新型ハリアー/ハリアー 値引き

2017新型ハリアーはどんな特徴がある?

最終更新日:2017年9月18日
ハリアー
※画像出典:トヨタ公式HP
トヨタの大人気SUVであるハリアーが、2017年6月8日にマイナーチェンジされました。

 

高級感のあるデザインと使い勝手の良いSUVであることがヒットの要因となっているハリアーですが、登場から3年以上が経過したこともあり大掛かりな改良を行いました。

 

待望の衝突回避支援システムも搭載されたことにより、より多くの人におすすめできる車になったハリアーについて、今回はまとめていきます。

  • ハリアーの特徴ってなんだろう
  • 従来モデルとの違いは何?
  • ライバル車と比べて何がすごいの?
  • 目標の値引き額はどれくらいなんだろうか?

今回の記事は、その全てを解決するためにハリアーを徹底調査してまとめました。

 

この記事を読むことで、ハリアーのマイナーチェンジの全貌とライバル車との違いが分かります。

 

気になる値引き情報についてもまとめていますので、ハリアーがどんな車でいくらの値引きが可能であるのかも分かります。
予想値引き額についてもまとめていますので、ゴルフの購入を検討している人は必見です。

 

新型ハリアーの目標値引き額 → 30万円

もし、下取り車がある場合は、とっておきの方法で高く買い取ってもらう方法があります。どのような車種でも平均で10万以上お得に売っています。

 

詳細は「新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介」をご確認ください。

 

1.新型ハリアーの4つの特徴

ハリアー
※画像出典:トヨタ公式HP
ハリアーはトヨタが販売するミドルサイズのSUVです。

 

1997年に初代モデルが発売され、同社の中型セダンである「カムリ」のプラットフォームを利用して開発がされました。

 

クロスオーバーモデルにしては珍しくセダンをベースにしていることから、セダンのような乗り心地を実現した新しいSUVのジャンルを開拓し、大ヒットモデルとなりました。

 

その後、2度のモデルチェンジを経て現行型となりました。

 

独自のパッケージングはそのままに、2代目で大人気となったハイブリッドモデルも引き続き設定し、好調な販売を記録しています。

 

今回のマイナーチェンジでは、パワートレインの変更と衝突回避支援システムの追加をメインに、細かい箇所も煮詰められて熟成が進みました。

 

ここでは、新型ハリアーの特徴を解説していきます。

 

1−1.新型ハリアーの特徴4点

今回の新型ハリアーの特徴を挙げると下記の4つになります。

  1. 2.0L直噴ターボを追加
  2. 衝突回避支援システムを標準搭載
  3. 前後エクステリアの変更
  4. インテリアの質感向上

 

2.0L直噴ターボを追加

ハリアー
※画像出典:トヨタ公式HP
今回のマイナーチェンジで最大のポイントは、直列4気筒DOHCの2.0Lターボエンジンモデルが追加されたことです。

 

従来モデルは、2.0Lガソリンエンジン搭載モデルと2.5Lハイブリッドシステム搭載モデルの2種類でした。

 

ノーマルの2.0Lモデルではパワー不足を嘆く声が多数あった事を受け、ハイパワーなターボ車を加えることで不満を解消する狙いがあります。

 

今回のマイナーチェンジで搭載される2.0Lターボエンジンは、先にレクサスのNXに採用されているものと同等のエンジンです。

 

最高出力は231PSを発揮し、最大トルクは350Nmを発生させます。

 

燃費性能は、JC08モードで13.0km/Lです。

 

搭載されるターボもツインスクロールターボチャージャーと呼ばれるもので、低回転から高回転まで高トルクを維持しながら吹け上がる、非常に加速性能を重視したものになっています。

 

また、走行性能を「エコ・ノーマル・スポーツ」の3種類から選べる走行制御モードスイッチを搭載しています。

 

街乗りでは燃費重視の走行をして、高速道路や峠道ではスポーツ走行を重視した走行が可能になっています。

 

衝突回避支援システムを標準搭載

そして今回のマイナーチェンジのもう一つの目玉は、衝突回避支援システムである「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備したことです。

 

予防安全技術への関心が高まっていることを反映した改良で、ついにハリアーにも最新の自動ブレーキシステムが搭載されました。

 

Toyota Safety Sense Pは単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた検知センサーを搭載しています。

 

これにより先行車だけではなく歩行者の検知も可能になり、車と歩行者に対してプリクラッシュブレーキアシストが作動します。

 

歩行者との速度差が30km/h以内であれば衝突回避または被害軽減が可能であり、強力なブレーキアシストでドライバーのブレーキ操作を支援してくれます。

 

障害物との衝突の危険性をシステムが察知することで、早めの警告を行う機能も搭載されています。

 

