【半年毎に更新】トヨタ C-HR値引き情報の全データまとめ

【最新版】トヨタのC-HRの値引き情報

最終更新日:2019年3月6日

C-HR
※画像出典:トヨタ公式HP
トヨタが2016年12月に販売を開始した「C-HR」は、コンパクトサイズのクロスオーバーSUVとして全世界で発売されました。

 

2015年に販売が開始されたプリウスから採用が始まっている「TNGA」と呼ばれる新世代プラットフォームを搭載したことで、高次元の走行性能を実現しています。

 

最大の特徴は大胆な造形のボディデザインであり、今までのトヨタ車にはなかった挑戦的なフォルムとなっています。

 

そんなC-HRの良さが一発でわかるyoutube動画はコチラ。

 

この記事では、そんなC-HRの最新値引き情報についてまとめています。

【結論】C-HRの値引き情報まとめ

  • C-HR車両本体の値引き目標額:30万円
  • C-HRオプションを含むトータル値引き目標額:40万円
  • C-HRの値引き難易度:易

また、実際に購入した人の口コミを参照に、過去の値引推移をグラフ化しています。

 

データは半年毎に更新し、最新の値引き情報の他にも今後の予測についても紹介しています。

 

この記事を読むだけでC-HRの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。

 

新車を安く買うための方法についても紹介しているので、最終的には、C-HRを最もお得に購入するテクニックが身につきます。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

1.トヨタ C-HRの値引き情報

C-HR
※画像出典:トヨタ公式HP
C-HRは2016年の12月に販売が開始され、わずか1ヶ月で4万8千台も受注する程の大ヒットとなりました。

 

しばらくは納車に約3ヶ月かかるほどの大人気ぶりでしたが、2019年8月現在では納期は約1ヶ月程度まで短縮されました。

 

納期が短くなるということは、値引にとって非常に有利な状況になったと言えます。

 

そこで、2018年の1年間に値引き額がどう推移したのかを見ていきましょう。

 

今回は、大手口コミサイト「価格コム」で実際にC-HRを購入した人のレポートを参考に紹介します。

C-HRの値引き情報まとめ

  • C-HR車両本体の値引き目標額:30万円
  • C-HRオプションを含むトータル値引き目標額:40万円
  • C-HRの値引き難易度:易

価格コムのC-HR値引き情報
※画像出典:価格コム「トヨタC-HR値引き情報」より

 

C-HRの2018年1月~12月の値引き推移

C-HR

 

グレード別のC-HR目標値引き額

グレード名 車両本体価格(値引き前) 目標購入額(値引き後)
G-T 260万円 230万円
G 292万円 262万円
G“Mode-Nero” 297万円 267万円
G-T“Mode-Nero” 265万円 235万円
S“LED Package” 267万円 237万円


2018年1月~12月までのC-HR値引き額は、30万円前後で推移しています。

 

すでに納期も短くなっており、供給量は非常に安定しています。

 

これは値引き交渉をするにあたって非常に有利と言えます。

 

なぜなら、大量の受注を受けていて生産が追いつかない状況というのは、値引をして販売する必要がないからです。

 

需要の方が大きい状態は、メーカーも過度な値引きはしてくれません。

 

金額を気にせず、1日でも早く購入したい人に販売してしまうからです。

 

事実ディーラーでも、「早く決めてくれないと納期がどんどん遅れます」というセールストークをして、値引き交渉を早々に終わらせてしまうことがあります。

 

それでも売れていたこともあり、2017年は年間通して値引き額は少ない状態が続いていました。

 

中には5万円程度しか値引きしてもらえなかった、値引は0円だったという口コミも目立つほどでした。

 

しかし2018年に入り納期遅れが解消されはじめてきてから、30万円以上の値引きや50万円の大幅値引きをしてもらえたという口コミが目立ちます。

 

人による値引き額のバラつきも少なくなり、安定して30万円前後の値引きをしてもらっていることが口コミからわかります。

 

2018年12月には、特別装備を満載した“Mode-Nero”が登場。

 

特別仕様車が出るということは販売は安定期に入っている証で、大幅値引きも十分狙えるでしょう。

 

コンパクトSUVの中では販売台数No.1を記録するC-HRですが、ライバル車が多いこともあり値引きをして販売する手法を取らざるを得ないという背景も影響しています。

 

そのため、値引きについても安定している今は非常にC-HRの買い時と言えそうです。

 

今後も大きなマイナーチェンジは予定されておらず、販売が好調なことからしばらくは値引き額に大きな変動は見られないでしょう。

 

結論として、C-HR購入の際には本体から30万円、オプション込みで合計40万円の値引きが引き出せれば成功と言えるでしょう。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

それでは、どんな方法を駆使すれば最大値引き額を引き出すことができるのでしょうか?

