実際の利用して分かった!クルマコネクトのメリットとデメリット

クルマコネクトの全知識

最終更新日:2019年2月10日

クルマコネクト

本当は新車に乗りたいけど車にあまりお金をかけられないという場合、中古車の購入を検討される方も多いはず。

 

中古車は価格や年式、走行距離など、あなたの希望に合った1台に出会えれば、無理をして新車を買うよりもお得な買い方と言って間違いありません。

 

しかし、当然中古車はそれまでどういう使い方をされてきたのか分からず、どの程度きちんとメンテナンスされてきたのかを知るすべが無いのです。

 

そこで私達消費者が当てにするのは、中古車販売店にいるスタッフや、中古車情報サイトに書いてある情報となります。

 

しかし、中古車にはどうしてもグレーなイメージがあり、下記のような不安や疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

  • 中古車販売店はなんか騙されそうで怖い
  • 中古車販売店に行きたいけどしつこい営業が嫌だ
  • 車に詳しくなくどんな中古車を選んだら良いかわからない
  • 販売店に行く以外で中古車を購入する方法が知りたい

これまでと変わらず、中古車販売店や中古車情報サイトで中古車を探すのも正しい方法です。

 

しかし、中古車に対して上記のような不安や疑問をお持ちの方は、これまでになかった新しい中古車探しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

その今までになかった全く新しい中古車探しの方法とは、IDOM(旧ガリバー)が提供するオンラインサービスの「クルマコネクト」です。

 

今回の記事では、クルマコネクトの特徴やメリット、これまでの中古車探しとはどういう点が違うのかについて詳しくご紹介。

 

この記事を読めば、クルマコネクトがあなたに合ったサービスなのかを知ることができ、お得で納得できる中古車に出会うための知識が身につきます。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

クルマコネクトは最新のAIを使った全く新しいオンライン接客

クルマコネクトは、これまで対面接客が当たり前だった中古車販売において、いま巷で話題のAI(人工知能)を活用した新しいオンライン接客サービスです。

 

運営しているのは中古車の買取と販売で国内最大手であるガリバー(社名:IDOM)で、全国に店舗を展開するガリバーが抱える1万台以上の在庫車から選ぶことができます。

 

「AI(人工知能)相手に中古車なんて買えるの?」と、少々疑問に思う方も少なく無いと思いますので、まずは、クルマコネクトの概要をご紹介していきましょう。

 

運営会社情報

社名 株式会社IDOM(IDOM Inc.)
本社所在地 東京都千代田区丸の内
設立 1994年10月
代表取締役社長 羽鳥 由宇介・羽鳥 貴夫
名誉会長 羽鳥 兼市
店舗数 全国47都道府県に約550店舗

先述してきたように、クルマコネクトを運営するのは中古車の買取と販売で最大手企業である株式会社IDOM(イドム)。

 

あまり聞いたことが無いという方も多いと思いますが、IDOMという社名になったのは2016年7月からで、それまでは「ガリバーインターナショナル」という社名でした。

 

そう、IDOMと言うとピンと来ないかもしれませんが、クルマコネクトを運営するのは誰もが知るガリバーなのです。

 

ガリバーと言えば、ドルフィネットと言う独自の中古車流通システムを構築し、日本国内の店舗数は、直営フランチャイズ含め全都道府県に550店舗存在します。

 

それだけ多くの店舗を構えているため、仮に1店舗で1日1台買取を行うだけで、その日の在庫車が550台追加されるため、常に豊富な在庫の中から中古車を選ぶことが可能です。

 

さらに、ガリバーは在庫を持たないことで人件費やランニングコストを削減するビジネスモデルを確立した企業。

 

ユーザーから買い取った中古車の在庫期間は、原則として2週間しかありません。

 

そのため常に在庫が入れ替わり、中古車を検索するたびに新鮮な中古車の中から希望に合った1台を探すことができるのです。

 

AIを使った接客サービスとは

クルマコネクトでは、ユーザーはオペレーターや営業マンと直接話すことなく、希望に合った中古車をAI(人工知能)に提案してもらえる新しいサービスです。

 

チェスや囲碁の対戦で人間に勝利したAIコンピューター、iPhoneやiPadに搭載されたSiri(シリ)などでAIの存在をご存知の方も多いと思います。

 

KIBIT(キビット)は株式会社FRONTEOが開発した、人工知能関連技術であるLandscapingと行動情報科学を組み合わせた日本初の人工知能エンジン。

 

