新型タント/タント 値引き

2016新型タントの特徴とライバル車種との比較

最終更新日:2017年9月18日
新型タント01
※画像出典:ダイハツHP
タントと言えば、軽自動車というカテゴリーに、「スーパーハイトワゴン」という新しいジャンルを創出したパイオニア的存在です。

 

初代モデルが発売された直後は、ムーヴやワゴンRといったその時代の軽自動車らしいフロントマスクでありながら、極端に短いボンネットや、不釣り合いなほど大きく高さのあるフロントガラスなど、多くのユーザーが違和感を覚え、あまり評判の良いデザインではありませんでした。

 

しかし、当時のCMのキャッチコピーであった「家族にピッタント」というフレーズ通り、見た目のデザインよりも、使い勝手や乗り降りのしやすさを優先させたデザインで、徐々に評判が広がり、軽自動車の販売台数ではトップに躍り出るまでに人気の車種となりました。

 

初代から数えて3代目となる現行モデル(LA600S型)は、2013年に発売され、初代から継承する使いやすさを更に進化させたモデルとして、人気を集めています。

 

そんな3代目新型タントですが、主に安全性を中心とした小変更を施し、2016年11月にマイナーチェンジをされました。

  • 新型タントの特徴は?
  • ライバル車種と比べ優れている点と劣っている点は?
  • 新型タントはどんな人にオススメなのか?
  • 目標の値引き額はどれぐらいなんだろうか?

今回の記事は上記のような悩みや疑問を解決するために、2016年11月30日に登場した新型タントの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。

 

この記事を読むことで新型タントの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型タントはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。

 

新型タントの目標値引き額 → 20万円

もし、下取り車がある場合は、とっておきの方法で高く買い取ってもらう方法があります。どのような車種でも平均で10万以上お得に売っています。

 

詳細は「新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介」をご確認ください。

 

1.新型タントの4つの特徴

新型タント02
※画像出典:ダイハツHP
何と言ってもタントの魅力は、使う人、乗る人のことを1番に考え、軽自動車という限られた空間を最大限に生かす工夫がされているということです。

 

まず、2代目から採用され誰もが驚いたピラーレスの「ミラクルオープンドア」。

 

これは、助手席側のBピラー(全席と後席の間の柱)をスライドドアに埋め込むという新しい発想で、助手席側のスイングドアとスライドドアを開けると、従来までそこにあるはずの邪魔な柱が無く、乗降性は極めて良好です。

 

そして、軽自動車とは思えない広大な室内空間を実現している天井高は、乗り降りの際に体を大きくかがめる必要が無く、まさしくストレスフリーな乗降性と言えます。

 

また、背の高い荷物、例えばベビーカーなども立てたまま後席の足元に無理なく乗せることができるなど、とにかく使いやすさを追求したデザインなのです。

 

新型タントでは、そんな初代から続く使いやすさを最優先という熟成されたコンセプトをさらに追求しながら、先進の予防安全装備を取り入れるなど、まさしく正常進化したモデルとなっています。

 

下記からは、新型タントの魅力であり特徴でもある安全性能について詳しく見ていきたいと思います。

 

新型タントの安全性能

新型タントでは、それまでの「スマートアシスト2」から、「スマートアシスト3」へと進化し、安全性能が強化されています。

 

スマートアシスト3の主な特徴や変更点は以下の3点になります。

  • 歩行者にも対応
  • 対応速度域の拡大
  • オートハイビームを採用

 

歩行者にも対応

新型タント03
※画像出典:ダイハツHP
今回のマイナーチェンジでメインの変更点となるのが、安全性能の強化であるとお伝えしてきましたが、そのなかでも最も注目すべき点は、ステレオカメラを採用したことです。

 

それまでスマートアシスト2では、シングルカメラとレーザー光を使ったシステムで、歩行者に対する対応は、警報音のみとなっていました。

 

そこで、ライバルであるスズキの「デュアルカメラブレーキサポート」などでも採用されているステレオカメラを使用したシステムに変更され、歩行者に対しても30km/h以下であれば緊急ブレーキをかける「衝突回避支援ブレーキ機能」が追加されました。

 

このステレオカメラシステムは、スズキの「デュアルカメラブレーキサポート」やスバルの「アイサイト」が日立オートモーティブシステムズ製であるのに対し、デンソー製が採用されています。

 

売れる車の必須性能である安全については、それまでライバルであるスズキに若干溝を開けられてしまっていたダイハツですが、スマートアシスト3へと進化したことで、追いつく形となりました。

 

対応速度域の拡大

新型タント04
※画像出典:ダイハツHP
そして、世界最小のカメラ間隔となる80mmとなるステレオカメラをフロントガラス上部装着したことで、歩行者への対応を可能にしただけではなく、対車両への対応速度域も30km/hから、80km/hへと拡大されました。

 

今まで軽自動車のブレーキは、ある意味それなりの性能であれば良いという風潮が自動車業界には有ったことが否定できません。

 

しかし、昨今の高齢者ドライバーによる事故の増加や、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故の増加が社会問題として強く認識されるようになりました。

 

タントなどの軽自動車は、運転にまだ不慣れな初心者や、近所の足としてちょうど良い利便性などが好評で、高齢者や主婦の方が乗るセカンドカーとして人気の車種です。

 

つまり、そういった運転に慣れている方よりも、若干運転に自信のない方などが運転する機会の多い軽自動車だからこそ、高レベルな安全システムが必要であると言えます。

 

よって、ダイハツとスズキという日本を代表する軽自動車メーカーに、高レベルの予防安全システム、安全運転支援システムが揃ったことになり、ユーザーにとっては歓迎すべきことでしょう。

