新型シトロエンC3/シトロエンC3値引き

2017新型シトロエンC3の特徴とライバル車種との比較

最終更新日:2017年9月18日
新型C3_01
※画像出典:シトロエン公式HP
誰もが「お?!」と目を止めることは間違いない外観を身にまとった新型車両が、今回ご紹介する新型シトロエンC3です。

 

車好きの方の間では、もちろんおなじみの輸入車メーカーであるシトロエンですが、日本での人気はいま一つパッとしない状態が長く続いているのも事実。

 

しかし、今回発表された新型シトロエンC3は、フォルクスワーゲンやアウディはもちろん、国産コンパクトカーにも十分対抗できる可能性を秘めており、各方面から注目を集めています。

 

コンピューターによるデザインが主流である現代のカーデザインでは、どうしても似たようなスタイリングの車が多くなってしまうのは致し方ありません。

 

ところが、この新型シトロエンC3のデザインを見たときには、デザインが持つ人々を引き付ける力の偉大さを感じることができるでしょう。

 

車好きや、おしゃれな物に対する感度の高い方の中には、すでに次の購入候補としてチェックしているという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、この記事をご覧の皆様の中には、新型シトロエンC3に対して以下のような疑問や悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

  • 新型シトロエンC3の特徴は?
  • ライバル車種と比べ優れている点と劣っている点は?
  • 新型シトロエンC3はどんな人にオススメなのか?
  • 目標の値引き額はどれぐらいなんだろうか?

今回の記事は上記のような悩みや疑問を解決するために、2017年7月7日に発表された新型シトロエンC3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。

 

この記事を読むことで新型シトロエンC3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型シトロエンC3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。

新型シトロエンC3の目標値引き額 → 20万円

もし、下取り車がある場合は、とっておきの方法で高く買い取ってもらう方法があります。どのような車種でも平均で10万以上お得に売っています。

 

詳細は「新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介」をご確認ください。

 

1.新型シトロエンC3のデザインと特徴

新型C3_02
※画像出典:シトロエン公式HP
それでは下記より、新型シトロエンC3の魅力や特徴について詳しく見ていきたいと思います。

 

新型シトロエンC3の4つの特徴

新型シトロエンC3の特に目を引く魅力と特徴は下記の4点になります。

  • 芸術の国フランスらしいデザイン
  • 一新されたパワートレイン
  • 考え抜かれた広々としたインテリア
  • 旅の思い出も残せるコネクテッドカム

 

芸術の国フランスらしいデザイン

新型C3_03
※画像出典:シトロエン公式HP
近年コンパクトカー市場には個性的なデザインを身にまとった車種が次々と販売されていますが、この新型シトロエンC3のエクステリアデザインは、同じカテゴリーに属するどの車種よりも目を引く斬新なデザインであることは間違いないでしょう。

 

そんなエクステリアデザインに良いアクセントとなっているのがドア下部に装着されたエアバンプ。

 

エアバンプとは、前後ドア下部に取り付けられたクッション材のことで、中に空気を入れた樹脂製で、主な目的はドアを保護するためのパーツです。

 

すでに発売されている同社のC4カクタスにも採用され、無塗装のフェンダーアーチと相まって本来の保護材という役目以上に、ポップでありながらSUV要素も兼ね備えた印象となるよう効果的に働いています。

 

他にも、コンパクトカーでありながらSUV的要素を感じる理由は、640mm(205/50 R17)というこのクラスにしては大きなタイヤサイズにあるでしょう。

 

しかし、最低地上高は160mmと決して高くなく、全高も1,495mmに抑えることで、あくまでSUVではなく、キビキビとした走りを連想させるコンパクトカーに仕上げられています。

 

また、車の顔とも言えるフロント回りに目をやると、切れ長でシャープな印象のデイタイムライトと一体で成型された薄型のフロントグリルや、大き目のヘッドライトはインパクトバツグン。

 

さらに、メインのボディカラーは7色、ルーフは3色から自由に選択でき、まさにオーナーの個性を十分に発揮できるのも大きなポイントとなっています。

 

そんな新型シトロエンC3が街中を走っていたら、きっと多くの人が目で追ってしまうのは間違いのではないでしょう。

 

