車査定 嘘

最終更新日:2017年3月21日

車査定のときに嘘をつくのは許される?許されない?

車査定のときに嘘をつくのは許される?許されない?
車査定においてあなたが最も重要視するのは「どれだけ査定額を高くできるか」ではないでしょうか。

 

しかし、とにかく高い査定額を得たいがために査定士に対して嘘の申告をしてしまいたくなります。

 

ただし、結果的に損をすることや、バレずに高額な結果を得たものの後味が悪くなってしまう方も多いのです。

 

とはいうものの

  • バレなければ嘘の申告をしても大丈夫ではないのか
  • 嘘をついたらどんなペナルティがあるのか
  • 嘘をつかなくても高く売る方法はあるのか

といったことが気になりますよね?

 

そこで今回は車査定のときに嘘をついても大丈夫なのか、嘘をつかなくても高額な査定結果を得ることができるのか解説していきます。

 

この記事を読めばあなたが希望する査定結果を得るために必要なことが分かりますよ!
簡単にまとめましたので、ぜひ最後まで気楽に読み進めてくださいね。

 

1.車査定時についていい嘘、ついてはダメな嘘

車査定時についていい嘘、ついてはダメな嘘
車査定の際に意外かもしれませんが「ついてもいい嘘」と「ついてはダメな嘘」というものが存在します。

 

それは下記の通りです。

車査定で許される嘘

  • 希望査定額
  • 競合させている店舗について

 

車査定でダメな嘘

  • 修復歴
  • 整備履歴
  • 車の調子について

 

それぞれの詳細は次に解説していきます。

 

1-1.希望査定額

査定士に対して希望査定額は積極的に嘘をついても構いません。

 

嘘をつくというと後味が悪いかもしれませんので、カマをかけると思ってください。

 

査定士はお客様がどの程度の金額であれば満足してくれるのかを真剣に考えています。

 

そのため「いくらぐらいであれば納得していただけるか」を教えてほしいと思っているのです。

 

結果、希望額を高めに伝えておくことで、本来希望していた査定額よりも高い結果を得やすくなります。

 

査定士としてもお客様の希望額を知ることができるため双方にメリットがあるといえるでしょう。

 

1-2.競合させている店舗について

詳細は後述しますが、車査定は複数の車買取店を競合させることでお得になります。

 

そのため査定士は「うちの他にどこか呼ばれていますか?」と聞いてきますので、その際は遠慮なく「御社含めて3社呼んでいます」や「査定額によっては2社目を検討します」と伝えましょう。

 

希望査定額と同様にカマをかけることで車買取店が提示できる限度額を引き出すことができますよ!

 

1-3.修復歴

車査定において絶対についてはいけない嘘の代表格といえば修復歴でしょう。

 

修復歴とは車のフレーム(骨格)など、車にとって最重要である部分に修復した経歴があるかどうかを差す言葉です。

 

この修復歴は車査定において価値を判断するためには非常に重要な要素で、修復歴が「有」の場合は大幅に査定額が下がってしまうこともあります。

 

しかし修復歴有だということを隠してもプロの査定士は確実に発見するため、結果的に査定額が下がってしまうのです。

 

さらに「このお客様は嘘をつく人だ」と思われることでその他のチェック項目を厳しく評価されることにも繋がり、必要以上に損をしてしまいかねません。

 

修復歴に関しては車査定額の生命線ともいえる項目ですので、嘘の申告をせずに正直にありのままを伝えることでマイナスを最小限に抑えることができるのです。

 

もし仮にバレずに売却が完了したものの、売却完了後に修復歴が発見された場合は「瑕疵担保責任」を問われ、損害賠償の対象になってしまう場合もありますので注意しましょう。

 

瑕疵担保責任 かしたんぽせきにん
売買などの有償契約において、その目的物件、一般の人では簡単に発見できないような瑕疵 (欠陥) があった場合、売主などの引渡し義務者が、買主などの権利者に対して負わねばならない担保責任のこと。

※コトバンクより

 

1-4.整備履歴

整備履歴についても修復歴同様で嘘の申告をしてはいけません。

 

もちろんプロの査定士であれば車査定時にエンジンの不良などを確認しているため見逃すことはありませんが、「○○の調子どうですか?」などと聞かれた場合には素直に回答しましょう。

