車下取り タイミング

最終更新日:2017年1月22日

車下取りのベストタイミングを徹底解説

車下取りのベストタイミングを徹底解説
車の買い替えは「車の売却」と「車の購入」という2つの要素から成り立っています。

 

車の購入を前提とした車の売却は、一般的に車の下取りと呼ばれています。ディーラー下取りとも言いますよね。

 

そして車の買い替えを検討する多くの方が望むのは「できるだけ高く売却」して「できるだけ安く購入」することだと思います。

 

そのため

・下取り価格を高額査定してもらいたい
・できるだけ購入価格を抑えたい

と一生懸命に知恵を絞っているのではないでしょうか。

 

今回は買い替えの要素の「下取り」についてご紹介していきます。

 

ちょっとしたポイントを抑えるだけで売却の金額を上げて、よりお得に買い替えができるようになりますよ。

 

1.車下取りの査定はタイミング・時期により変わるのか

車下取りの査定はタイミング・時期により変わるのか
「車の購入は3月にするとお得」という言葉を聞いたことはありませんか?

 

これは本当の話で、実は車下取りの場合にも「高く買い取ってもらえる時期」というものが存在します。

 

そのためまずは「そんな時期があるんだな~」とうっすらでいいので頭の片隅に置いておきましょう。

 

では、本題である下取りのタイミングをお伝えする前に、下取り価格がどの様に決めるのかのメカニズムを分かりやすくお伝えしましょう。

 

1-1.下取り価格の決まり方

下取り価格は大きく二つの要素から決められます。

 

一つ目は、その車両の価値です。走行距離や車両のコンディションからその車両の価値が決まりますが、実はその車両の中古車市場での需要が非常に重要なウエイトを占めるのです。

 

そのため、昨今のSUVブームの影響で10年落ち走行距離10万キロのSUVに50万円以上の下取り価格が付く事もあるのです。

 

自分の車にどれほどの需要があるのか、しっかりと見極めておく必要があります。

 

見極め方法は簡単で、中古車検索サイト「カーセンサー」や「Goo-net」や「Goo買取相場」で自分の乗っている車両がどの程度の価格で取引されているのかを確認するだけです。

 

そうすると「年式の割には良い値段で売られているな」とか「安すぎる値段で売られているな」といったことが分かるようになるかと思います。

トヨタ、日産の下取り情報サイトは正直参考にならない

トヨタと日産のサイトが下取り相場が分かるとしてよくネット上で紹介されています。ただし、車を下取り額を算出するのに、重要要素である「走行距離」を入力する項目がありません。また、筆者もいくつかの車種で試してみたところ、かなり低めの下取り額が出ます。
正直なところ、あまり参考にならないというのが筆者の結論です。
トヨタ下取り参考価格情報
日産:下取り参考価格シミュレーション

 

二つ目は、「車両の値引き額ごまかし」というものです。

 

どういうことかお分かりですか?頭に「?」が浮かんでいる方が多いので説明させていただきます。

 

まず新車価格200万円の車両を思い浮かべてください。

 

この車両は車両値引きが10万円、さらに下取り価格が30万円だったとします。

 

その場合200-10-30=160万円ですよね?表面上はなんと2割引きで購入できるため、非常にお得に感じるでしょう。

 

この「お得に感じる」という感覚に付け込んで、車両値引きをごまかしているのです。

 

車両販売の営業マンは「台あたり利益○万円達成」というノルマがあり、できる限り車両値引きをしたくないのが本音です。

 

そのため車両値引きとは関係のない下取り価格を少し多めに提示し、ごまかしてしまいます。

 

逆のパターンもあり、車両値引きを思ったよりしてしまったため、下取り価格を安くして調整なんてこともザラにあります。

 

消費者としては下取りの場合、気をつけておきましょう。

 

1-2.車にも相場がある

下取り価格決定のための要素はお分かり頂けたかと思いますが、先程も軽く触れたように「高く買い取ってもらえる時期」が存在します。

 

