ディーラー下取り メリット

最終更新日:2016年12月20日

ディーラー下取りのメリットとデメリット

自動車ディーラーで車の買い替えをする際、みなさんが気になることを当ててみましょう。

 

「車両値引きはいくらになるか」「今乗っている車の下取り価格はいくらになるか」ではないでしょうか。

 

車を買い替えるためには大きな金額が動きますから、当然「お得になるための情報」は気になりますよね。

 

特に今乗っている車の下取り価格は、買い替え予算において重要な役割を担っていますから、最重要視したいところでしょう。

  • ディーラーで下取りをすることはお得なの?
  • 付き合いはあるけど、メリットばかりなの?
  • デメリットはないの?

と少しばかり不安になってしまうもの。本当にお得になるのか、気になりますよね。

 

そこで今回は、ディーラーで下取りをすることによって得られるメリットやデメリットを中心にご紹介していきます。

 

メリット・デメリットを把握しておけば、スムーズに商談が進められるようになりますよ。

 

1.ディーラーで下取りをする4つのメリット

ディーラーで下取りをする4つのメリット
ディーラーで下取りをするメリットは数多く、今回ご紹介するだけでも4つのメリットがあります。

 

これだけの恩恵があるのであれば、ディーラーの下取りで十分かもしれませんね。それではご紹介していきます。

 

メリット①:大きな安心感がある

ディーラーで下取りをする最大のメリットはこれに尽きるのではないでしょうか。

 

ディーラーは自動車に関するほぼすべての業務を行っているため、もはや車に乗っている方の多くが「ディーラーに任せておけば全て安心」と思っているでしょう。

 

大組織の大資本力を前にすれば誰でもそうなるかと思いますし、私自身も安心だと思っています。

 

それほどまでに自動車ディーラーの安心感は強力なものなのです。

 

メリット②:スムーズに完結させられる

自動車ディーラーで下取りをするということは、買い替えに関わる全ての業務を自動車ディーラーで完結させることができます。

 

そのため実にスムーズに商談~納車までを終えることができるのです。

 

また下取り査定は商談の空き時間に行われることが多いため、時間のロスが少ないこともメリットのひとつです。

 

結果的に数回店舗に顔を出し、和やかなムードで商談を進め、注文できるということはストレスがあまりかからず、さらに体力的にも厳しくありません。

 

その結果買い替えに対する満足度は非常に高いものとなるでしょう。

 

メリット③:今までの付き合いとこれからの付き合い

今までお世話になったディーラーで買い替えを検討している場合、大きなメリットがあります。

 

それは「担当営業マンの昇進」です。

 

長期間にわたり同じディーラーで付き合いを続けている場合、自分専用の担当営業マンがいることに気が付くでしょう。

 

そしてその担当は基本的に長期間続くものですが、長期間担当しているということは、「長期間勤務している」ということと同義になります。

 

結果的に長期勤務により昇進した担当の決裁権が上がるわけで、長年付き合いを続けている場合はその恩恵にあやかれるのです。

 

仮に担当が昇進時に異動になったとしても、元いた店舗には顔がきくもの。

 

一度相談してみる価値は十分にあるかと思います。

 

メリット④:面倒見の良さ

自動車ディーラーは非常に面倒見がいいです。

 

というのもここ最近の各自動車ディーラーは「顧客の囲い込み戦略」を取っているからです。

 

囲い込み戦略とはどのようなものかというと、他社・他ディーラーへの流出を防ぐために今付き合っている顧客に対しては手厚いサービスを心がけ、長期にわたる付き合いをうながす戦略のことをいいます。

 

囲い込みのための戦略の具体例としては、定期メンテナンスによる車両の管理や車検・点検時の確実なお知らせ、保険業務など多岐にわたります。

 

解説した囲い込み戦略を見ると「徹底的に管理されているようで嫌だな」と思うかもしれませんが、「車に関することは全てディーラーに丸投げできる」ポジティブに考えましょう。

 

聞こえは悪いかもしれませんが、囲い込み戦略による面倒見の良さは自動車ディーラー随一のメリットであるかもしれません。

 

ディーラーへ下取りに出すことで囲い込みによる大きな恩恵を受けられますよ。

 

以上が、自動車ディーラーで下取りをするメリットになります。

 

安心感~囲い込みまで幅広いメリットがありました。そしてどれも魅力的だったのではないでしょうか。

 

しかし逆に自動車ディーラーで下取りをすることのデメリットもいくつかあります。

 

2.ディーラー下取りのデメリットはあるの?

