自動車ローンの5つの審査基準と通りやすくするための3つのポイント

自動車ローンの審査の全知識

最終更新日:2018年5月31日

自動車ローンの審査の全知識
新車中古車問わず、車は言えの次に高い買い物ですので、新たな車の購入には、現金ではなく自動車ローンの利用を考えている方も多いはずです。

 

しかし、それほど高額なローンを組むなど滅多にあることではないため、下記のような悩みや疑問を持っている方も多い野ではないでしょうか。

  • 自動車ローンって何を基準に審査されるの?
  • ローンの種類によって審査の厳しさに違いはあるの?
  • 自動車ローンの審査に通りやすくするポイントを知りたい

以上のような悩みや疑問を解決するため、今回の記事では、一般の方にはあまり知られていないローンの審査基準についてご紹介。

 

また、車を購入する際に良く利用される「ディーラーローン」や「銀行系マイカーローン」の違い、さらに、ローンに通りやすくするためのポイントについて詳しく解説していきます。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

自動車ローン5つの審査基準

自動車ローン5つの審査基準
初めて車のような高い買い物をする方や、過去、ローンの審査で落ちてしまった経験がある方の場合、ローンの申し込みを行っても審査に通らないのではないかと不安になるもの。

 

そこで、そもそも自動車ローンとは、いったい何を基準に審査されているのかを理解しておくことで、審査に通らないのではという不安を軽減し、審査に通りやすくなるヒントを得ることが可能です。

 

ローン会社によって細かな規定は違いますが、概ね、以下に上げた5つの項目ついて確認し、総合的に審査されます。

自動車ローンの5つの審査項目

  1. 信用情報
  2. 年収
  3. 勤続年数と雇用形態
  4. 年齢
  5. 居住年数

それでは、ここからそれぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

 

審査項目1.信用情報

信用情報とは、クレジットやローンに関する契約内容、利用残高、過去の返済状況などを、客観的に表した情報のことです。

 

あなたに代わって代金を支払うクレジット会社や、あなたに融資を行うローン会社は、当然貸したお金(代わりに支払った代金)を回収できなければなりません。

 

クレジットやローンなど、現金を使わず「約束した期日までに支払う」という約束にもとづいた取引を「信用取引」と呼び、ローンの審査には個人の信用が大きく影響します。

 

信用情報は、あなたにお金を貸しても大丈夫かどうかを審査する際にとても大切な情報の一つ。

 

そのため、「この人にお金を貸して(代わりに支払って)も大丈夫かどうか」ということを客観的に判断する必要があり、ローン会社やクレジット会社では、ほぼ間違いなく申込者の信用情報を確認しているのです。

 

ローンの申し込み者の信用情報を収集し管理している機関は信用機関と呼ばれ、日本国内には、下記に挙げた3つの機関が存在します。

日本国内の3つの信用機関

  1. JICC(株式会社日本信用情報機構):信販会社、消費者金融
  2. CIC(クレジットインフォメーションセンター):クレジットカード会社、信販会社
  3. 一般社団法人 全国銀行協会:銀行、信用金庫、農協など

過去に支払が遅れてしまった、または、債務整理(破産)したなどの経験がある場合、上記の信用機関で情報が共有され、ローンの審査では不利になってしまうのです。

 

審査項目2.年収

ローンやクレジットの審査を行う際、どの程度返済能力があるのかを判断する材料として、年収はとても重要な要素です。

 

自動車ローンの契約をする以上、確実に毎月返済しなければならず、収入を上回る返済は当然不可能。

 

また、食費や光熱費などの生活費も、月々の収入で賄わなくてはならないため、ローンの返済額は月収の15%~20%に抑えるのが適切であるとも言われています。

 

借り入れ元や商品によって違いはありますが、自動車ローンの審査基準としては、「年間返済額が年収の40%~50%以下」とされていることがほとんどです。

 

