車査定 時間

最終更新日:2017年3月8日

車査定にかかる時間ってどのくらい?

車査定にかかる時間ってどのくらい?
あなたが車を購入した際、どのくらいの時間がかかったか覚えていますか?

 

おそらく「車種選定」「一次見積もり」「他社競合」「契約(注文)」「書類準備」「納車」と膨大な時間が必要だったでしょう。

 

そしてその時間は1ヶ月~2ヶ月程度と長期間に渡ったかと思います。

 

そんな記憶を思い返すと「車売却でも長時間かかったら嫌だな」「時間がかかって面倒くさいのならやめようかな」と思うのは必然です。

 

そのため車査定を依頼しようと思う今、

  • 時間はどの程度かかるのか
  • もっと便利な方法は無いのか
  • 少しでも高く売る方法は無いのか

という点で少しでもお得にならない限り納得できないのではないでしょうか。

 

そこで今回はあなたが少しでもお得になるよう、車査定にかかる時間や少しでも高く売る方法について解説していきます。

 

この記事を読むことで時間など気にならないくらいお得になる方法が分かりますよ!

 

決して難しい内容ではありませんから、気楽にお読みくださいね。

 

1.車査定の時間はそもそもどれくらいかかるの?

車査定の時間はそもそもどれくらいかかるの?
車を購入した際に「あれだけの時間はしんどかった」なんていう感想を持ちませんでしたか?

 

大きな金額の取引ということもありますし、余計に疲労感が残ったかと思います。

 

そしてそのイメージを思い返して「車査定もしんどかったら嫌だな…」と思っているかもしれませんね。

 

はっきり言っておきます。車購入時ほどではありませんが、それなりの時間はかかります。

 

しかし「それなりの時間をかけることで高く車売却をすることができる」ので、ぜひそのまま読み進めてください。

 

1-1.実査定にかかるおおよその時間は?

車査定を依頼するとき、最初に現車の確認・車査定を行います。

 

そしてこの確認と車査定には詳細な項目が設定されており、検査員は項目に従って査定を行うためどうしても時間がかかってしまうのです。

 

車査定項目は大まかに

  1. 外装の傷・凹み・色あせ
  2. 足回り
  3. エンジンルーム
  4. フレーム(骨格)
  5. 内装

の5点となります。

 

下記にそれぞれの項目について簡単な概要を述べましたのでご覧ください。

 

1-1-1.外装の傷・凹み・色あせ(10~20分)

外装の傷や凹み、色あせなどは状態にもよりますが、査定をするためには非常に時間がかかります。

 

なぜなら各項目で本当に細かく査定方法が決まっているからです。

 

例えば車の凹み1つを査定するためには「何センチ四方で(正確にはカード大などと表現)、塗装が必要かどうか」など、確認する項目は「損傷の種類」「大きさ」「損傷の状態」の3つになります。

 

今回の例のように1つの確認に対して3つの項目を埋めなければならないといったことが多くあるため、時間がかかってしまうのです。

 

そのため車査定時に最も時間がかかるともいえます。

 

1-1-2.足回り(3~5分)

足回りの確認は「大きく錆びていないか」というもので、車査定の現場では非常にアバウトな感覚で査定をされているのが現状です。

 

なぜなら基本的に「お客様の申告を信用する」というポリシーを持っている車買取店がほとんどであるのと同時に、わざわざジャッキアップするのが面倒だからです。

 

その結果、ササっと確認をして終了しますのでそれほど時間はかかりません。

 

1-1-3.エンジンルーム(5~10分)

エンジンルーム(5~10分)A
エンジンルーム内もお客様の申告を信頼した上で査定を行いますが、オイルなどの液体関係に漏れがないか、エンジンが正常に吹き上がっているかを簡単に確認します。

 

そのため各部を簡単に目視し、実際にエンジンを始動して音を聴く必要があるのですが、その時間は比較的短く5分程度であると思っておきましょう。

 

1-1-4.フレーム(3分)

フレームについてもエンジンルームと同様にお客様の申告(事故や修復歴)を信用し、簡単な目視のみとなります。
基本的にフレームはエンジンルーム内やボディ下から覗く事で確認され、目視箇所は決まっているためすぐに済んでしまうのです。

 

1-1-5.内装(5~10分)

内装は汚れや破れなどの状態を見て「このシートは張り替えるor全面クリーニングしなければならないか」などの確認をします。

 

また部分的に使用されているプラスチック製品の傷やオーディオ、カーナビなどの製品情報も確認するため、場合によっては長時間に及ぶこともあると理解しておきましょう。

 

