スズキ スイフト/新型スイフト/スイフト 値引き

最終更新日:2017年5月31日

新型スイフトはどんな特徴がある?

スイフト
※画像出典:スズキ公式HP
スズキのコンパクトカーとして、高い人気を誇っているのがスイフトです。

 

世界戦略車として設計開発が行われているため、世界基準の厳しい品質管理が行われていることもあり、内外装共に高いクオリティを誇っている車です。

 

2000年に初代が発売されてからモデルチェンジを繰り返し、現在販売されているモデルで4代目となります。

 

2016年フルモデルチェンジを行い、最新型に切り替わったスイフトについて、今回はまとめていきます。

  • スイフトの特徴ってなんだろう
  • 従来モデルとの違いは何?
  • ライバル車と比べて何がすごいの?
  • 目標の値引き額はどれくらいなんだろうか?

今回の記事は、その全てを解決するためにスイフトを徹底調査してまとめました。

 

この記事を読むだけで、スイフトの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。

 

発売後に寄せられた、購入者による値引き情報もまとめていますので、スイフトがいくらぐらいの値引きで購入できるのかも分かります。

 

新型スイフトの目標値引き額 → 15万円

もし、下取り車がある場合は、とっておきの方法で高く買い取ってもらう方法があります。どのような車種でも平均で10万以上お得に売っています。

 

詳細は「新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介」をご確認ください。

 

1.新型スイフトの特徴

スイフト
※画像出典:スズキ公式HP
スイフトは、スズキが販売するコンパクトカーです。

 

2000年に発売された初代モデルは、一部パーツを同社の軽自動車と共有するなどのコストカットが行われ、お買い得感の強い車として人気を博していました。

 

しかし、2004年に大胆なフルモデルチェンジを行い、世界戦略車としての役割を果たすスズキにとっても重要なポジションの車として生まれ変わりました。

 

欧州車のようなスタイリッシュなデザインや高い走行性能が評価され、国内でも数々のライバル車とは異なる個性派コンパクトカーとして地位を確立しました。

 

その特性を活かした3代目も堅調な売れ行きを記録し、スイフトという車のキャラクターを確固たるものにしました。

 

そして、今回紹介する4代目スイフトは新たなプラットフォームを採用することで、今までの特徴を更に伸ばす改良が行われました。

 

ここでは、新型スイフトの特徴を解説していきます。

 

1-1.新型スイフトの特徴4点

今回の新型スイフトの特徴を挙げると下記の4つになります。

  1. 新プラットフォームの採用で120kgの軽量化
  2. マイルドハイブリッド搭載
  3. ダウンサイジングターボエンジン搭載モデルも用意
  4. デュアルセンサーブレーキサポート搭載

 

新プラットフォームの採用で120kgの軽量化

スイフト
※画像出典:スズキ公式HP
今回のフルモデルチェンジで、スイフトには「HEARTECT(ハーテクト)」と呼ばれる新開発のプラットフォームが採用されました。

 

車両の骨格を基本から見直し、複雑な形状で強度を保っていたものを、滑らかでシンプルな曲線に変えることで強度を落とさず軽量化に成功しました。

 

使用する銅板も超高張力のものを多用することで高剛性化に成功しており、強度を保つのに一役買っています。

 

他にも、サスペンションの部品までも骨格の一部として利用してしまうことで使用部品数を減らしています。

 

本来車の骨格には欠かせない補強部品を減らすために、骨格が結合する強度が高い部分をそのまま部品の取り付け場所にしてしまうという工夫もされています。

 

徹底した骨格のシンプル化に取り組んだおかげで、スイフトのプラットフォームは大幅な軽量化とコンパクト化に成功し、その成果はさらなる室内空間の拡大と広大な荷室スペースに繋がっています。

 

車体を構成する部品の一つ一つまで徹底して見直し、素材の変更などでグラム単位で軽量化に取り組んでいるのも特徴です。

 

その中でも、強度が求められる部品は従来モデルより高い品質のものを採用している点もポイントです。

 

その結果、新型スイフトは従来のモデルよりも120kgの軽量化を果たしています。

 

その車重は最も軽いモデルで840kgになっており、ライバル車よりも100kgも軽くなっています。

 

軽い車体はその分機敏な走行性能に繋がっており、また低燃費化に貢献しています。

 

