新車購入

【半年毎に更新】スズキ クロスビー値引き情報の全データまとめ

【半年毎に更新】スズキ クロスビー値引き情報の全データまとめ

出典:スズキ公式HP

クロスビーはスズキが2017年に発売した、小型のクロスオーバー車です。

軽自動車「ハスラー」のデザインが好評であることから、同じテイストのデザインを採用していることが特徴。

1,000ccのエンジンを搭載する普通車であるため、軽自動車と違い大人5名が乗車できるようになっています。

扱いやすいボディサイズで、「軽自動車では物足りない」という人にちょうどいいと評判の1台です。

そんなクロスビーの良さが一発でわかるyoutube動画はコチラ。

この記事では、そんなクロスビーの最新値引き情報についてまとめています。

クロスビーの値引き情報まとめ

  • クロスビー車両本体の値引き目標額:10万円
  • クロスビーオプションを含むトータル値引き目標額:20万円
  • クロスビーの値引き難易度:難

この記事は、クロスビーの値引き情報を中心に、新車を安く買うための方法を紹介しています。

過去1年間の値引き額の推移をグラフ化しているため、一発で目標値引き額がわかるようになっているのが特徴。

データは半年ごとに最新のものに更新、今後のモデルチェンジ情報を基に、値引き額がこれからどう変わっていくのかも紹介しています。

そのためこの記事を読むだけで、クロスビーを安く買うためのテクニックの全てが身につくでしょう。

\優良中古車を探すテクニック/

  • 中古車は千差万別、相場よりも高い車や故障車が存在
  • 優良な中古車は市場に出回らず、普通に購入しても手に入らない
  • 優良中古車は状態もよくコスパが良い

一般の人では、優良な中古車は手に入れることができません。

ただし、中古車提案サービスを使うと、市場に出回らない優良な中古車を優先的に紹介してもらえます。

中でもオススメなサービスが「ズバット車販売」です。

※提案してもらうだけでOK、必ずしも購入する必要はありません。

スズキ クロスビーの値引き情報

スズキ クロスビーの値引き情報

スズキ クロスビーの値引き情報

出典:スズキ公式HP

クロスビーは2017年の12月に新型車として登場、発売からまだ日が浅い最新の車です。

最大の特徴は1Lターボエンジンにマイルドハイブリッドシステムを搭載し、小型エンジンでありながらパワフルな走りを楽しむことができること。

本格的な四輪駆動システムも搭載しているため、クロスオーバーSUVとしての実力も十分です。

それだけ豪華なシステムを採用しながらも、ボディデザインは親しみやすい丸型ヘッドライトを中心とした、「ハスラー」に似ていることが特徴です。

そんなクロスビーの気になる納期ですが、10月21日現在では納車まで1~2ヶ月程度。

クロスビーの特徴と納期が分かったところで、次章からは値引き額について詳しく紹介していきます。

実際にクロスビーをいくらの値引きで買ったのか、大手口コミサイト「価格コム」に投稿された情報を基にお話していきます。

クロスビーの値引き情報まとめ

  • クロスビー車両本体の値引き目標額:10万円
  • クロスビーオプションを含むトータル値引き目標額:20万円
  • クロスビーの値引き難易度:難
スズキ クロスビーの値引き情報

スズキ クロスビーの値引き情報

※出典:価格コム「スズキクロスビー値引き情報」

スズキクロスビーの2018年3月~2019年2月の値引き推移

スズキクロスビーの2018年3月~2019年2月の値引き推移

スズキクロスビーの2018年3月~2019年2月の値引き推移

グレード別のクロスビー目標値引き額

グレード名車両本体価格(値引き前)目標購入額(値引き後)
HYBRID MX176万円166万円
HYBRID MX(4WD)190万円180万円
HYBRID MZ200万円190万円
HYBRID MZ(4WD)214万円204万円
HYBRID MZ(2トーンルーフ仕様車)204万円194万円

