10万キロ、15万キロ以上を走った車でも売れる!高価買取のコツと注意点

10万キロ、15万キロ以上走った車を高く売る極意

最終更新日:2019年4月20日

10万キロ、15万キロ以上走った車を高く売る極意
何年ものあいだ大切に乗ってきた愛車も、気がつけば10万キロオーバー。

 

そろそろ買い替えの時期だけど、どうせ高く売ることはできないと諦めてしまっている方も少なくないと思います。

 

そして、以下のような悩みや疑問をお持ちではないでしょうか?

  • 10万キロ、15万キロ走っていても売れるの?
  • どんな車種が高く売れるのか知りたい
  • 過走行車でも高く売る方法を知りたい

まず結論を申し上げると、10万キロはおろか15万キロ以上走っている車でも、納得した価格で売ることが可能

 

もっと言うと20万キロ以上の車でも高く売ることはできます。詳細については「諦めるのは早い!20万キロ以上走っている車の査定額を出す引き出すコツ」で説明しています。

 

今回の記事では、実際に中古車として販売されている実例をご紹介しながら、10万キロ、15万キロ以上走っている車を高く売るためのノウハウをご紹介していきます。

 

※最初はなぜ10万、15万キロ以上走った車がなぜ売れるのかの理由を説明していきます。もし先に売る方法を知りたい方は「10万キロ、15万キロ走った車はどこに売却するのがお得?」に進んでください。

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大2,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

10万キロ、15万キロ走っていても高く売れる車種がある

 

10万キロを超えてるからどうせ売れないんでしょ・・・


 

 

いいえ!売り方をきちんと理解していれば、十分納得した価格で買取って貰うことができるわよ♪


 

売られた車は「中古車として販売」されるのは想像がつくと思います。

 

あなたが値段は付かないだろうと思うのは、10万キロや15万キロを超えている中古車なんて売れないだろうと思っているからでしょう。

 

しかし、それはあくまであなた決めた感覚。走行距離が10万キロや15万キロを超えていても、その車にはまだまだ商品(中古車や部品)としての価値が残っています。

 

長年大切に乗ってきた愛車だからこそ、あなた自身が愛車の価値を信じてあげることが大切。

 

とは言え、

  • 「自分なら10万キロを超えている中古車は買いたくない」
  • 「15万キロを超えて販売されている中古車なんてあるの?」

と思われるかもしれません。

 

ですが、実際に10万キロや15万キロを超えている中古車はたくさん販売されています。

 

実はこんなに売っている!10万キロ、15万キロ超えの中古車

「論より証拠」ということで、ここからは、実際に販売されている中古車を見ていきましょう。

 

今回参考としてご紹介するのは、中古車情報サイトカーセンサーに掲載されている中古車。

 

人気車種なら十分高値で売却できる

カーセンサー マツダ アクセラスポーツ
※画像出典:カーセンサーnet

 

まずご紹介するのは、走行距離11.6万キロのマツダ アクセラスポーツです。

 

デザインや走りの良さで定評のある5ドアハッチバックで、エンジンはマツダが誇る新世代クリーンディーゼルを搭載。

 

現行モデルでもあることから、走行距離が11万キロを超えているのにも関わらず、車両本体価格87万円という高値で販売されています。

 

カーセンサー レクサス CT
※画像出典:カーセンサーnet

 

次にご紹介するのは、国産プレミアムカーブランドの代名詞であるレクサスのコンパクトハイブリッドカー「レクサス CT」。

 

こちらも、もともと人気のあるブランドであることと、ハイブリッドカーであることから人気が高く、14.5万キロという走行距離でも89.8万円という高値で販売されています。

 

このように、例え10万キロ、15万キロを超えている車であっても人気車種なら中古車としてそこそこの値段で販売されているのです。

 

では、特別人気が無い車種は売れないのかと言えば、そうではありません。

 

次の項目では、実用性重視のコンパクトカーやミニバンの中古車をご紹介していきましょう。

 

定番ジャンルでも高く売れる

カーセンサー トヨタ ヴィッツ
※画像出典:カーセンサーnet
国産コンパクトカーの代表的な車種であるトヨタ ヴィッツですが、11.2万キロという走行距離でも、車両本体価格69.8万円で販売されています。

 

高値で販売されている理由は、年式が2015年式と比較的新しいことと、メンテナンスの心配が少ないタイミングチェーンを使用したエンジンを搭載していること。

 

カーセンサー トヨタ ノア
※画像出典:カーセンサーnet

 

