新型C-HR/C-HR 値引き

2017新型C-HRの特徴とライバル車種との比較

最終更新日:2017年9月18日
トヨタの新型SUV「C-HR」
※画像出典:トヨタ公式HP
売れる車とは、その時の経済情勢や、流行などさまざまな世間の波によって変わりますが、今、日本において売れる車種と言えるのは、間違いなく、ミニバンとコンパクトSUVとなるでしょう。

 

そのため、各メーカーは工夫を凝らしたコンパクトSUVを販売し、どのモデルもそのメーカーがラインナップするモデルの中では、好調な販売台数を誇っています。

 

そんな中、今回の記事で取り上げている「C-HR」は、もっとも後発のモデルであると言えますが、プリウス譲りのハイブリット機構や、THGAの採用など、その存在は発売前から各メディアはもちろん、一般ユーザーの注目の的でした。

 

そして、当初トヨタが目標に掲げていた6,000台を大幅に上回り、発売1か月後の受注台数は、目標の8倍となる約48,000台を超え、グレードによっては納車まで3か月待ちという人気ぶりです。

 

この記事をご覧になっている方の中には、C-HRが次に購入する候補の1台という方も多いのではないでしょうか?

  • C-HRの特徴は?
  • ライバル車種と比べ優れている点と劣っている点は?
  • C-HRはどんな人にオススメなのか?
  • 目標の値引き額はどれぐらいなんだろうか?

今回の記事は上記のような悩みや疑問を解決するために、2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。

 

この記事を読むことでC-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。

 

C-HRの目標値引き額 → 15万円

もし、下取り車がある場合は、とっておきの方法で高く買い取ってもらう方法があります。どのような車種でも平均で10万以上お得に売っています。

 

詳細は「トヨタのC-HR値引き情報!半年間の推移から予測」をご確認ください。

 

1.トヨタの新型SUV「C-HR」の4つの特徴

トヨタの新型SUV「C-HR」の特徴
※画像出典:トヨタ公式HP
C-HRが発売されたのは2016年12月ですが、その頃には、ホンダヴェゼルをはじめ、各ライバルメーカーのモデルがすでに人気を博し、市場としての需要は充分満たされているとも言える時期でした。

 

しかし、予想をはるかに超える受注台数をたたき出し、販売からすでに4か月が経過しているにもかかわらず、いまだ高い人気を誇っているC-HRの魅力は一体どこにあるのでしょうか?

 

次の章からは、そんなC-HRの魅力や特徴について詳しく見ていきたいと思います。

 

C-HRの魅力と特徴

C-HRの特に目を引く魅力と特徴は下記の4点になります。

 

  • TNGAの第2弾
  • ショーモデルそのままのデザイン
  • 燃費と走行性能を両立した2つのパワーユニット
  • 最先端の安全性能

 

TNGAの第2弾

C-HR03
※画像出典:トヨタ公式HP
最近のトヨタ車の新型発表時には、必ずと言っていいほど登場するキーワードに「TNGA」があります。

 

TNGAは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの頭文字をとったキーワードで、TNGAを採用した最初のモデルはプリウスで、C-HRはTNGA第2弾の車種となります。

 

TNGAが発表された直後は、トヨタが開発した新設計のプラットフォームの呼び名と誤認されることが多くありました。

 

しかし、TNGAは、トヨタが「クルマづくりの構造改革」と説明しているように、車の基本となるプラットフォームやエンジン、ミッションなどを総合的に設計、開発し、果ては製造過程まですべてを見直した新しい設計思想のことなのです。

 

そんなTNGAを採用したC-HRは、SUVらしい高めの車高や、大径のタイヤを装着しながらも、新型プラットフォームによる低重心化や軽量化、さらにはボディ剛性が向上しています。

 

その結果、見た目のSUVらしさに反して、応答性の良いハンドリングと、車高の高さを感じさせない走行安定性を誇ります。

 

さらに、プリウスに比べ6cm短くされたホイールベースや、高剛性ボディとドイツザックス社製のショックアブソーバーを組み合わせ、プリウスよりもよりスポーティーな味つけがされています。

 

ショーモデルそのままのデザイン

C-HR04
※画像出典:トヨタ公式HP
モーターショーなどで発表されるメーカーのコンセプトカーは、どれも個性的でカッコイイデザインという前評判を集めても、実際に市販されるときには、すっかり個性的な面が無くなり、いわゆる無難なデザインで市販されてしまうというのが定番でした。