例外はありますが、年収300万円の方が、300万円の車を、ローンで購入する場合を例に計算してみましょう。

支払回数 年間返済額 月々返済額 収入に占める割合
24回(2年) 150万円 12.5万円 50%
36回(3年) 100万円 8.3万円 33%
60回(5年) 60万円 5万円 20%

年収の50%とした場合、24回(2年)の返済でも可能ではありますが、実際には、その他の条件や借入を合わせ、総合的に判断されるため、審査に落ちてしまう可能性があります。

 

また、36回(3年)の場合は、収入の3割程度のため審査に通る可能性は高くなりますが、自動車ローン以外の支出を考慮すると、かなり厳しい返済額と言えるでしょう。

 

以上のようなことから、年収300万円の方が、300万円のローンを組む場合、60回(5年)が無理のない範囲と言えるのです。

 

ちなみに、サラリーマンではなく自営業や個人事業主の方の場合、給与による年収ではなく、毎年行う確定申告の「所得金額」で判断されます。

 

審査項目3.勤続年数と雇用形態

自動車ローンでは、複数年に渡って返済することが前提であり、安定した収入が何年も続いていることが重要視されます。

 

そのため、あなたがどの程度安定した収入を得ているかを判断する基準として、勤続年数と雇用形態が大切になるのです。

 

一概に何年以上なければダメというのは言えませんが、正社員として勤続1年以上であれば問題なく審査を通過できるでしょう。

 

また、自営業や個人事業主の場合は、3年程度事業を継続していると良いとされています。

 

しかし、フリーターの方や、社会人1年目という場合、絶対にローンに通らないというわけではありません。

 

同じ勤務先に長く努めている、または、返済能力のある保証人をつけることができれば、審査を通過できる可能性が高くなります。

 

審査項目4.年齢

何度かお話していますが、自動車ローンのように、複数年に渡って返済が必要なローンの場合、申込者の年齢も審査の対象になります。

 

ほとんどの場合、自動車ローンを組むことのできる年齢は、原則20歳以上とされており、未成年の方はローンを組むことができません。

 

その場合、保護者の名義でローンを組むか、ローン会社によっては、保護者を保証人とすることでローンを組むことが可能です。

 

また、申込みができる年齢の上限が定められており、完済時の年齢が65~70歳以下に設定されています。

 

したがって、60~65歳で新たにローンを組む場合、原則として5年以内に完済できるように計画しなければなりませんし、金額によっては、親族以外の保証人を付けなければならない可能性もあります。

 

審査項目5.居住年数

特に銀行系のマイカーローンを組む際には、居住年数も重要視されることがあります。

 

これは、ローンの申込者がどの程度安定した生活を送っているかを判断する指標として、居住年数が重要視されるためです。

 

同じところに何年も住み続けている方が有利ですし、賃貸よりも持ち家の方がより有利になるでしょう。

 

では、職業柄転勤の多い方や、引っ越しが趣味で家を購入せず賃貸のままという場合、審査に落ちやすいのかというと、そうとも言い切れません。

 

何度か申し上げているように、ローンの審査はあらゆる項目を総合的に判断されます。

 

したがって、過去に家賃や水道光熱費などの滞納を何度もしていなければ、あまり心配する必要はないのです。

 

ローンによって審査の厳しさが違う

ローンによって審査の厳しさが違う
ローン会社やクレジット会社は、申込者にお金を貸しても(または代わりに代金を支払っても)確実に回収できるかどうかを判断するために、上記のようにあらゆる項目を審査します。

 

ですが、すべてのローン会社やクレジット会社が同じ基準で審査を行っているわけではないため、ローンの種類によって審査の厳しさに差が生まれるのです。

 

そこで、車を購入するときに利用される、ディーラー系ローンと銀行系ローンについて、審査の厳しさ、金利、所有権について下記表で比較してみたいと思います。

項目 ディーラー系ローン 銀行系ローン
審査 通りやすい 厳しい
金利 6~8%と高い 1.5~3.5%と安い
所有権 信販会社 あなた

上記の表を見ていただくだけでも、どちらのローンを利用するかによって、大きな違いがあることはおわかりいただけるのではないでしょうか。

 

