オークション代行は本当に高く車を売れるの?デメリットは何がある?

車を売るならオークション代行はリスクが高いので車買取専門店にするべき

車を高く売る方法を模索して情報収集していると「オークション代行」というのを目にすることがあります。

実は、多くのディーラーや買取業者は買い取った車を「オークション市場」と呼ばれるところに転売します。

オークション市場とは、中古車業者が車売買で仕入れや販売に使われる巨大マーケット

下記、youtubeを見ると、イメージが掴みやすいと思います。

カー君
うわ~こんな世界があるんだね。すごいスピードで入札されていくんだね。
そうだね、1秒を競って各中古車さんが入札していくんだ。
クルサテ
カー君
ディーラーや買取業者がオークション市場に転売するってことは・・・ここに直接出品できれば、高く売れるってこと?
買取業者やディーラーの手数料や利益が乗らないから、原則高くなるよね。

ただ、オークション市場は、会員に認められた企業のみしか参加できないんだよ。

クルサテ

そこで、生まれたのが「オークション代行業者」です。

オークション代行業者を使えば、オークション出品をやってもらえます。

そこで本記事では、オークション代行業者を使うことで本当に高く売れるのか、デメリットはないのかについてお伝えします。

\愛車の最高額をチェックする方法/

車は買取業者が競い合うことでどんどん査定額が上がります。

車一括査定を使うと、あなたの売却予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が自動的に競い合うため、特に交渉せずとも最高額がチェックできます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

そもそもオークションとは?

オークション代行とは

まずは最初に「オークション」について、簡単に説明します。

中古車は、買取業者と販売店の間にオークション会場が存在します。

魚介類や農産物にも仲買人や卸(おろし)と呼ばれる中間業者が存在しているのと理屈は同じです。

最近は、自社で買い取ったものを、オークションに流さずに自社で販売する業者も増えたけどね!
クルサテ

中古車として販売される前に様々な手数料が掛かっている

つまり、車を買取されてから次の中古車として販売されるまでに、様々な利益や手数料が上乗せされているということ。

中古車として販売されるまでの手数料はこんなにもある

  1. 売主 → 買取業者やディーラーに売却
    • ①買取業者やディーラーの手数料+利益
  2. 買取業者やディーラーがオークション市場に出品 → オークション市場に掲載
    • ②オークション市場の出品手数料など
  3. オークション市場 → 中古車販売店が落札
    • ③オークション市場の落札手数料など
  4. 中古車販売店 → 中古車購入者
    1. ④中古車販売店の手数料+利益

具体的な手数料はオークション市場や車種によって異なりますが、このように次の買主に届くまでに様々な手数料が上乗せされているわけです。

カー君
それぞれの手数料はどれぐらいなんですか?
一概にいくらとは言えないけど、超ザックリ言うと下記のとおりだよ。
クルサテ

話を分かりやすくするために、中古車として200万円で売れらている車がいくらぐらいで買取されたのかを予想します。

200万円で売られていた中古車の場合

  • ④中古車販売店の手数料+利益:10万~20万円
  • ③オークション市場の落札手数料など:3~20万円
  • ②オークション市場の出品手数料など:8~20万円
  • ①買取業者やディーラーの手数料+利益:10~20万
  • ①+②+③+④=31~80万円

