新型エクシード

2017新型エスクードの特徴とライバル車種との比較

最終更新日:2017年9月18日
新型エスクード01
※画像出典:スズキ公式HP
スズキが販売するSUVと言えば、軽自動車でありながら本格的なオフロード走行もこなせるジムニーや、パイクスピークなどではエスクードの名前を冠にした1000馬力のエンジンを持つ「エスクード・ヒルクライムスペシャル」といった硬派なイメージという方も多いのではないでしょうか。

 

エスクードは見た目だけではなく、本当の走行性能を重視したパッケージで、車業界や評論家の間では非常に評価が高く、日本が世界に誇れる名車と言える存在と言えるのです。

 

しかし、近年の省燃費思考の高まりや、おしゃれなデザインの車が注目され、基本性能が高いモデルでありながら、エスクードは影の薄い存在となってしまっていました。

 

そんな中、2017年7月、本格的な走行性能はそのままに、安全装備やデザインに手を加えて、トレンドとも言えるダウンサイジングターボエンジンを搭載したモデルが追加され、にわかに注目を集めています。

 

そこで、この記事をご覧の皆様の中には、新型エスクードに対して以下のような疑問や悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

  • エスクードの特徴は?
  • ライバル車種と比べ優れている点と劣っている点は?
  • エスクードはどんな人にオススメなのか?
  • 目標の値引き額はどれぐらいなんだろうか?

今回の記事は上記のような悩みや疑問を解決するために、2017年7月26日に登場した新型エスクードの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。

 

この記事を読むことで新型エスクードの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型エスクードはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。

 

新型エスクードの目標値引き額 → 20万円

もし、下取り車がある場合は、とっておきの方法で高く買い取ってもらう方法があります。どのような車種でも平均で10万以上お得に売っています。

 

詳細は「新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介」をご確認ください。

 

1.新型エスクードの4つの特徴

新型エスクード02
※画像出典:スズキ公式HP

 

それでは下記より、新型ターボエンジン搭載で注目を集めている新型エスクードの魅力や特徴について詳しく見ていきたいと思います。

 

新型エスクードの魅力と特徴

新型エスクードの特に目を引く魅力と特徴は下記の4点になります。

  • 1.4Lターボエンジンを新たに設定
  • 躍動感あるエクステリア
  • 内装にも専用デザインを採用
  • 充実した安全装備

 

1.4Lターボエンジンを新たに設定

新型エスクード03
※画像出典:スズキ公式HP
冒頭からも触れているように、それまでの1.6Lガソリンエンジンに加え、今回のマイナーチェンジでは1.4Lターボエンジンが追加されました。

 

ブースタージェットエンジンンと名付けられたこのエンジンは、1.4Lという小排気量でありながら、最高出力136PS/5,500rpm最大トルク21.4kgm/2,100-4,000rpmという、2.0L自然吸気エンジンに相当する性能を発揮しています。

 

スズキが推し進めるダウンサイジングターボとしては、先行して販売されているスイフトRStやバレーノXTに搭載されている1.0Lのブースタージェットエンジンがあり、この1.4Lのエンジンは第2弾となります。

 

ライバル達がハイブリットや新世代ディーゼルなどの技術で燃費と動力性能を高次元で両立させている中、これまでの1.6Lエンジンでは少々動力性能が不足しているという声があったのも事実です。

 

しかし、今回のターボエンジンを手にしたことで、燃費だけでなく動力性能でもライバル達にも全く引けを取らないレベルとなりました。

 

そして組み合わされるミッションは、1.6Lモデルと同様の6速ATとなりますが、19馬力6kgmパワーアップしたエンジンに合わせ、若干ですがハイギヤード化されています。

 

この6速ATと組み合わせることで、低速域での優れた発進性能や加速性能はもちろん、高速域での静粛性能と燃費性能も優れた性能を発揮。

 

さらにこのミッションは、ハンドルに設けられたパドルスイッチでのマニュアル操作を行うことができるため、スポーティで力強い走行も十分に楽しめます。

 

躍動感あるエクステリア

新型エスクード04
※画像出典:スズキ公式HP
追加されたターボモデルは、それまでの1.6Lモデルとの差別化がされているポイントがあります。

 

これまでの1.6Lモデルのフロントグリルは、横方向に2本のラインが引かれたどちらかと言えばエレガントさを漂わせるデザインでした。

 

しかし、ターボモデルに採用されたフロントグリルはセンターに配置されたスズキマークを挟み、縦に3本のラインを入れた5スロットタイプに変更され、よりSUVらしく個性的で、押し出し感の強いデザインへと変更。

 

