新型リーフ/リーフ値引き

2017新型リーフの特徴とライバル車種との比較

最終更新日:2017年10月6日
新型リーフ02
※画像出典:日産公式HP
日産リーフは、大人5人が乗車できる100%電気自動車として、2010年のデビューし、価格の見直しや、搭載バッテリーの容量アップなどのマイナーチェンジを行い、2015年には世界累計販売台数20万台を達成。

 

技術の日産を象徴するモデルであると同時に、日本の自動車技術をけん引する存在であると言えるでしょう。

 

そんなリーフが、2017年10月にフルモデルチェンジを果たし登場しました。

 

電気自動車は特別な存在ではなく、普通の存在として世間に受け入れられるよう、日産が本気を出して開発に取り組んだという新型リーフ。

 

この記事をご覧の皆様の中には、新型リーフに対して以下のような疑問や悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

  • 新型リーフの特徴は?
  • ライバル車種と比べ優れている点と劣っている点は?
  • 新型リーフはどんな人にオススメなのか?
  • 目標の値引き額はどれぐらいなんだろうか?

今回の記事は上記のような悩みや疑問を解決するために、2017年10月に登場したばかりの新型リーフの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。

 

この記事を読むことで新型リーフの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型リーフはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。

 

新型リーフの目標値引き額 → 10万円

もし、下取り車がある場合は、とっておきの方法で高く買い取ってもらう方法があります。どのような車種でも平均で10万以上お得に売っています。

 

詳細は「新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介」をご確認ください。

 

1.新型リーフの4つの特徴

新型リーフ01
※画像出典:日産公式HP

 

新型リーフの魅力と4つの特徴

新型リーフの特に目を引く魅力と特徴は下記の4点になります。

  • 航続距離は旧型と比べ40%アップ
  • シャープになったエクステリア
  • ワンペダルドライブを可能にするe-Pedal
  • 半自動運転技術プロパイロット

 

航続距離は旧型と比べ40%アップ

新型リーフ03
※画像出典:日産公式HP新型リーフのもっとも注目されているポイントは、やはり航続距離が大幅に伸びたことでしょう。

 

初代であるZE0型の航続距離は、初期モデルの航続距離は200km、その後のマイナーチェンジにより駆動用バッテリー容量が30kWh増え、航続距離は280kmにアップ。

 

そして、フルモデルチェンジされた新型リーフは、40kWhのリチュームイオンバッテリーを搭載し、JC08モードでの航続距離は400kmとなり、旧型に比べ約40%向上しているのです。

 

航続距離を延ばすためには、バッテリーの容量を大きくせねばならず、大きさ重量共に増えてしまい、車内スペースを圧迫することになってしまいます。

 

しかし、新型リーフに搭載されているリチュームイオンバッテリーは、バッテリーの内部構造を見直しリチュームイオンの密度を上げることで、バッテリーサイズを変えることなく大幅に容量をアップさせました。

 

また、バッテリーの容量低下を抑制し耐久性が向上していると共に、バッテリー容量計が9セグメントを割り込んだ場合、新車登録から8年または160,000kmまで保証対象となっているのもうれしいところです。

 

これにより、旧型リーフで懸念されていた、バッテリー容量の低下による航続距離の短縮に対して、今まで以上に安心できるでしょう。

 

シャープになったエクステリア

新型リーフ04
※画像出典:日産公式HP
旧型リーフのエクステリアデザインは、発売当初は先進的なデザインという評判を集めるも、丸みがあり「カッコイイ車」というデザインではありませんでした。

 

一部のメディアからは「デザインがもっとカッコ良ければ、リーフはもっと売れた」と言われてしまうことすらあったのです。

 

新型リーフでは、そんな丸みを帯びた優しい見た目を一新し、各所にエッジを効かせながらも、滑らかで流れるような洗練されたデザインに仕上がっています。

 

車の顔となるフロントマスクには、日産のアイデンティティとなりつつある「Vモーション2.0」を採用し、バンパーからボンネットにかけてV字型のラインを強調。

 

さらに、グリル上部のプレスラインに給電口を設けることで、デザイン上の違和感もなくなっています。

 

リヤビューに関しては、ジュークやフェアレディZなどにも採用されている、ブーメランシェイプのリヤコンビネーションランプや、サイドラインが後端でグッと持ち上がるCピラーなど、旧型には見られなかった挑戦的なデザインです。

 

また、全体の印象をシャープに見せているポイントは、全長で35mm全幅で20mm拡大されたサイズで、旧型に比べ長く広くなったボディは、欧州のCセグメントハッチバックを意識していることを伺わせます。

 

新型リーフ05
※画像出典:日産公式HP
日産は「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」と銘打ち、さまざまな最新技術を開発し市販化しています。

 

その最新技術の一つが、アクセルペダルだけでの運転を可能にした「e-Pedal(イーペダル)」です。

 

これは、100%電気自動車であるリーフの特性を利用し、駆動用モーターが減速時に発生させる回生作用を利用したもので、アクセルペダルを戻していくと最大で0.2Gの減速度を得ることができるというもの。

 