他にもカメラが白線を認識し、ドライバーが車線をはみ出しそうになったらハンドル制御を行うレーンディパーチャーアラート機能も搭載しています。

 

メーター内に装備されているカラー液晶に警報が表示されるため、ドライバーのハンドル操作を的確にアシストしてくれます。

 

他にも、停止から加速まで全車速で使えるレーダークルーズコントロールも搭載しています。

 

オートマチックハイビームやヘッドライトの部分制御機能も搭載しており、ハリアーではそれらを総称して「Toyota Safety Sense P」としています。

 

前後エクステリアの変更

ハリアーは今回のマイナーチェンジで前後のエクステリアにも大きな変更が加えられました。

 

まず目につく場所として、フロントグリルのデザインが変更されています。

 

「Toyota Safety Sense P」の搭載に伴い、フロントグリル中央にミリ波レーダーが埋め込まれました。

 

グリルの縦型模様は鷹の羽をイメージしたものに変更され、形状は変わらないもののイメージは大きく変わりました。

 

上級グレードではLEDヘッドライトを新採用し、ライン状に光るポジションライトはヘッドライト上部から下部へ移動しました。

 

LEDシーケンシャルターンランプという流れるウィンカーも搭載し、右左折時にはヘッドライトの下部が流れるようにオレンジ色に光ります。

 

他にもフロントバンパーの形状を見直し、フォグランプの位置を内側にずらして、バンパーの左右に縦型のデイライトを搭載しています。

 

リアのデザインも改良され、テールランプのLED形状がループ状のものに変更されています。

 

今回新たにラインナップされたターボ車は専用の外装が与えられ、よりスポーティーなイメージのデザインになっています。

 

新デザインのアルミホイールも採用され、グレード別で見た目のイメージが大きく変わりました。

 

ボディカラーは2つの新色が追加され、一部ボディカラーは廃止になるなどの変更が行われています。

 

インテリアの質感向上

もともと内装の上質さが好評だったハリアーですが、今回のマイナーチェンジで更にインテリアの質感向上が図られています。

 

内装色に新色の「ダークサドルタン」が登場し、選べる内装色は合計4色になりました。

 

エンジンを切ると降りやすいようにシートが後方に移動し、エンジンをかけると元の位置に自動的に戻る「運転席オートスライドアウェイ」が搭載されたのもポイントです。

 

シートに合わせてハンドルの位置も自動で移動するので、乗降性が格段に向上しました。

 

シートには暑い夏のドライブで役に立つシートベンチレーションを搭載し、長時間座っても疲れにくくする工夫もされています。

 

また、上級グレードにはアルミ削り出しのシフトレバーを採用し、高級感も格段に上がっています。

 

ドアノブにピアノブラック塗装を施したことも高級感アップに繋がっています。

 

さらにメーカーオプションのナビゲーション画面が9.2インチに大幅アップし、視認性も向上しています。

 

こうした質感向上と機能追加によって、より高級車らしい車に生まれ変わりました。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

では、このような特徴のある新型ハリアーですが、ライバル車種は何に当たるのでしょうか?

 

2.新型ハリアーをライバル車と徹底比較

ハリアー
※画像出典:トヨタ公式HP
ハリアーは日本国内専用車として開発がされています。

 

従来はレクサス「RX」とプラットフォームを共有していましたが、現行モデルではRXより一回り小さい「レクサスNX」とプラットフォームを共有しています。

 

ボディサイズは全長4,725mm×全幅1,835mm×全高1,690mmとなっており、Dセグメントに分類されます。

 

このセグメントは非常にライバル車種が多く、国内外問わず様々な車種が販売されています。

 

特に、ハリアーが切り開いとも言われている「ラグジュアリーSUV」のジャンルは、クロスオーバーでありながら市街地で乗っても違和感がないことから、非常に人気の高いジャンルとなっています。

 

そんな中、ハリアーは先駆者としてライバルに引けを取らない進化を遂げています。

 

そこで、今回はハリアーのライバルとして考えられる以下の3車種と徹底比較していきます。

新型ハリアーのライバル車種

  1. マツダ「CX-5」
  2. 日産「エクストレイル」
  3. 三菱「アウトランダー」

まずは、新型ハリアーの基本スペックを見てみましょう。

 

2-1.ハリアーの基本スペック

  • 新型ハリアー
  • 値段:294〜495万円
  • 燃費:21.4km/l
  • ハイブリッド:あり
  • エンジン:2.0Lターボ/2.0Lガソリンエンジン
  • 出力:231PS/151PS
  • トルク:350Nm/193Nm
  • ハイブリッド:モーター最高出力143PS/リア68PS、最大トルク270Nm/リア139Nm、システム最高出力197PS
  • 乗車人数:5名