マイルドハイブリッド搭載

スイフトは軽量化だけではなく、マイルドハイブリッドを搭載することで優れた燃費性能を発揮しています。

 

部品数を減らしたシンプルなハイブリッドシステムを搭載することで、車重は60kg増の900kgに留めています。

 

軽量ボディとマイルドハイブリッドの組み合わせで、スイフトの燃費はJC08モードで27.4km/Lを達成しています。

 

スイフトのハイブリッドシステムはISGというモーター機能付発電機を搭載し、小型のリチウムイオン電池と組み合わせて走行をアシストしてくれます。

 

どちらも小型の部品であるためモーターだけのEV走行には対応していません。

 

しかし、停車前の低速時にモーターをフル活用することでスムーズな停止を手助けしてくれるといった特徴があります。

 

アイドリングストップからの再始動時にもモーターを活用するため、セルの音がしない静かでスムーズなエンジン始動を実現しています。

 

発進時にもモーターアシストでアクセルを踏み込む量を減らし、燃料消費を最小限に留めてくれます。

 

モーターアシストは発進時から100km/hまで有効なため、幅広い速度域で低燃費走行をアシストしてくれます。

 

スイフトのハイブリッドシステムは単なる低燃費化を目的としたものではなく、快適な走行を適度にサポートしてくれる役割が強いものとなっています。

 

夏場のアイドリングストップ中でも車内が快適な空間を保つため、エコクールと呼ばれる蓄冷剤入りの冷房を採用している点など、スイフトはスズキが軽自動車開発で培った低燃費技術を惜しみなく投入しています。

 

ダウンサイジングターボエンジン搭載モデルも用意

歴代スイフトの特徴として共通するものに、走行性能の高さといった点があります。

 

欧州車をイメージした質の高い走りを実現可能にするために、ターボを搭載したモデルを用意しているのです。

 

RStと呼ばれるグレードは、ブースタージェットエンジンと呼ばれる1.0L直噴ターボエンジンを搭載しています。

 

最高出力は102PSを発揮し、最大トルクは150Nmを発生させることが可能です。

 

これは1.5Lの自然吸気エンジン並の性能となっています。

 

自然吸気エンジンとの違いは、ターボによる力強い加速が発進時から味わえることです。

 

ターボモデルでは唯一6ATを組み合わせることでレスポンスの良い走行を可能にしています。

 

ターボでありながらレギュラーガソリン仕様なところもポイントです。

 

燃費はJC08モードで20km/Lと、ハイブリッドには及ばないものの十分低燃費である点も特徴です。

 

その他のエンジンとして、ベースの1.2Lエンジンも用意されています。

 

最大出力は91PS、最大トルクは118Nmとなっており、JC08モード燃費は22.6km/Lです。

 

ダウンサイジングターボモデル、基本のガソリンモデル、ハイブリッドモデルのそれぞれに「RS」と呼ばれるグレードが設定されており、それらは専用の足回り部品が搭載されています。

 

サスペンションとタイヤ、パワーステアリングが全て欧州チューニングされており、国内用よりも直進安定性が高められています。

 

減衰力を硬めにすることで操舵性を上げているのが特徴で、長距離ドライブでも疲れにくいといったメリットがあります。

 

スイフトでは、こうした走行性能を重視したエンジンや足回りを搭載するグレードが多数用意されています。

 

デュアルセンサーブレーキサポート搭載

スイフトには、単眼カメラとレーザーレーダーによる予防安全機能が搭載されています。

 

異なる2つのセンサーを組み合わせることでそれぞれの欠点を補っており、近距離や夜間であってもシステムが作動するようになっています。

 

自動ブレーキは歩行者にも対応しており、先行車または歩行者との衝突を回避するために警報でお知らせしてくれブレーキアシストをしてくれます。

 

それでもドライバーがブレーキ操作が間に合わなかった場合には自動ブレーキが作動し、衝突の回避や被害の軽減を図ってくれます。

 

自車速度が約5km/h~約100km/hまでなら自動ブレーキシステムが使えるため(対歩行者は約5km/h~約60km/h)、幅広い場面でドライバーの危険を回避してくれます。

 

他にも、セーフティパッケージを装着することで車線逸脱警報機能やふらつき警報機能がセットで装備されます。

 

