後から「こんなに掛かるんだったっけ?」を防げる!中古車維持費の全知識

中古車維持費の全知識

最終更新日:2018年12月1日

中古車維持費の全知識
車は家の次に高い買い物と言われるため、欲しい中古車を購入するために貯金をしているという方も多いのではないでしょうか。

 

ところが、税金や燃料代など、車の維持には相応のお金が掛かるため、せっかく購入した車を維持できなくなったり、生活に影響が出てしまっては意味がありません。

 

そこでこれから中古車の購入を検討している方は以下のような悩みや疑問をお持ちでは無いでしょうか?

  • 中古車を購入して維持していくにはどのくらいかかるの?
  • 普通車と軽自動車で維持費はどの程度変わるの?
  • 車にかかる維持費を抑える方法を知りたい

今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、中古車購入後に掛かる維持費にフォーカス。

 

中古車の維持に掛かる費用の種類や節約方法をはじめ、普通車を軽自動車でどの程度維持費に差があるのかに解説していきます。

 

この記事を読めば中古車を購入してからの維持費が理解でき、安心して中古車を購入できるようになりますので、ぜひ最後までお読みください。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

中古車を購入してから掛かる維持費は6種類

中古車を購入してから掛かる維持費は6種類
まずは、これから初めて中古車を購入するという方に向けて、中古車を購入後、維持していくためにはどういった維持費が掛かるのかについて見ていきましょう。

 

結論からお伝えすると、車の維持に掛かる主な費用は下記の6種類です。

中古車を購入してから掛かる維持費は6種類

  1. 自動車税or軽自動車税
  2. 自動車(任意)保険料
  3. 燃料代
  4. 車検代
  5. 消耗品交換代
  6. 駐車場代

上記に挙げた維持費の種類を見ると、頑張って中古車を購入したとしても、維持していくのはとても大変そうと感じてしまうかもしれません。

 

下記表には、具体的にどのくらいの費用がかかるのかの目安をまとめてみましたので御覧ください。

維持費の項目 年間維持費の目安 備考
自動車税or軽自動車税 10,800円~111,000円
自動車(任意)保険料 60,000円~150,000円 7等級、車両保険付帯
燃料代 80,000円~130,000円 10,000km/年、145円/L
車検代 70,000円~100,000円 2年分
消耗品交換代 2万円~3万円 1年分
駐車場代 数千円~15,000円 都心部除く

表をご覧いただいてわかるように、どんな中古車を購入しても、どこに住んでいてもある程度の維持費は覚悟しなければなりません。

 

しかし、ただ闇雲に維持費ばかり心配していては中古車を購入することができませんので、次の章からは、それぞれの維持費について詳しく解説し、節約方法についてもご紹介していきます。

 

中古車維持費についての詳細

中古車維持費についての詳細
例え中古車であっても、購入にはそれなりの出費がかかるものです。

 

さらに購入後にかかる維持費を考えると、車を持つこと自体難しく思えてしまうかもしれません。

 

ですが、お金ばかりが掛かるという心配ばかりしては何も始まりませんし、いつまで経っても中古車を購入することはできないでしょう。

 

そこで、車の維持に掛かるそれぞれの費用をきちんと理解し、しっかり計画を立てることが大切です。

 

それでは、それぞれの維持費について詳しく見ていきましょう。

 

自動車税or軽自動車税

ナンバーが付き、公道を走ることができる全ての車に課税され、普通車には自動車税、軽自動車には軽自動車税が課されます。

 

4月1日時点の所有者(使用者)に、4月1日から翌年の3月31日まで1年間の税金を納税する義務が発生し、5月31日までに納税しなければなりません。

 

税額については以下の表を御覧ください。

排気量 自家用乗用車 事業用乗用車
総排気量1リットル以下 29,500円 7,500円
総排気量1リットル超1.5リットル以下 34,500円 8,500円
総排気量1.5リットル超2リットル以下 39,500円 9,500円
総排気量2リットル超2.5リットル以下 45,000円 13,800円
総排気量2.5リットル超3リットル以下 51,000円 15,700円
総排気量3リットル超3.5リットル以下 58,000円 17,900円
総排気量3.5リットル超4リットル以下 66,500円 20,500円
総排気量4リットル超4.5リットル以下 76,500円 23,600円
総排気量4.5リットル超6リットル以下 88,000円 27,200円
総排気量6リットル超 111,000円 40,700円
軽自動車(平成27年3月までに新規登録) 7,200円 5,500円
軽自動車(平成27年4月以降に新規登録) 10,800円 6,900円

上記税額はエコカー減税の適用や、反対に13年超の車に課せられる重課(増税)が無い標準税額ですのでご注意ください。

 

自動車(任意)保険料

安心して車に乗るために欠かすことのできないのが通称自動車保険と呼ばれる任意保険です。

 

公道を走る車には、もともと自動車損害賠償責任保険(以下自賠責)の加入が義務付けられています。

 

ですが、自賠責は運転者ではなく、交通事故の被害者保護を目的としているため、補償範囲や金額は限定的です。

 