それはなぜかというと、車は株と同じように相場があるためです。

 

そのため先程紹介したように「人気のSUVは下取り価格が高い」ことや「時期によって高く買い取ってもらえる」といった現象が起こります。

 

株と同じ相場モノですから「絶対」ということはありえませんが、ある程度の予想はすることができるのです。

 

車下取りを高くするために抑えておくポイントを次章にてご紹介していきます。

 

2.新車の値段も考えると3月がいいが無理に合わせる必要はない

ふじたろう
人気などの要素は非常にアバウトな表現のため、抑えておくべきポイントはひとつ、「高く買い取ってもらえる時期を狙う」ということです。

 

人気は上下しやすい要素で、予想はし辛いですが高く買い取ってもらえる時期は基本的に変わっていません。それでは解説していきます。

 

2-1.新車の値段も考えると3月がいい

新車の購入がお得になる=安く買える時期はズバリ3月です。

 

それはなぜかというと、自動車ディーラーの多くが3月に決算を迎えるからです。なぜ決算期だとお得に買えるのでしょうか。

 

3月は年度の締めであり、同時に自動車ディーラーにとって好成績を収めるための最後のチャンスとなります。

 

自動車ディーラーはメーカーとの契約によって「販売台数目標○台」、「地域での新車登録シェア○%」、「利益目標○億円」といったようにディーラーや店舗ごとにノルマが決められているのです。

 

そしてそのノルマは前年度の実績等を考慮しつつ、最期に猛烈な追い上げをしてギリギリ達成できるかできないかのラインで組まれていることがほとんどであるため、自動車ディーラーにとって非常に厳しい状況となっています。

 

また自動車ディーラーはメーカーとの取り決めノルマが達成できない場合、次年度の販売車両に対するインセンティブ等が削減されてしまう可能性が高いため、何としても達成したいと強く思っているのです。

 

そのため多少通常よりも安く販売してもなんとか登録台数やシェアを達成させたいがために消費者にとって有利な状況が生まれ、消費者はそこにつけ込むことでお得に車の購入ができるのです。

 

そして3月に購入するとお得であるという状況は、車下取りにも同様のことが言えます。

 

3月に自動車ディーラーが販売台数を伸ばしたいがために値引き額を大きくしますが、その額にも限界があります。

 

商売である以上原価割れして販売することはできないからです。そのためさらにお得感を出し、安くするために下取り価格を上げるのです。

 

新車購入時の下取り価格は通常あまり高額な結果が提示されないのですが、この3月においてはまったくの別物であると考えていいでしょう。

 

それだけ自動車ディーラーは必死だということです。

 

もし買い替えや下取りを検討されているのであれば「3月がお得」と覚えておきましょう。

 

さらに詳細が知りたい方は「どうせならお得に買い替えたい!車下取りでお得になるタイミングは?」をご確認ください。

 

2-2.欲しいと思った時が買い時

3月がお得であることは分かったけど、「家族が増えるからそれまで待てない」「転勤するまでには間に合わせたい」など様々な事情で3月以外の時期に買い替えの検討をしなければならない方もいることでしょう。

 

その場合は買い替えに向けて動いてしまってもいいと私は思っています。

 

なぜなら「3月に買い替えをすると確かにお得ではあるが、100万円も200万円も金額が変わるわけではない」からです。

 

実際に3月以外の時期に買い替えをした場合と3月に買い替えをした場合では、その結果に数十万円単位の大きな差がないことが多く、ほとんどの場合5~15万円程度の差額しか生まれません。

 

そのため焦ったり我慢して3月に買い替えるのではなく、買い替えのタイミングが来た時に買い替えるのが無難であるといえるでしょう。

 

心にゆとりをもって買い替えをすることで、思わぬ期待外れ感の防止や注文時の交渉ミスの防止などにもつながります。

 

お得だからと買い替えに焦ったりするのではなく、少し冷静にタイミングを見計らうことも買い替え時には重要になってくるのです。

 

しかし5~15万円の差額は決して小さくないのもまた事実です。

 

次章ではその金額差を埋めるためのテクニックについて説明していきます。

 

3.下取りを少しでも高くするには買取店での査定も行う

下取りを少しでも高くするには買取店での査定も行う
5~15万円の差額を埋めるためにあなたはどのような行動を起こしますか?

