【半年毎に更新】トヨタ ヴォクシー値引き情報の全データまとめ

【最新版】トヨタのヴォクシーの値引き情報

最終更新日:2019年3月29日

ヴォクシー
※画像出典:トヨタ公式HP
トヨタの中でも特に人気の高いミニバンのヴォクシーは、2014年にフルモデルチェンジが実施され3代目となりました。

 

従来モデルより広い室内空間を実現しながら、プリウスなどに搭載されているハイブリッドシステムをそのまま搭載したことで圧倒的な低燃費を達成しています。

 

2017年7月にはビッグマイナーチェンジが行われ、内外装が大きく変更されました。

 

近年需要が高まる自動ブレーキシステムを搭載するなど、他社に先駆けて先進の装備を次々と実装しています。

 

そんなヴォクシーの良さが一発でわかるyoutube動画はコチラ。

 

この記事では、そんな特徴を持つヴォクシーの値引き情報についてまとめています。

ヴォクシーの値引き情報まとめ

  • ヴォクシー車両本体の値引き目標額:30万円
  • ヴォクシーオプションを含むトータル値引き目標額:50万円
  • ヴォクシーの値引き難易度:易

 

みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去1年分の値引き推移をグラフ化しています。

 

最新の値引き情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。

 

この記事を読むだけで、ヴォクシーの値引き可能額や目標値引き額が分かります。

 

値引き交渉の必勝テクニックもまとめていますので、最終的には車を安く買う方法が身につきます。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

1.トヨタ ヴォクシーの値引き情報

ヴォクシー
※画像出典:トヨタ公式HP
現行型のヴォクシーが発売されて既に4年以上が経過しますが、未だに新車登録販売台数は月間で5,000台以上を記録するロングヒットモデルです。

 

供給状態は非常に安定しており、トヨタの公式サイトの情報によると、2019年8月現在のヴォクシーの納期は1ヶ月程度です。

 

となれば、次に気になるのは実際にいくらで購入できるのかということです。

 

そこで、過去1年間でヴォクシーの値引き額がどう推移したのか、グラフで確認していきましょう。

 

今回は、大手口コミサイト「価格コム」をはじめとするネット上に挙がっている購入レポートを参考に紹介します。

 

ヴォクシーの値引き情報まとめ

  • ヴォクシー車両本体の値引き目標額:30万円
  • ヴォクシーオプションを含むトータル値引き目標額:50万円
  • ヴォクシーの値引き難易度:易

価格コムの値引き情報
※画像出典:価格コム「トヨタヴォクシー値引き情報」より

 

ヴォクシーの2018年3月~2019年2月の値引き推移

ヴォクシー

 

グレード別のヴォクシー目標値引き額

グレード名 車両本体価格(値引き前) 目標購入額(値引き後)
HYBRID ZS"煌"Ⅱ 338万円 308万円
ZS"煌"Ⅱ 285万円 255万円
ハイブリッド ZS 328万円 298万円
ZS 276万円 246万円
ハイブリッド V 316万円 286万円


2018年3月~2019年2月の1年間で、ヴォクシーの値引き額は50万円前後を推移しています。

 

基本的には車両価格から30万円程度の値引きが多く、値引き交渉の難易度はそう高くないことが分かります。

 

中には80万円以上の値引きを引き出している人もいるため、むしろ難易度は低いと言っても良いでしょう。

 

ミニバンはライバル車が多い激戦区であるため、常に大幅値引きが行われています。

 

トヨタには「ノア・エスクァイア」といった兄弟車がいる上、他社には「日産セレナ」、「ホンダステップワゴン」などの競合がいます。

 

他社のライバル車はフルモデルチェンジで新型に切り替わる中、ヴォクシーは2014年の発売からマイナーチェンジを繰り返すのみで販売されています。

 

このため基本設計の古さなどでライバルに負け、値引きに頼った販売をせざるを得ないのです。

 

今後の予測としては、フルモデルチェンジまでは再び値引き額が下落することは考えにくいでしょう。

 

結論として、ヴォクシー購入の際には本体から30万円、オプションを含めて50万円の値引きを引き出せれば成功と言えるでしょう。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

交渉次第では50万円を超える値引きを引き出すことも難しくなく、ライバル車の存在をうまく使うなどの工夫が求められます。

 

