車 一括査定/車買取 一括査定/車査定/車買取

最終更新日:2017年3月15日

自信をもってオススメする車買取の一括査定!

クルパスが自信をもってオススメする車買取の一括査定!
インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されている「車買取の一括査定サイト(サービス)」。

 

車買取の一括査定サイトを利用してみたいけど・・・

  • そもそもどういう仕組みなのか?メリットは?
  • 利用してもトラブルがないのか?デメリットは何だろうか?
  • 沢山あるけど、結局どれがオススメなの?

など迷いも多いのではないでしょうか。

 

本ページでは、車買取一括査定の知識が全くない初心者の方でも、車買取一括査定を“正しく”理解できるように、包み隠さずお伝えしています。

 

包み隠さずと書いている理由が、車買取一括査定の公式サイトを見ても、都合が悪いことは書いていないことが多く、“正しく理解しないままに申し込んでしまい”不満をもつ人が多くいるためです。

 

ただし、車買取一括査定が悪いサービスかというと、全然そんなことはありません。

 

車買取一括査定はとても優れたサービスであり、正しく利用すれば得するサービスであることに間違いありません。

 

本ページでしっかりとデメリットをお伝えすることで、不満をもつ人をひとりでも多く無くしたい、ひとりでも多くの人に高価買取してもらいたいと思っています。

 

このページを読み終わるころには

  • 車買取一括査定を本当に申し込むべきかどうか
  • 高く売るには何がポイントになるのか、注意すべきなのか
  • 車買取で失敗しないためにはどこの一括査定がオススメか

が間違いなく理解できているでしょう。

 

初めての方でもすらすら読める内容になっていますので、安心して読み進めてください。

 

結論を先にお伝えすると、筆者が17社のサイトから厳選したオススメサイトは「カーセンサー」です。

※本サイトでは「車買取の一括査定」「中古車買取の一括査定」は全て「車一括査定」として表現します。

 


 目次 ※重要な項目は★を付けています。★のみを見て頂いても問題ありません。
1.車一括査定は信頼しても大丈夫?
★2.車一括査定の流れとメリット・デメリット
★3.車一括査定サイトを利用した人の評判・口コミ
4.買取業者からの電話を防ぐ方法
5.車一括査定サイトに申し込む上で心得ておく4つのポイント
6.車一括査定でよく利用されているサイトと特徴
★7.車一括査定サイト(サービス)のオススメランキング
8.車を売る上で準備すること
9.車売却方法は車一括査定だけではない
10.まとめ

 

1.車一括査定は信頼しても大丈夫?

車一括査定は信頼しても大丈夫?
結論、大丈夫です。

 

本サイトで紹介している車一括査定サイトは、基本的に上場している運営会社もしくはグループ会社、かつ筆者が実体験をして問題無かったところに厳選しています。

 

もちろん、上場会社だからといって全てが安心とは言い切れませんが、1つの参考にはなるでしょう。

 

下記、車一括査定が「いつから運営されているか」をまとめました。

各車一括査定サイトの運営開始年まとめ

  • カーセンサー 2008年~
    株式会社リクルートカーセンサー(東証一部上場のグループ会社)
  • ズバット車買取 2003年~
    株式会社ウェブクルー(元マザーズ上場)
  • かんたん車査定ガイド 2007年~
    株式会社エイチームライフスタイル(東証一部上場のグループ会社)
  • 楽天オート 2008年~
    楽天株式会社(東証一部上場)
  • カービュー 2000年~
    株式会社カービュー(ヤフーの子会社)

どのサイトもこれだけ長く運営を続けてられているのも、顧客満足度が高い証拠だと言えます。

 

しかもあなたは無料で利用することが可能です。

 

では、車一括査定の運営会社はどのように売り上げを上げているのでしょうか?

 

1-1.車一括査定の運営会社はどうやって売上を上げているの?