 

ところが、C-HRに関しては、デザインに使われるラフスケッチをそのまま形にしたような、ショーモデルとほとんど変わらないデザインで市販されました。

 

大きくえぐられたようなサイドラインや極端に短い前後のオーバーハング、そして空力を意識して設計されたリヤスポイラーなど、どこをとっても独創的で強烈なインパクトを持っています。

 

このスタイリングについては、巷で賛否両論あるようですが、上記でも触れているように、すでに多くのライバルが市場に出回っている中存在感を示すため、あえて尖ったデザインを採用したとも言われています。

 

また、「走りが良くカッコイイSUV」を目指し、居住性などを犠牲にしてでも挑戦してきたことは、「もっといいクルマをつくる」という豊田章男社長の言葉そのものと言えるでしょう。

 

誰にでも受け入れられるような、可もなく不可もない無難なデザインに収まりがちだった今までの国産車とは違い、買い手であるユーザーに対し、はっきりとした主張が伝わってくることも、多くの人を魅了するポイントなのかもしれません。

 

燃費と走行性能を両立した2つのパワーユニット

C-HR05
※画像出典:トヨタ公式HP
C-HRには、方法論の異なる2つのパワーユニットが用意されています。

 

まず、プリウスのSUVバージョンと言われている通り、プリウスと同じハイブリットシステム「THSⅡ」について見ていくことにしましょう。

 

このTHSⅡには、1.8L直列4気筒(2ZR-FXE)エンジンと、新開発の高回転モーターを採用し、JC08燃費は30.2km/Lという低燃費と、90KW(122PS)というシステム出力を誇ります。

 

出力だけを見ると、いささか力不足に感じるかもしれませんが、モーターの特性を活かしたトルクフルな加速は実用速度域で有効であり、さらにスムーズで静粛性にも優れています。

 

C-HR06
※画像出典:トヨタ公式HP
次に、1.2L直列4気筒ターボエンジンは、世界的な流行りとも言える小排気量エンジンにターボを組み合わせた「ダウンサイジングターボ」で、小排気量ながら、116PS/18.9kgmを発生します。

 

このガソリンエンジンについても、数字だけ見ると車格のわりに非力と思われるかもしれませんが、普段の使いやすさや力強さに直結するトルクは18.9kgmを発生しており、これは、2.0Lクラスのエンジンに相当するトルク性能です。

 

さらに、その最大トルクを1,500回転から4,000回転という幅広く、最も普段の走行で多用する回転域で発生させるため、こちらも必要にして十分な性能であると言えるでしょう。

 

最先端の安全性能

C-HR07
※画像出典:トヨタ公式HP
売れる車の要素として、燃費性能と同じくらい重要になるのが安全性のです。

 

C-HRには、トヨタが誇る最先端の予防安全システム「Toyota Safety Sense P」が採用されています。

 

このToyota Safety Sense Pは、単眼カメラとミリ波レーダーを組合せ、車だけでなく歩行者までも感知し、警報ブザーとディスプレイで危険を知らせ、さらにブレーキをアシストしてくれます。

 

また、斜線を逸脱しそうな場合には警報を鳴らし、ステアリング操作をサポートする、「レーンディパーチャーアラート」や、車速に応じた車間距離を保ちながら先行車を追従する「レーダークルーズコントロール」なども備えています。

 

そして、C-HRは全グレードに、この最高水準の安全装備を標準装備しており、わざわざオプションとして追加料金を払うことや、あえて上級グレードを選ぶ必要がないあたりも、人気の秘密と言えるでしょう。

 

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

続いてC-HRとライバル車種を見ていきたいと思います。

 

2.C-HR VSライバル車種

C-HR VSライバル車種
※画像出典:トヨタ公式HP
今最も売れ筋のジャンルと言っても良いコンパクトSUVのジャンルにおいて、後発であるC-HRがなぜここまで支持されているのか、ここからは各ライバル車たちと比較することで解明していきたいと思います。

 

ではまず、C-HRの基本スペックから見ていきましょう。

 

C-HRの基本スペック

それではC-HRの基本スペックのおさらいです。

  • メーカー希望小売価格:251万円~290万円
  • 燃費:30.2km/L(ハイブリット) 15.4km/L(ガソリン)
  • エンジンの特徴:ハイブリットTHSⅡ/直列4気筒1.2L ダウンサイジングターボエンジン
  • 最大出力/最大トルク:98ps/14.5kgm(ハイブリット車エンジン)
  • 最大出力/最大トルク:72ps/16.6kgm(ハイブリット車モーター)
  • 最大出力/最大トルク:139ps/17.5kgm(ガソリン車)
  • 乗車定員:5名
  • ボディサイズ:4,360/1,795/1,550~1,565(全長/全幅/全高)