ディーラー下取りのデメリットはあるの?
1章でご紹介したメリットでは「ディーラーで下取りすると良いことばかり」と思ってしまうかもしれませんが、同時にいくつかのデメリットも存在します。

 

デメリット①:足元を見られる

あなたの欲しい車は今のディーラーで購入することが可能ですか?そうでない場合は少し注意しておく必要があります。

 

あまり良くないことですが、自動車ディーラーは他社でお世話になっていた顧客に対して少し冷たい部分があるのです。

 

そのため「当社の事はよく知らないだろう」「これが当社での価格ですよ」と車両値引きも下取り価格も、残念な結果に終わることが多いのです。

 

つまり足元を見られている状態にあります。その結果、言いなりになってしまうと損をしてしまうのです。

 

また若い方が、親御さんからいただいた車を初めて買い替える場合にも、同様の理由で注意が必要しましょう。

 

デメリット②:キャンペーン期間中であってもそれほど価格が変わらない

自動車ディーラーを訪問した際「下取り価格強化キャンペーン」というような言葉を聞く事があるかもしれませんが、実は通常の価格とさほど変わりません。

 

下取り価格自体が高くなっていたとしても、結局のところ車両値引き額が抑えられていることでしょう。

 

なぜそのようなことをするのかというと、単純に客寄せがしたいからです。

 

ディーラーは店舗に出向いてもらってからが勝負であるため、まずは出向かせることに全力を注ぎます。

 

そして「キャンペーン」という言葉につられ来店されたお客様となんとかして商談したいのです。

 

この「下取り価格強化キャンペーン」という言葉はディーラーの閑散期に良く聞く事ができますので、言葉につられないよう気をつけてください。

 

デメリット③:車両値引きをごまかされる

デメリット②と重複してしまいますが、下取り価格を多く見せかけ車両値引きをごまかされることがあります。

 

これはディーラーの下取りによくあり、「購入」と「売却」を混在して感覚をにぶらせているため起こってしまうのです。

 

また逆に車両値引き額ではなく、下取り額をごまかされる可能性もあるので十分注意しておきましょう。

 

デメリット④:営業マンの成績による

ディーラーで下取りをする際、その下取り価格は営業マンの成績に大きく関係していることをご存知ですか?

 

実はあまり売れていない営業マンの場合、ノルマ達成のためにできる限り安くして購入してもらいたいという狙いがあります。

 

そのため車両値引きはもちろんですが、下取り価格も比較的高額になりやすいのです。

 

ここまで聞くと「メリットではないのか」と思われるでしょうが、逆パターンを考えてみてください。

 

自分を担当する営業マンがもしノルマ達成をしている場合はどうなると思いますか?

 

達成しているからといって接客態度が悪くなり、対応が適当になるということはありませんが、きっちり利益を確保する商談をします。

 

なぜなら、利益を確保することで自分に支払われる手当が多くなるからです。

 

そのため車両値引き額や下取り査定額は、通常よりも少し低くなってしまうことが多いのです。

 

売れない営業マンに当たるか、ノルマ達成営業マンに当たるかは、来店したときの運次第であるため非常にギャンブル性の高いデメリットといえるでしょう。

 

デメリット⑤:中古車市場をあまり理解していない

ディーラーの営業マンは新車販売のプロであっても、中古車に関しては素人である場合がほとんどです。

 

そのため中古車市場の相場変動や、下取り価格から計算するおおよその利益など、とにかく知らないことが多いのです。

 

結果的に少しでも損をしないためにも仕入れ値=下取り価格をおさえてしまいます。

 

予想していた下取り価格よりも安かった、という場合はこちらの理由が当てはまっているかもしれません。

 

デメリット⑥:下取りは基本的に安い

ここまでデメリットをご紹介してきましたが、もうお気づきかと思います。

 

ディーラーでの下取りは「とにかく安い」ことが多いのです。

 

基本的な査定方法はどのディーラーも買取専門店も変わりませんが、ディーラーの下取り査定額には(予想よりも低くて)驚かされることでしょう。

 

もし気になるのであれば一度お試しください。

 

以上がディーラーで下取りをするデメリットですが、信頼しかけたディーラー像が崩れてしまいませんか?