 

次の章では、C-HRの値引き額を大幅アップするテクニックを紹介していきます。

 

2.値引きを引き出す一番早い方法は複数の店舗を回ること

C-HR
※画像出典:トヨタ公式HP
値引き交渉の第一歩は、C-HRを扱っているディーラーを何店舗も回ることです。

 

基本的なことですが、値引き交渉は慌てずに行うことが鉄則です。

 

早く新車が欲しい気持ちをグッと抑えて、冷静に見積もりを集めましょう。

 

C-HRを販売しているディーラーは1店舗だけではありません。

 

複数のディーラーで同じ車を扱っているということは、ディーラー同士を競わすことでさらなる値引き額アップが狙える大チャンスなのです。

 

自分の店で契約してほしいというディーラーマンの心理を利用し、「他のディーラーではいくらの値引があった」と伝えることでプレッシャーを与えます。

 

複数のディーラーでそれを繰り返すことで、限界に近い価格を引き出すことができるのです。

 

しかし、ただやみくもに近所のディーラーを巡るだけでは意味がありません。

 

他のサイトで紹介されている方法のさらに先を行く戦略を紹介しますので、値引き交渉に役立ててください。

 

トヨタ C-HRの取扱店舗はどのディーラー?

トヨタには販売チャンネルと呼ばれる4つの種類のディーラーがあります。

 

「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」という4種類のディーラーで、それぞれ取扱車種が違うのです。

 

各ディーラーには特徴があり、運営している会社も異なります。

 

実はこれこそが最短ルートで最大値引き額を引き出すヒントなのです。

 

ここでは、効率的な交渉を実現するディーラーの選び方と交渉テクニックを紹介します。

 

C-HRを取り扱っているディーラーは4つ全て

トヨタの販売チャンネルの中で、C-HRを販売しているのは以下の店舗です。

トヨタ C-HRの取扱店舗4つ

  1. トヨタ店
  2. トヨペット店
  3. カローラ店
  4. ネッツ店

C-HRはトヨタのクロスオーバーSUVの中で初めてとなる、全チャンネル販売が行われています。

 

つまり、4つのディーラーを回るだけで値引き交渉が完結し、最大値引き額が分かるのです。

 

4つの販売チャンネルは基本的に全て運営会社が異なります。

 

運営会社は独自に値引きできる額を設定しており、その会社が運営するディーラーは値引きをしてもいい金額が全て一律で決まっています。

 

そのため、同じ運営会社のディーラーだと何店舗回っても意味がありません。

 

商談メモを共有されていることが多く、冷やかし客と認定されてしまう危険性もあります。

 

4つの異なる運営会社が持つ4種類のディーラーを回るだけでいいのです。

 

販売チャンネルごとに異なる値引き特性を利用する

「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」はそれぞれ取扱車種が異なります。

 

客層も違えばディーラーの雰囲気も違い、値引き交渉の難易度も異なります。

 

この特性を利用して、効率的なディーラー巡りをしましょう。

 

最も値引き交渉がしやすいのは「ネッツ店」です。

 

まずはネッツ店でC-HRの見積もりを出して、そこで1度目の値引き交渉を行いましょう。

 

ネッツ店は比較的車両価格が安めの車を扱っていることから、なるべく車を安く買いたいという交渉事には慣れています。

 

そのため、面倒な駆け引き無しで限界価格を提示してくれることもあり、これから値引き交渉をスタートさせるにはちょうどいいのです。

 

但し、ここでは購入せずに次のディーラー「カローラ店」に向かいましょう。

 

カローラ店とネッツ店は非常に客層が近いと言われています。

 