ハイブリットとガソリンエンジンの2種類が存在していますが、ハイブリットは2WDのみ、ガソリンモデルには4WDのみの設定となり、そのあたりの特徴も、ライバルとの比較に同影響してくるのかがポイントとなります。

 

ここからは、各社のコンパクトSUV達とどのような違いがあり、それぞれのライバルはどういった人におすすめなのか?

 

また、C-HRはライバル車種と比べてどういった点が優れているのかについて見ていきたいと思います。

C-HRのライバル車種

  1. ホンダ ヴェゼル HYBRID X・Honda SENSING 250万円
  2. マツダ CX-3 XD 238万円
  3. スバル XV 1.6i EyeSight 214万円

それぞれの比較をしていきたいと思います。

 

ホンダ ヴェゼル HYBRID X・Honda SENSING

最もC-HRにとって、サイズ感なども同格で強力なライバルとなるのが、ヴェゼルでしょう。

 

ヴェゼルの最大の武器は、クラストップレベルの室内空間と、1.5Lのガソリンエンジンとハイブリットを選べるところにあり、エンジンがガソリンとハイブリットの2本立てであることはC-HRと共通している部分です。

 

今回比較対象としているHYBRID X・Honda SENSINGには、ホンダが誇る最新の予防安全装備であるHonda SENSING(ホンダセンシング)が装備され、安全面でも納得の装備内容となっています。

 

また、ハイブリットシステムにも、最新型のハイブリットシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用しており、このハイブリット機構は、デュアルクラッチを持ち、7速のオートマミッションと、薄型モーターを組み合わせることで、それまでハイブリットの弱点とされていた高速域での出力低下を最小限に抑えることに成功しています。

 

スタイリングについては、斬新で刺激的なC-HRとは真逆の、どちらかと言えば平凡な万人受けする仕上がりとなっており、その平凡さが好調な売り上げの一因とも言われています。

 

また、その平凡なデザインと、センタータンクレイアウトにより、外観からは想像できないほどのラゲッジスペースと、身長180cmの人でもゆったり座れる後部座席を備えています。

 

JC08燃費は、ホンダセンシングを装備しないFFのHYBRID のベースグレードで、27㎞/LとC-HRには及びませんが、十分優秀な数値となっています。

 

このように、奇抜過ぎないデザインと、使い勝手の良い室内空間、そして、優秀な燃費性能を持つ優等生なコンパクトSUVであり、主婦の方などのセカンドカーにはぴったりな車種と言えます。

 

ただ、優等生な車というのは、普段の足には当然良いのですが、車を所有する楽しみや、ワクワク感といった点では、いささか物足りなさを感じることも多いでしょう。

 

車はただの道具ではなく、ファッションのように楽しみを味わう相棒にしたい方にとっては、誰もがオッと振り返るC-HRのデザインは、平凡なヴェゼルよりも魅力的と言えるでしょう。

 

マツダ CX-3 XD

燃費性能に優れたコンパクトSUVにおいて、2強とも言えるC-HRとヴェゼルの間に割って入ることのできる心材と言えるのが、マツダのCX-3です。

 

やはりCX-3の特徴的な点は、ハイブリットではなくディーゼルエンジンを搭載することで、求められる環境性能に応えているということでしょう。

 

CX-3に搭載される1.5Lのディーゼルエンジンは、それまで小排気量ディーゼルが抱えていた重量や騒音などのネガティブな点を見事に打ち消した革新的なエンジンであると言えます。

 

最高出力は105psとパッとしない印象ですが、最大トルクは27.5kgmを発生し、この値は3.0Lエンジン並みの高トルクですので、街中では十分すぎるほどの動力性能を発揮してくれることでしょう。

 

また、最近の国産車には珍しく、6速のマニュアルトランスミッションを選べることや、ハンドル操作に応じてエンジン出力を自動的にコントロールし旋回性能を高めてくれる「G-ベクタリング コントロール(GVC)」など、人と車が一体となった運転感覚にこだわっています。

 

そのため、コンパクトSUVでもキビキビ走りたい、車を運転することを楽しみたい方にはオススメの一歳と言えます。

 