また、LEDヘッドランプ内にある赤くカラーリングされたプロジェクターカバーが、個性的で躍動感を感じさせるフロントマスクをさらに印象的にしています。

 

そして、ブラック塗装された専用カラーの17インチホイールが、それまでどちらかと言えばおとなしい優等生タイプだったエスクードを、無骨で力強いイメージへと変貌させているのです。

 

このように、エンジンだけではなく、「力強くどんな悪路でも走破する硬派な1.4Lターボ」と、「都会にもなじむエレガントさを兼ね備えた1.6Lモデル」いったようにはっきりとキャラクター分けがされています。

 

内装にも専用デザイン採用

新型エスクード05
※画像出典:スズキ公式HP
1.6Lモデルと差別化されている箇所は内装にも見られます。

 

まず、黒を基調とした本革とスエード調のシート表皮は共通ですが、1.4Lターボモデルには、エンボス加工とレッドステッチが施され、1.6Lモデルよりもスポーティ感を演出。

 

さらにメーターリング、エアコンルーバーリング、センタークロックガーニッシュなどにはレッドアルマイトの装飾が施され、各署のレッドステッチと相まって、1.4Lターボモデルが、意図的に走りを意識したモデルであることを強調しているのです。

 

またその他には、アームレスト機能付コンソールボックス、6スピーカー、ステンレス製専用ペダルプレートなどが1.4Lターボモデル専用装備となっており、1.6Lモデルとの差別化がされています。

 

充実した安全装備

新型エスクード06
※画像出典:スズキ公式HP
1.6Lモデルも含めた現行のエスクードには、ミリ波レーダー用いて、前方の車両を検知し、衝突回避や被害を軽減する「レーダーブレーキサポートⅡ」を標準装備。

 

前方衝突警報機能、前方衝突警報ブレーキ機能、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、自動ブレーキ機能を備え、より一層安全機能が充実しました。

 

また、1.4LターボモデルにはSRSカーテンエアバッグと、フロントシートSRSサイドエアバッグも標準装備とし、さらなる安全性の充実が図られています。

 

そして、予防安全に使用されているミリ波レーダーを活用し、約40km/h~100km/hで作動するアダプティブクルーズコントロール(ACC)は、あらかじめ設定した速度で、先行する車との距離をキープするよう自動的に速度を調節。

 

こういった先進技術は、ただ単に快適なドライブのためだけにあるのではなく、特に高速道路などを使用した長距離移動時などでは、ドライバーの負担を軽減してくれるため、その余裕が結果的に安全運転につながるのです。

 

2.新型エスクード VSライバル車種

新型エスクード07
※画像出典:スズキ公式HP

 

次に、新型エスクードの基本スペックから見ていきましょう。

 

新型エスクードの基本スペック

それぞれのライバルと比較するために、新型エスクード(1.4ターボモデル)の基本スペックをおさらいしておきましょう。

  • メーカー希望小売価格:234万円
  • 燃費:16.8km/L
  • エンジンの特徴:1.4L DOHC16バルブ直列4気筒 ダウンサイジング直噴ターボ
  • 最大出力/最大トルク:136ps/21.4kgm
  • トランスミッション:6速AT
  • 乗車定員:5名

 

現代の日本ではもっとも売れるジャンルであるコンパクトSUVには、各メーカーから魅力的な車種がラインナップされ、まさに百花繚乱の様相を呈しています。

 

そんな中、ターボエンジンモデルが加わったことで、戦闘力が一段と増した新型エスクードは、各社のライバル達どういった違いがあり、それぞれどういった魅力や特徴があるのか見ていきましょう。

新型ノートe‐Power

  1. トヨタ CH-R S-T 251万円
  2. ホンダ ヴェゼル X・Honda SENSING 212万円
  3. マツダ CX-3 XD 241万円
  4. スバル XV 2.0i-L EyeSight 248万円

 

トヨタ CH-R S-T

ショーモデルそのままの大胆なデザインと、プリウス譲りのハイブリットシステムを武器に、日本の自動車業界に大きな影響を与えたと言っても良いCH-R。

 

発売から8カ月以上が経った今現在も、ハイブリッドモデルのグレードでは2~3か月待ちとなるなど、その人気は衰えを知りません。

 

成熟の域に達したと言っても過言ではない「THS2」は、まさに世界をリードすることのできるハイブリットシステムであり、JC08燃費は30.2km/Lと、SUVとしては驚異的な省燃費性能を誇っています。

 

2016年初頭にはすでにコンパクトSUVは人々の注目を集め始めていたジャンルであったため、2016年12月というタイミングでの発売は明らかにライバル達から出遅れていたことは否めません。

 