そのため客の奪い合いも激しく、値引き競争にも応じてくれやすいという特徴があります。

 

ネッツ店で貰った見積書を提示して「これより安く買いたい」と伝える事が効果的です。

 

値引き交渉に応じてくれればそのまま粘り、そうでないようならなるべく早く退店しましょう。

 

安くならないディーラーで粘るのは時間を無駄にしてしまうことになるので注意しましょう。

 

次に行くべきは「トヨペット店」です。

 

なぜかと言うと、トヨペット店は非常に販売ノルマが厳しいと言われています。

 

そのため販売目標台数に達していない時は、無理な交渉にも応じてくれる可能性があるのです。

 

決算月や月末といった、ノルマ達成が必須なシーズンを狙って交渉することをおすすめします。

 

最後は、「トヨタ店」に出向きましょう。

 

トヨタ店は4つの販売チャンネルの中でも最も歴史が長く、クラウンなどの高級車を扱っています。

 

そのため値引き交渉に積極的ではない雰囲気があり、交渉の難易度は高めです。

 

最後に念のため行っておく程度にしておくと良いでしょう。

 

運良く大幅値引きが得られることもあるようです。

 

ディーラー同士の値引競争で注意すること

効率的なディーラー巡りの方法を紹介しましたが、これには注意すべき点があります。

 

ここで紹介している事を守らないと、せっかくの値引き交渉が台無しになってしまうこともあるのです。

 

まず注意しなければいけない点は、ディーラーに行く日はまとめることです。

 

車の販売状況というのは日々異なります。

 

車の値引き額決定には売れてる時は値引きせず、売れない時に値引きをするという大原則があります。

 

つまり、同じ状況下で競わせる必要があるのです。

 

どういうことかと言うと、月初と月末では値引きできる額に違いがあります。

 

月末の方が値引き額は大きくなる傾向があり、その日にまとめて見積もりを取ることが重要なのです。

 

ネッツ店では月の最初の週末に見積もりを取り、カローラ店では月の最後の週末に見積もりを取るという方法はしてはいけません。

 

先に回るべきディーラーを全てリストアップして、ここぞと決めた週末で全て回ることが必要です。

 

次に注意しなければいけない点は、CMでよく見かけるディーラーには行かないということです。

 

頻繁にテレビCMやラジオCMをしているディーラーは、それだけ宣伝広告費がかかっています。

 

毎週のように新聞に折込チラシを入れているディーラーも同じで、それらの費用は当然売った車の利益から捻出しています。

 

つまり、値引きできる額は少なめになっていることが考えられるのです。

 

こうした点を考えて、行くべきディーラーを選びましょう。

 

次の章では、ディーラーの探し方を紹介します。

 

トヨタで自宅の近くの店舗を探す方法

車は自宅の近くにあるディーラーで購入するのが基本です。

 

なぜなら購入したあとにも点検や車検があるからです。

 

そうしたアフターサービスを受けるためにも、通いやすいディーラーを見つけることが先決です。

 

ディーラー探しはトヨタのホームページから簡単に行えます。

 

全て正規ディーラーなので安心です。

 

値引きのことだけではなく、買った後のことも考えてディーラーを選びましょう。

 

トヨタのディーラーの探し方は以下の通りです。(※今回は茨城県を例として説明します。)

 

1.トヨタの販売店検索のサイト(http://toyota.jp/service/dealer/spt/search-addr)に行く

 

2.車種を選ぶ
ここでは今回紹介している「C-HR」を選択します。
C-HRを探す
C-HRを探す
C-HRを探す
C-HRを探す
※画像出典:トヨタ公式HP

 

3.地図、もしくは郵便番号、最寄り駅から探す
地図上から現在住んでいる地域を選択することもできますし、自宅の郵便番号や最寄り駅を入力するだけでディーラーを探すことも可能です。
C-HRを探す
C-HRを探す
※画像出典:トヨタ公式HP

 

地図上にC-HRを扱っているディーラーがいくつも表示されるので、この中から「ネッツ店」「カローラ店」「トヨペット店」「トヨタ店」の4つを選択しましょう。

 

同じ販売チャンネルがいくつも表示されるようなら、目当てのグレードの試乗車が用意されている所を選ぶのがおすすめです。

 

