車査定でチェックする11項目の内容と査定基準・ポイントを解説

車の記録簿

車の査定はスタッフが独断と偏見でするものではありません。

車査定は基準があり、そのルールに沿ってチェックをしているのです。

この記事を書くにあたり、その基準と車査定に使われるチェックシートを入手。

査定士が確認するポイントを全て明らかにしています。

  • 車査定ってどこをチェックするの?
  • 事前にできる対策はあるの?
  • どんな状態だとプラス査定になるの?

この記事は、そんな疑問の全てにお応えする内容になっています。

実際に車査定に使われるカーチェックシートを用いてポイントを紹介しているため、最後まで読めば査定士の行動が全て分かります。

事前にできる対策を講じておくことで、ベストな状態の車を査定してもらえるようになるでしょう。

車査定に使うチェックシートを見れば査定ポイントがわかる

カー君
車査定ってある意味車の品定めってことだから、何をチェックされるのかわからないと怖よね。
車は基本的に査定ポイントが決まっていて、チェックシートに傷や汚れの状態を記入していくだけなの。
クルサテ

JAAIの車査定チェックシート

※画像出典:JAAI「カーチェックシートをマスターする」より

これは、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が公開している、カーチェックシートというもの。

JAAIは車の査定基準を作っている団体で、いわば車査定におけるパイオニア的存在。

そのJAAIが、車査定時に確認すべき項目を1枚のチェックシートにして公開しているのです。

車買取業者は、原則、このカーチェックシートを参考にして車査定を行うの。
クルサテ

このカーチェックシートは、以下の11項目に分かれていて、それぞれ所定のルールに従って点数を記入していきます。

項目内容チェックするポイント対策
1.カーチェックシートの欄外車のクラスなどを記入車種
ハンドルの位置
輸入車かどうか
なし
2.仕様の欄車の仕様を記入ドア数
トランスミッションの方式
なし
3.転記の欄車検証の情報を記入車検証
自賠責保険証明書
リサイクル券
定期点検記録簿
事前に書類を用意する
4.車両図の欄外装の傷などの情報を記入ボディのキズ、凹み、汚れ
エアロパーツの有無
ドアの開閉
アンテナ
窓のヒビや割れ
ルーフの凹み
ライトのヒビや割れ
落とせる汚れは洗車で落とす
5.重点項目チェックの欄走行距離などの情報を記入走行距離なし
6.内装シート図の欄内装の汚れなどを記入室内の汚れ、匂い
喫煙歴
ペット同乗歴
シートの状態
ハンドルの状態
スペアタイヤの有無
ヘッドレストの有無
カーナビ
オーディオ
落とせる汚れはクリーニングし綺麗にしておく
7.車両本体の欄走行に支障がないかを記入エンジンの異音
オイル漏れ
足回りの状態
電装品の作動
バッテリー残量
事前に自分で確認しておく
8.タイヤ・ホイールの欄タイヤの情報を記入タイヤの溝
ホイールのキズ
なし
9.商品価値の欄走行距離、修復歴の有無を記入走行距離
修復歴
改造歴
もとに戻せるカスタムは純正に戻す
10.装備品の欄車両の装備品を記入スペアキーの有無
純正装備の動作確認
純正部品の有無
事前に用意しておく
11.価格計算の欄査定結果を記入  
カー君
これだけ見てもサッパリわからないよ!
それはそうね…。これから、わかりやすく説明していくよ!
クルサテ