 

オートハイビームを採用

新型タント05
※画像出典:ダイハツHP
ステレオカメラを採用したことで、新型タントにはダイハツ初の装備が採用されることになり、その装備は、最近のトレンドとも言える「オートハイビーム」機能です。

 

このオートハイビームは、先述の通りステレオカメラがあってこその機能で、最近の新型モデルには積極的に採用される装備です。

 

もちろん、対向車が居ない状況では、夜間の視界を確保するためにハイビームにすることは有効ですが、私は、このオートハイビームは、自分の安全よりも、対向車や歩行者など、他の交通の安全のためにとても有効であると思います。

 

みなさんも夜間に走行しているとき、対向車のヘッドライトがハイビームになっていて眩しい経験をしたことが有ると思います。

 

進行方向から自分に向けてハイビームの明かりが当たると、前方の視界が著しく妨げられてしまい、横断する歩行者などが見えづらくなり大変危険です。

 

そこで、オートハイビームは自分ではない他人の安全を守る効果が期待できますし、状況によりヘッドライトを切り替えるという手間が無く、運転に集中することができます。

 

新型タントのその他の特徴

新型タント06
※画像出典:ダイハツHP
上記でご紹介した安全装置以外に、新型タントに採用された装備や、タントならではの特徴をご紹介したいと思います。

 

D assist切替ステアリングスイッチを標準装備

新型タント07
※画像出典:ダイハツHP
D assist切替ステアリングスイッチとは、ステアリングの右側スポークに装着された「POWER」と書かれたスイッチで、このスイッチを押すことで、燃費を重視した通常モードと、走行性能を重視したPOWERモードを簡単に切り替えることができます。

 

CVTの特性として、アクセルの開度によって一定の回転数で連続的に変速されていきますが、POWERモードに切り替えることで、この回転数を上げ、最もパワーが出せる回転域を維持しやすくなるのです。

 

また、このD assist切替ステアリングスイッチをターボモデルにも、NAモデルにも標準装備されました。

 

特に、それまでどうしても力不足を感じることが多かったNAモデルでは、ターボモデルよりもその恩恵を受けることができるでしょう。

 

タントならではの優しい装備

新型タント08
※画像出典:ダイハツHP
タントは使う人のことを一番に考えて設計されたモデルですので、3代目タントには、いたるところに使い勝手を考えた「小ワザ」が多く採用されていますので、簡単にご紹介したいと思います。

 

まずは、3代目タントから両側スライドドアが採用され、狭い駐車場などでは、大きな荷物や子供を抱えた状態でも乗り降りがしやすくなりました。

 

また、助手席の上部にはしっかりと握れるハンドルがあり、足腰が弱くなった高齢者にも優しいポイントだと言えるでしょう。

 

上記のような装備以外にも、一気にご紹介できないほど多くの乗る人のことを考えた装備が採用されているのです。

 

そんな魅力が詰まって新型タントですが、新型タントのライバル車種とはどのような違いがあるのか見ていきたいと思います。

 

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

2.新型タントVSライバル車種

新型タント09
※画像出典:ダイハツHP
では、ここから、各メーカーからラインナップされているスーパーハイトワゴンたちと比較して見たいと思います。

 

では、ライバル車種と比較する前に、新型タントの基本スペックから見ていきましょう。

 

2-1.新型タントの基本スペック

それでは新型タントの基本スペックのおさらいです。

 

  • メーカー希望小売価格:122万円~166万円
  • 燃費:24.6km/L(ターボ4WD)~28.0km/L(NA 2WD)
  • エンジンの特徴:3気筒12バルブDOHC DVVTエンジン
  • 最大出力/最大トルク:64ps/9.4kgm(ターボ)
  • 最大出力/最大トルク:52ps/6.1kgm(NA)
  • 乗車定員:4名

今では他メーカーからもスーパーハイトワゴンが発売されるようになりましたが、長年ナンバー1を守り続けてきた新型タントは、ライバル車種と比べてどういった点が優れているのかについて見ていきたいと思います。

新型タントのライバル車種

  1. ホンダ N-BOX C 119万円
  2. スズキ スペーシアG 127万円
  3. 三菱 ekスペース M 124万円

それでは、それぞれのライバル車種の特徴などを見ながら、比較をしていきたいと思います。

 

ホンダ N-BOX C

それまで、どのメーカーも、どんな車種も敵わず、絶対的な王者として君臨し続けていたタントの牙城を崩したのがホンダのN-BOXです。

 

N-BOXは、新しく開発されたプラットフォームと、ホンダ独自の「センタータンクレイアウト」を採用したことで、特に荷室の使い勝手に重きが置かれ、それまでの軽自動車の常識を覆す大容量のラゲッジスペースを確保することと、使いやすさを手に入れることに成功しています。

 

そして、今のホンダ車に採用される、洗練されたスポーティーなデザインも人気となり、瞬く間に軽自動車の販売台数でトップの座を奪ったのです。

 

比較対象にあげたグレードのCについては、今回の車両の中で最もリーズナブルな価格設定であり、使い勝手に優れたスーパーハイトワゴンの価格としては非常にお得感の強いモデルとなっています。

 

しかし、車両重量が950kgであることを考えると、NAモデルではいささか非力さは否めず、是非ターボモデルを選択したいところです。

 

N-BOXのターボモデルである「G・ターボLパッケージ」は147万円からとなり、パドルシフトやクルーズコントロール、パワースライドドアなどの装備が一気に充実するにもかかわらず、比較モデルの中でもっともリーズナブルな価格設定となっています。

 