ただし、ハイブリットモデルのC-HRと比較するとどうしてもディーゼル特有の振動や、音などに違和感を持つ方も少なくないと思いますので、静粛性や快適性という点ではC-HRの方が一枚上手と言えるでしょう。

 

スバル XV 1.6i EyeSight

2017年4月6日に発表され、発売は5月24日のためまだ市場には出回っていませんが、間違いなくコンパクトSUVのカテゴリーに一石を投じる存在となるでしょう。

 

車のパッケージとしては、SUVというよりも、5ドアハッチバックをベースにしたクロスオーバーといったところ。

 

しかし、フォレスターにも搭載されている「X-MODE」を搭載し悪路での走破性を上げ、スバルのお家芸とも言えるシンメトリカルAWD、さらに最低地上高は200mm(ガソリンモデルのC-HRは155mm)を与えられ、本格SUVにも引けを取らない造りになっています。

 

また、ステーションワゴンであるインプレッサとほぼ小野路ボディデザインであるため、室内も広く、使い勝手の良いパッケージになっています。

 

そして、トレッキングシューズをイメージしたという外観は、SUVらしいしっかり感と、どんなところにでも行けるような印象を抱かせてくれるアクティブなデザインに仕上がっています。

 

全グレードに最新の予防安全装備であるアイサイトを標準装備していながらも、最も安いグレードで214万円からという価格も魅力的で、週末に友達とドライブやキャンプに出かけるような若い世代にはちょうど良いモデルと言えるでしょう。

 

ただ、ラインナップされているパワーユニットは、先代のXVで好評であったハイブリットはまだ発表されておらず、1.6Lと2.0L水平対向エンジンだけでは、燃費という点でC-HRには及ばない結果となってしまいます。

 

以上がライバル車種の特徴とおすすめな人です。

 

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

 

ではC-HRがおすすめな人はどんな人でしょうか?

 

C-HRがオススメな人

結論からお伝えすると下記2タイプがC-HRをおすすめできるでしょう。

  1. 前衛的でカッコイイSUVに乗りたい方
  2. 低燃費は魅力だがプリウスでは刺激が足りない方

 

まず、オススメな人が2タイプと聞いて、少ないと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、それこそがC-HR最大の魅力であり、トヨタの狙いであると私は考えています。

 

これまで、トヨタ車のラインナップは、普遍的で魅力のある車種や、信頼性の高い品質を誇った多くの名車があります。

 

しかし、どちらかと言えば、「欲しい車が特にない、ならば無難で安心感があるトヨタを買おう」といったような、良くも悪くも当たり障りのない優等生といった、消極的な理由で選ばれてきた面も否定できません。

 

しかし、最近見られるトヨタの車作りは、豊田章男社長の「もっといいクルマをつくる」という大号令の元、TNGAをベースにし、革新的且つ、守りから攻めの姿勢に大きく変わろうとしています。

 

そんな中、登場したC-HRのデザインについては、発売前から賛否が分かれているのも事実で、中にはやりすぎだと揶揄する声も聞かれます。

 

ただ、デザインの評判については、2016年に発売された4代目プリウスでも賛否両論言われてきましたので、トヨタの中にはそれも織り込み済みといった考えもあるのでしょう。

 

確かに4代目プリウスは、現代車を無理やりに未来志向に向けた感が否めず、少々無理のあるバランスを欠いたデザイン言われてしまっても致し方ないかも知れません。

 

一方、カッコイイSUVを目指したというC-HRのデザインには、一貫したコンセプトが感じられ、まとまりのあるデザインに仕上がっていると言えるのではないでしょうか。

 

デザインを優先するあまり、その代償として、太すぎるCピラーにより斜め後方の視界が狭いことや、荷室の狭さはありますが、今やトヨタのお家芸となった最新のハイブリットを搭載したC-HRは、とても魅力あふれる1台に仕上がっています。

 

3.C-HR目標値引き額

C-HR目標値引き額
※画像出典:トヨタ公式HP
ここからはC-HRの目標値引き金額についてお伝えします。

 

最初に結論からお伝えすると目標値引き額:15万円です。

 

その目標値引き額が出てきた根拠について説明します。

 

今回、値引き額を出すに辺り、参考とした2サイトがあります。

  1. 大手口コミサイトの「価格コム」
  2. 実値引き額が充実しているレポートサイト

ではそれらのサイトに掲載されている値引き額を見ていきましょう。

 