下記より、実施にあなたが自動車ローンを利用する際、ディーラー系ローンと銀行系ローンで、具体的どのような違いがあるのかについて、詳しく掘り下げていきましょう。

 

金利の違いで30万円以上変わる

たかだか数%の違いであっても、もともと高額な自動車ローンでは、最終的な支払い層が久我大きく違ってきます。

 

一般的なディーラー系ローンの金利は7%前後、対して銀行系の平均的な金利は2.5%前後で、その差は4.5%程度です。

 

たったの4.5%と感じるかもしれませんが、300万円の中古車を60回(5年)返済した場合、支払う総額に大きな違いが生まれます。

  • 実質年利7%のディーラーローンで支払う総額は、およそ356万円
  • 実質年利2.5%の銀行系ローンで支払う総額は、およそ319万円

上記の総額は、元利均等返済方式で算出した計算結果ですが、300万円の借り入れに対して、支払う金利が約37万円も違ってくるのです。

 

このように、車は決して安い買い物ではないため、金利の違いが例え数%であっても、支払う総額は大きく違って来るため、どのローンを利用するのかは慎重に検討しなければなりません。

 

審査が通りやすく便利なディーラー系ローン

上記では、数%の金利の違いで、支払総額に大きな差が生まれるとお話しましたが、車を購入する方の多くが、ディーラーや中古車販売店で扱っている信販系自動車ローンを利用しています。

 

一般的に「ディーラーローン」とも呼ばれますが、正確には信販会社を利用したクレジット契約です。

 

ディーラー系ローンのメリットは、車の購入とローンの申込みが1つの店舗で済むため手間がかからないこと。

 

さらに、購入する車を担保にするため、比較的審査に通りやすく、即日か、遅くとも数日以内には審査結果を知ることができるということです。

 

しかし、上記でもお話したとおり、特殊なキャンペーンを利用しない限り、ディーラー系ローンは金利が高いことが大きなデメリット。

 

また、ローンを完済し所有権解除を行わない限り、その車の所有権はクレジット会社であるため、返済中の売却や譲渡を行うことができません。

 

そして、万が一数ヶ月間返済が滞ってしまうと、最悪の場合、担保である車が強制的に引き上げられてしまう可能性もあります。

 

銀行系マイカーローンは厳しいが金利はお得

クレジットではなく融資である銀行系ローンメリットは、金利が安いことと、所有者があなたになるということです。

 

しかし、銀行や農協、損害保険会社(損保ジャパン)などで扱っているマイカーローンは、無担保ローンであるため、どうしても審査が厳し目になってしまいます。

 

また、審査にも数日から1週間程度の時間を要し、販売店でローンの申込みまでできるディーラーローンと比べ、銀行や農協などの金融機関に自ら申込みを行わなければなりません。

 

さらに、金融機関や借り入れる額、商品によって審査基準は異なりますが、銀行系ローンでは年収200万円以上(損保ジャパンは250万円以上)であることや、ローンを利用する金融機関に口座を持っていなくてはならないなどの成約もあります。

 

このように書くと、銀行系マイカーローンは少々ハードルが高いように感じるかもしれません。

 

ですが、三菱UFJ銀行をはじめ、多くの銀行では、仮の審査を受けることができ、最短で当日、遅くとも数日以内にはローンが利用できるか確認することが可能です。

 

先述の通り、車の購入には多額の資金が必要なため、数%の金利の違いで、支払総額に大きな違いが生まれます。

 

少しでもお得に車を購入したいのであれば、まずは仮審査の申込みをしてみてるのがオススメです。

 

もちろん、銀行系ローンに比べ、審査が緩いと言われるディーラー系ローンであっても、場合によっては審査の通らないこともあります。

 