しかし、「プリウスのSUV版」という前評判と、先述したようにショーモデルそのままのスタイリングで、公式発表直後から瞬く間に話題となり、すでに発売されていたライバル達をいとも簡単に抜き去っていったのです。

 

ここまでCH-Rが人気である理由は、ハイブリッドシステムとスタイリングだけではなく、1.2Lという小排気量にダウンサイジングされたターボエンジンの存在があることを忘れてはいけません。

 

最高出力は116PSと控えめながら、1,500~4,000rpmという幅広い回転域で18.9kgmという1.8L自然吸気エンジン並のトルクを発生し、実用的には申し分のない性能でありながらJC08燃費15.4km/Lという優秀な燃費性能となっています。

 

デザイン優先で設計されたボディは、見た目の良さと引き換えに車内の狭さというネガティブな要素がありながらも、カッコイイ車に乗りたいお父さんや若い男性には十分オススメできる1台です。

 

新型エスクードのターボモデルと比較した場合には、ガソリンエンジンの下位グレードであるS-Tがまさにドンピシャなライバルとなります。

 

価格、安全装備、燃費など若干新型エスクードの方が有利であることとあわせ、シンプルなスタイルである新型エスクードの室内空間は広く、より実用的なパッケージングであると言えるでしょう。

 

ホンダ ヴェゼル X・Honda SENSING

上記のCH-Rと共に、日本のコンパクトSUVというジャンルをけん引していると言っても良い存在がホンダヴェゼルです。

 

ホンダヴェゼルの特徴は、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用したことによる車格に見合わない広い室内。

 

通常、後部座席やラゲッジスペースの下部に設置される燃料タンクを、運転席と助手席のフロア下に設置したことで、後部座席からラゲッジスペースの室内高を高くすることができるのです。

 

そうすることで、車内の空間効率を大幅に向上させ、多彩なシートアレンジが可能となり、背の高い荷物を積むことができるのはもちろん、大きくて低いバックドアの開口部は重たい荷物の積み込みも容易にしてくれます。

 

また、SUVらしい逞しさだけでなく、都会の真ん中でも美しく映えるボディデザインも人気の秘密です。

 

見た目だけではなく、車両後部の風の巻き込みを低減することのできるテールゲートスポイラーや、リヤに向かって流れるように絞り込まれたスタイルなど、ただ逞しいだけのSUV的な側面だけでなく、市街地などにも似合う流麗なクーペスタイルをも手にしています。

 

もちろん、燃費や走行性能にもホンダのこだわりが詰まっており、JC08燃費27.0km/L(FF)のハイブリッド車は、こちらもホンダ独自のi-DCDハイブリッドシステムを搭載し、燃費と走りを高次元で両立させ、各方面から高評価を得ています。

 

さらに、131PS/15.8kgmを発生する1.5L直噴i-VTECエンジンを搭載するガソリンモデルは、JC08燃費20.6km/L(FF)という燃費性と、先進の安全技術である「Honda SENSING」を標準装備したグレードでも、212万円から購入することができるのも大きな魅力です。

 

広い室内と先進の安全技術が212万円から手に入ることを考えれば、まさしく家族で使う車としてはオススメの1台と言えるでしょう。

 

ただし、SUV本来の走行性能を重視したというよりは、快適性や使い勝手を考えた結果、SUV的なスタイルになったという印象が強く、雪道や悪路などの走行性能はあまり期待してはいけません。

 

そのため、車にある程度の悪路走破性を求めている場合には、ヒルディセントコントロールや、新世代四輪制御システムである「ALLGRIP(オールグリップ)」を装備したエスクードの方がオススメと言えます。

 

マツダ CX-3 XD

2017年6月のマイナーチェンジにより、待望のガソリンエンジン搭載モデルが追加され、にわかに注目を集めているCX-3ですが、やはり目玉は1.5Lのディーゼルエンジン搭載モデルとなるでしょう。

 

この「SKYACTIVE D」と名付けられたディーゼルエンジンは、それまで「うるさい」「遅い」「汚い」という負のイメージしか持っていなかった日本人に、新たな価値観を提案したと言っても良いエンジンです。

 

ディーゼルエンジンはその特性上、どうしても各パーツの強度を上げる必要があり、その分重量が重く、エンジン自体の価格も割高になってしまっていました。

 

さらに、ディーゼル特有のガラガラという音も、ガソリンエンジンに慣れた日本人にとっては耳障りであったことは否めません。

 

しかし、1.5LのSKYACTIVE Dは、さまざまな企業努力や技術革新により、ガソリンエンジンとほぼ変わらない重量と、一般の方中にはディーゼルエンジンであることに気が付かない人がいるほどの静粛性を手に入れることに成功しました。