価格コムに掲載されている値引き額

価格コムのC-HRハイブリットの値引き額
※出典: http://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000929118/
価格コムのC-HRガソリンの値引き額

※出典: http://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000903199/

 

上の表はハイブリット、下の表はガソリンエンジンモデルの値引き情報です。

 

実値引き額のレポートサイト

値引きレポートのCH-Rの値引き額
※出典: http://www.otti.car-lineup.com/kihon_nebiki.html

 

やはり発売から半年以内であり、尚且つ、ハイブリットモデルにいたっては納車に3か月近い待ちが発生している車種なだけに、まだまだ大きな値引き額は期待出来ないようです。

 

3月あたりから徐々にではありますが車両本体の値引きの情報も上がってくるようになっているため、車両本体値引きで15万円、その他のオプションなどでいくらオマケしてもらえるかが勝負の分かれ目になりそうです。

 

また、昨今の車の買い方である、残価設定プランで購入する方が比較的多くいらっしゃるようですので、そのあたりも値引き関係している要素であると言えるでしょう。

 

下取り車がある方は朗報

下取り価格が期待できないのであれば、車一括査定サービスを利用することをオススメします。車一括査定の詳細については「2017年のおすすめ車一括査定は?高額買取のための全情報」をご確認ください。

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大2,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

4.まとめ

今では日本車における人気カテゴリーとなったコンパクトSUVというジャンルで、もっとも遅く登場することになったC-HR。

 

トヨタが当初予定していた受注台数を見ても、これほどまでの人気を予想していなかったことが伺えます。

 

守から攻めの姿勢に転じているトヨタの象徴とも言うべき、言わば尖ったデザインを纏うことで、絶対的な販売台数よりも、トヨタ全体のイメージ戦略を優先した車種であるとも言えます。

 

しかし、実際の人気ぶりを見る限り、世界のトヨタが本気を出すとここまで魅力的な車が生まれるという大きな布石になったとも言えるでしょう。

 

昨年、現行型のプリウスから始まり、TNGA思想での新しい車作りを始めたトヨタのこれからに大きな期待を持たせてくれる1台であることは間違いありません。

 