価格コムに投稿されている2018年3月~2019年2月のクロスビーの値引き情報を見ると、10万円~30万円の間で推移していることがわかります。

平均は20万円ほどの値引きとなっていますが、少ない人は10万円の値引きで購入している人もいます。

これはクロスビーがまだ新型車であることが原因と考えられます。

新型車は目新しさから、値引きをせずとも一定数が売れます。

そのためディーラーも積極的に値引きを行わないのです。

つまり、営業マンのトークが上手い場合、値引きがあまり引き出せない可能性があるのです。

人によって値引き額にバラつきがあるのはこのためで、交渉の難易度は高いと予想されます。

クロスビーの値引き交渉が難しいのは、Twitterに投稿された口コミを見てもわかります。

この情報から、クロスビーは最初の交渉で15万円の値引きが提示されている可能性があります。

ここから更に交渉に成功した人が、20万円を超える値引きに成功しているのです。

クロスビーは新型車であるため、しばらくモデルチェンジの予定はありません。

そのため今後の値引き額はあまり拡大することはないでしょう。

こうした背景から、結論としてクロスビー購入の際には車両価格から10万円、オプションパーツから10万円の合計20万円の値引きが引き出せれば成功と言えるでしょう。

\下取りよりも30万以上高く売る方法/

  • 車を高く売るならディーラーの下取りはオススメできない
  • 車買取業者1社だけでは足元を見られた査定をされる
  • 複数の買取業者を競争させれば相場よりも高く売れる確率が高い

車一括査定を使うと、あなたの下取り予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が競い合うため、特に交渉せずとも愛車を高く売ることができます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

交渉が難航しそうなクロスビーですが、次章で紹介する新車を安く買うテクニックを活用することで、目標値引き額を引き出すことができるようになるでしょう。

値引きを引き出す一番早い方法は複数の店舗を回ること

値引きを引き出す一番早い方法は複数の店舗を回ること

値引きを引き出す一番早い方法は複数の店舗を回ること

出典:スズキ公式HP

クロスビーの値引き交渉は難航が予想されますが、そんな時こそ活用したいのが「相見積もり」です。

相見積もりとは、同じ車の見積もりを複数のディーラーで取ること。

つまり、複数のスズキディーラーを回って価格競争を引き起こすのです。

この方法には少しコツがいるため、これから詳しく説明していきます。

スズキディーラーの回り方

複数のスズキディーラーを回ると言っても、回るのは全て別系列のディーラーにしましょう。

同系列のディーラーは、何店舗回っても値引きできる上限額が決まっています

これはディーラーを運営する販売会社が決めていることなので、ディーラー側ではどうすることもできないのです。

しかし経営方針が違う別系列のディーラーに行くことで、値引き額が変わる可能性があるのです。

系列が変われば、行っているキャンペーンや受けられるサービスが変わります。

もしかしたら自分にとって好条件が引き出せるかもしれないので、必ず別系列のディーラーを複数回るようにしましょう。

そこでこれから、スズキのホームページから別系列のディーラーだけを探す方法を紹介します。

スズキで自宅の近くのディーラーを探す方法

ディーラーを探すコツとしては、なるべく通いやすい範囲にある店を選ぶこと。

自宅や会社の近所、通勤通学で使う道中にあるディーラーが最適です。

なぜなら車は買ってからもメンテナンスが必要なので、通いやすい場所にディーラーがあれば車検や点検の時に助かるから。

そこでこれから、自宅近くのスズキディーラーを探す方法を画像つきで紹介します。

(※今回は群馬県を例に説明します。)