以上、大まかではありますが現車確認・車査定に必要な時間は最大でも1時間程度であると思っておけば大丈夫です。

 

しかし「以前インターネットで調べた時間よりも大幅にかかっている」と感じた方もいるでしょう。それはササっと大まかな査定をしているからです。

 

大まかな査定をしているということは金額の幅も持たせている場合があり、実際に商談をして査定額アップを要求する段階になると詳細を調べ出します。

 

そのためすぐに結果のでる車査定は「まだ価格が上限に達していない」と解釈し、事実上まだ価格交渉の余地ありと判断しても構いません。

 

担当営業マンがすぐに車査定を終了した場合は「大まかに計算しても十分な利益が出る状態である」と理解しておきましょう。

 

1-2.いざ売却!書類関係にかかる時間は?

いざ売却!書類関係にかかる時間は?
車査定が終了し、納得のいく金額であれば次はいよいよ売却です。

 

しかし売却のためには書類の準備が必要で、車売却の流れの中で最も時間がかかるともいえます。

 

車売却時にあなたが用意しなければならない書類は

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 印鑑登録証明書(印鑑証明)
  3. 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)
  4. 自動車納税証明書(納税証明)
  5. リサイクル券
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

の7点ですが、実際に時間がかかるのは「車検証(再発行)」「印鑑証明書」「自賠責(再発行)」のみです。

 

それ以外はその場で記名と押印をするだけで済みますので、時間は0と考えてください。

 

それでは、時間のかかる書類がどの程度の時間を必要とするのか見ていきましょう。

 

1-2-1.車検証の再発行(半日)

車売却の際、絶対に必要な書類の中でも重要度が高いのは車検証です。

 

なぜならその車の所有者や使用者、型式や直近車検時の走行距離等の重要な情報が記載されているためです。

 

そのためもし車検証を紛失してしまい、再発行しなくてはならない場合はナンバーが登録されている陸運支局で再発行手続きが必要になります。

 

再発行には認印押印済みの理由所と使用者の委任状が必要で、手続きは書類の提出のみで大丈夫です。

 

もし分からない場合は直接職員に聞くと親切に教えてくれますので安心してくださいね。

 

しかしあまり経験のない一般の方ですと慣れていないため、書類作成~再発行まで半日程度かかると思っておきましょう。

 

1-2-2.印鑑証明の発行(1日)

印鑑証明は住民票のある市役所や窓口センターで発行してもらうことが可能です。

 

しかし車検証上の住所と印鑑証明の住所が異なる場合は、戸籍謄本などが必要になる場合もあるため注意しておきましょう。

 

また手続きにかかる時間は待ち時間を考えなければ5分程度で済みますが、平日の貴重な時間を割くことを考えて1日程度の余裕を見ておくべきです。

 

1-2-3.自賠責の再発行(1週間)

自賠責の再発行は非常に手間がかかります。

 

なぜなら加入先の保険会社もしくは保険代理店に再発行依頼をしなければならず、即日に再発行が完了するわけではないからです。

 

そのため早くても再発行依頼日の翌日、長くて1週間程度は見ておく必要があります。

 

自賠責保険も車検証入れに保管してあることが多いので、車検証と同時に確認しておきましょう。

 

ここまでの説明で車売却に関わる書類準備の時間についてはご理解いただけましたか?

 

それぞれにかかる時間は最長で10日間弱になることが分かったかと思います。

 

もし再発行しなければならない書類があった場合はできるだけ急ぎましょうね。

 

1-3.査定申し込み~売却までのトータル時間は?

車査定と車売却時の書類準備にかかる時間について解説してきましたが、一体全部でどの程度の時間がかかるのでしょうか。

 

今ご紹介したものを足すと10日で全て完了しますが、実際は最低2週間程度かかると考えておいた方が良いでしょう。

 

なぜなら車買取は車査定と書類準備だけではなく、査定してもらう店舗を探すことや自分の車売却希望額を考えることも必要だからです。

 

また結果的にそれなりの時間をかけた方が上手くいく可能性は高まりますので、焦らずじっくりと車売却は進めていくべきですよ!

 

次章では実際に車査定を行う際のちょっとしたテクニックをお教えしていきます。

 

2.店舗よりも出張査定の方が便利

店舗よりも出張査定の方が便利
多くの車買取店が提供している「出張査定」というサービスをご存知ですか?

