【写真付き】傷やへこみは車査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?

傷やへこみは車査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?

車を乗っているとどうしても傷やへこみというリスクは付いて回ります。

基本的に売られた車は中古車として再販されますが、中古車を購入する人とって一番わかりやすいのが傷や凹み。

つまりキズや凹みは、廃車にしない限り修理して再販するのが通常なのです。

買取業者にしてみれば、修理代を減額するのが通例なのです。

では、どれぐらいのキズやへこみでいくらぐらいの減額になるのでしょうか?

今回は「傷が付いている車」の査定額について解説していきます。

なお、キズやへこみ以外のパーツの故障などの買取については下記記事で詳しく解説しています。

故障車はどれぐらいで車買取してもらえる?故障具合ごとに徹底解説
故障車は直してから売るべきなの?故障パーツごとの減額とオススメ買取方法

車は工業製品であることから、故障が0というわけにはいきません。 「車のエアコンが故障している」 「エンジンが動かない」 ...

続きを見る

\愛車の最高額をチェックする方法/

車は買取業者が競い合うことでどんどん査定額が上がります。

車一括査定を使うと、あなたの売却予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が自動的に競い合うため、特に交渉せずとも最高額がチェックできます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

【写真付き】キズやへこみはどれぐらい減額される?

多くの人が「小さいけど傷が入ってしまっているから、おそらく車の価値は低くなっている」と思っています。

車の査定は、基本的に加減点による方式を取っています。

そして傷がある車はほとんどの場合、傷の大きさや種類によって減点されています。

1点、多くの人が勘違いしているのが、小さなキズでも減額されると思っていること。

論より証拠!下記は事故車専門の買取業者「タウ」で公開されている買取事例だよ!
クルサテ

カー君
うわ~こんな事故でボコボコの車が数十万で売れるんだね!

事故車であっても、数十万で売れるのは見ての通りです。

キズ・へこみの減額基準

JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が定めた査定基準では下記のようになっています。

キズ、へこみの大きさ塗装で修復可能な
浅いキズ
塗装+板金で修復可能な
深いキズ
~1cm未満なし
1cm~カードサイズ未満10点(1万円)
カードサイズ~A4サイズ未満10点~20点(1~2万円)15点~50点(1.5~5万円)
A4~パネル面積の半分未満15点~55点(1.5万~5.5万)20点~80点(2万~8万)
20点~110点(2万~11万※)
※大型車の場合
パネル面積の半分~25点~240点(2.5万~24万)

ただし、上記はあくまでも基準であって、実際に減額される金額ではありません。

買取業者であれば、付き合いがある修理屋さんと繋がっている可能性が高く、減額は少なく済む可能性があります。

対して、ディーラー店の場合は、工賃が高く、修理費用も高いため、減額も大きくなります。

カー君
〇cmとか言われても、よく分からないよ!もう少しザックリ教えてよ!

キズ小:至近距離で確認しなければ分からない小さな傷は減点にならない

減額対象にならない

至近距離で確認しなければならないような小傷は、減点の対象にならないと考えてOKです。

正しくは減点の対象にはなっているが微々たる誤差であると考えて大丈夫です。

実は小傷は自動車の経年劣化と同じようにみなされ、基本的に大きな減点を受けることはありません。

小さなキズは、車が少しでも汚れていたら見ることが判断することができません。

また査定時に査定士が見落としてしまうことも多々あります。

「それほど重要ではない誤差の範囲」であると認識されています。

キズ中:少し離れた距離から認識可能な傷は1万円~5万円程度の減額あり

車のキズ:中

車のキズ:中

 

1万円~5万程度の減額

少し離れた距離からも認識ができるぐらいの傷は、1万円~5万円程度の減額がされてしまいます。

査定をする際の大前提として「中古車市場で商品として販売した際、どの程度の金額になるか」という指標があります。

「小傷程度の自動車」と「比較的認識しやすい傷を持つ自動車」の販売価格を比べると、その差は数万円程度であることが多いのです。

また場合によっては数千円程度の差額しかないこともあり、大きな差が出ないことがほとんどです。

キズ・へこみ大:大きな凹み・傷は5万円以上の減額

車のキズ・へこみ:大

車のキズ・へこみ:大

5万円以上の減額

どこからどう見ても分かるような大きな凹みや傷は、大幅な減点をされます。

具体的には5万円以上の減額は覚悟してください。

中古車の購入者は、キズ:中先に挙げた2種類の傷程度であれば「中古車だから仕方ない」という感覚を持っています。

そのため金額にそれほど大きな差が出ないのですが、大きな凹みや傷となると話は違います。

「見栄えが悪すぎる」と価値が非常に低くなってしまうのです。

カー君
ここまで大きく凹むがあると、確かに中古車を買う方も嫌だしね・・・

そのため大きな凹みや傷を持つ車を買い取った業者は、必ず修理をしてから販売することになります。

大まかな考え方としてはその修理分+αが査定額からマイナスになると思っておきましょう。

もちろん、査定で見られるポイントはキズやヘコミだけではありません。

他の査定ポイントについては下記記事で詳しく解説しています。

車の記録簿
車査定でチェックする11項目の内容と査定基準・ポイントを解説

車の査定はスタッフが独断と偏見でするものではありません。 車査定は基準があり、そのルールに沿ってチェックをしているのです ...