 

またオイル漏れや液漏れなどが深刻な場合は、後々のトラブルを回避するためにも確実に申告しておくことをオススメします。

 

しっかりと正直に申告しておくことで「このお客様は信頼できる」と思わすことができるため、先程述べたようにカマをかける場合には非常に有効になるのです。

 

1-5.車の調子について

査定士は大ざっぱに「このお車の調子はいかがですか?」と聞いてくる場合があります。

 

その際も嘘の申告をすることなく正直に申告しましょう。

 

車の調子という大ざっぱな質問のためなかなか的を得た回答ができないかと思いますがそれで構いません。

 

なぜならこの手の質問の場合は「お客様が嘘をついていないかどうか」を確かめるために聞いているからです。

 

結果的に、自分が普段乗っていて気が付いたエンジンの感覚やブレーキの感覚など、あくまで自分が気付いた範囲で構いませんので正直に報告しましょう。

 

ここまでが車査定の際についてもいい嘘と、ついてはダメな嘘でしたがいかがでしたか?

 

おそらく多くの方が修復歴や車の調子に関して嘘をついてしまいたいと思ったでしょう。

 

しかしついてはダメな嘘をついた場合のマイナスポイントは非常に大きく、かえって査定額に大きな影響を及ぼす危険性もありますので注意が必要です。

 

もし正直に申告した場合の減額分を取り戻したいのであれば次章から詳しく解説していますのでご覧ください。

 

2.車査定でプラスにする交渉テクニック

車査定でプラスにする交渉テクニック
正直に申告した場合に減額されることを恐れていませんか?

 

私も減額は嫌だと思っていますが、正直に申告せず余計なマイナス評価をされることはもっと嫌だと思っています。

 

そのためマイナス評価をされた分を交渉によっていかに取り戻すかを考えているのです。

 

あなたはどうすればいいと思いますか?

 

元々車買取屋であり中古車査定士だった私はこのような交渉の仕方をします。

 

2-1.競合他社の影をちらつかせる

先程も少し触れましたが競合他社の影をちらつかせることは非常に効果が高く、マイナス評価分を一気に挽回することができます。

 

理由は後述しますが、今は「とにかく競合に弱い」と覚えておいてください。

 

自社の単独商談では無くなった場合の営業マンは必ず必死になって査定額を挙げてくれますので、遠慮なく「○○万円ぐらいなら考えようかな…」と言ってしまいましょう。

 

2-2.アピールポイントを訴える

競合他社ほど高い効果を得ることはできませんが、自分の車のアピールポイントを明確に伝えることで数千円~数万円程度の査定額アップに繋げることができます。

 

具体的には「車両の綺麗さ」「純正の割合」「年式・走行距離」「車種のグレード」等をアピールすることがオススメです。

 

逆に多くの社外品でカスタムされている場合はアピールしないことをオススメします。

 

なぜなら基本的に車の価値は純正のままであるほど高いからです。

 

以上の2点を査定時に交渉することで、確実に査定額アップを引き出すことができます。

 

減額におびえず、しっかり交渉することで減額分を取り戻しましょう。

 

また今ご紹介したものに加えて、車査定をさらにプラスにする秘訣を次章でお伝えしていきます。

 

3.車査定をプラスにするために事前に実施すべき3つのこと

車査定をプラスにするために事前に実施すべき3つのこと
車査定をよりプラスにするために、まだまだ実施すべきことがあります。

 

それは

  • 洗車
  • 車内清掃
  • 純正戻し

 

の3点です。

 

これらを実施することで、先程の交渉にプラスして数千円~数万円程度の増額を期待できますので必ず実施しておきましょう。

 

詳細は下記にて述べます。

 

3-1.洗車

車査定前に洗車をすることが本当にプラス査定になるのかという議論は多くの方がされますが、ここで断言しておきます。

 

絶対にプラス査定に繋がります。

 

なぜなら汚い車の場合汚れなどのせいで「見えないだろう」という推測のもと車査定がされるため、本来の査定額よりも低めの結果が出やすいのです。

 

逆に綺麗に洗車をしてある車は正確な車査定を可能にするだけでなく、「このお客様は大切に乗っていたに違いない」という先入観を植え付けることも可能になります。

 