※車種やオークション市場により異なる

ざっくり中古車販売価格の10%~40%ぐらいは手数料などが入っているということ。

そこで登場したのがオークション代行業者なのです。

オークション代行業者を使うメリットとデメリット

そこで登場したのがオークション代行業者。

一般では参加できないオークションの出品を代わりにやってくれるのです。

オークション代行業者のメリット

オークション代行業者を使うと、前述した「①買取業者やディーラーの手数料+利益:10~20万」が無くなります。

つまり、買取業者の手数料や利益分は高く売れる可能性があるということ。

カー君
高く売れるんだったら絶対にこっちの方がいいじゃん
そういうわけにはいかないんだよ・・・
クルサテ

オークション代行のデメリット

単純に考えると、ディーラーや買取業者に売るよりも良さそうなオークション代行ですがデメリットがいくつかあります。

オークション代行の4つのデメリット

  1. オークション代行手数料がかかる
  2. 手続きがめんどくさい
  3. 落札されない可能性がある
  4. 落札後にクレームになる可能性がある

デメリット①オークション代行手数料がかかる

一般人では、出品から手続きを行ってくれるのがオークション代行業者。

最大のメリットは、ディーラーや買取業者の手数料や利益が無くなることです。

ただし、その分、オークション代行の手数料がかかります。

主なオークション代行業者の手数料一覧

※価格はすべて税別

ご覧のように手数料で4万円以上は掛かってしまいます。

ただし、支払いは成功報酬、つまり落札された場合のみ。

もし落札されなければ、手数料は支払う必要はありません。

また、別途、出品料や成約料、陸送費用などもかかります。

目安にはなるけど、オークションの出品費用は下記の通りだよ。
クルサテ
費用項目費用条件
代行手数料30,000~50,000円程度 
出品料10,000~30,000円程度 
成約料10,000~30,000円程度※落札された時のみ
陸送費(往路)10,000~30,000円程度 
陸送費(往路)10,000~30,000円程度※落札されなかった時のみ
キャンセル料0~30,000円程度※落札されず、再出品しない場合に必要
再出品料10,000~30,000円程度※落札されず、再出品する場合に必要
カー君
買取業者の手数料を考えると安いのかな?
買取業者の手数料や利益は10万以上は掛かっているから安いことは安いよ。

ただ、成功報酬というのが大きな落とし穴なんだ。

クルサテ
成功報酬という落とし穴

一見すると、落札されなければ手数料を払う必要がないため、メリットがあるように思えます。

もちろん、成功報酬自体はメリットなのですが、副次的に大きなデメリットになるのです。

それが、落札金額が安めに設定されてしまうということ。

落札は、出品側が最低落札価格を決めて、それ以上で入札があった場合は成立となります。

オークション代行業者は基本的に「落札された時の成功報酬」で儲けています。

つまり、オークション代行業者としては、落札が成立するようにするために「低めの最低入札価格」しがちなのです。

もちろん、この最低入札価格は、オークション代行業者と話し合って決めることも可能です。

ただし、落札される適切な相場がわからなければ、オークション代行業者から提案される最低入札価格を信じがち。

結果的に買取業者の買取額よりも低い価格で落札される可能性があるというわけです。

カー君
う~ん、オークション代行は少し玄人向きな感じがするな~・・・

②手続きがめんどくさい

2つ目のデメリットが手続等が面倒ということ。

手続きというのは、出品や書類の準備のこと。

もちろん、ディーラーや買取業者に売却する時も書類の準備は必要です。

ただし、オークション代行業者の場合は、買取業者のように直接顔を合わせながら話し合うことができません。

基本的なやり取りは、メールと電話のみとなり、書類等もすべて郵送で行います。

対して、買取業者の場合は、書類の準備や書き方など、直接顔を合わせながらその場で相談ができます。

つまり、オークション代行は、初心者には戸惑うことが多く不向きということです。

カー君
ちょっと僕には難しそう。それだったら、買取業者に売ったほうが良さそうだな。

③落札されない可能性がある

オークションが成立するには、出品側が最低落札価格を決める必要があります。

もし最低入札価格に届かず落札が成立しなければ、キャンセルもしくは再出品する必要があります。

再度、表を見てもらうと分かりますが、実はキャンセルや再出品に、再度費用がかかるのです。

費用項目費用条件
代行手数料30,000~50,000円程度 
出品料10,000~30,000円程度 
成約料10,000~30,000円程度※落札された時のみ
陸送費(往路)10,000~30,000円程度 
陸送費(往路)10,000~30,000円程度※落札されなかった時のみ
キャンセル料0~30,000円程度※落札されず、再出品しない場合に必要
再出品料10,000~30,000円程度※落札されず、再出品する場合に必要