こちらはさらに年式が2012年と古く、走行距離は12.4万キロというトヨタ ノア。

 

高値で販売されている要因は、トヨタ ノアがもともとファミリー層から高い支持を獲得している人気車種であることに加え、パールホワイトという人気色であることです。

 

コンパクトカーやミニバンは日本においてもっとも人気のあるジャンルであり、中古車市場には非常に多くの台数が流通しています。

 

流通台数が多いということは、中古車相場は下落する傾向なのですが、間違いなく売れる車種は十分高値で売買されているのです。

 

 

 

ここまでは、「日本国内での観点」で10万キロや15万キロ走っている車でも高く売れることを説明してきました。

 

実は視点を海外に向けるとさらに高く売れる車種が存在します。

 

次にご紹介するのは、日本国内はもちろん、海外でも高い人気を誇っている車種を例にご紹介していきましょう。

 

日本だけではなく海外でも人気の車種は高く売れる

カーセンサー トヨタ ハイエース
※画像出典:カーセンサーnet

 

やや極端な例ですが、国産車の中でもトヨタ ハイエースは、特に値段が下がらないことで有名な車種です。

 

例でご紹介しているトヨタ ハイエースの走行距離はなんと25.2万キロ。

 

年式も2006年式と決して新しくなく、一般的な車種なら10万円程度で販売されていても不思議ではありませんが、79.9万円という販売価格は驚異的と言えるのではないでしょうか。

 

カーセンサー スズキ ジムニー
※画像出典:カーセンサーnet

 

中古車になると、大きく価格が落ちると言われる軽自動車ですが、スズキ ジムニーはやや特異な存在といえる車種。

 

上記のスズキ ジムニーは、16.3万キロ走行し年式は2006年と、上記のハイエースと同じく、通常であれば10万円以下で販売されていてもおかしくありません。

 

しかし、紹介したノア・ジムニーに共通しているのが、作りがシンプルで壊れにくく、10万キロや15万キロ程度では、走行に支障を来たすような不具合が起きにくいということ。

 

そのため、日本国内ではもちろんのこと、海外での人気も高く、仮に国内で売れなかったとしても、輸出することで中古車として販売することができます。

 

リユース(再利用)やリサイクルを行い新たな価値を生み出す

上記でご紹介したように、中古車としてそのまま販売することのできる人気車種ではなくとも、リユース(再利用)やリサイクルを行うことで十分商品として価値をもたせることができます。

 

壊れにくくコストパフォーマンスに優れた日本車は、東南アジアやアフリカといった発展途上国を中心に、何年も前の日本車がまだまだ現役で使用されています。
アフリカで日本車が走っている様子

 

しかし、いくら壊れにくい日本車といえども、古くなれば当然故障し、整備や修理を行わなければなりません。

 

そこで、日本の中古車や中古部品は重宝され、日本ではあまり需要が無くても海外では立派な部品として販売されています。

 

このように、ただ中古車としてではなく、部品としてリユースすることで、商品として新たな価値を見出すことができます。

 

壊れて動かない車や大きく損傷した事故車であっても、買取先をきちんと探すことで、納得した価格で売却することが可能なのです。

 

動かない車や故障車を売る方法については「古くてボロボロの車を高価買取してもらうための全情報」「故障車はどれぐらいで車買取してもらえる?故障具合ごとに徹底解説」で詳しく解説しています。

 

10万キロや15万キロ走行した車を値段を付けて売却するためには、どうやって売却先を探すのが良いのでしょうか?

 

普通の売り方をしていたら

  • 「そんな走っている車はさすがに値段が付きませんよ」

と言われてしまいます。

 

そこで次は10万キロや15万キロ以上走った車でも、損をしない売却先を探す方法について解説していきます。

 

10万キロ、15万キロ走った車はどこに売却するのがお得?

10万キロ、15万キロ走った車はどこに売却するのがお得?
車を売却する方法として考えられるのが、ディーラーでの下取りや買取専門店での買取、さらに、不動車や事故車であれば廃車専門の買取などがあります。

 

車売る方法については「車を売るなら必ず知っておきたい!損せずお得に売る5つの査定方法」で紹介しています。

 

では、下取り、買取、廃車という3パターンの売却方法のうち、どの方法がもっとも高く売れ、損をしない方法なのでしょうか?