この他にも、先行車が5m以上離れてもアクセル操作を行わなかった場合に、ブザーでお知らせしてくれる先行車発進お知らせ機能や、前方約4m以内に障害物があるにも関わらずアクセル操作を行った場合に作動する誤発進抑制機能などの機能も搭載しています。

 

対向車がいない時に自動でライトをコントロールしてくれるハイビームアシスト機能も搭載しているため、面倒なヘッドライト操作が不要です。

 

これだけの充実した機能を搭載したセーフティパッケージは、約10万円で装着可能です。

 

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大1,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

では、このような特徴のある新型スイフトですが、ライバル車種は何に当たるのでしょうか?

 

2.新型スイフトをライバル車と徹底比較

スイフト
※画像出典:スズキ公式HP
スイフトはBセグメントというジャンルに属するコンパクトカーです。

 

このクラスには数々のライバル車が存在し、非常に競争が激しいジャンルです。

 

燃費性能の良し悪しだけではなく、居住性や走行性能といった幅広い点で優れた性能を発揮していなければならないという、非常にシビアなジャンルです。

 

それに加え、最近では購入者が自動ブレーキシステムの性能も厳しくチェックしているため、その点においてもライバル車より優れている必要があります。

 

スイフトではハイブリッドシステムの搭載や最新の予防安全技術を投入するなど、抜け目ない商品設計が行われていますが、ライバル車はどうなのでしょうか。

 

ここでは、スイフトとライバル車の性能を徹底比較していきます。

新型スイフトのライバル車種

  1. トヨタ ヴィッツ
  2. マツダ デミオ
  3. ホンダ フィット

 

まずは、新型スイフトの基本スペックを見てみましょう。

 

2-1.スイフトの基本スペック

  • 新型スイフト
  • 値段:134〜184万円
  • 燃費:27.4km/l
  • ハイブリッド:あり
  • エンジン:1.0Lターボ/1.2Lエンジン
  • 出力:102PS/91PS
  • トルク:150Nm/118Nm
  • ハイブリッド:モーター最高出力3.1PS、最大トルク50Nm、システム最高出力91PS
  • 乗車人数:5名

スイフトは走行性能、環境性能に合わせて3種類のパワートレインを選ぶことが可能です。

 

最も環境性能が高いハイブリッドモデルは燃費27.4km/Lを達成しており、コンパクトカーの中では十分な性能と言えます。

 

逆に最も走行性能の高いダウンサイジングターボ搭載モデルは最大出力102PSを発揮し、軽量化ボディと合わせることでコンパクトカーの中では突出したスポーティーさを備えています。

 

また、ベースの1.2Lガソリンエンジン搭載モデルでは、コンパクトカーの中では珍しく5速マニュアルが選択可能です。

 

RSというグレードを選べば欧州チューニングが施された足回りに変更されるため、5速マニュアルと合わせて本格的な欧州車のようなドライブフィーリングが選べるのは、スイフトの大きな特徴とも言えます。

 

このように、スイフトは燃費を重視したモデルから本格的なスポーツ走行が可能なモデルまで、用途に応じて幅広いモデルをラインナップしています。

 

スイフトのボディサイズは全長3,840mm×全幅1,695mm×全高1,500mmとなっており、ライバル車に比べて全高が低く設計されている点が特徴です。

 

軽量化された新型プラットフォームを採用するなど、走行性能を重視した設計になっているため、スイフトは居住性よりも走る楽しさを追求している車であると言えるでしょう。

 

2-2.ライバル車種とグレード

  1. トヨタ「ヴィッツ」HYBRID F 値段:181万円
  2. マツダ「デミオ」XD 値段:180万円
  3. ホンダ「フィット」HYBRID・Fパッケージ 値段:179万円

 

スイフト vs トヨタ「ヴィッツ」

ヴィッツはトヨタが販売するコンパクトカーです。

 

ボディサイズは全長3,945mm×全幅1,695mm×全高1,500mmとなっており、スイフトとほぼ同一のサイズです。

 

ヴィッツ最大の特徴は、スイフトとほぼ同一のボディサイズでありながら、フルハイブリッドシステムを搭載している点です。

 

スイフトより大型のモーターとバッテリーを、室内空間を犠牲にしないように配置することで、アクアに搭載されているハイブリッドシステムをそのまま移植しています。

 