万が一人身事故を起こしてしまった場合や、大きな物損事故を起こしてしまった場合、さらに、あなた自身や同乗者までを補償することはできません。

 

そこで、経済的に許すのであれば、できるだけ手厚い自動車保険に加入しておくと安心です。

 

保険料は保険会社や年齢、加入年数(等級)、車種などさまざまな条件により変わります。

 

7等級で車両保険を付帯した場合の年間に支払う保険料は、20歳以下の方で年間100,000円前後、30代で65,000円前後、60歳以上の方で75,000円前後です。

 

ちなみに、年齢によって保険料が違うのは事故率に起因しており、事故率がもっとも低いのは35歳~39歳で、1年間の保険料は60,000円前後となります。

 

燃料代

当たり前のことですが、走れば走った分だけ燃料は消費し、車を使用しなければ燃料代はかかりません。

 

近年では原油価格の高騰により、車の維持費において燃料代が占める割合が大きくなりつつありますので、特に通勤に使用している方や郊外にお住まいの方に取っては大きな負担となっていることでしょう。

 

そこで、下記には一例として、年間どの程度の燃料代が掛かるのかシミュレーションしてみたいと思います。

年間走行距離 レギュラー使用(145円/L) ハイオク使用(155円/L) 軽油使用(125円/L)
5,000km 72,500円 77,500円 62,500円
10,000km 145,000円 155,000円 125,000円
20,000km 290,000円 310,000円 250,000円

※燃費は10km/Lとして計算
レギュラーを使用する車に載っている方で、年間10,000km走行する方は、145,000円も掛かるため、やはり車の維持費のなかで大きなウエイトを占めていると言わざるを得ません。

 

詳しくは後述しますが、維持費を抑えるためには、燃料代をどう節約するかが大きなポイントになります。

 

車検代

車を所有していると、絶対に避けて通ることができないのが車検です。

 

車検とは、国が定めた最低限の安全基準である「保安基準」に適合しているのかを、定められた期間ごとに検査と確認を行う制度。

 

自家用乗用車の場合、新車で購入した場合の初回は3年で、その後は2年毎に継続検査を受けなければなりません。

 

車検にかかる費用は、どの程度の修理が必要になるのかによって変わってくるため、一概にいくらとは言い切れませんが、車検には車の状態によって変動する整備代や点検料の他に、一律で決められている法定費用があります。

 

そこで、点検料20,000円、整備代15,000円として、車種によってどの程度違うのか下記の表にまとめましたので参考にしてください。

項目 軽自動車 車両重量

0.5t~1.0tまで

1.5t~2.0tまで

2.0t~2.5tまで
自賠責(24ヶ月) 25,070円 25,830円 25,830円 25,830円
重量税(エコカー以外) 6,600円 16,400円 32,800円 41,000円
印紙代(指定工場) 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円
点検料 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円
整備代 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円
合計(車検費用の目安) 67,770円 78,330円 94,730円 102,930円

※自賠責は2017年4月以降始期の保険料です。
※エコカー減税、登録から13年超の重課は考慮していません。

消耗品交換代

燃料代と同じように、使えば使うほど消耗品の交換費用は掛かります。

 

消耗品と主に呼ばれているのは、「タイヤ」「エンジンオイル」「バッテリー」「ワイパー」「ブレーキパッド(ブレーキライニング)」などで、どれも定期的な交換が必要な物ばかりです。

 

下記には、各消耗品の交換頻度と、一般的な工賃込みの価格を一覧表にまとめてみました。

部品 交換目安の距離 交換目安の期間 交換費用
タイヤ 4万km~5万km 4年~5年 4万円~8万円
エンジンオイル 5千km~1万km 半年~1年 数千円
バッテリー 2万km~3万km 2年~3年 5千円~2万円
ワイパー 5千km~1万km 半年~1年 千円~3千円
ブレーキパッド 4万km~5万km 4年~5年 2万円~4万円
ブレーキライニング 4万km~5万km 4年~5年 1万円~3万円

ただし、店舗やブランドによって同じ製品であっても価格は異なりますので、あくまで参考価格とお考えください。

 

駐車場代

持ち家で自宅に駐車場がある方には関係ありませんが、車を所有していくためには、必ず決まった車庫を持ち、車庫証明を取得しなければなりません。

 

自宅のあるマンションやアパートに駐車場が付いているという方は問題ありませんが、自宅から離れた場所で、いわゆる月極の駐車場を借りなければならない方もいらっしゃることでしょう。

 

駐車場代は地域によってまちまちですが、都市部から離れた場所で数千円~15,000円程度です。

 

東京都内や大阪市内の中心部ともなれば、月に数万円以上の駐車場代も覚悟しなくではいけません。

 

また、車庫証明を取得するためには下記の条件を満たしている必要があります。

車庫証明を取得するための条件

  • 自宅(会社・事務所)から保管場所までの距離が2km以内であること
  • 道路から支障なく出入りができること
  • 自動車全体を収容できること
  • 保管場所を使用する権原があること