この0.2Gという減速度は、一般のドライバーが通常走行時に軽くブレーキペダルを踏んだ時の減速感と同等で、一度慣れてしまえばペダルを踏み変える必要が無く、ストップ&ゴーの多い街中や渋滞時などで快適なドライビングが可能です。

 

また、停止後は自動的に油圧ブレーキが作動し停止状態を保持することで、上り坂、下り坂でも約30%の勾配まで停止状態をキープ。

 

さらに、減速時には従来通りブレーキランプが点灯するため、追突されるような心配もありません。

 

この技術は、ノートe-POWERから採用され、気持ちよく運転でき快適と軒並み好評を得た技術で、今後、電気自動車やシリーズハイブリッドにはどんどん採用されていくことが予想されます。

 

半自動運転技術プロパイロット

新型リーフ06
※画像出典:日産公式HP
新型リーフには、e-Pedalのほかにも、日産が誇る最先端の運転技術が詰め込まれています。

 

それが半自動運転技術である「プロパイロット」です。

 

日産では、プロパイロットを「同一車線自動運転技術」と呼んでいますが、あくまで最先端の安全運転支援システムといったところであり、混乱を避けるために、敢えて「半自動運転」と表現することにします。

 

セレナやエクストレイルなどにも採用されているプロパイロットは、ハンドルフォークにあるスイッチを操作し車速を設定。

 

アクセルとブレーキを車が自動で操作し、先行車との車間距離を保ちつつ速度をコントロールしてくれると同時に、フロントカメラで白線をモニターし、ステアリングを自動でコントロール。

 

直線道路だけでなくカーブでも車線中央を走行するようにサポートしてくれます。

 

そして、もう一つのプロパイロット技術が、「プロパイロット パーキング」で、駐車したいスペースに車を横付けすると、車が自動で駐車スペースを検出。

 

センターコンソールにあるスイッチを押し続けているだけで、ハンドル、アクセル、ブレーキ、シフトのすべてを自動でコントロールし駐車してくれます。

 

ショッピングモールなどの並列駐車だけでなく、苦手な人も多い縦列駐車にも対応し、運転によって感じるストレスを軽減することができるのです。

 

もちろん、まだ完全な自動運転というわけではありませんが、さまざまなシュチュエーションでドライバーの疲労軽減に効果を発揮するプロパイロット技術は、今後の発展が非常に期待できる技術と言えるでしょう。

 

2.新型リーフVSライバル車種

新型リーフ07
※画像出典:日産公式HP
ではまず、新型リーフの基本スペックから見ていきましょう。

 

新型リーフの基本スペック

それでは新型リーフの基本スペックのおさらいです。

  • メーカー希望小売価格:315万円~399万円
  • 航続距離:400km
  • 駆動用バッテリー容量:40kWh
  • 駆動用モーター:EM57型
  • 最大出力/最大トルク(モーター):150PS/32.6kgm
  • システム出力:136PS
  • 乗車定員:5名

 

ガソリンを一切使用しない100%電気自動車、そしてドライバーの疲労を軽減し、安全運転をサポートするプロパイロットなど、日産が持つ最新技術が詰め込まれた新型リーフ。

 

この、エコと自動運転に関しては世界中のメーカーが日夜開発競争を繰り広げているため、世界中にライバルと成り得る車種は存在します。

 

そこで、現在のエコを代表する、プラグインハイブリッド、ハイブリット、EV(電気自動車)それぞれのジャンルで注目されるライバルたちと比較していきたいと思います。

新型リーフとライバル3車種

  1. トヨタ プリウスPHV 326~422万円
  2. ホンダ フィットハイブリッド 170~237万円
  3. テスラ モデル3 約385~約484万円

 

トヨタ プリウスPHV

トヨタが推進するエコカーは、世界で初めて量産を果たしたプリウスを筆頭とするハイブリッド、使用する燃料は水素のみ、排出されるのは酸素と水という燃料電池車であるMIRAI。

 

そして、ハイブリッドを進化させ、自宅や充電設備のある外出先でも充電できるようにしたのがプリウスPHVの3タイプです。

 

プリウスPHVは、ノーマルのプリウスよりもバッテリーを大型化したことにより、EV走行時(モーターのみの走行)の加速性能が向上し、EV走行可能な航続距離も68km(カタログ値)と大幅に向上しました。

 

約2時間20分で満充電にすることができる200Vの充電設備を自宅に備えていれば、半径20km以内の移動のみで生活した場合、ほとんどガソリンスタンドに立ち寄る必要のない生活が実現できます。

 

そのほか、専用の充電設備を付けなくとも、自宅にある100Vコンセントでの充電や、商業施設などに設置されている急速充電器も利用可能です。

 

もちろん外部からの充電を行わなくとも、エンジンで発電し充電できるチャージモードや、ノーマルプリウスと同じHVモードがあるため、充電スケジュールなどにそれほど気を使わなくとも使用できるでしょう。

 

プリウスPHVは、ガソリン車を電気で補助するハイブリッドとは違い、EV車をガソリンで補助するという考え方であり、電気自動車には興味はあっても充電などが心配という、もっと気軽にエコドライブを求めるユーザーにはオススメです。

