クルマジロとは

ガリバーの個人間売買について

クルマジロ

車の個人間売買が少しずつではありますが、普及してきているのをご存知でしょうか?実はアメリカでは、当たり前の様に車や家の個人間売買が行われており、実は日本と違って新車よりも中古車の方がよく売れています。

 

ガリバーでも遂に個人間売買のサービス「クルマジロ」を開始しましたが、一体他の個人間売買に比べて何が良いんだろう?と思われてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

本記事では、そんな疑問をお持ちの方を少しでも解消したく徹底的に調査しました。参考にして頂けると幸いです。

 

ガリバー個人間売買サービス「クルマジロ」とは?

クルマジロとは、ガリバーが行っている個人間売買のサービスです。個人間売買とは、間に買取業者やディーラーを挟むことなく、ユーザーとユーザー同士で車の売り買いを行う事です。その結果、間の買取業者やディーラーのマージン分が下がりますので、両ユーザー共にマージン分お得になるというメリットがあります。

個人間売買のメリット

※画像はクルマジロ公式サイトより

 

では、一体ガリバーのクルマジロは、他の個人間売買に比べるとどんな特徴やメリットがあるのでしょうか?

 

クルマジロの特徴とメリット

クルマジロの特徴が下記3つあります。
①決済代行をガリバーが行ってくれる
②面倒な書類手続きもガリバーが行ってくれる
③売れ残ってもガリバーが最終買い取ってくれる

 

では、それぞれ具体的にガリバーのクルマジロ公式サイトより、私なりの解説と見解をしていきます。

 

決済代行をガリバーが行ってくれる

個人売買で一番ネックになるのが、出品する金額がよく分からない、物だけ渡してお金が振り込まれなかった、思ってよりも物が汚かった、もしくは壊れていたなどです。

 

それらの不安を解消するためにガリバーが行っている「クルマジロ」では以下を行っています。
・【売る側】代金の回収はクルマジロが責任をもって行う
・【売る側】出品金額の参考となる相場Navi機能がある
・【売る側】出品するときに必要な車写真もガリバー店舗に持っていくだけで行ってもらえる
・【買う側】ガリバー検査員がチェックした車が出品される

 

売り手も買い手にも優しいサービスを提供しています。

 

面倒な書類手続きもガリバーが行ってくれる

日本の場合は、車を手放す際に名義変更の手続きなどが必ず必要になります。車を誰かに手放すことに慣れている人はほとんどいませんので、これらの手続きはメンドクサイと思う人が多いと思います。

 

クルマジロでは、これらのメンドクサイ手続きも、普段から買取で慣れているガリバーが責任をもって代行して頂けますので、とても安心です。

 

売れ残ってもガリバーが最終買い取ってくれる

個人売買の際にリスクになるのが、出品したのにずっと売れずに出品が停止してしまう事です。本当は早く手放したいのに・・・売れない、結果値段を下げて出品という事で結局、得をしないケースも多々あります。

 

クルマジロの場合は、一定期間内であれば、買取保証金額でガリバーが買い取ってくれますので、上記の様なリスクが無くなります。

 

では、次にクルマジロはどんな人が向いているのかについて紹介します。

 

あなたはクルマジロ向き?不向き?

あなたがクルマジロ向きや否かを私なりの見解で解説します。

 

<クルマジロ向きな人>
下記①、②両方当てはまる方のみにしたほうが良いと思います。

 

①【買う側/売る側】車売買の知識に自信がありオークションに抵抗が無い人
個人間売買は、通常の買取業者で行う売買に比べて、保証サービスが付いてはいますが、トラブルが多いのも事実です。ですので、車売買に対しての絶対の自信がある人のみ利用することをオススメします。

 

②【買う側/売る側】少しでもお得に車を買いたい人、売りたい人
トラブルの可能性が高い分、メリットとしては最初でも記載したように、間に入っている買取業者やディーラーのマージン分がユーザーに乗ります。車の知識に自信があり、少しでもお得に買いたい、売りたい人にはオススメです。