自宅に駐車場が無いという方は、上記の条件を満たし、賃貸料が安い駐車場を探すようにしましょう。

 

実際に維持費がいくら掛かるのかシミュレーションしてみた

維持費それぞれの詳細がわかったところで、実際には年間いくらの維持費が掛かるのかシミュレーションしてみたいと思います。

 

ですが、上記の詳細説明を見ていただいて分かる通り、車種以外にも年齢や地域、走行距離等によって大きく差が出てしまいますので、ここではある程度条件を絞った状態でシミュレーションしていきましょう。

 

シミュレーションするのは、「軽自動車」「コンパクトカー」「3ナンバーミニバン」の3車種で、使用ユーザーは奥さんとお子さんが1人いる35歳の男性とします。

費用 軽自動車 コンパクトカー 3ナンバーミニバン
自動車税or軽自動車税 10,800円 34,500円 51,000円
自動車(任意)保険料 65,000円 65,000円 65,000円
燃料代 72,500円 96,666円 145,000円
車検代 67,770円 78,330円 94,730円
消耗品交換代 6,000円 8,000円 10,000円
駐車場代 15,000円 15,000円 15,000円
合計 237,070円 297,496円 380,730円

いかがでしょうか?

 

一般的な使用頻度、メンテナンス内容で算出すると、軽自動車であっても年間約24万円程度、1ヶ月に換算するとおよそ2万円程度の維持費が必要ということになります。

 

もちろん走行距離が少ない方であれば燃料代を抑えることができますし、自動車保険なども契約内容や車種によっては半額程度にすることも可能です。

 

ただ、反対に車の状態によってはメンテナンスや修理代が掛かることもありますので、やはり、車を安心して維持していくためには1ヶ月3万円程度は見ておいたほうが良いでしょう。

 

維持費を抑え家計の負担を減らすポイント

維持費を抑え家計の負担を減らすポイント
誰でも車の維持費は抑えたいものです。

 

この章では車の維持費を減らす方法をご紹介していきましょう。

 

使用頻度や走行距離によって維持費は大きく異なる

何度かお話していますが、燃料代や消耗品は車を使用しなければ費用を抑えることができます。

 

とは言え、通勤や家族の送り迎えなど、車を使わざるを得ないという方も多いはずですし、そもそも、車を使用していなくても税金や駐車場代は必要です。

 

そのため、燃料代や消耗品代を節約するため、全く使用しないのは本末転倒。

 

燃料代や消耗品を節約するコツは、無駄なアイドリングをしない、近所への買い物や送迎などでは車を使わないことです。

 

不必要なアイドリングはただ燃料を無駄に消費するだけではなく、エンジンにとっては大きな負担。

 

また、近場の移動が多いと、エンジンが温まり切ることが無いため、燃費が著しく悪くなり、エンジンオイルやバッテリーの劣化を早める可能性が高くなります。

 

近所の買い物や送迎がメインという方は、排気量の小さいコンパクトカーや、そもそもエンジンへの依存率が低いハイブリッドカーがオススメです。

 

キャンペーンやセールを利用して消耗品代を抑える

エンジンオイルやタイヤ、バッテリーなどの消耗品費用を抑える方法は、各店舗で行われているキャンペーンを上手に利用しましょう。

 

効率よくキャンペーンを狙うためには、商品ごとに安くなるシーズンを知ることです。

 

例えばタイヤは、スタッドレスと夏用タイヤを入れ替える時期に合わせて、カー用品店やガソリンスタンドではキャンペーンを行っています。

 

また、「梅雨時期に備えてワイパーを交換しましょう!」という謳い文句で、梅雨入り前の5月から6月に掛けて安売りが行われる傾向です。

 

さらに、冬と夏のボーナス直後には、高額商品が売りやすくなるため、タイヤやバッテリー、高額な洗車メニューなどのキャンペーンも行われています。

 

このように、キャンペーンやセールを上手に利用することで、消耗品に掛かる維持費をグッと抑えることができるのです。

 

税金や車検代は車種や年式によって大きく違う

特別なケースを除き、公道で車を使用している以上、自動車税や軽自動車税を免れることは不可能です。

 

自動車税や軽自動車税を節約するためには、環境性能が優れた車に適用される「エコカー減税」を利用します。

 

しかし、自動車税と軽自動車税の減税は、新車で購入した翌年分にしか適用されないため、中古車を購入した場合にはあまり意味が無いかもしれません。

 

そこで、これから中古車を購入するという方は、減税ではなく税金が増額される重課(増税)に注意しましょう。

 

2019年4月現在での重課率は以下のようになっています。

2019年4月現在の重量税

  • 新規登録から13年を超える自家用ガソリン車・・・概ね15%
  • 新規登録から11年を超える自家用ディーゼル車・・・概ね15%
  • 新規登録から13年を超える三輪以上の軽自動車・・・概ね20%

