車をヤフオクで売るのはリスクが高い!よくある4つのトラブルと高額売却の方法

車はヤフオクで売却できるの?注意点が多い個人売買を徹底解説

ネットオークションの元祖といえば、ヤフーがやっているヤフーオークション、略して「ヤフオク」。

実はヤフオクに自動車が出品されているのはご存知でしょうか?

ヤフオクに出品されている車

※出典:ヤフーオークション「中古車・新車」より

オークションの最大の魅力は、個人間取引ができること。

消費税も掛かりませんし、仲介業者がいないため、うまくいけば高く売れます。

カー君
うまくいけばってどういうことでしょうか?
車は他の貴金属やブランド品のように、売って渡したら終わりってわけにはいかないんだよ。
クルサテ

そこで今回の記事では、ヤフオクを含めた個人売買における様々なトラブルや高く車売却をする方法についても詳しく解説していきます。

\愛車の最高額をチェックする方法/

車は買取業者が競い合うことでどんどん査定額が上がります。

車一括査定を使うと、あなたの売却予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が自動的に競い合うため、特に交渉せずとも最高額がチェックできます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

ヤフオクで車個人売買をする3つの注意点

ヤフオクで車売却をすることは「可能」です。

ヤフオクも自動車の出品を認めており、「車の落札ガイド」という自動車をオークションで落札するために注意すべきことをまとめたページがあります。

その内容をカンタンにまとめると以下のようになります。

  1. 自動車の購入にかかる費用は車体価格だけではない
  2. 走行距離・記録簿の有無を確認する
  3. 名義変更の手続きをする

これらは全て「購入する側」の人への注意点。

裏を返せば「出品者側」、つまり車売却を検討しているあなたへの注意点でもあります。

ヤフオクで車を売る3つの注意点

  • 注意1.購入者への告知義務がある
  • 注意2.走行距離・記録簿をしっかり確認する
  • 注意3.名義変更の手続きをされたのかを確認する

注意点1.購入者への告知義務がある

車は車体価格(車本体だけの価格)を支払うだけでは、法律上乗ることはできません。

そのため、車検整備代はもちろん、乗るためには自動車税の納税や自賠責保険への加入などが必要になります。

出品者であるあなたは、購入者にも車体価格以外にも費用がかかることを告知しなければなりません。

ヤフオクの禁止事項に下記が書かれているよ!
クルサテ

ヤフオクの禁止事項

  • 入札車に誤解を与えるような表示をすること
  • 出品画面上で商品説明を十分にしないこと

そのため出品者となるあなたは詳細な告知義務が発生すると思ってください。

注意②走行距離・記録簿をしっかり確認する

ヤフオクで車を購入する際は

  • 走行距離の改ざんがないか
  • 記録簿によって過去の整備・点検内容が確認できるか

ということが大切になります。

特に車の状態を知るのに記録簿は有効なんだ。
クルサテ

記録簿とは、車がどのように点検してきたのかが書かれた書類

車の記録簿

記録簿が無い場合は、どのような乗り方をされてきたのかを把握できないため、購入者によっては不安材料になります。

そのため裏を返すと、出品者となるあなたは走行距離が正しいのか、記録簿の内容は間違いないのかという部分に気を使う必要があります。

カー君
ただでさえ現物を見ないで取引なので不安なのに、記録簿が無ければ余計に不安だよね。

注意③名義変更の手続きをされたのかを確認する

最後に名義変更の手続きをしなければなりません。

車の名義変更には多くの必要書類があります。

名義変更に必要な書類

書類の種類旧所有者
書類
新所有者
書類
メモ
印鑑証明書発行日から3ヵ月以内のもの
委任状記載例新旧所有者の実印の捺印が必要
実印を当日もっていけば不要
譲渡証明書記載例 旧所有者の実印を捺印
車検証 車検が切れていないこと
車庫証明 使用の本拠地が変更なければ不要
住民票 車検証と印鑑証明の住所が異なる場合
戸籍謄本車検証と印鑑証明の氏名が異なる場合
手数料納付書運輸局に行く方が準備
名義変更当日に運輸局で記載
自動車税申告書運輸局に行く方が準備
名義変更当日に運輸局で記載
申請書(第1号様式)運輸局に行く方が準備
名義変更当日に運輸局で記載
希望番号予約済証 希望ナンバーをする方のみ
理由書 ナンバープレートを紛失・盗難で返納できない方のみ

