車下取り 消費税

最終更新日:2016年12月20日

車を売るときに関係する税金

車を売るときに関係する税金
新しい車を購入と同時に今の車を下取りに出す人は多いと思います。

 

そこで下取りはお金が手に入るものなので、

  • 消費税は掛からないのか?
  • 所得税などの税金は掛からないのか?

などが気になる人もいるのではないでしょうか。

 

結論からお伝えすると、多くの人は税金は気にする必要はなく、それらの税金は掛からないと考えてOKです。

 

そこで本記事では、そもそも車下取り(売却)で得たお金は税金対象なのか、どういう状況であれば税金が掛かってくるのかについて解説します。

 

また、最後には下取りよりも高く売却できる方法も合わせて解説します。

 

車下取りのお金は税金対象だが・・・

車下取りのお金は税金対象だが・・・
まず最初に車を売るときは税金の対象になるのかについてお伝えします。

 

結論から言うと、自動車を売却して利益が出るのであれば、課税対象となり税金を支払う必要が出てきます。主なものとしては、消費税と所得税です。

 

車下取りの時に消費税が対象になる人

まず消費税からですが、全ての人払わなければならないわけではありません。

 

消費税が課せられる対象となるのは、事業としてその物品を販売している人や法人に限られるからです。

 

つまり、一般的な使用目的(レジャー目的、通勤用)のために車を持っていて、それを売るのであれば事業用ではありませんので、消費税が課せられることはありません。

 

車下取りの時に所得税が対象になる人

次に所得税ですが、通勤用であれば非課税となり、それ以外の用途であれば課税対象(譲渡所得)です。

 

どれぐらい掛かるかですが、下記のとおりです。

<購入してから5年以内に売却する場合>
譲渡所得=(売却価格-簿価)-特別控除:50万円
<購入してから5年超えで売却する場合>
譲渡所得=((売却価格‐簿価)‐特別控除:50万円)÷2

 

何かここまで見ると難しそうな気がしますが、正直なところディーラーで親切に教えてくれますのであまり心配する必要はありません。

 

【結論】個人用途であれば、下取り時の税金は気にしなくてよい

個人用途であれば気にしなくてよい
ここまでの内容をまとめると、個人用途であれば、下取り時の税金は気にする必要がないということです。

 

税金の計算は面倒な作業ですし、あまり考えない分野なので、税金がかかると言われても困ってしまうことが多いでしょう。

 

しかし、車下取りをする場合には、査定額の中に税金を含めて計算していますので、売り手側が何かの計算をしたり、後に申告をして納付をしなければいけなかったりすることはほとんどありません。

 

査定の計算書の中に、諸費用及び税金という項目があって、そこに記載があればそれで大丈夫ですので、難しく考える必要はないでしょう。

 

法人や事業用の自動車であればディーラーに頼る

法人や事業用の自動車であればディーラーに頼る
基本的には、ディーラーの方で税金の計算などを行って、査定の中に含めてくれますので心配する必要はありませんが、法人として自動車を売却する場合は、事業用の車を下取りに出す場合には、多少事情が異なります。

 

下取りに付けられた価格も売却益として計算する必要が出てきますし、減価償却による自動車自体の価値を考える必要もあります。

 

そのため、しっかりと詳細を確認して、間違いの無い申告ができるようにしましょう。

 

ディーラーでも、法人や事業用車向けの書類を別個に持っていますので、詳細を記載した書類をもらうと良いでしょう。

 

下取り査定額をより高くする方法

もし、下取りに拘らないのであれば、高く売る方法があります。

 

正直なところ、少し手間は増えてしまいますが、車一括査定を利用することをおすすめします。

 

そもそも「車一括査定」を始めて聞く方も多いのではないでしょうか?