入力されたテキスト(文章)から意味を理解し、人の暗黙知(経験的に使っている知識だが簡単に言葉で説明できない知識)や感覚を学習することができます。

 

クルマコネクトでは、過去のユーザーが行った車種ごとのレビューコメントを理解し蓄積する、KIBITの車種レコメンド機能を活用。

 

KIBITによる車種レコメンド機能を利用し、チャットツール内でユーザーが書き込んだ希望を読み解き、過去のデータと照合することで、ユーザーの希望に合った車種を提案することが可能となっています。

 

クルマコネクトは最大手のガリバーだからできるサービス

上記でご説明したように、AIは最初からなんでもできるのではなく、学習して行くことで機能が強化され、回答する精度が向上していきます。

 

ガリバーは1994年の創業以降、車買取のパイオニアとして今では中古車の買取と販売で業界No.1(2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ)の最大手企業。

 

だからこそ他に類を見ない大量の情報を持ち、その情報をAIのKIBITに学習させることで、オンライン接客型サービスであるクルマコネクトの提供を可能にしています。

 

また、AIの学習機能に終わりは無いため、今後ますます提案する精度が向上していくことが期待できるのです。

 

そんな最新技術を活用し、全く新しい中古車探しができるクルマコネクトですが、具体的にはどういったメリットやデメリットがあるのか、次の章よりご紹介していきます。

 

クルマコネクトを利用する4つのメリット

クルマコネクトを利用することで得られるメリットは以下の4つです

クルマコネクトの4つのメリット

  1. 電話番号の登録が不要で営業電話の心配が無い
  2. 未公開車両を紹介してもらえる
  3. 24時間365日利用可能
  4. カーローンの仮審査ができる

それでは、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

メリット1.電話番号の登録が不要で営業電話の心配が無い

詳しくは後述していますが、クルマコネクトの利用には、一括見積などにありがちな電話番号の登録が不要。

 

最初の登録は名前(仮名可)とメールアドレスのみですので、営業マンとの会話が苦手な方や、営業電話を受けたくない方にとっては安心して利用できるサービスです。

 

また、専門的な用語を使わず大まかな要望を入力すれば、AIがあなたの言葉を理解してくれるため、車にあまり詳しく無い方でも、希望の車に出会える確率が高くなります。

 

気に入った車が見つかり、実際に購入する段階になると本名や電話番号は必要になりますが、気に入った車が見つかるまでは自分のペースでゆっくり探すことが可能です。

 

メリット2.未公開車両を紹介してもらえる

現在中古車を探す定番の方法は、カーセンサーやグーといったインターネット上にある中古車情報サイトを見ることです。

 

もちろんガリバーの公式サイトでも、メーカーや価格などから中古車を探すことはできます。

 

しかし、これらの中古車情報は自動的に掲載されているわけではなく、人の手によって入荷した順番に掲載されていくため、入荷から一定期間、一般ユーザーの目に触れない期間があるのです。

 

未公開車両は、商談中に販売されてしまったり、中古車専門のオークションに流されてしまったりと、一般の方がその存在すら知ることができない中古車。

 

クルマコネクトではこれらの未公開車両を優先的に紹介してもらえるため、インターネットに上がってしまう前に購入することができ、人気車種や希少価値の高い車種でも購入しやすくなるのです。

 

メリット3.24時間365日利用可能

あなたにぴったりな中古車を見つけるためには、車種、年式、予算、用途などさまざまな条件を複合的に考え、その条件に見合った1台を探さなければなりません。

 

そこで、今までは最終的に販売店に足を運び、店舗の営業マンに話を聞く必要があり、販売店の営業時間に合わせて時間を作らなければなりませんでした。

 

しかしクルマコネクトなら、欲しい車が見つかるまでAIとの会話は24時間365日いつでも可能。

 

チャット形式であるため、移動時間や休憩時間などちょっとした空き時間でのやり取りが可能です。

 

また、欲しい中古車がみつかった場合や、さらに詳しい相談をしたい場合には、専属のオペレーターとチャットをすることもできます。

 

対応可能時間は11:00~21:00に限られますが、メッセージのやり取りだけであるため、わざわざ時間を作る必要がありません。

 

クルマコネクトは、お仕事で忙しい現代人には特にオススメできるサービスなのです。

 

