車査定 洗車

最終更新日:2017年3月11日

車査定前の洗車は必須なの?

車査定前の洗車は必須なの?
車査定を検討する際、なんとしてでもお得になりたいと思いませんか?

 

しかし「このようにすると得になる!」「このようにしては損だ!」など様々な情報が飛び交っており、中には「これって本当なの…?」という信ぴょう性が定かではない情報も多くあります。

 

そんな信ぴょう性が定かではなく、オカルト的要素の強い情報の代表格といえば「車査定前の洗車」でしょう。

 

おそらくあなたも本当に洗車をすればお得になるのか、特に影響はないのか分からず車査定に対して迷いが生じているのではないでしょうか。

 

そのため

  • 車査定前の洗車について本当のことを知ってスッキリしたい
  • 査定士に伝えることでお得になることはあるのか
  • お得になるにはどんな方法が有効なのか

という疑問も同時に湧いてくるでしょう。

 

そこで今回は車査定前の洗車について詳しく解説していきます。

 

オカルト的な情報で迷っていた気持ちがスッキリし、お得に車売ることができるようになりますよ!

 

気楽に読めるよう、簡単にまとめていますのでスラスラ読み進めてくださいね。

 

1.車査定前に洗車をした方が良いのか

車査定前に洗車をした方が良いのか
車査定時の洗車について多くの議論があります。

 

一方では「車査定前の洗車で査定額が高くなる」と言い、もう一方では「査定項目に関係ないのだから洗車をしても査定額に影響はない」と言われるため、どちらの情報が信用できるのか迷ってしまいますよね。

 

きっとあなたもその一人だと思います。

 

そこで本章では中古車査定士資格を持ち、数々の車査定に携わってきた筆者の友人に、その疑問を解消すべく「本当のこと」をヒアリングしてみました。

 

1-1.洗車をした方が査定額にプラスになる?

結論から先に述べますと、車査定前の洗車は「厳密に言うと影響はない」が正解です。

 

なぜなら車査定は一般的にJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)の査定基準や項目に沿って行われ、定められた項目に「洗車の有無」は無いからです。

 

そのため加減点方式で行われている車査定において、項目に無い洗車は加点も減点もされることはありません。

 

つまり「影響はない」といえるのです。しかし先程「厳密に言うと」と述べたことを思い出してください。

 

実は項目にはない洗車ですが、洗車をしておくことで査定額が間接的にプラスになる可能性が高くなるのです。

 

それは一体どういうことかというと、「査定士も人である」ということに関係してきます。

 

査定士はあくまで客観的な評価に基づいて車査定をしなければなりませんが、実際には「綺麗に洗車されている車=手入れの行き届いた状態の良い車」と判断し、他の査定項目を甘めに評価することが多いのです。

 

逆に洗車されていない車は「雑に扱われているため状態が良くない(はずである)」という主観や先入観が邪魔をして厳しい評価をする傾向にあります。

 

そのため車査定前にはできる限り入念に洗車をし、綺麗にしておくことで間接的に査定額アップに繋がるのです。

 

また洗車以外にもプラス査定の要因になるものがありますので、次章でご紹介していきます。

 

2.洗車以外でプラス査定してもらうために実施すべき3つの事

洗車以外でプラス査定してもらうために実施すべき3つの事
前章では洗車が査定額に与える影響について解説してきましたが、実は洗車以外にも直接的・間接的にプラス査定をしてもらうポイントはあります。

 

それは下記の3点です。

  1. 純正戻し
  2. ステッカーはがし
  3. 車内清掃

これらは全て「洗車並み」に簡単な作業で済み、全て上手くいくと数万円分の査定額アップが期待できますのでぜひ実施してください。

 

それでは、それぞれの詳細を説明していきます。

 

2-1.純正戻し

純正戻しとは、今ある状態から新車購入時の状態に戻すことをいいます。

 

つまり「社外品のカスタムパーツなどを取り除いた状態戻すこと」をいうのです。

 

なぜお金をかけてカスタムしたパーツを取り除き、純正状態に戻すことでプラス査定に繋がるのか分かりますか?