軽自動車の車庫証明(車庫の届け出)は、人口が多い都市では必要ですが、人口が少ない都市では不要です。

自分の都市が必要か否かは一般社団法人 全国軽自動車協会連合会の「軽自動車に関する手続き」を見ると分かります。

出品者であるあなたは基本的に必要書類の全てを購入者に伝え、さらに自分でもいくつかの書類を用意しなければなりません。

また車の配送方法なども特殊となりますので、自分で手配するのは非常に難しいといえるでしょう。

そのため車の販売や事務手続きなどに慣れている方でない限り、ヤフオクでの車売却はあまりオススメできないといえます。

カー君
正直なところ、僕には少し厳しそうだ・・・

ヤフオクなどの個人売買によくある4つのトラブル

車の個人売買には様々なトラブルが発生します。主にそれは以下の4つです。

個人売買でよくある4つのトラブル

  1. 売却後(または売却時)にお金が振り込まれない
  2. 書類を揃えられず名義変更ができない
  3. 配送の手配ができない
  4. 「内容と異なる」と言われ金銭的なトラブルになる

トラブル①売却後(または売却時)にお金が振り込まれない

最も多いのは車売却後にお金が振り込まれないなどの金銭トラブル

ヤフオクでは、入札が終了して購入者が決定した後、入金が確認をしてからの配送が一般的です。

しかし個人売買であるからこそ「配送後に取引する」という可能性もあり、どれだけ人が良さそうであっても入金されないこともあります。

実際にヤフオクでは入金がない状態で商品を届けてしまい、お金が振り込まれない事はよくあること。

個人売買の場合は、自己責任になるからね・・・
クルサテ

トラブル②書類を揃えられず名義変更ができない

名義変更で必要な書類は前述した通り。

ただ、実は様々な条件によって必要書類が変わる可能性があります。

例えば所有者があなたではなくローン会社などであった場合は、ローン会社から印鑑証明・委任状・譲渡証明書を送ってもらう必要があります。

もちろん、残債の確認申請などもあなた自身が行わなければなりません。

また所有者の名前や住所が変わっている場合は、前の名前や住所が特定できる書類として住民票や戸籍謄本が必要となる場合もあります。

その他にも所有者が亡くなった場合、所有している法人が倒産している場合など実に様々なパターンがあるため、簡単に必要書類を揃えることは難しいのです。

親・家族や他人名義の車を売る方法・手順と必要書類
親・家族や他人名義の車を売る方法・手順と必要書類は?【死亡・認知症・海外など特殊ケースにも対応】

車というのは1台1台、国に登録されており、所有者というのが登録されています。 所有者は「車検証の氏名」を見れば分かります ...

