不動車によくある5つのケースとケース別のオススメ売却方法

諦めない!不動車でも買取が可能

最終更新日:2018年3月3日

諦めない!不動車でも買取が可能
長年実家の車庫に放置されている車や、突然エンジンが掛からなくなった車をどうにか処分したいけれど、どのように処分したら良いかわからない。

 

人生において、不動車を処分した経験があるという方は、ほぼいらっしゃらないと思いますので、処理に困るのも無理はありません。

 

そして、具体的には以下のような悩みや疑問をお持ちなのではないでしょうか。

  • 不動車はどう処分すれば良いの?
  • 不動車が売れるというのは本当?
  • 不動車の買取相場はあるの?
  • 不動車を高く売る方法を知りたい

今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、不動車の処分方法や、なぜ不動車でも売却することができるのかなど、不動車でもお得に売却するための情報をまとめました。

 

結論を先に伝えます。不動車というのは、主に5つのケースに集約されます。

不動車になるよくある5つのケース

  • ケース1.何年も放置されエンジンがかからない
  • ケース2.バッテリー交換など簡単な修理でエンジンはかかる
  • ケース3.普通に使用したら突然エンジンが掛からなくなった(掛けられなくなった)
  • ケース4.今まで普通に走っていたが事故に遭ってしまった
  • ケース5.そもそもどの状況に当てはまるのかということすら不明

それぞれのケース毎にオススメの売却方法は下記の通りです。

売り先 ケース1 ケース2 ケース3 ケース4 ケース5
廃車専門業者 ×
事故車専門業者 ×
ディーラー
買取専門店 × ×
一括査定 ×

※記号の意味:○オススメ △要相談 ×オススメできない

ただ、これだけ見てもよく分かりませんよね。

 

そこで本記事では、より不動車をお得に売却する方法をお伝えします。

 

不動車の処分方法は3種類あり

不動車の処分方法は3種類あり
冒頭でも述べたように、不動車をどうにか処分しなければならない状況というのは、ほとんどの方が経験したことはないでしょう。

 

使わなくなった家具や家電製品などは、そのままでは、ゴミとして捨てることのできませんが、リサイクルショップに持ち込むか、処理料を支払えば粗大ごみとして処分することができます。

 

ところが、車となると、当然粗大ごみに出すことはできませんし、動かなくなった車をリサイクルショップに持ち込むことも不可能。

 

購入するときはワクワク感を持って購入した車であっても、いざ動かなくなってしまうと、移動させることすら困難で、処分するのは非常に面倒くさい作業です。

 

かといって、そのまま放置するわけにもいきませんので、どうにかして処分をしなければなりません。

 

そこで、まずは動かなくなってしまった車を処分する方法には、どんなものがあるのかについてお話していきます。

 

その代表的な方法とは、以下の3通り。

不動車を処分する3つの方法

  1. 新しい車の購入と引き換えに下取りをしてもらう
  2. 自動車解体業者に引き取ってもらって処分する
  3. 廃車や不動車を専門としている買取業者に売却する

以下よりそれぞれの処分方法について解説していきます。

 

方法1.新しい車の購入と引き換えに下取りをしてもらう

ディーラーで新車を購入する、中古車販売店で中古車を購入するなど、新たに車を購入することが決まっているようであれば、購入した店舗に下取りをしてもらうことができます。

 

ただし、下取りと言っても、通常の中古車のように下取り価格が付き、新たに購入する車の購入資金の一部になるようなことはありません。

 

下取り価格が付くどころか、車の処分にかかる手数料を請求されてしまう可能性もあるのです。

 

下取りとは、本来新たな車を購入するユーザーに対して、古い車の処分を代行する付帯サービスでしかありません。

 

中古車のオークション(中古の車は、ほとんどの車がオークション会場と呼ばれるところに集められます。)転売できるような車であれば良いですが、そのままでは動かすことのできない不動車の場合、業者にとってはただの手間でしかないのです。

