車売る4つの方法とベストチョイス・必要書類を元営業マンが徹底解説

車を売る4つの方法と注意点の全知識

最終更新日:2019年2月26日

車を売る4つの方法と注意点の全知識
車売るなら少しでも高く売って、確実にお得になりたいですよね。

 

とはいえ実際に高く車売る方法など分からないでしょうし、その手順なんてもっと分からないでしょう。

 

つまりあなたは、下記の内容を知ることができれば満足できますよね。

車を売るときに抱える悩み

  1. 車を高く売る方法は?車売る方法別のメリットやデメリット
  2. 具体的な高く車売るための手順や流れ
  3. 車売る際の必要書類
  4. 損しないために必要なこと

そこで今回は元ディーラー営業マンである筆者が、車売る方法や必要書類、手順などについて「あなたにとってベストな方法」を詳しく解説していきます。

 

初心者でも分かるように、そして絶対に最もお得な条件で車売ることができるように解説していきますから、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大2,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

車売る方法は4つある

車売る方法は、主なもので4つあります。

 

まずはその4つについて、簡単にメリットやデメリットなどを一覧表にまとめましたのでご覧ください。

車売る方法 メリット デメリット オススメの人
方法1
ディーラーの下取り
・新車購入をする場合スムーズに商談が進む・もともと付き合いがあれば気楽に商談できる ・査定額が安くなりやすい・新車値引きをせず、下取りでお得感を出される ・安くなったとしてもスムーズに商談を完了させたい人
方法2
車買取店の買取
・ディーラーよりも高く査定してもらいやすい・競合させることで最高額が出やすくなる ・余計な営業をかけられる・初めて行く買取店では完全にアウェーになる・競合させるのが面倒くさい ・少しでも高く売ってお得になりたい人
方法3
個人売買
・自由に値付けができるため、高く売れる可能性は高い ・陸送や名義変更など、重要な手続きが多い・その分責任が重くなる・万が一失敗すると多額の損害賠償請求をされかねない ・車の手続きに関するプロのみ
方法4
車一括査定
・車買取店を一気に競合させられる・複数の買取店を探す手間がかからない・短時間で申し込みができる ・申し込み後にしつこくアポ取りの電話がかかってくる ・1円でも高く車売りたい人・買取業者を何社もまわるのが面倒くさい人

ご覧になると、何となくイメージできますよね。

 

念のため、それぞれの方法を分けて以下に説明していきましょう。

 

方法1.ディーラーによる下取り

ディーラーによる下取りは、正直なところ筆者としてはあまりオススメしていません。

 

なぜならディーラーの下取りはデメリットにも書いてあるように、査定額が比較的安くなりやすいからです。

 

その理由は単純で、ディーラーは「新車販売にばかり力を入れているから」です。

 

一体どういうことなのかというと、ディーラーは新車販売そのものの利益や、メーカーから課された販売台数などのノルマを達成することで、報奨金などを得ています。

 

つまり新車の販売が収益のメインといえ、逆にその他の分野に注力する余力があまりないのです。

 

その結果として、中古車在庫の源泉となる下取りについてもあまり力を入れておらず、結果的にどうしても査定額が安くなりやすいのです。

 

もちろん長年の付き合いによって高額査定が提示されることも無くはないのですが、ディーラーから見て

ディーラー上顧客の条件

  1. 保有台数が多い
  2. 最低でも3~5年の付き合いはある

など、上顧客であると判断されなければ、高額査定となる可能性は低いといえるでしょう。

 

また仮に下取り査定で高い金額が出たとしても、それは「新車値引きをしない代わり」となっていて、実際にはあまりお得ではないケースが圧倒的に多いです。

 

そのため総合的に見てみると、ディーラーの下取りはあまりお得ではないため、筆者としては積極的にオススメしません。

 

ディーラーの下取りについては「「車下取りは安い」に騙されるな!買取との違いをぶった切り」でさらに詳しく解説しています。

 

方法2.車買取店による買取

車買取店はディーラーとは異なり、買い取った車を中古車として再販することで生計を立てています。

 

メーカーからの報奨金などはありませんから、結果的に中古車販売を頑張らなければ生きていけないというわけですね。

 

そのためディーラーと比較すると高額査定になりやすいという特徴を持っています。

 

また昨今の中古車人気の影響から、車買取店では在庫車不足に陥っているケースが非常に多く、売るための車が無い=利益につながらないという現状があります。

 

その結果としてどの車買取店も在庫車確保に必死になっていますから、競合させると徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の価格=最高額を引き出すことも可能です。

 

ですから筆者としては、車売る方法としてはかなりオススメの方法だと断言します。

 