そのため、積極的にリヤシートのアレンジを活用するアクティブな若者世代にはメイン使いの車両としてもオススメできるモデルとなっています。

 

ここまでN-BOXの荷室について大容量且つ、多彩なアレンジが魅力とお伝えしましたが、1点残念な点があります。

 

それは、標準ではリヤシートにスライド機構を持っていないということです。

 

もちろん、いざという時にはリヤシートを畳み、大容量の荷室を使用する事が出来ますが、例えば、チャイルドシートを着けたまま大きな荷物を載せたい、荷物を載せないときは広々と使い、いざというときに、必要な分だけ荷室を広げるといった、「ちょっと使い」をすることができません。

 

オプションで一部のグレードにスライド機構を装着することはできますが、後付け感は否めず、若干荷室の使い勝手を犠牲にしなくてはなりません。

 

その点、新型タントには240mmスライドできる機構が備わっていますので、限られた空間を、そのシーンに合わせ細かく調整できるという点では、タントに軍配が上がります。

 

スズキ スペーシアG

ダイハツタントの登場で軽自動車NO1ではなくなってしまったスズキが、タントに対抗するため、パレットを世に送り出しますが、思ったほどの売れ行きにはなりませんでした。

 

そこで、車名も新たに満を持して登場したのがスペーシアです。

 

基本的なパッケージングは、他メーカーのスーパーハイトワゴンと同じように、1,700mmを超える全高と、2,000mmを超える室内長を持ち、左右独立して170mmスライドできるリヤシートなど、シートアレンジも多彩です。

 

スペーシアが他のモデルと大きく違う点は2点。

 

まず一つ目が、他のメーカーに先駆け、軽自動車では初めて、2つのカメラを使用し、車だけでなく人にも作動する「デュアルブカメラブレーキサポート」を備えたことです。

 

2015年5月から採用されたこのシステムは、2016年度JNCAP予防安全性能評価で、最高ランクとなる「ASV++(ダブルプラス)」を獲得し、今回の比較車両の中では最も優れた評価を得ています。

 

そして、もう一つの違いが、廉価グレードのGからターボ装着のグレードまですべてのエンジンを、「Sエネチャージ」のハイブリットシステムを採用し、JC08燃費は32.0km/hという驚異の燃費性能を誇っている点です。

 

また、燃費にも大きく貢献しているポイントは、840kg(グレードG 2WD)という軽量な車重にあります。

 

この車重は、今回比較しているモデルと比べても80kg~100kg以上の違いがあり、もともと軽量な軽自動車にとっては、燃費はもちろん、背の高いスーパーハイトワゴンにとっては、走行安定性などに大きく影響します。

 

低速トルクが優れたハイブリットの特性と、最高水準の安全装置を備えたスペーシアは、主に普段の生活圏内で使用することの多い主婦の方などにはピッタリの一台であると言えます。

 

ただ、プラスアルファの加速性能を求める場合は、上級モデルのスペーシアカスタムXSターボを選ぶ必要があり、デュアルカメラブレーキサポートを標準装備したグレードでは、約180万円という高額になってしまい、奥様の乗るセカンドカーとしてはやや割高感が否めません。

 

価格については、スマートアシスト3が標準装備された「XターボSA Ⅲ」が約150万円で購入できる新型タントの方が、コストパフォーマンスは高いと言えます。

 

三菱 ekスペース M

ekスペースは日産との共同開発で開発された車両で、日産では「日産デイズルークス」として販売されています。

 

基本的なパッケージングは当然他メーカーのスーパーハイトワゴンどほぼ同様で、1,775mmの全高(N-BOXの1,780mm次ぐ2番目の高さ)や、260mmスライドできるリヤシートなど、使いやすさを一番に考えたパッケージになっています。

 

大きな特徴は、後部座席の快適性にこだわっているという点にあります。

 

まず、520mmという長さがが確保されたリヤシートの座面は、膝裏までしっかりとサポートしてくれ、普通車セダン並みのしっかりとしたサイズとなっています。

 

また、リヤに風を送ることができるサーキュレーターを標準装備したグレードが設定されているなど、リヤシートの快適性は、今回の比較車両の中でもっとも優れていると言えるでしょう。

 

そのため、家族みんなで使えるセカンドカーや、単身の若い方にとってオススメの一台と言えます。

 

しかし、皆さんも記憶に新しいと思われる、いわゆる燃費偽装問題の発端となったのは、このekスペースとekワゴンです。

 

その影響で燃費データは訂正され、最も優秀なNAの2WDモデルで、JC08燃費22.2km/hであり、今回の比較車両の中では最下位という結果になってしまいました。

 

そして、今では当たり前となった安全装置についても、歩行者への対応はしておらず、その中でも高性能な安全装置を装着したG Safety Packageというグレードは148万円となってしまい、歩行者にも対応している新型タントに比べると割高感は否めません。

 

よって、最新の安全装置を備えた新型タントの方が、低燃費と安全性では1歩リードといったところです。

 

以上がライバル車種の特徴とおすすめな人です。

 

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

 

では新型タントがおすすめな人はどんな人でしょうか?