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介
新車値引きの相場や交渉術、また最終的にお得に購入する方法をご紹介します。
現ディーラー営業マンに聞いた!新車購入の安い時期と安くする方法を暴露
現営業ディーラーマンに実際に聞いた新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の税金は13年経過すると上がる!トータルで見ると買い替えた方が得?
現在車にかかる税金についてあまりよく分かってない方は、読み終わる頃には車の税金のアレコレやお得な買い替え時期が分かるでしょう。
【2017年最新版】エコカー減税はいつから?どれぐらい変わる?
今回はエコカー減税とは何なのか、減税率はどう変化するのか、買い替えに影響はあるのかなど、エコカー減税に関して様々なことを解説していきます。
2017年の車通勤におすすめの車種はどれ?元ディーラーが徹底解説
今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
中古車を安く購入したい!でも安い時期ってあるの?
今回は特別に、あなたが中古車購入をする際の極意をお教えします。その極意は特別な知識などはいりません。
中古車を購入するときに最低限知っておくべき10のチェックポイント
今回はそんな不安を解消すべく、車を購入するときにチェックするポイントをはじめ、その他お得な情報をお届けしていきます。
新型フリードの特徴・強み・弱みと目標値引き額を徹底調査
新型「フリード」の長所も短所もわかるので、ライバルの「シエンタ」とどちらにしようか迷っているのであれば、最後まで読んで頂けるとどちらが優れたコンパクトミニバンなのか分かって頂けるでしょう。
【2017年8月】ホンダのフリード値引き情報!半年間の推移から予測
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
シエンタは今でも売れ続けている!シエンタが売れている理由と目標値引き額
シエンタの従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイント<が分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、最終的にシエンタの特徴と予想値引き額が分かります。
【2017年8月】トヨタのシエンタ値引き情報!半年間の推移から予測
シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き額をグラフ化して紹介しています。
ムーヴキャンバスの特徴・強み・弱み
ムーヴキャンバス、かわいいけどそのほかはどうなんだろう、自分に合った車なんだろうか、買っちゃっていいのか・・・そんな風に迷っているあなた、この記事を最後まで読んでくれれば、その迷いはスッキリ解消間違いなし。
新型インプレッサの特徴・強み・弱み
あなたはインプレッサの強みや弱みを把握でき、もしインプレッサとライバル車種と迷っているのであれば、どっちがいいのか判断できるのを約束します。
ノートe-POWERの特徴・強み・弱み
あなたはノート「e-POWER(イーパワー)」の長所や短所を把握できます。もしノートとライバル車種のアクアやフィットハイブリッドと迷っているのであれば、どちらがいいのか?その判断ができる情報を提供しています。
【2017年8月】日産のノート値引き情報!半年間の推移から予測
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
【2017年7月】トヨタのC-HR値引き情報!半年間の推移から予測
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
ルーミー・タンク・ジャスティの特徴
あなたは「ルーミー」と「タンク」の長所や短所を把握でき、もしライバル車種と迷っているのであれば、どちらがいいのか判断できる事を約束します。
新型スイフトの4つとの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
フルモデルチェンジをしたスズキのスイフトの購入を検討している方に向けて、元ディーラー営業マンの筆者がこれら「スイフト」の全てを解説します。
新型マークX/特徴とライバル車種との比較、目標値引き額を徹底解説
この記事を読むだけで、マークXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、発売後の値引き情報についても詳しくまとめているので、マークXがいくらぐらいの値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型ソリオにハイブリッドが追加!目標値引き額とライバル車種との違い
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【2017年10月】スズキのソリオ/バンディット値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
マツダの新型CX-5は何が特徴なの?ライバル車種比較と目標値引き額
元ディーラー営業マンだった筆者が詳しく解説します。読み終わる頃には貴方も「CX-5」の全てが理解できます。
トヨタの新型ヴィッツにハイブリッド車が登場!主な特徴と目標値引き額
これからヴィッツなどのコンパクトカーを購入しようとする方に、元ディーラー営業マンの筆者がこれらの疑問の全てを解説します。
【2017年8月】トヨタのヴィッツ値引き情報!半年間の推移から予測
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。 値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
スズキのワゴンRがフルモデルチェンジ/主な特徴と最新目標値引き額
元ディーラー営業マンの筆者が「新型ワゴンR」を徹底的に調べたのがこの記事です。この記事を読み終えるころには、あなたは「新型ワゴンR」の全てを知ることが出来て、軽自動車選びに答えが出るはずです。
2017の新型シビックは何が特徴なの?目標の値引き額はどれぐらい?
まだまだ謎の多い新型シビックの特徴や日本未発売の先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年4月発売!レクサスLC500の5つの特徴とライバル車種比較
LC500シリーズを徹底調査してまとめました。過去のレクサス車と何が違うのかが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
新型XVは何が進化したの?主な変更点・特徴と目標値引き額
3月9日からの予約開始、4月6日に正式発表となる新型スバルXVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
三菱から期待のSUV「エクリプスクロス」が発売予定!特徴と目標値引き額
エクリプス クロスの特徴や気になるデザイン、ライバル車との違いや目標の値引き金額の全てが分かります。発売時期に関しても取り扱っているので、エクリプス クロスが気になっている人には必見の内容ばかりです。
2017年に発売?新型アクアの特徴とライバル車種との比較
2017年12月頃の登場が期待される新型アクアの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
プリウスPHVは何がすごいの?4つの特徴とライバル車種との比較
プリウスPHVの何がすごいのかが分かり、ライバル車との比較するべきポイントも分かります。そして最終的に、プリウスPHVがいかに究極のエコカーであり、今一番のおすすめであるのかが分かります。
新型MINIクロスオーバーはどんな特徴がある?ライバル車種との比較
新型MINIクロスオーバーを徹底調査してまとめました。この記事を読むだけで、従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイントが分かります。
2017年中に発売?新型N-BOXの特徴とライバル車種との比較
2017年に発売される新型N-BOXを徹底調査してまとめました。新型N-BOXの特徴と従来モデルからの改善点が分かります。気になるライバル車との比較ポイントもまとめているので、最終的に「新型N-BOX」はどんな車で、ライバル車より何が優れているのかが分かります。
新型アウトランダーPHEVの特徴・ライバル車種比較と目標値引き額
2017年2月9日に登場した新型アウトランダーPHEVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年に発売予定の新型マーチはどう進化する?予想値引き額は?
新型マーチの特徴と従来モデルとの違いが分かります。新型マーチがライバルに比べて何が優れていて、本当に買うべき車かどうかが分かります。
新型レンジローバーヴェラールの特徴と目標値引き額
レンジローバー ヴェラールを徹底調査してまとめました。レンジローバー ヴェラールの特徴やライバル車種との比較ポイントが分かります。レンジローバー イヴォークとの違いもまとめているので、最終的には「レンジローバー ヴェラール」がどんな車であり、本当に”買い”な車なのかどうかが分かります。
2017新型カムリの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