 

わざわざ自分が店舗に出向かずとも、車買取店の担当営業マンが直接指定された場所(自宅など)に出向いて車査定をするサービスのことです。

 

これはぜひ利用してください。店舗で車査定をする場合、営業マンのペースになってしまうことが多くあります。

 

そのため希望額以下で売ってしまうことも多く、せっかくお得になりたいにもかかわらず損し兼ねないのです。

 

それに比べて自宅での出張査定であれば自分の好きなペースで、家族や友人などの気心知れた方と一緒に車査定に伴う商談をすることができます。

 

その結果、強気で商談できますからアドバンテージはかなり高いといっていいでしょう。

 

また自分の足でまわる必要もなくなるため、疲労感も軽減されますよ!

 

ぜひ出張査定を利用してくださいね。

 

次章では今ご紹介した出張査定を絡めた、もっと高く車売却する方法をご紹介します。

 

3.さらに複数の車買取店に依頼すると高く売れる

さらに複数の車買取店に依頼すると高く売れる
出張査定という便利な方法を知ったところで、他の車買取店にも同様の方法を利用しましょう。

 

車買取店は自社で再販する在庫車両不足が深刻化しているため、車買取店同士を競合させることで車査定額がみるみる膨れ上がってきます。

 

そして買取相場の上限付近、もしくは上限を超えてしまうほどの車査定額になることも多くあるのです。

 

そのため車査定時には複数社に対して車査定依頼をし、車売却額をできる限り最大化してくださいね。

 

また、複数の車買取店を一気に出張査定させるためには「一括査定」というサービスを利用することもオススメです。

 

一括査定は複数の車買取店に対して一括して車査定依頼をすることができるサービスであり、インターネット上で車種や年式を入力することで簡単に申し込むことができます。

 

一社一社探してアポを取る必要がなくなるため、時間の節約にもなりますよ!ぜひご利用くださいね。

 

3-1.一括査定のおすすめは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:1,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

楽天オート

 

 特徴①:一括査定の申込みで楽天5ポイント
 特徴②:成約すると楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約70社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

 

4.まとめ

以上で車査定にかかる時間についての解説を終了しますがいかがでしたか?

 

自分の予想以上に車買取には時間がかかり、その反面じっくり時間をかけることでお得になることが分かったのではないでしょうか。

 

  • 車査定~車売却までの時間は最短でも2週間程度見ておく
  • 出張査定をしてもらうと便利で自分のペースにもっていきやすい
  • 一括査定を利用することで売却額の最大化が楽にできる

ということをよく覚えておいてください。

 