3.さらに値引きを引き出す4つのポイント

C-HR
※画像出典:トヨタ公式HP
この時点で、すでにC-HRを安く買う方法は理解してもらえたかと思います。

 

値引きレポートであらかじめ予想価格がわかっているため、提示された金額が妥当かどうかの判断もつきやすいはずです。

 

そろそろ契約してもいいかなと思い始めるところですが、購入を判断するのはまだ早いです。

 

購入直前こそ、値引き交渉の"ゴールデンタイム"なのです。

 

すでにディーラーマンとの関係もできつつあり、お互いが信頼関係を構築した時こそ最後のチャンスです。

 

ここではもうひと押しを実現するための4つの交渉テクニックを紹介していきます。

 

あなたがもし下取り車を持っているのであれば、特に4つ目の方法は効果絶大です。

 

必ず目を通して役立ててください。

 

【誰でも知っておきたい】交渉のテクニックを覚える

相手は車販売のプロです。

 

毎月、何百台もの新車を販売しているためお客さんの言い出しそうなことは大体想定済みです。

 

それに対する効果的な一言も知っているため、うまいことを言って契約をまとめようとします。

 

重要なのは、それを見抜いて一歩先を行くことです。

 

ディーラーマンの言う「今日決めてくれれば限界まで値引きします」という言葉は鵜呑みにしないようにしましょう。

 

出会って数時間の相手に赤字覚悟の値引き額は提示しません。

 

つまり、本当はまだ値引きの余地がある状態なのです。

 

提示された金額が妥当かどうかをこのサイトを参考に判断し、まだ納得出来ない場合はその旨をハッキリ伝えましょう。

 

「ネットではいくらの値引きがあったと書いてある」「まだ1回目で購入は決定できない」こう伝えるだけで効果はてきめんです。

 

ディーラーマンに対して、こちらは下調べをしてきているという姿勢を見せることで、下手な交渉は無駄である事を伝えます。

 

そして、車の購入は非常に高価だから1回目では決められないというのも理由としては十分です。

 

こうして自分は冷静であることをしっかり伝えましょう。

 

納得できる値引き額が提示されたとしてもその場で即決せず、その見積書を持って次の店へ向かいましょう。

 

「今日じゃないとこの価格は保証できない」と言われても焦る必要はありません。

 

【知ってると得をする】ライバル車の見積書を用意する

例え今回の購入車種がC-HRだけであり、他の車を購入する意思は無かったとしても、ライバル車の見積もり書は用意しましょう。

 

CH-Rだけしか検討していない事がディーラーマンに伝わってしまうと、多少高くても押し切れば買ってくれる客と判断されてしまいます。

 

そう判断されてしまうと今後の交渉は非常に不利になります。

 

そのため、「別車種と迷っていて値段次第でどちらにするか決める」と伝える姿勢が大事です。

 

C-HRのライバル車としては「ホンダ ヴェゼル」が有力候補です。

 

ホンダのディーラーに行きヴェゼルの見積もりをもらい、そこで提示された値引き額を記録しておきましょう。

 

トヨタのディーラーに行ってC-HRの値引き交渉をする際に「ヴェゼルと迷っている」と伝えるのも効果的です。

 

ディーラーマンは自社の車が勝っている点を幾つかあげてきますが、一番重要なのは購入金額だと伝えましょう。

 

セールストークにごまかされない強い心を持って交渉に臨みましょう。

 

もちろん、他店のC-HRの値引き額を提示して競わせる方法も有効です。

 

【焦っていなければ】購入タイミングを考える

これは、今の車にまだ乗るつもりだけど、将来的には新車の購入を検討しているという人が有効な方法です。

 

車の購入には最も適していると言われる時期があります。

 

それが「決算月」なのです。

 

ディーラーの決算月は毎年3月と9月と決まっており、この時期は値引き額が大幅に拡大します。

 

それはなぜかと言うと、ディーラー運営会社の業績がかかっているからなのです。

 

少しでも業績を良くしたいと考える運営会社は、毎年1台でも多い新車販売目標を掲げています。

 

その目標を達成するために、ディーラーにはノルマが課されます。

 