 

そして、27.5kgmという強大なトルクは、ディーゼルエンジンの最たる特徴の一つであり、1.5Lという小排気量でありながら、3.0L自然吸気エンジン相当のエンジントルクを手にしているのです。

 

燃費性能についても、23.0km/Lと大変優秀で、使用燃料も燃料単価の安い軽油であるため、燃料コストもかなり低く抑えることができるでしょう。

 

そんな余裕の動力性能を発揮するエンジンと、SKYACTIVEテクノロジーの一つである、Gベクタリングコントロールなど、まさに人馬一体の気持ちの良い走りを体感できます。

 

車を自分の手足の一部のように操りたいという方や、長距離移動が多いという方には、SKYACTIVE Dを搭載したモデルがオススメです。

 

魂動デザインと名付けられたエクステリアのデザインや、徹底的に造り込まれた内装はとても美しく、まさしく都会派SUVと言えるスタイリングもCX-3の大きな特徴です。

 

しかし、160mmという最低地上高はSUVとしては決して高くなく、185mmの最低地上高が確保されている新型エスクードと比較すると見劣りしてしまいます。

 

また、美しさ優先でデザインされた代償として、後部座席やラゲッジスペースが一回り小さいことが懸念材料として挙げられ、最大1,423mmの横幅と、871mmという高さを持つ新型エスクードの方が、使い勝手の幅が広いと言えるでしょう。

 

スバル XV 2.0i-L EyeSight

他社とは違ったアプローチで、スバル独自の価値観で作られたXVは、通好みのクロスオーバーSUVとして確たる地位を獲得していると言っても良いでしょう。

 

他のライバルと比べて特徴的な点は、まずスタイリングで、初代XV同様、ステーションワゴンであるインプレッサをベースにした派生車であるため、クロカン車のようなゴツさが無いスタイリングになっています。

 

ですが、今回新型エスクードの比較対象とした車両の中では最も悪路の走破性が高く、200mmの最低地上高や、ぬかるみなどの滑り易い路面では、ブレーキや駆動力を瞬時に制御してくれる「Xモード」。

 

さらに、下り坂でも一定速度を維持することのできるヒルディセントコントロールも搭載し、新型プラットホームとAWD、水平対向エンジンの持つ重心の低さと相まって、ユーザーの行動範囲を広げる本格的な走行性能を有しています。

 

また、ステーションワゴンベースであることから、荷室や後部座席も広く確保され、キャンプ道具やスノーボードを積んでのレジャーなど、あらゆる場面で使える車種であると言えるでしょう。

 

ただ現状で唯一、他社のライバルに劣っている点は、パワートレーンであると言わざるを得ません。

 

水平対向エンジンは重心が低く、振動も少ない優秀なエンジンであることは間違いないのですが、2.0Lエンジンの場合、154PS/20.0kgmのパワーと、16.4km/Lという燃費性能は、極ありふれた性能でありインパクトに欠けます。

 

その点、ダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型エスクードは、最高出力や最大トルク、燃費などは同程度の数値でありながらも、1.4Lという小排気量のおかげで、年間の自動車税を低く抑えられるため、ランニングコストという面では有利と言えるでしょう。

 

以上がライバル車種の特徴とおすすめな人です。では新型エスクードがおすすめな人はどんな人でしょうか?

 

新型エスクードがオススメな人

結論からお伝えすると下記2タイプが新型エスクードをおすすめできるでしょう。

  1. 見た目だけでなく走行性能も重視したい人
  2. 他人とは違う個性を大事にしたい人

購入する車に何を求めるのかはその人それぞれによって大きく異なります。

 

自分のファッションに合わせたスタイルやボディカラーで選ぶもヨシ、または想定される使い方に合わせて決めるのも良いでしょう。

 

つまり、これから購入する車に何を求めているのかということをハッキリさせておくことで、選ぶべき車の特徴やセールスポイントの優先順位がハッキリするはずです。

 

その点に注目して新型エスクードを見てみると、今流行のスタイルや、燃費性能よりも本格的な走行性能を重視した車選びをしたいという方にはぜひ乗っていただきたい1台と言えます。

 

取り回しやすいサイズと比較的手ごろな価格設定ながら、新世代四輪制御システムである「ALLGRIP」は、「AUTO」「SPORT」「SNOW」「LOCK」の4つのドライビングモードを選択でき、燃費を重視した走行から、タイヤが空転しやすい悪路までどんな道にも対応できます。

 

また、従来の1.6Lモデルのスタイリングは、よく言えば誰にでも受け入れやすいオーソドックスなスタイルで、悪く言えば目立たないスタイリングとも言える地味なスタイリングでした。