次の章では、ヴォクシーを少しでも安く購入するためのテクニックを紹介していきます。

 

2.複数のディーラーを回る事が値引きを引き出す最大のコツ

ヴォクシー
※画像出典:トヨタ公式HP
交渉のコツはいくつかありますが、その中でも重要なのがヴォクシーを扱っているディーラーをいくつか回る事です。

 

ディーラーによって、値引きに割ける予算や持っている在庫は違います。

 

複数のディーラーを回ることで、運良くお得なキャンペーンやちょうどいい在庫車を見つけることができるかもしれないのです。

 

メリットはそれだけではなく、複数の見積もりを取ることでディーラー間で価格競争を引き起こすことが可能なのです。

 

他社のライバル車と値引き競争をさせることも大事ですが、トヨタのディーラー同士で同じ車種の見積もりをさせるのは非常に効果の大きい方法です。

 

なぜなら、同じ車種というのは性能も全く同じなので、価格で差別化を図るしかないからです。

 

しかし、回るディーラーはよく考えないと無駄足になってしまう可能性があります。

 

トヨタのディーラーはどういう仕組みになっているのかを理解して、本当に行く必要のあるディーラーだけを回ることが重要なポイントです。

 

ここでは、そのディーラー選びの方法を全て公開します。

 

ディーラーの仕組みとヴォクシー取扱店を知る

車というのは、メーカーが直接販売しているわけではありません。

 

必ずディーラーを通して販売をしているのですが、ディーラーというのは必ずしもトヨタ自動車が運営しているとは限りません。

 

どういうことかと言うと、トヨタと特約店契約を結んだ地元の自動車販売店もトヨタディーラーを名乗れるのです。

 

そのため、近所のディーラー1つ1つに、必ず運営会社というものが存在しています。

 

つまり、運営会社が違えば値引き額も変わるということを意味します。

 

回るディーラーを決める時には先に運営会社を調べる必要があるのです。

 

さらに、トヨタはチャネル制を採用しているため、ディーラーの種類が4種類あります。

 

高級車を扱うトヨタ店、ミディアムクラスの車を扱うトヨペット店、コンパクトカーを扱うカローラ店、コンパクトカーとミニバンを扱うネッツ店の4種類があり、その全てで取り扱っている車種が異なります。

 

ヴォクシーはネッツ店のみの取り扱いなので、それ以外のディーラーに行っても購入することはできません。

 

思わぬ無駄足となってしまう可能性があるので十分注意しましょう。

 

このことから、ヴォクシーを安く購入するためにするべきことは、運営会社の異なるネッツ店を複数回ることです。

 

それでは、早速そのディーラーの探し方を紹介していきます。

 

近所のヴォクシー取り扱いディーラーを探す方法

車は今後のアフターサービスを考えて、近所で購入することをおすすめします。

 

離れたディーラーでどんなに安く買えても、今後点検や車検を依頼することを考えると得策ではありません。

 

通いやすい範囲内で最安値で買う事が大事なのです。

 

そこで、自宅の近くでヴォクシーを取り扱っているネッツ店を簡単に探す方法を画像つきで説明します。(※今回は静岡県を例として説明します。)

 

1.トヨタの販売店検索のサイト(http://toyota.jp/service/dealer/spt/search-addr)に行く

 

2.車種を選ぶ
ここでは今回紹介している「ヴォクシー」を選択します。

 

ヴォクシーはア行にあるので、ここでは「ア行」を選択します。
ヴォクシーを探す
ヴォクシーを探す
ヴォクシーを探す
ヴォクシーを探す
※画像出典:トヨタ公式HP

 

3.地図もしくは郵便番号、最寄り駅から探す
自宅の郵便番号や最寄り駅が分かる場合は、それらを直接入力します。

 

わからない場合は地図から探すことも可能です。

 

今回は郵便番号を入力します。
ヴォクシーを探す
ヴォクシーを探す
※画像出典:トヨタ公式HP

 

地図上にネッツ店のみが複数表示されますが、今回は一覧を使います。

 

この一覧の中には、「ネッツトヨタスルガ」「ネッツトヨタ静岡」「ネッツトヨタ静浜」の3種類の表示があります。

 