車一括査定の流れを「運営会社の立場から見て」カンタンにまとめます。

 

  1. 車を売ろうとしている見込み客(あなた)を集める
  2. 見込み客(あなた)が「車一括査定」を申し込む
  3. 見込み客の情報(あなたの情報)を車買取業者に提供する

 

ここの3つ目「見込み客の情報(あなたの情報)を車買取業者に提供する」がポイントです。

 

つまり車買取業者にとっては、車を売ってくれそうな見込み客(お客さん)を紹介してもらっているわけです。

 

その紹介料として、車一括査定の運営者に車買取業者がいくらかをお支払しているというわけです。

 

さらに詳細が知りたい方は「車一括査定が無料の理由を解説」で詳しく解説していますのでご確認ください。

 

無料ということもあり、多くの人は気軽に車一括査定を申し込んでしまいます。

 

さらには、サイト運営会社も申込者を増やしたいため、都合が悪いことを書いていないの事実があります。

 

気になる都合が悪いことは何か?ですが、次の章でお伝えしていきますので、このまま読み進めてください。

 

ではいよいよ本番です。筆者があなたの立場に立って

  • 車一括査定の流れとメリット・デメリット
  • 車一括査定の評判とトラブル事例
  • 最終的に車一括査定はどこがオススメなのか

をまとめましたので、詳しく解説していきます。

 

早いところ車一括査定のオススメサイトが知りたいという方は、下記よりご確認ください。

 

2.車一括査定の流れとメリット・デメリット

まず最初に車一括査定が「どういう流れや仕組みになっているのか」についてお伝えします。

 

2-1.車一括査定の流れと仕組み

車一括査定は、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービスです。

 

全体の流れを説明すると下記のとおりです。丁寧に説明しているため、少し長く感じますが、車一括査定の申し込みまでで考えると「5分」程度あれば、終わります。

車一括査定の流れ

 

【インターネットで申し込む】
①車一括査定サイトにて「クルマの情報(メーカー、車種、走行距離)」と「個人情報(名前、住所、電話番号など)」を入力。(※入力項目は、サイトにより多少異なります。)
②査定依頼する買取業者を選択・確認の上、査定(見積もり)依頼をする。

【買取業者との調整・交渉】
③選択した買取業者より、申し込んだ数分以内(大体5分以内)に電話が掛かってきます。
④各買取業者と出張査定の日時を調整します。
⑤指定した日時に買取業者が自宅に訪問するので、査定をしてもらい交渉し査定額(見積もり)を出してもらいます。
⑥満足した買取業者と売買契約を締結します。
⑦引き渡し日に買取業者に車を引き渡す OR 店舗に持っていく

【入金を確認】
⑧入金日に入金されているのかを確認する

 

なんとなく上記を見ると、時間が掛かりそうな気がしますが、先ほども説明したとおり車一括査定の申し込み自体は5分程度で終わります。

 

また、車一括査定の申し込み~車の引き渡しまでを当日中に行うことも可能です。

 

2-2.車一括査定のメリット・デメリット

次に車一括査定のメリットとデメリットを下記表にまとめました。

メリット 複数の買取業者に同時に査定依頼が出来るため、業者間の競争(他社には買取されないように頑張る)が生まれて高い査定額が出る確率が上がる=愛車が高く売れる可能性がグッと上がる=高価買取が期待できる
デメリット 複数の買取業者から一度に沢山電話が掛かってくるので、電話対応と調整が大変でメンドクサイ

 

デメリットとしては、買取業者から電話がたくさん掛かってくることです。

 

文字で書くと軽く聞こえてしまうかもしれませんが、本当にビックリするぐらい早く掛かってきます・・・

 

実際にTwitter上のリアル口コミを見ても、電話がたくさん掛かっていて、ビックリしている人がたくさんいます。


 

これは正直なところ車一括査定=複数の買取店に査定依頼というサービスの特性上、ある意味仕方ない事です。

 

ただし、どうしても嫌という方のために、電話を少なくする方法はありますので、のちほど紹介いたします。

 