 

そこでまずは、もっとも重要な売却額(買取額)について、それぞれの売却方法を比較してみたいと思います。

 

10万キロ、15万キロ走った車でどこが高く売れるか比べてみた

同じ車種であっても、下取り、買取、廃車という3パターンの売却方法では、それぞれ特徴があり、売却額も大きく違ってきます。

 

そこで、例として10万キロを超えた、2009年式 ホンダ ステップワゴン(グレードG)の売却額についてシミュレーションしてみましょう。

 

買取専門店に出した場合の買取相場

ナビクル 買取相場シミュレーション
※画像出典:ナビクル

 

上記の買取額は、あくまで大きな損傷がないことを条件に、ナビクル独自の統計によって導き出された結果であるため、買取額を保証するものではありません。

 

あくまでも平均的な相場であるため、驚くほど高値ではないものの、13.9万円という価格が付く可能性があることがわかります。

 

買取専門店の特徴としては、どの業種よりも多くの転売ルートを持っていること。

 

ガリバーやビックモーターなど、全国展開している大手買取店では買取った車を直接販売することができるため、中古車としてあまり値段が付けられない車でも買取ることが可能。

 

ガリバーやビックモーターの評判は「買取実績No.1のガリバーはどうして悪い評判や口コミが目立っている?」「ビッグモーター評判は8位だけど大丈夫?全12項目を徹底比較」で紹介しています。

 

また、全国展開していない中規模以下の買取専門店でも、オークションを通さずに販売するルートを持っており、他に欲しがっている中古車販売店やエンドユーザー(お客さん)がいれば高値で買取ることができます。

 

国産車ディーラーでの下取り相場

トヨタ 下取りシミュレーション
※画像出典:トヨタ下取り参考価格情報

 

やや極端な例となってしまいましたが、トヨタが提供する下取りシミュレーションでは、参考価格2万円という結果になってしまいました。

 

ディーラーでの下取りが高くならない要因は、ディーラーは車を売ることが仕事だということと、競争相手が存在しないことです。

 

ディーラーでは、下取りした車で利益を上げる必要がありません。

 

さらに、下取りをするということは、新たに車を買ってもらうことが決定しているため、下取り額で勝負する必要が無いのです。

 

また、今回のシミュレーションに限って言えば、ディーラーでの下取りは、同一メーカーの方高くなりやすい傾向があるため、買取相場との差が大きくなった可能性があります。

 

ディーラーの下取りが安い理由については「車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法」で詳しく解説しています。

 

廃車専門店での買取相場

車選び.com 廃車買取相場シミュレーション
※画像出典:車選び.com

 

参考としたのは、車選び.comが展開する廃車買取サービスの買取相場情報。

 

条件として全く同じデータはありませんでしたが、もっとも近い条件として、2009年式のステップワゴン 2.0 Gスマートスタイルエディションを見ると、7万円という買取価格が付いています。

 

このサイトの買取価格情報は、事故車の買取価格は含まれていないものの、廃車にするしかないようなボロボロな車であっても納得できる価格で売却できることがわかります。

 

まずは買取専門店に査定してもらうのがオススメ

上記のシミュレーション結果を見ていただければわかるように、10万キロ以上走行している車を一番高く買取ってくれる可能性が高いのは買取専門店です。

 

それなら、買取専門店に売れば間違いないと思いがちですが、実はそうとも言い切れません。

 

買取専門店の基本的な仕事は、買取った車を転売して利益を上げること。

 

修理費用がかさみ利益が出ないような場合は買取を断られてしまう可能性もあります。

 

もしも、買取専門店で買取を断られてしまった、または、納得できる金額の提示がなかったら、次は廃車専門の買取店に査定を依頼してみましょう。

 

一般的な買取相場には届かないものの、買取専門店で値段が付かなかった車でも、廃車専門の買取店ならしっかり値段を付けてくれる可能性があります。

 

それでももし、値段が付かない、1万円にも満たないといった場合は、残念ながら満足な金額で売却するのはほぼ不可能と思ってください。

 

しかし、そこで諦めてはいけません。

 

あなたが今の車を売って、新たに買い替えを予定しているのであれば、ディーラーの下取りを交渉してみましょう。

 

廃車にするしかない、値段が付かない車でも、下取りならお情けとして新たに購入する車の値引きとして数万円~5万円程度の価格を付けてもらえることがあります。

 

ディーラーが単純に安いと言えないのは、上記が理由であります。詳細は「「車下取りは安い」に騙されるな!買取との違いをぶった切り」で詳しく解説しています。

 

したがって、10万キロや15万キロ走行している車を売る際、おすすめの流れとしては、

 

買取専門店→廃車専門の買取店→販売店での下取り

 

という順番で査定を受けることがオススメ。

 

そして、さらに高値で売る可能性を上げる方法があります。

 

それは、複数の業者から査定を受けるということです。

 

次の章からは、10万キロ以上走行している車を高く売る方法について、詳しく解説していきます。

 

複数の業者に査定をしてもらい高く買ってくれる業者に売る

 

買取専門店が一番高く売れるって分かってるなら
とりあえず近所のお店に行けばいいんだよね・・・?