この3つは全て運営会社が異なります。

 

そのため、この場合はそれぞれの運営会社から1店舗ずつ選択して、3つの店舗を回るだけでいいのです。

 

もし、お住いの地域に運営会社が異なるディーラーが表示されなかった場合は、地図をより広範囲にしてみましょう。

 

3.さらに値引きを引き出す4つのポイント

ヴォクシー
※画像出典:トヨタ公式HP
ここまでの方法を試すだけで、ヴォクシーの値引きは目標額を達成できるはずです。

 

しかし、ここで契約をしてしまうのはまだ早いです。

 

実は契約直前というのは値引きのゴールデンタイムです。

 

ここで購入すると決めたディーラーでは、時間をかけてじっくり交渉を重ねる事が大事です。

 

紹介した口コミの中で、飛び抜けて大幅な値引きをしてもらっている人がいましたが、どんなテクニックを使ったのでしょうか?

 

ここでは、さらなる値引きを引き出す3つのポイントを紹介していきます。

 

もしあなたが下取り車を持っているのであれば、特に4つ目の方法の効果は絶大ですので、必ず目を通してください。

 

【見つければラッキー】在庫車や見込み発注車を狙う

口コミの中で登場した"在庫車"ですが、見つけることができたら超大幅値引きをゲットできるチャンスです。

 

ディーラーは売れる車に関してはある程度在庫を抱えています。

 

人気のボディカラーに人気のオプションパーツを付けてあらかじめ発注をしておくのです。

 

これが見込み発注車と言われるものですが、これが売れないと在庫車となってしまいます。

 

特に、ヴォクシーはマイナーチェンジ直後ですので、ディーラーには運良くマイナーチェンジ前の在庫車が残っている場合があります。

 

この場合はディーラーマンに単刀直入に「在庫車でいいので安く買いたい」と伝えましょう。

 

自分でグレードやボディカラーを選ぶことはできませんが、欲しいと思っている組み合わせに近い在庫車があればラッキーです。

 

マイナーチェンジ後の新型にこだわらないのであれば、在庫車を狙うのも良いでしょう。

 

購入レポートの中でも、在庫車を50万円以上値引いてもらったという話がありました。

 

また、ディーラーマンが交渉の中で「このグレードがおすすめです」「このカラーがおすすめです」などと、色やグレードを誘導しようとしてくることがあります。

 

その場合は、そのカラーとグレードの在庫車を抱えている可能性があります。

 

ディーラーマンも在庫車をさばきたい心理が働いているため、「安くしてくれるならその構成でいい」と伝えましょう。

 

在庫車であることを隠そうとしている場合は、単刀直入に「それは在庫車ですか?」と聞いてしまうのも良いでしょう。

 

ディーラーも長期在庫を抱えてしまうとデメリットが増えるため、そこを突いて大幅値引きを狙いましょう。

 

【意外な落とし穴】ディーラーマンとの雑談を大切にする

当たり前のことですが、ディーラーマンも人間です。

 

接する態度は非常に重要なポイントです。

 

交渉の場で横柄な態度を取るのは絶対にしてはいけないことです。

 

丁寧に対応することで、ディーラーマンの心象を良くするように徹しましょう。

 

しかし、ディーラーマンは雑談の中で様々な探りを入れてきます。

 

最も注意すべき質問は、「ご予算はいくらぐらいですか?」という問いです。

 

ここでうっかり予算を答えてしまうと、ディーラーマンはその金額を基準に今後の見積もり作成を進めます。

 

本当はもっと安くできるものの、予算の範囲であるから値引きをしないといった事態も発生する危険性があります。

 

そうした事が起こらないように、予算を聞かれても「できるだけ安く」とお茶を濁す回答に留めておきましょう。

 

他にも「買い替えの時期」「車検の時期」の質問も注意しましょう。

 

車検が迫っていたり買い替えの時期が近いと、ディーラーマンは値引きに積極的ではなくなります。

 

最終的には時期が来て買ってくれるだろうと思われてしまうため、この手の質問には答えないのがベストです。

 

車検の時期に関しては、車検証などでバレてしまう可能性もありますが、車検は通すつもりと答えれば問題ありません。

 

ディーラーマンはこうした交渉事には慣れています。

 