新型カムリの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型カムリの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型カムリはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ボルボV90はどんな特徴がある?オススメな人はどんな人?
ボルボV90を徹底調査してまとめました。新型ボルボV90の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
新型レクサスLSと現行モデルの変更点は?どんな特徴がある?
新型レクサスLSを徹底調査してまとめました。新型レクサスLSの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型スカイラインクーペの特徴は?目標値引き額はいくら?
新型スカイラインクーペの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型のCX-6はどんな外観?ライバル車種はどれになるの?
新型CX-6の特徴、ライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
新型アウディQ5はどんなデザイン?主な特徴とライバル車種との比較
新型アウディQ5を徹底調査してまとめました。新型アウディQ5の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型RVRは何がすごいの?主な特徴・変更点と目標値引き額
新型RVRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型RVRはどういう人に向いているのか、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型レクサスNXが大型マイナーチェンジ!特徴は何?ライバル車種との比較
新型レクサスNXを徹底調査してまとめました。新型レクサスNXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
ホンダのステップワゴンの主な特徴4つと目標値引き額、ライバル車種との違い
ステップワゴンの特徴と、ライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新モデルや値引き情報についてもまとめていますので、ステップワゴンの買い時といくら位値引きをしてもらえるのかが分かります。
【2017年9月】ホンダのステップワゴン値引き情報!半年間の推移から予測
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
新型のアウディA5はどんな特徴がある?ライバル車種比較と目標値引き額
アウディA5を徹底調査してまとめました。従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。今後発売される派生モデルについても扱っていますので、最終的にはA5のモデルごとの特徴や一番おすすめのモデルが分かります。
2016新型タントの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
2016年11月30日に登場した新型タントの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型タントの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型タントはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ベンツ「GLA」の特徴は?ライバル車種と比べた評価は?
GLAの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。今回のマイナーチェンジでGLAのどこが変わったのか、今最もおすすめのコンパクトSUVは何かということが分かります。
新型ミライースの特徴は?従来モデルとの違いと目標値引き額
ミライースを徹底調査してまとめました。新型ミライースの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。予想値引き額に関してもまとめているので、ミライースの値引き情報も分かります。
新型グレイスがビッグマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
グレイスを徹底調査してまとめました。大型改良されるグレイスの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、最新の値引き情報についてもまとめているので、最終的にはグレイスの予想購入価格も分かります。
ホンダフィットがマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
フィットのマイナーチェンジの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる予想値引き額についてもまとめていますので、最終的には新型フィットがどれほどの値引きで購入できるのかということも分かります。
【2017年9月】ホンダのフィット値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年分のデータをグラフ化してまとめています。フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
新型ゴルフがマイナーチェンジで大幅改良!主な変更点とライバル車種比較
ゴルフを徹底調査してまとめました。新型ゴルフの特徴とライバル車との違いも分かります。そして最終的には、今回のマイナーチェンジでゴルフの何が変わったのがも分かります。
2017年にハリアーがマイナーチェンジ!主な変更点と目標値引き額
この記事を読むことで、ハリアーのマイナーチェンジの全貌とライバル車との違いが分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、ハリアーがどんな車でいくらの値引きが可能であるのかも分かります。
新型エクストレイルがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【2017年9月】日産のエクストレイル値引き情報!半年間の推移から予測
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、過去半年分の値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
トヨタがアクアをマイナーチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
この記事を読むだけで、新型アクアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になるマイナーチェンジの全貌もまとめているので、従来のモデルから何が変わったのかが分かります。
【2017年8月】トヨタのアクア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、アクアの値引き情報をまとめています。購入した人がいくらの値引きをしてもらったのか、実際の口コミをデータ化してまとめました。
BMWの新型5シリーズツーリングはどんな特徴?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけで、従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新機能についても解説していますので、最終的には新型5シリーズツーリングがどれだけ大きく変わったのかが分かります。
2017年の新型レヴォーグはどんな特徴がある?目標値引き額は?
この記事を読むだけで、今回のマイナーチェンジの全貌とレヴォーグの特徴が分かります。ライバル車との違いや値引き情報についてもまとめています。最終的にはライバル車との違いや、どの車が一番おすすめかが分かります。
新型「WRX S4」のデザインはカッコイイ?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけでWRX S4の従来モデルからの変更点が分かります。気になる値引き情報やライバル車との徹底比較もしているので、最終的には新型WRX S4は本当におすすめできる車なのかということが分かります。
新型ノアはどんな特徴がある?旧モデルとの違いと目標値引き額
ノアがどんな車かということとライバル車の違いが分かります。マイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからの変更点も全てわかります。
【2017年9月】トヨタのノア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
新型ヴォクシーが何が進化した?ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにヴォクシーを徹底調査してまとめました。ヴォクシーのすべてが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