覚えて実践することで満足できる結果に繋がりますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

知らないと損!車買取の査定相場を「3分・匿名」で知るオススメ方法
車の査定相場、買取相場を調べる具体的なシミュレーションサイトと一番のおすすめ方法を紹介します。どなたでも簡単に行えますので是非実施してみてください。
車査定の概算価格/3つの大きな落とし穴としっかり活用する方法を徹底解説
自動車は、ある程度の価格相場は存在するため、知っているのか知っていないのかで、その後の交渉に左右します。車査定の概算を知る方法と交渉の方法を紹介します。
車査定をメールのみで行う方法と実施できる範囲・注意点
「車査定をメールで行えることの本当の真相」と「車一括査定をメールのみで行えるのかの本当の真相」について言及しています。
車査定を個人情報なしで実施できる範囲と注意点について
車査定で個人情報なしでできる範囲とどういう時にそれらのサイトが活用できるのかについてお伝えします。
車査定の流れはどうなっているの?知っておくべきポイントを徹底解説
「中古車買取店により車査定」と「新車ディーラーによる下取りの車査定」がありますので、大きく二つに分けて流れを説明します。
車査定で準備するものは?注意点と合わせて分かりやすく解説
車査定を申し込む前に最低限準備しておきたい事と簡単な注意点について説明します。
車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説
車を売却する際にスムーズに進める様にあなたが予め書類を準備できるようにまとめております。さらに、売却を急いでいる方に向けて、どんな売却方法がオススメなのかも合わせて紹介しています。
車査定が一社だとダメな理由は?車買取のプロが徹底解説
どんな時は「車査定は一社だとダメなのか」について徹底解説して、あなたならどうすべきかの判断材料を提供します。
車査定は何社がベストなの?少なすぎてもダメだけど多すぎてもダメ
今回は競合させる際は何社に依頼すべきなのか、楽に競合させる方法はあるのかということについて解説していきます。競合をさせることでお得になることが分かっているあなたであれば、すぐに理解して行動できます。
中古車の売却契約書の締結前に確認すべきチェック項目一覧
契約書というのは、取引を行う上でもっとも重要なものになりますので、しっかり見る必要があります。車の売却契約書を締結する前に確認すべきチェック項目を紹介します。
車買取の手数料は掛かるの?事前に知っておきたい手数料の罠
車買取の手数料が発生する項目と大体どれぐらいなのかについて徹底解説します。
車の下取りが安いは嘘?買取との違いと元ディーラーのガチ意見
今回は「車下取り」と「車買取」について、本音でお伝えします。よくサイトに書かれているのが、車下取りよりも車買取にするべきと書かれていますが、筆者としては必ずしもそうとは言えないと思っています。この記事を読んで、あなたはどんな方法で車を売るべきなのか、そして最終的にはお得に新しいクルマに乗り換えが出来ていることをお約束します。
出張査定のトラブル対処法と実施すべき項目を徹底解説
買取業者が出張査定に来る前に実施すべきことやよくあるトラブルと対処法について解説し、またトラブルが無い買取業者の選ぶ方法について解説します。
出張査定と買取店舗への持ち込み査定はどちらが得かを徹底検証
「買取店での無料出張査定」「買取店への持ち込み無料査定」のメリット・デメリットとあなただったらどちらにすべきなのかについて徹底解説します。
車買取で詐欺に合ったトラブル事例と具体的な対処法について
よくある詐欺としては、「再査定」と「キャンセルペナルティー」と呼ばれているものです。それぞれの簡単な説明と対処法について説明します。
大手車買取業者/車査定業者のランキング【売却前にチェック】
業界歴25年の筆者が信頼あるサイトを元に車買取ランキングをまとめました。あなたの買取業者選ぶ際にお役に立てれば幸いです。
近くの車買取店を最短で手間なく探す方法を図解付き解説
車の売却を検討している方に向けて、近くの車買取店舗を手間なく簡単に探す方法を紹介します。
車買取の優良業者を見分ける方法【安心して車売却をしよう】
車買取の優良企業を見極めるとっておきの方法を紹介します。
車買取/車査定の業者は本当にしつこい?【上手に断る方法】
どうすれば上手に断れるのかというのとそもそもどうして買取査定業者の営業がしつこいのかについて説明します。
車買取、車査定会社が流しているラジオCMを徹底調査
具体的にラジオCMを流している買取業者や車一括査定サイトを簡単に紹介します。
bayfmのCMで流れている車買取会社はどこなの?
高額な取引になることが多い自動車の売却は、安心できるところに頼んだ方がいいですし、宣伝を行っていて知名度が高い会社に依頼したくなるものでしょう。
車を売りたいときに相場はどう調べる?売却相場を知るおすすめの方法
車を売却するうえで必要な「相場」と「高く売る方法」について解説していきます。この記事を読めば車の売却に向けて行動を起こせるかと思いますので、リラックスして読み進めてください。
車の査定時にチェックされるポイントは?7つ減点対象とその対策まとめ
中古車査定士資格を保有している私が初心者の方にも分かりやすく、簡単に説明していきます。きっと読み終わるころには同対策すればいいのか、どんな方法で売却すればいいのかが分かるでしょう。
車査定に走行距離はどれぐらい影響ある?走行距離は何番目に重要?
車査定とは、車買取業者やディーラーに車を診てもらう(査定してもらう)ことです。車査定に関する基礎知識を紹介します。
車査定がお得な時期はいつ?3月が新車売れるので狙い目というのは本当?
今回は高く売れる時期や、高く売る方法について解説していきます。難しく考えなくてもしっかりと高価買取を狙えますので安心してくださいね。
車査定の嘘はどれぐらいまでだったらOK?許される嘘と許されない嘘
車査定のときに嘘をついても大丈夫なのか、嘘をつかなくても高額な査定結果を得ることができるのか解説していきます。あなたが希望する査定結果を得るために必要なことが分かります。
車売却をする際にタイヤは査定額にどれぐらい影響があるの?
タイヤと車売却の関係性について解説と同時に、本当にお得な車売却の方法も解説していきます。
スタッドレスタイヤは車査定に好影響?その真実を徹底解説
「スタッドレスタイヤやその他部品・パーツがどの程度車査定に影響を与えるのか」という疑問を解消すべく、詳細を解説していきます。スタッドレスタイヤがどの程度、車査定に影響があるのか、一番お得になるのはどんな方法かということが分かります。
エアコンが壊れているけど車査定にどれぐらい影響があるの?プロが徹底解説
エアコンが故障している車の車査定は、査定額にどの程度影響があるのかを解説していきます。エアコンが壊れているあなたの車がどのような車査定をされ、どのようにすれば高く売れるのか必ず分かります。
車の買取査定で0円でも諦めたらダメ!査定額を引き出すとっておきの方法
あなたの愛車が「0円」と評価された際に1,000円でも、10,000円でも高く売る方法をご紹介していきます。諦める前にこの記事を熟読すれば、古くても過走行でも希望が持てるようになります。