1.スズキの販売店検索のサイトに行く

https://www.suzuki.co.jp/dealer/Map/getPref/shop

2.都道府県から探す

ディーラー検索ができる方法は複数ありますが、一番便利でオススメなのが「都道府県から探す」という方法。

日本地図から、自分が住んでいる都道府県を選んでクリックするだけでディーラー検索が行えます。

クロスビーを探す

クロスビーを探す

出典:スズキ公式HP

3.市区町村を選択する

都道府県を選んだら、続いてディーラーを探したい市区町村を選択しましょう。

ここでは、群馬県高崎市を選択します。

クロスビーを探す

クロスビーを探す

出典:スズキ公式HP

4.一覧からディーラーを選ぶ

ここまで進むと、選択した市区町村にあるスズキのディーラーが地図と一覧で表示されます。

別系列のディーラーを探すためには、スクロールして下の方にある一覧を使います。

クロスビーを探す

クロスビーを探す

出典:スズキ公式HP

これでディーラー検索は完了です。 別系列のディーラーの見方と注意点をこれから紹介します。

別系列のディーラーを見つける方法

上の画像で紹介した群馬県の例を見ると、ディーラー名に「(株)スズキ自販」とつくものと、「スズキアリーナ」とつくものがあります。

他にも「(株)トヨナガ」とあるものが見つかりますが、これらが全て別系列のディーラーです。

スズキ自販にもスズキアリーナにも数店舗ありますが、冒頭の会社名が同じディーラーは全て同系列。

そのため、相見積もりを取る際には回る必要がないのです。

それぞれの会社から代表して1店舗を選び、その代表店舗だけを回りましょう。

値引き交渉の際に注意すべきこと

そして注意したいのが、正規ディーラーとサブディーラーの関係です。

スズキ自販と名前が付いているディーラーは全てスズキの子会社であり、正規ディーラーという扱いになります。

対するスズキアリーナという会社名は、サブディーラーと呼ばれる扱い。

値引き交渉をしていくなら、先に正規ディーラーを回る必要があるのです。

なぜなら、サブディーラーの見積もりを正規ディーラーに提示しても値引き競争をしてくれないから。

正規ディーラーは、サブディーラーより安くしてお客さんを横取りしてはいけないというルールがあります。

値引き競争を本気でした場合、メーカー直営の正規ディーラーの方が圧倒的に有利です。

そのため、サブディーラーの立場が無くなってしまいます。

それなので、クロスビーの見積もりは正規ディーラーで先に作成してもらいましょう。

その結果をサブディーラーに持っていき、「正規ディーラーより安くならないか」と交渉するのです。

この方法でディーラーを回ることで、効率的にクロスビーの値引き交渉が可能になるのです。

ディーラーの探し方と交渉のルールが分かったところで、次章では更に値引きを引き出す3つの方法を紹介していきます。

更に値引きを引き出す3つの方法

更に値引きを引き出す3つの方法

更に値引きを引き出す3つの方法

出典:スズキ公式HP

記事の冒頭で目標値引き額を紹介しましたが、それ以上値引きされるのであれば当然してもらいたいものです。

そこでこの章では、クロスビーの値引き交渉で使える3つのテクニックを紹介。

知っておくだけで新車を更に安く買うことができます。

【知っておいて損はない】交渉の基礎テクニックを覚える

交渉の中でも基本的なことの1つに「初回の交渉で契約しない」というものがあります。

初めて訪れた店で最大値引きが提示されることはないため、営業マンが「今日決めてくれれば限界価格を提示します」と言っても聞く必要はありません。

車は数百万もする高い買い物なので、営業マンに何を言われても自分のペースで買えばいいのです。

購入を急かすようなことを言われても応じる必要はありません。

じっくり何店舗も回り、値段や営業マンの態度を見極めてから購入すればいいのです。

他にも、「セールストークに惑わされない」ということも大事です。

毎月かなりの数のお客さんの対応をしている営業マンは、販売のプロと言えます。

「あなただけに特別に」、「他の人には内緒にしておいてください」などの発言は全てセールストークです。

初対面の人に特別な条件を提示するのだとしたら、営業マンの仕事の姿勢を疑った方がいいでしょう。

「見積もり作成など頑張ってもらったから申し訳ない」といって値段に納得せず購入してしまうのも避けましょう。

営業マンは見積作成が業務なので、何度も作成してもらっても構わないのです。

相手のことを思いやるより、「購入する自分がどう思うか」というのを大事に交渉していくと良いでしょう。

【時期が合うなら】購入するタイミングを考える

新車は決算期と言われる「3月、9月」に購入すると安く買えます。

もし新車の購入を焦っていないなら、この時期に購入するのもいいでしょう。

決算期は、ディーラー運営会社の業績を大きく左右する大事な時期です。

1台でも多く売って業績を上げたいディーラー側は、値引きをしてでも販売台数を増やそうとします。

そのため特別予算というものが組まれ、いつもより値引きをしてもいいことになっているのです。

こうした状況は車を買おうとしている人にとっては非常に有利。

理由は、オプションパーツのサービスが期待できたり、お買い得な特別仕様車を手に入れるチャンスでもあるから。

値引き交渉が苦手と言う人は、3月と9月に車の購入をするのがいいでしょう。

ただし、決算期の特別値引きを受けるためには「3月または9月中に納車されること」が条件。