車一括査定のメリットは「愛車が高く売れる可能性がグッと上がる=高価買取が期待できる」ということです。

 

実際に下記のように複数の買取業者に査定してもらうことで+数十万円高く売れています。

 

中古車というのはこの世に1台しかないもの。

 

つまり定価というものが存在しないため、どれだけでも高くなる可能性はあるし、0円の可能性もあります。

 

このように価格が曖昧なものほど、プロ複数人に査定をしてもらう・入札をしてもらうことで、車の価値基準が見えてくるのです。

 

結論、「車一括査定」というサービスは、とても理に適っています。

 

 

念のため車一括査定を利用するとどれぐらい高く売れるのかまとめてみました。

 

2-3.車一括査定はどれぐらい高く売れるのか

「ディーラーの下取り」や「車買取店1社」の時と比べて、車一括査定を利用することで「どれぐらい高く売れたのか」を調査しました。

 

もちろん車両情報(メーカーや車種・走行距離・グレード・モデル等)の条件により、査定相場は日々変動しますので一例として参考ください。

 

車下取り

車買取り

オークション
車一括査定

通常
車一括査定

最大と最小の
査定額の差

スズキ ワゴンR FX
2007年式 3万キロ

25万

30万

32万

43万

18万

ホンダ フィット 1.3G_F
2009年式 3万キロ

24万

36万

38万

45万

21万

ダイハツ ムーヴ Xリミテッド
2008年式 3万キロ

27万

31万

31万

40万

13万

トヨタ アルファード 350S“C
2008年式 4万キロ

172万

175万

178万

200万

28万

日産 セレナ 20S
2008年式 6.5万キロ

50万

50万

52万

80万

30万

※2017年2月時点で、あくまでも参考値
※車下取りの出典元:トヨタの下取り参考価格より
※車買取と車一括査定の出典元:みんカラ下取り相場より
※買取額の差は、一番高い買取額と一番低い買取額の差


こちらの結果を見ていただくと、どの売り方が一番高く売れるのか一目瞭然ですね。

 

どの売却方法が高く売れるのかまとめ

  • ディーラー下取りの買取額が、一番低くなることが多い
  • 車一括査定を利用するのが、一番高く売れることが多い
  • 買取額で見ると、数十万以上アップしている

 

以上のことから、筆者の見解をまとめると、車一括査定は車を売る意欲がある人には、高く売れる確率がぐっと上がるとてもよいサービスです。

 

ただし、車を売る気が無く価格のみを知りたいという人には、少し不向きなサービスと言えます。

 

車一括査定を紹介しているサイトで「匿名」で申し込めると書かれていますが、もちろん不可能です。

 

ただし、買取業者からの電話を少なくする方法はありますので、のちほど紹介します。

 

 

上記はあくまでも筆者の見解になります。客観的な評判を知るために「実際に車一括査定を利用した人の評判」を調査しましたので、次の章にてお伝えします。

 

3.車一括査定サイトを利用した人の評判・口コミ

それでは、実際に車一括査定サイトを利用した人の評判や口コミはどうなのでしょうか?

 

お悩み相談サイトの大手「Yahoo知恵袋」と「教えてGoo」を参考に車一括査定サイトに対しての口コミを調査してみました。傾向としてまとめると下記です。

良い評判/悪い評判のまとめ

【良い評判】
・下取りに比べて数十万以上、買取価格がアップした
・自分が想定していたよりもずっと高く売れた
・申込みがネットで簡単で直ぐに終わった

【悪い評判】
・買取業者からの電話が沢山掛かってきて対応が大変だった
・買取業者が予想以上にしつこかった
・一括査定を利用したのに、1社からしか電話が掛かってこなかった

上記を見てもやはり車一括査定の利用者は、車が高く売れて満足している人が多いことが分かります。

 

一方でデメリットでもお伝えしたように、買取業者から沢山電話が掛かってくるという不満も多いことが分かります。

 