方法3.個人売買

先に結論を述べておきますが、個人売買は「プロ以外には絶対にオススメできない方法」といえます。

 

なので、今この記事をご覧になっているあなたは、個人売買にだけは手を出さないように注意してください。

 

その理由は簡単で一覧表にもある通り「責任が重くなる=リスクが増大する」といえるからです。

 

というのも個人売買ではあなた自身が自由に値付けをして、自由に売買することができますから「高額で売却できる可能性」というものはあります。

 

しかし一方で、陸送の手配やメンテナンス、名義変更手続きなどの「プロが生業にしている業務」をしなければなりません。

 

そしてこれらの手続きがすべて上手くいかなければ、返金のみならず損害賠償にまで発展してしまう可能性があるのです。

 

そのためプロではないあなたでは、まったくもってオススメできないと思ってください。

 

個人売買については「個人売買で車を売ることは可能!手続き方法と注意点を徹底解説」で詳しく解説しています。

 

方法4.車一括査定

車一括査定とはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携している複数社の車買取店に対して、一括して査定依頼ができます。

一括査定とは、あなたの車の情報と住所をネット上で入れると、あなたに車にマッチするお近くの買取業者を自動的に複数社マッチングしてもらえるサービスです。
車一括査定の流れ

つまり車買取店で説明したように競合させると自力で何社も探さなければなりませんが、車一括査定なら「一気に探して一気に競合させられる」という特徴を持っているのです。

 

そのため筆者としてはラクに最高額が引き出せるため、車一括査定をオススメしています。

 

ただしデメリットとして紹介しているように、車一括査定では申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってくることが一般的です。

 

そのため電話を嫌がって利用しない人もいるのですが、それではもったいないのも事実。

 

というのも、車買取店としては申し込みをしてくれたお客様に対して、アポ取りがしたいだけですから、アポを先に取らせてあげれば「その後しつこく電話がかかってくることはない」といえるのです。

 

そのため車一括査定は非常にオススメですが、利用前にアポ取り用の日時をしっかり決めてから申し込みをするのがオススメなのです。

 

ちなみに後ほど詳細な手順については解説しますが、アポ取りの日時はすべての業者で「同日・同時刻」で構いません。

 

以上、車売るための方法について紹介してきましたが、筆者がプロ目線で見ると「車一括査定」もしくは「車買取店による買取」がオススメです。

 

とはいえ先ほども少しだけ触れた通り、ディーラーの下取りでも査定額が高い場合ならオススメのような気がしますよね。

 

特に「新車値引きでどうこう言われても、査定が高ければいいじゃん!」と思ったかもしれませんね。

 

そこで次章では下取りがあまりオススメではない理由について、もう少しだけ踏み込んで紹介していきます。

 

下取りの方が高い場合もあるけど…その時は下取りの方がオススメ?

下取りの方が高い場合もあるけど…その時は下取りの方がオススメ?
下取りの方が車買取店よりも高くなるケースは少なくありません。

 

しかしそのほとんどのケースで、「下取り損」という仕組みが作用しています。

 

まずあなたがディーラーで新車を購入して下取りを依頼する場合には、「購入」と「売却」という2つの要素が一度の商談で同時に発生しますよね。

 

その場合、ディーラーの営業マンが考えることは「新車の利益を守る」ということです。

 

なぜなら営業マンにとっては、新車の販売利益を確保することで自分の給料につく販売手当てが多くなるからです。

 

そのため新車の値引きだけは絶対にしたくないと思っているのです。

 

とはいえそれではお客様は車を買ってくれません。

 

そんな時、例えば限界の査定額が20万円だったとしても、見積もり上で「30万円」下取り額を無理やり高くしてしまうのです。

 

なぜなら新車の営業マンにとって、下取りは「あまり重要ではないノルマだから」です。

 

それだけ聞くと、なんだかお得なような気がしますよね。

 

しかし現実的に考えると、下取りを多くする分よりも、本来値引きができる幅の方が大きいのです。

 

つまり実質的にはあまりお得になっていないのです。

 

そのため筆者としては、車の購入と売却をセットでするのではなく、分けてすべきだと結論付けています。

 

ただし資金的に余裕のある人にとっては、ディーラーで少し損をしたとしても「スムーズに商談が完了する」という点は大きなメリットでもあります。

 

そのため損得に大きなこだわりがない場合に限り、自信をもってオススメします。

 

ディーラーの下取りが安い理由は「車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法」で解説しています。

 

また、新車の値引きを最大限引き出す方法は「新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ」で詳しく解説しています。

 

ここまでご覧になると、お得に車売るためには「車一括査定を利用する」というのが最も向いていることは理解できましたよね。

 

とはいえただ利用するだけで最高額が得られるというわけではありません。

 