不意を突いて情報を引き出そうとするため、全ての質問に即答するのではなく、質問の意味をしっかり理解してから回答するように心がけましょう。

 

【知ってると得する】オプションパーツのサービスを狙う

交渉も決まりかけた時、最後にもうひと踏ん張りするのは非常に効果の高い方法です。

 

現金での値引きが限界であれば、オプションパーツの装着をサービスしてもらうという方法があります。

 

例えば、新車購入時にやっておきたいコーティングなどが狙い目です。

 

ディーラーで施工してもらうとヴォクシークラスだと5万円程度かかります。

 

もしコーティングも検討しているようであれば、最初は見積もりに入れるのはやめましょう。

 

契約直前に「せっかくだからコーティングもしたい」と伝えることで、運が良ければサービスまたは値引きをしてもらえる可能性があります。

 

「コーティングを無料にしてくれたら契約しても良い」と伝えるのも効果的でしょう。

 

バイザーやフロアマットも同じような交渉でサービスをしてもらえるかもしれません。

 

【下取り車がある人は期待大】下取り車は一括査定を使い買取店に出す

ディーラーマンが交渉の中で「値引きできない分は下取り価格を上乗せして調整します」と言ってくることがありますが、これは断りましょう。

 

そもそもディーラーの提示する下取り価格は買取店に比べると安く、上乗せしてもらっても買取店の査定額には及ばないのです。

 

車両価格をあまり値引きしなくても、下取り価格を上げればなんとなく値引きをたくさんしてもらったように感じてしまう心理を利用したものです。

 

ディーラーでの下取りは断り、限界まで現金値引きで対応してもらいましょう。

 

下取り車は中古車買取の専門業者に任せることで、限界まで高く売ることが可能です。

 

そして、なるべく高く買ってくれる中古車買取業者を見つけることもヴォクシーを安く買うためには必ずしなければいけないことです。

 

そのために使うのが一括査定サービスなのです。

 

一括査定サービスを利用して車を高く売る

一括査定を使えば、今乗っている車をできるだけ高く買い取りしてくれる業者が簡単に見つけられます。

 

そのために使用するのは「車検証のみ」です。

 

これから紹介する一括査定サイトにアクセスし、車検証を見て今乗っている車の「車種・年式・走行距離」を入力するだけです。

 

その他に連絡先などの簡単な情報を入力するだけで、あとは入力したデータを基に複数の中古車買取業者がその車を査定してくれます。

 

結果は最短5分程度で、電話によって知らされます。

 

各業者が様々な値段を伝えてくるので、満足できる査定結果を提示してきた業者だけと今後の交渉を進めます。

 

車を売りたい業者を決めたら家に来てもらい、実際の車を査定してもらって正式な査定価格を出してもらうだけです。

 

あらかじめ大体の査定価格がわかっている状態なので、安心して交渉が進められます。

 

それでは、なぜ一括査定サービスは車を高く売ることができるのでしょうか?

 

ここではその仕組みを紹介します。

 

一括査定で車が高く売れる理由

ディーラーの下取りと一括査定の中古車買取は、買い取った車のその後の販路が大きく違います。

 

ディーラーは下取りした車を整備点検した後、自社系列の中古車販売店で販売します。

 

つまり、そこで売れないと判断された車の査定価格は安くされてしまうのです。

 

しかし、一括査定は違います。

 

複数の中古車買取業者が一斉に査定をするので、その車を欲しいと思っている業者を簡単に見つけることができるのです。

 

さらに、中古車買取業者は持っている販路がディーラーよりも圧倒的に広いことも特徴です。

 

不人気車種でもきちんと販売できる販売網を持っているため、どの車でも適正な査定価格をつけることができるのです。

 

ディーラーの下取りで嫌われる「過走行車・低年式車・事故車」に関しても、中古車買取業者は高く買い取ってくれます。

 

なぜかというと、そうした業者は海外にも販路を持っており、海外では日本車というだけで大変人気があり市場価格が高いのです。

 

日本国内では売れないような車も海外に流すことで利益を確保しています。

 

そうした企業努力の結果、あらゆる車をディーラーよりも高く買い取ってくれるのです。

 

そんな中古車買取業者が最大で10社以上も登録している一括査定サービスは、一度に複数の業者が独自の査定を行ってくれます。

 

そのため、業者間でオークションのような形式で査定価格がつり上がっていくという特徴もあるのです。

 

自分で街の買取店を回るよりも圧倒的に効率的なのが一括査定サービスなのです。

 

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。

蛇足にはなりますが、家電の最安値を調べるときに重宝する「価格.com」も一括査定サービスを運営していますが、実は裏側は「カーセンサー」のサービスです。(カーセンサーの運営会社は「株式会社リクルートパートナーズ)
価格.comの一括査定注意事項


それだけでも安心して利用できますよね!