 

新型タントがオススメな人

結論からお伝えすると下記3タイプが新型タントをおすすめできるでしょう。

  1. 軽自動車をメインの車として使いたい方
  2. 小さなお子さんのいる若い夫婦
  3. 大きな車は必要のない熟年夫婦

新型タントに限らず、軽自動車という限られた枠の中で、各メーカーとも様々な工夫を凝らし、少し前には想像もできなかった居住性や、使いやすさに重きが置かれ開発されています。

 

そんな、新型タントをはじめとするスーパーハイトワゴンは、日常生活においては何ら不自由なく活躍してくれることは間違いありません。

 

その中でも、スーパーハイトワゴンという新しいジャンルを開拓したパイオニアであるタントは、初代から培われた豊富なデータをもとに、居住性、動力性能、燃費性能、走行性能を高次元で実現させているモデルと言えます。

 

さらに2016年11月のマイナーチェンジにより、最新の安全装置を手にすることとなり、まさしく普段使いには申し分のないモデルとなりました。

 

そして、当然軽自動車ならではの維持費の安さや、狭い日本の道でも取り回しやすいサイズ感など、車であまり遠出をしない方にとっては必要にして十分なパッケージングです。

 

また、テレビCMなどを見て頂くとお分かりのように、非常に子育て世代を意識した造りが特徴で、小さなお子さんのいる家庭では非常に重宝することでしょう。

 

さらに、維持費が安く、車内の広い新型タントなら、お子さんが独立し、大きな車は必要ないけれど、趣味のガーデニングなど週末にホームセンターなどで大きな買い物をしても、容易に積んで帰ってくることができます。

 

3.新型タント目標値引き額

新型タント10
※画像出典:ダイハツHP ここからは新型タントの目標値引き金額についてお伝えします。

 

最初に結論からお伝えすると目標値引き額:20万円です。

 

その目標値引き額が出てきた根拠について説明します。

 

今回、値引き額を出すに辺り、参考とした2サイトがあります。

  1. 大手口コミサイトの「価格コム」
  2. 実値引き額が充実しているレポートサイト

ではそれらのサイトに掲載されている値引き額を見ていきましょう。

 

価格コムに掲載されている値引き額

価格コムの新型タントの値引き額
※出典:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/70100810408/

 

実値引き額のレポートサイト

値引きレポートのジェイドの値引き額
※出典:http://www.tanto.car-lineup.com/nebiki_repo/repo_a.html

 

今回の値引き目標とした20万という金額は、少々ハードルが高いかもしれません。

 

理由は、上記の値引き実績を見ていただくとわかる通り、当然のことながら、新型タントが発売された直後の値引きは少なくなっています。

 

ですが、発売から約5か月経った2017年の4月の段階では、本体値引きで17万円という実績が出始めていますので、オプション値引きと合わせて20万円を目標としました。

 

下取り車がある方は朗報

下取り価格が期待できないのであれば、車一括査定サービスを利用することをオススメします。車一括査定の詳細については「2017年のおすすめ車一括査定は?高額買取のための全情報」をご確認ください。

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大2,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

4.まとめ

新型タント11
※画像出典:ダイハツHP
初代タントが登場した当時は、あまりにバランスの悪いデザインであったため、多くの人からは酷評されることも少なくありませんでした。

 

しかし、時代が進み、今では最も売れる軽自動車のジャンルとして各メーカーがこぞって開発競争を繰り広げています。

 

従来よりも軽量で高剛性のボディ、燃費の良いエンジン、高い安全性能を持ち、使い勝手の良いスーパーハイトワゴンというジャンルは、これからしばらくのあいだ廃れることは無いでしょう。

 

【マル秘】ガリバーで新古車や未使用車などの未公開車両を提案してもらう方法

その方法とは、「なびくる+」という中古車提案サービスを利用して、希望条件を伝える=備考欄に記載することで行えます。
※提案してくれるのは「ガリバー」ですが、ガリバー本サイトではこのような希望条件を伝える項目がありません。


≪備考欄への記載例≫
なびくる+
・新古車や未使用車のみ提案を希望
・新古車の軽自動車で○万円以内の提案を希望
・1,000km以下の新車同等の中古車提案を希望
・ミニバンで5,000km以内の新車と同等品を希望
・ディーラーの代車で使用していた中古車提案を希望