一新されたパワートレイン

新型C3_04
※画像出典:シトロエン公式HP
先代のC3が日本であまり売れなかった理由の一つに、1世代どころか2世代古く感じてしまうパワートレインにあったことは否めません。

 

新型シトロエンC3に搭載される「1.2L PureTech 3気筒ターボエンジン」は、2015年、2016年とインターナショナルエンジンオブザイヤーの最優秀賞を2年連続で獲得し秀作。

 

1,500回転という低い回転域から、20.9kgmの最大トルクを発生し、市街地など、普段使用する速度域では余裕のある走りが期待できます。

 

さらに組み合わされるミッションは、アイシン製の6速デュアルクラッチミッションである「6速エフィシェント・オートマチック・トランスミッション(EAT6)」。

 

変速にほとんどタイムラグが生じす、多段化されたミッションと組み合わせることで、スムーズな加速と、優れた燃費性能を発揮します。

 

気になる燃費性能は、日本の規格であるJC08モードで、18.7km/Lで、燃費性能では同クラスの国産車に引けを取らない数字と言えるでしょう。

 

考え抜かれた広々としたインテリア

新型C3_05
※画像出典:シトロエン公式HP
おしゃれで個性的なエクステリアと同様に、インテリアにも多くのこだわりと工夫が見て取れます。

 

まず、丸みを帯びたデザインを取り入れているエクステリアに合わせ、随所に効果的に丸みを取り入れ統一感を持ったデザイン。

 

さらに、いたるところにポイントとなるカラーリングやステッチをあしらい、ダッシュボードを直線基調とすることで、スペースを有効に活用できるような工夫も見られます。

 

もちろん、インテリアカラーも選択することができ、ポップで個性的な要素も忘れていません。

 

また、クラシカルな旅行鞄をモチーフにしたというドアストラップは、仕上げのステッチなども実に美しく、おしゃれ好きな人の心をくすぐるポイントになるでしょう。

 

そして、どんなにポップでおしゃれなインテリアでも、実用性に欠けるようでは多くの支持を獲得することは難しいかもしれません。

 

しかし、フランス国民の民具とまで称された名車「2CV」を生み出したシトロエンらしく、新型シトロエンC3のインテリアは、使い勝手も十分に考えられています。

 

全長3,995mmというコンパクトなボディからは想像できない、300Lの大容量となるラゲッジスペースや、大型グローブボックス、12V電源ソケットやUSBポート付きのセンターコンソールなど、実用性の十分に配慮された造り。

 

こんなことを言っては叱られるかもしれませんが、今まで、こういった乗る人のことを考えた設計という点では、やはり日本車に分があり、残念な輸入車が多く見受けられました。

 

ところが、この新型シトロエンC3のインテリアの細やかな心使いは日本車と比較してもそん色のない出来であると言っても良いかもしれません。

 

旅の思い出も残せるコネクテッドカム

新型C3_06
※画像出典:シトロエン公式HP
今回の新型シトロエンC3で、多くのメディアに取り上げられ、注目を集めている装備が、「コネクテッドカム」です。

 

これはルームミラーに取り付けられたフルHDカメラを使い、前方の景色を静止画や動画で記録できるというもの。

 

GPSと16GBのメモリーを内蔵し、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンとも連携、撮影した画像や動画はSNSなどで共有することも可能です。

 

そんなもの必要?と思う方がいるかもしれませんが、通常運転中のスマートフォン操作は厳禁ですので、友人との旅の道中を思い出に残すなど、運転を楽しくしてくれるアイテムであることは間違いありません。

 

またこのカメラは、事故などの衝撃を感知すると、衝撃前30秒前から60秒後までの合計90秒間を自動的に録画する機能も備え、万が一の事故のときには心強いドライブレコーダーにもなります。

 

その他にも、アクティブセーフティブレーキやヒルスタートアシスタンス、ブラインドスポットモニター、レーンデパーチャーウォーニングといった安全機能も充実していることも見逃せません。

 

楽しいだけじゃなく、充実した安全装置も備わるっていれば、本当に心から楽しめるドライブになることでしょう。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大1,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

2.新型シトロエンC3 VSライバル車種

新型C3_07
※画像出典:シトロエン公式HP
次に、新型シトロエンC3の基本スペックから見ていきます。

 