 

「値引き交渉をもっと頑張る」「なにかおまけしてもらう」「下取り額アップの交渉をする」など、様々なことを考えるかと思います。

 

しかし上で挙げた方法は、商談の終盤ではあまり効果がないうえに非常に労力を使ってしまう方法であるため、費用対効果を考えるとオススメとは言えません。

 

「だったらどんな方法をとればいいの?」という大きな声が聞こえてきそうです…。

 

3-1.下取りは買取店に比べると安い

疑問の答えは「車買取店に買取査定をしてもらう」ことです。

 

通常車を売却する際は、自動車ディーラーで下取りをしてもらうことが一般的だと思われています。

 

しかしその下取り価格は、車買取業者の買取価格より低いことが多く、車種によっては下取り額と買い取り額に30~50万円もの差がつくこともあるのです。

 

そのため3月に購入をすることが難しく5~15万円の差が出てしまう場合は、車買取業者に買取査定依頼をすることで、差額を埋められる可能性がグッと上がるのです。

 

買い替えの際は自動車ディーラーの下取り査定額と、車買取業者の買取査定額を比較してみてください。

 

きっとその差額にびっくりするかと思います。

 

さらに下取りが安くなるメカニズムが知りたい方は「車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法」をご確認ください。

 

3-2.買取査定は複数社に依頼する

3月に購入できない場合、車買取業者に買取査定依頼をして差額を埋めよう!ということは分かったかと思いますが、ここで最後にひとつアドバイスをさせていただきます。

 

それは「車買取業者の買取査定依頼をする際は、複数社に競合させることで買取査定額が思わぬほど高額になる可能性が高い」ということです。

 

車買取業者は車の買取だけではなく、買い取った=仕入れた車を販売することで儲けを得ています。

 

そして商品の回転率が非常に良いため常に多くの車を仕入れ続ける必要があるのです。

 

そのため車買取業者は同業者同士を競合させることで、予想以上に高額な買取価格が提示されることがあるのです。

 

しかし理屈は分かったかもしれませんが車買取業者を複数社まわり、それぞれと交渉していくことは非常に時間と労力がかかるため、疲れてしまいますよね。

 

そこでオススメなのが「車一括査定サイト」を利用することです。

 

車一括査定サイトはインターネット上で複数社に一括して車買取査定を依頼することができるサイトで、自宅に居ながら申し込みをすることができます。

 

そしてさらに指定した場所で出張査定をしてくれる業者がほとんどであるため、自宅で車買取査定をしてもらうことも可能になります。

 

また複数社を同時刻に依頼をすることでオークション形式の競合も可能になりますので、最短1時間程度で予想より高額な結果を得ることも可能になるのです。

 

時間や労力の節約も大切ですが、簡単に最高の結果を得ることが可能になるため、ぜひ一括査定サイトを利用しましょう。

 

3-3.車一括査定のおすすめは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

 

4.まとめ

今回は車下取りの際にお得になるタイミングについてお話してきましたがいかがでしたか?

