車下取り 流れ

車下取りの流れと必要書類

最終更新日:2018年7月13日

車下取りの流れと必要書類
買取専門店での買取は、ディーラーや中古車販売店の下取りよりも高く売れると評判です。

 

とはいえ、次の買い替えは、やはり何年もお世話になっているディーラーに下取りお願いしようという方も少なくないと思います。

 

ところが、久しぶりに行う車の下取りや買い替えは、一体何から手をつけて良いのか、下取りに出して損をすることはないのかなど、下記のような悩みや不安を抱えているのではないでしょうか。

  • 下取りに出すときの流れや必要書類が知りたい
  • 下取りは安いと聞くが高く売るコツは無いの?
  • 損をせず下取りに出す方法を知りたい

そこで今回の記事では、上記のような悩みや不安を解消するため、一般的な下取りの流れや必要書類をご紹介。

 

それだけでなく、他のサイトではあまり紹介されていない下取り査定を有利に進めるための流れ、損をせず車を手放すためのポイントまでご紹介していきます。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

下取りの流れを理解して査定を有利にする

下取りの流れを理解して査定を有利にする
愛車の買い替えは、人生でそう何度もあるものではありませんので、つい言われるがまま、なんとなくお任せしている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、損をせず特に愛車を買い替えるためには、下取りの流れをしっかりと把握しておくことが重要です。

 

まずはしっかりと一般的な下取りの流れを理解しておき、余計な不安やストレスを感じることなく、下取りをお願いするようにしましょう。

 

ですが、少しでもお得に買い替えたいと思うのであれば、何も手を打たず、販売店に言われるがまま下取りに出してはいけません。

 

そこで下記より、他のサイトでも紹介されている「一般的な下取りの流れ」と「下取り査定を少しでも有利にするための流れ」という、2通りの流れについてお話ししていきます。

 

良く説明されている下取りの流れ

まずは、他のインターネットサイトでも紹介されている一般的な下取りの流れについておさらいしておきましょう。

 

一般的な下取りの流れは大きく分けて下記の4段階に分けることができます。

  1. 新たに購入する車を決める
  2. 下取り査定を受ける
  3. 購入車両の見積と下取り額を確認し交渉
  4. 車の入れ替え

下取りの流れ

それでは、それぞれの段階について簡単にご説明していきましょう。

 

1.新たに購入する車を決める

車の購入で後悔しないためには、どんな車がホシイのか、新たに購入する車はどういった目的で使うのかなど、まずはあなたの希望を明確にしておくことが大切です。

 

新車、中古車を問わず、車を購入する際、担当の営業マンはさまざまな提案をして来るため、商談を行っているうちに、自分の希望や要望があやふやになってしまいます。

 

そのため、これだけは譲れないという点や予算など、出来る限りあなたの希望をあなた自身が把握しておく必要があるのです。

 

2.下取り査定を受ける

欲しい車が決まったら、購入する車が新車の場合は新車ディーラー、中古車の場合は中古車販売店に出向くことになります。

 

その際、買い替える車に乗っていき、新たに購入する車の見積もりと共に、今乗ってきた車の下取り査定を受けましょう。

 

3.購入車両の見積と下取り額を確認し交渉

車の購入見積もりには、車両本体価格、オプション代、車庫証明や登録に関わる手数料、納車前整備などの諸費用といった、さまざまな費用が含まれます。

 

下取りがある場合には、車両本体価格やオプション代の値引きに加えて、購入費用の総額から下取り分が相殺され、最終的な見積もりとなるのです。

 

もちろん、その見積もりのまま購入するのではなく、そこからさらに値引き額や下取り額を交渉します。

 

そして、最終的な見積総額に納得できれば晴れて契約成立となるのです。

 

4.車の入れ替え

購入した車の納車日が決まったら、いよいよ愛車の入れ替えです。

 

新しい車になるというわくわく感と、今まで乗ってきた車とのお別れという寂しさが入り混じり、愛車を入れ替える日は、感情的になりやすい日でもあります。

 