ディーラーもそのノルマを達成するために毎月努力をしていますが、そのラストスパートが3月と9月なのです。

 

この2ヶ月は通常よりも販売奨励金が上積みされ、支援金なども支払われます。

 

そのため、ディーラーはこのお金を資金源にして「カーナビプレゼント」などの大胆なキャンペーンを展開します。

 

この決算月に狙いを定めて値引き交渉をするのです。

 

この時ばかりはディーラーマンも、1台でも多く売りたいという気持ちから真剣に交渉に応じてくれやすくなります。

 

ただし、契約が4月や10月にずれ込んでしまうと全く意味がありません。

 

決算月を逃すと再び値引き額も下がり、せっかくの交渉が台無しになります。

 

そのため、3月決算であれば1月から、9月決算であれば7月から新車購入に向けて動き出しましょう。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

【下取り車がある人は期待大】下取り車は買取店、しかも一括査定を使う

ここまで新車を安く買うことだけに特化して紹介をしてきましたが、忘れてはならないのが現在乗っている車の下取りです。

 

C-HRを契約したディーラーに下取り査定を任せて、言い値で手放してしまうのは非常にもったいないです。

 

ディーラーは新車販売で多少無理な値引きをしても、下取り価格を安くすることで調整しようとします。

 

そのため、せっかく車を安く買えて満足しても、本来もっと高く売れるはずだった下取り車で損をしているのです。

 

そうならないためにも、一括査定サービスを活用しましょう。

 

きっとディーラーの下取りよりも高く買い取ってもらえるでしょう。

 

一括査定サービスを利用して高く売る

一括査定は、今乗っている車を高く売るために最も有効的なサービスです。

 

必ずしも車を買ったディーラーで下取りしてもらう必要は無く、高く買い取ってくれる業者に売るのは当たり前のことです。

 

一括査定サービスを利用するためには、手元に車検証を用意するだけです。

 

ホームページに売りたい車の車種や年式、走行距離を入力するだけで完了です。

 

その後は、入力したデータを元に複数の買取業者が簡易査定をして、その結果を教えてくれます。

 

高い買取金額を提示してくれた業者だけと実際に会って交渉をするのです。

 

手間もかからず、大体の査定金額が分かった状態で車を見てもらえるので安心です。

 

それでは、どうして一括査定サービスは車を高価買取してくれるのでしょうか?

 

そのからくりを紹介します。

 

一括査定は高く売れる理由

車の買取価格は様々な要因で決まります。

 

例えば、スポーツカーを扱っている業者にミニバンを持ち込んでも高く買ってもらえません。

 

買取業者も複数あって、それぞれが探している車が違います。

 

つまり、一括査定はその車を買いたいと思っている業者を探し出してくれるということなのです。

 

一度の情報入力で10社以上の買取業者が査定をしてくれるので、当然価格に差が出ます。

 

ちょうどその車を探していた業者は高値を提示してくれますし、そうでもない業者は高価査定は期待できません。

 

また、人気車種なら業者同士がオークションのような形式で査定価格を釣り上げます

 

高く買い取ってくれる業者を自分の足で何店舗も回って探すのは大変です。

 

それを代わりに行ってくれるため、高価買取を実現しているのです。

 

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。

蛇足にはなりますが、家電の最安値を調べるときに重宝する「価格.com」も一括査定サービスを運営していますが、実は裏側は「カーセンサー」のサービスです。(カーセンサーの運営会社は「株式会社リクルートパートナーズ)
価格.comの一括査定注意事項


それだけでも安心して利用できますよね!


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約49社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



かんたん車査定ガイド

車査定比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:211社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ズバット車買取

廃車寸前のボロボロの車であれば「廃車買取.com」

廃車買取.com

 

 特徴①:どんな車でも0円以上の買取保証あり
 特徴②:年中無休で全国どこでも買取がOK
 特徴③:廃車に掛かる費用や廃車の手続きはすべて無料で対応


カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カービュー

 

4.まとめ

C-HRを少しでも安く買う方法はたったの2つです。

 

きちんと値引き交渉をすること乗ってる車を高く買い取ってもらうことです。

 