 

 

いいえ、いくら買取専門店と言っても、1社だけではダメ!


 

 

なんで1社じゃダメなの?


 

愛車を高く売るためには、1社だけではなく複数の買取専門店に査定してもらい、査定見積もりを比較することが大切

 

先述したように、買取専門店での買取、廃車専門での買取店、そして、ディーラーや中古車販売店での下取りと、同じ車でも金額が大きく違います。

 

金額がちがう理由は、それぞれの業態によって得意分野や欲しい車が違うからであり、それは買取専門店でも同じ。

 

あなたの近所にある買取専門店が、あなたの車を欲しいと思っているか、得意な車種なのかを、店名だけで判断することは不可能です。

 

そこで、複数買取専門店から査定を受け、査定見積もりを比較することで、本当に高く買取ってくれる店舗を見つけることができます。

 

査定を利用して手間なくお得に売却しよう

 

複数の買取専門店から査定受けるのが大事なのは分かったけど
何店舗も回るのは面倒くさいよ・・・


 

 

確かにそうねぇ……
でも、一括査定を利用すれば解決できるわよ!


 

 

一括査定って何ですか・・・?聞いたことないです。


 

 

そう!一括査定なら手間が掛からないだけじゃなくて、さらにお得に車を売ることができるわ!


 

複数の買取専門店から査定を受けたいと思っても、1日で回れる限界は多くても2~3社程度で、移動のことも考えれば非常に手間の掛かる作業

 

そんなときに便利なサービスが一括査定。一括査定を利用すれば、必要事項を1度入力するだけで、複数の買取専門店に査定依頼を申し込むことができます。

 

一括査定とは、あなたの車の情報と住所をネット上で入れると、あなたに車にマッチするお近くの買取業者を自動的に複数社マッチングしてもらえるサービスです。
車一括査定の流れ

 

また、郵便番号や住所(市や町名まで)などから、出張可能な買取専門店を自動的に選定してくれるため、面倒な買取専門店の選定の手間もかかりません。

 

申し込みは24時間365日可能ですので、空いている時間にいつでも出張査定を申し込むことが可能。

 

ただし、申し込み直後から査定日時を決めるための電話が掛かってきますので、電車の中や仕事中の申し込みは避け、しっかりメモが取れる状態で利用することをオススメします。

 

プロ同士を競争させて高価買取をGET

一括査定を利用するメリットは、査定の手間が省けるだけではありません。

 

買取専門店同士で競争させることにより、さらなる高額査定が期待できるのです。

 

一括査定を利用して申し込まれたことは、買取専門店側も把握しており、あなたの車を本当に買い取りたいと思っている買取専門店は、必然的にライバルよりも高い査定額を提示しようとします。

 

このように、プロ同士を競争させることで、あなた自身が無理な交渉に挑まなくとも、高額査定を引き出しやすい状況を作ることが可能です。

 

さらに、一括査定に登録している買取専門店の中には、廃車も取り扱っている店舗も存在します。

 

したがって、一括査定えを利用すれば、通常の買取専門店と、廃車専門の買取店から同時に査定してもらうことが可能。

 

10万キロ、15万キロという距離を走り、売却を諦めかけていた方にこそ一括査定の利用がオススメです。

 

一括査定のオススメはカーセンサー

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。

蛇足にはなりますが、家電の最安値を調べるときに重宝する「価格.com」も一括査定サービスを運営していますが、実は裏側は「カーセンサー」のサービスです。(カーセンサーの運営会社は「株式会社リクルートパートナーズ)
価格.comの一括査定注意事項


それだけでも安心して利用できますよね!