 

このように、EV車の敷居を低くし、現状の充電インフラでも、余計な気を遣わずに運転できる点では優れていますが、自宅以外での充電を想定した場合の料金はやや不利と言えるでしょう。

 

トヨタと日産では、月々定額料金で、ディーラーや提携充電スポットを利用できる充電し放題プランがあります。

 

トヨタでは全国のトヨタディーラーを含めた充電スポットで普通充電が行えるプランが1080円/月で利用可能なのに対し、日産では、急速充電器が使い放題のプランで2160円/月で利用可能。

 

もちろん、新型リーフは外部から充電するしかないため、日産としては急速充電を基本に、充電インフラの充実に取り組んでいる点が大きく違います。

 

日産ディーラーにある急速充電器は24時間利用可能なのに対し、トヨタディーラーにある普通充電器は営業時間内のみ。

 

また、従量課金が必要な場面での料金も新型リーフの方が安く設定されているため、本格的に電気自動車を長く使いたい方は、新型リーフの方がお得であるのは間違いありません。

 

ホンダ フィットハイブリッド

JC08モード燃費37.2km/Lというクラストップレベルの燃費性能と、ホンダ独自のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」の高い走行性能が高い評価を受けているフィットハイブリッド。

 

コンパクトカーでありながら、車内スペースを効率的にレイアウトしたことにより生まれた広い車内空間を持ち、夫婦と子供2人までの4人家族であれば、家族で使える車として十分に使うことができるでしょう。

 

また、何よりも大きな利点が、もっともベーシックなグレードで170万円という価格。

 

完全な電気自動車ではないため、静粛性という点では100%電気自動車である新型リーフには敵いませんが、従来のガソリン車よりも格段に静かでスムーズな走行フィールを、200万円を切る価格で手に入れることができます。

 

先進の安全支援装備である「Honda SENSING」を装備したグレードの場合、車両価格は208万円となりますが、それでも十分にお買い得な1台であり、手軽にエコカーライフを楽しみたいユーザーにはぴったりです。

 

しかし、日本で言えばコンパクトカー、ヨーロッパの基準に当てはめればBセグメントに該当するボディは、決して余裕のあるサイズとは言えず、大人5人がフル乗車するような使い方では手狭感が否めません。

 

その点、ヨーロッパのCセグメントに該当する新型リーフは、日産がEVを特別な車ではなく、普通の車として普及させることを目指しているモデルです。

 

そのため、安定感のあるシャープなスタイリングもさることながら、普段の使い勝手という点では、新型リーフに軍配が上がると言えるでしょう。

 

テスラ モデル3

アメリカ西海岸のシリコンバレーに本社を置くテスラは、テスラロードスター、モデルS、モデルXなど、電気自動車専業のベンチャー企業として、常に世界中から注目を集めてきました。

 

近年日本においても徐々にテスラ製の電気自動車を見かけるようになりましたが、現在日本で購入することができるモデルの中で、もっとも安いパッケージを選択しても900万円からと、なかなか簡単に手が出せる金額ではありません。

 

そんな中、ベースモデルが35,000$(約385万円)というモデル3が発売され、手の届くようになったテスラとして話題となっています。

 

電気自動車を専門に開発するメーカーであるだけに、機能やデザインなど、あらゆる面が未来的に造られ、ソレこそ、昔のアニメに登場していた未来の車そのものといった雰囲気で、中でも注目すべきポイントは内装です。

 

通常、運転席の前や、手の届く範囲には、スピードメーターなどの計器類、オーディオやエアコンを操作するためのスイッチ類などが並んでいるものですが、なんとテスラモデル3には、今まで見慣れてきたいわゆるインパネがありません。

 

車に関する情報は、すべてダッシュボード中央に備え付けられた15インチのタッチスクリーンに表示され、エアコンやオーディオ類の操作もタッチパネルで行うようになっています。

 

さらに、ハンドルには左右に1つずつスクロールホイール、そしてウインカーやヘッドライトの操作レバーがあるだけで、とにかくダッシュボード周りには何もないと言っても良いほどです。

 

そして、新型リーフにも採用されている半自動運転技術は、テスラモデル3にも当然備わっており、自動運転レベルは日産のオートパイロットと同じレベル2となっています。

 

販売されているのは、航続距離が352kmと496kmの2タイプで、EV車としては十分な航続距離と言えるでしょう。

 

誰よりも未来的な車に乗りたいという方にとっては、これ以上ない車と言って良いのではないでしょうか。

 

しかし、テスラモデル3の一番の懸念材料となっているのが納期の問題で、予約台数が40万台と言われているにもかかわらず、現時点での生産能力は1週間に500台にも満たないとのこと。

 

さらに、日本への納車時期は、発表直後には2018年としていましたが、現在公式ホームページでは2019年以降とされており、生産能力の向上を図っているとは言え、日本でその姿を見るのがいつになるのか不安になってしまいます。

 

価格や性能においては申し分のないテスラモデル3ですが、納車時期がほとんど未定という状態では、実用性に優れた今国内で買える100%電気自動車は新型リーフ一択ということになるでしょう。

 

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車を希望
・軽自動車で○万円以内の新古車を希望
・1,000km以下の新車同等品を希望
・ディーラーの代車として使用していた中古車を希望


【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

 

以上がライバル車種の特徴とおすすめな人です。では新型ハイラックスがおすすめな人はどんな人でしょうか?