 

もちろん、下取りは、新たに車を購入してくれるユーザーに対するサービスですので、購入する車の価格や、今までの付き合いなどによっては、無料で引き取ってくれることもあります。

 

しかし、先述したように、下取りは新たに車を購入するという方にしか利用できないサービスで、すべての方が利用できるわけではありません。

 

また、動かない車を下取りとして依頼するのは、処分から購入まで1社のみという手軽さはありますが、売却して利益を得るということは難しいでしょう。

 

方法2.自動車解体業者に引き取ってもらって処分する

どういった理由で不動車になってしまったかにもよりますが、どう考えてもスクラップにするしかないような状態であれば、解体業者に引き取ってもらうという方法もあります。

 

動かない車をスクラップにするというのは、車の処分方法としては昔から行われてきたやり方です。

 

車には多くの金属が使われ、スクラップにすることで新たな金属素材として活用されます。

 

ただし、一般の方が直接解体業者や、スクラップ工場に車を持ち込んでも、金属の相場や手数料などが明確ではないため、最悪の場合処分料を請求されてしまうかもしれません。

 

また、自動車解体業者ではなく、一般的なスクラップ業者は、車の引き取りを行っていないため、あなた自身で動かない車を運ぶ必要があります。

 

親戚や知人が解体業やスクラップ業を営んでいるという方は別ですが、一般方が利用するには少々ハードルが高い方法なのです。

 

方法3.廃車や不動車を専門としている買取業者に売却する

不動車をこれから処分したいとお考えの場合、もっとも手間をかけず、損をしない方法は、廃車や不動車を専門としている買取業者でしょう。

 

一昔前までは、ここまででお話した下取りや解体業者へ処分を依頼するというのが、不動車を処分する方法としてはごく一般的でした。

 

ところが、近年では、事故車や故障車といった不動車を専門に扱う買取業者が目立つようになり、手軽さと、思わぬ高額買取で人気となっています。

 

このように書くと、突然湧いて出てきたように感じるかもしれませんが、そのような業者が登場し始めたのは1990年代であり、決して新しいビジネスではありません。

 

近年、廃車専門の買取業者が注目を浴びるようになった理由の一つが、インターネットが広く普及したこと。

 

今まで、あまり表に出ることの無かった業種であり、且つ、どこかグレーなイメージがありましたが、インターネットが普及したことで、業者自らがアピールしやすくなったのです。

 

そして、地球温暖化や環境保護といったエコロジー意識の高まりも大きな要因の一つ。

 

それまで、車はスクラップにして金属資源として再利用される程度と思われがちでしたが、金属だけでなく樹脂やゴム、繊維など、さらに細かなリサイクルが行われるようになりました。

 

また、ただスクラップにするのではなく、使える部品は、中古部品やリビルト部品としてリユースもされてもいます。

 

これらの再利用(リサイクル)や再使用(リユース)が活発に行われるようになったことで、地球環境に優しいだけでなく、不動車や廃車であっても価値を見出せるようになったのです。

 

【ケース別】不動車の5つの売却方法

あなたの車がどんな不動車かを見極める
上記では、不動車の代表的な処分方法についてご紹介してきましたが、ここからは、車の状態によって、どういった業者に依頼すべきなのかについてお話していきます。

 

不動車とは何らかの理由で動かすことのできなくなった車のことを指しますが、まずはあなたの車が、どんな理由で不動車になってしまったのかを区別して考えるようにしましょう。

 

では、あなたの車が不動車になった原因は何なのか考えた場合、多くの場合は以下のようなことが考えられます。

不動車になるよくある5つのケース

  • ケース1.何年も放置されエンジンがかからない
  • ケース2.バッテリー交換など簡単な修理でエンジンはかかる
  • ケース3.普通に使用したら突然エンジンが掛からなくなった(掛けられなくなった)
  • ケース4.今まで普通に走っていたが事故に遭ってしまった
  • ケース5.そもそもどの状況に当てはまるのかということすら不明