そこで、新しい車の扱い方の説明をよく聞くのはもちろんのこと、今まで大切にしてきた愛車の整理も忘れてはいけません。

 

査定を有利にする下取りの流れ

一般的な下取りの流れをご理解いただいたところで、ここからは少しでも下取り査定額を有利にするための流れについてご紹介します。

  1. 新たに購入する車を決める
  2. 購入店舗に行き購入したい車の見積を取る
  3. 値引き交渉を行う
  4. 下取り車を査定してもらう
  5. 車の入れ替え

査定を有利にする下取りの流れ

それでは、上記でお話した一般的な査定の流れと比較しながら、査定を有利にするための流れについて、詳しくお話していきましょう。

 

1.新たに購入する車を決める

先述した通常の下取りの流れと同様に、あなたの希望明確にし、購入する車種を決めましょう。

 

2.購入店舗に行き購入したい車の見積を取る

通常の下取りと大きく違う点は、購入する車の見積もりだけを取るということです。

 

販売店まで車で行くと、必ず「今乗っている車どうなさいますか?」と質問されますが、「とりあえず購入する車の見積もりが欲しい」と伝えましょう。

 

3.値引き交渉を行う

購入する車の見積もりが出来上がったら、車両本体価格や諸費用、値引き額などを確認し、最終的な値引きの交渉を行います。

 

その際、「下取りの有無によって総額は変わってきますが、下取りの査定を行いますか?」と再度聞かれると思いますが、「下取りなしの金額で」とお願いしましょう。

 

ある程度の見積額が確定したら、その場で契約することはせず「いったん持ち帰って考えます。」としておきます。

 

4.下取り車を査定してもらう

見積もりを持ち帰り、後日改めて販売店を訪れ、「考えた結果、今乗っている車を手放すことにしたので、査定してほしい」と伝えて、下取りの査定を受けます。

 

新たな車と下取り車、最低でも2度の商談を行わなければなりませんが、若干の手間をかけることで、損をせず下取り査定を受けることができるのです。

 

下取り額が提示され、交渉を行ったのち、車両本体価格などの値引きや下取り額、その他の条件に納得できたら、正式に売買契約を締結しましょう。

 

5.車の入れ替え

契約が完了し、必要書類を揃えれば、あとは車を入れ替えるだけです。

 

今まで乗ってきた車に、大切なものを置き忘れることがないよう、あらかじめ整理しておきましょう。

 

購入金額の値引きと下取りは分けて考える

ここまで、多くのサイトで紹介されている、基本的な下取りの流れと、下取り査定を有利にするための流れについてお話してきました。

 

上記でも少しお話ししましたが、2つの流れで大きく異なる点は、新たな車を購入する交渉と、下取り車の交渉を分けていることです。

 

1度の商談で済ませる通常の流れに比べ、多少手間はかかってしまいますが、「値引き」と「下取り」を分けることで、下取りが値引きの調整に使われることを防止することができます。

 

そして、もっとお得に愛車を手放したいという方は、値引き交渉終え、一旦見積もりを持ち帰ったあと、買取専門店で買取査定を行うのがオススメです。

 

買取専門店で査定を受ける際も、その場で売却を決めてしまうのではなく、一旦査定見積もりをお持ち帰りましょう。

 

後日、下取り査定を受け、買取専門店での買取と販売店での下取りを比較し、より高い方を選択すれば、確実にお得で損をせず車を買い替えることができます。

 

もちろん、時は金なりというように、手間ばかりかけてしまうのも考えもの。

 

少しでも手間を減らし、お得に買い替えるためには、買い替えや下取りに必要な書類を予め揃えておくことも大切です。

 

次の章からは、買い替えや下取りに必要なそれについてご説明していきます。

 

下取りで必要な書類

下取りで必要な書類
下取りの場合、すべての工程を1つの店舗で完結できますので、必要書類さえ揃えておけば、難しい手続きのほとんどを販売店が行ってくれます。

 