C-HRの値引きはいくらが妥当であるかを事前に知っておくことで、ディーラーでの交渉をスムーズに行えます。

 

みんながいくらで買ったのかを知っておくことは大切です。

 

購入価格で値引きができないなら、オプションを付けてもらうこともおすすめです。

 

最後の最後に粘ることで、オプション品のサービスやグレードアップも期待できます。

 

こうしたテクニックを活用することで、購入価格をなるべく抑えます。

 

そして、複数のディーラーを回って値引き交渉をしたのであれば、その手法を下取り査定にも活用しましょう。

 

複数の業者で競わす事が必勝法なら、車を高く売りたい時も同様です。

 

一括査定サービスを使えば時間をかけずにそれが可能です。

 

車を買うのに苦労をしたら、売る時は一括査定サービスを活用して楽して高く買い取ってもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

【半年毎に更新】ホンダ フリード値引き情報の全データまとめ
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
【半年毎に更新】トヨタ シエンタ値引き情報の全データまとめ
この記事では、シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。常に最新の情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。この記事を読むだけでシエンタの平均値引き額と目標購入金額が分かります。交渉テクニックも紹介しているので、最終的には新車を少しでも安く購入する方法が身につきます。
【半年毎に更新】日産 ノート値引き情報の全データまとめ
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」は何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【半年毎に更新】ダイハツ トール値引き情報の全データまとめ
2016年11月、ダイハツから発売されたのが「トール」です。取り扱いやすいコンパクトカーサイズのボディでありながら、全高を高くすることで広い室内空間を実現。経済性と実用性の両立を図り、1Lエンジンを搭載しているのが特徴です。先進の安全運転支援システムも搭載し、購入しやすい価格にまとまっていることが人気の秘訣です。この記事では、そんなトールの最新値引き情報についてまとめています。実際にトールを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き額をグラフ化。平均でどれくらいの値引きがされているのかカンタンに知ることができます。
【半年毎に更新】トヨタ タンク値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「タンク」の値引き情報をまとめています。実際にタンクを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。タンクの目標値引き額が分かり、購入金額を決める参考になります。新車を安く買うためのコツも紹介しているので、最終的にはタンクを安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ルーミー値引き情報の全データまとめ
ルーミーの値引き情報についてまとめています。実際にルーミーを購入した人の購入レポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。ルーミーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはルーミーを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】スズキ ジムニーシエラ値引き情報の全データまとめ
スズキが販売する本格的クロカン車「ジムニー」。スズキの定番車種として高い人気を誇りますが、そのジムニーの排気量を上げたモデルがジムニーシエラです。1.5Lのエンジンを搭載することで出力とトルクがアップし、本格的な四輪駆動システムと合わせることで高い走破性を実現しているのが特徴。この記事では、ジムニーシエラの値引き情報を詳しく紹介。これからジムニーシエラを買う際、いくらぐらいの値引きが可能なのかをお伝えします。値引き情報は全てネット上に投稿された、実際にジムニーシエラを購入した人の口コミが基となっているため、信ぴょう性が高い情報を提供しています。
新型ソリオは何がいい?3つの特徴・評判とライバル車種比較
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【半年毎に更新】スズキ ソリオ/バンディット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】マツダ CX-5値引き情報の全データまとめ
CX-5の値引き情報についてまとめていきます。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。CX-5の予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にCX-5をお得に購入するテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ヴィッツ値引き情報の全データまとめ
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-BOX値引き情報の全データまとめ
新型N-BOX・N-BOXカスタムの値引き情報をまとめていきます。実際にN-BOXを購入した人による値引きレポートを基に、値引き推移をグラフ化してまとめています。この記事を読むだけで、N-BOX/N-BOXカスタムの予想値引き額と目標購入金額が分かります。交渉で使えるテクニックも紹介しているので、最終的にはN-BOXを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ ステップワゴン値引き情報の全データまとめ
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ フィット値引き情報の全データまとめ