3-1.車一括査定のトラブル事例

実際に国民生活センターのトラブル事例で、以下のようなコメントがあります。

【事例7】車の価値を見るために査定サイトを利用したら・・・
インターネットで、無料で自動車を査定するサイトがあったので、現状の車の評価をしてもらうために依頼したら、多数の業者から買い取りの勧誘電話がかかってきて困っている
後日サイトの詳細を見たら、6 社に対して同時に査定依頼する仕組みになっており、依頼した以外の業者から電話がかかって来る場合があるとの記載があった。文字が小さく、目につきにくいので気がつかなかった。こんなに勧誘の電話があることがわかっていたら査定は依頼しなかった。
(2011 年 10 月受付 40 歳代 男性 給与生活者 大阪府)
※参考元:国民生活センターの「増加する自動車の売却システム」より

 

これらの「電話がたくさん掛かってくる」という不満やトラブルの原因を突き詰めると、車一括査定を申込した本人が「電話が掛かってくると思っておらず、準備が出来ていなかった」ためです。

 

もうここを読んで頂ているあなたであれば、電話が掛かってくることは理解頂ていると思いますので、とくに大きな不満やトラブルになることはないでしょう。

 

また、電話がたくさん掛かってくるという事は、裏を返すとあなたの車を買取したい業者が多い=高価買取の可能性が高いという裏付けでもありますので、前向きの捉えましょう。

 

ただし、どうしても買取業者からの電話連絡が嫌だという人もいるでしょう。

 

そこで次の章にて買取業者からの電話連絡を回避する方法についてお伝えします。

 

4.買取業者からの電話を防ぐ方法

買取業者からの電話を防ぐ方法
車一括査定を申し込むと買取業者からの電話はたくさん掛かってきます。

 

まず沢山の電話が嫌だという人であれば、査定依頼する買取業者を2~3社に絞りましょう。

 

また、電話を取らないと何度も何度もしつこく電話が掛かってきますので、電話を取ってしまって「メールで要件をお願いします」などと伝えた方がいいです。

 

そもそもどこの買取業者とも電話するのが嫌だという人は、完全に電話を0にすることはできませんが、リクルートが運営するカーセンサーを利用する手があります。詳細は「車一括査定をメールのみで行う方法」をご確認ください。

 

4-1.オークション形式の車一括査定を使うのも手

さらに、今では車一括査定の弱点である電話が掛かってくるというのを克服したサービスが出てきております。

 

それは「オークション(入札)形式の車一括査定」。

 

最近、特に利用者が伸びているのがユーカーパックというサービスです。

 

電話はユーカーパックが提携している第3者の査定士のみで、その査定結果をもとに車買取業者がネット入札をしていくというモデル。

 

あなたは、ネット上で入札結果(買取額)を気楽にチェックすればいいので、気分的にも楽です。

 

欠点を上げるとすると、大手の買取業者(ガリバーやビッグモーター・アップルなど)が参加していないことでしょう。

 

ここまでが、車一括査定サイトのサービス説明でしたが、いかがでしたか?利用する/利用しないが判断付きましたか?

 

 

ここからは、車一括査定を利用しようと思った方に向けて、心得ておく4つのポイントについてお伝えします。

 

5.車一括査定サイトに申し込む上で心得ておく4つのポイント

車一括査定サイトに申し込む上で心得ておく4つのポイント
車一括査定を申し込もうと考えている人に向けて、事前に知っておきたい4つのポイントについてお伝えします。

 

事前に都合のよい日時を決めておく

車一括査定を申し込むと、数分後には買取業者から電話が掛かってきます。

 

電話の内容としては、出張査定の日時の問い合わせで、下記のような会話です。

 

買取業者:実際に車を見せてもらっていいですか?私から伺いますので、ご都合がよろしい日時はいつでしょうか?