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約49社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



かんたん車査定ガイド

車査定比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:211社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ズバット車買取

廃車寸前のボロボロの車であれば「廃車買取.com」

廃車買取.com

 

 特徴①:どんな車でも0円以上の買取保証あり
 特徴②:年中無休で全国どこでも買取がOK
 特徴③:廃車に掛かる費用や廃車の手続きはすべて無料で対応


カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カービュー

 

4.まとめ

ヴォクシーを安く買う方法はたったの2つだけです。

 

それは、値引き交渉をしっかりすること下取りではなく買取に出すことです。

 

値引き交渉をする前に、きちんと平均値引き額をチェックしてや目標価格を決めておきましょう。

 

この金額なら買うというラインを決めておくことで、ディーラーで迷うことがなくなります。

 

セールストークにごまかされず、きちんと自分の目標を持って交渉に臨む事が大切です。

 

ここに書いてある交渉テクニックを活用して大幅値引きを引き出すことに成功したら、次は今乗っている車を高く売ることを考えましょう。

 

一括査定サービスを使うことで、簡単に今の車を高く買い取ってくれる業者を見つける事ができます。

 

最大で数十万円の違いが出ることも珍しくないので、新車の値引きと同じかそれ以上の効果があります。

 

ディーラー査定に任せてしまわず、自分できちんと業者選びを行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

