ内では最も手が出しやすい位置に属しているのが特徴です。現行型は2009年から販売されており、何度か大型のマイナーチェンジを実施。この記事では、そんなランドクルーザープラドの最新値引き情報についてまとめています。