 

ですので、予め都合のよい出張査定の日時を決めておきましょう。

 

1社目で売らないという意志をもつ

買取業者が自宅に査定に来る前に、以下の事を頭に入れておきましょう。

 

買取業者は1台でも多く、しかも安く買い取りたくて仕方ありません。

 

よく1社目の買取業者におされて、そのまま契約してしまう方がいますが、よほどの事が無い限り、最低でも3~4社に査定してもらった方が高く売れる可能性はグッと上がります。

 

下記、Twitterの口コミでも実際に語られています。

 

また、いくらだったら売ってくれるのか?と割としつこく聞かれます。

 

愛車の適正価値を分かっている方、もしくはこの値段であれば売ってもいいという明確な答えを持っている方以外は答えるのを控えた方がいいでしょう。

 

相手から先に査定額を伝えてもらい、愛車の価値がとれぐらいなのか感覚を掴み、次の買取業者の交渉材料に使いましょう。

 

車買取業者との交渉術を知っておく

車買取業者との交渉術を知っておく
あなたは車を高く売りたいと思っているのに対して、車買取業者はあなたの車をなるべく安く買いたいと思っています。

 

そこで交渉に臨む前に、下記3つのポイントを抑えておくようにしましょう。

  • 買取業者の営業マンに査定額を言わせるようにする(1社目)
  • 査定額より少し上乗せしていう(2社目以降)
  • プラス材料になるもの(純正品など)を積極的に伝える

 

出張査定してもらう前に車を綺麗にしておく

車買取業者は、あなたの車をどう評価して査定額を算出しているのか分かりますか?

 

多くの人は「車の価値分しかみていない」と考えがちですが、実はその車のオーナーの特徴や性格も見ていることがあります。

 

つまりオーナーが車を大事に使っていたか否かを見ています。

 

大事に使っていた車と大事に使っていなさそうな車、どちらが高く売れそうか分かりますよね?

 

買取業者に査定してもらう前に、洗車と車内を綺麗にして、「私、普段から綺麗に使っています!」をアピールできるようにしましょう。

 

洗車等をしていると、小さな傷が気になってこれ直したほうがいいのでは?と思われるかもしれませんが、基本的には直さないでください。

 

さらに、修理工場に頼むぐらいの傷や凹みの場合は、直すと修復費用が掛かるので、査定額と差し引きすると返ってマイナスになるケースがほとんどどです。

 

洗車と査定額の関係については実際に査定士にヒアリングしてみました。詳細は「車査定前に洗車すると本当に査定額はよくなる?中古車査定士にヒアリングしてみた」をご確認ください。

 

上記4つのことが頭に入っていればいよいよ車一括査定を申込みしましょう。

 

 

次からさらに深堀して各車一括査定サイトの特徴や違いを説明します。

 

正直なところここは少し細かい説明になり、絶対に知っておくべきことでもありません。

 

ここまで見て頂き満足いただけた方は、「7.車一括査定サイト(サービス)のオススメランキング」に進んでください。

 

6.車一括査定でよく利用されているサイトと特徴

車一括査定でよく利用されているサイトは、最初に紹介した車一括査定サイトで全体の90%を占めています。

 

2016年の車一括査定サイトの利用者数とシェアは下記の通りです。

各車一括査定サイトの利用者数とシェアまとめ

※参考元:2015年版中古車流通総覧+ガリバー社のヒアリングより

 

これらのサイトは、「一回の申込みで車の買取業者に一括で査定依頼をする」という大前提は同じですが、サイト毎に少しずつ特徴が異なります。

 

どのように違うのでしょうか?

 

次にそれぞれの車一括査定サイトの特徴が一目で比較できるようにまとめてみました。

 

6-1.車一括査定サイトの特徴一覧表

2016年最新の利用者が多い車一括査定サイトの特徴を一覧表にまとめてみました。

 

赤字になっているところは、他サイトに比べて劣っている点、青字になっている点は他サイトに比べて優れている点です。

ズバット車買取

カービュー

カーセンサー

かんたん車査定ガイド

楽天オート

運営会社 ウェブクルー カービュー リクルートカーセンサー(リクルートのグループ会社) エイチームライフスタイル(エイチームのグループ会社) 楽天

サービス開始年

2003年 2000年 2008年 2007年 2008年
利用料 無料 無料 無料 無料 無料
提携業者数 約220社 約212社 1,000社以上 約55社 約70社
最大査定依頼数 10社 10社 30社 10社 10社
対応地域 全国 全国 全国 全国 全国