【半年毎に更新】ホンダ フリード値引き情報の全データまとめ
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
【半年毎に更新】トヨタ シエンタ値引き情報の全データまとめ
この記事では、シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。常に最新の情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。この記事を読むだけでシエンタの平均値引き額と目標購入金額が分かります。交渉テクニックも紹介しているので、最終的には新車を少しでも安く購入する方法が身につきます。
【半年毎に更新】日産 ノート値引き情報の全データまとめ
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」は何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【半年毎に更新】トヨタ C-HR値引き情報の全データまとめ
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
【半年毎に更新】ダイハツ トール値引き情報の全データまとめ
2016年11月、ダイハツから発売されたのが「トール」です。取り扱いやすいコンパクトカーサイズのボディでありながら、全高を高くすることで広い室内空間を実現。経済性と実用性の両立を図り、1Lエンジンを搭載しているのが特徴です。先進の安全運転支援システムも搭載し、購入しやすい価格にまとまっていることが人気の秘訣です。この記事では、そんなトールの最新値引き情報についてまとめています。実際にトールを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き額をグラフ化。平均でどれくらいの値引きがされているのかカンタンに知ることができます。
【半年毎に更新】トヨタ タンク値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「タンク」の値引き情報をまとめています。実際にタンクを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。タンクの目標値引き額が分かり、購入金額を決める参考になります。新車を安く買うためのコツも紹介しているので、最終的にはタンクを安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ルーミー値引き情報の全データまとめ
ルーミーの値引き情報についてまとめています。実際にルーミーを購入した人の購入レポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。ルーミーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはルーミーを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】スズキ ジムニーシエラ値引き情報の全データまとめ
スズキが販売する本格的クロカン車「ジムニー」。スズキの定番車種として高い人気を誇りますが、そのジムニーの排気量を上げたモデルがジムニーシエラです。1.5Lのエンジンを搭載することで出力とトルクがアップし、本格的な四輪駆動システムと合わせることで高い走破性を実現しているのが特徴。この記事では、ジムニーシエラの値引き情報を詳しく紹介。これからジムニーシエラを買う際、いくらぐらいの値引きが可能なのかをお伝えします。値引き情報は全てネット上に投稿された、実際にジムニーシエラを購入した人の口コミが基となっているため、信ぴょう性が高い情報を提供しています。
新型ソリオは何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【半年毎に更新】スズキ ソリオ/バンディット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】マツダ CX-5値引き情報の全データまとめ
CX-5の値引き情報についてまとめていきます。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。CX-5の予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にCX-5をお得に購入するテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ヴィッツ値引き情報の全データまとめ
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-BOX値引き情報の全データまとめ
新型N-BOX・N-BOXカスタムの値引き情報をまとめていきます。実際にN-BOXを購入した人による値引きレポートを基に、値引き推移をグラフ化してまとめています。この記事を読むだけで、N-BOX/N-BOXカスタムの予想値引き額と目標購入金額が分かります。交渉で使えるテクニックも紹介しているので、最終的にはN-BOXを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ ステップワゴン値引き情報の全データまとめ
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ フィット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去1年間のデータをグラフ化してまとめています。最新の情報をお伝えするためにデータは半年毎に更新し、今後の値引き額の予想についても紹介しています。この記事を読むだけで、フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
SUVで人気のエクストレイル!3つの特徴・評判とライバル車種比較
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【半年毎に更新】日産 エクストレイル値引き情報の全データまとめ
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ ノア値引き情報の全データまとめ
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ エスクァイア値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
【半年毎に更新】トヨタ プリウス値引き情報の全データまとめ
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
【半年毎に更新】ダイハツ ムーヴ値引き情報の全データまとめ
ムーヴの値引き情報についてまとめています。実際にムーヴを購入した人による口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、ムーヴの予想値引き額と目標購入金額が分かります。車をお得に購入する方法も紹介しているので、最終的にはムーヴを最安値で買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】スバル インプレッサ値引き情報の全データまとめ
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【半年毎に更新】トヨタ カローラ値引き情報の全データまとめ
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ ヴェゼル値引き情報の全データまとめ
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】マツダ アクセラ値引き情報の全データまとめ
マツダの人気車種であるアクセラの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。アクセラの目標値引き額が分かり、実際の購入価格を知ることができます。値引き交渉に使えるテクニックも紹介しているので、最終的に新車を安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ハリアー値引き情報の全データまとめ
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
【半年毎に更新】日産 リーフ値引き情報の全データまとめ
日産の次世代の環境車両と言われているのがリーフです。ガソリンエンジンを搭載しない、100%電気自動車として2010年に初代モデルが発売されました。リーフは日本をはじめとする全世界で販売され、電気自動車の代名詞と言える存在。2017年には初のフルモデルチェンジを実施し、航続可能距離が飛躍的に向上したことで話題となりました。この記事は、実際にリーフを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き推移をグラフ化して紹介しています。これからリーフを購入する際、いくらぐらい値引きが期待できるのかが分かるように、口コミのまとめも紹介。