また、不動車の売却先として候補になると考えられるのは、廃車専門業者、事故車専門業者、ディーラー、買取専門店、一括査定サービスの5つとなります。

 

上に記した1~5のケースにおいて、どこに売却や相談を行い、どこは避けるべきなのかについて、下記表にまとめてみました。

売り先 ケース1 ケース2 ケース3 ケース4 ケース5
廃車専門業者 ×
事故車専門業者 ×
ディーラー
買取専門店 × ×
一括査定 ×

※記号の意味:○オススメ △要相談 ×オススメできない

 

それではここから、不動車になってしまった原因をもとに、どういった業者に売却するが良いのかについて詳しく解説していきます。

 

ケース1.何年も放置されエンジンがかからない

何年も放置され、エンジンが全くかからないような状態であれば、廃車や事故車を専門に扱う業者にお願いするのがオススメです。

 

燃料は入っており、バッテリーに繋いでもかからないような状態の場合、その場から移動させるには、必ずレッカー車か積載車を使用しなければなりません。

 

廃車や事故車を専門に扱う業者であれば、ほぼ間違いなくレッカー車や積載車を持っています。

 

また、それほど長い期間放置されているケースでは、道路から離れた空き地や自宅敷地内の隅、奥まった駐車場など、レッカー車や積載車がそのままでは入れないことも少なくありません。

 

そういった特殊な場合でも、廃車や事故車の専門業者であれば、豊富な経験と知識で対応してもらえるのです。

 

そして、一括査定を利用した場合は、一括サイトに廃車や事故車を専門に扱う業者が登録していることもあるため、申し込み時に車の状態を入力しておくと良いでしょう。

 

ディーラーでも状況によっては相談することも可能ですが、特殊な場合での対応が困難なことと、対応できても売却はできず、手数料や出張費が掛かる可能性があり、注意が必要です。

 

オススメの廃車や事故車専門の業者については「廃車の買取査定/ボロボロな車を買い取ってもらう方法」「事故車であっても諦めてはダメ!事故車を高額買取してもらう方法」をご確認ください。

 

ケース2.バッテリー交換など簡単な修理でエンジンはかかる

長期間放置してしまったものの、ディーラーや整備工場に来てもらい、バッテリーの交換や充電といった簡単な修理でエンジンがかかり、修理することが前提であれば、そのままお願いした方が安心です。

 

無事エンジンが掛かったとしても、1年以上動かしていないような状態の場合は、そのまま公道を走行するのはあまりオススメできません。

 

理由は、機械モノである車は、動いていない時間が長ければ長いほど、久しぶりに動かした際に思わぬ故障が起きる可能性が高く危険だからです。
また、修理ではなく売却をお考えの場合は、もっとも高く売れる可能性のある買取専門店や一括査定がオススメ。

一括査定とは、あなたの車の情報と住所をネット上で入れると、あなたに車にマッチするお近くの買取業者を自動的に複数社マッチングしてもらえるサービスです。
車一括査定の流れ

 

もちろん、しばらく不動車であったことをきちんと伝える必要はありますが、動かせる状態であれば、通常の買取として扱ってもらえます。

 

そして、エンジンはかかったものの、まったく動かせない場合や、とても乗れるような状態ではない場合は、事故車ではないため廃車専門店にお願いしましょう。

 

廃車専門店であれば、移動手段はもちろん、廃車を前提で話を進めることができるため、時間もかからず、ディーラーでは処理料が掛かるようなケースでも、買取って貰える可能性があります。

 

オススメの買取店を見つける方法は車一括査定が便利です。

 

車一括査定については「2018年のオススメ車一括査定は?高額買取のための全情報」をご確認ください。

 

