車下取り 参考価格

最終更新日:2017年2月1日

車下取りの参考価格を知りたい

車下取りの参考価格を知りたい
車の買い替えをする際に気になることはいくつかあると思います。

 

それは「どの車にするか」や「購入時の値引き額」など様々ですが、本当に気になっているのは「自分の車下取り額がいくらぐらいになるのか」ではないでしょうか。

 

たしかに買い替え時の車下取り額は、車両値引きと並ぶほど重要なものかと思います。

  • 自分の車の下取り参考価格が知りたい
  • 車下取りって高く査定してくれるの?

など様々なことでお悩みになり、なかなか一歩踏み出せないのも現状。

 

そこで今回は自分の車下取り参考価格を調べる方法や、より高く査定してもらうためのポイントについてご紹介していきます。

 

この記事を読んで自分なりの戦略を立てることがお得になる近道かもしれませんよ。

 

1.車下取りの参考価格を知る方法

車下取りの参考価格を知る方法
車下取りってどのくらいの価格で査定してもらえるのだろうか…そんな悩みは車の買い替えを検討する誰もが持っていることです。

 

実際に買い替えのための商談をするまで分からないのは、不安ですよね。

 

そこでまずは車下取りの参考価格を知る方法についてご紹介していきます。

 

「え、こんなサービスがあるの?」とビックリしてください。

 

1-1.トヨタのWEBサイト

トヨタ自動車が展開するサービスで、サイト上で簡単に車下取りの参考価格を調べることが可能です。

 

特徴としては装飾が少なく簡素なページであるため、シンプルに調べることができるでしょう。

 

また個人情報を登録する必要がなく、無料で利用できます。

 

しかし簡素なページであるため見やすさに関しては「良い」とはいえないでしょう。

▽トヨタ下取り参考価格情報はコチラ
http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

 

1-2.日産のWEBサイト

こちらもトヨタのWEBサイトと同様の方法でシンプルかつ直感的にシミュレーションすることが可能です。

 

個人情報も登録する必要がなく、自分が気になったタイミングで好きな時に無料で利用することができます。

 

しかしトヨタ同様に見やすさはあまり良くありません。

▽日産の下取り参考価格シミュレーションはこちら
http://tradein.nissan.co.jp/MAKER/

 

1-3.ナビクル

ナビクルは車の下取りや買い取りの一括査定サイトです。

 

「一括査定」という言葉は後ほど詳しく解説していきますので、「車下取りの相場が分かるサイト」だと認識してください。

 

特徴としては個人情報無しや利用無料であることは上記2サイトと変わりませんが、その他の部分が非常に使いやすい仕様になっています。

 

その最たる例が、「過去~現在~未来の相場が一目で分かるグラフ」でしょう。

 

現在の相場はもちろんですが過去の相場、未来の相場予想が簡単に分かるのです。

 

そのためいつどのタイミングで売却するのか考える余裕ができます。

 

また非常に見やすく直感的に操作できますのでオススメです。

▽ナビクルの下取り相場はこちら
https://www.navikuru.jp/souba/

 

それぞれのWEBサイトの特徴等は下記に一覧表でまとめましたので比較してみてください。

 

1-4.3サイト比較一覧表

先程ご紹介した3つのサイトの特徴を一覧表にすると以下のようになります。

 

  トヨタ 日産 ナビクル
使いやすさ
見やすさ
相場予想 × ×
主力ミニバン
下取り参考価格
202万円 153.5万円 208.7万円


※トヨタ主力ミニバンは「ヴォクシー ZS 7人乗り」でシミュレーションしています。
※日産主力ミニバンは「セレナ ハイウェイスター Sハイブリッド」でシミュレーションしています。
※ナビクルは自メーカー車両がないため、「ホンダ ステップワゴンスパーダ 7人乗り」でシミュレーションしています。

 

いかがでしょうか。簡単に参考価格がシミュレーションできることが分かったのではないでしょうか。

 

しかしひとつ注意していただきたいことがあります。

 

あくまで参考価格であるため、実際に車下取り査定をした場合に、参考価格との剥離が多々起こっているのです。

 

現役の自動車ディーラー営業マンの感覚値では今回の参考価格は「実際の査定額よりもやや低いかな」と感じましたが、それも実際に査定をするまでは分かりません。

 