そのため、燃費はJC08モードで34.4km/Lと圧倒的な低燃費です。

 

モーター出力は61PSなので、スイフトの3.1PSとは大きな差があります。

 

これだけの大型モーターを搭載しているので、ヴィッツはモーターのみでの走行も可能です。

 

さらに、組み合わせるエンジンも1.5Lのガソリンエンジンなので、システム最高出力は100PSと非常にパワフルです。

 

他にも、ヴィッツは1.0Lと1.3Lのガソリンエンジンモデルを用意しており、燃費はそれぞれ25.0km/Lと24.0km/Lとなっています。

 

他にも、ヴィッツにはトヨタセーフティセンスCという予防安全機能が搭載されています。

 

単眼カメラとレーザーレーダーで前方の車を検知して、万が一の時には自動ブレーキで衝突を回避してくれます。

 

こちらは歩行者には対応していないので、予防安全技術に関してはスイフトの方が優れていると言えるでしょう。

 

トヨタ・ヴィッツがおすすめな人:燃費の良いコンパクトカーが欲しい人

 

スイフト vs マツダ「デミオ」

デミオはマツダが販売するコンパクトカーです。

 

ボディサイズは全長4,060mm×全幅1,695mm×全高1,500mmと、全幅と全高はスイフトと全く同じものの、全長だけデミオの方が220mm長くなっています。

 

しかし、室内長はデミオが1,805mmでスイフトが1,910mmとなっており、室内長はスイフトの方が大きくなっています。

 

これは、デミオのデザインがボンネットの長さを特徴としているためです。

 

デミオは「魂動(こどう)デザイン」と呼ばれる、躍動感のあるデザインを取り入れているため、スイフトの直線的なスポーティーさを表したものとはまた違った印象を与えるものになっています。

 

そしてデミオは、コンパクトカーのジャンルでは唯一クリーンディーゼル搭載モデルを用意している点が特徴です。

 

1.5LのSKYACTIV-Dエンジンは最高出力105PS、最大トルク250Nmと非常にパワフルです。

 

特にトルクの高さが際立っており、街中での加速感はどのライバル車よりも優れていることが数値上からも分かります。

 

燃費もJC08モードで26.4km/Lを達成しており、レギュラーガソリンよりも安価な軽油で走行可能なので、維持費の安さにも繋がります。

 

自動ブレーキでは、レーザーセンサーを用いたシステムを採用しており、約4~30km/hの速度域で使用可能です。

 

歩行者には対応しておらず、スイフトの自動ブレーキの方が優れていると言えます。

 

マツダ・デミオがおすすめな人:ディーゼルエンジンを搭載したコンパクトカーが欲しい人

 

スイフト vs ホンダ「フィット」

フィットはホンダが販売するコンパクトカーです。

 

ボディサイズは全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,525mmと、全高がスイフトよりも25mm高くなっています。

 

フィットはボンネットを短くするデザインを採用しているため、室内長は1,935mmとクラストップです。

 

フィットは居住性を重視したパッケージングを採用しており、後席やラゲッジルームの広さが際立っています。

 

ラゲッジ容量は363Lとなっており、スイフトの265Lを大きく上回っています。

 

それだけボディサイズを最大限に活かした車でありながら、フィットは本格的なハイブリッドシステムを搭載することで燃費性能も大きく向上させています。

 

1.5Lのガソリンエンジンに高出力モーターを組み合わせることで、JC08モード燃費は36.4km/Lと圧倒的な低燃費を達成しています。

 

システム最高出力も137PSとライバル車よりパワフルで、1,080kgのボディであってもらくらく走行可能です。

 

フィットにはシティブレーキアクティブシステムと呼ばれる予防安全システムが搭載されています。

 

約30km/hであれば前方の車両との衝突を回避してくれる機能ですが、歩行者への自動ブレーキには対応していません。

 

また、使用できる速度域が狭いこともあり、予防安全性ではスイフトの方が優れていると言えるでしょう。

 

ホンダ・フィットがおすすめな人:広い室内空間を持っているコンパクトカーが欲しい人

 

2-3.スイフトがおすすめな人

結論からお伝えすると下記3タイプが新型スイフトをおすすめできるでしょう。

  • 走行性能を重視する人
  • 予防安全性能を重視する人
  • ターボエンジン搭載車が欲しい人

スイフトはスポーティーな走行を重視して設計開発が行われた車です。

 