さっそく新古車や未使用車の提案をしてもらう

なびくる+はコチラ → https://a-navikuru.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引きを最大限引き出すとっておきの秘訣を紹介
新車値引きの相場や交渉術、また最終的にお得に購入する方法をご紹介します。
現ディーラー営業マンに聞いた!新車購入の安い時期と安くする方法を暴露
現営業ディーラーマンに実際に聞いた新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の税金は13年経過すると上がる!トータルで見ると買い替えた方が得?
現在車にかかる税金についてあまりよく分かってない方は、読み終わる頃には車の税金のアレコレやお得な買い替え時期が分かるでしょう。
【2017年最新版】エコカー減税はいつから?どれぐらい変わる?
今回はエコカー減税とは何なのか、減税率はどう変化するのか、買い替えに影響はあるのかなど、エコカー減税に関して様々なことを解説していきます。
2017年の車通勤におすすめの車種はどれ?元ディーラーが徹底解説
今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
中古車を安く購入したい!でも安い時期ってあるの?
今回は特別に、あなたが中古車購入をする際の極意をお教えします。その極意は特別な知識などはいりません。
中古車を購入するときに最低限知っておくべき10のチェックポイント
今回はそんな不安を解消すべく、車を購入するときにチェックするポイントをはじめ、その他お得な情報をお届けしていきます。
新型フリードの特徴・強み・弱みと目標値引き額を徹底調査
新型「フリード」の長所も短所もわかるので、ライバルの「シエンタ」とどちらにしようか迷っているのであれば、最後まで読んで頂けるとどちらが優れたコンパクトミニバンなのか分かって頂けるでしょう。
【2017年8月】ホンダのフリード値引き情報!半年間の推移から予測
実際にフリードを購入した人が、いくらの値引きをしてもらったのかをグラフ化してまとめてあります。フリードがどれくらいの値引きが期待できるのかが分かります。値引き交渉のテクニックもまとめていますので、最終的にフリードを安く買うワザが身につくでしょう。
シエンタは今でも売れ続けている!シエンタが売れている理由と目標値引き額
シエンタの従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイント<が分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、最終的にシエンタの特徴と予想値引き額が分かります。
【2017年8月】トヨタのシエンタ値引き情報!半年間の推移から予測
シエンタの値引き情報についてまとめています。実際に買った人の購入レポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き額をグラフ化して紹介しています。
ムーヴキャンバスの特徴・強み・弱み
ムーヴキャンバス、かわいいけどそのほかはどうなんだろう、自分に合った車なんだろうか、買っちゃっていいのか・・・そんな風に迷っているあなた、この記事を最後まで読んでくれれば、その迷いはスッキリ解消間違いなし。
新型インプレッサの特徴・強み・弱み
あなたはインプレッサの強みや弱みを把握でき、もしインプレッサとライバル車種と迷っているのであれば、どっちがいいのか判断できるのを約束します。
ノートe-POWERの特徴・強み・弱み
あなたはノート「e-POWER(イーパワー)」の長所や短所を把握できます。もしノートとライバル車種のアクアやフィットハイブリッドと迷っているのであれば、どちらがいいのか?その判断ができる情報を提供しています。
【2017年8月】日産のノート値引き情報!半年間の推移から予測
e-POWERの登場で再び注目を集めているノートの値引き情報についてまとめています。実際の購入者の口コミに基づくデータを過去半年分に渡りまとめてデータ化しています。そのため、この記事を読むだけでノートの値引き情報が全て分かるようになっています。
トヨタの新型SUV「C-HR」/売れ行き好調の理由と目標の値引き額
2016年12月14日に登場したC-HRの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。C-HRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、C-HRはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年7月】トヨタのC-HR値引き情報!半年間の推移から予測
登場から半年が経過したC-HRの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを参照に、過去半年分の値引の推移をデータ化しています。
ルーミー・タンク・ジャスティの特徴
あなたは「ルーミー」と「タンク」の長所や短所を把握でき、もしライバル車種と迷っているのであれば、どちらがいいのか判断できる事を約束します。
【2017年10月】トヨタのタンク値引き情報!半年間の推移から予測
トヨタの人気車種「タンク」の値引き情報をまとめています。実際にタンクを買った人による購入レポートを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化して紹介しています。タンクの目標値引き額が分かり、購入金額を決める参考になります。新車を安く買うためのコツも紹介しているので、最終的にはタンクを安く買うテクニックが身につきます。
【2017年10月】トヨタのルーミー値引き情報!半年間の推移から予測
ルーミーの値引き情報についてまとめています。実際にルーミーを購入した人の購入レポートを基に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。ルーミーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはルーミーを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
新型スイフトの4つとの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
フルモデルチェンジをしたスズキのスイフトの購入を検討している方に向けて、元ディーラー営業マンの筆者がこれら「スイフト」の全てを解説します。
新型マークX/特徴とライバル車種との比較、目標値引き額を徹底解説
この記事を読むだけで、マークXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、発売後の値引き情報についても詳しくまとめているので、マークXがいくらぐらいの値引きをしてもらえるのかが分かります。
新型ソリオにハイブリッドが追加!目標値引き額とライバル車種との違い
元ディーラー営業マンであった筆者が隅々まで調査し、分かりやすくまとめました。本記事を読めば、そこまで車に詳しくない人でも新型ソリオハイブリッドの全てがわかります。
【2017年10月】スズキのソリオ/バンディット値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、ソリオの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。そのため、この記事を読むだけで、ソリオの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うテクニックも紹介しているので、最終的にソリオをお得に購入するノウハウが身につくでしょう。
マツダの新型CX-5は何が特徴なの?ライバル車種比較と目標値引き額
元ディーラー営業マンだった筆者が詳しく解説します。読み終わる頃には貴方も「CX-5」の全てが理解できます。
【2017年10月】マツダのCX-5値引き情報!半年間の推移から予測
CX-5の値引き情報についてまとめていきます。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化しています。CX-5の予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にCX-5をお得に購入するテクニックが身につきます。
トヨタの新型ヴィッツにハイブリッド車が登場!主な特徴と目標値引き額
これからヴィッツなどのコンパクトカーを購入しようとする方に、元ディーラー営業マンの筆者がこれらの疑問の全てを解説します。
【2017年8月】トヨタのヴィッツ値引き情報!半年間の推移から予測
ヴィッツの半年間の値引き額を徹底調査してまとめています。実際に購入した人はいくらの値引きをしてもらったのかをわかりやすくデータしています。この記事を読めば、ヴィッツの値引き推移と目標値引き額が分かります。 値引き交渉テクニックも紹介しているので、最終的にはヴィッツを最安値で購入する方法が分かります。