ケース3.普通に使用したら突然エンジンが掛からなくなった

下記の事故に次いで厄介な状態が、今まで問題なく使えていたのに、突然エンジンが掛からなくなってしまう、または、走行中にエンジンが停止してしまった場合です。

 

この状況で間違いなく言えることは、放置されていた車両と違い、普段から日常的に使用している車だということ。

 

つまり、修理や買換えを行うための時間的猶予があまりないということになります。

 

こういったケースの場合は、とにかく動かなくなってしまった原因を探り、修理か買換えかを早急に決めねばなりません。

 

もしかしたらあまりお金をかけずに修理し、再び乗ることができるかもしれませんし、修理代に何十万円もかかってしまう可能性もあるでしょう。

 

このまま修理で乗り続ける場合は、そのままディーラーや整備工場で作業をお願いし、乗り換えを考える場合には、一旦車を保管してもらった上で、廃車専門店に見積と引き取りを依頼します。

 

ディーラーはもちろん、一般の買取専門店では、何十万円も修理に掛かる車は、修理をしなければ買取って貰うことは不可能です。

 

そのため、売却までを最短で行える廃車や事故車を専門に扱う業者にお願いし、車の無い期間をできる限り短くしましょう。

 

オススメの廃車や事故車専門の業者については「廃車の買取査定/ボロボロな車を買い取ってもらう方法」「事故車であっても諦めてはダメ!事故車を高額買取してもらう方法」をご確認ください。

 

ケース4.今まで普通に走っていたが事故に遭ってしまった

不幸にも事故に遭遇し、車が壊れてしまった場合は、事故車を専門に扱う買取業者に依頼するのが間違いの無い方法です。

 

公道を走行している以上、誰でも事故に遭ってしまう可能性はあり、どんなに安全運転を心がけていても、100%事故を避けることはできません。

 

不幸中の幸いで体に大きなけががなかったとしても、壊れて動かなくなってしまった車をどう処分するかというのは大きな問題です。

 

上記の故障してしまった時と同じように、今まで普通に使っていた車が突然使えなくなってしまうということは、仕事や普段の生活などあらゆる場面に影響を及ぼします。

 

ましてや、比較的新しい車で、軽度な損傷であれば修理という選択も可能ですが、車の価値よりも修理代の方が高くつく、いわゆる「全損」となってしまった場合は、廃車という選択をしなければなりません。

 

こういった状況では、早く車を処分することと、できるだけ高値で売却し、事故で受けた損害の穴埋めや、新たに購入する車の購入資金にすることが大切です。

 

また、全損に至るような損傷を受け、不動車になってしまったということは、クレーンやウインチの付いた積載車が必要になります。

 

このように、事故が原因で不動車になってしまうというのは、かなり特殊な事例ですので、餅屋は餅屋ということで、事故車専門の買取業者が安心なのです。

 

オススメの事故車専門の業者については「事故車であっても諦めてはダメ!事故車を高額買取してもらう方法」をご確認ください。

 

ケース5.そもそもどの状況に当てはまるのかということすら不明

上記4つの状況以外にも、愛車が不動車になってしまう原因はさまざま考えられます。

 

例えば、ご両親が長年大切にしてきた車があり、残念ながらご両親とも他界されてしまった場合、残された車は遺品として相続の対象となり、通常の方法で売却することはできません。

 

自宅にある車であれば、いつもお世話になっているディーラーや整備工場にとりあえず相談することもできますが、自分の車では無い以上、どこに相談したら良いか困ってしまいます。

 

実は、どう処理して良いかわからないとき、強い味方になってくれるのが、買取専門店や、廃車専門業者なのです。

 

ディーラーや整備工場とは違い、これらの業者は、売却や廃車という業務を専門に行っているため、通常ではなかなか想像し無いような特殊な事例であっても適切に対処してくれます。

 