構造をシンプルにして使用する素材を変えることで軽量化に成功した新開発のプラットフォームを採用することで車重を極限まで軽量化しています。

 

そこに欧州で培ったノウハウを活かしたサスペンションを搭載し、パワーステアリングも欧州チューニングを施している徹底したこだわりが特徴です。

 

基本性能を高めた車体に、このジャンルでは珍しいダウンサイジングターボを搭載することで、他にはない鋭い走りを実現しています。

 

コンパクトカーだからこそ走行性能にこだわりたいという人はスイフトがおすすめです。

 

そして、デュアルカメラを搭載する予防安全技術もクラストップの性能を誇っています。

 

歩行者も検知可能なデュアルカメラブレーキサポートは、JNCAP予防安全性能アセスメントで最高ランクの「ASV++(ダブルプラス)」を取得しています。

 

ライバル車とは段違いの高性能さを誇っており、安全性能もこだわりたい人にはスイフトが最もおすすめできます。

 

3.スイフトの目標値引き額

スイフト
※画像出典:スズキ公式HP
この章では新型スイフトの目標値引き額についてお伝えします。

 

最初に結論からお伝えすると、「目標値引き額:25万円」です。

 

その目標値引き額が出てきた根拠について説明します。今回、値引き額を出すにあたり、参考とした2サイトがあります。

 

  1. 大手口コミサイトの「価格コム」
  2. 実値引き額が充実しているレポートサイト

 

まずは、それらのサイトに掲載されている値引き額を見ていきましょう。

 

価格コムに掲載されている値引き額

スイフトの価格コム値引き情報
※参考:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/70100710176/

実値引きのレポートサイト

スイフトの値引き情報
※参考:http://www.swift.car-lineup.com/repo_b/index.html
上記2サイトで紹介されている値引きレポートを見ると、値引き額の平均は25万円前後であることが分かります。

 

スイフトは2017年1月から販売が開始された比較的新しいモデルですが、それなりの値引き額は引き出せるようです。

 

その要因としては、ライバル車の多さが挙げられます。

 

コンパクトカーのジャンルは非常に競争が激しく、各メーカーによる値引き合戦も盛んに行われています。

 

ライバル車の値引き額が20〜30万円程度のため、スイフトもこれに対抗して同等の値引きをしている事が予想されます。

 

ライバル車の値引き額が記載された見積書を提示することで、比較的簡単に最高値引きが引き出せるようになることも覚えておきましょう。

 

このことから分かるように、スイフト購入の際は25万円程度の値引きが引き出せれば成功と言えるでしょう。

 

下取り車がある方は朗報

下取り価格が期待できないのであれば、車一括査定サービスを利用することをオススメします。車一括査定の詳細については「2017年のおすすめ車一括査定は?高額買取のための全情報」をご確認ください。

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大1,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

4.まとめ

スイフトはスズキの世界戦略車です。世界中で同じ車を販売するため、非常に手間を掛けて設計がされています。

 

日本で販売されているスイフトには、トレンドであるハイブリッドシステムを搭載することでライバル車との差をなくしています。

 

しかし、欧州テイストのチューニングが好まれることも熟知しているため、スイフトではドライブフィーリングを欧州車のようにすることで、走行性能を重視する人にも好まれる車に仕上がっています。

 

さらに、どのライバル車よりも優れた自動ブレーキシステムを安価でオプション設定することで、スイフトの購入を検討していなかった層にも訴求することが可能になりました。

 

日本国内では軽自動車メーカーとしてのイメージが強いスズキですが、スイフトは全世界で普通乗用車を販売しているノウハウを活かした1台となっていることは間違いありません。

 