 

しかし、ターボモデルのエクステリアやインテリアでは、レッドのカラーリングを効果的に使い、フロントグリルの意匠を変更したことで、よりスポーティでアグレッシブな印象に変化。

 

ライバル達と比較してそれほど販売台数が多くないことが、逆に街中では個性的な印象を与えることができ、よりSUVらしいスタイリングとの相乗効果で、ほかの人とは違う個性を発揮することができるでしょう。

 

3.新型エスクード目標値引き額

新型エスクード08
※画像出典:スズキ公式HP
ここからは気になる新型エスクードの目標値引き金額についてお伝えします。

 

最初に結論からお伝えすると目標値引き額:20万円です。

 

その目標値引き額が出てきた根拠について説明します。

 

今回、値引き額を出すに辺り、下記サイトを参考にしました。

  1. 大手口コミサイトの「価格コム」

 

価格コムに掲載されている値引き額

価格コムの新型エスクードの値引き額
※出典:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/70100710168/
新型エスクード1.4Lターボモデルは、7月26日に発売されたばかりであるため、ほとんど目引き情報は報告されておらず、信ぴょう性の高い情報はまだ出回っていません。

 

ですが、1.6Lモデルの値引き額を見てみると、平均的に15~20万程度の値引きはされていることがわかります。

 

さらに、1.4Lターボモデルは発売されたばかりであるため、車両本体値引きの目標を15万円としておき、あとはオプション値引きで5万円以上を目指すと良いでしょう。

 

下取り車がある方は朗報

下取り価格が期待できないのであれば、車一括査定サービスを利用することをオススメします。

 

車一括査定の詳細については「2017年のおすすめ車一括査定は?高額買取のための全情報」をご確認ください。

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大2,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

4.まとめ

新型エスクード09
※画像出典:スズキ公式HP
スズキには、軽自動車ながら不動の人気を誇るジムニーや、パイクスピークなどのモータースポーツで世界を制した初代エスクードなど、本格的な走行性能を持ったSUVには定評のあるメーカーです。
ですが、ジムニーの人気が衰えていないのに比べ、国内におけるエスクードの販売台数は代を追うごとに厳しくなっていき、ミドルクラスSUVであったモデルは「エスクード2.4」となり、国内ではあまり目立たない存在となっていました。

 

起死回生を狙った方針転換により、1.6LのコンパクトSUVとして2015年より再出発をすることになった本家エスクードは、本格的な走行性能も持ち一部の車好きからは好評を得るモデルです。

 

ところが、大人しめのデザインや、ハイブリッドのような低燃費というわかりやすいセールスポイントがなく、一般ユーザーにはなかなか浸透しないモデルと言わざるを得ません。

 

しかし、今回の1.4Lダウンサイジングターボエンジンモデルは、「技術のスズキ」をアピールするには十分なインパクトと性能を併せ持っているモデルであると言えます。

 

新型エスクードは今やもっとも激戦区であるコンパクトSUVというジャンルで、どのように存在感を示していけるのか、今後日本国内のSUV市場の動向を知る上でも、注目していきたい1台なのです。