メリット4.カーローンの仮審査ができる

中古車のような高額なお買い物の場合、ローンを利用される方が圧倒的に多いと思います。

 

ご存知のように、通常カーローンを利用するためには、収入や勤務状況などの審査が必要になり、店舗に行って書類を記入しなければなりません。

 

ところが、クルマコネクトでは2018年7月より、信販系カーローンの仮審査が可能となりました。

 

購入する店舗により異なりますが、オリコやMMCダイヤモンドといった大手信販会社を取り扱っており、ほかのカーローンや銀行系カーローンと比較検討することが可能です。

 

また、最終的な審査やローンの申込みは実店舗で行う必要がありますが、支払いのシミュレーションや借入可能額の確認ができ、中古車購入の予算を検討する材料にもなります。

 

クルマコネクトの3つのデメリット

上記ではクルマコネクトのメリットばかりをお伝えしてきましたが、ここからはクルマコネクトのデメリットについてご紹介していきます。

 

クルマコネクトのデメリットは以下の3つです。

クルマコネクトの3つのデメリット

  1. 実車及び詳細情報の確認は店舗に出向かなければならない
  2. 好みの車が見つかるまで時間が掛かる
  3. 実店舗に行ったあとはチャットが途絶える

それでは、それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

デメリット1.実車及び詳細情報の確認は店舗に出向かなければならない

クルマコネクトはオンライン上のサービスであるため、当然のことながら実際に車を見ることはできず、チャットでのやり取りや画像で判断するしかないのです。

 

中古車を購入する際、やはりもっとも大事になるのが実車の確認であり、画面では見えないキズや車内の匂いなどを確認することは、後悔しない中古車を購入するために欠かすことはできません。

 

対策としては、タバコやペットの臭いがしないか、目立つ傷が無いかなど、気になることはとことん質問し相談することが大切です。

 

もちろん、値引き交渉やローンの申込みなどは実店舗に出向かねばならないため、最終的には店舗に出向く必要があります。

 

ですが、事前に確認しておけば「こんなはずじゃなかった」というリスクを最小限にすることができるのです。

 

デメリット2.好みの車が見つかるまで時間が掛かる

クルマコネクトのメリットとして、24時間365日いつでもメッセージのやり取りが可能であるとご紹介しました。

 

しかし、「納得した中古車を購入したい!」という思いが強ければ強いほど、ついつい質問や条件が増え、いくら提案してもらってもなかなか決められないという事態に陥る可能性があります。

 

もちろんいくら質問しても、何台提案してもらっても料金を請求されることはありませんが、悩んでいるうちに条件の良い車が売れてしまう恐れがあるのです。

 

新古車や人気車種などの場合は、特に売れるまでのスピードが早く、中古車はこの世に1台として同じ車が存在しない一物一価の商品です。

 

もっと良い車があるのでは無いかという思いになるかもしれませんが、「とりあえず詳細を聞いてみよう!」という思い切りも必要なのです。

 

デメリット3.実店舗に行ったあとはチャットが途絶える

オンラインでのやり取りしかできないため、良さそうだと思い店舗で車を確認したが、やっぱり違ったということも十分考えられます。

 

その際キャンセル料などが発生する心配はありませんが、仕切り直して中古車を探す場合、自分から再度チャットで連絡しなければ、再び提案をもらうことができません。

 

再登録などの手間はかからないため、大きな負担になることはありませんが、忘れてしまうとせっかくの提案がもらえなくなってしまうため、注意が必要です。

 

クルマコネクトの利用方法

ここまで、クルマコネクトの紹介や、メリットとデメリットについてご紹介して来ましたが、

 

「チャットってなんだか難しいそう」
「なんだかんだ言っても怪しいサービス何じゃないの?」

 

という方もいらっしゃると思いますので、ここからはクルマコネクトの使い方について、実際の画面を御覧いただきながらご紹介していきましょう。

 

なお、ご覧いただく画面はiPhone専用アプリの画面のご紹介となります。

 

専用アプリは、iPhoneなら「APPストア」、アンドロイドの方は「Google Play」から無料でダウンロードすることが可能です。

 

アプリを開く

初めてクルマコネクトを利用される方は、まずはどんなことを相談したいかを選択します。
クルマコネクトアプリsample画面01

 

AIの質問に回答

AIロボット「チャクト」くんの質問に、それぞれ選択形式で答えていきます。
クルマコネクトアプリsample画面02

 