 

新型リーフがオススメな人

結論からお伝えすると下記3タイプが新型リーフをおすすめできるでしょう。

  1. 未来志向の強い人
  2. 地球環境に関心のある人
  3. 普段は50km圏内の利用が多い人

新型リーフは、従来のエンジンを使用する車とは全く違う運転感覚と、半自動運転技術の採用など、まさしく日産が誇る最先端技術が凝縮された車。

 

大きなタッチパネルが設置されたインテリアや、大型のスピードメーターと一体化した7インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイなど、未来的な印象を強く感じることができます。

 

今の40代以上の方が子供のころにアニメや本で描かれていた「未来の自動車」のような感覚があり、運転はもちろん、見ているだけでもワクワクさせてくれるでしょう。

 

もちろん、100%電気自動車の新型リーフの排気ガスはゼロであり、環境に与える負荷は、従来のエンジンを使用する車と比較すると、相当低く抑えられています。

 

また、航続距離を延ばすために、日産が推奨する緩やかな加速と減速を心掛けることで、地球にもお財布にも優しいドライビングが可能です。

 

ただし、やはり電気自動車に乗るにはそれなりの心構えが必要で、全国に設置された充電器が28,500カ所を超えているとは言え、複数の計量器のあるガソリンスタンドに比べれば少ないのが現状。

 

やはり遠出するとなれば、事前に充電ポイントはチェックしておくことは必須です。

 

そのため、毎日決まった距離を走行する通勤や、近所の買い物に使用するなど、片道50km、往復で100km以内の移動が主であるならば、特に充電ポイントを気にする事無く毎日使用でき、ガソリン車よりも格段に経済的に運用できるでしょう。

 

3.新型リーフ目標値引き額

新型リーフ08
※画像出典:日産公式HP
ここからは新型リーフの目標値引き金額についてお伝えします。

 

最初に結論からお伝えすると目標値引き額:10万円です。

 

その目標値引き額が出てきた根拠について説明していこうと思いますが、今回、値引き額を出すにあたり、下記サイトを参考にしました。

  1. 大手口コミサイトの「価格コム」

ではそのサイトに掲載されている値引き額を見ていきましょう。

 

価格コムに掲載されている値引き額

価格コムの新型リーフの値引き額
※出典:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000099959/
10月2日に発売されたばかりであるため、まだ値引き情報などは上がってきていませんが、旧型リーフの最後のマイナーチェンジである、2015年12月以前の値引きを見ると、本体値日は0円であるものの、オプション値引きで20万~30程度の値引き情報があります。

 

逆に、新モデルの発売直後はなかなか値引きが厳しいことと、航続距離の大幅アップや、最新技術を投入した新型でありながら、新型リーフの販売価格は、旧型と大きな違いはありません。

 

つまり、日産も販売価格を抑える努力をかなり行っていることは明白で、発売直後はあまり大きな値引きを期待することはできないでしょう。

 

そこで、本体値引きではなく、オプションなどのオマケをしてもらえるような交渉を行い、10万円程度引き出せれば成功と言えるのではないでしょうか。

 

下取り車がある方は朗報

下取り価格が期待できないのであれば、車一括査定サービスを利用することをオススメします。

 

車一括査定の詳細については「2017年のオススメ車一括査定は?高額買取のための全情報|クルサテ」をご確認ください。

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大2,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

4.まとめ

新型リーフ09
※画像出典:日産公式HP
旧型リーフは、発売当時の技術としては十分評価されていたにも関わらず、国内でヒットしたと言える車種ではありませんでした。

 

いま一つ販売が伸びなかった要因は、やはり航続距離と充電器の設置数、そして、よく言えば無難とも言えるデザインであったことは間違いないでしょう。

 

デザインについては個人の主観による部分が大きく、個人的にはそれほど悪いとは思いませんが、車体の大きさも相まって、マーチやノートのような大衆コンパクトカー的な見た目で、最新技術を使った未来感が薄かったとは感じます。

 

その点新型リーフは、エクステリア、インテリアとも格段に良くなり、さらに大幅に航続距離が伸びたことによって、旧型よりも遥かに売れる要素を持った魅力的な車になりました。

 

もちろん、充電器の数や、自宅に充電設備の工事(工事費は現代会では日産持ち)を行わなければならないなど、若干の懸念材料はありますが、自動車業界の未来を大いに期待させてくれる1台であることは間違いありません。

 

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車を希望
・軽自動車で○万円以内の新古車を希望
・1,000km以下の新車同等品を希望
・ディーラーの代車として使用していた中古車を希望