さらに、どの業者にお願いしたらよいかわからない場合は、一括査定サイトを使いましょう。

一括査定とは、あなたの車の情報と住所をネット上で入れると、あなたに車にマッチするお近くの買取業者を自動的に複数社マッチングしてもらえるサービスです。
車一括査定の流れ

 

一括査定サイトならば、住所や連絡先を一度入力するだけで、廃車専門業者を含む複数の買取業者に査定を申し込むことができます。

 

そして、車が不動車であるなど、現在の状況をしっかりと伝えておけば、対応が可能な業者を簡単に見つけることができるのです。

 

車一括査定については「2018年のオススメ車一括査定は?高額買取のための全情報」をご確認ください。

 

不動車の買取相場は残念ながら算出できない

不動車はどの程度の価格で買取って貰えるのか?
どんな状況であれ、せっかく車を手放すのであれば、少しでも高く売却したいものですので、不動車はいったいいくらで売れるのか気になっているという方も多いでしょう。

 

結論から言うと、不動車の買取相場というものはなく、算出しようがありません。

 

なぜなら、不動車という言葉でも、色々な原因で不動になっているため、それぞれのパターンで相場を出すことができないから。

 

でも、買取相場などで調べてみると、一括査定サイトや、中古車情報サイトなど、インターネット上の買取相場情報が出てきます。

 

中古車の買取相場というものは、世間での人気や季節、さらに流行などあらゆる要素によって日々変化しているため、通常の車買取を利用する上ではとても有益な情報と言えます。

 

しかし、そういったインターネット上の相場情報は、あくまで走行可能な車を対象にしているため、不動車の場合には全くあてにならないのです。

 

では、不動車の買取価格というものはどのように決められ、相場情報を知る方法は有るのでしょうか?

 

不動車の買取相場は、通常車の買取相場とは異なる

不動車や事故車などは、ディーラーや通常の買取店ではまともな買取価格が付かないことはここまでお話してきた通りです。

 

ディーラーや通常の買取店では、買取った車をそのまま転売するため、不動車や事故車では転売することができず、値を付けて買取ることができません。

 

つまり、いくら不動車や事故車を専門としている業者でも、不動車や事故車をそのまま転売するだけでは利益を出すことは不可能だということです。

 

不動車の買取相場について

通常の方法では利益を出すことのできない不動車や事故車ですが、専門業者はあらゆるノウハウを駆使して利益を出しています。

 

不動車や事故車でも利益を出せる方法は主に3つ。

  1. 部品ごとに転売する
  2. 海外への輸出
  3. 新たな資源として再利用

長期間放置されボディが腐食してボロボロの不動車の場合でも、エンジン本体やミッションなど、部品単体で見ていけば、ほんの少しの修理で再び使用する事が可能。

 

それらの部品は、中古パーツやリビルトパーツとして販売することができるのです。

 

そして、日本では敬遠され、高値で販売できない事故車も、海外へ輸出することで、品質と耐久性で評判の良い日本車は十分商品価値があります。

 

また、ボディだけでなく、エンジンなど大きく破損してしまった不動車や事故車の場合は、新たな資源として再利用することで、新しい価値を持たせることが可能。

 

このように、不動車専門の買取業者は、あらゆるノウハウや販売ルートを持ち、その車の状況に応じた適切な処理を行うことで、不動車の買取を可能にしています。

 

そのため、不動車や事故車の買取を専門としている業者では、年式や走行距離はほとんど関係なく、車種と大体の損傷状況が把握できれば、買取価格を出すことが可能。

 

不動車や事故車の買取相場を簡単に調べることはできませんが、多くの業者では、基本情報と写真を送ることで、見積依頼から24時間以内で査定額を提示してくれます。

 

まとめ

車の購入ですら、人生の内でそう何度も経験することではありませんので、不動車の買取となると、一生の内で一度も経験しない方が居ても不思議ではありません。

 