AIがオススメ中古車を紹介

AIがオススメ車種を3車種紹介してくれます。
クルマコネクトアプリsample画面03

 

専門オペレーターと相談

上記のAIに続き、実際に専属のオペレーターから質問が来ますので、回答を入力するとさらに候補となる3車種を紹介してくれます。
クルマコネクトアプリsample画面04
クルマコネクトアプリsample画面05

 

ここからさらに詳しい質問や相談を投げかければ、その都度オペレーターが返答してくれます。

 

そして、購入候補の中古車がみつかったら「購入相談をする」をタップし、実際に商談を行う店舗を紹介してもらいましょう。

 

とりあえず試してみたいという方はスマホアプリがオススメ!

上記の使い方をご覧いただければわかるように、実はクルマコネクトのアプリを利用するだけであれば、メールアドレスや氏名などの入力が不要です。

 

もちろん、購入時の商談やローン審査など、さらに詳しい話をする場合にはメールアドレスや氏名は必要になります。

 

ですが、とりあえずどんなものか試してみたいという場合には、何も登録せずにチャット機能を利用できますので、興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

まとめ

新たに車の購入を考え始めたとき、最初から欲しい車が決まっているという方は意外と多くありません。

 

今乗っている車がそろそろ古くなってきた、家族の送り迎えにも使えるセカンドカーの購入を検討しているなど、購入する意思が固まってからどんな車を購入するか考えるものです。

 

でも、購入する車がなんとなくでも決まっていなければ、その車種の中古車相場も分からず、購入予算を立てることもできず、どう選んだら良いのか分からなくなってしまいます。

 

そこで、クルマコネクトを利用し、「とりあえず探してみる」「プロに相談してみる」ことから始めてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ガリバーブランド「ミニクル」4つの特徴とオススメ度を徹底解説
中古車販売や車買取の最大手企業として有名なガリバーですが、ここ最近様々な業態の店舗をブランド化しています。その中でも気になるのが「ミニクル」という店舗ではないでしょうか。実際、なんとなくおしゃれな雰囲気がしますから、下記のように思っていますよね。そこで今回は元自動車ディーラーの営業マンをしていた筆者が、いわば競合他社ともいえるミニクルというガリバーのブランド店舗について、詳しく解説していきましょう。
ガリバーのドルフィネットって?
ガリバーでは様々な業界にそれまでなかったサービスを展開しています。
その中の一つに、ドルフィネットがあります。ガリバーでは買取サービスを実施していますが、引き取った中古車は約2週間でオークション会場に出品しています。
LIBERALA(リベラーラ)とは?
ガリバーでは、いくつかの系列店を設立しています。その中の一つに、LIBERALAと呼ばれるお店があります。自動車の中でも超高級車と言われるようなフェラーリやメルセデスベンツ、ポルシェを販売する専門店になります。
Brat(ブラット)とは一体何?
ガリバーは現在、特定の車種を専門的に販売する系列店の整備を行っています。Brat(ブラット)もその中の一つで、SUV車を専門的に取り扱ったお店になります。Bratにはもともと「わんぱく」とか「やんちゃ」といった意味合いがあります。アウトドアが趣味の人に対して、「いくつになっても子供のときのように自然を駆け巡る楽しみを謳歌してもらいたい」という意味合いを込めて名付けられたといいます。
ガリバーの「SNAP HOUSE(スナップハウス)」とは?
大手中古車店のガリバーでは、SNAP HOUSE(スナップハウス)と呼ばれる店舗を新たにオープンしました。SNAP HOUSEはファミリーカーに特化した専門店となります。2014年に埼玉県川口市に最初のお店をオープンして日本全国に店舗を展開しています。
クルマ選びのテーマパークWOW!TOWN(ワオタウン)の3つの特徴
中古車販売・車買取の業界最大手といえば、誰もがガリバーを頭に思い浮かべるでしょう。そしてイメージとしては「高く売れるけど、ガツガツ営業をかけてくる」など、少し悪いイメージを持っている人も多いのが現状です。しかしそんなガリバーでは、今さまざまなブランド展開の中で「セルフで探せるクルマ屋さん」というコンセプトの元、ワオタウン(WOW!TOWN)というブランドを始めています。そこで今回は、元ディーラー営業マンをしていた筆者が、競合相手だったガリバーが運営するワオタウンについて詳しく解説していきましょう。
クルマジロとは?