査定依頼が出来る業者の確認と選択

可能 可能 可能 不可能 可能

必須入力項目数

9項目 9項目 15項目 9項目 13項目
入力時間 1分 1分 3分 1分 3分

累計利用者数(※15/11)

100万人 390万人 不明 160万人 不明

2015年度利用者数

18万人 15万人 12万人 35万人 5万人
特徴 入力時間と提携業者数などでバランスがよい ・トヨタの子会社T-UPと提携
・累計利用者数No.1
・提携業者数No.1
・メールのみを希望すれば、電話数を減らせられる
・査定前にネットで相場が分る
・JADRI団体に加盟した優良業者のみ
・査定申込みで5ポイント
・売却成約で1,500ポイント
オススメな人 無難重視な方 実績重視な方 とにかく沢山の業者に見てもらいたい方 相場を直ぐに知りたい方 楽天で買い物をよくされる方
公式サイト

ズバット車買取

カービュー

カーセンサー

かんたん車査定ガイド

楽天オート

※各サービスHPより

また、各サイト共に利用者や申込者に対してキャンペーンを行っています。

 

各サイトのキャンペーンについては、「車一括査定のキャンペーン状況を徹底解説【2017年最新版】」をご確認ください。

 

 

続いて、車一括査定サイトへの大手買取業者の参加状況について調査しました。

 

6-2.車一括査定サイトへの大手買取業者の参加状況

大手の買取業者が全ての車一括査定サイトに参加しているわけではありません。

 

ここでは、大手の買取業者がどの車一括査定サイトに参加しているのか一目でわかるように比較表を作りました。

 

 

ズバット車買取

カービュー

カーセンサー

かんたん車査定ガイド

楽天オート

ガリバー
22万台

ラビット
12万台

T-UP
7.2万台

アップル
6.5万台

カーチス
4.0万台

ユーポス
4.0万台

カーセブン
3.0万台

ビッグモーター
12万台

 

ズバット車買取

カービュー

カーセンサー

かんたん車査定ガイド

楽天オート

※中古車流通総覧2015、ビッグモーターはHPより
※買取業者の下にあるxx万台は、2014年の買取台数


表を見るとわかる通り、車一括査定でシェアNo.1(2015年)のかんたん車査定ガイドは、大手のラビット、ユーポスと提携していません。

 

また、累計利用者数No.1のカービューは、トヨタ自動車の子会社T-UPと提携しているのも特徴的です。

 

ただし、のちほど説明しますが、大手買取業者の方が高い買取額かというと、決してそんなことはありません。

 

筆者としては、中小も含めて多くの買取業者を比較できるカーセンサーをオススメしています。

 

各サイトの特徴を理解いただいた上で、筆者の見解を交えながら、車一括査定のオススメランキングを説明します。

 

7.車一括査定サイト(サービス)のオススメランキング

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:電話は1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約1分
 入札の最大買取業者数:1,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

楽天オート

 

 特徴①:一括査定の申込みで楽天5ポイント
 特徴②:成約すると楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2015年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約70社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート

 

8.車を売る上で準備すること

車を売る上で準備すること
車一括査定を利用して、どこかの車買取業者に売るとなったときに知っておきたい2つのポイントについてお伝えします。

 

これらは通常であれば、車買取業者が説明してくれますので、とくに意識することはないでしょう。

 

必要書類が揃っているのかご確認を

車の引き渡し日が決定して、いざ引き渡しとなった時にいくつか必要な書類があります。

  1. 車検証
  2. 納税証明書
  3. 自賠責保険証
  4. 実印
  5. 印鑑証明書
  6. リサイクル券

あらかじめ書類が揃っているのか、役所に印鑑証明書等を取りに行く時間があるのか確認しておきましょう。

 