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介
新車値引きの相場や交渉術、また最終的にお得に購入する方法をご紹介します。
現ディーラー営業マンに聞いた!新車購入の安い時期と安くする方法を暴露
現営業ディーラーマンに実際に聞いた新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の税金は13年経過すると上がる!トータルで見ると買い替えた方が得?
現在車にかかる税金についてあまりよく分かってない方は、読み終わる頃には車の税金のアレコレやお得な買い替え時期が分かるでしょう。
【2017年最新版】エコカー減税はいつから?どれぐらい変わる?
今回はエコカー減税とは何なのか、減税率はどう変化するのか、買い替えに影響はあるのかなど、エコカー減税に関して様々なことを解説していきます。
2017年の車通勤におすすめの車種はどれ?元ディーラーが徹底解説
今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
中古車を安く購入したい!でも安い時期ってあるの?
今回は特別に、あなたが中古車購入をする際の極意をお教えします。その極意は特別な知識などはいりません。
中古車を購入するときに最低限知っておくべき10のチェックポイント
今回はそんな不安を解消すべく、車を購入するときにチェックするポイントをはじめ、その他お得な情報をお届けしていきます。
新型フリードの特徴・強み・弱みと目標値引き額を徹底調査
新型「フリード」の長所も短所もわかるので、ライバルの「シエンタ」とどちらにしようか迷っているのであれば、最後まで読んで頂けるとどちらが優れたコンパクトミニバンなのか分かって頂けるでしょう。
【2017年8月】ホンダのフリード値引き情報!半年間の推移から予測
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
シエンタは今でも売れ続けている!シエンタが売れている理由と目標値引き額
シエンタの従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイント<が分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、最終的にシエンタの特徴と予想値引き額が分かります。
【2017年8月】トヨタのシエンタ値引き情報!半年間の推移から予測
シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き額をグラフ化して紹介しています。
ムーヴキャンバスの特徴・強み・弱み
ムーヴキャンバス、かわいいけどそのほかはどうなんだろう、自分に合った車なんだろうか、買っちゃっていいのか・・・そんな風に迷っているあなた、この記事を最後まで読んでくれれば、その迷いはスッキリ解消間違いなし。
新型インプレッサの特徴・強み・弱み
あなたはインプレッサの強みや弱みを把握でき、もしインプレッサとライバル車種と迷っているのであれば、どっちがいいのか判断できるのを約束します。
ノートe-POWERの特徴・強み・弱み
あなたはノート「e-POWER(イーパワー)」の長所や短所を把握できます。もしノートとライバル車種のアクアやフィットハイブリッドと迷っているのであれば、どちらがいいのか?その判断ができる情報を提供しています。
【2017年8月】日産のノート値引き情報!半年間の推移から予測
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」/売れ行き好調の理由と目標の値引き額
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年7月】トヨタのC-HR値引き情報!半年間の推移から予測
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
ルーミー・タンク・ジャスティの特徴
あなたは「ルーミー」と「タンク」の長所や短所を把握でき、もしライバル車種と迷っているのであれば、どちらがいいのか判断できる事を約束します。
新型スイフトの4つとの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
フルモデルチェンジをしたスズキのスイフトの購入を検討している方に向けて、元ディーラー営業マンの筆者がこれら「スイフト」の全てを解説します。
新型マークX/特徴とライバル車種との比較、目標値引き額を徹底解説
この記事を読むだけで、マークXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、発売後の値引き情報についても詳しくまとめているので、マークXがいくらぐらいの値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型ソリオにハイブリッドが追加!目標値引き額とライバル車種との違い
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【2017年10月】スズキのソリオ/バンディット値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
マツダの新型CX-5は何が特徴なの?ライバル車種比較と目標値引き額
元ディーラー営業マンだった筆者が詳しく解説します。読み終わる頃には貴方も「CX-5」の全てが理解できます。
トヨタの新型ヴィッツにハイブリッド車が登場!主な特徴と目標値引き額
これからヴィッツなどのコンパクトカーを購入しようとする方に、元ディーラー営業マンの筆者がこれらの疑問の全てを解説します。
【2017年8月】トヨタのヴィッツ値引き情報!半年間の推移から予測
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。 値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
スズキのワゴンRがフルモデルチェンジ/主な特徴と最新目標値引き額
元ディーラー営業マンの筆者が「新型ワゴンR」を徹底的に調べたのがこの記事です。この記事を読み終えるころには、あなたは「新型ワゴンR」の全てを知ることが出来て、軽自動車選びに答えが出るはずです。
2017の新型シビックは何が特徴なの?目標の値引き額はどれぐらい?
まだまだ謎の多い新型シビックの特徴や日本未発売の先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年4月発売!レクサスLC500の5つの特徴とライバル車種比較
LC500シリーズを徹底調査してまとめました。過去のレクサス車と何が違うのかが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
新型XVは何が進化したの?主な変更点・特徴と目標値引き額
3月9日からの予約開始、4月6日に正式発表となる新型スバルXVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
三菱から期待のSUV「エクリプスクロス」が発売予定!特徴と目標値引き額
エクリプス クロスの特徴や気になるデザイン、ライバル車との違いや目標の値引き金額の全てが分かります。発売時期に関しても取り扱っているので、エクリプス クロスが気になっている人には必見の内容ばかりです。
2017年に発売?新型アクアの特徴とライバル車種との比較
2017年12月頃の登場が期待される新型アクアの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
プリウスPHVは何がすごいの?4つの特徴とライバル車種との比較
プリウスPHVの何がすごいのかが分かり、ライバル車との比較するべきポイントも分かります。そして最終的に、プリウスPHVがいかに究極のエコカーであり、今一番のおすすめであるのかが分かります。
新型MINIクロスオーバーはどんな特徴がある?ライバル車種との比較
新型MINIクロスオーバーを徹底調査してまとめました。この記事を読むだけで、従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイントが分かります。
2017年中に発売?新型N-BOXの特徴とライバル車種との比較
2017年に発売される新型N-BOXを徹底調査してまとめました。新型N-BOXの特徴と従来モデルからの改善点が分かります。気になるライバル車との比較ポイントもまとめているので、最終的に「新型N-BOX」はどんな車で、ライバル車より何が優れているのかが分かります。
新型アウトランダーPHEVの特徴・ライバル車種比較と目標値引き額
2017年2月9日に登場した新型アウトランダーPHEVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年に発売予定の新型マーチはどう進化する?予想値引き額は?
新型マーチの特徴と従来モデルとの違いが分かります。新型マーチがライバルに比べて何が優れていて、本当に買うべき車かどうかが分かります。
新型レンジローバーヴェラールの特徴と目標値引き額
レンジローバー ヴェラールを徹底調査してまとめました。レンジローバー ヴェラールの特徴やライバル車種との比較ポイントが分かります。レンジローバー イヴォークとの違いもまとめているので、最終的には「レンジローバー ヴェラール」がどんな車であり、本当に”買い”な車なのかどうかが分かります。