車査定の基礎知識

カーチェックシートの中身を解説する前に、車査定の基礎知識をカンタンに説明します。

車査定は点数制となっており、10点で1万円と決まっています。

JAAIの査定点数の例

※画像出典:JAAI「中古自動車査定基準及び細則」より

これはJAAIが公開している査定マニュアルの中の1枚。

画像は外装の査定基準を表にしたものですが、赤枠の中を見ると点数が記されているのが分かります。

チェックシートには、この査定基準に従って点数を記載していき、最後に総合点を出して査定額を算出する流れとなっています。

例えばボンネットに大きな板金歴があれば70点の減点、つまり7万円のマイナスということね。
クルサテ

次章では、この基礎知識を基に、車査定ではどんな点をチェックされるのかを紹介していきます。

車査定でチェックされる11のポイント

前章で紹介したカーチェックシートには、11の記入項目があります。

本章では、そのポイントを一つずつわかりやすく解説。

どんな状態がプラスで、どんな状態がマイナスなのかを紹介していきます。

先にどんな点をチェックされるのか一覧表で紹介しておくよ!
クルサテ
項目内容チェックするポイント対策
1.カーチェックシートの欄外車のクラスなどを記入車種
ハンドルの位置
輸入車かどうか
なし
2.仕様の欄車の仕様を記入ドア数
トランスミッションの方式
なし
3.転記の欄車検証の情報を記入車検証
自賠責保険証明書
リサイクル券
定期点検記録簿
事前に書類を用意する
4.車両図の欄外装の傷などの情報を記入ボディのキズ、凹み、汚れ
エアロパーツの有無
ドアの開閉
アンテナ
窓のヒビや割れ
ルーフの凹み
ライトのヒビや割れ
落とせる汚れは洗車で落とす
5.重点項目チェックの欄走行距離などの情報を記入走行距離なし
6.内装シート図の欄内装の汚れなどを記入室内の汚れ、匂い
喫煙歴
ペット同乗歴
シートの状態
ハンドルの状態
スペアタイヤの有無
ヘッドレストの有無
カーナビ
オーディオ
落とせる汚れはクリーニングし綺麗にしておく
7.車両本体の欄走行に支障がないかを記入エンジンの異音
オイル漏れ
足回りの状態
電装品の作動
バッテリー残量
事前に自分で確認しておく
8.タイヤ・ホイールの欄タイヤの情報を記入タイヤの溝
ホイールのキズ
なし
9.商品価値の欄走行距離、修復歴の有無を記入走行距離
修復歴
改造歴
もとに戻せるカスタムは純正に戻す
10.装備品の欄車両の装備品を記入スペアキーの有無
純正装備の動作確認
純正部品の有無
事前に用意しておく
11.価格計算の欄査定結果を記入  

それでは、各項目の詳細を見ていきましょう。

1.【査定への影響度:小】カーチェックシートの欄外

JAAI

※画像出典:JAAI「査定ってなに?」より

カーチェックシートの欄外というのは、車自体のクラスや駆動方式、輸入車かどうかという情報を記入するもの。

車両クラスというのは車自体の大きさや排気量によって、ランク分けがされているの。
クルサテ

車両クラスには「特・Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・軽」と別れております。

クラス別の代表車種一覧

  • 特(特大型車):センチュリー、レクサスLSシリーズ、シーマ、レジェンドなど
  • Ⅰ(大型車):クラウン、MIRAI、IS、アリスト、フーガ、セドリック、レジェンド、フェアレディZ、センティア、アルファード、ベルファイア、エルグランドなど
  • Ⅱ(中級クラス):マークX、カムリ、コンフォート、マークⅡ、スカイライン、プレサージュ、ティアナ、ローレル、アコードハイブリッド、オデッセイ、MPV、RX-8、ハイエース、エスティマ、キャラバン、デリカD:5など
  • Ⅲ(中型車):イプサム、86、セリカ、プリウス、プリウスα、アイシス、ウィッシュ、ラフェスタ、シルビア、リーフ、ジェイド、アコード、インサイト、ストリーム、ロードスター、プレマシー、アテンザ、エスクァイア、ノア、ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンなど
  • Ⅳ(コンパクトカー):ソリオ、スイフト、インプレッサ、ブ0ン、トール、カローラスパシオ、カローラルミオン、ヴィッツ、パッソ、イスト、ラクティス、アクア、ノート、キューブ、グレイス、シャトル、フリード、フィット、デミオ、ベリーサなど
  • 軽(軽自動車):アルト、ワゴンR、スペーシア、MRワゴン、ムーヴ、ウェイク、キャスト、ミラ、タント、コペン、ピクシス、デイズ、モコ、N BOX、N-ONE、ライフ、AZワゴン、ekワゴンなど

これはJAAIが定めているものなので、査定価格が上がるコツなどはありません。

車の仕様を記入されるだけなので、気にする必要はない項目と言えます。

2.【査定への影響度:小】仕様の欄

JAAIチェックシートの仕様の欄

仕様の欄には、ドア数やボディタイプが記入されます。

これも車の仕様が記入されるだけなので、特に気にすることはありません。

3.【査定への影響度:小】転記の欄

JAAIチェックシートの転記の欄

転記の欄には、車検証に記載されている所有者やナンバープレートの情報が記入されます。

車査定の際には、「車検証、自賠責保険証明書、リサイクル券」がチェックされ、査定している本人の車かどうか、車検が残っているかどうかという基本的なことを確認されます。

JAAIでは車検残は下記のようにプラス査定になります。

車検残によるプラス査定

車検残加点

※画像出典:JAAI「車検残加点」より

車査定はまず書類のチェックから始まるの!
クルサテ
「車検を受けてから売る」と大きく損をする?
車検前に車を売るの損する?得する?適切な買い替えタイミングはいつ?