新型シトロエンC3の基本スペック

それぞれのライバルと比較するために、新型シトロエンC3の基本スペックおさらいです。

  • メーカー希望小売価格:216~239万円
  • 燃費:18.7m/L(JC08モード)
  • エンジンの特徴:1.2リッター直列3気筒DOHC直噴ターボ
  • 最大出力/最大トルク:110ps/20.9kgm
  • トランスミッション:6速AT
  • 乗車定員:5名

国土が狭く、道幅も比較的狭い日本では、Bセグメントと呼ばれるコンパクトカーの人気は高く、国産のみならず各輸入車メーカーからも魅力的な車種がラインナップされています。

 

そんな中、フランスの老舗メーカーであるシトロエンが放つ新型コンパクトカー「C3」は、各国のライバルと比べどういった違いや魅力があるのでしょうか。

 

ここからは、各ライバル車との比較を見ていきたいと思います。

新型シトロエンC3のライバル車種3つ

  1. トヨタ ヴィッツ1.3F 148万円
  2. ホンダ フィットG Honda SENSING 165万円
  3. アウディ A1 1.0 TFSI S tronic 249万円

 

トヨタ ヴィッツ1.3F

日本を代表するコンパクトカーと言えば、トヨタヴィッツとホンダフィットとなるでしょう。

 

まず、トヨタヴィッツについては、1999年に初代がデビューすると、それまで価格の安さだけに重きが置かれていたコンパクトカーというジャンルに、デザイン性や衝突安全、環境性能を取り入れた革新的とも言える車種です。

 

日本国内のみならず、海外でも爆発的なヒットとなり、「日本の小型車の歴史を変えた」と言われるほどの人気車種となりました。

 

その結果、のちに登場することになるホンダフィットなどのライバルの登場に多大な影響を及ぼし、日本のコンパクトカーにおいてはベンチマーク的存在と言えます。

 

初代が販売を開始した当時ほどの爆発的な売れ行きはないものの現行型ヴィッツは、2017年1月にマイナーチェンジを受け、ハイブリッドモデルが追加されました。

 

それにより、ますます日本の標準的なコンパクトカーとしての地位を獲得したことになります。

 

もちろんハイブリッドモデルモデルではないガソリンモデルでも、優秀な燃費性能を誇り、1.3LモデルはJC08モード燃費25.0km/Lで、ライバルのフィットを上回る数値です。

 

普段使いにはちょうどいいサイズと、最小回転半径4.5~4.7m(ガソリン車)と切れの良い小回りの利く車体、更に1.3Lガソリンモデルで148万円からという価格は、大衆向け乗用車としては大変魅力的な価格設定と言えるでしょう。

 

まさにこれから初めての車の購入を考えているという若い人たちにはオススメできる車種です。

 

現行型である3代目ヴィッツは、デザインも欧州車を意識しつつも、最近のトヨタ車に共通する中央に向かって絞り込まれるようなフロントマスクと、LEDを効果的に使ったテールランプなど、かなり洗練された印象になりました。

 

しかし、デザインの魅力という点で言えば、やはり日本人には無いセンスで仕上げられた新型シトロエンC3の個性の前では、大人しく無難なデザインに見えてしまいます。

 

ホンダ フィットG Honda SENSING

先述したヴィッツと共に、日本を代表するコンパクトカーであるフィットは、ヴィッツに遅れること2年後の2001年に初代の販売が開始されました。

 

コンパクトな見た目以上に広い室内と燃費性能は高い評価を受け、2002年にはそれまで33年間年間販売台数のトップを守ってきたカローラの牙城を崩し、トップの座に輝きます。

 

トヨタヴィッツ、日産マーチと共に「日本のコンパクトカー御三家」と言われることもあり、北米やインド、中国などでも販売され、まさしく日本を代表する車種の1つと言えるでしょう。

 

フィットの魅力の一つである広い室内は、燃料タンクをフロントシートの下に配置するホンダ独自のセンタータンクレイアウトによるもの。

 

通常は後部座席やラゲッジスペースの床下に配置される燃料タンクがないため、リヤシートからラゲッジスペース回りの自由度が向上し、広いラゲッジスペースや自由度の高いシートアレンジが可能になります。

 