しかし、その車の持ち主であるあなた自身が用意しなければならない書類も多いため、不備や間違いがあると、何度も販売店に足を運ぶことになってしまうのです。

 

そのようなことがないよう、必要書類の所在確認や発行手続きは、予め行っておくとよいでしょう。

 

また、普通車(登録車)と軽自動車では、揃える書類が若干違うため注意が必要です。

 

下記表には、普通車(登録車)と軽自動車に分けて、下取りで必要になる書類と、それらの書類がどこに保管され、どこで発行すればいいのかについてまとめてみました。

書類 普通自動車 軽自動車 店舗or自分
自動車検査証 自分
自動車賠償責任保険証明書 自分
自動車税納税証明書 × 自分
軽自動車税納税証明書 × 自分
印鑑登録証明書 × 自分
実印 × 自分
認印 × 自分
リサイクル券 自分
譲渡証明書 × 店舗
委任状 × 店舗
自動車検査証記入申請書 × 店舗


No.1の自動車検査証から、No.4のリサイクル券までは、普通車と軽自動車で揃える書類に違いはありません。

 

また、車を下取りまたは売却するということは、法律上その車の名義を変更することになるため、普通車の場合には譲渡証明書と委任状が必要になります。

 

委任状には実印を押さなければならないため、実印の有効性を証明する印鑑登録証明書が必要です。

 

自分で用意する書類

上記の書類には、あなたが用意するものと業者側で用意してくれるものがあります。

 

ここからは、自分で用意しなければならない書類と、業者が用意してくれる書類に分けてご説明していきましょう。

 

自分で用意しなければならない書類の中には、「車やご自宅に保管されているもの」と「改めて発行手続き行わなければならないもの」があります。

 

自動車検査証証

いわゆる車検証のことで、車にとってもっとも大切な書類で、車検や名義変更のとき以外では、めったに取り出す事はないでしょう。

 

そのため、通常は車内のグローブボックスに、車検証入れとともに保管されています。

 

万が一、紛失してしまった、破損してしまったという場合には、下取りに出す前に陸運支局(軽自動車検査事務所)に出向き、再発行しておかなければなりません。

 

自賠責保険証明書

別名強制保険とも呼ばれ、公道走る際には必ず携行することが義務付けられているため、通常は車検証とともに車内に保管されています。

 

万が一紛失してしまった場合は、自賠責保険に加入した保険会社に依頼すれば再発行することが可能です。

 

納税証明書

上記でもお話ししたように、下取りを売却は車の名義変更を伴います。

 

法律的話しをすると、厳密には、名義変更の際、納税証明書の提示は必要ありません。

 

しかし、ほとんどのディーラーや買取専門店などに車売却する際には、納税証明書の提出が求められます。

 

その理由は、税金を滞納していると、次の車検を受けることができず、新しくその車のオーナーとのあいだで、トラブルになってしまうためです。

 

万が一紛失してしまった場合、普通車は都府県税事務所、軽自動車は市町村役場に行けば、無料で再発行することができます。

 

リサイクル券

リサイクル券は、新車で車を購入する際に発行される書類で、廃車や永久抹消しない限り返金されることありません。

 

ただし、本来リサイクル料とは、その車の廃車にかかる手数料を、預託しておく仕組みのため、通常、車を手放す際には返金され、新たにその車のオーナーとなるユーザーが販売価格にプラスして支払います。

 

法律上リサイクル券がなくとも手続き上問題ありませんし、査定額に上乗せして返金されることがほとんどです。

 

しかし、本当に返金されるか心配、いくら返金されるのか知りたいが、リサイクル券が手元にない場合は、「自動車リサイクルシステム」のホームページで、あなたの車のリサイクル料金を調べることができます。

 

認印・実印

普通車は実印、軽自動車は認印が必要です。

 

普通車に関しては、業者に名義変更委託する関係上、委任状と譲渡証明書には実印を押印しなければならなりません。

 

もしも、実印をなくしてしまった、または、実印を持っていないという方は、新たに実印を作成し、印鑑登録を済ませておきましょう。

 