車を持っていると、必ず避けて通ることのできないのが車検。 新車購入して3年後に1回目、以降は2年に1回車検を受ける必要が ...

続きを見る

4.【査定への影響度:大】車両図の欄

JAAIチェックシートの車両図の欄

車両図の欄というのは、車のボディに傷や凹みがあるかどうかを記載する欄です。

チェックシートには車の展開図が書かれているので、実車の傷や凹みがある部分と同じ箇所に「どんな傷や凹みがあるのか」を記入していきます。

JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が定めた査定基準では下記のようになっています。

キズ、へこみの大きさ塗装で修復可能な
浅いキズ
塗装+板金で修復可能な
深いキズ
~1cm未満なし
1cm~カードサイズ未満10点(1万円)
カードサイズ~A4サイズ未満10点~20点(1~2万円)15点~50点(1.5~5万円)
A4~パネル面積の半分未満15点~55点(1.5万~5.5万)20点~80点(2万~8万)
20点~110点(2万~11万※)
※大型車の場合
パネル面積の半分~25点~240点(2.5万~24万)

この項目にプラス査定はないので、傷や凹みの数が少ないことで「なるべくマイナスとならない」ことが重要です。

1つの傷や凹みがあるたびに数十点が減点されていくから、数十万円のマイナスになる可能性もあるの。
クルサテ
傷やへこみは車査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?
【写真付き】傷やへこみは車査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?

車を乗っているとどうしても傷やへこみというリスクは付いて回ります。 基本的に売られた車は中古車として再販されますが、中古 ...

続きを見る

5.【査定への影響度:大】重点項目チェックの欄

JAAIチェックシートの重点項目チェックの欄

重点項目というのは、走行距離やボディカラーのこと。

走行距離は「1年1万キロ」が基準とされ、登録から経過した年数に対してその基準を上回っているか下回っているかをチェックします。

走行距離で車査定額はいくら変わる?実際の買取相場から検証
走行距離で車査定額はいくら変わる?実際の買取相場から検証

車をそろそろ手放そうかなと考えた時に、 「一体何万キロぐらいだったら、値崩れが無く売れるんだろう」 「走行距離が10万キ ...

続きを見る

車の走行距離はどうすることもできないので、査定時に走行していた距離数で出される結果を受け入れるしかありません。

同様に、ボディカラーも変えることはできないのでありのままを受けれるしかないでしょう。

パールホワイトはプラス査定になることが多く、乗り手を選ぶ赤や特別色はマイナスになることが多いの。
クルサテ

6.【査定への影響度:大】内装シート図の欄

JAAIチェックシートの内装シート図の欄

内装、シート図の欄にはタバコの焦げ跡や匂い、シートの状態を記入します。

内装のチェック項目

※画像出典:JAAI「中古自動車査定基準及び細則」より

これはJAAIが定める内装の査定基準。

大きな減点事項がなければ、プラス20点(2万円)になることが記載されています。

しかし、タバコの匂いは40点(4万円)のマイナスとなっていることも分かります。

ペットの同乗歴がある場合もマイナス40点、タバコの焦げ跡は2箇所で10点のマイナスなの。
クルサテ

内装はクリーニングである程度状況を改善することができるため、査定前にはできるだけ室内を綺麗にしておきましょう。

車査定前に洗車や内装を掃除しておくと本当に査定額は上がるの?

「車をどうせ売るなら高く売りたい!」 これは誰もがどう思うはず。 そして多くの人が思いつくのが、「車査定前の洗車」「内装 ...

続きを見る

7.【査定への影響度:大】車両本体の欄

JAAIチェックシートの車両本体の欄

車両本体の欄というのは、エンジンや足回りが正常に作動しているかどうかを記入する欄です。

定期点検記録簿を持っていて、査定日より1年以内に点検整備を受けている車は、15点(15,000円)のプラスになるの!
クルサテ

点検記録簿とは下記のような点検で何をチェックしたかを記録した用紙。

車の記録簿

ボンネットを開けてオイルが漏れていないかどうかを確認し、エンジンをかけて異音がないこともチェックします。

ライトなどの電装品が作動するかどうかも、ここでチェックします。

電装品の減点

リモコンキー、つまりカギやスペアキーを紛失した場合も減点になります。

車を売却するときにスペアキーは必要なの?紛失したらいくら減額される?