スズキのワゴンRがフルモデルチェンジ/主な特徴と最新目標値引き額
元ディーラー営業マンの筆者が「新型ワゴンR」を徹底的に調べたのがこの記事です。この記事を読み終えるころには、あなたは「新型ワゴンR」の全てを知ることが出来て、軽自動車選びに答えが出るはずです。
2017の新型シビックは何が特徴なの?目標の値引き額はどれぐらい?
まだまだ謎の多い新型シビックの特徴や日本未発売の先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年4月発売!レクサスLC500の5つの特徴とライバル車種比較
LC500シリーズを徹底調査してまとめました。過去のレクサス車と何が違うのかが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
新型XVは何が進化したの?主な変更点・特徴と目標値引き額
3月9日からの予約開始、4月6日に正式発表となる新型スバルXVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
三菱から期待のSUV「エクリプスクロス」が発売予定!特徴と目標値引き額
エクリプス クロスの特徴や気になるデザイン、ライバル車との違いや目標の値引き金額の全てが分かります。発売時期に関しても取り扱っているので、エクリプス クロスが気になっている人には必見の内容ばかりです。
2017年に発売?新型アクアの特徴とライバル車種との比較
2017年12月頃の登場が期待される新型アクアの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
プリウスPHVは何がすごいの?4つの特徴とライバル車種との比較
プリウスPHVの何がすごいのかが分かり、ライバル車との比較するべきポイントも分かります。そして最終的に、プリウスPHVがいかに究極のエコカーであり、今一番のおすすめであるのかが分かります。
新型MINIクロスオーバーはどんな特徴がある?ライバル車種との比較
新型MINIクロスオーバーを徹底調査してまとめました。この記事を読むだけで、従来モデルとの違いや、ライバル車との比較ポイントが分かります。
2017年中に発売?新型N-BOXの特徴とライバル車種との比較
2017年に発売される新型N-BOXを徹底調査してまとめました。新型N-BOXの特徴と従来モデルからの改善点が分かります。気になるライバル車との比較ポイントもまとめているので、最終的に「新型N-BOX」はどんな車で、ライバル車より何が優れているのかが分かります。
新型アウトランダーPHEVの特徴・ライバル車種比較と目標値引き額
2017年2月9日に登場した新型アウトランダーPHEVの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017年に発売予定の新型マーチはどう進化する?予想値引き額は?
新型マーチの特徴と従来モデルとの違いが分かります。新型マーチがライバルに比べて何が優れていて、本当に買うべき車かどうかが分かります。
新型レンジローバーヴェラールの特徴と目標値引き額
レンジローバー ヴェラールを徹底調査してまとめました。レンジローバー ヴェラールの特徴やライバル車種との比較ポイントが分かります。レンジローバー イヴォークとの違いもまとめているので、最終的には「レンジローバー ヴェラール」がどんな車であり、本当に”買い”な車なのかどうかが分かります。
2017新型カムリの特徴とライバル車種との比較・目標値引き額
新型カムリの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。新型カムリの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型カムリはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型ボルボV90はどんな特徴がある?オススメな人はどんな人?
ボルボV90を徹底調査してまとめました。新型ボルボV90の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
新型レクサスLSと現行モデルの変更点は?どんな特徴がある?
新型レクサスLSを徹底調査してまとめました。新型レクサスLSの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型スカイラインクーペの特徴は?目標値引き額はいくら?
新型スカイラインクーペの特徴、先代モデルやライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型のCX-6はどんな外観?ライバル車種はどれになるの?
新型CX-6の特徴、ライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
新型アウディQ5はどんなデザイン?主な特徴とライバル車種との比較
新型アウディQ5を徹底調査してまとめました。新型アウディQ5の特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
2017新型RVRは何がすごいの?主な特徴・変更点と目標値引き額
新型RVRの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型RVRはどういう人に向いているのか、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型レクサスNXが大型マイナーチェンジ!特徴は何?ライバル車種との比較
新型レクサスNXを徹底調査してまとめました。新型レクサスNXの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。
ホンダのステップワゴンの主な特徴4つと目標値引き額、ライバル車種との違い
ステップワゴンの特徴と、ライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新モデルや値引き情報についてもまとめていますので、ステップワゴンの買い時といくら位値引きをしてもらえるのかが分かります。
【2017年9月】ホンダのステップワゴン値引き情報!半年間の推移から予測
ステップワゴンを購入した人の口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をグラフ化してまとめています。ステップワゴンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。値引き交渉のテクニックもまとめているので、最終的にはステップワゴンを安く買うワザが身につくでしょう。
新型のアウディA5はどんな特徴がある?ライバル車種比較と目標値引き額
アウディA5を徹底調査してまとめました。従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。今後発売される派生モデルについても扱っていますので、最終的にはA5のモデルごとの特徴や一番おすすめのモデルが分かります。
新型ベンツ「GLA」の特徴は?ライバル車種と比べた評価は?
GLAの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。今回のマイナーチェンジでGLAのどこが変わったのか、今最もおすすめのコンパクトSUVは何かということが分かります。
新型ミライースの特徴は?従来モデルとの違いと目標値引き額
ミライースを徹底調査してまとめました。新型ミライースの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。予想値引き額に関してもまとめているので、ミライースの値引き情報も分かります。
新型グレイスがビッグマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
グレイスを徹底調査してまとめました。大型改良されるグレイスの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。さらに、最新の値引き情報についてもまとめているので、最終的にはグレイスの予想購入価格も分かります。
ホンダフィットがマイナーチェンジ!主な変更点と予想値引き価格
フィットのマイナーチェンジの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる予想値引き額についてもまとめていますので、最終的には新型フィットがどれほどの値引きで購入できるのかということも分かります。
【2017年9月】ホンダのフィット値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダのコンパクトカー「フィット」の値引き情報をまとめています。実際に購入した人の口コミを参考に、過去半年分のデータをグラフ化してまとめています。フィットの実際の値引き情報と目標値引き額が分かります。新車を安く買う方法もまとめているので、最終的にフィットを安く買うことが可能になるでしょう。