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介
新車値引きの相場や交渉術、また最終的にお得に購入する方法をご紹介します。
現ディーラー営業マンに聞いた!新車購入の安い時期と安くする方法を暴露
現営業ディーラーマンに実際に聞いた新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の税金は13年経過すると上がる!トータルで見ると買い替えた方が得?
現在車にかかる税金についてあまりよく分かってない方は、読み終わる頃には車の税金のアレコレやお得な買い替え時期が分かるでしょう。
【2017年最新版】エコカー減税はいつから?どれぐらい変わる?
今回はエコカー減税とは何なのか、減税率はどう変化するのか、買い替えに影響はあるのかなど、エコカー減税に関して様々なことを解説していきます。
2017年の車通勤におすすめの車種はどれ?元ディーラーが徹底解説
今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
中古車を安く購入したい!でも安い時期ってあるの?
今回は特別に、あなたが中古車購入をする際の極意をお教えします。その極意は特別な知識などはいりません。
中古車を購入するときに最低限知っておくべき10のチェックポイント
今回はそんな不安を解消すべく、車を購入するときにチェックするポイントをはじめ、その他お得な情報をお届けしていきます。
新型フリードの特徴・強み・弱み
新型「フリード」の長所も短所もわかるので、ライバルの「シエンタ」とどちらにしようか迷っているのであれば、最後まで読んで頂けるとどちらが優れたコンパクトミニバンなのか分かって頂けるでしょう。
シエンタは今でも売れ続けている!シエンタが売れている理由と目標値引き額
シエンタの従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイント<が分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、最終的にシエンタの特徴と予想値引き額が分かります。
ムーヴキャンバスの特徴・強み・弱み
ムーヴキャンバス、かわいいけどそのほかはどうなんだろう、自分に合った車なんだろうか、買っちゃっていいのか・・・そんな風に迷っているあなた、この記事を最後まで読んでくれれば、その迷いはスッキリ解消間違いなし。
新型インプレッサの特徴・強み・弱み
あなたはインプレッサの強みや弱みを把握でき、もしインプレッサとライバル車種と迷っているのであれば、どっちがいいのか判断できるのを約束します。
ノートe-POWERの特徴・強み・弱み
あなたはノート「e-POWER(イーパワー)」の長所や短所を把握できます。もしノートとライバル車種のアクアやフィットハイブリッドと迷っているのであれば、どちらがいいのか?その判断ができる情報を提供しています。
トヨタの新型SUV「C-HR」/売れ行き好調の理由と目標の値引き額
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
ルーミー・タンク・ジャスティの特徴
あなたは「ルーミー」と「タンク」の長所や短所を把握でき、もしライバル車種と迷っているのであれば、どちらがいいのか判断できる事を約束します。
新型マークX/特徴とライバル車種との比較、目標値引き額を徹底解説
この記事を読むだけで、マークXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、発売後の値引き情報についても詳しくまとめているので、マークXがいくらぐらいの値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型ソリオにハイブリッドが追加!目標値引き額とライバル車種との違い
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
マツダの新型CX-5は何が特徴なの?ライバル車種比較と目標値引き額
元ディーラー営業マンだった筆者が詳しく解説します。読み終わる頃には貴方も「CX-5」の全てが理解できます。
トヨタの新型ヴィッツにハイブリッド車が登場!主な特徴と目標値引き額
これからヴィッツなどのコンパクトカーを購入しようとする方に、元ディーラー営業マンの筆者がこれらの疑問の全てを解説します。
スズキのワゴンRがフルモデルチェンジ/主な特徴と最新目標値引き額
元ディーラー営業マンの筆者が「新型ワゴンR」を徹底的に調べたのがこの記事です。この記事を読み終えるころには、あなたは「新型ワゴンR」の全てを知ることが出来て、軽自動車選びに答えが出るはずです。
2017の新型シビックは何が特徴なの?目標の値引き額はどれぐらい?
まだまだ謎の多い新型シビックの特徴や日本未発売の先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年4月発売!レクサスLC500の5つの特徴とライバル車種比較
LC500シリーズを徹底調査してまとめました。過去のレクサス車と何が違うのかが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
新型XVは何が進化したの?主な変更点・特徴と目標値引き額
3月9日からの予約開始、4月6日に正式発表となる新型スバルXVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
三菱から期待のSUV「エクリプスクロス」が発売予定!特徴と目標値引き額
エクリプス クロスの特徴や気になるデザイン、ライバル車との違いや目標の値引き金額の全てが分かります。発売時期に関しても取り扱っているので、エクリプス クロスが気になっている人には必見の内容ばかりです。
2017年に発売?新型アクアの特徴とライバル車種との比較
2017年12月頃の登場が期待される新型アクアの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
プリウスPHVは何がすごいの?4つの特徴とライバル車種との比較
プリウスPHVの何がすごいのかが分かり、ライバル車との比較するべきポイントも分かります。そして最終的に、プリウスPHVがいかに究極のエコカーであり、今一番のおすすめであるのかが分かります。
新型MINIクロスオーバーはどんな特徴がある?ライバル車種との比較
新型MINIクロスオーバーを徹底調査してまとめました。この記事を読むだけで、従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイントが分かります。
2017年中に発売?新型N-BOXの特徴とライバル車種との比較