車をいざ売ろうと考えた時に細かいことまで気になり始めたりします。 その1つに「スペアキー」の存在があります。 普段使って ...

続きを見る

動かない装備品がなかったり、エンジンから異音がしなければマイナスにはならないの。
クルサテ

8.【査定への影響度:小】タイヤ・ホイールの欄

JAAIチェックシートのタイヤ・ホイールの欄

タイヤ・ホイールの欄とはそのままの意味で、タイヤの溝の残りや、装着されているアルミホイールのインチ数などを記入します。

JAAIの査定基準によると、タイヤは1.6mm以上の溝があればマイナスにはなりません。

タイヤ1本の溝により査定増額減額表

インチスペア欠品
()内アルミ
1.6㎜未満1.6㎜以上5mm以上ホイール交換
()内アルミ
19以上-(-8.2万)-3.5万0+0.8万-(-4.7万)
18-(-6.8万)-3万0+0.7万-(-4.7万)
17-(-5.7万)-2.5万0+0.6万-(-4.7万)
16-2.7万(-4.6万)-1.7万0+0.5万-1万(-2.9万)
15-2.2万(-3.6万)-1.3万0+0.4万-0.9万(-2.3万)
14-1.8万(-3.1万)-1万0+0.3万-0.8万(-2.1万)
13以下-1.6万(-2.9万)-0.9万0+0.2万-0.7万(-2万)

※タイヤ修理キットの欠品:-1.5万
※ひび割れ、亀裂、片べり、段べり等の傷摩耗は残り溝問わず1.6㎜未満で減点

※画像出典:JAAI「車検残加点」より

スタッドレスタイヤやスノータイヤ1本の溝により査定増額減額表

インチ5㎜未満5㎜以上8㎜以上
17以上-2.5万0+0.6万
16-1.7万0+0.5万
15-1.3万0+0.4万
14-1万0+0.3万
13以下-0.9万0+0.2万

※地域性を考慮して適用する

仮に溝が1.6mm以下でも、最大で35,000円のマイナスだから、タイヤ交換をする必要はないね!
クルサテ
車売るときはタイヤは外すべき?新品タイヤやスタッドレスタイヤはどうする?
車売るときはタイヤは外すべき?新品タイヤやスタッドレスタイヤはどうする?

「車をどうせ売るなら少しでも高く売りたい」 これは誰でも思うはずです。 そんな時に思いつくのが 「新しいタイヤなら外した ...

続きを見る

9.【査定への影響度:大】商品価値の欄

JAAIチェックシートの商品価値の欄

商品価値の欄というのは、車の走行距離や書類が全て揃っているかどうかを記入するところ。

書類というのは、定期点検記録簿と取扱説明書のことを指します。

車検証や自賠責保険証明書、リサイクル券は揃っているのが前提なので書類には含まれません。

定期点検記録簿は揃っていればプラス査定になるけど、なくても問題なく売却することはできるの。
クルサテ

売却に必要な書類については下記記事で詳しく解説しています。

車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説
車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説

車は購入するときに様々な手続きを行います。 車を売る時も同じで、様々な手続きが必要になるのです。 また、普通自動車と軽自 ...

続きを見る

10.【査定への影響度:大】装備品の欄

JAAIチェックシートの装備品の欄

装備品の欄というのは、基本的な車の装備が備わっているかどうかを記入するところです。

エアコンやパワーウィンドウといった基本的なものから、エアバッグといった後から装着することができない装備品を記入していきます。

JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)の査定基準では下記のようになっています。

  • エアコンの故障:-4万円(ガスチャージのみ:-1万円)
  • パワーウィンドウ:-3万円(1年以内)、-2万円(2~3年目)、-1万(4年目~) ※1か所付き
機能を後から追加することはできないから、基本的には気にする必要はないよ!
クルサテ
エアコン故障は車査定額にどれぐらい影響する?修理すべきなの?
エアコン故障は車査定額にどれぐらい影響する?修理すべきなの?