【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介
新車値引きの相場や交渉術、また最終的にお得に購入する方法をご紹介します。
現ディーラー営業マンに聞いた!新車購入の安い時期と安くする方法を暴露
現営業ディーラーマンに実際に聞いた新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の税金は13年経過すると上がる!トータルで見ると買い替えた方が得?
現在車にかかる税金についてあまりよく分かってない方は、読み終わる頃には車の税金のアレコレやお得な買い替え時期が分かるでしょう。
【2017年最新版】エコカー減税はいつから?どれぐらい変わる?
今回はエコカー減税とは何なのか、減税率はどう変化するのか、買い替えに影響はあるのかなど、エコカー減税に関して様々なことを解説していきます。
2017年の車通勤におすすめの車種はどれ?元ディーラーが徹底解説
今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
中古車を安く購入したい!でも安い時期ってあるの?
今回は特別に、あなたが中古車購入をする際の極意をお教えします。その極意は特別な知識などはいりません。
中古車を購入するときに最低限知っておくべき10のチェックポイント
今回はそんな不安を解消すべく、車を購入するときにチェックするポイントをはじめ、その他お得な情報をお届けしていきます。
新型フリードの特徴・強み・弱みと目標値引き額を徹底調査
新型「フリード」の長所も短所もわかるので、ライバルの「シエンタ」とどちらにしようか迷っているのであれば、最後まで読んで頂けるとどちらが優れたコンパクトミニバンなのか分かって頂けるでしょう。
【2017年8月】ホンダのフリード値引き情報!半年間の推移から予測
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
シエンタは今でも売れ続けている!シエンタが売れている理由と目標値引き額
シエンタの従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイント<が分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、最終的にシエンタの特徴と予想値引き額が分かります。
【2017年8月】トヨタのシエンタ値引き情報!半年間の推移から予測
シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き額をグラフ化して紹介しています。
ムーヴキャンバスの特徴・強み・弱み
ムーヴキャンバス、かわいいけどそのほかはどうなんだろう、自分に合った車なんだろうか、買っちゃっていいのか・・・そんな風に迷っているあなた、この記事を最後まで読んでくれれば、その迷いはスッキリ解消間違いなし。
新型インプレッサの特徴・強み・弱み
あなたはインプレッサの強みや弱みを把握でき、もしインプレッサとライバル車種と迷っているのであれば、どっちがいいのか判断できるのを約束します。
ノートe-POWERの特徴・強み・弱み
あなたはノート「e-POWER(イーパワー)」の長所や短所を把握できます。もしノートとライバル車種のアクアやフィットハイブリッドと迷っているのであれば、どちらがいいのか?その判断ができる情報を提供しています。
【2017年8月】日産のノート値引き情報!半年間の推移から予測
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」/売れ行き好調の理由と目標の値引き額
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年7月】トヨタのC-HR値引き情報!半年間の推移から予測
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
ルーミー・タンク・ジャスティの特徴
あなたは「ルーミー」と「タンク」の長所や短所を把握でき、もしライバル車種と迷っているのであれば、どちらがいいのか判断できる事を約束します。
【2017年10月】トヨタのタンク値引き情報!半年間の推移から予測
トヨタの人気車種「タンク」の値引き情報をまとめています。実際にタンクを買った人による購入レポートを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。タンクの目標値引き額が分かり、購入金額を決める参考になります。新車を安く買うためのコツも紹介しているので、最終的にはタンクを安く買うテクニックが身につきます。
【2017年10月】トヨタのルーミー値引き情報!半年間の推移から予測
ルーミーの値引き情報についてまとめています。実際にルーミーを購入した人の購入レポートを基に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。ルーミーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはルーミーを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
新型スイフトの4つとの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
フルモデルチェンジをしたスズキのスイフトの購入を検討している方に向けて、元ディーラー営業マンの筆者がこれら「スイフト」の全てを解説します。
新型マークX/特徴とライバル車種との比較、目標値引き額を徹底解説
この記事を読むだけで、マークXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、発売後の値引き情報についても詳しくまとめているので、マークXがいくらぐらいの値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型ソリオにハイブリッドが追加!目標値引き額とライバル車種との違い
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【2017年10月】スズキのソリオ/バンディット値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
マツダの新型CX-5は何が特徴なの?ライバル車種比較と目標値引き額
元ディーラー営業マンだった筆者が詳しく解説します。読み終わる頃には貴方も「CX-5」の全てが理解できます。
【2017年10月】マツダのCX-5値引き情報!半年間の推移から予測
CX-5の値引き情報についてまとめていきます。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化しています。CX-5の予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にCX-5をお得に購入するテクニックが身につきます。
トヨタの新型ヴィッツにハイブリッド車が登場!主な特徴と目標値引き額
これからヴィッツなどのコンパクトカーを購入しようとする方に、元ディーラー営業マンの筆者がこれらの疑問の全てを解説します。
【2017年8月】トヨタのヴィッツ値引き情報!半年間の推移から予測
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。 値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
スズキのワゴンRがフルモデルチェンジ/主な特徴と最新目標値引き額
元ディーラー営業マンの筆者が「新型ワゴンR」を徹底的に調べたのがこの記事です。この記事を読み終えるころには、あなたは「新型ワゴンR」の全てを知ることが出来て、軽自動車選びに答えが出るはずです。
2017の新型シビックは何が特徴なの?目標の値引き額はどれぐらい?
まだまだ謎の多い新型シビックの特徴や日本未発売の先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年4月発売!レクサスLC500の5つの特徴とライバル車種比較
LC500シリーズを徹底調査してまとめました。過去のレクサス車と何が違うのかが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
新型XVは何が進化したの?主な変更点・特徴と目標値引き額
3月9日からの予約開始、4月6日に正式発表となる新型スバルXVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
三菱から期待のSUV「エクリプスクロス」が発売予定!特徴と目標値引き額
エクリプス クロスの特徴や気になるデザイン、ライバル車との違いや目標の値引き金額の全てが分かります。発売時期に関しても取り扱っているので、エクリプス クロスが気になっている人には必見の内容ばかりです。
2017年に発売?新型アクアの特徴とライバル車種との比較
2017年12月頃の登場が期待される新型アクアの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
プリウスPHVは何がすごいの?4つの特徴とライバル車種との比較
プリウスPHVの何がすごいのかが分かり、ライバル車との比較するべきポイントも分かります。そして最終的に、プリウスPHVがいかに究極のエコカーであり、今一番のおすすめであるのかが分かります。