印鑑証明書

印鑑証明書(印鑑登録証明書)は、委任状が必要になる普通車にのみ必要です。

 

発行場所は、住民登録のある市区町村役場や出張所、地域によってはコンビニエンスストアで発行することができます。

 

車の下取りや売却では、発行から2ヶ月以内のものを用意しておくと安心です。

 

業者が用意してくれる書類

次に業者が用意してくれる書類について簡単にご説明します。

 

委任状

印鑑証明書でも話したとおり、普通車の場合にのみ必要になる書類で、所有者ではなく、業者に手続きを代行してもらうための証明書です。

 

住所氏名を記入し、実印を押印したのち、印鑑証明書を添えて提出します。

 

譲渡証明書

車の売買や譲渡によってその車の所有者が変わった際、いつ誰に譲渡されたのかを証明する書類です。

 

委任状同様、実印を押印しなければなりません。

 

自動車検査証記入申請書

軽自動車を名義変更する際に必要になる書類で、ほとんどの場合記入まで業者でやってもらえます。

 

自動車検査証記入申請書に押す印鑑は、実印ではなく認印で問題ありません。

 

状況によって必要になる書類

上記の書類以外にも、状況によっては、住民票や戸籍謄本が必要な場合があります。

 

住民票や戸籍謄本が必要な場合とは

  1. 引っ越しを行い車検証の住所と、印鑑証明の住所が異なる場合
  2. 結婚などで氏名が変わった場合

という2点です。

 

また、車検証に記載された住所から複数回引っ越しをしているような場合は、住民票ではなく、住民票の除票や、戸籍の附票が必要になる場合があります。

 

車検証に記載されている住所から、何度か引っ越しをしたという方は、販売店に相談しておくと安心です。

 

下取りで損をしないためには相場を把握しておく

下取りで損をしないためには相場を把握しておく
下取りに関する一連の流れや必要書類が分かったところで、ここからは、さらに1歩踏み込んで、下取りで損をしないための具体的な方法についてお話ししていきます。

 

表題の通り、下取りで損をしないためにもっとも大切なことは、愛車の相場をきちんと把握しておくことです。

 

相場を把握しておけば、提示された査定額が妥当なものなのかを判断することができ、ありえない安値で買い叩かれるのを防ぐことができます。

 

それでは下記より、愛車の下取り相場を調べる3つの方法をご紹介していきましょう。

 

メーカーの公式サイトを利用する

国産車メーカーであるトヨタと日産の公式ホームページには、下取り額を算出することができるページがあります。

どちらのページも、個人情報の入力が必要なく大手自動車メーカーのため安心して利用することができます。

 

しかし、あくまでも参考価格であり、実際の査定額と大きな開きがあることも少なくありませんので、あくまで参考と捉えておきましょう。

 

その他のサイトで確認する

自動車メーカーのホームページ以外にも、中古車の買取相場を調べることができるサイトも存在します。

上記のサイトは、いずれも、膨大なデータから買取相場を予測しているため、上記のメーカーサイトと比較すると、より現実に近い査定相場を見ることが可能です。

 

ただし、あくまでも距離や年式、車種といった基本情報から導き出されたデータのため、実際の査定結果とは異なるため注意しましょう。

 

一括査定で査定を受ける

当たり前のことですが、正確な査定額を知るためには、実際に査定を受けてみるしかありません。

 

そして、愛車の落札相場を把握するためには、複数の業者から査定を受けることが確実です。

 

多少手間はかかりますが、先述したように、下取り査定を受けた後、買取門店の査定を受けしっかりと比べるようにしましょう。

 

さらに、必要事項の入力が1度ですみ、部数の買取業者査定依頼の出せる一括査定を上手に利用すれば、あなたの愛車の正確な買取相場を把握することが可能

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

まとめ

車を買い替えることは、人生のうちでそう何度もあることではありませんし、新しい車に買い替えるというワクワク感もあり、つい販売店が言うがままに、下取りをお願いしていまいがちです。

 