 

ポイントを押さえておくことでお得になることが分かったかと思います。では、そのポイントを最後にまとめていきましょう。

  • 車下取りが高くなるタイミングは3月
  • 車下取りではなく車買取をするともっとお得
  • さらにお得になるために複数社で買取査定をする場合は一括査定サイトを利用する

これだけのポイントを押さえていればきっとお得な買い替えが可能になるかと思います。

 

ぜひタイミングを考え、自分にとって最も良い結果を生み出しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車下取りの価格相場を一番簡単にシンプルに知る方法を徹底解説
自分の車の下取り価格が適正なのか見極めるために大事な「下取りの価格相場」の調べ方を解説いたします。また、最終的にはあなたが満足して車を高く下取りしてもらうための方法をお伝えします。
ディーラー下取りの4つのメリットと6つのデメリットとその回避策
ディーラーで下取りをすることによって得られるメリットやデメリットを中心にご紹介していきます。
最低限知っておきたい!車下取りの流れと必要書類一式を徹底解説
最低限知っておきたい車下取りの流れから必要なもの、またお得に乗り換えを行う方法について解説します。
車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法
車下取りに関する損得が分かり、最終的には車を適正な価格で下取りできるようになります。
車下取りの注意点/必ず知っておきたい下取り査定額の裏側
車下取りにおける唯一の注意点「下取り査定額」にフォーカスを当てて、分かりやすく解説していきます。
ディーラー営業マンに聞いた!車下取りの査定額を上げるコツ
車の下取りにフォーカスして査定額を高くする方法について徹底解説します。下取りに出す前に一度ご覧いただけると幸いです。
車下取りの引き渡し/ガソリンほぼ無しの状態でも大丈夫なの?
車下取りにといて「ガソリン量」はまったく気にする必要がありません。ただ、世間の常識はどうなのかなど気になる人もいらっしゃると思いますので、現役のディーラー営業マンにヒアリングしてきましたので、そのままお伝えします。
車下取りした時に自動車税は戻ってくるの?請求してもいいの?
一般的に自動車税は戻ってくるものなのか?還付をディーラーに要求してもいいのか?法律の観点で見ると、戻ってくるのが通常なのか?など、実際に多くの人が疑問に思うことを分かりやすく解説します。
車下取りした時に「リサイクル料金」は返ってくるの?
車を下取りに出す際にはリサイクル料金は戻ってくるのが原則です。原則と記載したいのは、中には査定額に含まれていたり、ディーラーから何も説明がない可能性もあり、知らないと損することにもなりかねません。
車下取りした時の消費税や税金は大丈夫?どういう人が対象になるの?
もそも車売却で得たお金は税金対象なのか、どういう状況であれば税金が掛かってくるのかについて解説します。
みんな本当にやってるの?車下取りで得た利益の確定申告について
下取りなどで自動車を売ると、その売却代金が所得と見なされるので、税金が発生することになります。そのため、個人であっても確定申告を行う必要が出てきます。ただし、ほとんどの人は税金を気にする必要はない=確定申告をする必要がありません。どういった人が税金が掛かりどういった人が確定申告をする必要があるのかについてお伝えします。
車下取り時にカーナビなどのパーツは外したほうが得する?損する?
どういったパーツやオプションであれば、プラスになるのか、もしくはならないのかについてお伝えします。また、最終的にあなたの車が高く下取りしてもらえるように、知っておいてほしいテクニックについても合わせてお伝えします。
車下取りに純正ホイールだと下取り査定額はプラスに働くの?
車下取り時にどういったホイールであれば、プラス材料になるのかについてお伝えします。また、最後にはあなたの車を高く売るテクニックについてお伝えします。
車下取りのキャンセル可否とより高く売るおすすめ方法を紹介
下取りのキャンセルはどういう状況であればOKでどういう状況であればNGなのかについて徹底調査しました。
車下取りの代車/どのディーラーでも貸してもらうことはできるの?
傷やへこみは車下取り査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?
車下取りに出す際にお得になる方法はもちろんのこと、「傷が付いている車」の下取り査定について解説していきます。
車下取りに参考価格を調べるオススメの方法と高額査定のポイント
今回は自分の車下取り参考価格を調べる方法や、より高く査定してもらうためのポイントについてご紹介していきます。