例えば、ノアやセレナなどの5ナンバーミニバンの場合、もともと39,500円支払っていた自動車税が45,400円となり、5,900円も値上がりしてしまうため、決して軽視できません。

 

ただし、トヨタプリウスやホンダインサイトなどのエコカーについては、現時点で重課されないことになっています。

 

したがって、これから中古車を購入する予定の方は、すぐに税金が重課されない年式を選ぶか、ハイブリッドカーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

自動車(任意)保険自分にあったものを選ぶ

「家族が長年お世話になっている」「知人が代理店をやっている」など、なんとなく自動車保険に加入している方がいると思います。

 

ですが、自動車保険は年齢や車種などの条件によって同じ保証内容でも支払う保険料が違うものですので、自分に合った保険を選ぶことで維持費を抑えることも可能です。

 

万が一の事故を考えると、当然手厚い補償を受けられるほうが安心ですが、手厚くなればなるほど支払う保険料は増加。

 

どこまでの安心感を求めるのかは、個人個人違いがあると思いますが、少なくとも対人と対物補償は無制限のものに入っておくことをオススメします。

 

どうしても保険料を抑えたいという方は、車両保険を付けないという方法が有効です。

 

車両保険とは、愛車の修理費を賄うための保険で、その車両の評価額を上限として支払われます。

 

つまり、仮に車両の評価額が、預金などの蓄えで賄えるような金額であれば、無理に車両保険に加入する必要はないとも言えるのです。

 

このように、補償内容があなたの環境や使用状況、車の価値に合っているかをシッカリ検討することで、保険料をグッと抑えることができます。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

まとめ

車を持っていれば必ず維持費は掛かります。

 

冒頭でもお話したように、せっかく中古車を購入しても維持できなければ意味がありませんし、生活に影響が出るようなことも避けなければなりません。

 

車種やあなたの年齢、使う頻度によって維持費は変動しますが、中古車のローン支払いを除いて、少なくとも2万円~3万円程度の維持費は必要です。

 

もちろん、排気量の大きなミニバンやSUVよりも、軽自動車やコンパクトカー、ハイブリッドカーのほうが維持費を低く抑えられます。

 

ご自分の収入に照らし合わせ、無理のない範囲で維持費が収まるように車種を選ぶことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