また、ハイブリットモデルはJC08モード燃費37.2km/Lというトップレベルの省燃費性能を持っています。

 

そのホンダ渾身のi-DCDハイブリッドシステムは、それまでハイブリッドの弱点と言われた高速域でのパワー不足を解消し、走りと燃費を高次元で両立したモデルなのです。

 

価格もハイブリッドモデルが170万円から、ガソリン車が143万円から購入でき、価格も手頃で、車内空間の広いフィットは、家族で使えるコンパクトカーと言えるでしょう。

 

車の運転が好きな方の中には、どんなに力強いハイブリッドでも、モーターに乗せられているという感覚になじめず、ガソリンエンジンが好きという方も少なくないでしょう。

 

そうなると、1.3Lか1.5Lエンジンを選ぶことになると思いますが、フィットに搭載されるガソリンエンジンはどちらも燃費性能に優れたエンジンです。

 

ただし、1.3Lは12.1kgm/5000rpm、1.5Lは15.8kgm/4600rpmというトルク特性で、最近の省燃費エンジンとしてはごく平凡な数値と言えます。

 

一方、1.2Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型シトロエンC3は、20.9kgmという2.0L自然吸気並みのトルクを1500rpmという低回転で発生。

 

3気筒エンジンの特性でもある出足の良さも手伝って、アクセルレスポンスの良い軽快な走りが期待できるのです。

 

アウディ A1 1.0 TFSI S tronic

近年日本での人気が上昇し続けているアウディの中で、もっともコンパクトなのがA1です。

 

全長3985mm全幅1740mmというサイズは、ほぼ新型シトロエンC3と同等で、ヨーロッパの標準的なBセグメントに分類されます。

 

搭載される1.0L直列3気筒DUHCターボエンジンは、95PS/16.3kgmという性能を発揮し、燃費性能はJC08モード22.9km/L。

 

新型シトロエンC3と比較すると、排気量が200㏄多い新型シトロエンC3の方が若干有利ではありますが、その差は排気量分の違い程度であるため、実質差はほとんどないと言って良いでしょう。

 

アウディA1が人気の秘密は何と言っても質感の高いエクステリアとインテリアのデザイン。

 

Bセグメントであるため、見た目はコンパクトカーですが、フロント回りの顔つきはまさしくアウディそのもので、流麗なボディラインはクラス以上の存在感と上質な質感を併せ持っていると言えます。

 

また、アウトバーンなど長距離移動が想定されるドイツ車らしく、しっかりとしたシートは適度な硬さを持ち、ロングドライブでも疲れにくい工夫がされています。

 

決して派手さは無いものの、操作音にまでこだわったスイッチ類など、249万円というリーズナブルな価格でアウディのクオリティを手にすることができるのです。

 

上質で落ち着いた雰囲気のデザインは、ワンランク上の大人にこそピッタリな車種なのではないでしょうか。

 

その点新型シトロエンC3のポップで明るいデザインは、若者や女性向けのデザインであり、2社のキャラクターは正反対と言ってもいいかもしれません。

 

以上がライバル車種の特徴とおすすめな人です。

 

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

 

では新型シトロエンC3がおすすめな人はどんな人でしょうか?

 

新型シトロエンC3がオススメな人

結論からお伝えすると下記2タイプが新型シトロエンC3をおすすめできるでしょう。

  1. 同じ車で被りたくないという個性的な方
  2. 車をファッションの一部と捉えてる方

他に類を見ない個性的なデザインは、今まで若干地味なデザインであった先代と比較して、おしゃれでポップなデザインに生まれ変わりました。

 

自動車メーカーとしての歴史が長く、日本では1989年から輸入販売される老舗メーカーでありながら、一部のニッチなファンを除き、知名度と人気のあるメーカーとは言えないかも知れません。

 

ですが、その分街中で同じ車種に出会うことが少なく、さらに新型シトロエンC3のデザインは、街中での注目度は十分にあるでしょう。

 

また、流石ファッションの発信地であるフランスらしく、細かなところまでディテールや色使いにこだわりを見せ、自分が着る服の色をどう車と合わせようかと悩みたくなるデザインです。

 

SUV的な要素を取り入れた外観はもちろん、先述したコネクテッドカムや、広々とした空間もあり、友人とのドライブなどでは、その魅力を存分に堪能できることでしょう。

 