2017年に発売される新型N-BOXを徹底調査してまとめました。新型N-BOXの特徴と従来モデルからの改善点が分かります。気になるライバル車との比較ポイントもまとめているので、最終的に「新型N-BOX」はどんな車で、ライバル車より何が優れているのかが分かります。
新型アウトランダーPHEVの特徴・ライバル車種比較と目標値引き額
2017年2月9日に登場した新型アウトランダーPHEVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年に発売予定の新型マーチはどう進化する?予想値引き額は?
新型マーチの特徴と従来モデルとの違いが分かります。新型マーチがライバルに比べて何が優れていて、本当に買うべき車かどうかが分かります。
新型レンジローバーヴェラールの特徴と目標値引き額
レンジローバー ヴェラールを徹底調査してまとめました。レンジローバー ヴェラールの特徴やライバル車種との比較ポイントが分かります。レンジローバー イヴォークとの違いもまとめているので、最終的には「レンジローバー ヴェラール」がどんな車であり、本当に”買い”な車なのかどうかが分かります。
2017新型カムリの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
新型カムリの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型カムリの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型カムリはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ボルボV90はどんな特徴がある?オススメな人はどんな人?
ボルボV90を徹底調査してまとめました。新型ボルボV90の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
新型レクサスLSと現行モデルの変更点は?どんな特徴がある?
新型レクサスLSを徹底調査してまとめました。新型レクサスLSの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型スカイラインクーペの特徴は?目標値引き額はいくら?
新型スカイラインクーペの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型のCX-6はどんな外観?ライバル車種はどれになるの?
新型CX-6の特徴、ライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
新型アウディQ5はどんなデザイン?主な特徴とライバル車種との比較
新型アウディQ5を徹底調査してまとめました。新型アウディQ5の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型RVRは何がすごいの?主な特徴・変更点と目標値引き額
新型RVRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型RVRはどういう人に向いているのか、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型レクサスNXが大型マイナーチェンジ!特徴は何?ライバル車種との比較
新型レクサスNXを徹底調査してまとめました。新型レクサスNXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
ホンダのステップワゴンの主な特徴4つと目標値引き額、ライバル車種との違い
ステップワゴンの特徴と、ライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新モデルや値引き情報についてもまとめていますので、ステップワゴンの買い時といくら位値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型のアウディA5はどんな特徴がある?ライバル車種比較と目標値引き額
アウディA5を徹底調査してまとめました。従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。今後発売される派生モデルについても扱っていますので、最終的にはA5のモデルごとの特徴や一番おすすめのモデルが分かります。
2016新型タントの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
2016年11月30日に登場した新型タントの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型タントの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型タントはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ベンツ「GLA」の特徴は?ライバル車種と比べた評価は?
GLAの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。今回のマイナーチェンジでGLAのどこが変わったのか、今最もおすすめのコンパクトSUVは何かということが分かります。
新型ミライースの特徴は?従来モデルとの違いと目標値引き額
ミライースを徹底調査してまとめました。新型ミライースの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。予想値引き額に関してもまとめているので、ミライースの値引き情報も分かります。
新型グレイスがビッグマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
グレイスを徹底調査してまとめました。大型改良されるグレイスの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、最新の値引き情報についてもまとめているので、最終的にはグレイスの予想購入価格も分かります。
ホンダフィットがマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
フィットのマイナーチェンジの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる予想値引き額についてもまとめていますので、最終的には新型フィットがどれほどの値引きで購入できるのかということも分かります。
新型ゴルフがマイナーチェンジで大幅改良!主な変更点とライバル車種比較
ゴルフを徹底調査してまとめました。新型ゴルフの特徴とライバル車との違いも分かります。そして最終的には、今回のマイナーチェンジでゴルフの何が変わったのがも分かります。