逆に低くなる可能性もあるのです。そのため「あくまで参考価格である」ということを覚えておきましょう。

 

それでは参考価格サイトを使う上での注意点について説明していきます。

 

2.参考価格サイトを使う上での注意点

参考価格サイトを使う上での注意点
1章では簡単にある程度の車下取り参考価格を調べることができると分かったかと思いますが、注意も必要です。

 

なぜなら参考価格を鵜呑みにして結果が出なかった場合、新車商談のモチベーションにも大きく関わるからです。

 

以上のことを踏まえて注意点を箇条書きにしましたので参考にしてください。

 

シミュレーションで本当の価格は出ない

シミュレーションはあくまでシミュレーションでしかなく、参考価格を確約するものではありません。

 

車下取り価格は正式な査定後に決定されます。シミュレーションで得た結果は「これぐらいの価格が付けば御の字だ」と重い、実際の結果に期待しすぎないようにしましょう。

 

各社の結果が異なる場合がある

各社のサイトをそれぞれ使用すると同一車種でも参考価格が異なる場合があります。

 

各社独自の方式に基づいて参考価格は出されているので、比較した結果を真に受けないようにしましょう。

 

他社の車両は車下取り額が安い可能性が高い

例えばトヨタ車を日産のサイトでシミュレーションすると、トヨタのサイトでシミュレーションした場合よりも価格が低いことが多いでしょう。

 

それは単純に「他社の車両だから」です。

 

自動車ディーラーによる車下取りは自社車両の車下取り額が高い傾向にあるため、理由を良く考えた上で各種車下取りシミュレーションを利用すると良いかもしれません。

 

少し前に見た時と参考価格が異なる可能性がある

「昨日見た時と参考価格が違う」という状況は多々発生します。

 

なぜなら自動車は「相場モノ」だからです。

 

中古車市場ではその傾向が顕著に表れ、日々相場が変動していると言っても過言ではありません。

 

そのため車下取りの価格変動が比較的激しいことに注意しておきましょう。

 

以上が車下取りの参考価格シミュレーションをする上での注意点になります。

 

先程も言いましたが、あくまで参考価格であるため車下取り価格の確約は絶対にできません。

 

十分に注意した上で、「これぐらいで取ってもらえたら御の字」という気持ちを忘れないようにしましょう。

 

しかし車下取りの査定額をなんとかしてアップさせたいと思いますよね。

 

次章では下取り査定額を上げるために必要なポイントを分かりやすくご紹介していきます。

 

3.下取り査定額を上げる3つのポイント

下取り査定額を上げる3つのポイント
車を買い替える商談時に「こうすると安く買えるよ」とか「こんな方法でお得になったよ」という声を聞いたことはありませんか?

 

実は商談において車両値引き以外にも下取り査定額のアップを狙うことでお得になる場合もあるのです。

 

車下取り査定額を上げるポイントを抑えてあなたもお得に買い替えましょう。

 

中古車市場での販売価格を調べる

中古車市場の販売価格を調べることは、車下取り査定額アップに関係ないと思っている方が大半だと思います。

 

しかし自分の車(と同程度の車)がどれくらいの価格で販売されているのか調べることで営業マンにプレッシャーをかけることができるのです。

 

調べた結果は査定前に伝えましょう。

 

そうすることで営業マンはその価格により近い結果を提示しなければ失礼にあたると考えます。

 

なぜなら今後長く取引する可能性のある顧客であるからです。

 

そのような「長期取引予備軍」の顧客が離れることを営業マンは恐れているため、多少無理をしても査定額の上乗せが期待できるのです。

 

営業マンの成績に付け込む

あなたを担当する営業マンの成績について考えたことはありますか?