ハリアーには3つのパワートレインが用意されています。

 

今回のマイナーチェンジで追加された2.0Lターボエンジンはシリーズ最高のパワーを誇ります。

 

最高出力は231PS、最大トルクは350Nmとなっており、3Lエンジンに匹敵する走りを実現しています。

 

燃費は13.0km/Lと高くはありませんが、スポーティーなモデルが欲しい人は2.0Lのターボモデルがおすすめです。

 

対する2.0L自然吸気エンジンは最高出力が151PSと低めです。

 

ハリアーはガソリンモデルの車重が1,600kg程度なので、若干の力不足感は否めません。

 

しかし、CVTと組み合わせることでスムーズな加速を可能にしており、街乗りに適したモデルとなっています。

 

そして、燃費もパワーも両取りしたい人にはハイブリッドモデルがおすすめです。

 

2.5Lガソリンモデルに2モーター式のハイブリッドシステムを搭載することで、燃費はJC08モードで21.4km/Lを達成しながら、最高出力は197PSを発揮しています。

 

ハイブリッド専用装備として、マニュアル感覚でシフトチェンジを楽しめるシーケンシャルシフトマチックを搭載しているため、思いのままに車を操ることが可能です。

 

街乗りではモーターを活かした走行で低燃費を実現し、高速走行時には2.5Lのガソリンモデルのパワーをフル活用したパワフルな走行が楽しめます。

 

ハリアーは、性質の違う3種類のモデルをラインナップすることで、どんなニーズにも対応できるようになっています。

 

価格も294万円スタートなので、ラグジュアリーSUVでありながら外車に比べて購入しやすいのもポイントです。

 

もちろん、先進の衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」は全車標準装備なので、安全性も心配ありません。

 

ここでは、新型ハリアーとライバル車の特徴を徹底比較していきます。

 

2-2.ライバル車種とグレード

  1. マツダ「CX-5」XD L Package 値段:352万円
  2. 日産「エクストレイル」20X エクストリーマーX 値段:298万円
  3. 三菱「アウトランダー」G Safety Package 値段:397万円

 

ハリアー vs マツダ「CX-5」

CX-5はマツダが販売するクロスオーバーSUVです。

 

ボディサイズは全長4,545mm×全幅1,840mm×全高1,690mmとなっており、ほぼハリアーと同等のサイズです。

 

CX-5は2017年にフルモデルチェンジしたため、現在ライバル車の中でも最も新しいモデルです。

 

先代モデルで好評だった「鼓動デザイン」をブラッシュアップしたキープコンセプトのデザインとなっており、細く切れ長なヘッドライトを採用するなどの改良で、スポーティーさを強調するものになりました。

 

最近のマツダの特徴でもあるスカイアクティブテクノロジーを採用しており、ハリアーには設定がないディーゼルエンジン搭載車をラインナップしている点が特徴です。

 

2.2Lディーゼルエンジンは、JC08モード燃費は18.0km/Lとなっています。

 

最高出力175PS、最大トルク450Nmとなっており、トルク重視のセッティングであることが数値上からも分かります。

 

非常に街乗りに適したセッティングで、ターボのハリアーよりも強い加速感を味わうことができます。

 

CX-5に搭載される衝突回避支援システムは「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」と呼ばれるもので、こちらもハリアー同様歩行者に対する自動ブレーキに対応しています。

 

他にも、全車速で使えるレーダークルーズコントロールも搭載しているので、安全性能の面ではハリアーと同等と言えます。

 

マツダ「CX-5」がおすすめの人:街乗りメインのディーゼルエンジン搭載SUVが欲しい人

 

ハリアー vs 日産「エクストレイル」

エクストレイルは日産が販売するクロスオーバーSUVです。

 

ボディサイズは全長4,690mm×全幅1,820mm×全高1,740mmとなっており、ハリアーより全高が若干高くなっています。

 

エクストレイルもハリアーと同日の2017年6月8日にマイナーチェンジが発表され、2台のライバル関係を強く意識するものとなりました。

 

エクストレイルのパワートレインは2.0Lのガソリンエンジンと2.0Lのハイブリッドのみです。

 

燃費はガソリンエンジンモデルで16.4km/L、ハイブリッドモデルで20.8km/Lとなっています。

 

今回のマイナーチェンジで、高速道路での同一車線自動運転システムである「プロパイロット」がオプション装着可能となったのが最大のポイントです。

 

ハンドル内に装着されているプロパイロットボタンを押すだけで、車が自動でアクセルとブレーキ、ステアリングを制御してくれ、高速道路の同一車線に限り自動で運転してくれます。

 

プロパイロット作動の状況はメーター内のディスプレイでいつでも確認でき、長距離ドライブの疲労軽減が期待できます。

 