2017新型カムリの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
新型カムリの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型カムリの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型カムリはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ボルボV90はどんな特徴がある?オススメな人はどんな人?
ボルボV90を徹底調査してまとめました。新型ボルボV90の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
新型レクサスLSと現行モデルの変更点は?どんな特徴がある?
新型レクサスLSを徹底調査してまとめました。新型レクサスLSの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型スカイラインクーペの特徴は?目標値引き額はいくら?
新型スカイラインクーペの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型のCX-6はどんな外観?ライバル車種はどれになるの?
新型CX-6の特徴、ライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
新型アウディQ5はどんなデザイン?主な特徴とライバル車種との比較
新型アウディQ5を徹底調査してまとめました。新型アウディQ5の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型RVRは何がすごいの?主な特徴・変更点と目標値引き額
新型RVRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型RVRはどういう人に向いているのか、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型レクサスNXが大型マイナーチェンジ!特徴は何?ライバル車種との比較
新型レクサスNXを徹底調査してまとめました。新型レクサスNXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
ホンダのステップワゴンの主な特徴4つと目標値引き額、ライバル車種との違い
ステップワゴンの特徴と、ライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新モデルや値引き情報についてもまとめていますので、ステップワゴンの買い時といくら位値引きをしてもらえるのかが分かります。
【2017年9月】ホンダのステップワゴン値引き情報!半年間の推移から予測
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
新型のアウディA5はどんな特徴がある?ライバル車種比較と目標値引き額
アウディA5を徹底調査してまとめました。従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。今後発売される派生モデルについても扱っていますので、最終的にはA5のモデルごとの特徴や一番おすすめのモデルが分かります。
2016新型タントの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
2016年11月30日に登場した新型タントの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型タントの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型タントはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ベンツ「GLA」の特徴は?ライバル車種と比べた評価は?
GLAの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。今回のマイナーチェンジでGLAのどこが変わったのか、今最もおすすめのコンパクトSUVは何かということが分かります。
新型ミライースの特徴は?従来モデルとの違いと目標値引き額
ミライースを徹底調査してまとめました。新型ミライースの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。予想値引き額に関してもまとめているので、ミライースの値引き情報も分かります。
新型グレイスがビッグマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
グレイスを徹底調査してまとめました。大型改良されるグレイスの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、最新の値引き情報についてもまとめているので、最終的にはグレイスの予想購入価格も分かります。
ホンダフィットがマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
フィットのマイナーチェンジの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる予想値引き額についてもまとめていますので、最終的には新型フィットがどれほどの値引きで購入できるのかということも分かります。
【2017年9月】ホンダのフィット値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年分のデータをグラフ化してまとめています。フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
新型ゴルフがマイナーチェンジで大幅改良!主な変更点とライバル車種比較
ゴルフを徹底調査してまとめました。新型ゴルフの特徴とライバル車との違いも分かります。そして最終的には、今回のマイナーチェンジでゴルフの何が変わったのがも分かります。
2017年にハリアーがマイナーチェンジ!主な変更点と目標値引き額
この記事を読むことで、ハリアーのマイナーチェンジの全貌とライバル車との違いが分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、ハリアーがどんな車でいくらの値引きが可能であるのかも分かります。
新型エクストレイルがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【2017年9月】日産のエクストレイル値引き情報!半年間の推移から予測
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、過去半年分の値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
トヨタがアクアをマイナーチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
この記事を読むだけで、新型アクアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になるマイナーチェンジの全貌もまとめているので、従来のモデルから何が変わったのかが分かります。
【2017年8月】トヨタのアクア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、アクアの値引き情報をまとめています。購入した人がいくらの値引きをしてもらったのか、実際の口コミをデータ化してまとめました。
BMWの新型5シリーズツーリングはどんな特徴?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけで、従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新機能についても解説していますので、最終的には新型5シリーズツーリングがどれだけ大きく変わったのかが分かります。
2017年の新型レヴォーグはどんな特徴がある?目標値引き額は?
この記事を読むだけで、今回のマイナーチェンジの全貌とレヴォーグの特徴が分かります。ライバル車との違いや値引き情報についてもまとめています。最終的にはライバル車との違いや、どの車が一番おすすめかが分かります。
新型「WRX S4」のデザインはカッコイイ?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけでWRX S4の従来モデルからの変更点が分かります。気になる値引き情報やライバル車との徹底比較もしているので、最終的には新型WRX S4は本当におすすめできる車なのかということが分かります。
新型ノアはどんな特徴がある?旧モデルとの違いと目標値引き額
ノアがどんな車かということとライバル車の違いが分かります。マイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからの変更点も全てわかります。
【2017年9月】トヨタのノア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