 

車一括査定とは、ネット上で「車の情報」と「個人情報」を入れると、その情報にマッチングした買取業者を自動的に探してくれて、同時に査定依頼が行えるサービスです。

 

車一括査定を利用することで、買取業者間も何とかライバルに負けじと買い取ろうとしますので、なるべく高い査定額を出さざるを得なくなり、結果的に車を売るあなたが高く売れることに繋がります。
車一括査定の流れ

 

さらに詳細が知りたい方は「車買取一括査定の見極め方ガイド」をご確認ください。

 

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携業者数がNo.1の300社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:約300社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

【今月のピックアップ】ユーカーパック

ユーカーパック

  • 入力項目が少なく約30秒で完了
  • 申込みと同時に買取相場が分かる
  • 最大1,000社があなたの車に入札!高価買取が期待できる
  • 電話は1本のみ、売るかどうか迷っている人にオススメ
  • ネットオークション形式!あなたは買取額を気楽にチェックするだけ

  https://ucarpac.com/


ユーカーパック

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

 

まとめ

いかがでしたか?今回はディーラーで下取りする際にかかる税金や消費税についてお伝えしました。

 

税金とみるとなんだか難しそうな気がしますが、基本的にディーラーも慣れている為、丁寧に教えてくれます。上手に頼っていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車下取りの価格相場を一番簡単にシンプルに知る方法を徹底解説
自分の車の下取り価格が適正なのか見極めるために大事な「下取りの価格相場」の調べ方を解説いたします。また、最終的にはあなたが満足して車を高く下取りしてもらうための方法をお伝えします。
最低限知っておきたい!車下取りの流れと必要書類一式を徹底解説
最低限知っておきたい車下取りの流れから必要なもの、またお得に乗り換えを行う方法について解説します。
車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法
車下取りに関する損得が分かり、最終的には車を適正な価格で下取りできるようになります。
車下取りの注意点/必ず知っておきたい下取り査定額の裏側
車下取りにおける唯一の注意点「下取り査定額」にフォーカスを当てて、分かりやすく解説していきます。
ディーラー営業マンに聞いた!車下取りの査定額を上げるコツ
車の下取りにフォーカスして査定額を高くする方法について徹底解説します。下取りに出す前に一度ご覧いただけると幸いです。
車下取りの引き渡し/ガソリンほぼ無しの状態でも大丈夫なの?
車下取りにといて「ガソリン量」はまったく気にする必要がありません。ただ、世間の常識はどうなのかなど気になる人もいらっしゃると思いますので、現役のディーラー営業マンにヒアリングしてきましたので、そのままお伝えします。
車下取りした時に自動車税は戻ってくるの?請求してもいいの?
一般的に自動車税は戻ってくるものなのか?還付をディーラーに要求してもいいのか?法律の観点で見ると、戻ってくるのが通常なのか?など、実際に多くの人が疑問に思うことを分かりやすく解説します。
車下取りした時に「リサイクル料金」は返ってくるの?
車を下取りに出す際にはリサイクル料金は戻ってくるのが原則です。原則と記載したいのは、中には査定額に含まれていたり、ディーラーから何も説明がない可能性もあり、知らないと損することにもなりかねません。
みんな本当にやってるの?車下取りで得た利益の確定申告について
下取りなどで自動車を売ると、その売却代金が所得と見なされるので、税金が発生することになります。そのため、個人であっても確定申告を行う必要が出てきます。ただし、ほとんどの人は税金を気にする必要はない=確定申告をする必要がありません。どういった人が税金が掛かりどういった人が確定申告をする必要があるのかについてお伝えします。
車下取り時にカーナビなどのパーツは外したほうが得する?損する?
どういったパーツやオプションであれば、プラスになるのか、もしくはならないのかについてお伝えします。また、最終的にあなたの車が高く下取りしてもらえるように、知っておいてほしいテクニックについても合わせてお伝えします。
車下取りに純正ホイールだと下取り査定額はプラスに働くの?
車下取り時にどういったホイールであれば、プラス材料になるのかについてお伝えします。また、最後にはあなたの車を高く売るテクニックについてお伝えします。
車下取りのキャンセル可否とより高く売るおすすめ方法を紹介
下取りのキャンセルはどういう状況であればOKでどういう状況であればNGなのかについて徹底調査しました。
車下取りの代車/どのディーラーでも貸してもらうことはできるの?