他にも、自動でバック駐車をアシストしてくれる機能を搭載するなど、運転のストレスを減らす機能が多く搭載されています。

 

クロスオーバーSUVらしい機能としては、リアバンパーの下に足を出し入れするだけでバックドアが自動で開閉できる機能なども搭載しています。

 

日産「エクストレイル」がおすすめの人:アウトドア利用重視の自動運転機能付きSUVが欲しい人

 

ハリアー vs 三菱「アウトランダー」

アウトランダーは三菱が販売するクロスオーバーSUVです、

 

ボディサイズは全長4,695mm×全幅1,800mm×全高1,710mmとなっており、ハリアーと大差ない数値となっています。

 

アウトランダーの強みといえるのが、プラグインハイブリッド車をラインナップしている点です。

 

大型のモーターとバッテリーを搭載することで、EV走行距離は60.8km/Lも可能で、街乗り程度であれば電気自動車として使用することが可能です。

 

搭載するエンジンは2.0Lのガソリンエンジンで、ハイブリッド走行でのJC08モード燃費は19.2km/Lとなっています。

 

アウトランダーはアウトドア利用を重視しているモデルであることも特徴で、外でも家電製品が使えるように家庭用の100V電源を搭載しています。

 

最大出力が1,500Wあるので、ドライヤーや電子レンジといった消費電力の高い家電製品でも利用できます。

 

また、この大容量バッテリーは災害時に非常用電源として利用できることもポイントです。

 

一般家庭の電力使用量に換算すると、約10日分の電力をバッテリーに蓄えているので、ガソリンが満タンであれば災害時にも電気のある生活を送ることができます。

 

このように、アウトランダーはアウトドア重視でSUVを探している人にはピッタリの車です。

 

三菱「アウトランダー」がおすすめの人:キャンプなどで車を使う事が多く、実用性重視のSUVが欲しい人

 

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

 

2-3.ハリアーがおすすめな人

結論からお伝えすると下記3タイプが新型ハリアーをおすすめできるでしょう。

  • 都会派のおしゃれなSUVが欲しい人
  • ターボによる軽快な走りをする車が欲しい人
  • 先進の衝突回避支援システムが欲しい人

ハリアーの最大の特徴といえば、やはり都心部でも馴染むラグジュアリーなデザインにあると言えます。

 

今の時代、SUVと言えば必ずしもアウトドアに利用するものではありません。

 

車高が高いことで着座位置も高くなり、それによって視界も良くなるので運転しやすいといったメリットがあります。

 

ハリアーはそうしたクロスオーバーSUVの良い点を引き継ぎつつ、高級セダンのようなスポーティーなドライブフィーリングも実現しています。

 

その為、SUVでありながら2WDのモデルを用意している点もポイントです。

 

2.0Lターボモデルを選択すれば、6速ATによるスポーツカーのような走りが楽しめます。

 

また、街中で使う車にとっては重要な機能である、衝突回避支援システムを標準装備している点もポイントです。

 

歩行者も検知可能な自動ブレーキは、ドライバーのうっかりミスを防ぐ意味でも装備しておきたい機能です。

 

前後の誤発進抑制機能も搭載されているため、狭い駐車場が多い街中での駐車も安心です。

 

アウトドアに使う機会が少ない人にとって、ハリアーは非常におすすめできる車と言えます。

 

3.ハリアーの目標値引き額

ハリアー
※画像出典:トヨタ公式HP
この章では新型ハリアーの目標値引き額についてお伝えします。

 

最初に結論からお伝えすると、「目標値引き額:20〜30万円」です。

 

その目標値引き額が出てきた根拠について説明します。

 

価格コムに掲載されている値引き額

ハリアーの価格コム値引き情報
※参考: http://kakaku.com/kuruma/nebiki/70100110049/

 

今回参考にしたのは、大手口コミサイト「価格コム」の値引きレポートです。

 

残念ながら、マイナーチェンジ後のハリアーの値引き情報はまだ出回っていません。

 

そこで、2013年に登場したハリアーを発売から1年以内に購入した人の値引きレポートを参考にお話します。

 

モデルチェンジ直後にハリアーを購入している人の大半が、値引き額20〜30万円程度でした。

 

これは新車効果によるもので、商品力が高いことから値引きに頼らなくても販売台数が伸びるからです。

 

マイナーチェンジ直前であれば40万円以上の値引きをしてもらっていた人がいましたが、ハリアーは今回のマイナーチェンジで新モデルの投入と大幅な改良を行いました。

 

こうした改良で、商品力が上がったことで値引き額は再び減少することが予想されます。

 

この結果から、ハリアー購入時には、20〜30万円程度の値引き額が引き出せれば成功と言えるでしょう。

 