新型ヴォクシーが何が進化した?ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにヴォクシーを徹底調査してまとめました。ヴォクシーのすべてが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
【2017年8月】トヨタのヴォクシー値引き情報!半年間の推移から予測
ヴォクシーの値引き情報についてまとめています。みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去半年分の値引き推移をデータ化しています。
新型エスクァイアの特徴は?特徴4つ、ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにエスクァイアを徹底調査してまとめました。エスクァイアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、今発売されているミニバンの中でどのモデルが一番おすすめかが分かります。
【2017年10月】エスクァイア値引き情報!半年間の推移から予測
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、過去半年間の値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
新型CX-3はどんなデザイン?ライバル車種比較と目標値引き額
2017年6月に登場したばかりの新型CX-3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型CX-3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型フェアレディZの主な変更点は?4つの特徴と目標値引き額
2017年7月に登場したばかりの新型フェアレディZの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型フェアレディZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型フェアレディZはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】トヨタのプリウス値引き情報!半年間の推移から予測
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
新型SX4はどんなデザイン?主な変更点と目標値引き額
今回のマイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからどんな点が変わったのかも分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、SX4 S-CROSSの購入を検討している人はこの記事を読めば疑問が全て解決します。
2017新型ムーヴのマイナーチェンジ内容は?主な変更点と目標値引き
今回のマイナーチェンジは、登場から3年近くが経過したことで機能面でライバル車に劣っていた予防安全性能をバージョンアップしました。その他にも数々の改良が加えられているため、この記事ではその内容を詳しくまとめていきます。ここでは、新型ムーヴの特徴を解説していきます。
2017新型シトロエンC3のデザインは?4つの特徴とライバル車種比較
2017年7月7日に発表された新型シトロエンC3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型シトロエンC3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型シトロエンC3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年8月】日産のセレナ値引き情報!半年間の推移から予測
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【2017年8月】スバルのインプレッサ値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
2017新型ティグアンの4つの特徴を徹底解説!目標値引き額は?
2017年1月に登場した新型ティグアンの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型ティグアンの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ティグアンはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017新型レガシィがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
レガシィを徹底調査してまとめました。マイナーチェンジされたレガシィの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはレガシィの目標値引き額も分かります。
【2017年9月】トヨタのカローラ値引き情報!半年間の推移から予測
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【2017年9月】トヨタのパッソ値引き情報!半年間の推移から予測
発売から1年が経過した現行型のパッソの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。パッソの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【2017年9月】ホンダのヴェゼル値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
2017新型ハイラックスの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年10月の発売が待たれる新型ハイラックスの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ハイラックスZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ハイラックスはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型アクセラが登場!マイナーチェンジの変更内容と目標値引き
9月21日販売開始の新型アクセラを徹底調査してまとめました。アクセラの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはアクセラの目標購入金額も分かるようになります。
2017新型レクサスCTの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年8月に登場したばかりの新型レクサスのCTの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型レクサスのCTの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型レクサスのCTはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】マツダのデミオ値引き情報!半年間の推移から予測
デミオの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人の口コミやレポートを参考に、過去半年分の値引きデータをグラフ化しています。デミオの目標値引き額と実勢価格が分かります。新車を安く買うコツもまとめているので、デミオ購入の際に役に立つでしょう。
【2017年9月】トヨタのヴェルファイア値引き情報!半年間の推移から予測
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【2017年9月】トヨタのハリアー値引き情報!半年間の推移から予測
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
2017新型リーフがフルモデルチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
2017年10月に登場したばかりの新型リーフの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型リーフの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型リーフはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型CX-8はどんなデザイン?5つの特徴と目標値引き額
2017年12月14日の発売が目前に迫った新型RX-8の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型CX-8の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-8はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年10月】トヨタのアルファード値引き情報!半年間の推移から予測
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。