 

実は車買取して中古車として再販する際、需要があるのは「純正のままである車両」であるため、買取価格が高くなるのです。

 

逆に高価な社外品ばかりでカスタムされている車は通常の車査定額よりも低くなる傾向にあります。

 

そのためできる限りカスタムパーツを取り除き、純正品に戻しておく必要があるのです。

 

しかし純正品を保管しておらず無くしてしまった場合に、新しく純正品を購入するとかえって損してしまいますのでそのまま車査定することをオススメします。

 

2-2.ステッカーはがし

あなたの車にはステッカーが貼られていませんか?

 

「Cild In Car」など、後から貼り付けたステッカーは「外装やガラスを元の状態に戻す」という名目のもと減点の対象となってしまう場合があります。

 

そのためはがしておくことをオススメします。

 

金額的には数千円程度の減点となりますが、数分の作業で数千円の減点を回避できると思えば安いでしょう。

 

こちらは先程述べた「純正のままの車両に需要がある」ということと同様の理由からお得になると考えましょう。

 

しかし車購入時から貼り付けてある燃費達成率や環境性能等のステッカーは純正とみなされますのではがさなくても大丈夫ですよ。

 

2-3.車内清掃

社内清掃は洗車と同様の効果を持ちます。

 

むしろ車査定前に洗車をしたにもかかわらず車内が汚いという状態では、査定士に「この人は雑に扱っているのに、綺麗に見せかけようとした」と印象を悪くしかねません。

 

あくまで客観的な評価基準にのっとって行われる車査定であっても、査定士は「偽っている」という先入観から高評価に繋がりづらくなってしまいます。

 

洗車と清掃はセットで考えましょう。

 

以上が洗車以外に実施することでプラス査定に繋がるポイントでした。

 

これらは実施することがそれほど難しくないため、車査定前に確実な実施をしておきましょう。

 

しかしプラスになるためには良いことを伝えなければなりません。また逆に都合の悪いことを隠してしまえばマイナスになることはないかもしれません。

 

これらの伝えるべきことを次章で解説していきます。

 

3.車査定のとき査定士に伝えるべきこと

車査定のとき査定士に伝えるべきこと
車査定の際、「アピールすることでプラスになるポイント」と「申告することで損をするポイント」があります。

 

その事実を知ると「損をすることは申告したくない」と思いませんか?

 

しかし「伝えないことで大きな損をする可能性が高くなる」ため、これらは全て伝えておきましょう。

 

その詳細と理由については今から説明していきます。

 

3-1.査定額がプラスになるもの

査定額がプラスになるものは積極的にアピールしていく必要があります。

 

そのアピールポイントとは「純正であること」です。

 

先程も述べましたが中古車として再販する際は純正であることで高い需要を得られます。
そのため純正であることについては積極的にアピールしていきましょう。

 

また純正かつ「特別仕様」である場合も、やはり高い需要があるため存分にアピールするべきです。

 

他にも最近の車によく装備されている安全装備などは高評価を得やすいのでアピールしていきましょう。

 

3-2.査定額が低くなっても隠してはダメ!

アピールするポイントに関しては積極的にできるかと思いますが、事故歴や修復歴についてはあまり申告したくないですよね。

 

しかし申告をせずに隠して車査定を受けた場合、ほぼ100%の確率で査定中にバレます。

 

なぜなら中古車査定士は車の各部を見ることで事故歴や修復歴等の有無を判断することができるからです。

 

結果的にバレた場合は通常の減額はもちろんですが、査定士に「その他の部分も虚偽の申告をしている可能性がある」と思われ、非常に厳しく評価をされてしまいます。

 

その結果正直に申告した場合よりも減額されてしまうのです。

 

明らかに減額される要素の「事故歴」「修復歴」「その他車の不具合」については先に申告しておくことで、必要以上に損をすることはなくなります。

 

隠したい気持ちは抑えて、絶対先に申告しておきましょう。

 

4.査定は車の状態だけで決まらない

査定は車の状態だけで決まらない
ここまで車査定において損をせずできる限りお得になるよう解説してきましたが、実はもっと簡単な方法を利用することで査定額のアップができることを知っていますか?