決算シーズンの終わりに駆け込みで契約すると、決算期に納車されず特別値引きが受けられない可能性があるのです。

その上決算期は車を購入する人も多く、週末となればディーラーが混み合います。

こうした背景から、筆者がオススメしている購入時期は「2月または8月」です。

この頃にはすでに決算用の予算が組まれているので、決算期と変わらぬ値引きが期待できます。

納車も確実に間に合うため、少し余裕を持って新車購入をするようにしましょう。

【下取り車があれば】下取り車は一括査定を使って買取店に出す

新車を安く買うためには値引きだけが重要というのは間違い。

今乗っている車を少しでも高く売ることも重要なのです。

下取り車が高く売れれば、その分支払う額が減ります。

そのためにはディーラーの下取りは利用せず、買取専門店に売るようにしましょう。

ディーラーはあくまで新車を販売するところなので、中古車の買取は専門外。

そのため無難な価格で買い取ることしかできないのです。

しかし買取店は中古車買取と販売が主な業務であるため、積極的に高価買取をしてくれます。

その差は数十万円になることも珍しくありません。

そして買取店をフル活用するなら、一括査定を利用しましょう。

一括査定を使えば買取店に足元を見られることもなく、自分の車を本当の相場価値で売ることができます。

一括査定がどういうものか、どうして車を高く売れるのかは次章で詳しく説明していきます。

一括査定を使って車を高く売る

車を買取店に持っていっただけだと、足元を見られる可能性があります。

買取店は少しでも安く買い取った方が利益になるため、高価買取を謳いつつもなるべく安く買い取ろうとします。

それを防ぐためには、他の買取店でも査定をしてもらうしかないのです。

とはいえ複数の買取店を回るのは非常に面倒で、できれば新車の値引き交渉に時間を割きたいところ。

そこで活用したいのが一括査定です。

一括査定は、複数の買取店に同時に査定依頼が出せるサービス。

面倒な査定依頼を一度で済ませることができるのです。

申し込みも非常にカンタンで、売りたい車の「車種・年式・走行距離」を入力するだけ。

あとは連絡をしてきた買取業社と査定日の調整をし、出張査定をしてもらいます。

複数の買取業社が同時に査定をしてくれるため、どこが一番高く買い取ってくれるか一目瞭然。

たったこれだけで車を最高値で売ることができるのです。

一括査定で車が高く売れる理由

一括査定に参加している買取業社は全て車買取と販売のプロフェッショナル。

ディーラーと違い車買取を本業にしているため、買取をしないと会社が回りません。

そのためディーラーより高価買取を行うのは当然なのです。

その上買取店は販売も行なっていることが多く、中古車を探しているお客さんを大量に抱えています。

そのため条件に合致する車なら相場以上の買取も可能なのです。

一括査定はこうした買取業社が複数参加しているため、自分が売りたい車を探している業者とマッチングできる可能性が高いのです。

これが一括査定で車が高く売れる理由なのですが、これからどの一括査定がオススメなのかを紹介していきます。

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「かんたん車査定ガイド」については、総合点ではかんたん車査定ガイドに軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーのポイント

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスのポイント

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドのポイント

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

かんたん車査定ガイド 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口のポイント

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

売却者全員に5,000円がキャッシュバックキャンペーン中

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

まとめ

クロスビーを安く買うためには、複数のディーラーを回って相見積もりを取る、一括査定で今の車をできるだけ高く売る、という2つが重要。

新車を安くしてもらい、今の車を高く売ることができれば、それだけ支払う現金が少なくて済みます。

この記事に書いてあるテクニックをフル活用し、少しでも安くクロスビーを買えるようにしましょう。

おすすめ記事

61view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

69view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

458view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

675view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-新車購入

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.