車下取り 安い

最終更新日:2016年12月26日

車下取りは安いのは本当?

車下取りは安いのは本当?
買い替えを検討しているそこのあなた!自分の車をどのような方法で手放すか決まっていますか?

 

車の手放しの方法は実に様々で、車買い取りやスクラップ、そして車下取りなどがあるかと思います。

 

選択肢が多いためできるだけお得になる方法を選択したいのではないでしょうか。

 

そこで今回は車下取りにフォーカスして、情報をお届けしていきます。

  • 買い取りよりも安くなるって聞いたことがある
  • そもそも下取りって高く取ってもらえるの?

などの不安要素をお持ちかと思います。

 

しかし安心してください。この記事を読めば車下取りに関する損得が分かり、最終的には車を適正な価格で下取りできるようになります。

 

1.車下取りは本当に安いの?

1.車下取りは本当に安いのか
車下取りを行う場合、冒頭でも紹介しましたが「買い取りの方が安くなる」と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

結論をいうと、残念ながら基本的にはその通りで下取りは安い傾向にあります。

 

参考資料として下記の表をご覧ください。

 

<下取り相場と買取相場を比較>

車種 年式 下取相場(円) 買取相場(円) 差額(円)
プリウス 2010 640,000 1,379,000 -739,000
エルグランド 2010 1,360,000 2,462,000 -1,102,000
フィット 2010 400,000 569,000 -169,000
アウトランダー 2010 910,000 926,000 -16,000
アウトバック 2010 960,000 1,051,000 -91,000

※下取り相場:トヨタ下取り参考価格シミュレーションサイトより
※買取相場:カービュー車買取・査定相場一覧表(オンライン)サイトより


この表はインターネットで調査したもので、1社は下取りの相場情報、もう1社は買い取りの相場情報、そして差額を表したものになっています。

 

車種は任意で選んだため、状況によっては逆転現象が起こるかもしれませんが、基本的にはこの表の通りであると思ってください。

 

最も大きいもので100万円以上、少ないもので1万円以上の差が付きました。

 

車種や年式にもよりますが下取りは買い取りと比較するとあまり金額に期待できないのです。

 

時と場合によって前後する下取りや買い取りの相場は基本的に、買取価格>下取り価格であることが分かったかと思います。

 

それでも「昔からの付き合いである営業マンを応援したい!」「お世話になったディーラーで全てを任せたい!」などの理由で車下取りを選択される方も多いかと思います。

 

次章では車下取りを上げるためにどんなコツがあるのか、車下取りでお得になるために必要な情報をお教えしていきます。

 

2.車下取りを上げる6つのコツ

車下取りを上げる6つのコツ

他社との比較(買い取り専門店で見積もり依頼をする)

他社との価格比較は購入だけでなく車下取りの際も行いましょう。

 

自動車販売店は「自社のお客様が他社に流れてしまう」という状況を最も嫌います。

 

そのため他社で取られた見積もりには絶対に負けないように努力するのです。

 

車下取りや車買い取りをしてくれる業者は日本全国に非常に多くいますので、最低でも3社から見積もりを取ると良いでしょう。

 

そして本命である購入先の自動車販売店に「これからの付き合いも考えて、この価格より高く取ってくれ」と依頼しましょう。

 

また買い取り専門店に査定依頼をすると先程の表にもあったように、車下取りよりも高額な買い取り価格を提示することが多いため、他社競合をする場合は一度買い取り専門店に査定依頼をしましょう。

 

買い取り専門店であれば車下取りの価格よりもお得な価格提示をしてくれるかと思います。一度チャレンジはしておきましょう。

 

売れない営業マンを狙う

車を購入するときも、売却するときも売れない営業マンに対応をしてもらうことがお得に取引する近道です。

 

では、どのようにすれば売れない営業マンと商談をすることができるのでしょうか。

 

まず売れない営業マンの特徴を覚えておく必要があります。

 

特徴は非常に簡単で「月末ごろ店舗に出向いた際、焦った表情で顧客対応をする」というものです。

 

売れない営業マンは月末にノルマ達成ができていない場合は店舗の支店長など、責任者に大きな圧力をかけられます。

 

そして店舗ごとに課せられた月別ノルマも達成しなければならないため、売れない営業マンに対する裁量は大きいものとなっているのです。

 

その点を上手くつく事で購入・車下取りの商談はお客様ペースで進めることが可能になり、高額な下取り価格を引き出すことができるのです。

 

そしてあなたのペースで商談が進められるようになれば、営業マンは多くの要求を飲むようになるでしょう。

 

自分の車の仕様を確認する

車下取りを依頼する際、多くの方が確認しない項目です。車種によって仕様が異なり、グレード、メーカーオプション、ディーラーオプション、純正用品など多岐にわたります。

 

実は車下取りの際はグレード以外の仕様についてはあまり関係ないと思われていますが、そんなことはありません。

 

カーナビなどのオーディオ類はもちろんのこと、シートヒーターなどの特別仕様に関しても査定価格にプラスの影響を与える要因となるのです。

 