新型MINIクロスオーバーはどんな特徴がある?ライバル車種との比較
新型MINIクロスオーバーを徹底調査してまとめました。この記事を読むだけで、従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイントが分かります。
2017年中に発売?新型N-BOXの特徴とライバル車種との比較
2017年に発売される新型N-BOXを徹底調査してまとめました。新型N-BOXの特徴と従来モデルからの改善点が分かります。気になるライバル車との比較ポイントもまとめているので、最終的に「新型N-BOX」はどんな車で、ライバル車より何が優れているのかが分かります。
【2017年11月】ホンダのN-BOX値引き情報!半年間の推移から予測
新型N-BOX・N-BOXカスタムの値引き情報をまとめていきます。実際にN-BOXを購入した人による値引きレポートを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化してまとめています。この記事を読むだけで、N-BOX/N-BOXカスタムの予想値引き額と目標購入金額が分かります。交渉で使えるテクニックも紹介しているので、最終的にはN-BOXを安く買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
新型アウトランダーPHEVの特徴・ライバル車種比較と目標値引き額
2017年2月9日に登場した新型アウトランダーPHEVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年に発売予定の新型マーチはどう進化する?予想値引き額は?
新型マーチの特徴と従来モデルとの違いが分かります。新型マーチがライバルに比べて何が優れていて、本当に買うべき車かどうかが分かります。
新型レンジローバーヴェラールの特徴と目標値引き額
レンジローバー ヴェラールを徹底調査してまとめました。レンジローバー ヴェラールの特徴やライバル車種との比較ポイントが分かります。レンジローバー イヴォークとの違いもまとめているので、最終的には「レンジローバー ヴェラール」がどんな車であり、本当に”買い”な車なのかどうかが分かります。
2017新型カムリの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
新型カムリの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型カムリの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型カムリはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ボルボV90はどんな特徴がある?オススメな人はどんな人?
ボルボV90を徹底調査してまとめました。新型ボルボV90の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
新型レクサスLSと現行モデルの変更点は?どんな特徴がある?
新型レクサスLSを徹底調査してまとめました。新型レクサスLSの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型スカイラインクーペの特徴は?目標値引き額はいくら?
新型スカイラインクーペの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型のCX-6はどんな外観?ライバル車種はどれになるの?
新型CX-6の特徴、ライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
新型アウディQ5はどんなデザイン?主な特徴とライバル車種との比較
新型アウディQ5を徹底調査してまとめました。新型アウディQ5の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型RVRは何がすごいの?主な特徴・変更点と目標値引き額
新型RVRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型RVRはどういう人に向いているのか、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型レクサスNXが大型マイナーチェンジ!特徴は何?ライバル車種との比較
新型レクサスNXを徹底調査してまとめました。新型レクサスNXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
ホンダのステップワゴンの主な特徴4つと目標値引き額、ライバル車種との違い
ステップワゴンの特徴と、ライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新モデルや値引き情報についてもまとめていますので、ステップワゴンの買い時といくら位値引きをしてもらえるのかが分かります。
【2017年9月】ホンダのステップワゴン値引き情報!半年間の推移から予測
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
新型のアウディA5はどんな特徴がある?ライバル車種比較と目標値引き額
アウディA5を徹底調査してまとめました。従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。今後発売される派生モデルについても扱っていますので、最終的にはA5のモデルごとの特徴や一番おすすめのモデルが分かります。
2016新型タントの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
2016年11月30日に登場した新型タントの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型タントの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型タントはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ベンツ「GLA」の特徴は?ライバル車種と比べた評価は?
GLAの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。今回のマイナーチェンジでGLAのどこが変わったのか、今最もおすすめのコンパクトSUVは何かということが分かります。
新型ミライースの特徴は?従来モデルとの違いと目標値引き額
ミライースを徹底調査してまとめました。新型ミライースの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。予想値引き額に関してもまとめているので、ミライースの値引き情報も分かります。
新型グレイスがビッグマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
グレイスを徹底調査してまとめました。大型改良されるグレイスの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、最新の値引き情報についてもまとめているので、最終的にはグレイスの予想購入価格も分かります。
ホンダフィットがマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
フィットのマイナーチェンジの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる予想値引き額についてもまとめていますので、最終的には新型フィットがどれほどの値引きで購入できるのかということも分かります。
【2017年9月】ホンダのフィット値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年分のデータをグラフ化してまとめています。フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
新型ゴルフがマイナーチェンジで大幅改良!主な変更点とライバル車種比較
ゴルフを徹底調査してまとめました。新型ゴルフの特徴とライバル車との違いも分かります。そして最終的には、今回のマイナーチェンジでゴルフの何が変わったのがも分かります。
2017年にハリアーがマイナーチェンジ!主な変更点と目標値引き額
この記事を読むことで、ハリアーのマイナーチェンジの全貌とライバル車との違いが分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、ハリアーがどんな車でいくらの値引きが可能であるのかも分かります。
新型エクストレイルがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【2017年9月】日産のエクストレイル値引き情報!半年間の推移から予測
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、過去半年分の値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
トヨタがアクアをマイナーチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