【2019年最新】ボディータイプ別のオススメ中古車15選
車ばかりにお金をかけられないため、新車ではなくコストパフォーマンスに優れた中古車の購入を検討しているご家庭も多いと思います。そこで今回の記事では、自動車業界に20年携わってきた筆者の経験を元に、絶対に後悔しない中古車の選び方。そして、オススメできる中古車をボディタイプ別にご紹介していきます。
中古車を選ぶなら下落率の大きい車種にしろ!オススメの全15車種【2019年最新】
近年販売されている車は、燃費や使い勝手といった性能だけでなく、壊れにくい車種が増え、中古車の需要は年々増すばかりです。そのため、この記事をご覧のあなたも、次に購入するのは新車ではなく中古車を検討している方も少なくないと思います。そこで今回の記事では、15年以上自動車業界に携わっている筆者の経験をもとに、後悔しない中古車の選び方とオススメ車種をご紹介します。
ミニバン中古車を購入する場合のチェックポイントと厳選オススメ9車種
毎日の通勤や習い事への送り迎えなど、車は私達の生活に無くてはならない存在です。また、家族とのお出かけや友人とのレジャーなど、車は私達の生活に彩りを加えてくれる存在でもあります。そんなあらゆるシチュエーションにも対応するミニバンは、ファミリーユーザーを中心に人気が高く、新車はもちろん中古車市場にも多くのミニバン中古車が流通。今回の記事では上記のような悩みや疑問を解決するため、ミニバンが日本で支持され、ファミリーカーとしてオススメな理由や、ミニバン中古車のチェックポイントを詳しく解説。さらに、予算別のオススメミニバン中古車もご紹介していきますので、この記事を読めばお得で安心安全なミニバン中古車を購入するため知識が身につきます。
ボディータイプ別でわかりやすい!安くてかっこいい15車種を厳選
リーズナブルな車であっても相応の出費は必要であり、車の購入を検討している方の中には、色々な疑問をお持ちだと思います。そこで今回の記事では、中古車情報サイトの情報をまとめ、安くてかっこいい中古車をご紹介。今回ご紹介する中古車の中には、きっとあなたの希望に合った車種があるはずですので、記事をよくお読みいただき、中古車選びの参考にしてください。
【タイプ別】コスパの良い中古車の見つけ方とオススメ中古車10選
費用を抑え、少しでも納得したものを購入したいという思いは、誰でも持っている当たり前の消費者感覚であり、それが、購入費用のかかる車となれば尚更でしょう。今回は、コスパの良い中古車というテーマにフォーカスし、オススメ車種からコスパの良い中古車の探し方やポイントまで詳しく解説していきます。この記事を読むことで、あなたもコスパの良い中古車に出会える確率が飛躍的に高くなるはずですので、ぜひ最後までお読みください。
大学生にオススメな中古車と気になる維持費を徹底解説
友達とのキャンプや、恋人とのデートなど、もしもマイカーを持っていたら、行動範囲が広がり、今以上に楽しい時間を過ごすことができるでしょう。しかし、大学生や専門学生、正社員ではなくアルバイトの収入しか無い場合、車を購入しようにも、悩みや不安を抱えているのでは無ないでしょうか?今回の記事では、上記のような悩みや不安を解決するため、大学生が車を持つ際に注意したい維持費や、ローンについて解説。また、無理の無い価格で購入できるオススメ中古車を、「50万円以下」「100万円以下」という価格帯別でご紹介していきます。
安心・安全でお得な中古の外車・輸入車を探す3つのポイント
車に対してある程度思い入れが強い方の中には、多くの人が乗っている国産車ではなく、個性的でちょっとおしゃれな輸入車の購入を検討している方も多いはず。今回の記事では、輸入車の中古車を購入する際の注意点や、国産車との違いなどについてどこよりも詳しく解説していきます。新車中古車問わず、これから輸入車の購入を検討している方は、ぜひ今回の記事をあなたにぴったりな輸入車探しの参考にお役立てください。
激安中古車でも安心して購入するポイントとオススメ3車種
購入費用を抑えるために中古車を選択したとしても、中古車の購入には大きな出費を覚悟しなくてはなりません。そこで、価格が激安な中古車を購入したいという方もいらっしゃると思います。今回の記事では上記のような不安や疑問を解決するため、激安中古車の秘密や、安全な激安中古車の探し方、オススメ車種まで徹底解説していきます。
【タイプ別】中古車購入に欠かせないチェックポイントのすべて
家計への負担が少ない中古車は、非常に魅力的な存在です。しかし、購入後の故障や、誰が乗っていたかもわからないということへの不安など、中古車特有のデメリットもあります。そんな中古車を購入しようと検討しているあなたは、さまざまな疑問や悩みを抱えているのではないでしょうか?今回の記事では、お得で安心の中古車に出会うために必要な、中古車と販売店の選び方について詳しく解説。この記事を読んだあなたが、満足する中古車に出会うためのポイントをご紹介していきます。
5万円以内の中古車でも大丈夫?可能性のある3つのリスクと対処法
中古車情報誌や専門サイトを見ていると、10万円や5万円といった価格で販売されている中古車につい目が行ってしまうものです。ですが、車と言えば中古車であっても数十万円以上するのが当たり前という時代です。今回の記事では上記のような悩みや不安を解決するため、5万円以内で購入できる中古車の秘密や、安心して乗るための見極めポイントなどについて解説していきます。
購入後に後悔しない!7人乗り・8人乗りオススメの国産中古車はコレ
毎日の通勤やお買物、塾の送迎、さらに、週末のお出かけなど、今や車は私達の生活になくてはならない存在です。家族が増えた、親御さんと同居をすることになったなど、生活環境の変化に合わせ、車も買い換えねばなりませんが、いくら中古車を選択したとは言え、決して安い買い物ではありません。その際は、やはり少し大きめの7人乗りや8人乗りの中古車を探すと思います。今回の記事では、車業界に18年以上身を置いてきた筆者がオススメする車種と合わせ、予算や使用予定人数などに応じて、どんな車種を選べばよいか詳しく解説しています。