この記事では、ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去1年間のデータをグラフ化してまとめています。最新の情報をお伝えするためにデータは半年毎に更新し、今後の値引き額の予想についても紹介しています。この記事を読むだけで、フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
SUVで人気のエクストレイル!3つの特徴・評判とライバル車種比較
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【半年毎に更新】日産 エクストレイル値引き情報の全データまとめ
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ ノア値引き情報の全データまとめ
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ヴォクシー値引き情報の全データまとめ
みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去1年分の値引き推移をグラフ化しています。最新の値引き情報をお伝えするため、情報は半年毎に更新しています。この記事を読むだけで、ヴォクシーの値引き可能額や目標値引き額が分かります。値引き交渉の必勝テクニックもまとめていますので、最終的には車を安く買う方法が身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ エスクァイア値引き情報の全データまとめ
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
【半年毎に更新】トヨタ プリウス値引き情報の全データまとめ
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
【半年毎に更新】ダイハツ ムーヴ値引き情報の全データまとめ
ムーヴの値引き情報についてまとめています。実際にムーヴを購入した人による口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、ムーヴの予想値引き額と目標購入金額が分かります。車をお得に購入する方法も紹介しているので、最終的にはムーヴを最安値で買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】スバル インプレッサ値引き情報の全データまとめ
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【半年毎に更新】トヨタ カローラ値引き情報の全データまとめ
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ ヴェゼル値引き情報の全データまとめ
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】マツダ アクセラ値引き情報の全データまとめ
マツダの人気車種であるアクセラの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。アクセラの目標値引き額が分かり、実際の購入価格を知ることができます。値引き交渉に使えるテクニックも紹介しているので、最終的に新車を安く買うコツが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ ハリアー値引き情報の全データまとめ
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
【半年毎に更新】日産 リーフ値引き情報の全データまとめ
日産の次世代の環境車両と言われているのがリーフです。ガソリンエンジンを搭載しない、100%電気自動車として2010年に初代モデルが発売されました。リーフは日本をはじめとする全世界で販売され、電気自動車の代名詞と言える存在。2017年には初のフルモデルチェンジを実施し、航続可能距離が飛躍的に向上したことで話題となりました。この記事は、実際にリーフを購入した人の口コミを参考に、過去の値引き推移をグラフ化して紹介しています。これからリーフを購入する際、いくらぐらい値引きが期待できるのかが分かるように、口コミのまとめも紹介。
【半年毎に更新】トヨタ ヴェルファイア値引き情報の全データまとめ
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【半年毎に更新】トヨタ アルファード値引き情報の全データまとめ
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ シャトル値引き情報の全データまとめ
シャトルの値引き情報についてまとめていきます。実際にシャトルを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。シャトルの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にシャトルを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ホンダ オデッセイ値引き情報の全データまとめ
オデッセイ/オデッセイハイブリッドの値引き情報をまとめています。実際にオデッセイを買った人による購入レポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。オデッセイの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うための方法もまとめているので、最終的にオデッセイを安く買うためのコツが全て身につきます。
【半年毎に更新】日産 デイズ値引き情報の全データまとめ
デイズ/デイズルークスの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、値引き額の推移をグラフ化しています。デイズ/デイズルークスの予想値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。その他にも、新車を少しでもお得に購入するためのテクニックもまとめているので、最終的にはデイズを安く買う方法が身に付くでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツ タント値引き情報の全データまとめ
