車下取り 流れ

最終更新日:2016年12月20日

車下取りの流れと必要書類

車下取りの流れと必要書類
新しい車を購入する場合、今乗っている車を買い取ってもらい、新しい車を価格から引いてもらう「下取り」ですが、下取りの流れや必要なものについて気になる人も少なからずいるのではないでしょうか。

 

本記事では、最低限知っておきたい車下取りの流れから必要なもの、またお得に乗り換えを行う方法について解説します。

 

車下取りとは?

車下取りとは?
まず最初に車の下取りについて解説します。

 

車下取りとは「車の買い替えを前提に今の車を買い取ってもらうこと」です。

 

また、その買い取った価格分を次の車の価格から引いてもらうことを前提としています。

 

昔は、新車の買い替え時のみ下取りという言葉が使われておりましたが、最近では中古車への買い替え時でも下取りという言葉が使われています。

 

それでは、次に本題である車下取りの流れについて説明します。

 

車下取りの流れについて

車下取りの流れについて
車下取りの流れを解説します。箇条書きで下記になります。

 

  • 新車もしくは中古車のディーラー店にて購入する車を決める。
  • そのディーラー店にて下取り査定を受ける。
  • 購入する車の見積書を提示してもらう。1項目として下取り額が含まれていることを確認する。
  • 合計金額を確認し、納得すれば車を購入の契約書を締結する。
  • 納車日までに必要書類を準備する。
  • 必要書類と乗っている車を引き渡し、新しい車を受け取る。

 

では、次に車下取りに必要な書類について説明します。

 

車下取りに必要な書類一覧リスト

車下取りに必要な書類を解説します。箇条書きで下記になります。

 

  • 車検証
  • 納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • リサイクル券

 

ここでは、それぞれの書類の説明とそれらの入手方法やもしも無くしてしまった場合の再発行方法をまとめています。

 

車売却に必要書類一覧表と保管場所、発行方法

下記に一覧表をまとめております。保管場所は、多くの人が保管している場所を記載しています。

書類名

説明

保管場所

入手方法

再発行方法

車検証 自動車の身分証明書

ダッシュボードに
保管している人が多い

<再発行方法>
普通自動車:陸運局(運輸局・支局)
軽自動車:軽自動車検査協会

納税証明書 車を所有していれば年に一度必ず支払う税金その税金を支払った証明書

自宅orダッシュボードに
保管している人が多い

<再発行方法>
都道府県税事務所

自賠責保険証 車の所有者が必ず加入しなければならない強制保険

車検証と一緒に
保管している人が多い

<再発行方法>
損害保険会社

印鑑証明書 登録した印鑑が自分のものであることを証明する書類

都度、役場の窓口へ
発行依頼

<入手方法>
市区町村役場

リサイクル券 自動車リサイクル法に従ってリサイクル料金を納付したことを明らかにする書類

車検証と一緒に
保管している人が多い

<再発行方法>
こちらを参照

実印 実印とは印鑑登録をしている印鑑譲渡証明書や委任状に署名捺印する際に必要 自宅

<再発行方法>
市区町村役場

 

では、次に車をお得に購入する方法について解説します。

 

お得に車を購入する方法について

お得に車を購入する方法について
購入する車の見積書が提示されて、車の下取り査定が出たら、交渉してお得に購入したいと思うと思います。

 

その際、2つの方法が考えられます。

  • 購入する車を値引きしてもらう方法
  • 下取りの査定額をアップしてもらう方法

 

まず最初に購入する車を極限まで値引きしてもらいましょう。

 

その際、ポイントとしては下取り査定額を上げてもらうのではなく、本体価格やオプション価格から値引きをしてもらいましょう。

 

次に極限まで値引きが行えたら、今乗っている車を高く査定してもらいましょう。

 

但し、下取り額のアップはあまり期待出来ませんので、少し手間は増えてしまいますが、ガリバーなどの中古車の買取店に査定をしてもらいましょう。

 

さらに「車一括査定」を利用すれば、複数の中古車買取店から査定を受けられますので、さらに高く売ることが可能です。

 

車一括査定を使うと高く売ることができる

そもそも「車一括査定」を始めて聞く方も多いのではないでしょうか?