続きを見る

カー君
購入者に丸投げというわけにはいかないんだね・・・

名義変更ができないときは返金の請求を受けてしまう可能性もあります。

場合によっては、訴訟の対象になるなどの大きなトラブルになる可能性も捨てきれません。

トラブル③配送の手配ができない

個人売買の場合は、買い手が近隣ではない可能性が高いです。

つまり、問題になるのがその車をどうやって買主のところに運ぶかです。

特に、長距離の場合は売買契約を結んだ「もう自分のものではない車を勝手に運転する」というのはあまりよくありません。

実際に走行距離が契約時よりも多くなってしまうため、購入した方から「言っていた走行距離とは異なる」と言われてしまうかもしれません。

さらには、事故のリスクなどもあります。

カー君
さすがに運転するのは無理だよ。どうすればいいの?
自分で陸送業者を探してお願いする必要があるよ。
クルサテ

買主のところに運ぶために、陸送業者にお願いするのが一般的。

もちろん、無料ではなくそこそこの費用が掛かります。

陸送業者の相場

業者の種類県内県外
陸送専門業者2~3万円2~10万円
レッカー業者2~3万円2~10万円
販売店0~2万円0~5万円

これらの費用負担等を考えると、個人売買の強みである「高く売れる」の効果が薄れてしまいます。

トラブルも多く、自分で手配することも多いことから、個人売買はオススメできません。

トラブル④「内容と異なる」と言われ金銭的なトラブルになる

個人売買でのトラブルで最も怖いものは「言っていたことと違う」と言われること。

中古車の売買において現状渡し(現在の状態のまま譲渡すること)は基本。

よく確認しなかった購入者の責任ともいえるのですが、最終的には「言った言わない合戦」になってしまいます。

そのため購入後に個人間でトラブルが起きることも珍しくなく、結果的に金銭で解決しなければならなくなる場合もあります。

トラブルが多いため車の個人間売買はオススメできない

いくつかトラブルを説明してきましたが、まとめると下記4つになります。

車個人売買をする4つのリスク

  • お金が払われないかもしれない
  • 申告事項と異なると指摘された場合は訴訟などの対象になる可能性がある
  • 配送するにはさらに多くのお金が必要になる
  • トラブルが起きた場合は「お金」で解決しなければならないかもしれない

たしかに予想以上に高い金額で売れる可能性もあります。

ただ、ヤフオクを含む個人売買は手間とトラブルのリスクが極めて高くなり、筆者としてはオススメしておりません。

カー君
でも、高く売りたいな~どうすればいい?
そこでオススメの方法を紹介するよ!
クルサテ

車を安心かつ高く売る方法

個人売買で得られる金額は多くても車買取業者の限界相場からプラス10万円程度。

もちろん10万円は大きな金額ではありますが、それなら安心して高く売ったほうが良いというのが筆者の判断です。

下取りではなく買取を選ぶ

まず高く車売るために重要なのは、自動車ディーラーによる「下取り」ではなく車買取店による「買取」を選択すること。

理由は単純でディーラー下取りよりも車買取業者の方が高く売れる事が多いから。

自動車ディーラーの主な業務は新車の販売・登録をすること。

中古車の販売にはそれほど力を入れておらず、本業ではありません。

ディーラー営業マンの成績も販売台数で見られます。

つまりディーラーは中古車在庫の仕入れ=お客様からの下取りにあまり力を入れていないのです。

逆に車買取店の主な業務は中古車の販売であり、常に在庫を欲している状況。

そのため、少しぐらい高くても仕入れたい=買い取りたいため、確実に高額査定をしてくれるのです。

つまり買取業者は、買取が本業だから値段出してでも買い取りたいわけだよ!
クルサテ

複数の買取業者を競合させるとエアコン減額以上に高く売れる

さらにお得になるために必要なことは「3~5社の車買取店を競合させること」

先程も説明したように買取業者は常に再販するための仕入れが大事になってきます。

つまり何台仕入れをできるか(顧客から買い取れるか)がビジネスの生命線なのです。

1社だけだと足元を見た査定をされますが、複数社いることで競合を意識させて高い査定額を実現できるのです。

カー君
高く売れるのは重々承知なんだけど、複数社回るの面倒なんですが・・・
そこでオススメなのが車一括査定サービスだよ!

個人売買で売るのと同じぐらいの値段で売れるよ!

クルサテ

一括査定を利用するとカンタンに複数社依頼できる

車一括査定を使うとカンタンに複数社に依頼ができます。

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

一度に複数の車買取店による競合をさせることも可能。

短時間で労力をあまりかけずに最高の結果を得ることができるのです。

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「ナビクル車査定」については、総合点ではナビクル車査定に軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの特徴

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの特徴

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「ナビクル車査定」

ナビクル車査定の評価チャート

ナビクル車査定の特徴

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

ナビクル車査定 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の特徴

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

あなたの車を買取強化している業者が見つかる

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

車一括査定のオススメについては下記記事で詳しく解説しています。

車一括査定のオススメ
【2020年最新版】車一括査定サイトの選び方とオススメランキング決定版

車一括査定は一気に何社もの車買取店へ、査定のオファーができるサービス。 車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると ...

続きを見る

まとめ

  • ヤフオクでの車売却はトラブルになる可能性が高い
  • 輸送代やトラブル時の対応など、リスクは高くオススメできない
  • 安心かつ高く売却するには車一括査定「カーセンサー」を使う

サイト内検索

キーワードから検索

-車売却
-, ,

Copyright© クルサテ , 2020 All Rights Reserved.