 

自動車ディーラーの営業マンは「新車を販売すること」にもっとも力を入れています。

 

なぜなら下取りや中古車等、多様にあるノルマの中で最も大きなウェイトを占めるのが「新車販売」だからです。

 

そのため「下取り価格をもう少し上げないと新車は買わない」と言えば大ダメージを受けます。

 

結果的に「下取りで少し損をしても新車の販売台数が増えるのであればいいか」という考えのもと、下取り査定額アップをする可能性が高くなるのです。

 

最後のひと押し

先に紹介した2点で十分査定額アップの可能性は高まりますが、商談終了間際=注文書に押印する間際に「最後のひと押し」をしましょう。

 

営業マンの真理としては「ようやく注文をもらえる」とホッとしている状況です。

 

その隙をついて最後のひと押しをするのです。

 

早く注文をもらって安心したい営業マンは少しぐらいの頼みであれば有無を言わず聞いてくれることが多いです。

 

最後のひと押しは「あと1,000円高く下取って」でも「ティッシュ1箱付けて」でも何でも構いません。

 

小さなお願いをしてみましょう。きっと願いを叶えてくれますよ。

 

以上の3つのポイントが、車下取り査定額のアップにつながる方法です。

 

これらを抑えておくことで営業マンも驚くような下取り査定額になる可能性が高くなります。

 

しかし実はこの方法以外にも売却額が高くなる方法があるのです。

 

4.下取りだけではなく買取専門店からも査定見積もりを取る

下取りだけではなく買取専門店からも査定見積もりを取る
前章で説明したポイントで下取り査定額がアップする可能性が高くなることは分かったと思いますが、それよりも効果の高い方法をお教えしましょう。

 

それは「買取専門店からも査定見積もりを取る」ということです。

 

単にディーラーによる下取りとの競合という意味だけではなく、もっと根本的な部分で買取専門店に査定依頼をするべき理由があります。

 

4-1.車買取店という選択肢も視野に入れよう

結論から先に言うと、「車下取りよりも買取専門店の方が高く買い取ってくれる傾向にある」のです。

 

実際にその差額は車種にもよりますが20万円以上になることも珍しくありません。

 

新車商談のついでに車下取り査定をしてもらうのも良いのですが、買取専門店で買取査定を依頼すると差額にビックリするかもしれないですよ。

 

ぜひ買取専門店による買取査定も視野に入れておくことをオススメします。

 

4-2.複数社から見積もりを取る

「買取専門店で買取査定をしてもらうことが下取りよりもお得になりそうだ」と思っていただいたかと思いますが、さらにお得になるためには複数の買取専門店を競合させましょう。

 

買取専門店は各社、中古車の販売をしている場合が多く、在庫の回転率は非常に高くなっています。

 

そのためどんな車でも買い取って在庫数を確保したいため多少の無理をしても高額な査定結果を出す傾向があり、結果として複数の買取専門店を競合させることで予想以上に高額な査定結果に繋がる場合も多いのです。

 

4-3.車一括査定サイトが便利

複数の買取専門店を競合させることでより高額な査定結果を得られますが、ひとつ問題があります。

 

それは「複数の買取専門店をまわる時間がない」ことです。

 

ひとつの買取専門店で1時間以上商談したとして、3社で3時間、5社で5時間にもなります。

 

さらに競合させるためには複数回の商談が必要であるため、場合によっては合計数十時間を費やすことにもなるのです。現実的に考えて、厳しいですよね。

 

しかしそんな状況を解消することができるサイトがあります。それは車一括査定サイトです。

 

この記事の最初に比較した「ナビクル」が該当しますが覚えていますか?あの非常に使いやすく見やすいサイトです。

 

車一括査定サイトは車種などの必要な情報を入力するだけで、複数の買取専門店に出張査定を依頼できます。

 

そのため自分の都合のいい時間に自宅で買取査定をしてもらうことが可能なのです。

 

時間的にも体力的にも現実的だと思いませんか?簡単に最高の結果が得られるかと思いますのでぜひご利用ください。

 

4-4.車一括査定サイトのオススメはカーセンサー

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート


車一括査定がしっくりこないのであれば「Goo買取」という手もあり

Goo買取

 

 特徴①:一括査定のように複数の業者から営業電話がこない
 特徴②:あなたの車の買取を強化している買取店が自動的にマッチング
 特徴③:中古車で有名なGoo-netの安心運営


 https://auction.goo-net.com/


かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

 

5.まとめ

車下取りの参考価格が決して正確ではないこと、ポイントを抑えて車下取り査定額アップを狙うこと、買取円問点に依頼すること、車の売却に関する様々なことをお伝えしてきました。

 

しかしたくさんの情報を一気に伝えられても頭の整理が追いつかないですよね。

 