 

車一括査定とは、ネット上で「車の情報」と「個人情報」を入れると、その情報にマッチングした買取業者を自動的に探してくれて、同時に査定依頼が行えるサービスです。

 

車一括査定を利用することで、買取業者間も何とかライバルに負けじと買い取ろうとしますので、なるべく高い査定額を出さざるを得なくなり、結果的に車を売るあなたが高く売れることに繋がります。
車一括査定の流れ

 

さらに詳細が知りたい方は「車買取一括査定の見極め方ガイド」をご確認ください。

 

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携業者数がNo.1の300社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:約300社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

【今月のピックアップ】ユーカーパック

ユーカーパック

  • 入力項目が少なく約30秒で完了
  • 申込みと同時に買取相場が分かる
  • 最大1,000社があなたの車に入札!高価買取が期待できる
  • 電話は1本のみ、売るかどうか迷っている人にオススメ
  • ネットオークション形式!あなたは買取額を気楽にチェックするだけ

  https://ucarpac.com/


ユーカーパック

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

 

まとめ

いかがでしたか?車下取りの流れと必要書類、またお得に買い替えする方法について理解頂けたでしょうか?

 

これらを知っておくだけでも、心に余裕が出来て、有利に事が進められるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車下取りの価格相場を一番簡単にシンプルに知る方法を徹底解説
自分の車の下取り価格が適正なのか見極めるために大事な「下取りの価格相場」の調べ方を解説いたします。また、最終的にはあなたが満足して車を高く下取りしてもらうための方法をお伝えします。
車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法
車下取りに関する損得が分かり、最終的には車を適正な価格で下取りできるようになります。
車下取りの注意点/必ず知っておきたい下取り査定額の裏側
車下取りにおける唯一の注意点「下取り査定額」にフォーカスを当てて、分かりやすく解説していきます。
ディーラー営業マンに聞いた!車下取りの査定額を上げるコツ
車の下取りにフォーカスして査定額を高くする方法について徹底解説します。下取りに出す前に一度ご覧いただけると幸いです。
車下取りの引き渡し/ガソリンほぼ無しの状態でも大丈夫なの?
車下取りにといて「ガソリン量」はまったく気にする必要がありません。ただ、世間の常識はどうなのかなど気になる人もいらっしゃると思いますので、現役のディーラー営業マンにヒアリングしてきましたので、そのままお伝えします。
車下取りした時に自動車税は戻ってくるの?請求してもいいの?
一般的に自動車税は戻ってくるものなのか?還付をディーラーに要求してもいいのか?法律の観点で見ると、戻ってくるのが通常なのか?など、実際に多くの人が疑問に思うことを分かりやすく解説します。
車下取りした時に「リサイクル料金」は返ってくるの?
車を下取りに出す際にはリサイクル料金は戻ってくるのが原則です。原則と記載したいのは、中には査定額に含まれていたり、ディーラーから何も説明がない可能性もあり、知らないと損することにもなりかねません。
車下取りした時の消費税や税金は大丈夫?どういう人が対象になるの?
もそも車売却で得たお金は税金対象なのか、どういう状況であれば税金が掛かってくるのかについて解説します。
みんな本当にやってるの?車下取りで得た利益の確定申告について
下取りなどで自動車を売ると、その売却代金が所得と見なされるので、税金が発生することになります。そのため、個人であっても確定申告を行う必要が出てきます。ただし、ほとんどの人は税金を気にする必要はない=確定申告をする必要がありません。どういった人が税金が掛かりどういった人が確定申告をする必要があるのかについてお伝えします。
車下取り時にカーナビなどのパーツは外したほうが得する?損する?
どういったパーツやオプションであれば、プラスになるのか、もしくはならないのかについてお伝えします。また、最終的にあなたの車が高く下取りしてもらえるように、知っておいてほしいテクニックについても合わせてお伝えします。
車下取りに純正ホイールだと下取り査定額はプラスに働くの?
車下取り時にどういったホイールであれば、プラス材料になるのかについてお伝えします。また、最後にはあなたの車を高く売るテクニックについてお伝えします。
車下取りのキャンセル可否とより高く売るおすすめ方法を紹介
下取りのキャンセルはどういう状況であればOKでどういう状況であればNGなのかについて徹底調査しました。
車下取りの代車/どのディーラーでも貸してもらうことはできるの?