そのため査定前に仕様の確認をしておき、査定終了後に詳細な項目を確認しながら

  • このオーディオ分がプラスされていない
  • 特別仕様分のプラスがされていない

などと言ってみましょう。

 

何十万円も変化はありませんが、数万円程度であれば変わる可能性もあります。

 

数万円あれば自動車税などと相殺させることができる可能性もありますので、手間を惜しまずに仕様の確認と、査定後のチェックは欠かさないでおきましょう。

 

少し高めの希望価格を伝える(着地点を決める)

希望価格を伝えることは非常に重要です。

 

なぜなら、車下取りの際は査定前にある程度の着地点を決めておきたいと営業マンは考えているからです。

 

着地点を先にこちらから伝えておけば営業マンはゴールが分かっているため、そのゴールに向かって必死の努力をします。

 

その結果希望金額に近い数字が出てくるでしょう。しかし注意も必要です。

 

営業マンが必至の努力をすることは間違いありませんが、希望金額を正直に伝えるとそれより若干少ない金額の提示をされてしまいます。

 

営業マンとしても本意ではありませんが、上司からの指示のため仕方がないのです。

 

そのため希望価格を伝える際は5~10万円程度多めに伝えることがオススメといえます。

 

中古車市場に流通している自分の車の価格を調べる

3つ目でご紹介したものと同様で、車の売却時は自分の車のことをよく知っておく必要があります。

 

中古車市場において自分の車と同程度のものが、そのくらいの相場で販売されているかを調べておきましょう。

 

価格は中古車販売店にもよりますが、大手の中古車検索サイトであれば簡単に相場を調べることができます。

 

例えば前章でも参考に使った「カービュー車買取・査定相場一覧表(オンライン)サイト」です。

 

調べておいた価格をもとに、自分だったらいくらで仕入れたらこの価格で販売することができるか考えてみましょう。

 

つまり仕入原価を考えるということです。そうすることで必然的に車下取りの希望価格が見えてくるでしょう。

 

他のものでおまけしてもらう

こちらは本当に大詰めの局面で使う最後の手段となります。

 

直接的な車下取り額アップを期待せず、用品や販促品をもらうことで「間接的な下取り額アップ」を狙うというものです。

 

購入・下取りに関して、店舗ごとに上限は決まっていますから最後のひと押しでこの方法を使いましょう。

 

少し恥ずかしい気持ちや負い目を感じることがあるかもしれませんが、自動車販売店からしても「もう少しぐらいなんとかしてあげたい」と思っています。

 

そのため「最後に何かおまけをつけてください」という一言は非常に救われることもあるため、遠慮はしないでおきましょう。

 

ここまでは車下取りに関する「お得なコツ」を解説してきました。

 

しかし本当に重要なのは「あなたがお得になること」です。そのためにはあなたにとって最も有利である売却方法をとるべきでしょう。

 

3.オススメの売却方法は車一括査定

オススメの売却方法は一括査定
車下取りは先にご紹介したように、車買い取り専門店に価格で劣ってしまうことがほとんどです。

 

そして車買い取り専門店の高額買い取りは会社ごと、店舗ごとに異なるため最低でも三社以上の買い取り専門店から買い取り査定をしてもらうべきなのです。

 

しかし「三社以上に査定をしてもらうのは時間がかかるし、手間だよな…」と思ってしまいませんか?

 

実際、まともに三社をまわって買い取り査定をしてもらうのは、価格交渉を含めると数日がかりになってしまうことも珍しくありません。

 

そんな時間はなかなか取れないですよね。そこでオススメするのが「車一括査定」です。

 

車一括査定はインターネット上で申し込むことで、数社から査定してもらうことができます。

 

また買い取り専門店は出張査定サービスをしているところがほとんどのため、わざわざ店舗に出向く必要もないのです。

 

時間に追われず高く買い取ってもらえる業者が見つかるのは、本当にお得だと思いませんか?

 

自動的に他社競合をさせることができるためぜひ利用することをオススメします。

 

1点、気になる点としては、申し込みをした瞬間から、買取業者から電話が掛かってくることです。

 

これは知らないとビックリされる方も多いので覚えておき、心の準備をしておきましょう。

 

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:電話は1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約1分
 入札の最大買取業者数:1,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

 

車一括査定を使うと、下取りよりも数十万高く売れることはザラにあります。是非とも利用して、高価買取をしてもらいましょう。

 

最後に「いつ」だったら車が安く買えるのかお伝えします。

 

4.車のオススメの購入時期は3月

車のオススメの購入時期は3月
買い替えを検討しているのであれば、車下取りだけではなくお得に購入もしたいのではないでしょうか。

 

ズバリ、お得に車が購入できる時期は3月です。

 

3月は自動車ディーラーの多くが決算期であるため、最後の締めとして販売台数やシェアを伸ばしたいのです。

 

そこに付け込むことで車両価格に関する交渉がしやすくなります。

 

また車下取りも購入に関係してきますので、同様に交渉がしやすいといえるでしょう。

 