【プロが教える!】安心でお得な中古車の走行距離は何kmなのか
中古車を探すとき、あなたは何を基準に探しているでしょうか?欲しい車種が決まっている場合、次に考えるのが予算と年式、さらに走行距離のバランスを考慮して決めるという方が多いはず。通常、年式が新しく、走行距離が短ければ短いほど価格は上昇していくものですので、購入費用を抑えたい場合には、年式か走行距離のどちらかを妥協することになります。走行距離と販売価格の関係から、お得で安心の中古車を買うためには、「走行距離」をどのように捉えるべきか。さらに、走行距離が多い場合でも、安心できる中古車を見つけるポイントまでを詳しく解説していきます。
中古車販売店が教える!あなたに合った中古車の買い方を教えます
新車中古車を問わず、車は洋服や家電製品とは違い、あなたの財産にもなる人生において2番目に高い買い物ですし、余程経済的に余裕がなければ、衝動的に買えるという物でもありません。そのため、やはり車の購入は慎重にしたいものです。中古車購入の方法もいくつかあります。今回の記事では、それぞれの具体的な利用方法や、メリットとデメリットについてお話していきます。どの方法も一長一短、この記事を読んで、ぜひあなたにピッタリの買い方を見つけてください。
後悔しない!オススメの中古車探し方3つとオススメできない探し方2つ
車は私達の生活になくてはならない存在であり、多くの方が所有したいと思う存在です。しかし、例え中古車であっても決して安い買い物ではありません。そして、せっかく購入するのであれば、自分に合った納得の1台をお得に、且つ安心して購入したいものです。これから中古車の購入を検討しているという方、特に初めて中古車を購入するという方は、悩みや疑問をお持ちではないでしょうか?今回の記事では、中古車の上手な探し方から、安心して中古車を購入するための買い方を徹底的にご紹介していきます。
元中古車販売店が教える!中古車を購入する際のチェックポイント
中古車は新車に比べて価格が手頃で、満足できる1台に出会うことができれば、非常にコスパに優れた買い物です。しかし、中古である以上、販売されている中古車の品質屋程度は千差万別。今回の記事では自動車整備士として20年近く車業界に携わる筆者が、安心安全な中古車を購入するためのチェック項目をご紹介します。専門的な要素が多いと思われがちですが、今回の記事を参考にしていただければ、誰でも間違いのない中古車が選べるようになりますので、ぜひ参考にしてください。
新車を買うべき?それとも中古車?中古車の方がお得になる3つの条件
車を購入する方法には、大きく分けて新車と中古車という2つの買い方があります。どちらを選択するにしても、相応の購入費用が必要なのはもちろん、車の購入は人生のうちでそう何度もあるものではありません。今回の記事では、新車と中古車のメリットをご紹介しながら、それぞれに掛かるコストを徹底的に比較。この記事を読み終えた頃には、あなたは新車と中古車のどちらを購入するべきか、きっと判断できるようになるでしょう。
新古車とは?見つけたら購入すべき3つの理由とレアな新古車を探す方法
これから車の購入を検討している場合、新車にするか中古車にするか迷っている方も少なくないことでしょう。また、お得な中古車は無いかと調べていると「新古車」という言葉を目にすることがあると思います。そこで、今回の記事では、「新古車」について詳しく解説し、メリットやデメリット、さらに新古車を購入する際に気を付けたいことなど詳しく解説していきます。
新車同然でお得な未使用車の賢い探し方とメリット・デメリットを徹底解説
街中にある中古車販売店や、インターネットの中古車情報サイトを見ていると、「未使用車」という言葉を目にすることもあると思います。未使用車という言葉の意味は分からなかくとも、漢字から「使われていない車」ということは予想できると思いますが、本当の意味を知っている方はどれほどいるでしょう?今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、「未使用車とはいったい何なのか?」「どうして安いのか?」さらには、未使用車をお得に探す方法までを徹底的に解説していきます
試乗車落ちの中古車とは?知っておきたいメリットとデメリット
新車に比べお買い得と言われる中古車であっても、決して安い買い物ではありません。この記事を読んでいるあなたも、程度が良くお得な中古車に乗りたいと思っていることでしょう。そこで、どんな中古車がお得なのかと、アレコレ調べていると「試乗車落ち」という言葉を目にしたことがあると思います。そこで、今回は試乗車落ち中古車の特徴や、メリットとデメリット、そして、お得に購入するためのポイントまでを解説。
中古車販売店の自社ローンはあり?3つメリット・5つデメリットを解説
中古車を購入するため、自動車ローンを利用するのが一般的ですが、過去にローンや携帯電話使用料の延滞など、いわゆる金融事故を起こしてしまった方。または、働きたくとも働けない方などの場合、ディーラーローンや銀行のマイカーローンの審査に落ちてしまうことがあります。そこで、クレジット会社や信販会社、金融機関などのローンではなく、中古車販売店が独自で行っている”自社ローン”の利用を検討しているという方も多いハズ。今回の記事は自社ローンの疑問や不安を解決するために、ブラックリストに入ってしまっている方や働きたくとも働けない方でも利用できるという自社ローンについて詳しくお話していきます。
【早見表あり】中古車の安い時期とお得に購入するための完全ガイド