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約49社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



かんたん車査定ガイド

車査定比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:211社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ズバット車買取

廃車寸前のボロボロの車であれば「廃車買取.com」

廃車買取.com

 

 特徴①:どんな車でも0円以上の買取保証あり
 特徴②:年中無休で全国どこでも買取がOK
 特徴③:廃車に掛かる費用や廃車の手続きはすべて無料で対応


 

まとめ

10万キロ、15万キロという距離を走っていると、「どうせ値段は付かない」「お金を掛けず廃車にできればOK」と、つい消極的に思ってしまいます。

 

ですが、10年10万キロで車はダメになるというのは、今の時代やや古い感覚なのです。

 

環境保護や省資源が叫ばれる現代において、例え15万キロ以上走っている車でも十分に商品価値があります。

 

あなたの大切にしてきた愛車を無駄にしないのはもちろん、納得のいく価格で売却できるよう、一括査定などを上手に利用してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

廃車の買取査定/ボロボロな車を買い取ってもらう方法
実は、廃車に出すような車であっても海外では普通に売れたり、パーツとして取り扱ってくれたりする業者もいくつかあります。本記事では、車を廃車に出そうと思っているけど、できれば費用を発生させずに、しかも査定をして買い取ってもらう方法について解説します。
事故車であっても諦めてはダメ!事故車を高額買取してもらう方法
一口に事故での破損と言っても、少し擦ってしまったような軽いものから、いわゆる全損と言われる大きな破損までさまざま。ただし、素人では、それが買い取りしてもらえるのかどうか?どこの業者にお願いすればいいのかが分からないと思います。そこで今回の記事では、事故車買取専門店や、高く売るための秘訣について詳しく解説していきます。事故車だからと諦めることなく、少しでもお得な売却に繋がるよう、この記事を参考にしてください。
事故車は修理すべき?それとも買い替えるべき?迷う疑問を徹底解消
事故車を修理すべきか?買い替えるべきか?曖昧な判断をする前に、実際にどちらがオススメなのか、どちらがよりお得なのかを解説していきます。
不動車によくある5つのケースとケース別のオススメ売却方法
今回の記事では、「不動車はどう処分すれば良いの?」「不動車が売れるというのは本当?」「不動車の買取相場はあるの?」「不動車を高く売る方法を知りたい」などの悩みや疑問を解決するため、不動車の処分方法や、なぜ不動車でも売却することができるのかなど、不動車でもお得に売却するための情報をまとめました。不動車だから買取って貰えないと諦める前に、ぜひ一読していただき、参考にしていただければ幸いです。
動かない車の車買取の方法【買取額が10万円アップする】
動かない車でも意外と売れる?買取額が10万円アップする方法を紹介します。
故障車はどれぐらいで車買取してもらえる?故障具合ごとに徹底解説
今回は故障車の車買取事情について詳しく解説していきますので、故障車の車買取に対する不安を解消していきましょう。
車検切れでも車は売れる!スムーズに高価買取してもらうための全知識
車検切れの車を処分したいけど放置してしまっているあなたにお得な情報をお届けします。
バッテリー上がりの車査定/誰よりもカンタンに高額買取するための秘訣
今回はバッテリー上がりの車を車査定について詳しく解説していきましょう。面倒だと思っていた気持ちもなくなり、満足いく結果をイメージできるようになります。
諦めるのは早い!20万キロ以上走っている車の査定額を出す引き出すコツ
20万キロも走っている車はとても中古車需要があるとは思えず、値段がつくかどうかも分からないですよね。あなたの車は売れるのか、売れるとしたらどのような方法で高く売るのかを知ることができます。
車のエアコン修理はどこに頼めばいいの?費用の相場はどれぐらい?
車を毎日乗られる方も週末だけ乗られる方も、「車内にいる間はできるだけ快適に過ごしたい」と思いませんか?車の快適装備は年々進化しており、昔とは比べ物にならなくなってきました。そして今では当然のように標準装備されているエアコンは、車内で快適に過ごすための必需品といっても過言ではありません。ただし、エアコンは電装品。電装品は必ず壊れます。では、エアコンが故障してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。そこで、今回はエアコンの故障についてチェック方法や修理業者など、いざというときのために必要になる情報をお届けしていきます。
車売却時に事故歴は査定額にどんな影響があるの?プロが徹底解説
事故歴がある車の売却に関する情報をお届けしていきます。心配し過ぎないで、より良い結果を出すことだけを一緒に考えていきましょうね。
車をスクラップした時の買取相場は?手数料などを差し引くと赤字になる
車を使用しないという場合に廃車という手続きを行いますが、一時的に廃車にし、再び使用することのできる一時抹消と、永久に使用しない永久抹消があります。車をスクラップにするためには、永久抹消登録を行わなければなりません。今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、一般の方があまり知らない、スクラップや廃車にする方法、スクラップの買取相場、お得な売却方法などについて解説していきます。
【2019年最新版】古い車を買い取ってもらえる廃車買取店ランキング
古くなった車なので、廃車するしかないと思っていませんか?車は金属の塊で専門業者に査定依頼することで高く売れるかもしれません。