次の章からは、どちらのローンの場合であっても、審査に通りやすくするためのポイントについて、くわしくお話していきましょう。

 

審査に通りやすくするためにしておきたい3つのポイント

審査に通りやすくするためにしておきたい3つのポイント
ローンの審査を通りやすくするためには、上記でお話した5つの審査基準を理解しておく必要がありますが、勤続年数や年収、年齢、居住年数などはどうにもなりません。

 

そこで、今からでもローン審査に通りやすくするためには、あなたにお金を貸してもきちんと返済してくれる人だと信用してもらうことが重要です。

 

それでここから、信用を得るため具体的にどのような方法があるのかご紹介していきましょう。

 

無駄なクレジットカードは解約する

カードローンやキャッシングが有る場合、なんとなく審査に不利であると想像できますが、使っていないカードをただ持っているだけでも、審査に影響することがあるのです。

 

クレジットカードには、ショッピングで使用できるショッピング枠と、現金を借り入れることができるキャッシング枠があります。

 

クレジットカードを作成したばかりでも、ショッピング枠とキャッシング枠を合計すると50万円以上の利用枠があることも少なくありません。

 

そして、今の時代クレジットカードを何枚も持っていることは不思議ではなく、「ガソリン代が安くなる」「キャンペーンで入会を勧められた」などの理由で、とりあえず作るだけ作ったという方も少なくないでしょう。

 

ただ、何枚もクレジットカードを持っていても、実際に利用しているのは多くても2~3枚という場合がほとんどですので、特に支払いが発生していないはずです。

 

しかし、仮に作っただけのクレジットカードを5枚持っていたとして、1枚あたりの利用枠が50万円あったとすると、5枚すべての利用枠を合計すると250万円になります。

 

この実際には利用してのいない250万円について、ローン審査の際には、「何かあった場合には250万円まで借り入れを行う可能性がある」と判断され不利になることがあるのです。

 

もちろん複数のクレジットカードを持っているからと言って、必ずしも審査に影響するわけではありません。

 

ですが、使用していないクレジットカードが複数あるという方は、この機会に不要なカードを解約しておくと、審査に通る可能性を高くすることができるのです。

 

返済できる借金は返済する

当然と言えば当然ですが、現時点でショッピングローンの借り入れがある場合、あらかじめ返済しておくことをオススメします。

 

特にリボ払いを利用している場合は注意が必要で、通常のローンに比べ金利が高いリボ払いは、自動車ローンの審査で不利になる可能性があるのです。

 

家の次に高額な買い物である車は、借り入れ額が少なければ少ないほど有利なため、すでに借り入れているローンの金利が低いことも有利に働きます。

 

ボーナスや貯金を利用して返済できるのであれば、できるだけ借入金額を少なくしておくようにしましょう。

 

頭金を多めに用意する

自動車ローンの審査では、年収に対していくらの借り入れを行うのかが重視されます。

 

そのため、頭金を増やし、ローンの借入額を少なくすることで、審査に通りやすくすることが可能です。

 

上記でもお話しましたが、月々の返済額が収入の何割になるのかが重要であり、一般的には収入の4割程度までが限度と考えておきましょう。

 

例えば、月収が30万円の場合は、すでに返済を行っているローンと合わせて12万円程度の返済額に収まるように自動車ローンを組むことで、比較的審査には通りやすくなります。

 

また、頭金を多くするためには、今乗っている車を少しでも高く売るのも有効な手段です。

 

ディーラーや中古車販売店の下取りだけでなく、一括査定などを上手に利用して、もっとも高く売れる売却先を探すようにしましょう。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

まとめ

今回の記事では、自動車ローンの審査に落ちにくくなするためにはどうすれば良いかについてお話してきました。

 

車を販売している販売店はもちろんのこと、自動車ローンを貸し付けるローン会社やクレジット会社も商売である以上、返済能力の無いユーザーに対しては、簡単にローンを組ませてくれません。