続きを見る

傷を治してから売るのは止めておいた方がいい

前章では傷があることで多少なりとも減点されてしまうことを説明しました。

そして金額の大小はあれど、「モトが取れるなら直しておきたい」と思うのが人情というもの。

この章では修理工場で直す場合と自分の力で直す場合の2パターンに焦点を当てて解説していきます。

修理工場に持っていく場合は間違いなく損をする

修理工場に持っていく場合のほとんどは「大がかりな傷や凹みのため、自分で修理することが困難である」と判断したものでしょう。

しかし修理工場で直すということは、コストだけに注目すると損である可能性が高いです。

修理工場では作業あたりの時間工賃と部品代の2種類の料金が取られます。

そしてその金額は工賃で1万円前後、部品代は値引きなしの定価。そのため非常に高額な修理金額になります。

また修理にかかった金額と修理前後の査定差額を比較すると、モトを取ることが非常に困難な数字を目の当たりにすることでしょう。

結果的に「時間とコストをかけてもモトが取れない」という状況に陥ってしまう場合が多いのです。

自分で治せる場合でも治さないほうがいい

自分で治せる場合でも基本的に治さないことをオススメします。

なぜなら治すことで余計にキズが広がる可能性があるから。

例えばうっすら付いてしまった傷(塗装のはげ)を消したいとします。

カー用品店には「タッチペン」と呼ばれる、部分塗装のための商品があるためそれを使いましょう。

塗装がはげた部分に少しずつ塗っていき、そこそこ綺麗にできましたか?実はこの状態では減点を回避できないのです。

査定士はもちろんですが車業界に身を置いている方であれば「あ、ここ後から塗ったな」と簡単に気付いてしまいます。

そして「そこそこ綺麗に塗った」状態であってもその部分は「元の傷と同じもの」と認識され、結局同程度の減点をされてしまうのです。

やるならばプロ並みのクオリティを出さなければ意味がなくなってしまいます。

修復歴や事故歴は嘘を付いても大丈夫?

大きな事故でキズやヘコミになっている方もいると思います。

単なるキズやヘコミと大きな事故でのキズやヘコミでは減点が大きく異なります。

そして、過去の修復歴や事故歴を隠したくなりますが、絶対にやめてください。

まぁ~ほとんどの場合、事故や修復歴を申告をせずに隠しても、ほぼ100%の確率で査定中にバレるけどね。
クルサテ

査定時にバレた場合は通常の減額はもちろんですが、査定士に「その他の部分も虚偽の申告をしている可能性がある」と思われ、非常に厳しく評価をされてしまいます。

ちなみに仮に査定時にバレずに買取され、後から発覚すると最悪の場合、賠償などもあり得ます。

「瑕疵」とは隠れた欠陥という意味。売り主(あなた)は、買主(業者)に対して不利益になるようなことはすべて伝え、さらに隠れた欠陥についても保証しなければならない。

事故歴や修復歴がある方は、必ず正しい申告をしましょう。

車査定の嘘はどれぐらいまでだったらOK?許される嘘と許されない嘘
車査定の嘘はどれぐらいまでだったらOK?許される嘘と許されない嘘

車査定においてあなたが重要視するのは「安心で高く売りたい」ではないでしょうか。 ただし、安心と高く売るは表裏一体のところ ...

続きを見る

契約不適合責任(旧瑕疵担保責任)とは?車売却では何を注意しておけばいいの?
契約不適合責任(旧瑕疵担保責任)とは?車売却では何を注意しておけばいいの?

車売却では普段の会話では出てこないような言葉が多く出てきます。 例えば「査定士」「出張査定」「記録簿」「リサイクル券」「 ...

続きを見る

また、キズやヘコミ以外の査定ポイントについては下記記事で詳しく解説しています。

車の記録簿
車査定でチェックする11項目の内容と査定基準・ポイントを解説

車の査定はスタッフが独断と偏見でするものではありません。 車査定は基準があり、そのルールに沿ってチェックをしているのです ...

続きを見る

キズ・へこみの減額以上に車を高く売る方法

キズやへこみは車買取業者によって減額が異なることはお伝えした通り。

  • 自動車ディーラー:修理費用が高いため、減額も大きくなる
  • 車買取業者:付き合いが深い修理業者がいれば、減額も抑えられる

まず、車を高く売るなら「車買取業者」になります。

そして、キズやヘコミを安く治せる買取業者に依頼すればいいってことです。

カー君
そんなこと言われても自分で探すの難しくない!
そうだよ、そこでオススメなのが車一括査定というサービスだよ。
クルサテ

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

車一括査定を使えば、修理に強い買取業者、パーツ買取に強い業者や鉄スクラップをする廃車・事故車専門業者など同時に多数依頼することが可能。

実際にクチコミを見ても高く売れている人もたくさんいます。

カー君
これは便利そうなサービスですね!
カー君
ただ、、、車一括査定で調べてみたらたくさんサイトが出てきたんですが
オススメの車一括査定は「カーセンサー」だよ!