下取り車がある方は朗報

下取り価格が期待できないのであれば、車一括査定サービスを利用することをオススメします。

 

車一括査定の詳細については「2017年のおすすめ車一括査定は?高額買取のための全情報」をご確認ください。

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大2,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

4.まとめ

ラグジュアリーSUVのジャンルの先駆者でもあるハリアーは、その特徴を活かしたモデルチェンジを繰り返すことで商品力を年々高めています。

 

マイナーチェンジ直前でも、新車登録台数は3,000台前後をキープし、常にランキング上位に位置しています。

 

その人気の秘訣は、優れたパッケージングにあります。

 

SUVを欲しがっている人の全てがアウトドアユースではないことを早々に見抜き、アクティブなイメージより高級車としてのイメージを強く打ち出したキャラクターにしたことで、ライバル車にはないスマートさを持ち合わせています。

 

今回のマイナーチェンジでは更にスポーティーさを組み合わせ、ハイパワーなターボモデルを追加することで動力性能も高めました。

 

従来から設定のあるハイブリッドモデルは、より高級感を増したデザインになり、内装の品質向上と合わせて高級感を演出しています。

 

そうした内外装の変更だけではなく、「Toyota Safety Sense P」の標準装備などの改良も行い、ハリアーの販売台数は今後も安定して伸びていくことが予想できます。