また、ローン(自動車ローン)が残っている方は、残高が証明できるものがあればスムーズです。

 

もちろん、ローンが残っていても買取してもらえるので、ご安心ください。買取業者もその辺りは慣れています。

 

売買契約書をサインする前に4つのポイントを見ておきましょう

買取業者を最終的に1社に決めて、その買取業者と売買契約を締結することになりますが、売買契約にサインする前に必ず下記をチェックしてください。

  1. 買取金額の振込事項(振込日や金額の内訳について)
  2. 装備品が査定に含まれているのか
  3. その他、違う名目で手数料が掛かっていないか
  4. 引き渡し日が問題ないか

 

9.車売却方法は車一括査定だけではない

車売却方法は車一括査定だけではない
車の売却方法は、車一括査定サイトを使うだけではありません。

 

新車を購入するのであれば、最初にディーラーへの下取りが思い浮かぶでしょう。

 

ディーラーの下取りであれば、買取業者とは全く絡みませんので、当たり前ですが営業電話がしつこいといった様な事は避けられますし、何よりディーラーという安心感があります。

 

ディーラーよりも高く売りたい、でも車一括査定で申し込むと電話攻撃が嫌だと思うのであれば、ユーカーパックなどのオークション形式の車一括査定がオススメです。

 

最終的に売却方法を決断するのはあなたです。筆者は、あなたの決断材料を提供するしか残念ながらできません。

 

しっかりと自分自身でよく考えて納得する売却方法を選んでください。
(※筆者の考えとしては、そこまで迷わず一番オススメする「カーセンサーの車一括査定」を利用するのがいいと思います。)

 

念のため下記に各サービスの特徴をまとめてみました。

 

 

ディーラー
下取り

車買取店
買取査定

オークション形式

車一括査定

通常

車一括査定

査定額 ×
電話の多さ
手軽さ
トラブル
アフターケア
査定する会社 ディーラー1社 買取店1社 小規模~中規模の買取店に複数 小規模~大規模の買取店に複数
ポイント 査定額は他に比べて安くなりますが、とにかく安心を重視する方にオススメ ディーラーの下取りよりも高く売りたい方にオススメ ディーラーの下取り・車買取店よりも高く売りたい方にオススメ とにかく車を高く売りたいという方にオススメ
オススメ
サービス
新車ディーラー ガリバー ユーカーパック(Ucar査定) カーセンサー

 

10.まとめ

まとめ
車の売却方法も時代とともに変わってきています。昔は、ディーラーへの下取りがほとんどでした。

 

それがいつの間にか、車買取専門店の発展により、ディーラー下取りよりも高く買い取れるという事で、だんだん車買取店で売る人も増えました。

 

時代が変わりインターネットが普及すると、複数の車買取店に査定依頼ができる車一括査定の利用者がどんどん増えました。

 

最近では、車一括査定は営業電話がたくさん掛かってくるということで、「ユーカーパック」のような、一括オークション型のサービスが出てきて、徐々に利用者を増やしてきています。

 

今後の車買取市場がどうなっていくのか、元買取屋さんとしては注目しています。

 

(※筆者は一括オークション型サービスは利用しておりませんので、次回車を売るときは利用しようと思っています。)

 

11.筆者がチェックした17社のサイト一覧

今回の車一括査定を見極め方ガイドを立ち上げるうえで確認して一括査定17サイトを紹介します。

 

中には一部カーオークション代行も含まれています。

  1. カーセンサー
  2. ズバット車買取
  3. ズバブーン
  4. かんたん車査定ガイド
  5. ナビクル
  6. カービュー
  7. 楽天オート
  8. くるぷら
  9. 一括査定.com
  10. Goo買取
  11. 車買取EX
  12. 車高く売れるドットコム
  13. 無料車査定ナビ
  14. 一括査定プラス
  15. ユーカーパック
  16. 査定バンク
  17. カープライス
このエントリーをはてなブックマークに追加