 

しかし信頼を崩してしまうのは少し待ちましょう。なぜなら各種メリットは本当に魅力的だからです。

 

デメリットを回避することができればメリットだけになるかもしれませんよ。

 

3.6つのデメリットの回避策

デメリットの回避策
先程ご紹介したデメリットをできる限り回避し、メリットの恩恵を受けたい方も多いはず。

 

そこでこの章ではデメリットを以下にして回避するか、箇条書きでご紹介していきます。

 

「足元を見られる」の回避策

このデメリットは他ディーラーの同一クラスの車種と競合させることで回避することができるでしょう。

 

営業マンは単独商談であれば足元を見て自分のペースで話ができますが、他ディーラーとの競合の場合は絶対に負けられないため、足元を見る余裕もなくなります。

 

デメリットに挙げた条件に合う方は、少し手間と時間がかかりますが他ディーラーとの競合をさせましょう。

 

「キャンペーン期間中であってもそれほど価格が変わらない」の回避策

こちらに関してはお得に買い替えが可能である時期(3月)に商談をすることで回避できるでしょう。

 

またどうしても「下取りキャンペーン中」に買い替えをしなければならない場合は、車両値引きと下取り価格のどちらかが低いことを意識して、商談時に「双方を相殺して損をした気分だ」と言いましょう。

 

その後、ある程度は数字が良くなるかと思います。

 

「車両値引きをごまかされる」の回避策

こちらもデメリットその2の回避策同様に、営業マンに対して正直に言ってしまいましょう。

 

営業マンの真理としては「バレてしまった」という焦りがあるため、なんとかして良い数字を出してくれるでしょう。

 

「営業マンの成績による」の回避策

こちらは運の要素が強いので何とも言えないのが現状です。

 

しかし売れない営業マンの特徴をお教えします。

 

売れない営業マンは「自信がなくうつむきがち」「声が比較的小さい」「質問したことにすぐ答えられない(知識不足)」「月末ごろに来店すると最初に飛び出してくる」「車だけではなくカー用品などの付属品を積極的に勧めてくる」という特徴があります。

 

すべての売れない営業マンに当てはまるわけではないのでしょうが、大体の見分け方として参考にしていただけたら幸いです。

 

「中古車市場をあまり理解していない」の回避策

こちらに関してもどうすることもできないのが現状です。

 

しかし自分なりに「売却予定の車(と同程度のもの)が、中古車市場ではいくらぐらいで取引されているのか」を確認し、「現在この車は○○万円で販売されているよ」とアピールしましょう。

 

もしかしたら下取り価格が上がるかもしれません。

 

「下取りは基本的に安い」の回避策

下取り価格が基本的に安いのは変えることのない事実ですが、それを回避するためには買取専門店による買取査定をするべきだと思います。

 

なぜなら買取は下取りよりも売却額が高い場合が多く、金額面だけで見ると非常にお得になることがほとんどだからです。

 

少しでも高く売却してお得になりたい方は積極的に買取専門店で査定をしてもらうといいでしょう。

 

ディーラーの下取りと比較した際、その金額差にきっと驚くかと思います。

 

買取査定でおすすめは車一括査定を使うこと

先ほど買取査定をするべきとお伝えしましたが、さらにおすすめなのは複数の買取店に査定依頼を行う事です。

 

中古車というのは、価格があってないもので定価というものが存在しません。

 

つまり価格は言い値となってしまうわけです。特に車の価値が分からない素人では、安く買い叩かれてしまいます。

 

そこで、買取自体を競合することで、売値を引き上げるというわけです。

 

競合させるのにとても便利なサービスが「車一括査定サービス」です。

車一括査定は、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービスです。

 

車一括査定サービスのオススメはカーセンサー

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート


車一括査定がしっくりこないのであれば「Goo買取」という手もあり

Goo買取

 

 特徴①:一括査定のように複数の業者から営業電話がこない
 特徴②:あなたの車の買取を強化している買取店が自動的にマッチング
 特徴③:中古車で有名なGoo-netの安心運営


 https://auction.goo-net.com/


かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

 

4.まとめ

ディーラーで下取りをしてもらうことで、いくつものメリットとデメリットがあるということが分かったのではないでしょうか。

 