新型ゴルフがマイナーチェンジで大幅改良!主な変更点とライバル車種比較
ゴルフを徹底調査してまとめました。新型ゴルフの特徴とライバル車との違いも分かります。そして最終的には、今回のマイナーチェンジでゴルフの何が変わったのがも分かります。
2017年にハリアーがマイナーチェンジ!主な変更点と目標値引き額
この記事を読むことで、ハリアーのマイナーチェンジの全貌とライバル車との違いが分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、ハリアーがどんな車でいくらの値引きが可能であるのかも分かります。
新型エクストレイルがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
この記事を読むことで、エクストレイルの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、マイナーチェンジの全貌と気になる値引き額が分かります。
【2017年9月】日産のエクストレイル値引き情報!半年間の推移から予測
エクストレイルの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人のレポートを基に、過去半年分の値引き額をグラフ化して分析しています。そのため、この記事を読むだけでエクストレイルの値引き額と目標購入金額がわかるようになっています。
トヨタがアクアをマイナーチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
この記事を読むだけで、新型アクアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になるマイナーチェンジの全貌もまとめているので、従来のモデルから何が変わったのかが分かります。
【2017年8月】トヨタのアクア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、アクアの値引き情報をまとめています。購入した人がいくらの値引きをしてもらったのか、実際の口コミをデータ化してまとめました。
BMWの新型5シリーズツーリングはどんな特徴?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけで、従来モデルとの違いやライバル車との比較ポイントが分かります。気になる新機能についても解説していますので、最終的には新型5シリーズツーリングがどれだけ大きく変わったのかが分かります。
2017年の新型レヴォーグはどんな特徴がある?目標値引き額は?
この記事を読むだけで、今回のマイナーチェンジの全貌とレヴォーグの特徴が分かります。ライバル車との違いや値引き情報についてもまとめています。最終的にはライバル車との違いや、どの車が一番おすすめかが分かります。
新型「WRX S4」のデザインはカッコイイ?ライバル車種との違いは?
この記事を読むだけでWRX S4の従来モデルからの変更点が分かります。気になる値引き情報やライバル車との徹底比較もしているので、最終的には新型WRX S4は本当におすすめできる車なのかということが分かります。
新型ノアはどんな特徴がある?旧モデルとの違いと目標値引き額
ノアがどんな車かということとライバル車の違いが分かります。マイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからの変更点も全てわかります。
【2017年9月】トヨタのノア値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、そんなノアの値引き情報についてまとめています。実際にノアを購入した人のレポートや口コミを参考に、過去半年分の値引き推移をデータにしました。ノアの予想値引き額と目標購入金額が分かります。ディーラーでの交渉テクニックもまとめているので、最終的にはノアを安く買うコツが身につきます。
新型ヴォクシーが何が進化した?ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにヴォクシーを徹底調査してまとめました。ヴォクシーのすべてが分かり、ライバル車との比較ポイントも分かります。
【2017年8月】トヨタのヴォクシー値引き情報!半年間の推移から予測
ヴォクシーの値引き情報についてまとめています。みんなは実際にいくらで購入しているのか、口コミを基に過去半年分の値引き推移をデータ化しています。
新型エスクァイアの特徴は?特徴4つ、ライバル車種比較と目標値引き額
今回の記事は、その全てを解決するためにエスクァイアを徹底調査してまとめました。エスクァイアの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。そして最終的には、今発売されているミニバンの中でどのモデルが一番おすすめかが分かります。
【2017年10月】エスクァイア値引き情報!半年間の推移から予測
トヨタの人気車種「エスクァイア」の値引き情報についてまとめています。実際にエスクァイアを購入した人による口コミを参考に、過去半年間の値引き推移をグラフ化してまとめています。そのため、この記事を読むだけで、エスクァイアの値引き額や目標とする購入金額が分かります。
新型CX-3はどんなデザイン?ライバル車種比較と目標値引き額
2017年6月に登場したばかりの新型CX-3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型CX-3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
新型フェアレディZの主な変更点は?4つの特徴と目標値引き額
2017年7月に登場したばかりの新型フェアレディZの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型フェアレディZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型フェアレディZはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】トヨタのプリウス値引き情報!半年間の推移から予測
プリウスの最新の値引き情報をまとめています。実際に値引きをしてもらった人の口コミから目標値引き額を予想してデータ化しています。この記事を読むだけで、プリウスの値引き可能額といくらぐらいで購入できるのかが分かります。
新型SX4はどんなデザイン?主な変更点と目標値引き額
今回のマイナーチェンジの全貌もまとめていますので、最終的には従来モデルからどんな点が変わったのかも分かります。気になる値引き情報についてもまとめていますので、SX4 S-CROSSの購入を検討している人はこの記事を読めば疑問が全て解決します。
2017新型エスクードの特徴とライバル車種との比較は?目標値引きは?
2017年7月26日に登場した新型エスクードの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。
2017新型ムーヴのマイナーチェンジ内容は?主な変更点と目標値引き
今回のマイナーチェンジは、登場から3年近くが経過したことで機能面でライバル車に劣っていた予防安全性能をバージョンアップしました。その他にも数々の改良が加えられているため、この記事ではその内容を詳しくまとめていきます。ここでは、新型ムーヴの特徴を解説していきます。
2017新型シトロエンC3のデザインは?4つの特徴とライバル車種比較
2017年7月7日に発表された新型シトロエンC3の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などにについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型シトロエンC3の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型シトロエンC3はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年8月】日産のセレナ値引き情報!半年間の推移から予測
現在販売が好調なセレナの値引き情報についてまとめています。みんなはセレナをいくらで購入したのか、過去半年間の実際の値引きレポートをデータ化して紹介しています。そのため、この記事を読むだけでセレナの値引き額と目標購入額が分かるようになっています。
【2017年8月】スバルのインプレッサ値引き情報!半年間の推移から予測
この記事では、最新のインプレッサの値引き情報をまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを基に、目標値引き額も紹介しています。インプレッサの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