結果的に洗車は査定の評価項目に直接的な関係はありませんが、間接的に他の査定項目に良い影響を及ぼすため、プラス査定に繋がるのです。

 

車査定と洗車の関係についてさらに知りたい方は「車査定前に洗車すると本当に査定額はよくなる?中古車査定士にヒアリングしてみた」をご参考にしてください。

 

3-2.車内清掃

車内清掃も洗車と同様の理由で実施すべきです。

 

しかし注意すべきなのは洗車と車内清掃は両方とも確実に実施する必要があるということで、どちらか一方を実施しただけでは悪影響を与えかねません。

 

その理由は洗車のみを実施した場合を考えると分かりやすいでしょう。

 

洗車のみを実施して車内清掃をしていない場合、査定士は「この人査定前に汚いのを隠そうと、洗車だけをしている」と思われ、普段から大切に使用していないと思ってしまいます。

 

また最悪の場合「普段から綺麗に使っていないことを隠ぺいした」と思われ、査定結果が著しく悪くなってしまう可能性もあるのです。

 

結果的に車内清掃と洗車は必ずセットで行うことをオススメします。

 

3-3.純正戻し

車のカスタムが好きな方で非常に多いのですが、元々ついていた純正パーツを保管している場合は必ず純正戻しをしておいてください。

 

なぜなら先程も説明したように中古車市場では純正仕様の車の方が価値が高いと見なされ、カスタムカーはあまり高値が付かないからです。

 

そのため純正パーツを保管してある場合は純正戻しをしておくことで査定額が大幅アップする可能性があります。

 

しかし、もし純正パーツを無くしてしまった場合は新たに買い直す必要はありません。

 

なぜなら純正パーツは高価なものばかりであるため、査定額アップ分と比較するとかえって損をしてしまうからです。

 

保管してある場合のみ有効な方法だと覚えておきましょう。

 

今ご紹介してきた3点はそれほど難しくないことであるため確実な実施をオススメします。

 

金額にして良くて数万円程度の査定額アップですが、数万円あればおいしいご飯を何回も食べられると考えると馬鹿にはできないでしょう。

 

それほど大きな労力がかかるわけではありませんから、必ず実施してくださいね。

 

もし「もっと査定額を上げたい!」と思うのであれば次をご覧になってください。

 

先程から何回か言っているあるキーワードを意識することで、今までご紹介してきた方法の何倍もお得になる可能性が高くなりますよ!

 

4.査定額が大きく影響するのは「他社競合」

査定額が大きく影響するのは「他社競合」
先程から何回も「競合」と述べてきましたが、一体どれくらいの効果があるかご存知ですか?

 

実は3~5社程度を競合させることで、初回に提示された査定額から30万円以上も上がることがあり、今までご紹介してきた「良くて数万円上げるテクニック」よりも大きな結果が期待できるのです。

 

では一体なぜそれほどの結果を生み出すことができるのでしょうか。

 

4-1.競合させるとなぜ大きな結果に繋がるのか

競合させることでお得になる原理は何となく分かるかと思いますが、30万円以上高い結果が出るなど、なぜ非常に高い効果があるかは分かりませんよね。

 

その理由は車買取店の業務内容と中古車市場が関係してきます。

 

車買取店の主な業務内容は中古車を仕入れて販売することですが、ここ数年中古車市場の需要が高いためどの車買取店も在庫車両が少なくなっているのです。

 

そのため仕入れれば売れるといった好循環が生まれており、在庫車の回転率は非常に高くなっています。

 

結果的にどの車買取店も「とにかく車を仕入れたい(買い取りたい)」と思っているため、競合させることでビックリするような金額につり上がることが珍しくないのです。

 

何店舗もまわって交渉するのは手間がかかりますが、確実に大きな結果を生み出す方法ですのでぜひ他社競合は行ってください。

 

もし「どうしても面倒くさいけど査定額は高い方が良い」と思っているのであれば、最後に最もオススメの方法をご紹介します。

 

4-2.楽に競合させるなら「一括査定」を利用しよう!