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介
新車値引きの相場や交渉術、また最終的にお得に購入する方法をご紹介します。
現ディーラー営業マンに聞いた!新車購入の安い時期と安くする方法を暴露
現営業ディーラーマンに実際に聞いた新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の税金は13年経過すると上がる!トータルで見ると買い替えた方が得?
現在車にかかる税金についてあまりよく分かってない方は、読み終わる頃には車の税金のアレコレやお得な買い替え時期が分かるでしょう。
【2017年最新版】エコカー減税はいつから?どれぐらい変わる?
今回はエコカー減税とは何なのか、減税率はどう変化するのか、買い替えに影響はあるのかなど、エコカー減税に関して様々なことを解説していきます。
2017年の車通勤におすすめの車種はどれ?元ディーラーが徹底解説
今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
中古車を安く購入したい!でも安い時期ってあるの?
今回は特別に、あなたが中古車購入をする際の極意をお教えします。その極意は特別な知識などはいりません。
中古車を購入するときに最低限知っておくべき10のチェックポイント
今回はそんな不安を解消すべく、車を購入するときにチェックするポイントをはじめ、その他お得な情報をお届けしていきます。
新型フリードの特徴・強み・弱みと目標値引き額を徹底調査
新型「フリード」の長所も短所もわかるので、ライバルの「シエンタ」とどちらにしようか迷っているのであれば、最後まで読んで頂けるとどちらが優れたコンパクトミニバンなのか分かって頂けるでしょう。
【2017年8月】ホンダのフリード値引き情報!半年間の推移から予測
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
シエンタは今でも売れ続けている!シエンタが売れている理由と目標値引き額
シエンタの従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイント<が分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、最終的にシエンタの特徴と予想値引き額が分かります。
【2017年8月】トヨタのシエンタ値引き情報!半年間の推移から予測
シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き額をグラフ化して紹介しています。
ムーヴキャンバスの特徴・強み・弱み
ムーヴキャンバス、かわいいけどそのほかはどうなんだろう、自分に合った車なんだろうか、買っちゃっていいのか・・・そんな風に迷っているあなた、この記事を最後まで読んでくれれば、その迷いはスッキリ解消間違いなし。
新型インプレッサの特徴・強み・弱み
あなたはインプレッサの強みや弱みを把握でき、もしインプレッサとライバル車種と迷っているのであれば、どっちがいいのか判断できるのを約束します。
ノートe-POWERの特徴・強み・弱み
あなたはノート「e-POWER(イーパワー)」の長所や短所を把握できます。もしノートとライバル車種のアクアやフィットハイブリッドと迷っているのであれば、どちらがいいのか?その判断ができる情報を提供しています。
【2017年8月】日産のノート値引き情報!半年間の推移から予測
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」/売れ行き好調の理由と目標の値引き額
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年7月】トヨタのC-HR値引き情報!半年間の推移から予測
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
ルーミー・タンク・ジャスティの特徴
あなたは「ルーミー」と「タンク」の長所や短所を把握でき、もしライバル車種と迷っているのであれば、どちらがいいのか判断できる事を約束します。
【2017年10月】トヨタのタンク値引き情報!半年間の推移から予測
トヨタの人気車種「タンク」の値引き情報をまとめています。実際にタンクを買った人による購入レポートを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。タンクの目標値引き額が分かり、購入金額を決める参考になります。新車を安く買うためのコツも紹介しているので、最終的にはタンクを安く買うテクニックが身につきます。
【2017年10月】トヨタのルーミー値引き情報!半年間の推移から予測
ルーミーの値引き情報についてまとめています。実際にルーミーを購入した人の購入レポートを基に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。ルーミーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはルーミーを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
新型スイフトの4つとの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
フルモデルチェンジをしたスズキのスイフトの購入を検討している方に向けて、元ディーラー営業マンの筆者がこれら「スイフト」の全てを解説します。
新型マークX/特徴とライバル車種との比較、目標値引き額を徹底解説
この記事を読むだけで、マークXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、発売後の値引き情報についても詳しくまとめているので、マークXがいくらぐらいの値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型ソリオにハイブリッドが追加!目標値引き額とライバル車種との違い
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【2017年10月】スズキのソリオ/バンディット値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
マツダの新型CX-5は何が特徴なの?ライバル車種比較と目標値引き額
元ディーラー営業マンだった筆者が詳しく解説します。読み終わる頃には貴方も「CX-5」の全てが理解できます。
【2017年10月】マツダのCX-5値引き情報!半年間の推移から予測
CX-5の値引き情報についてまとめていきます。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化しています。CX-5の予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にCX-5をお得に購入するテクニックが身につきます。
トヨタの新型ヴィッツにハイブリッド車が登場!主な特徴と目標値引き額
これからヴィッツなどのコンパクトカーを購入しようとする方に、元ディーラー営業マンの筆者がこれらの疑問の全てを解説します。
【2017年8月】トヨタのヴィッツ値引き情報!半年間の推移から予測
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。 値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
スズキのワゴンRがフルモデルチェンジ/主な特徴と最新目標値引き額
元ディーラー営業マンの筆者が「新型ワゴンR」を徹底的に調べたのがこの記事です。この記事を読み終えるころには、あなたは「新型ワゴンR」の全てを知ることが出来て、軽自動車選びに答えが出るはずです。
2017の新型シビックは何が特徴なの?目標の値引き額はどれぐらい?
まだまだ謎の多い新型シビックの特徴や日本未発売の先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年4月発売!レクサスLC500の5つの特徴とライバル車種比較
LC500シリーズを徹底調査してまとめました。過去のレクサス車と何が違うのかが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
新型XVは何が進化したの?主な変更点・特徴と目標値引き額
3月9日からの予約開始、4月6日に正式発表となる新型スバルXVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
三菱から期待のSUV「エクリプスクロス」が発売予定!特徴と目標値引き額
エクリプス クロスの特徴や気になるデザイン、ライバル車との違いや目標の値引き金額の全てが分かります。発売時期に関しても取り扱っているので、エクリプス クロスが気になっている人には必見の内容ばかりです。
2017年に発売?新型アクアの特徴とライバル車種との比較
2017年12月頃の登場が期待される新型アクアの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
プリウスPHVは何がすごいの?4つの特徴とライバル車種との比較
プリウスPHVの何がすごいのかが分かり、ライバル車との比較するべきポイントも分かります。そして最終的に、プリウスPHVがいかに究極のエコカーであり、今一番のおすすめであるのかが分かります。
新型MINIクロスオーバーはどんな特徴がある?ライバル車種との比較
新型MINIクロスオーバーを徹底調査してまとめました。この記事を読むだけで、従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイントが分かります。
2017年中に発売?新型N-BOXの特徴とライバル車種との比較
2017年に発売される新型N-BOXを徹底調査してまとめました。新型N-BOXの特徴と従来モデルからの改善点が分かります。気になるライバル車との比較ポイントもまとめているので、最終的に「新型N-BOX」はどんな車で、ライバル車より何が優れているのかが分かります。
新型アウトランダーPHEVの特徴・ライバル車種比較と目標値引き額
2017年2月9日に登場した新型アウトランダーPHEVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年に発売予定の新型マーチはどう進化する?予想値引き額は?
新型マーチの特徴と従来モデルとの違いが分かります。新型マーチがライバルに比べて何が優れていて、本当に買うべき車かどうかが分かります。
新型レンジローバーヴェラールの特徴と目標値引き額