そこで次章では、実際に車一括査定を利用して最高額を引き出すための、最も簡単な方法について紹介していきましょう。

 

最高額で車売るための5ステップ

最高額で車売るためには、下記の通りの手順を実践してください。

最高額を引き出す5ステップ

  1. 事前にアポ取りの日時を決定する
  2. 車一括査定に申し込み、3~5社を選択する
  3. 同日同時刻に出張してもらった業者に対して、名刺裏に査定額を記載してもらう
  4. 上位2社と再交渉する
  5. 最も高い1社に最後の一押しをお願いする

大きく分けて5ステップですので、以下に分けた説明をご覧になってください。

 

ステップ1.事前にアポ取りの日時を決定する

まずはアポ取りの日時をあらかじめ決めておきます。

 

その理由は先ほども述べた通り、申し込み後すぐにかかってくる電話攻撃を回避するためです。

 

そのため○月〇日〇時というように、必ずアポ取りの日時を決定しておいてください。

 

ちなみにアポ取りの日時に関しては、複数の日数を用意する必要はありません。

 

もし「△月△日なら良いんですけど…」などと言われた場合には、遠慮なく切り捨てて日程の合う業者だけに依頼すればOKだと割り切りましょう。

 

ステップ2.車一括査定に申し込み、3~5社を選択する

アポの日時を決定した後は、実際に車一括査定へ申し込みをします。

 

その際、地域差はありますがほとんどのケースで3~20社前後が選べるようになっています。

 

その中で3~5社を選択してください。

 

そして事前に決めておいた日時で、同日同時刻にてアポ取りをしましょう。

 

ステップ3.同日同時刻に出張してもらった業者に対して、名刺裏に査定額を記載してもらう

同日同時刻に出張してもらったら、各業者があなたの車を査定してくれます。

 

その結果はその場で伝えてもらうのではなく、全社が査定完了次第「名刺の裏に査定額を記載してください」といいましょう。

 

また同時に「上位2社と交渉します」と付け加えておくと、競争原理で初回査定額が高くなります。

 

ステップ4.上位2社と再交渉する

名刺裏の査定額をチェックした後、上位2社と再交渉していきます。

 

再交渉の方法も前回同様に「名刺裏に査定額を記載」でOK。

 

そこで出た金額を見て高い方に依頼すれば、この段階で「ほぼほぼ最高額に近い金額」となっています。

 

ステップ5.最も高い1社に最後の一押しをお願いする

最も高い査定額を提示してくれた1社に対して「最後の一押し」をしていきます。

 

最後の一押しとしては、数千円~3万円程度の範囲で

一押しで伝えること

  1. 正直まだ納得できていない
  2. しかし落としどころとして、キリの良い数字にしてくれれば決める

といった内容を伝えましょう。

 

実際、本当の最高額よりも2~3万円は余裕を見て最終的な金額を提示してくるケースが多いため、基本的にはこのあたりでOKしてくれます。

 

そのため最後まで気を抜かずに、必ず少しでもお得になることをオススメします。

 

この手順通りに実践すれば、ほぼ最高額を引き出すことに成功します。

 

そして契約してしまえば、後は買取店の指示に従って必要書類をそろえ、指示通りの日に車の引き渡しをするだけですべての手続きは完了します。

 

ただ、車一括査定は複数のサービスが存在します。

 

そこでオススメの車一括査定を紹介します。

 

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。

蛇足にはなりますが、家電の最安値を調べるときに重宝する「価格.com」も一括査定サービスを運営していますが、実は裏側は「カーセンサー」のサービスです。(カーセンサーの運営会社は「株式会社リクルートパートナーズ)
価格.comの一括査定注意事項


それだけでも安心して利用できますよね!


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート

車一括査定がしっくりこない時は「車査定・買取のの窓口」

車査定・買取の窓口

 

 特徴①:一括査定のように複数の業者から営業電話がこない
 特徴②:あなたの車の買取を強化している買取店を紹介してもらえる
 特徴③:売却したら1,000円のQUOカードがもらえる


 https://car-soudan-mado.com/

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約49社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

車査定比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:211社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

 

車売る場合の7つの必要書類

車売る場合の7つの必要書類ト
車売る際の必要書類は、下記に挙げた7つです。

車売る場合の7つの必要書類

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. リサイクル券
  4. 自動車納税証明書
  5. 譲渡証明書
  6. 委任状
  7. 印鑑証明書

それぞれ入手方法などを踏まえて紹介しますので、車売る前におおよそのイメージだけしておいてくださいね。

 

車検証

車検証は車の所有者情報などが記載されている書類で、名義変更などをしなければならないため必須です。

 