理由は、カーセンサーはしっかりと未修復であるかどうかも判断して買取業者を選別してくれるからなんだ。

クルサテ

カーセンサーは未修復判定がある

さらに、カーセンサーは参加業者数が圧倒的に多いため、より高く買い取ってくれる業者が見つかりやすいってわけ。
クルサテ

各一括査定の参加業者数

  • カーセンサー:1,000社以上
  • 楽天カーサービス:100社以上
  • ナビクル車査定:40社以上
  • 車査定・買取の窓口:1社のみを厳選紹介

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

もしカーセンサーを利用しても買取業者が見つからない場合は、次の紹介する「ハイシャル」がオススメです。

廃車・事故車専門業者のハイシャル

万が一の事故や、もう価値がないと諦めていた車の買取時で、頼りになる事故車専門業者はいくつか存在。

中でもオススメなのが「ハイシャル」です。

ハイシャルの3つの特徴

ハイシャルが特にオススメな理由は、以下の3つの特徴があるから。

  1. どんな車でも0円以上の買取保証
  2. 廃車に関わる全ての費用が無料
  3. PC、電話と365日年中無休で対応
0円以上の買取保証

ハイシャルでは、全国1,000社以上の専門協力業者の中から、もっとも高く売れる販路で販売することで、0円以上の買取を実現しています。

年式が古く、距離が走っている車の場合には、海外輸出を得意とする業者へ、破損が大きいケースでは、リサイクル部品として。

さらに、まだ中古車として再販できる車は、高く買取ってくれる中古車販売店に転売。

各専門業者のニーズに合わせることで、その車の価値を最大限に引き出しているのです。

廃車に関わる全ての費用が無料

全国1,000社以上の専門協力業者と提携しているハイシャルでは、レッカー代や搬送料が無料。

さらに、書類手続きを行うスタッフを内製化することで、余分なコストをカット

陸運局での廃車の申請はもちろん、車検証の紛失や遺産関係などの特殊な案件でも、追加費用が掛かることはありません。

PC、電話と365日年中無休で対応

ハイシャルでは、365日年中無休で専門家に相談ができます。

廃車という取引は、生涯のうちでそう何度も経験することではありません。

さまざまな方法でサポートを受けることができるのは、心強いサービスと言えるでしょう。

どんな車でも0円以上の買取保証付き

ハイシャル 公式サイト

※全国対応、レッカー代や書類代行費用も無料対応

査定を受ける前にしておきたい3つのこと

さらに査定額を上げるために下記3つの事をしておくといいでしょう。

  1. 洗車
  2. 清掃
  3. 純正戻し

①洗車

洗車は査定前に絶対実施しておいた方が良い項目です。

そのもっとも大きな理由は「査定士も人間だから」。

感情論ではありますが、仮にあなたが汚い車と綺麗な車を査定する際、どちらの査定結果が高得点であるかは明白ですよね。

査定士も同様に、汚い車=雑に使用された車という先入観を持って査定をしてしまうため、良い結果を出しづらくなってしまうのです。

またその他の理由としては、「汚れを傷と見間違ってしまい本来の査定結果が出せなくなる」というものがあります。

小傷と評価したものであっても実は汚れのかたまりであった等意外にも見間違えは起こりやすいのです。

綺麗にしておいて損はありません。最後に綺麗にして愛車を気持ちよく送り出してあげましょう。

清掃

車内の清掃も洗車と同様の理由でしておいた方が良いでしょう。

査定項目の中には内装に関わる部分もあるため、綺麗にしておかなければなりません。

車査定前に洗車や内装を掃除しておくと本当に査定額は上がるの?

「車をどうせ売るなら高く売りたい!」 これは誰もがどう思うはず。 そして多くの人が思いつくのが、「車査定前の洗車」「内装 ...

続きを見る

純正戻し

ヘッドライトをはじめとする各種部品に社外品が使われている場合は、できる限り純正に戻しておくことをオススメします。

なぜかというと「中古車市場では純正品を使用している車両の需要がある」ためです。

よく勘違いされるのは「このヘッドライト○○万円の高級品だよ」と言って査定額を釣り上げようとする方がいますが、非常に効果は薄くあまり意味がありません。

需要の高い純正品に戻して査定をすることで査定額が変わる可能性大です。

まとめ

  • キズやヘコミは思っているほど減額されない
  • 査定前に修理するとかえって高くなってしまう
  • ディーラーによる車下取りよりも買取専門店の方が高額査定をしてくれる
  • 車一括査定「カーセンサー」を利用すると簡単に査定額の最高額が出せる

クルサテキャンペーン

クルサテキャンペーン

サイト内検索

キーワードから検索

-車売却
-,

Copyright© クルサテ , 2020 All Rights Reserved.