最もオススメの方法とは一括査定を利用することです。

 

一括査定とはインターネット上で複数の車買取店に対して車査定依頼をすることができるサービスのことで、車種や年式といった情報を入力するだけで利用することができます。

 

そして登録している車買取店は無料の出張査定に対応しているため、自宅で車査定をしてもらうことが可能なのです。

 

つまり一度に複数の車買取店を自宅に呼び、競合させることが可能になるため最短で最高の結果を得ることができるといえます。

 

一括査定依頼自体は本当に簡単で、5分もあれば依頼できてしまうようなものですからぜひお気軽にご利用くださいね。

 

4-3.一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

 

5.まとめ

以上で車査定と、車査定時の嘘についての解説を終了しますがいかがでしたか?

 

あなたの中で「バレなければ少しぐらい嘘をつこうかな」という気持ちはなくなり、「嘘をつくぐらいなら一括査定でお得になった方が楽だ!」という気持ちが芽生えたかと思います。

 

  • 車の状態に関わることは嘘をついてはいけない
  • 数十万円単位でお得になるためには他社競合をさせる
  • 一括査定を利用することで他社競合が楽にできる

ということを思い出し、車査定に臨んでくださいね。絶対にあなたの望むとおりの結果が出ますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

知らないと損!車買取の査定相場を「3分・匿名」で知るオススメ方法
ネット上で匿名で車の買取相場を知る方法はいくつか出ています。ただし、大前提として知っていただきたいのが、中古車というのは時期により変動するため、○○円と断定できないのが本音です。また、買取相場はシミュレーションサイトのため、サイトやサービスによって精度がマチマチで中には非常に曖昧なところも存在します。車の買取査定相場を知る具体的なシミュレーションサイト4つ、また中でも一番のオススメのサイトはどこかを紹介します。
車査定の概算価格/3つの大きな落とし穴としっかり活用する方法を徹底解説
自動車は、ある程度の価格相場は存在するため、知っているのか知っていないのかで、その後の交渉に左右します。車査定の概算を知る方法と交渉の方法を紹介します。
車査定をメールのみで行う方法と実施できる範囲・注意点
「車査定をメールで行えることの本当の真相」と「車一括査定をメールのみで行えるのかの本当の真相」について言及しています。
車査定を個人情報なしで実施できる範囲と注意点について
車査定で個人情報なしでできる範囲とどういう時にそれらのサイトが活用できるのかについてお伝えします。
車査定の流れはどうなっているの?知っておくべきポイントを徹底解説
「中古車買取店により車査定」と「新車ディーラーによる下取りの車査定」がありますので、大きく二つに分けて流れを説明します。
車査定で準備するものは?注意点と合わせて分かりやすく解説
車査定を申し込む前に最低限準備しておきたい事と簡単な注意点について説明します。
車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説
車を売却する際にスムーズに進める様にあなたが予め書類を準備できるようにまとめております。さらに、売却を急いでいる方に向けて、どんな売却方法がオススメなのかも合わせて紹介しています。
車査定が一社だとダメな理由は?車買取のプロが徹底解説
どんな時は「車査定は一社だとダメなのか」について徹底解説して、あなたならどうすべきかの判断材料を提供します。
車査定は何社がベストなの?少なすぎてもダメだけど多すぎてもダメ
今回は競合させる際は何社に依頼すべきなのか、楽に競合させる方法はあるのかということについて解説していきます。競合をさせることでお得になることが分かっているあなたであれば、すぐに理解して行動できます。
中古車の売却契約書の締結前に確認すべきチェック項目一覧
契約書というのは、取引を行う上でもっとも重要なものになりますので、しっかり見る必要があります。車の売却契約書を締結する前に確認すべきチェック項目を紹介します。
車買取の手数料は掛かるの?事前に知っておきたい手数料の罠
車買取の手数料が発生する項目と大体どれぐらいなのかについて徹底解説します。
車の下取りが安いは嘘?買取との違いと元ディーラーのガチ意見