レンジローバー ヴェラールを徹底調査してまとめました。レンジローバー ヴェラールの特徴やライバル車種との比較ポイントが分かります。レンジローバー イヴォークとの違いもまとめているので、最終的には「レンジローバー ヴェラール」がどんな車であり、本当に”買い”な車なのかどうかが分かります。
2017新型カムリの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
新型カムリの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型カムリの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型カムリはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ボルボV90はどんな特徴がある?オススメな人はどんな人?
ボルボV90を徹底調査してまとめました。新型ボルボV90の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
新型レクサスLSと現行モデルの変更点は?どんな特徴がある?
新型レクサスLSを徹底調査してまとめました。新型レクサスLSの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型スカイラインクーペの特徴は?目標値引き額はいくら?
新型スカイラインクーペの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型のCX-6はどんな外観?ライバル車種はどれになるの?
新型CX-6の特徴、ライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
新型アウディQ5はどんなデザイン?主な特徴とライバル車種との比較
新型アウディQ5を徹底調査してまとめました。新型アウディQ5の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型RVRは何がすごいの?主な特徴・変更点と目標値引き額
新型RVRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型RVRはどういう人に向いているのか、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型レクサスNXが大型マイナーチェンジ!特徴は何?ライバル車種との比較
新型レクサスNXを徹底調査してまとめました。新型レクサスNXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
ホンダのステップワゴンの主な特徴4つと目標値引き額、ライバル車種との違い
ステップワゴンの特徴と、ライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新モデルや値引き情報についてもまとめていますので、ステップワゴンの買い時といくら位値引きをしてもらえるのかが分かります。
【2017年9月】ホンダのステップワゴン値引き情報!半年間の推移から予測
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
新型のアウディA5はどんな特徴がある?ライバル車種比較と目標値引き額
アウディA5を徹底調査してまとめました。従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。今後発売される派生モデルについても扱っていますので、最終的にはA5のモデルごとの特徴や一番おすすめのモデルが分かります。
2016新型タントの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
2016年11月30日に登場した新型タントの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型タントの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型タントはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ベンツ「GLA」の特徴は?ライバル車種と比べた評価は?
GLAの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。今回のマイナーチェンジでGLAのどこが変わったのか、今最もおすすめのコンパクトSUVは何かということが分かります。
新型ミライースの特徴は?従来モデルとの違いと目標値引き額
ミライースを徹底調査してまとめました。新型ミライースの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。予想値引き額に関してもまとめているので、ミライースの値引き情報も分かります。
新型グレイスがビッグマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
グレイスを徹底調査してまとめました。大型改良されるグレイスの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、最新の値引き情報についてもまとめているので、最終的にはグレイスの予想購入価格も分かります。
ホンダフィットがマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
フィットのマイナーチェンジの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる予想値引き額についてもまとめていますので、最終的には新型フィットがどれほどの値引きで購入できるのかということも分かります。
【2017年9月】ホンダのフィット値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年分のデータをグラフ化してまとめています。フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
新型ゴルフがマイナーチェンジで大幅改良!主な変更点とライバル車種比較
ゴルフを徹底調査してまとめました。新型ゴルフの特徴とライバル車との違いも分かります。そして最終的には、今回のマイナーチェンジでゴルフの何が変わったのがも分かります。
新型エクストレイルがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【2017年9月】日産のエクストレイル値引き情報!半年間の推移から予測
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、過去半年分の値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
トヨタがアクアをマイナーチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
この記事を読むだけで、新型アクアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になるマイナーチェンジの全貌もまとめているので、従来のモデルから何が変わったのかが分かります。
【2017年8月】トヨタのアクア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、アクアの値引き情報をまとめています。購入した人がいくらの値引きをしてもらったのか、実際の口コミをデータ化してまとめました。
BMWの新型5シリーズツーリングはどんな特徴?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけで、従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新機能についても解説していますので、最終的には新型5シリーズツーリングがどれだけ大きく変わったのかが分かります。
2017年の新型レヴォーグはどんな特徴がある?目標値引き額は?
この記事を読むだけで、今回のマイナーチェンジの全貌とレヴォーグの特徴が分かります。ライバル車との違いや値引き情報についてもまとめています。最終的にはライバル車との違いや、どの車が一番おすすめかが分かります。
新型「WRX S4」のデザインはカッコイイ?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけでWRX S4の従来モデルからの変更点が分かります。気になる値引き情報やライバル車との徹底比較もしているので、最終的には新型WRX S4は本当におすすめできる車なのかということが分かります。
新型ノアはどんな特徴がある?旧モデルとの違いと目標値引き額
ノアがどんな車かということとライバル車の違いが分かります。マイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからの変更点も全てわかります。
【2017年9月】トヨタのノア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
新型ヴォクシーが何が進化した?ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにヴォクシーを徹底調査してまとめました。ヴォクシーのすべてが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
【2017年8月】トヨタのヴォクシー値引き情報!半年間の推移から予測
ヴォクシーの値引き情報についてまとめています。みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去半年分の値引き推移をデータ化しています。
新型エスクァイアの特徴は?特徴4つ、ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにエスクァイアを徹底調査してまとめました。エスクァイアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、今発売されているミニバンの中でどのモデルが一番おすすめかが分かります。
【2017年10月】エスクァイア値引き情報!半年間の推移から予測
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、過去半年間の値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
新型CX-3はどんなデザイン?ライバル車種比較と目標値引き額
2017年6月に登場したばかりの新型CX-3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型CX-3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型フェアレディZの主な変更点は?4つの特徴と目標値引き額