3.新型シトロエンC3目標値引き額

新型C3_08
※画像出典:シトロエン公式HP
ここからは気になる新型シトロエンC3目標値引き金額についてお伝えします。

 

最初に結論からお伝えすると目標値引き額:20万円です。

 

その目標値引き額が出てきた根拠について説明します。

 

今回、値引き額を出すに辺り、下記サイトを参考にしました。

  1. 大手口コミサイトの「価格コム」

 

価格コムに掲載されている値引き額

価格コムの新型シトロエンC3の値引き額
※出典:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/70102610360/
まだ7月7日に発表され他ばかりのため、新型シトロエンC3に関する値引き情報の報告はありません。

 

そこで、先代モデルがどのように販売されていたかを参考にしてみたいと思います。

 

先代モデルの値引き状況を見てみると、マイナーチェンジの影響はさほどなく、常に安定した値引きが行われていることが見て取れます。

 

しかし、今回はフルモデルチェンジであるため、発売開始から3か月は大きな値引き額は期待できないかも知れません。

 

過去のデータでは、車両本体値引きの平均が約20万円ですので、車両本体値引き15万円+オプション値引き5万円の計20万円を目標とすると良いでしょう。

 

下取り車がある方は朗報

下取り価格が期待できないのであれば、車一括査定サービスを利用することをオススメします。

 

車一括査定の詳細については「2017年のおすすめ車一括査定は?高額買取のための全情報」をご確認ください。

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大1,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

4.まとめ

新型C3_09
※画像出典:シトロエン公式HP
近頃は国産車の中にも、派手な色使いのモデルや、複数の色を組み合わせたモデルがラインナップされるようになり、無難なデザインになることが多かった国産車も、華やかになりつつあります。

 

しかし、新型シトロエンC3に見られるようなデザインは、なかなか国産車がマネしようと思ってもできないデザインです。

 

今回は、その刺激的でポップなデザインばかり取り上げてきましたが、エンジンや安全装置以外にも、足回りなどもしっかりと造り込まれ、ヨーロッパ車らしいしなやかな足回りに仕上がっています。

 

シトロエンは歴史的に見ても最新技術をいち早く取り入れ、高圧オイルと空気バネを用いたハイドロニューマチックを開発し市販するなど、独創的な感性で世界の車業界をけん引してきた名門メーカーです。

 

ところが、今では国産車はもとより、ベンツやアウディといった他のヨーロッパメーカーに押され、イマイチ存在感の薄いメーカーと言わざるを得ない状況です。

 

そんな状況の中、新型シトロエンC3は、日本の需要にもしっかり答えることのできる車種であることは間違いないため、これからどのように認知度を上げていくのか非常に注目したい1台と言えるでしょう。