【半年毎に更新】トヨタ ヴェルファイア値引き情報の全データまとめ
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ アルファード値引き情報の全データまとめ
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ シャトル値引き情報の全データまとめ
シャトルの値引き情報についてまとめていきます。実際にシャトルを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。シャトルの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にシャトルを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ オデッセイ値引き情報の全データまとめ
オデッセイ/オデッセイハイブリッドの値引き情報をまとめています。実際にオデッセイを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。オデッセイの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うための方法もまとめているので、最終的にオデッセイを安く買うためのコツが全て身につきます。
【半年毎に更新】日産 デイズ値引き情報の全データまとめ
デイズ/デイズルークスの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。デイズ/デイズルークスの予想値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。その他にも、新車を少しでもお得に購入するためのテクニックもまとめているので、最終的にはデイズを安く買う方法が身に付くでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツ タント値引き情報の全データまとめ
タントの値引き情報をまとめています。今タントがいくらぐらいで買えるのか、実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけタントの予想値引き額と目標購入金額が分かります。さらに、新車を安く買うための方法も紹介しているので、最終的にタントをお得に買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツ ミライース値引き情報の全データまとめ
長らくダイハツの看板車種として親しまれてきたミラですが、現在は低燃費に特化した「ミライース」のみが販売されています。この記事では、「ミライース」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。
コスパが最強?スズキアルトの4つの特徴とライバル車種を徹底比較
せっかく車を購入するなら、少しだけ個性的な車が良いと思いませんか?更にコスパが高い車種なら文句なしですよね。そこで登場するのがスズキの「アルト」です。本当にコスパが高く、さらに個性の強い車種であるためあなた自身も狙っているのではないでしょうか。最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にアルトを購入できるということが理解できますよ。
【半年毎に更新】スズキ アルト/アルトワークス値引き情報の全データまとめ
アルトの全モデルを対象にした値引き情報をまとめています。実際にアルト/アルトワークスを購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけでアルト/アルトワークスの予想値引き額と、購入の目安になる金額が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム値引き情報の全データまとめ
N-WGNシリーズ全ての値引き情報を取り扱っています。実際にN-WGNを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。N-WGN/N-WGNカスタムの目標値引き額と予想購入価格が分かります。値引き交渉で使えるワザも紹介しているので、最終的に新車を安く買うための方法が全て分かるようになっています。
【半年毎に更新】ダイハツキャスト値引き情報の全データまとめ
ダイハツのキャストの値引き情報をまとめています。実際にキャストを購入した人のレポートを参考に、今キャストがいくらで購入できるのかを紹介しています。値引き額の推移もグラフ化して紹介しているので、この記事を読むだけでキャストの目標値引き額と大体の購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも扱っているので、最終的にキャストを安く買うための方法が全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツウェイク値引き情報の全データまとめ
ダイハツウェイクの値引き情報をまとめています。ウェイクが実際にいくらで買えるのかをわかりやすくするため、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでウェイクがいくらの値引きが可能なのか、どれくらいの金額で購入できるのかが分かります。新車値引きのテクニックなども紹介しているので、最終的にウェイクを安く買うためのノウハウが全て身に付きます。
【半年毎に更新】トヨタ ピクシス値引き情報の全データまとめ
ピクシスシリーズがいくらで買えるのか、値引き額について紹介しています。みんなはいくらでピクシスを買っているのかをわかりやすく紹介するために、値引き額の推移をグラフ化しています。この記事を読むだけで、ピクシスシリーズの目標値引き額と予想購入価格が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはピクシスを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】 スズキ エブリィワゴン値引き情報の全データまとめ
エブリィワゴンの値引き額を中心とした情報をまとめています。エブリィワゴンはどれくらいの値引きが期待できるのかを紹介するために、実際に購入した人の口コミを基に値引き額の推移をグラフ化しています。そのためこの記事を読むだけでエブリィワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはエブリィワゴンを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
2017年12月発売のスズキ新型クロスビーの4つの特徴とライバル車種との比較
スズキが2017年12月25日に発売したのが、新型「クロスビー」です。ハスラーのテイストを強く残しつつ、サイズを拡大することで5ナンバーの普通車として登場しました。この記事では、そんなクロスビーについてまとめていきます。クロスビーの特徴ってなんだろう、ライバル車と比べて何がすごいの?、目標の値引き額はどれくらいなんだろうか?今回の記事は、その全てを解決するためにクロスビーを徹底調査してまとめました。
【半年毎に更新】スズキ クロスビー値引き情報の全データまとめ
クロスビーはスズキが2017年に発売した、小型のクロスオーバー車です。軽自動車「ハスラー」のデザインが好評であることから、同じテイストのデザインを採用していることが特徴。1,000ccのエンジンを搭載する普通車であるため、軽自動車と違い大人5名が乗車できるようになっています。扱いやすいボディサイズで、「軽自動車では物足りない」という人にちょうどいいと評判の1台です。この記事は、クロスビーの値引き情報を中心に、新車を安く買うための方法を紹介しています。過去1年間の値引き額の推移をグラフ化しているため、一発で目標値引き額がわかるようになっているのが特徴。
【半年毎に更新】日産 セレナ値引き情報の全データまとめ
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ ランドクルーザープラド値引き情報の全データまとめ
トヨタが1984年から製造・販売している、ランドクルーザープラド。本格的な四輪駆動車として高い走破性を持ち、耐久性の高さは全世界で評価されています。トヨタのオフローダー「ランドクルーザー」シリーズの1台であり、ボディサイズ・値段ともにシリーズ内では最も手が出しやすい位置に属しているのが特徴です。現行型は2009年から販売されており、何度か大型のマイナーチェンジを実施。この記事では、そんなランドクルーザープラドの最新値引き情報についてまとめています。