そのため2章でご紹介した方法が最も生きるのも3月といえます。

 

特に2章の②で解説した「売れない営業マン」に関しては月末に大きな効果を発揮しますので、ぜひ活用してください。

 

5.まとめ

今回は買い替え時の車下取り・買い取りについて様々なことをご紹介してきました。

 

どんな方法でどんなタイミングを狙えばいいのかご理解いただけたのではないでしょうか。

 

あれ?少し忘れてしまいましたか?それでは簡単におさらいしておきましょう。

 

ポイントのまとめ

  • 車下取りよりも車買い取りの方が、基本的に価格相場が高い
  • 他社と比較する
  • 売れない営業マンを狙う
  • 自分の車の仕様を確認する
  • 希望価格を伝え、着地点を決める
  • 自分の車の中古車市場価格を調べる
  • おまけをしてもらう
  • 一括査定をする
  • 3月に買い替える

 

これらのポイントを抑えておけば、お得に買い替えることができると言っても過言ではありません。

 

そのため買い替え前にはこれらのポイントをおさらいし、整理しておきましょう。

 

そしてしっかりと活用していくことでお得に購入・売却ができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車下取りの価格相場を一番簡単にシンプルに知る方法を徹底解説
自分の車の下取り価格が適正なのか見極めるために大事な「下取りの価格相場」の調べ方を解説いたします。また、最終的にはあなたが満足して車を高く下取りしてもらうための方法をお伝えします。
ディーラー下取りの4つのメリットと6つのデメリットとその回避策
ディーラーで下取りをすることによって得られるメリットやデメリットを中心にご紹介していきます。
最低限知っておきたい!車下取りの流れと必要書類一式を徹底解説
最低限知っておきたい車下取りの流れから必要なもの、またお得に乗り換えを行う方法について解説します。
車下取りの注意点/必ず知っておきたい下取り査定額の裏側
車下取りにおける唯一の注意点「下取り査定額」にフォーカスを当てて、分かりやすく解説していきます。
ディーラー営業マンに聞いた!車下取りの査定額を上げるコツ
車の下取りにフォーカスして査定額を高くする方法について徹底解説します。下取りに出す前に一度ご覧いただけると幸いです。
どうせならお得に買い替えたい!車下取りでお得になるタイミングは?
ちょっとしたポイントを抑えるだけで下取り金額を上げて、よりお得に買い替えができるようになりますよ。
車下取りの引き渡し/ガソリンほぼ無しの状態でも大丈夫なの?
車下取りにといて「ガソリン量」はまったく気にする必要がありません。ただ、世間の常識はどうなのかなど気になる人もいらっしゃると思いますので、現役のディーラー営業マンにヒアリングしてきましたので、そのままお伝えします。
車下取りした時に自動車税は戻ってくるの?請求してもいいの?
一般的に自動車税は戻ってくるものなのか?還付をディーラーに要求してもいいのか?法律の観点で見ると、戻ってくるのが通常なのか?など、実際に多くの人が疑問に思うことを分かりやすく解説します。
車下取りした時に「リサイクル料金」は返ってくるの?
車を下取りに出す際にはリサイクル料金は戻ってくるのが原則です。原則と記載したいのは、中には査定額に含まれていたり、ディーラーから何も説明がない可能性もあり、知らないと損することにもなりかねません。
車下取りした時の消費税や税金は大丈夫?どういう人が対象になるの?
もそも車売却で得たお金は税金対象なのか、どういう状況であれば税金が掛かってくるのかについて解説します。
みんな本当にやってるの?車下取りで得た利益の確定申告について
下取りなどで自動車を売ると、その売却代金が所得と見なされるので、税金が発生することになります。そのため、個人であっても確定申告を行う必要が出てきます。ただし、ほとんどの人は税金を気にする必要はない=確定申告をする必要がありません。どういった人が税金が掛かりどういった人が確定申告をする必要があるのかについてお伝えします。
車下取り時にカーナビなどのパーツは外したほうが得する?損する?
どういったパーツやオプションであれば、プラスになるのか、もしくはならないのかについてお伝えします。また、最終的にあなたの車が高く下取りしてもらえるように、知っておいてほしいテクニックについても合わせてお伝えします。
車下取りに純正ホイールだと下取り査定額はプラスに働くの?
車下取り時にどういったホイールであれば、プラス材料になるのかについてお伝えします。また、最後にはあなたの車を高く売るテクニックについてお伝えします。
車下取りのキャンセル可否とより高く売るおすすめ方法を紹介
下取りのキャンセルはどういう状況であればOKでどういう状況であればNGなのかについて徹底調査しました。
車下取りの代車/どのディーラーでも貸してもらうことはできるの?
傷やへこみは車下取り査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?
車下取りに出す際にお得になる方法はもちろんのこと、「傷が付いている車」の下取り査定について解説していきます。
車下取りに参考価格を調べるオススメの方法と高額査定のポイント
今回は自分の車下取り参考価格を調べる方法や、より高く査定してもらうためのポイントについてご紹介していきます。