この記事を読むだけで、新型アクアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になるマイナーチェンジの全貌もまとめているので、従来のモデルから何が変わったのかが分かります。
【2017年8月】トヨタのアクア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、アクアの値引き情報をまとめています。購入した人がいくらの値引きをしてもらったのか、実際の口コミをデータ化してまとめました。
BMWの新型5シリーズツーリングはどんな特徴?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけで、従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新機能についても解説していますので、最終的には新型5シリーズツーリングがどれだけ大きく変わったのかが分かります。
2017年の新型レヴォーグはどんな特徴がある?目標値引き額は?
この記事を読むだけで、今回のマイナーチェンジの全貌とレヴォーグの特徴が分かります。ライバル車との違いや値引き情報についてもまとめています。最終的にはライバル車との違いや、どの車が一番おすすめかが分かります。
新型「WRX S4」のデザインはカッコイイ?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけでWRX S4の従来モデルからの変更点が分かります。気になる値引き情報やライバル車との徹底比較もしているので、最終的には新型WRX S4は本当におすすめできる車なのかということが分かります。
新型ノアはどんな特徴がある?旧モデルとの違いと目標値引き額
ノアがどんな車かということとライバル車の違いが分かります。マイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからの変更点も全てわかります。
【2017年9月】トヨタのノア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
新型ヴォクシーが何が進化した?ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにヴォクシーを徹底調査してまとめました。ヴォクシーのすべてが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
【2017年8月】トヨタのヴォクシー値引き情報!半年間の推移から予測
ヴォクシーの値引き情報についてまとめています。みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去半年分の値引き推移をデータ化しています。
新型エスクァイアの特徴は?特徴4つ、ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにエスクァイアを徹底調査してまとめました。エスクァイアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、今発売されているミニバンの中でどのモデルが一番おすすめかが分かります。
【2017年10月】エスクァイア値引き情報!半年間の推移から予測
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、過去半年間の値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
新型CX-3はどんなデザイン?ライバル車種比較と目標値引き額
2017年6月に登場したばかりの新型CX-3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型CX-3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型フェアレディZの主な変更点は?4つの特徴と目標値引き額
2017年7月に登場したばかりの新型フェアレディZの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型フェアレディZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型フェアレディZはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】トヨタのプリウス値引き情報!半年間の推移から予測
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
新型SX4はどんなデザイン?主な変更点と目標値引き額
今回のマイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからどんな点が変わったのかも分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、SX4 S-CROSSの購入を検討している人はこの記事を読めば疑問が全て解決します。
2017新型エスクードの特徴とライバル車種との比較は?目標値引きは?
2017年7月26日に登場した新型エスクードの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型ムーヴのマイナーチェンジ内容は?主な変更点と目標値引き
今回のマイナーチェンジは、登場から3年近くが経過したことで機能面でライバル車に劣っていた予防安全性能をバージョンアップしました。その他にも数々の改良が加えられているため、この記事ではその内容を詳しくまとめていきます。ここでは、新型ムーヴの特徴を解説していきます。
【2017年11月】ダイハツのムーヴ値引き情報!半年間の推移から予測
ムーヴの値引き情報についてまとめています。実際にムーヴを購入した人による口コミを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、ムーヴの予想値引き額と目標購入金額が分かります。車をお得に購入する方法も紹介しているので、最終的にはムーヴを最安値で買うためのノウハウが全て身につくでしょう。
2017新型シトロエンC3のデザインは?4つの特徴とライバル車種比較
2017年7月7日に発表された新型シトロエンC3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型シトロエンC3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型シトロエンC3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年8月】日産のセレナ値引き情報!半年間の推移から予測
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【2017年8月】スバルのインプレッサ値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
2017新型ティグアンの4つの特徴を徹底解説!目標値引き額は?
2017年1月に登場した新型ティグアンの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型ティグアンの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ティグアンはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017新型レガシィがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
レガシィを徹底調査してまとめました。マイナーチェンジされたレガシィの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはレガシィの目標値引き額も分かります。
【2017年9月】トヨタのカローラ値引き情報!半年間の推移から予測
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【2017年9月】トヨタのパッソ値引き情報!半年間の推移から予測
発売から1年が経過した現行型のパッソの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。パッソの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【2017年9月】ホンダのヴェゼル値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
2017新型ハイラックスの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年10月の発売が待たれる新型ハイラックスの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ハイラックスZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ハイラックスはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型アクセラが登場!マイナーチェンジの変更内容と目標値引き