これらの費用はあなたが負担することになります。

再出品を重ねるたびに、再出品料がかさむことから、どんどん費用負担が増え、最終的な売却金額は結果的に低くなるリスクがあるのです。

④落札後にクレームになる可能性がある

仮に落札が成立した後に車に欠陥などが見つかると、落札者からクレームが届きます。

もちろん、まずはオークション代行業者にクレームを受けますが、解決はあなたがする必要があります。

ディーラーや買取業者であれば、査定士の方が現物を見て、査定額を決めています。

対して、オークション代行業者は現物を見ておりません。

つまり、オークション代行業者で売る場合は、クレーム処理をする覚悟が必要という訳です。

カー君
ちょっと素人の僕には、オークション代行は合わなさそうだ・・・

オークション代行業者はオススメできない

オークション代行と車買取専門店を比較

見てきたようにオークション代行は、車買取業者よりも高く売れる可能性がある一方、多くのデメリットがありました。

オークション代行の4つのデメリット

  1. オークション代行手数料がかかる
  2. 手続きがめんどくさい
  3. 落札されない可能性がある
  4. 落札後にクレームになる可能性がある

しかも高く売れる可能性も正直なところそこまで高くありません。

リスクとリターンの兼ね合いを考えると、業界に精通している玄人であればオークション代行はオススメできますが、素人には全くオススメできません。

実際にオークション代行も流行っていないしね!もし、仮にいい売り方だったら、もっと普及しているはずだよ!
クルサテ

車を売るなら買取業者がオススメ

車を売るのは、下記5つの方法があります。

車の売却5つの方法

カー君
どの車売却方法がいいのかさっぱり分かりません
そう言われると思ったから、重要項目で点数付けしたよ。
クルサテ

5つの車売却方法を「手間、安心・トラブル、売却金額」で点数付けしました。

車を売る方法手間安心・トラブル売却金額総合点
車下取り11
車買取業者1社10
車一括査定
(車買取業者複数→1社に絞る)
11.5
オークション代行
(業者オークション)
8
個人売買(他人)7
個人売買(親・兄弟など)12
カー君
ディーラー下取りか買取業者(複数)がいいってこと?
そうなるね!下記にまとめておくよ!
クルサテ

車売る方法のオススメランキング

  • 1位:個人売買(親・兄弟・親戚など)
  • 2位:車一括査定(複数の買取業者→車買取業者1社)
  • 3位:車下取り
  • 4位:車買取業者
  • 5位:オークション代行
  • 6位:個人売買(ヤフオクなど)

オークション代行に比べ、車買取業者が勝っている点は、確実に売却できるという安心感

さらには、オークション代行よりも結果的に高く売れる可能性も秘めています。

車買取専門店とは

車買取業者に複数査定すると買い叩かれない

車買取業者1社にするとどうしても足元を見た査定額になりがち。

そこで、買い叩かれない鉄則が複数業者に査定を取ること。

1社だけだと足元を見た査定をされますが、複数社いることで競合を意識させて高い査定額を実現できるのです。

カー君
高く売れるのは重々承知なんだけど、複数社回るの面倒なんですが・・・
そこでオススメなのが車一括査定サービスだよ!

間違いなく罰則金以上で高く売れるよ!

クルサテ

一括査定を利用するとカンタンに複数社依頼できる

車一括査定を使うとカンタンに複数社に依頼ができます。

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

一度に複数の車買取店による競合をさせることも可能。

短時間で労力をあまりかけずに最高の結果を得ることができるのです。

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「ナビクル車査定」については、総合点ではナビクル車査定に軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの特徴

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの特徴

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「ナビクル車査定」

ナビクル車査定の評価チャート

ナビクル車査定の特徴

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

ナビクル車査定 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の特徴

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

あなたの車を買取強化している業者が見つかる

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

車一括査定のオススメについては下記記事で詳しく解説しています。

車一括査定のオススメ
【2020年最新版】車一括査定サイトの選び方とオススメランキング決定版

車一括査定は一気に何社もの車買取店へ、査定のオファーができるサービス。 車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると ...

続きを見る

まとめ

  • 売却された車の多くは、オークション市場に流れる
  • オークション市場は業者しか参加することができない
  • オークション代行業者はあるが、デメリットが多く素人にはオススメできない
  • 素人にオススメは買取業者で高く売るなら車一括査定「カーセンサー」を使う

サイト内検索

キーワードから検索

-車売却
-,

Copyright© クルサテ , 2020 All Rights Reserved.