メリットは非常に魅力的で、逆にデメリットは少し怖い気がしますよね。しかし

  • 注意も必要だが、メリットの恩恵を受けたいのであればディーラーの下取りはオススメ
  • デメリットを上手く回避できるのであればディーラーによる下取りはアリ
  • とにかく高く売りたいのであれば買取専門店へ買取査定依頼をする

これらのことを頭に入れておけばそれほど怖くないでしょう。ぜひお得で満足のいく買い替えをしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車下取りの価格相場を一番簡単にシンプルに知る方法を徹底解説
自分の車の下取り価格が適正なのか見極めるために大事な「下取りの価格相場」の調べ方を解説いたします。また、最終的にはあなたが満足して車を高く下取りしてもらうための方法をお伝えします。
最低限知っておきたい!車下取りの流れと必要書類一式を徹底解説
最低限知っておきたい車下取りの流れから必要なもの、またお得に乗り換えを行う方法について解説します。
車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法
車下取りに関する損得が分かり、最終的には車を適正な価格で下取りできるようになります。
車下取りの注意点/必ず知っておきたい下取り査定額の裏側
車下取りにおける唯一の注意点「下取り査定額」にフォーカスを当てて、分かりやすく解説していきます。
ディーラー営業マンに聞いた!車下取りの査定額を上げるコツ
車の下取りにフォーカスして査定額を高くする方法について徹底解説します。下取りに出す前に一度ご覧いただけると幸いです。
どうせならお得に買い替えたい!車下取りでお得になるタイミングは?
ちょっとしたポイントを抑えるだけで下取り金額を上げて、よりお得に買い替えができるようになりますよ。
車下取りの引き渡し/ガソリンほぼ無しの状態でも大丈夫なの?
車下取りにといて「ガソリン量」はまったく気にする必要がありません。ただ、世間の常識はどうなのかなど気になる人もいらっしゃると思いますので、現役のディーラー営業マンにヒアリングしてきましたので、そのままお伝えします。
車下取りした時に自動車税は戻ってくるの?請求してもいいの?
一般的に自動車税は戻ってくるものなのか?還付をディーラーに要求してもいいのか?法律の観点で見ると、戻ってくるのが通常なのか?など、実際に多くの人が疑問に思うことを分かりやすく解説します。
車下取りした時に「リサイクル料金」は返ってくるの?
車を下取りに出す際にはリサイクル料金は戻ってくるのが原則です。原則と記載したいのは、中には査定額に含まれていたり、ディーラーから何も説明がない可能性もあり、知らないと損することにもなりかねません。
車下取りした時の消費税や税金は大丈夫?どういう人が対象になるの?
もそも車売却で得たお金は税金対象なのか、どういう状況であれば税金が掛かってくるのかについて解説します。
みんな本当にやってるの?車下取りで得た利益の確定申告について
下取りなどで自動車を売ると、その売却代金が所得と見なされるので、税金が発生することになります。そのため、個人であっても確定申告を行う必要が出てきます。ただし、ほとんどの人は税金を気にする必要はない=確定申告をする必要がありません。どういった人が税金が掛かりどういった人が確定申告をする必要があるのかについてお伝えします。
車下取り時にカーナビなどのパーツは外したほうが得する?損する?
どういったパーツやオプションであれば、プラスになるのか、もしくはならないのかについてお伝えします。また、最終的にあなたの車が高く下取りしてもらえるように、知っておいてほしいテクニックについても合わせてお伝えします。
車下取りに純正ホイールだと下取り査定額はプラスに働くの?
車下取り時にどういったホイールであれば、プラス材料になるのかについてお伝えします。また、最後にはあなたの車を高く売るテクニックについてお伝えします。
車下取りのキャンセル可否とより高く売るおすすめ方法を紹介
下取りのキャンセルはどういう状況であればOKでどういう状況であればNGなのかについて徹底調査しました。
車下取りの代車/どのディーラーでも貸してもらうことはできるの?
傷やへこみは車下取り査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?
車下取りに出す際にお得になる方法はもちろんのこと、「傷が付いている車」の下取り査定について解説していきます。
車下取りに参考価格を調べるオススメの方法と高額査定のポイント
今回は自分の車下取り参考価格を調べる方法や、より高く査定してもらうためのポイントについてご紹介していきます。