9月21日販売開始の新型アクセラを徹底調査してまとめました。アクセラの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはアクセラの目標購入金額も分かるようになります。
【2017年10月】マツダのアクセラ値引き情報!半年間の推移から予測
マツダの人気車種であるアクセラの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人のレポートを基に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。アクセラの目標値引き額が分かり、実際の購入価格を知ることができます。値引き交渉に使えるテクニックも紹介しているので、最終的に新車を安く買うコツが身につきます。
2017新型レクサスCTの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年8月に登場したばかりの新型レクサスのCTの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型レクサスのCTの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型レクサスのCTはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】マツダのデミオ値引き情報!半年間の推移から予測
デミオの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人の口コミやレポートを参考に、過去半年分の値引きデータをグラフ化しています。デミオの目標値引き額と実勢価格が分かります。新車を安く買うコツもまとめているので、デミオ購入の際に役に立つでしょう。
【2017年9月】トヨタのヴェルファイア値引き情報!半年間の推移から予測
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【2017年9月】トヨタのハリアー値引き情報!半年間の推移から予測
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
2017年新型CX-8はどんなデザイン?5つの特徴と目標値引き額
2017年12月14日の発売が目前に迫った新型RX-8の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型CX-8の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-8はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年10月】トヨタのアルファード値引き情報!半年間の推移から予測
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。
2017新型ジープコンパスはどんなデザイン?4つの特徴と目標値引き額
2017年10月末の発表が近づく新型ジープコンパスの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ジープコンパスの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ジープコンパスはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年10月】ホンダのシャトル値引き情報!半年間の推移から予測
シャトルの値引き情報についてまとめていきます。実際にシャトルを購入した人のレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。シャトルの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にシャトルを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【2017年10月】トヨタのクラウン値引き情報!半年間の推移から予測
クラウンの値引き情報についてまとめています。クラウンがどれくらい値引きしてもらえるのか、実際に購入した人によるレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。>クラウンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引きテクニックもまとめているので、最終的にクラウンをお得に買う方法が身につきます。
2017新型オデッセイは何が進化したの?3つの特徴とライバル車種比較
2017年11月17日に登場し新型オデッセイの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型オデッセイの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型オデッセイはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年10月】ホンダのオデッセイ値引き情報!半年間の推移から予測
オデッセイ/オデッセイハイブリッドの値引き情報をまとめています。実際にオデッセイを買った人による購入レポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。オデッセイの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うための方法もまとめているので、最終的にオデッセイを安く買うためのコツが全て身につきます。
2017新型アルテオンはどんなデザイン?ライバル比較と目標値引き額
2017年10月25日に登場したばかりの新型アルテオンの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型アルテオンの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型アルテオンはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年11月】日産のデイズ値引き情報!半年間の推移から予測
デイズ/デイズルークスの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。デイズ/デイズルークスの予想値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。その他にも、新車を少しでもお得に購入するためのテクニックもまとめているので、最終的にはデイズを安く買う方法が身に付くでしょう。
2017新型ボルボXC60は一番の売れ筋!4つの特徴と目標値引き額
2017年10月26日に販売がスタートした新型ボルボXC60の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ボルボXC60の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ボルボXC60はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年11月】ダイハツのタント値引き情報!半年間の推移から予測
タントの値引き情報をまとめています。今タントがいくらぐらいで買えるのか、実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけタントの予想値引き額と目標購入金額が分かります。さらに、新車を安く買うための方法も紹介しているので、最終的にタントをお得に買うためのノウハウが身につくでしょう。
【2017年11月】スズキのワゴンR/スティングレー値引き情報!半年間の推移から予測
ワゴンRの値引き情報についてまとめています。ワゴンRを実際に購入した人のレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をグラフ化して紹介しています。この記事を読むだけでワゴンRの予想値引き額が分かり、目標の購入金額を知ることが可能です。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にはワゴンRをお得に購入するノウハウが身につきます。
【2017年11月】ダイハツのミラ/ミライース値引き情報!半年間の推移から予測
ミラには複数の車種があり、基本の「ミラ」の他にも女性向けの「ミラココア」、低燃費に特化した「ミライース」が用意されています。この記事では、その中でも主力の「ミライース」を中心に値引き情報をまとめています。もちろん、ミラココアの値引き情報についてもまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。
【2017年12月】スペーシア/スペーシアカスタム値引き情報
スペーシア/スペーシアカスタムの値引き情報をまとめています。実際にスペーシアを購入した人の口コミを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。この記事を読むだけで、スペーシア/スペーシアカスタムの予想値引き額と、目標購入金額が分かります。新車を安く買う値引きテクニックも紹介しているので、最終的にはスペーシアを安く買うための方法が全て分かるようになっています。