そこで簡単にポイントをまとめましたのでご覧ください。

  • 参考価格はあくまで参考価格であり、査定結果が出るまでは価格は分からない
  • 下取り額アップのために3つのポイント(中古車市場での販売価格を調べる、営業マンの成績に付け込む、最後のひと押し)を徹底する
  • 車一括査定サイトを利用して複数の買取専門店に査定依頼をした方が、ディーラーによる車下取りよりも高額な査定結果を得やすい

これらのポイントをしっかり押さえた上で、車の売却を検討してみてください。

 

驚きと満足の両方を味わえるかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車下取りの価格相場を一番簡単にシンプルに知る方法を徹底解説
自分の車の下取り価格が適正なのか見極めるために大事な「下取りの価格相場」の調べ方を解説いたします。また、最終的にはあなたが満足して車を高く下取りしてもらうための方法をお伝えします。
ディーラー下取りの4つのメリットと6つのデメリットとその回避策
ディーラーで下取りをすることによって得られるメリットやデメリットを中心にご紹介していきます。
最低限知っておきたい!車下取りの流れと必要書類一式を徹底解説
最低限知っておきたい車下取りの流れから必要なもの、またお得に乗り換えを行う方法について解説します。
車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法
車下取りに関する損得が分かり、最終的には車を適正な価格で下取りできるようになります。
車下取りの注意点/必ず知っておきたい下取り査定額の裏側
車下取りにおける唯一の注意点「下取り査定額」にフォーカスを当てて、分かりやすく解説していきます。
ディーラー営業マンに聞いた!車下取りの査定額を上げるコツ
車の下取りにフォーカスして査定額を高くする方法について徹底解説します。下取りに出す前に一度ご覧いただけると幸いです。
どうせならお得に買い替えたい!車下取りでお得になるタイミングは?
ちょっとしたポイントを抑えるだけで下取り金額を上げて、よりお得に買い替えができるようになりますよ。
車下取りの引き渡し/ガソリンほぼ無しの状態でも大丈夫なの?
車下取りにといて「ガソリン量」はまったく気にする必要がありません。ただ、世間の常識はどうなのかなど気になる人もいらっしゃると思いますので、現役のディーラー営業マンにヒアリングしてきましたので、そのままお伝えします。
車下取りした時に自動車税は戻ってくるの?請求してもいいの?
一般的に自動車税は戻ってくるものなのか?還付をディーラーに要求してもいいのか?法律の観点で見ると、戻ってくるのが通常なのか?など、実際に多くの人が疑問に思うことを分かりやすく解説します。
車下取りした時に「リサイクル料金」は返ってくるの?
車を下取りに出す際にはリサイクル料金は戻ってくるのが原則です。原則と記載したいのは、中には査定額に含まれていたり、ディーラーから何も説明がない可能性もあり、知らないと損することにもなりかねません。
車下取りした時の消費税や税金は大丈夫?どういう人が対象になるの?
もそも車売却で得たお金は税金対象なのか、どういう状況であれば税金が掛かってくるのかについて解説します。
みんな本当にやってるの?車下取りで得た利益の確定申告について
下取りなどで自動車を売ると、その売却代金が所得と見なされるので、税金が発生することになります。そのため、個人であっても確定申告を行う必要が出てきます。ただし、ほとんどの人は税金を気にする必要はない=確定申告をする必要がありません。どういった人が税金が掛かりどういった人が確定申告をする必要があるのかについてお伝えします。
車下取り時にカーナビなどのパーツは外したほうが得する?損する?
どういったパーツやオプションであれば、プラスになるのか、もしくはならないのかについてお伝えします。また、最終的にあなたの車が高く下取りしてもらえるように、知っておいてほしいテクニックについても合わせてお伝えします。
車下取りに純正ホイールだと下取り査定額はプラスに働くの?
車下取り時にどういったホイールであれば、プラス材料になるのかについてお伝えします。また、最後にはあなたの車を高く売るテクニックについてお伝えします。
車下取りのキャンセル可否とより高く売るおすすめ方法を紹介
下取りのキャンセルはどういう状況であればOKでどういう状況であればNGなのかについて徹底調査しました。
車下取りの代車/どのディーラーでも貸してもらうことはできるの?
傷やへこみは車下取り査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?
車下取りに出す際にお得になる方法はもちろんのこと、「傷が付いている車」の下取り査定について解説していきます。