車は様々な電子部品が使われています。 よく車の故障するパーツの1つに「エアコン」があります。 では、車を売却する時はどれ ...

続きを見る

11.【査定への影響度:小】価格計算の欄

JAAIチェックシートの価格計算の欄

価格計算の欄というのは、これら全ての査定結果から最終価格を算出するところです。

査定の結果プラスとなる点数の合計とマイナスとなる点数の合計を計算し、車種ごとに設定されている「基本価格」と合わせます。

プラスの方が多ければ基本価格より高くなって、マイナスが多ければ基本価格より安くなり、それが最終の査定価格となるの。
クルサテ

また、ワンオーナーというのは中古車購入者が気にするところ。

ただし、JAAIの査定基準に「ワンオーナー」は含まれていないのです。

中古車購入者が気にする「ワンオーナー」は車査定に有利になるの?
中古車購入者が気にする「ワンオーナー」は車査定に有利になるの?

中古車購入者が気にするポイント1つに「ワンオーナー」というのがあります。 ワンオーナーとは新車登録時から、一人だけの所有 ...

続きを見る

車の査定額に大きく影響するのは「競合」

これまで話してきた通り、査定基準は決まってしまっているため、後からどうしようもならないことがほとんど。

原則、査定基準や相場に応じて査定額が決まりますが、基本的に買取業者は安く買いたいと思っています。

買取業者からすると、車を買い取って再販することでご飯を食べています。

利ザヤが大きければ大きいほど買取業者の利益は高まるためです。

一方、買取ができなければ売上・利益は0円ということ。

つまり、買取できることは買取業者にとってビジネスの生命線なのです。

そして、買取業者にとって一番いやなことが、競合他社に買い取られてしまうこと。

売主からすると、高く買い取ってくれる業者に売るのは当たり前。

つまり、競争相手を作ることが、買い叩かれるリスクが少なくなるのです。

実際に買取業者間でも査定額の差が大きいのが分かると思います。

カー君
言ってることは分かるんだけど、何社も査定依頼するの面倒なんだけど・・・
そこで便利なサービスが車一括査定だよ。
クルサテ

車一括査定を使えば簡単に競争させられる

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

車一括査定を使えば、時間をかけず複数社による競合をさせることが可能。

もし少しでも高くお得になりたいのであれば、ぜひ利用することをオススメします。

一括査定のおすすめは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と他を圧倒しています。

各一括査定の参加業者数

  • カーセンサー:1,000社以上
  • ズバット車買取:200社以上
  • 楽天カーサービス:100社以上
  • ナビクル車査定:40社以上

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、一番買取業者を探せる=あなたの車に強い買取業者が見つかりやすい=高く売れる可能性が高い「カーセンサー」を利用のが一番理に叶っています。

また、カーセンサーであれば、自分で買取業者を減らすことも可能です。

4業者がマッチング

カーセンサーで4社がマッチング

2業者に絞り込み

2社に絞り込み

買取業者を自分で選択可能

もちろん絞り込んだ分だけ、競争が少なくなり高く売れる可能性も下がってしまいます。

3~4社程度は依頼することをオススメしています。

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

一方、車一括査定は、複数社から一斉に電話が掛かってきます。

もし複数の買取業者からの電話が嫌であれば、1社のみで依頼するということも可能です。

1社のみで依頼する場合でも、直接買取業者に査定依頼するよりも、車一括査定経由で買取業者に依頼をした方が高い査定額付けてくれることが多いよ!

買取業者にとってみると、他にも競争相手がいると思っているからね。

クルサテ

車一括査定のオススメについては下記記事で詳しく解説しています。

車一括査定のオススメ
【2020年最新版】車一括査定サイトの選び方とオススメランキング決定版

車一括査定は一気に何社もの車買取店へ、査定のオファーができるサービス。 車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると ...

続きを見る

まとめ

  • 車査定でチェックされるのは11の項目
  • 車査定は点数方式で、査定基準に対してプラスかマイナスかをチェックする
  • ベースとなる査定基準があり、その基準に従ってカーチェックシートに結果を記入する
  • 内外装が汚れていると正確な査定ができないのでできる範囲で綺麗にしておく
  • 付属品や純正パーツ、書類や取扱説明書は全て用意しておく

クルサテキャンペーン

クルサテキャンペーン

サイト内検索

キーワードから検索

-車売却
-, ,

Copyright© クルサテ , 2020 All Rights Reserved.