中古車安い時期の早見表あり!車の購入しようとしても、新車は予算的に合わないという場合、中古車の購入を考えている方も多いことでしょう。とは言え、中古車と言っても安い買い物ではありませんし、少しでも安くお得に購入したいものです。そこで、これから中古車の購入を考えているあなたは、下記のような悩みや疑問をお持ちではないでしょうか?今回の記事では、中古車にしかない特徴である「安くなる時期」を中心に、中古車をお得に購入する方法についてお話していきます。
元中古車屋が教える!新車保証よりも複雑な中古車保証の全知識
あなたは中古車を購入しようと考えた際、どんなことを重視して購入するでしょうか?好みの車種や色はもちろん、価格、年式、走行距離といった項目に重点を置いて検討されている方がほとんどでは無いかと思います。しかし、中古車を選ぶ際、もう一つ注意していただきたいのが、その中古車には一体どんな保証が付いているかということです。ですが、中古車は人生のうちでそう何度も購入するものではありません。今回は誰もが気になる中古車の保証制度について詳しくお話していきたいと思います。
記録簿の無い中古車は危険!?今さら聞けない中古車と記録簿の関係とは?
あなたが中古車を購入する場合、その車の年式や走行距離、価格、装備内容、修復歴の有無など、さまざまな情報を見て、その車が安心して納得できる中古車かどうか判断するでしょう。そんな中古車を購入する際の判断材料の一つとして、「記録簿」の存在があります。この記事ではそもそも記録簿とは何か、中古車にとって記録簿はどういった存在なのかなどを解説。さらに、安心で納得の中古車を探す方法についてもご紹介していきます。
初めて中古車を購入する人必見!中古車購入の流れ7ステップと注意点
初めて車を購入する若い人にとっては、車を買うことは、なんだか大人の仲間入りをした感覚になるような出来事です。また、家族がいる方や、何度か車を買い替えた経験のある方にとっても、車を買うことは思い出に残りやすく、人生において大切なイベントでもあります。中古車の購入は家電や洋服と比べ、購入金額が大きいのはもちろん、法的な手続きや申請が必要で、一体何から手を付けて良いものか悩ましいところです。今回の記事では、中古車購入の流れをご紹介し、購入後に後悔しないためのポイントについて詳しく解説。この記事を読み終えた頃には、煩雑になりがちな中古車購入の流れやポイントが理解でき、あなたにピッタリの中古車を納得して購入できるようになります。
中古車が納車されるまで何日かかる?流れやポイントを交え徹底解説
これから中古車の購入を考えているというそこのあなたは、中古車探しから納車されるまでどの程度の時間を想定しているでしょうか?時間的な成約がなく、納得するまで腰を据えてじっくり探すという方もいれば、今乗っている車の車検が近い、もしくは今まで乗っていた車が急に壊れてしまったなど、早く次の車を手に入れなければならない方もいるでしょう。今回の記事では、あなたが購入した中古車が納車されるまでの流れや必要書類、さらに、それぞれどのくらいの時間が掛かるのかについて詳しく解説します。
準備しておくと焦らない!中古車購入の必要書類を徹底解説
新車中古車問わず、車はあなたの財産にもなり、家電製品や洋服などのように気軽に購入できるものではありません。今回の記事では、中古車購入では欠かせない必要書類について、詳しく解説していきます。中古車の購入で大切なことは、できるだけ余計な手間をかけず心配事を減らすことですので、まずは中古車購入の必要書類について下記よりご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
中古車を分割購入する5つの方法とメリット・デメリット
大手サイトの調査によると、全額現金で支払うという方が47.9%、現金とローンを併用する方が26.2%、全額ローンという方が8.4%となっています。現金一括という方の多さにも驚きますが、ローン併用と全額ローンという方の合計は34.6%。10人のうちおよそ3?4人の方が、いくらかは分割払いを利用して車を購入していることがわかります。今回は、分割払いの簡単な基礎知識や、中古車を分割購入する際に利用できるローン、クレジットの特徴をご紹介します。
中古車の総額ってなに?今さら聞けない中古車の疑問を解決します
中古車の購入を検討しているあなたが、インターネットでさまざまな情報を検索していると、多くのサイトで中古車の購入費用について解説しているのを目にしたことがあると思います。その中には、20万円で売り出されている中古車を購入したら、最終的に50万円以上かかってしまったといった失敗談を目にすることもあるでしょう。今回の記事では中古車の購入にかかる費用と、総額について詳しく解説していきます。
中古車の手付金は支払うべき?返金はしてもらえるの?そんなお悩みを徹底解説
これから中古車の購入を検討している方の中には、中古車に対して「騙されているのではないか」「損を箚せられるのではないか」という不信感をお持ちの方も多いのではないでしょうか?今回の記事では、分かりにくい料金である手付金について詳しく解説していきます。
中古車の頭金による返済額シミュレーションと頭金なしの時の4つのデメリット
新車に比べて価格が安いとされる中古車であっても、現金一括で購入できるという方はそれほど多くなく、自動車ローンの利用を検討している方が多いものです。ローンを組んで中古車を購入する場合、一つ大きな悩みどころとなるのが頭金の存在。今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、中古車購入で利用する自動車ローンの頭金について解説。頭金0円のいわゆるフルローンで中古車は購入できるのか、用意する頭金の額によって返済にどう影響するかなど、さまざまなシミュレーションをもとに頭金に関する多くの疑問にお答えしていきます。
【節約の豆知識】中古車の名義変更は自分で行えば2万円もお得になる