2017年7月に登場したばかりの新型フェアレディZの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型フェアレディZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型フェアレディZはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】トヨタのプリウス値引き情報!半年間の推移から予測
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
新型SX4はどんなデザイン?主な変更点と目標値引き額
今回のマイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからどんな点が変わったのかも分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、SX4 S-CROSSの購入を検討している人はこの記事を読めば疑問が全て解決します。
2017新型エスクードの特徴とライバル車種との比較は?目標値引きは?
2017年7月26日に登場した新型エスクードの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型ムーヴのマイナーチェンジ内容は?主な変更点と目標値引き
今回のマイナーチェンジは、登場から3年近くが経過したことで機能面でライバル車に劣っていた予防安全性能をバージョンアップしました。その他にも数々の改良が加えられているため、この記事ではその内容を詳しくまとめていきます。ここでは、新型ムーヴの特徴を解説していきます。
2017新型シトロエンC3のデザインは?4つの特徴とライバル車種比較
2017年7月7日に発表された新型シトロエンC3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型シトロエンC3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型シトロエンC3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年8月】日産のセレナ値引き情報!半年間の推移から予測
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【2017年8月】スバルのインプレッサ値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
2017新型ティグアンの4つの特徴を徹底解説!目標値引き額は?
2017年1月に登場した新型ティグアンの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型ティグアンの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ティグアンはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017新型レガシィがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
レガシィを徹底調査してまとめました。マイナーチェンジされたレガシィの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはレガシィの目標値引き額も分かります。
【2017年9月】トヨタのカローラ値引き情報!半年間の推移から予測
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【2017年9月】トヨタのパッソ値引き情報!半年間の推移から予測
発売から1年が経過した現行型のパッソの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。パッソの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【2017年9月】ホンダのヴェゼル値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
2017新型ハイラックスの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年10月の発売が待たれる新型ハイラックスの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ハイラックスZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ハイラックスはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型アクセラが登場!マイナーチェンジの変更内容と目標値引き
9月21日販売開始の新型アクセラを徹底調査してまとめました。アクセラの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはアクセラの目標購入金額も分かるようになります。
【2017年10月】マツダのアクセラ値引き情報!半年間の推移から予測
マツダの人気車種であるアクセラの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人のレポートを基に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。アクセラの目標値引き額が分かり、実際の購入価格を知ることができます。値引き交渉に使えるテクニックも紹介しているので、最終的に新車を安く買うコツが身につきます。
2017新型レクサスCTの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年8月に登場したばかりの新型レクサスのCTの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型レクサスのCTの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型レクサスのCTはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】マツダのデミオ値引き情報!半年間の推移から予測
デミオの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人の口コミやレポートを参考に、過去半年分の値引きデータをグラフ化しています。デミオの目標値引き額と実勢価格が分かります。新車を安く買うコツもまとめているので、デミオ購入の際に役に立つでしょう。
【2017年9月】トヨタのヴェルファイア値引き情報!半年間の推移から予測
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【2017年9月】トヨタのハリアー値引き情報!半年間の推移から予測
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
2017新型リーフがフルモデルチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
2017年10月に登場したばかりの新型リーフの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型リーフの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型リーフはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型CX-8はどんなデザイン?5つの特徴と目標値引き額
2017年12月14日の発売が目前に迫った新型RX-8の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型CX-8の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-8はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年10月】トヨタのアルファード値引き情報!半年間の推移から予測
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。
2017新型ジープコンパスはどんなデザイン?4つの特徴と目標値引き額
2017年10月末の発表が近づく新型ジープコンパスの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ジープコンパスの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ジープコンパスはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年10月】ホンダのシャトル値引き情報!半年間の推移から予測
シャトルの値引き情報についてまとめていきます。実際にシャトルを購入した人のレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。シャトルの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にシャトルを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【2017年10月】トヨタのクラウン値引き情報!半年間の推移から予測
クラウンの値引き情報についてまとめています。クラウンがどれくらい値引きしてもらえるのか、実際に購入した人によるレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。>クラウンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引きテクニックもまとめているので、最終的にクラウンをお得に買う方法が身につきます。
【2017年10月】ホンダのオデッセイ値引き情報!半年間の推移から予測
オデッセイ/オデッセイハイブリッドの値引き情報をまとめています。実際にオデッセイを買った人による購入レポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。オデッセイの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うための方法もまとめているので、最終的にオデッセイを安く買うためのコツが全て身につきます。