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介
新車値引きの相場や交渉術、また最終的にお得に購入する方法をご紹介します。
現ディーラー営業マンに聞いた!新車購入の安い時期と安くする方法を暴露
現営業ディーラーマンに実際に聞いた新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の税金は13年経過すると上がる!トータルで見ると買い替えた方が得?
現在車にかかる税金についてあまりよく分かってない方は、読み終わる頃には車の税金のアレコレやお得な買い替え時期が分かるでしょう。
【2017年最新版】エコカー減税はいつから?どれぐらい変わる?
今回はエコカー減税とは何なのか、減税率はどう変化するのか、買い替えに影響はあるのかなど、エコカー減税に関して様々なことを解説していきます。
2017年の車通勤におすすめの車種はどれ?元ディーラーが徹底解説
今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
中古車を安く購入したい!でも安い時期ってあるの?
今回は特別に、あなたが中古車購入をする際の極意をお教えします。その極意は特別な知識などはいりません。
中古車を購入するときに最低限知っておくべき10のチェックポイント
今回はそんな不安を解消すべく、車を購入するときにチェックするポイントをはじめ、その他お得な情報をお届けしていきます。
新型フリードの特徴・強み・弱みと目標値引き額を徹底調査
新型「フリード」の長所も短所もわかるので、ライバルの「シエンタ」とどちらにしようか迷っているのであれば、最後まで読んで頂けるとどちらが優れたコンパクトミニバンなのか分かって頂けるでしょう。
【2017年8月】ホンダのフリード値引き情報!半年間の推移から予測
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
シエンタは今でも売れ続けている!シエンタが売れている理由と目標値引き額
シエンタの従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイント<が分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、最終的にシエンタの特徴と予想値引き額が分かります。
【2017年8月】トヨタのシエンタ値引き情報!半年間の推移から予測
シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き額をグラフ化して紹介しています。
ムーヴキャンバスの特徴・強み・弱み
ムーヴキャンバス、かわいいけどそのほかはどうなんだろう、自分に合った車なんだろうか、買っちゃっていいのか・・・そんな風に迷っているあなた、この記事を最後まで読んでくれれば、その迷いはスッキリ解消間違いなし。
新型インプレッサの特徴・強み・弱み
あなたはインプレッサの強みや弱みを把握でき、もしインプレッサとライバル車種と迷っているのであれば、どっちがいいのか判断できるのを約束します。
ノートe-POWERの特徴・強み・弱み
あなたはノート「e-POWER(イーパワー)」の長所や短所を把握できます。もしノートとライバル車種のアクアやフィットハイブリッドと迷っているのであれば、どちらがいいのか?その判断ができる情報を提供しています。
【2017年8月】日産のノート値引き情報!半年間の推移から予測
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」/売れ行き好調の理由と目標の値引き額
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年7月】トヨタのC-HR値引き情報!半年間の推移から予測
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
ルーミー・タンク・ジャスティの特徴
あなたは「ルーミー」と「タンク」の長所や短所を把握でき、もしライバル車種と迷っているのであれば、どちらがいいのか判断できる事を約束します。
新型スイフトの4つとの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
フルモデルチェンジをしたスズキのスイフトの購入を検討している方に向けて、元ディーラー営業マンの筆者がこれら「スイフト」の全てを解説します。
新型マークX/特徴とライバル車種との比較、目標値引き額を徹底解説
この記事を読むだけで、マークXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、発売後の値引き情報についても詳しくまとめているので、マークXがいくらぐらいの値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型ソリオにハイブリッドが追加!目標値引き額とライバル車種との違い
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
マツダの新型CX-5は何が特徴なの?ライバル車種比較と目標値引き額
元ディーラー営業マンだった筆者が詳しく解説します。読み終わる頃には貴方も「CX-5」の全てが理解できます。
トヨタの新型ヴィッツにハイブリッド車が登場!主な特徴と目標値引き額
これからヴィッツなどのコンパクトカーを購入しようとする方に、元ディーラー営業マンの筆者がこれらの疑問の全てを解説します。
【2017年8月】トヨタのヴィッツ値引き情報!半年間の推移から予測
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。 値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
スズキのワゴンRがフルモデルチェンジ/主な特徴と最新目標値引き額
元ディーラー営業マンの筆者が「新型ワゴンR」を徹底的に調べたのがこの記事です。この記事を読み終えるころには、あなたは「新型ワゴンR」の全てを知ることが出来て、軽自動車選びに答えが出るはずです。
2017の新型シビックは何が特徴なの?目標の値引き額はどれぐらい?
まだまだ謎の多い新型シビックの特徴や日本未発売の先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年4月発売!レクサスLC500の5つの特徴とライバル車種比較
LC500シリーズを徹底調査してまとめました。過去のレクサス車と何が違うのかが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
新型XVは何が進化したの?主な変更点・特徴と目標値引き額
3月9日からの予約開始、4月6日に正式発表となる新型スバルXVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
三菱から期待のSUV「エクリプスクロス」が発売予定!特徴と目標値引き額
エクリプス クロスの特徴や気になるデザイン、ライバル車との違いや目標の値引き金額の全てが分かります。発売時期に関しても取り扱っているので、エクリプス クロスが気になっている人には必見の内容ばかりです。
2017年に発売?新型アクアの特徴とライバル車種との比較
2017年12月頃の登場が期待される新型アクアの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
プリウスPHVは何がすごいの?4つの特徴とライバル車種との比較
プリウスPHVの何がすごいのかが分かり、ライバル車との比較するべきポイントも分かります。そして最終的に、プリウスPHVがいかに究極のエコカーであり、今一番のおすすめであるのかが分かります。
新型MINIクロスオーバーはどんな特徴がある?ライバル車種との比較
新型MINIクロスオーバーを徹底調査してまとめました。この記事を読むだけで、従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイントが分かります。