今回は「車下取り」と「車買取」について、本音でお伝えします。よくサイトに書かれているのが、車下取りよりも車買取にするべきと書かれていますが、筆者としては必ずしもそうとは言えないと思っています。この記事を読んで、あなたはどんな方法で車を売るべきなのか、そして最終的にはお得に新しいクルマに乗り換えが出来ていることをお約束します。
出張査定のトラブル対処法と実施すべき項目を徹底解説
買取業者が出張査定に来る前に実施すべきことやよくあるトラブルと対処法について解説し、またトラブルが無い買取業者の選ぶ方法について解説します。
出張査定と買取店舗への持ち込み査定はどちらが得かを徹底検証
「買取店での無料出張査定」「買取店への持ち込み無料査定」のメリット・デメリットとあなただったらどちらにすべきなのかについて徹底解説します。
車査定にかかる時間はどれぐらい?パーツ毎の査定時間とチェック項目
今回はあなたが少しでもお得になるよう、車査定にかかる時間や少しでも高く売る方法について解説していきます。この記事を読むことで時間など気にならないくらいお得になる方法が分かります。
車買取で詐欺に合ったトラブル事例と具体的な対処法について
よくある詐欺としては、「再査定」と「キャンセルペナルティー」と呼ばれているものです。それぞれの簡単な説明と対処法について説明します。
大手車買取業者/車査定業者のランキング【売却前にチェック】
業界歴25年の筆者が信頼あるサイトを元に車買取ランキングをまとめました。あなたの買取業者選ぶ際にお役に立てれば幸いです。
近くの車買取店を最短で手間なく探す方法を図解付き解説
車の売却を検討している方に向けて、近くの車買取店舗を手間なく簡単に探す方法を紹介します。
車買取の優良業者を見分ける方法【安心して車売却をしよう】
車買取の優良企業を見極めるとっておきの方法を紹介します。
車買取/車査定の業者は本当にしつこい?【上手に断る方法】
どうすれば上手に断れるのかというのとそもそもどうして買取査定業者の営業がしつこいのかについて説明します。
車買取、車査定会社が流しているラジオCMを徹底調査
具体的にラジオCMを流している買取業者や車一括査定サイトを簡単に紹介します。
bayfmのCMで流れている車買取会社はどこなの?
高額な取引になることが多い自動車の売却は、安心できるところに頼んだ方がいいですし、宣伝を行っていて知名度が高い会社に依頼したくなるものでしょう。
車を売りたいときに相場はどう調べる?売却相場を知るおすすめの方法
車を売却するうえで必要な「相場」と「高く売る方法」について解説していきます。この記事を読めば車の売却に向けて行動を起こせるかと思いますので、リラックスして読み進めてください。
車の査定時にチェックされるポイントは?7つ減点対象とその対策まとめ
中古車査定士資格を保有している私が初心者の方にも分かりやすく、簡単に説明していきます。きっと読み終わるころには同対策すればいいのか、どんな方法で売却すればいいのかが分かるでしょう。
車査定に走行距離はどれぐらい影響ある?走行距離は何番目に重要?
車査定とは、車買取業者やディーラーに車を診てもらう(査定してもらう)ことです。車査定に関する基礎知識を紹介します。
車査定がお得な時期はいつ?3月が新車売れるので狙い目というのは本当?
今回は高く売れる時期や、高く売る方法について解説していきます。難しく考えなくてもしっかりと高価買取を狙えますので安心してくださいね。
車売却をする際にタイヤは査定額にどれぐらい影響があるの?
タイヤと車売却の関係性について解説と同時に、本当にお得な車売却の方法も解説していきます。
スタッドレスタイヤは車査定に好影響?その真実を徹底解説
「スタッドレスタイヤやその他部品・パーツがどの程度車査定に影響を与えるのか」という疑問を解消すべく、詳細を解説していきます。スタッドレスタイヤがどの程度、車査定に影響があるのか、一番お得になるのはどんな方法かということが分かります。
エアコンが壊れているけど車査定にどれぐらい影響があるの?プロが徹底解説
エアコンが故障している車の車査定は、査定額にどの程度影響があるのかを解説していきます。エアコンが壊れているあなたの車がどのような車査定をされ、どのようにすれば高く売れるのか必ず分かります。
車の買取査定で0円でも諦めたらダメ!査定額を引き出すとっておきの方法
あなたの愛車が「0円」と評価された際に1,000円でも、10,000円でも高く売る方法をご紹介していきます。諦める前にこの記事を熟読すれば、古くても過走行でも希望が持てるようになります。