 

その方法は以下に記載しますのでご覧になってくださいね。

 

4-1.車査定額を上げるには競合させるのが一番

まず車査定額を上げる基本的かつ最も効果的なテクニックは「他社競合させること」です。

 

車買取店は中古車在庫の回転率が非常に高く常に在庫不足の状態であるため、「少しぐらい高くても買い取りたい」という気持ちを強く持っています。

 

その心理を利用して複数社(3~5社)を競合させることで車査定額はみるみる吊り上がっていくのです。

 

その結果、先程までにご紹介した「プラス査定のポイント」を無視できるほどの車査定額になります。

 

車の状態はあくまで「評価の要因」に過ぎず、基本的にはその車の需要と他社競合によってお得になると考えましょう。

 

4-2.他社競合をするなら一括査定がオススメ

他社競合をすることでお得になるということは分かったかと思いますが、ひとつだけ問題があります。

 

それは「複数社をまわるのは面倒くさい」ということ。

 

たしかに1社当たり1時間程度だとしても、3社を2回転と考えると最低6時間は必要になり、スムーズにいかなければ10時間以上もかかってしまいます。

 

それは体力的にも時間的にも消費しすぎですよね。そこでオススメしたいのが「一括査定」です。

 

一括査定はインターネット上のサービスで、車種や年式を入力するだけで複数の車買取店に一括して車査定依頼をすることができるのです。

 

また登録している車買取店は無料の出張査定サービスに対応していますので、自宅にいながら同時刻に複数の車買取店を競合させることが可能になります。

 

その結果時間をかけず複数社による競合をさせることができるため、「短時間に最高の結果を得ることができる」のです。

 

申し込み自体は3分あればできるほど簡単なサービスですから、もし少しでも高くお得になりたいのであればぜひ利用することをオススメします。

 

一括査定のおすすめは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:電話は1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約1分
 入札の最大買取業者数:1,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

楽天オート

 

 特徴①:一括査定の申込みで楽天5ポイント
 特徴②:成約すると楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約70社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート

 

5.まとめ

以上車査定前に洗車をする意味や車査定でプラス査定をしてもらうテクニックについて解説してきましたがいかがでしたか?

 

「査定士も人間である」ということがよく分かったのではないでしょうか。

 

少しでも高く、お得になるためには

  • 洗車は入念に行うこと
  • アピールポイントも隠したいポイントも全て正直に申告すること
  • 一括査定を利用すると非常にお得になること

を意識することで思っていたよりも状況は良くなります。そして満足のいく結果に繋がります。

 

ぜひ車査定の前に本記事を読み返し、少しでも高くお得に車を売ってくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車を売る時期はいつがベストなのか徹底解説【高く売るコツ】
筆者の見解も踏まえて、いつ車を売るのがベストなのかと高く売る為に他に意識すべき項目について徹底解説します。
車買取で価格をアップしてもらう3つの交渉術【査定前に確認】
車買取の価格をアップしてもらう3つの交渉術を紹介します。きっと満足した車売却ができると思います。
車査定で走行距離と査定額の関係について徹底調査
車査定における走行距離と査定額について具体例と走行距離問わずに高く売る方法について解説します。
車を売る前に車検を通すべきなのかについて徹底解説
車を売る前に車検は通したほうがトータルで得するのか否かをシミュレーションを用いながら徹底調査し、さらにおすすめの車を高く売る方法を解説します。
車を売る場合のオプションの扱いについて【知って得する】
一般的にどの様なオプション品やパーツが査定額に反映されやすいのか否か、またオプションに関わらず車を高く売る方法について解説します。
車買取査定で傷はどれぐらい査定額に影響するのか徹底解説
傷が車買取査定にどれぐらい影響するのか、傷は直したほうがいいのかについての見解を説明します。
車の査定額に匂いは影響するのかについて【査定前にチェック】
匂いが査定額にどれぐらい影響するのかについてと匂いを取る方法、また匂い以外にやるべき項目について説明します。
車買取店とオークション代行のメリット・デメリットについて
車買取店とオークション代行のメリット・デメリットと最終的にどちらが得なのか、それとも他にお得な売却方法が無いのかについて説明します。
古い車の買取で損せず高く売る
古い車がどうして高く売れるのかの理由と古い車を高く買い取ってもらう方法について説明します。
引越しのタイミングで車を売るときのおすすめ方法を徹底解説