基本的にはダッシュボード内にて「車検証入れ」と呼ばれる大きな手帳大のケースに保管されています。

 

紛失してしまった場合には、陸運支局にて「理由書」の提出をすると再発行してもらえます。

 

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書も車検証入れの中に保管されていることの多い書類です。

 

紛失してしまった場合は加入している保険代理店または保険会社に連絡すると、1週間~1ヶ月程度で再発行してもらえます。

 

リサイクル券

リサイクル券も車検証入れの中で保管されていることの多い書類ですが、この書類は「紛失してしまっていても大丈夫」という書類です。

 

というのも買取業者はこの書類に書かれた「預託金」という金額さえ知れれば問題なく、業者はネットから簡単に金額を確認できるからです。

 

そのため特別なチェックは基本必要ないと思って大丈夫です。

 

自動車納税証明書

俗に「納税証明」と呼ばれる書類ですが、コチラはレシート大の小さな紙きれであるため、紛失してしまう可能性が極めて高いです。

 

そして紛失してしまった場合ですが、実は都道府県税事務所にて専用端末から無料ですぐに再発行可能なので安心してください。

 

またそれほどまでに簡単な手続きであるため、基本は担当者が無料で代行してくれるケースが多いです。

 

譲渡証明書

譲渡証明書は名義変更をするために必須の書類です。

 

担当者から無料で入手できますから、所有者であるあなたの氏名や住所の記入とともに、実印を押印して提出してください。

 

また仮に所有者がローン会社などの場合には、ローン会社に連絡すると残債の確認の後、2~3日で実印押印済みの譲渡証明書を送付してくれますから、それを提出してください。

 

委任状

委任状は名義変更手続きを車買取店に代行してもらうために必要な書類で、コチラにも所有者の実印を押印しなければなりません。

 

そして入手方法は譲渡証明書と同じであるため、あなたが所有者なら担当者から無料入手ができますし、ローン会社などが所有者の場合には送付してもらえます。

 

印鑑証明書

印鑑証明書は、譲渡証明書や委任状に押印した実印の証明のために必要な書類で、市区町村役場または出張窓口から200~300円で入手可能です。

 

ただしこちらもローン会社などが所有者となっている場合には、譲渡証明書や委任状とともに送付してもらえますから安心してください。

 

車を売るときの必要書類は「車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説」でさらに詳しく解説しています。

 

まとめ

以上、車売る方法や必要書類に関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

タイトル

  1. 車売る方法には4種類あるが、その中で最もオススメなのは「車一括査定の利用」であり、最もラク&確実に最高額を引き出すことができる
  2. 稀にディーラーによる下取りが高くなるケースもあるが、購入値引きなどを加味すると「実はお得になっていない」という可能性が極めて高いため、オススメではない
  3. 最高額を引き出す場合には、車一括査定利用時に「同日同時刻でアポ取り」をして、各者を一気に競合させるのがオススメ
  4. 必要書類は7種類で、自力で用意する書類は極めて少ない
このエントリーをはてなブックマークに追加  

車を高く売る為に役に立つ記事

最終更新日:2019年2月26日車売るとき、できれば高く売りたいですよね。そのためには「高くなる時期を選んで、いいタイミ...

最終更新日:2017年5月9日車買取の際は営業トークに要注意?営業トークから上手く逃げよう!車買取の依頼をすると担当営業...

最終更新日:2017年3月11日車査定前の洗車は必須なの?車査定を検討する際、なんとしてでもお得になりたいと思いませんか...

最終更新日:2018年12月28日車を持っていると、必ず避けて通ることのできないのが車検です。車の所有者に課せられた義務...

最終更新日:2019年2月10日車を売る場合のオプション品について車を売ろうと思った際にオプション品はしっかりと査定額に...

最終更新日:2017年3月30日ワンオーナーの車査定でお得になる方法は?あなたが車の購入をした際、中古車にしようか迷った...

最終更新日:2019年2月26日車査定を依頼するとき、何か項目ごとに加減点がされていることは簡単にイメージできます。その...

最終更新日:2016年12月21日車査定の匂いと査定額の関係について車を売ろうと考えて査定依頼したのはいいけど、車内の匂...

最終更新日:2016年12月21日車買取店とオークション代行車を高く売る方法として、車買取店はもちろんオークション代行が...

最終更新日:2018年11月25日そろそろ車が古くなったので新しい車に買い替えよう、でも今の車は10年落ち、10万キロ以...

最終更新日:2017年3月17日初度登録から10年以上経過した車査定車査定を受ける際、査定額を決定づける要因は何があるか...

最終更新日:2017年3月17日引越しのタイミングで車を売るときのおすすめ方法会社から転勤命令や転職、結婚を機に引っ越し...