 

 

<クルマジロが不向きな人>
①【買う側/売る側】車の知識が無い初心者
理由は、クルマジロ向きな人の①に記載の通り、「個人間売買」はトラブルが多く、また日本国内では車の個人間売買はまだ発展途上の為、初心者は避けた方が無難です。

 

もし、高く売りたいという方は、現時点ではクルマジロを利用するよりも一括査定を利用するのをオススメです。

 

ここまで読んで頂き、クルマジロを利用してみたい方に向けて、次にクルマジロの流れを紹介します。

 

クルマジロの流れについて

クルマジロの流れについて、紹介します。

 

①【売る側】がガリバーの店舗に出品する車を持っていく
②【ガリバー】ガリバー店舗にて、車の検査と出品用の写真を撮ってもらう
③【ガリバー】ガリバー社員が出品作業
④【買う側】購入希望の申請
⑤【売る側】購入リクエストが届く
⑥【売る側】購入リクエストを承認
⑦【買う側】ガリバーへ代金の振込手続き
⑧【買う側・売る側】ガリバーより必要書類が届き返送
⑨【ガリバー】売る側の人の車を引き取りに行く
⑩【ガリバー】買う側の人へ車の引き渡し
⑪【ガリバー】売る側の人に代金を入金

 

流れは詳細を記載したので多く見えますが、至ってシンプルな流れになっています。また、ガリバーの全ての店舗が対応できるわけではありません。対応する店舗については、こちらをご確認ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?日本国内の個人間売買は、まだまだ発展途上でトラブルが多いのも事実です。
現時点では、車売買に対しての知識とオークションに対しての抵抗の無い人のみが利用したほうが良いと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ミニクルとは?
街中を歩いていると、女性がマイカーを運転する光景もしばしば見られます。 女性の中には、軽自動車を購入したいと考える人が多いです。 小回りが利いて特に都会でドライブするのには適していますし、コンパクトサイズで見た目がかわいい所も人気の理由です。
ガリバーのセルフ査定とは?
ガリバーのセルフ査定は、パソコンもしくはスマホを使って自分の自動車がどの程度の買取金額になるかいつでもどこでも査定の受けられるサービスのことです。
ガリバーのドルフィネットって?
ガリバーでは様々な業界にそれまでなかったサービスを展開しています。
その中の一つに、ドルフィネットがあります。ガリバーでは買取サービスを実施していますが、引き取った中古車は約2週間でオークション会場に出品しています。
LIBERALA(リベラーラ)とは?
ガリバーでは、いくつかの系列店を設立しています。その中の一つに、LIBERALAと呼ばれるお店があります。自動車の中でも超高級車と言われるようなフェラーリやメルセデスベンツ、ポルシェを販売する専門店になります。
Brat(ブラット)とは一体何?
ガリバーは現在、特定の車種を専門的に販売する系列店の整備を行っています。Brat(ブラット)もその中の一つで、SUV車を専門的に取り扱ったお店になります。Bratにはもともと「わんぱく」とか「やんちゃ」といった意味合いがあります。アウトドアが趣味の人に対して、「いくつになっても子供のときのように自然を駆け巡る楽しみを謳歌してもらいたい」という意味合いを込めて名付けられたといいます。
ガリバーの「SNAP HOUSE(スナップハウス)」とは?
大手中古車店のガリバーでは、SNAP HOUSE(スナップハウス)と呼ばれる店舗を新たにオープンしました。SNAP HOUSEはファミリーカーに特化した専門店となります。2014年に埼玉県川口市に最初のお店をオープンして日本全国に店舗を展開しています。
ガリバートラックとは?
221616.comでは、多種多様な車種を取り扱っていましたが、このたび大型車に特化した「ガリバートラック」と呼ばれる買取サイトを立ち上げました。
WOW!TOWN(ワオタウン)とは?
お客さんが思わず「WOW!」と言ってしまいたくなるような展示場をコンセプトにして、施設の中で楽しみながらマイカー探しができる店舗です。