2017新型ティグアンの4つの特徴を徹底解説!目標値引き額は?
2017年1月に登場した新型ティグアンの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型ティグアンの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ティグアンはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017新型レガシィがマイナーチェンジ!ライバル車種比較と目標値引き額
レガシィを徹底調査してまとめました。マイナーチェンジされたレガシィの全貌とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはレガシィの目標値引き額も分かります。
【2017年9月】トヨタのカローラ値引き情報!半年間の推移から予測
カローラの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の値引きレポートを参考に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。カローラの予想値引き額と目標購入金額が分かります。そして最終的には、カローラを少しでも安く購入するテクニックが身につくでしょう。
【2017年9月】トヨタのパッソ値引き情報!半年間の推移から予測
発売から1年が経過した現行型のパッソの値引き情報についてまとめています。実際に購入した人の口コミを基に、過去半年分の値引き推移をデータ化しています。パッソの値引き可能額と目標購入金額が分かります。
【2017年9月】ホンダのヴェゼル値引き情報!半年間の推移から予測
ホンダの大人気車種であるヴェゼルの値引き情報をまとめています。ヴェゼルを実際に購入した人の値引き額をグラフ化してまとめています。ヴェゼルがいくらで購入できるのかが分かります。大幅値引きを引き出すテクニックも紹介しているので、最終的にはヴェゼルを少しでも安く買うテクニックが身につきます。
2017新型ハイラックスの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年10月の発売が待たれる新型ハイラックスの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ハイラックスZの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ハイラックスはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型アクセラが登場!マイナーチェンジの変更内容と目標値引き
9月21日販売開始の新型アクセラを徹底調査してまとめました。アクセラの特徴とライバル車との比較ポイントが分かります。気になる値引き情報についてもまとめているので、最終的にはアクセラの目標購入金額も分かるようになります。
【2017年10月】マツダのアクセラ値引き情報!半年間の推移から予測
マツダの人気車種であるアクセラの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人のレポートを基に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。アクセラの目標値引き額が分かり、実際の購入価格を知ることができます。値引き交渉に使えるテクニックも紹介しているので、最終的に新車を安く買うコツが身につきます。
2017新型レクサスCTの4つの特徴とライバル車種との比較
2017年8月に登場したばかりの新型レクサスのCTの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型レクサスのCTの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型レクサスのCTはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年9月】マツダのデミオ値引き情報!半年間の推移から予測
デミオの値引き情報をまとめていきます。実際に購入した人の口コミやレポートを参考に、過去半年分の値引きデータをグラフ化しています。デミオの目標値引き額と実勢価格が分かります。新車を安く買うコツもまとめているので、デミオ購入の際に役に立つでしょう。
【2017年9月】トヨタのヴェルファイア値引き情報!半年間の推移から予測
ヴェルファイアの値引き情報についてまとめています。実際にヴェルファイアを購入した人のレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をデータ化しています。ヴェルファイアの値引き額が分かり、目標購入金額を決める際の役に立ちます。新車を安く買うコツも紹介しているので、最終的にヴェルファイアを安く買うためのテクニックが身につきます。
【2017年9月】トヨタのハリアー値引き情報!半年間の推移から予測
ハリアーの値引き情報についてまとめています。実際にハリアーを買った人の購入レポートを基に、過去半年分の値引き推移をグラフ化しています。事実に基づく内容なので、この記事を読むだけでハリアーの予想値引き額と目標購入金額が分かります。
2017新型リーフがフルモデルチェンジ!主な変更内容と目標値引き額
2017年10月に登場したばかりの新型リーフの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。新型リーフの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型リーフはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
2017年新型CX-8はどんなデザイン?5つの特徴と目標値引き額
2017年12月14日の発売が目前に迫った新型RX-8の特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型CX-8の魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型CX-8はどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年10月】トヨタのアルファード値引き情報!半年間の推移から予測
アルファードの値引き情報についてまとめています。ネット上の口コミサイトに寄せられた実際の購入レポートを参考に、過去半年間の値引き額の推移をグラフ化しています。アルファードの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にアルファードを安く買うコツが全て分かるでしょう。
2017新型ジープコンパスはどんなデザイン?4つの特徴と目標値引き額
2017年10月末の発表が近づく新型ジープコンパスの特徴やライバル車との比較、また、販売価格などについて調査しまとめました。この記事を読むことで新型ジープコンパスの魅力や特徴、または、目標値引き額が分かり、最終的にあなたは、新型ジープコンパスはどういう人に向いていて、買い替える価値があるのかの判断が付きます。
【2017年10月】ホンダのシャトル値引き情報!半年間の推移から予測
シャトルの値引き情報についてまとめていきます。実際にシャトルを購入した人のレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。シャトルの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うためのテクニックも紹介しているので、最終的にシャトルを少しでも安く買うためのノウハウが身につくでしょう。
【2017年10月】トヨタのクラウン値引き情報!半年間の推移から予測
クラウンの値引き情報についてまとめています。クラウンがどれくらい値引きしてもらえるのか、実際に購入した人によるレポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。>クラウンの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車の値引きテクニックもまとめているので、最終的にクラウンをお得に買う方法が身につきます。
【2017年10月】ホンダのオデッセイ値引き情報!半年間の推移から予測
オデッセイ/オデッセイハイブリッドの値引き情報をまとめています。実際にオデッセイを買った人による購入レポートを参考に、過去半年分の値引き額の推移をグラフ化しています。オデッセイの予想値引き額と目標購入金額が分かります。新車を安く買うための方法もまとめているので、最終的にオデッセイを安く買うためのコツが全て身につきます。