 

今回の記事でご紹介した、審査基準やローンの種類をよく理解した上で、少しでも審査に通りやすいよう、今から気を付けていくことが大切です。

 

また、車を購入するときは、どうしても気分が高揚してしまうため、つい無理な返済計画を立ててしまいがち。

 

いくらローンが通ったからとは言え、しっかりと毎月返済していけなければ、せっかく購入した愛車を手放さなければならない可能性もあるのです。

 

車を維持していくには、ローンの返済以外に、ガソリン代や車検代、さらには税金などさまざまな費用が掛かります。

 

あなたが購入しようとしている車を買った場合、月々どの程度のお金が掛かるのかをよく考え、無理のない返済額に収めておくことが大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ
これから新車の購入を考え、この記事にたどり着いた多くの方は、「上手な値引き交渉はどうしたら良いの?」「新車は実際いくらくらい値引きしてもらえるの?」「プロの営業マン相手の値引き交渉って難しそう」「損をせずお得に新車を購入する方法を知りたい」と思っていることでしょう。そこで今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、15年以上車業界に携わってきた筆者の経験をもとに解説していきます。
現役ディーラーに聞いた!新車購入の安い時期と安くする3つの方法
新車購入を検討している人は、「お得に購入したい」と誰もが考えると思います。世間では、新車購入は決算期が安くなるよ!と耳にすると思います。結論を伝えると確かに「2~3月」は安くなります。ただし、ディーラー営業マンも慣れているため、しっかりと掴むところは掴んでおかなければなかなか値引きも苦労します。今回は、それらの疑問や不安を解消するために、筆者の知人である現営業ディーラーに本音を教えてもらいました。具体的には、新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
車をお持ちの方にとって、年に一度の自動車税は本当に邪魔なものだと思っていませんか?「税金」のため納めないわけにはいかず、なかなか納得いかないですよね。そのため「できれば買い替え時に自動車税を回避したい」「自分の自動車税が分からず毎年不安になってしまう」などの悩みを抱えている方が多くいるかと思います。そこで今回は自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。決して難しいものではないため、読み終える頃には自動車税や買い替えに関して理解していることでしょう。
車買い替えの時期・タイミングのベストと2つの注意点
いざ買い替えるとなったとき、「車の買い替えは何から手を付けたらいいの?」「車を買い換える適切なタイミングとは?」「車検継続か買い換えかはどこで判断すればよいか?」「買い換えで損をしないためにはどうするべきか?」のような悩みや疑問をお持ちなのではないでしょうか。この記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、損をせずお得に車を買い換える方法はもちろん、車の買い替えの流れや、車検継続か買い換えを判断するポイントまでを解説します。
【2019年最新】車通勤にオススメの車種は?元ディーラーが徹底解説
あなたは自分が乗っている車をどんな用途で使うことが多いですか?休日のドライブやアウトドアなど色んなことで使うかと思いますが、車に乗っている最も多くの時間は「通勤」によるものではないでしょうか。そこで今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。しっかりと最新の車種情報も入れています。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
新車や中古車を購入するときに多くの人がお世話になる支払方法のローンは、月々の支払いを抑えることが可能であるため、購入計画が立てやすいですよね。しかし購入計画をたてて購入したからといって、何かしらの事情がありローンの途中で買い替えなければならないこともあるかと思います。そこで今回はローン途中での買い替えに注目して、ローンに関するアレコレをご紹介していきます。ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
人生の中で大きなイベントと言えば、結婚、出産、子育てなど様々なことがあるかと思います。特に「子供が生まれた」ときなどは悩みに悩んで、車の買い替えを検討しなければならないときが来ます。「そもそもどんな車を選べばいいのか分からない」「子供の数が分からないから、買い替えを迷っている」「子育てが始まるのにローンを組んでもいいのか」など様々な理由で不安になっているかと思います。そこで今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。