不動車を目の前にすると、どう処理して良いか分からず、「とりあえず処分できればいいや」と思ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、不動車だから売れない、価値がないと諦めてはいけません。

 

インターネットがこれほどまでに普及したおかげで、これまであまり知られていなかった不動車や事故車を専門に扱う買取業者を簡単に見つけられるようになりました。

 

不動車だからどうせ値段は付かないだろうと諦めるのではなく、まずは、一括査定サイトなども上手に活用して、査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

廃車の買取査定/ボロボロな車を買い取ってもらう方法
実は、廃車に出すような車であっても海外では普通に売れたり、パーツとして取り扱ってくれたりする業者もいくつかあります。本記事では、車を廃車に出そうと思っているけど、できれば費用を発生させずに、しかも査定をして買い取ってもらう方法について解説します。
事故車であっても諦めてはダメ!事故車を高額買取してもらう方法
一口に事故での破損と言っても、少し擦ってしまったような軽いものから、いわゆる全損と言われる大きな破損までさまざま。ただし、素人では、それが買い取りしてもらえるのかどうか?どこの業者にお願いすればいいのかが分からないと思います。そこで今回の記事では、事故車買取専門店や、高く売るための秘訣について詳しく解説していきます。事故車だからと諦めることなく、少しでもお得な売却に繋がるよう、この記事を参考にしてください。
事故車は修理すべき?それとも買い替えるべき?迷う疑問を徹底解消
事故車を修理すべきか?買い替えるべきか?曖昧な判断をする前に、実際にどちらがオススメなのか、どちらがよりお得なのかを解説していきます。
動かない車の車買取の方法【買取額が10万円アップする】
動かない車でも意外と売れる?買取額が10万円アップする方法を紹介します。
故障車はどれぐらいで車買取してもらえる?故障具合ごとに徹底解説
今回は故障車の車買取事情について詳しく解説していきますので、故障車の車買取に対する不安を解消していきましょう。
車検切れでも車は売れる!スムーズに高価買取してもらうための全知識
車検切れの車を処分したいけど放置してしまっているあなたにお得な情報をお届けします。
バッテリー上がりの車査定/誰よりもカンタンに高額買取するための秘訣
今回はバッテリー上がりの車を車査定について詳しく解説していきましょう。面倒だと思っていた気持ちもなくなり、満足いく結果をイメージできるようになります。
諦めるのは早い!20万キロ以上走っている車の査定額を出す引き出すコツ
20万キロも走っている車はとても中古車需要があるとは思えず、値段がつくかどうかも分からないですよね。あなたの車は売れるのか、売れるとしたらどのような方法で高く売るのかを知ることができます。
車のエアコン修理はどこに頼めばいいの?費用の相場はどれぐらい?
車を毎日乗られる方も週末だけ乗られる方も、「車内にいる間はできるだけ快適に過ごしたい」と思いませんか?車の快適装備は年々進化しており、昔とは比べ物にならなくなってきました。そして今では当然のように標準装備されているエアコンは、車内で快適に過ごすための必需品といっても過言ではありません。ただし、エアコンは電装品。電装品は必ず壊れます。では、エアコンが故障してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。そこで、今回はエアコンの故障についてチェック方法や修理業者など、いざというときのために必要になる情報をお届けしていきます。
車売却時に事故歴は査定額にどんな影響があるの?プロが徹底解説
事故歴がある車の売却に関する情報をお届けしていきます。心配し過ぎないで、より良い結果を出すことだけを一緒に考えていきましょうね。
車をスクラップした時の買取相場は?手数料などを差し引くと赤字になる
車を使用しないという場合に廃車という手続きを行いますが、一時的に廃車にし、再び使用することのできる一時抹消と、永久に使用しない永久抹消があります。車をスクラップにするためには、永久抹消登録を行わなければなりません。今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、一般の方があまり知らない、スクラップや廃車にする方法、スクラップの買取相場、お得な売却方法などについて解説していきます。