【2017年8月】トヨタのヴォクシー値引き情報!半年間の推移から予測
ヴォクシーの値引き情報についてまとめています。みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去半年分の値引き推移をデータ化しています。
新型エスクァイアの特徴は?特徴4つ、ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにエスクァイアを徹底調査してまとめました。エスクァイアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、今発売されているミニバンの中でどのモデルが一番おすすめかが分かります。
【2017年10月】エスクァイア値引き情報!半年間の推移から予測
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、過去半年間の値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
新型CX-3はどんなデザイン?ライバル車種比較と目標値引き額
2017年6月に登場したばかりの新型CX-3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型CX-3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型フェアレディZの主な変更点は?4つの特徴と目標値引き額
2017年7月に登場したばかりの新型フェアレディZの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型フェアレディZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型フェアレディZはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】トヨタのプリウス値引き情報!半年間の推移から予測
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
新型SX4はどんなデザイン?主な変更点と目標値引き額
今回のマイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからどんな点が変わったのかも分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、SX4 S-CROSSの購入を検討している人はこの記事を読めば疑問が全て解決します。
2017新型エスクードの特徴とライバル車種との比較は?目標値引きは?
2017年7月26日に登場した新型エスクードの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型ムーヴのマイナーチェンジ内容は?主な変更点と目標値引き
今回のマイナーチェンジは、登場から3年近くが経過したことで機能面でライバル車に劣っていた予防安全性能をバージョンアップしました。その他にも数々の改良が加えられているため、この記事ではその内容を詳しくまとめていきます。ここでは、新型ムーヴの特徴を解説していきます。
2017新型シトロエンC3のデザインは?4つの特徴とライバル車種比較
2017年7月7日に発表された新型シトロエンC3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型シトロエンC3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型シトロエンC3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年8月】日産のセレナ値引き情報!半年間の推移から予測
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【2017年8月】スバルのインプレッサ値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
2017新型ティグアンの4つの特徴を徹底解説!目標値引き額は?
2017年1月に登場した新型ティグアンの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型ティグアンの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ティグアンはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017新型レガシィがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
レガシィを徹底調査してまとめました。マイナーチェンジされたレガシィの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはレガシィの目標値引き額も分かります。
【2017年9月】トヨタのカローラ値引き情報!半年間の推移から予測
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【2017年9月】トヨタのパッソ値引き情報!半年間の推移から予測
発売から1年が経過した現行型のパッソの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。パッソの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【2017年9月】ホンダのヴェゼル値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
2017新型ハイラックスの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年10月の発売が待たれる新型ハイラックスの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ハイラックスZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ハイラックスはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型アクセラが登場!マイナーチェンジの変更内容と目標値引き
9月21日販売開始の新型アクセラを徹底調査してまとめました。アクセラの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはアクセラの目標購入金額も分かるようになります。
2017新型レクサスCTの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年8月に登場したばかりの新型レクサスのCTの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型レクサスのCTの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型レクサスのCTはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】マツダのデミオ値引き情報!半年間の推移から予測
デミオの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人の口コミやレポートを参考に、過去半年分の値引きデータをグラフ化しています。デミオの目標値引き額と実勢価格が分かります。新車を安く買うコツもまとめているので、デミオ購入の際に役に立つでしょう。
【2017年9月】トヨタのヴェルファイア値引き情報!半年間の推移から予測
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【2017年9月】トヨタのハリアー値引き情報!半年間の推移から予測
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
2017新型リーフがフルモデルチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
2017年10月に登場したばかりの新型リーフの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型リーフの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型リーフはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型CX-8はどんなデザイン?5つの特徴と目標値引き額
2017年12月14日の発売が目前に迫った新型RX-8の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型CX-8の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-8はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年10月】トヨタのアルファード値引き情報!半年間の推移から予測
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。