タントの値引き情報をまとめています。今タントがいくらぐらいで買えるのか、実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけタントの予想値引き額と目標購入金額が分かります。さらに、新車を安く買うための方法も紹介しているので、最終的にタントをお得に買うためのノウハウが身につくでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツ ミライース値引き情報の全データまとめ
長らくダイハツの看板車種として親しまれてきたミラですが、現在は低燃費に特化した「ミライース」のみが販売されています。この記事では、「ミライース」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。
コスパが最強?スズキアルトの4つの特徴とライバル車種を徹底比較
せっかく車を購入するなら、少しだけ個性的な車が良いと思いませんか?更にコスパが高い車種なら文句なしですよね。そこで登場するのがスズキの「アルト」です。本当にコスパが高く、さらに個性の強い車種であるためあなた自身も狙っているのではないでしょうか。最後までご覧になれば分かりますが、正しい方法さえ覚えておけば間違いなくお得にアルトを購入できるということが理解できますよ。
【半年毎に更新】スズキ アルト/アルトワークス値引き情報の全データまとめ
アルトの全モデルを対象にした値引き情報をまとめています。実際にアルト/アルトワークスを購入した人の口コミを参考に、値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけでアルト/アルトワークスの予想値引き額と、購入の目安になる金額が分かります。
【半年毎に更新】ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム値引き情報の全データまとめ
N-WGNシリーズ全ての値引き情報を取り扱っています。実際にN-WGNを購入した人のレポートを参考に、値引き額の推移をグラフ化してまとめています。N-WGN/N-WGNカスタムの目標値引き額と予想購入価格が分かります。値引き交渉で使えるワザも紹介しているので、最終的に新車を安く買うための方法が全て分かるようになっています。
【半年毎に更新】ダイハツキャスト値引き情報の全データまとめ
ダイハツのキャストの値引き情報をまとめています。実際にキャストを購入した人のレポートを参考に、今キャストがいくらで購入できるのかを紹介しています。値引き額の推移もグラフ化して紹介しているので、この記事を読むだけでキャストの目標値引き額と大体の購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも扱っているので、最終的にキャストを安く買うための方法が全て分かるでしょう。
【半年毎に更新】ダイハツウェイク値引き情報の全データまとめ
ダイハツウェイクの値引き情報をまとめています。ウェイクが実際にいくらで買えるのかをわかりやすくするため、値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでウェイクがいくらの値引きが可能なのか、どれくらいの金額で購入できるのかが分かります。新車値引きのテクニックなども紹介しているので、最終的にウェイクを安く買うためのノウハウが全て身に付きます。
【半年毎に更新】トヨタ ピクシス値引き情報の全データまとめ
ピクシスシリーズがいくらで買えるのか、値引き額について紹介しています。みんなはいくらでピクシスを買っているのかをわかりやすく紹介するために、値引き額の推移をグラフ化しています。この記事を読むだけで、ピクシスシリーズの目標値引き額と予想購入価格が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはピクシスを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
【半年毎に更新】 スズキ エブリィワゴン値引き情報の全データまとめ
エブリィワゴンの値引き額を中心とした情報をまとめています。エブリィワゴンはどれくらいの値引きが期待できるのかを紹介するために、実際に購入した人の口コミを基に値引き額の推移をグラフ化しています。そのためこの記事を読むだけでエブリィワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはエブリィワゴンを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
2017年12月発売のスズキ新型クロスビーの4つの特徴とライバル車種との比較
スズキが2017年12月25日に発売したのが、新型「クロスビー」です。ハスラーのテイストを強く残しつつ、サイズを拡大することで5ナンバーの普通車として登場しました。この記事では、そんなクロスビーについてまとめていきます。クロスビーの特徴ってなんだろう、ライバル車と比べて何がすごいの?、目標の値引き額はどれくらいなんだろうか?今回の記事は、その全てを解決するためにクロスビーを徹底調査してまとめました。
【半年毎に更新】スズキ クロスビー値引き情報の全データまとめ
クロスビーはスズキが2017年に発売した、小型のクロスオーバー車です。軽自動車「ハスラー」のデザインが好評であることから、同じテイストのデザインを採用していることが特徴。1,000ccのエンジンを搭載する普通車であるため、軽自動車と違い大人5名が乗車できるようになっています。扱いやすいボディサイズで、「軽自動車では物足りない」という人にちょうどいいと評判の1台です。この記事は、クロスビーの値引き情報を中心に、新車を安く買うための方法を紹介しています。過去1年間の値引き額の推移をグラフ化しているため、一発で目標値引き額がわかるようになっているのが特徴。
【半年毎に更新】日産 セレナ値引き情報の全データまとめ
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【半年毎に更新】トヨタ ランドクルーザープラド値引き情報の全データまとめ
トヨタが1984年から製造・販売している、ランドクルーザープラド。本格的な四輪駆動車として高い走破性を持ち、耐久性の高さは全世界で評価されています。トヨタのオフローダー「ランドクルーザー」シリーズの1台であり、ボディサイズ・値段ともにシリーズ内では最も手が出しやすい位置に属しているのが特徴です。現行型は2009年から販売されており、何度か大型のマイナーチェンジを実施。この記事では、そんなランドクルーザープラドの最新値引き情報についてまとめています。