しかし、損をせず、納得して愛車を買い替えるためには、購入する車の見積もりと下取り車の査定見積もりを分け、さらに買取専門店の査定を受ける必要があります。

 

少しでも高い金額で手放したいのであれば、何もせず受け身でいてはいけません。

 

せっかく大切にしてきた愛車を手放すのですから、時間に余裕を持って行動し、適正な査定額で手放せるよう、能動的に動いてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車下取りの価格相場を一番簡単にシンプルに知る方法を徹底解説
自分の車の下取り価格が適正なのか見極めるために大事な「下取りの価格相場」の調べ方を解説いたします。また、最終的にはあなたが満足して車を高く下取りしてもらうための方法をお伝えします。
ディーラー下取りの4つのメリットと6つのデメリットとその回避策
ディーラーで下取りをすることによって得られるメリットやデメリットを中心にご紹介していきます。
車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法
車下取りに関する損得が分かり、最終的には車を適正な価格で下取りできるようになります。
車下取りの注意点/必ず知っておきたい下取り査定額の裏側
車下取りにおける唯一の注意点「下取り査定額」にフォーカスを当てて、分かりやすく解説していきます。
ディーラー営業マンに聞いた!車下取りの査定額を上げるコツ
車の下取りにフォーカスして査定額を高くする方法について徹底解説します。下取りに出す前に一度ご覧いただけると幸いです。
車下取りの引き渡し/ガソリンほぼ無しの状態でも大丈夫なの?
車下取りにといて「ガソリン量」はまったく気にする必要がありません。ただ、世間の常識はどうなのかなど気になる人もいらっしゃると思いますので、現役のディーラー営業マンにヒアリングしてきましたので、そのままお伝えします。
車下取りした時に自動車税は戻ってくるの?請求してもいいの?
一般的に自動車税は戻ってくるものなのか?還付をディーラーに要求してもいいのか?法律の観点で見ると、戻ってくるのが通常なのか?など、実際に多くの人が疑問に思うことを分かりやすく解説します。
車下取りした時に「リサイクル料金」は返ってくるの?
車を下取りに出す際にはリサイクル料金は戻ってくるのが原則です。原則と記載したいのは、中には査定額に含まれていたり、ディーラーから何も説明がない可能性もあり、知らないと損することにもなりかねません。
車下取りした時の消費税や税金は大丈夫?どういう人が対象になるの?
もそも車売却で得たお金は税金対象なのか、どういう状況であれば税金が掛かってくるのかについて解説します。
みんな本当にやってるの?車下取りで得た利益の確定申告について
下取りなどで自動車を売ると、その売却代金が所得と見なされるので、税金が発生することになります。そのため、個人であっても確定申告を行う必要が出てきます。ただし、ほとんどの人は税金を気にする必要はない=確定申告をする必要がありません。どういった人が税金が掛かりどういった人が確定申告をする必要があるのかについてお伝えします。
車下取り時にカーナビなどのパーツは外したほうが得する?損する?
どういったパーツやオプションであれば、プラスになるのか、もしくはならないのかについてお伝えします。また、最終的にあなたの車が高く下取りしてもらえるように、知っておいてほしいテクニックについても合わせてお伝えします。
車下取りに純正ホイールだと下取り査定額はプラスに働くの?
車下取り時にどういったホイールであれば、プラス材料になるのかについてお伝えします。また、最後にはあなたの車を高く売るテクニックについてお伝えします。
車下取りのキャンセル可否とより高く売るおすすめ方法を紹介
下取りのキャンセルはどういう状況であればOKでどういう状況であればNGなのかについて徹底調査しました。
車下取りの代車/どのディーラーでも貸してもらうことはできるの?
傷やへこみは車下取り査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?
車下取りに出す際にお得になる方法はもちろんのこと、「傷が付いている車」の下取り査定について解説していきます。
車下取りに参考価格を調べるオススメの方法と高額査定のポイント
今回は自分の車下取り参考価格を調べる方法や、より高く査定してもらうためのポイントについてご紹介していきます。