2017年中に発売?新型N-BOXの特徴とライバル車種との比較
2017年に発売される新型N-BOXを徹底調査してまとめました。新型N-BOXの特徴と従来モデルからの改善点が分かります。気になるライバル車との比較ポイントもまとめているので、最終的に「新型N-BOX」はどんな車で、ライバル車より何が優れているのかが分かります。
新型アウトランダーPHEVの特徴・ライバル車種比較と目標値引き額
2017年2月9日に登場した新型アウトランダーPHEVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年に発売予定の新型マーチはどう進化する?予想値引き額は?
新型マーチの特徴と従来モデルとの違いが分かります。新型マーチがライバルに比べて何が優れていて、本当に買うべき車かどうかが分かります。
新型レンジローバーヴェラールの特徴と目標値引き額
レンジローバー ヴェラールを徹底調査してまとめました。レンジローバー ヴェラールの特徴やライバル車種との比較ポイントが分かります。レンジローバー イヴォークとの違いもまとめているので、最終的には「レンジローバー ヴェラール」がどんな車であり、本当に”買い”な車なのかどうかが分かります。
2017新型カムリの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
新型カムリの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型カムリの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型カムリはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ボルボV90はどんな特徴がある?オススメな人はどんな人?
ボルボV90を徹底調査してまとめました。新型ボルボV90の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
新型レクサスLSと現行モデルの変更点は?どんな特徴がある?
新型レクサスLSを徹底調査してまとめました。新型レクサスLSの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型スカイラインクーペの特徴は?目標値引き額はいくら?
新型スカイラインクーペの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型のCX-6はどんな外観?ライバル車種はどれになるの?
新型CX-6の特徴、ライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
新型アウディQ5はどんなデザイン?主な特徴とライバル車種との比較
新型アウディQ5を徹底調査してまとめました。新型アウディQ5の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型RVRは何がすごいの?主な特徴・変更点と目標値引き額
新型RVRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型RVRはどういう人に向いているのか、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型レクサスNXが大型マイナーチェンジ!特徴は何?ライバル車種との比較
新型レクサスNXを徹底調査してまとめました。新型レクサスNXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
ホンダのステップワゴンの主な特徴4つと目標値引き額、ライバル車種との違い
ステップワゴンの特徴と、ライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新モデルや値引き情報についてもまとめていますので、ステップワゴンの買い時といくら位値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型のアウディA5はどんな特徴がある?ライバル車種比較と目標値引き額
アウディA5を徹底調査してまとめました。従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。今後発売される派生モデルについても扱っていますので、最終的にはA5のモデルごとの特徴や一番おすすめのモデルが分かります。
2016新型タントの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
2016年11月30日に登場した新型タントの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型タントの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型タントはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ベンツ「GLA」の特徴は?ライバル車種と比べた評価は?
GLAの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。今回のマイナーチェンジでGLAのどこが変わったのか、今最もおすすめのコンパクトSUVは何かということが分かります。
新型ミライースの特徴は?従来モデルとの違いと目標値引き額
ミライースを徹底調査してまとめました。新型ミライースの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。予想値引き額に関してもまとめているので、ミライースの値引き情報も分かります。
新型グレイスがビッグマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
グレイスを徹底調査してまとめました。大型改良されるグレイスの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、最新の値引き情報についてもまとめているので、最終的にはグレイスの予想購入価格も分かります。
ホンダフィットがマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
フィットのマイナーチェンジの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる予想値引き額についてもまとめていますので、最終的には新型フィットがどれほどの値引きで購入できるのかということも分かります。
【2017年9月】ホンダのフィット値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年分のデータをグラフ化してまとめています。フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
新型ゴルフがマイナーチェンジで大幅改良!主な変更点とライバル車種比較
ゴルフを徹底調査してまとめました。新型ゴルフの特徴とライバル車との違いも分かります。そして最終的には、今回のマイナーチェンジでゴルフの何が変わったのがも分かります。
2017年にハリアーがマイナーチェンジ!主な変更点と目標値引き額
この記事を読むことで、ハリアーのマイナーチェンジの全貌とライバル車との違いが分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、ハリアーがどんな車でいくらの値引きが可能であるのかも分かります。
新型エクストレイルがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
トヨタがアクアをマイナーチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
この記事を読むだけで、新型アクアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になるマイナーチェンジの全貌もまとめているので、従来のモデルから何が変わったのかが分かります。