一般的に所有権を移動させる手続を「名義変更」と呼びますが、正式には「移転登録」と言います。法的な手続きと聞くと、少々面倒なイメージを持ってしまいがちですので、これから中古車を購入しようと検討中の場合や、家族や友人から車を譲り受けるという場合、中古車の名義変更について以下のような悩みや疑問をお持ちなのではないでしょうか?今回の記事では中古車の名義変更を行うために必要な書類や手順、費用などについて解説していきます。個人間での売買や譲渡以外でも、名義変更は業者に任せず自分で行えば中古車の購入にかかる費用を節約することも可能です。個人売買を予定している方はもちろん、中古車をお得に購入したいとお考えの方も是非参考にしてください。
中古車の評価点や出品表を読み解けばあなたが理想とする1台に出会える
あなたは中古車を購入する際、何を基準に購入を決めるでしょうか?一昔前には一般ユーザーの方が目にすることの無かった、「中古車の評価点」を開示する中古車販売店も増えてきました。そこで今回の記事では、一般の方にはあまり知られていない中古車の評価点について、徹底的に解説していきます。中古車がどのように評価され、値付けされているのかを理解することができれば、安心安全で後悔しない中古車選びの近道になるでしょう。
中古車のオークション代行は安心?危険?車業界のプロが徹底解説
愛車を高く売る、または、中古車をお得な価格で購入しようとインターネットで色々調べていると、”中古車オークション代行”という言葉を目にすることが有ると思います。一般ユーザーの方にとって中古車の売買と言えば、ディーラーや買取専門店、中古車販売店などでの売買が主流。そこで、今回の記事では、中古車のオートオークションについて詳しく解説。さらに、売却と購入それぞれのメリットやデメリット、さらに、下取りや買取、オークションとは違った新しい車の売り方までご紹介していきます。
中古車取り寄せる場合の費用相場は?費用相場を無料にする裏ワザ
中古車を購入しようと考えたとき、カーセンサーやグーといったインターネットの中古車検索サービスを使って中古車を探すという方がほとんどだと思います。すると、中古車情報誌で探していた時代に比べ、自分の住んでいる地域外で欲しい中古車が見つかることも少なくありません。そこまで、今回は通常の中古車購入とは違う、中古車を取り寄せて購入際のメリットやデメリットについて解説。中古車を取り寄せる場合の方法や費用、さらに、購入後も安心して乗るために欠かせないアフターサービスについて詳しく解説していきます。
中古車を探していると「法廷整備」ってあるけど必要なの?
中古車を購入しようと中古車情報サイトや中古車販売店を見ていると、「法定整備付き」や「法定整備別」、さらに「法定整備無し」という言葉を目にします。買って損のない中古車を買いたい、安心安全な中古車が欲しいなど、せっかく中古車を購入するのであれば、あとで後悔しない満足度の高い車を購入したいもの。中古車といえども決して安い買い物ではありません。今回の記事では中古車の法定整備について、国家資格整備士と自動車検査員の資格を持つ筆者が詳しく解説していきます。
中古車のカーリースは得なの?損なの?プロが選ぶ判断基準
車は価格が高価であることはもちろん、維持管理していくためには相応の維持費と手間が掛かり、車の購入を躊躇してしまう方も少なくありません。そこで、カーライフの新しい選択肢として、カーリースの利用を検討している方も多いと思います。しかし、今までカーリースは法人向けのサービスという印象が強く、個人での利用はまだまだ一般的ではありません。今回の記事では、中古車カーリースのメリットやデメリット、代表的なサービスまでをご紹介していきます。あなたにとって中古車のカーリースが利用するべきサービスなのか、それとも通常通り中古車を購入するべきなのか。中古車カーリースが何たるかを理解して、お得で充実したカーライフを実現させましょう。
中古車はクーリングオフ対象外!キャンセル可能な3つの条件
この記事にたどり着いたあなたは、中古車のキャンセルについて悩みや疑問をお持ちだと思います。反対に、キャンセルなんて考えていない方から見れば「せっかく見つけた運命の1台をなぜキャンセルしたいと思うのか?」という疑問が湧くかもしれません。そこで今回の記事では、一度買うと決めた中古車のキャンセルについて、そもそもキャンセルが可能なのか、キャンセルに掛かる違約金の相場など、中古車のキャンセルについて徹底解説していきます。
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ
中古車だから値引きは無理だろうと諦めていませんか?少しでも購入費用を抑えるため、値引きをしてもらい中古車を購入したいと考える方も多いと思います。実は、新車とは違う中古車値引きの交渉が必要です。中古車の値引きに焦点を当て、中古車の値引き事情や値引き相場、上手な値引き交渉仕方などについて詳しくお話していきます。あなたが、少しでもお得に中古車を購入したいのであれば、ぜひ今回の記事を参考にしてください。
ディーラー系の中古車販売店の特徴と4つのメリットと注意点
どんな車をどこの販売店で購入するか検討していると、トヨタや日産、ホンダなど新車ディーラーと同じようにメーカー名を掲げた中古車販売店を見たことがあるはずです。新車を買うためのお店という印象の強いディーラーですが、新車を販売している店舗と同じように、ディーラーとして中古車の販売も行っています。そこで、安心で安全な中古車をお得に買いたいと思っているあなたは、下記のような疑問や悩みをお持ちではないでしょうか?今回の記事では知っているようで知らないディーラー系中古車販売店について徹底的に解説していきます。
なびくる+(プラス)はどんなサービス?3つの特徴と3つのメリット・2つのデメリット
新車ではなく中古車の購入を検討している場合、安心安全で自分に合った納得の中古車を買いたいという思いは、ほとんどの人に共通する願いです。そんな方にオススメしたいのが、中古車紹介サービスのなびくる+(ナビクル プラス)。今回の記事では、損をせずあなたに合った中古車を購入できるなびくる+の特徴やメリット、デメリットなどをご紹介していきます。