【2017年8月】トヨタのアクア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、アクアの値引き情報をまとめています。購入した人がいくらの値引きをしてもらったのか、実際の口コミをデータ化してまとめました。
BMWの新型5シリーズツーリングはどんな特徴?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけで、従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新機能についても解説していますので、最終的には新型5シリーズツーリングがどれだけ大きく変わったのかが分かります。
2017年の新型レヴォーグはどんな特徴がある?目標値引き額は?
この記事を読むだけで、今回のマイナーチェンジの全貌とレヴォーグの特徴が分かります。ライバル車との違いや値引き情報についてもまとめています。最終的にはライバル車との違いや、どの車が一番おすすめかが分かります。
新型「WRX S4」のデザインはカッコイイ?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけでWRX S4の従来モデルからの変更点が分かります。気になる値引き情報やライバル車との徹底比較もしているので、最終的には新型WRX S4は本当におすすめできる車なのかということが分かります。
新型ノアはどんな特徴がある?旧モデルとの違いと目標値引き額
ノアがどんな車かということとライバル車の違いが分かります。マイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからの変更点も全てわかります。
【2017年9月】トヨタのノア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
新型ヴォクシーが何が進化した?ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにヴォクシーを徹底調査してまとめました。ヴォクシーのすべてが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
【2017年8月】トヨタのヴォクシー値引き情報!半年間の推移から予測
ヴォクシーの値引き情報についてまとめています。みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去半年分の値引き推移をデータ化しています。
新型エスクァイアの特徴は?特徴4つ、ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにエスクァイアを徹底調査してまとめました。エスクァイアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、今発売されているミニバンの中でどのモデルが一番おすすめかが分かります。
新型CX-3はどんなデザイン?ライバル車種比較と目標値引き額
2017年6月に登場したばかりの新型CX-3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型CX-3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型フェアレディZの主な変更点は?4つの特徴と目標値引き額
2017年7月に登場したばかりの新型フェアレディZの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型フェアレディZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型フェアレディZはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年7月】トヨタのプリウス値引き情報!半年間の推移から予測
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
新型SX4はどんなデザイン?主な変更点と目標値引き額
今回のマイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからどんな点が変わったのかも分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、SX4 S-CROSSの購入を検討している人はこの記事を読めば疑問が全て解決します。
2017新型エスクードの特徴とライバル車種との比較は?目標値引きは?
2017年7月26日に登場した新型エスクードの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型ムーヴのマイナーチェンジ内容は?主な変更点と目標値引き
今回のマイナーチェンジは、登場から3年近くが経過したことで機能面でライバル車に劣っていた予防安全性能をバージョンアップしました。その他にも数々の改良が加えられているため、この記事ではその内容を詳しくまとめていきます。ここでは、新型ムーヴの特徴を解説していきます。
【2017年8月】日産のセレナ値引き情報!半年間の推移から予測
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【2017年8月】スバルのインプレッサ値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
2017新型ティグアンの4つの特徴を徹底解説!目標値引き額は?
2017年1月に登場した新型ティグアンの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型ティグアンの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ティグアンはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017新型レガシィがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
レガシィを徹底調査してまとめました。マイナーチェンジされたレガシィの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはレガシィの目標値引き額も分かります。
【2017年9月】トヨタのカローラ値引き情報!半年間の推移から予測
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【2017年9月】トヨタのパッソ値引き情報!半年間の推移から予測
発売から1年が経過した現行型のパッソの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。パッソの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【2017年9月】ホンダのヴェゼル値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
2017新型ハイラックスの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年10月の発売が待たれる新型ハイラックスの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ハイラックスZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ハイラックスはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型アクセラが登場!マイナーチェンジの変更内容と目標値引き
9月21日販売開始の新型アクセラを徹底調査してまとめました。アクセラの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはアクセラの目標購入金額も分かるようになります。