走行距離で車査定額はいくら変わる?実際の買取相場から検証

走行距離で車査定額はいくら変わる?実際の買取相場から検証

車をそろそろ手放そうかなと考えた時に、

  • 「一体何万キロぐらいだったら、値崩れが無く売れるんだろう」
  • 「走行距離が10万キロ越えていると値段が付かないって聞くけど本当」

など気になっている方もいるのではないでしょうか?

今回は車査定額と走行距離の関係について詳しく解説していきます。

また、読み終わる頃にはどのように車査定をしてもらえばお得になるかが分かります。

車査定価格と走行距離の関係

車の査定額を決める要素は複数ありますが、その中でも大事なポイントが走行距離。

走行距離が少ない車は低走行車として高く買い取られ、走行距離が多い車は過走行車として安く買い取られてしまうのです。

カー君
低走行車と過走行車は、何を基準に決まるものなの?
年間走行距離を8,000キロとして、それ以上かそれ以下かで評価しているの。
クルサテ

年間走行距離:8,000キロを基準としている

車査定には基準というものがあり、ベースとなる基準はJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会) というところが作成しています。

その査定基準の中では「標準走行キロ」というものが定められており、その数値が大体「年間走行距離8,000キロ」となっているのです。

乗用車の走行距離に対する増減表

※画像出典:JAAI「中古自動車査定基準及び細則」より

これはJAAIが公開している車査定の基準。

中の数字は点数となっており、1であれば+1,000円のプラス査定、-30であれば-30,000円のマイナス査定ということです。

車のサイズやボディ形状別にクラス分けというのがされていて、そのクラスに応じて適用される評価基準が変わってきます。

どのクラスの車であっても、走行距離に関しては年間8,000キロ程度が基準とされているの。
クルサテ

画像の赤い部分が「標準走行キロ」と呼ばれるもので、車の使用年数に対して走行距離がどれくらいだと標準なのかを示しています。

この表を見ると、新車登録から2年までは年間走行距離が1万キロ程度が標準となってますが、それ以降は年間8,000キロ程度が標準とされています。

使用年数別の標準走行距離

使用年数に対して走行距離がどれくらいなら標準なのか、わかりやすい表にしたよ。
クルサテ
使用年数標準とされる走行距離
1年1万キロ
2年1.5~2万キロ
3年2~2.5万キロ
4年3~3.5万キロ
5年3~4万キロ
6年4~5万キロ
7年4.5~5.5万キロ
8年5~6万キロ
9年5.5~7万キロ
10年6~7.5万キロ

この表を見ると、使用年数が長くなるほど、標準とされる走行距離の基準が厳しくなっていることが分かります。

カー君
つまり、古い車ほど走行距離が多いと不利になるということなんだね。
年式が古い車はそれだけで商品価値が下がってしまうから、せめて走行距離は少ない方がいいということだね。
クルサテ

ここまで説明した査定基準は、あくまでプロの査定士が使うもので、実際は少し複雑と言えます。

一般的には1年1万キロが基準になっている

一般的に言われているのが「1年1万キロ」という基準。

年間走行距離8,000キロを標準としているJAAIの査定基準からは少し離れています。

基本的には1年1万キロ以上走っていれば減額と覚えておけば問題ありません。

年間1万キロというのは、日常的に通勤で車を使っている場合に超えてしまう程度で、週末にレジャーで使うくらいなら超えることはないよ!
クルサテ

査定基準を細かくチェックし、全てを把握しておくのは非常に困難です。

そのため、まずは「1年1万キロ」と覚え、それを目安にしておけば良いでしょう。

またこれは一般的な乗用車を想定しており、トラックなどは年間1万キロを超えても問題ないとされています。

トラックは走行距離が多くなるのが当然だから、査定基準が乗用車とは全く違うの。
クルサテ

走行距離別の買取価格シミュレーション

走行距離と車査定の関係がわかったところで、実際の知識にはなりません。

本当に知りたいのは「走行距離が増えるだけで買取価格がいくら変わるのか」ということ。

そこで本章では、同じ車種の走行距離別の買取価格を紹介。

走行距離がどれくらい車査定に影響があるのか、実例を用いてお話していきます。

【徹底検証】走行距離別の買取相場

今回は、3台の車を例に走行距離別の買取価格を一覧表にしてみたよ。
クルサテ
車種1万キロの買取価格3万キロの買取価格5万キロの買取価格7万キロの買取価格10万キロの買取価格
ホンダ「N-BOX」123万円107万円100万円95万円90万円
ホンダ「フィット」54.7万円45.9万円41.9万円39.2万円36.3万円
トヨタ「クラウン」259.6万円223.8万円207.2万円196.2万円184.6万円

ケース1.ホンダ「N-BOX」

今回買取価格を算出したN-BOXの条件は、以下の通りです。

  • 車種:ホンダ「N-BOX」
  • 年式:2017年
  • グレード:カスタム
走行距離買取価格中古車販売価格(平均)
1万キロ123万円170万円
3万キロ107万円150万円
5万キロ100万円140万円
7万キロ95万円該当なし
10万キロ90万円90万円

※買取価格:グーネット買取より
※中古車販売価格:グーネット中古車より

軽自動車の代表車種とも言えるホンダ「N-BOX」ですが、走行距離が2万キロ増えるごとに約10万円ほど買取価格が変わってくることが分かります。

1万キロ未満の車は非常に高く買い取られ、中古車も高い金額で販売されています。

しかし、10万キロを超えるとガクッと中古車販売価格が下がっていることから、軽自動車の過走行車は車査定で不利になる事がわかりました。

これは人気車種だからある程度の値段が付いているという理由もあるから、他の車種はもっと違いがあると考えられるよ。
クルサテ

ケース2.ホンダ「フィット」

今回は以下の条件でフィットの買取価格を算出しています。

  • 車種:ホンダ「フィット」
  • 年式:2015年
  • グレード:13G・Fパッケージ
走行距離買取価格中古車販売価格(平均)
1万キロ54.7万円100万円
3万キロ45.9万円80万円
5万キロ41.9万円70万円
7万キロ39.2万円60万円
10万キロ36.3万円45万円

※買取価格:グーネット買取より
※中古車販売価格:グーネット中古車より

コンパクトカーの代表車種、ホンダ「フィット」は走行距離が2万キロ増えるたびに5万円ほど買取価格が下がっていることが分かります。

中古車販売価格は10万円ずつ下がっていますが、10万キロを超えると平均価格が15万円も変わってきます。

これはやはり、10万キロを超えた車は人気がないから安くなっていることが考えられます。

軽自動車やコンパクトカーは、10万キロを超えた車はあまり高く売られていないことがわかったね。
クルサテ

ケース3.トヨタ「クラウン」

最後に紹介するクラウンは、以下の条件で買取価格を算出しました。

  • 車種:トヨタ「クラウン」
  • 年式:2015年
  • グレード:ハイブリッドアスリートS
走行距離買取価格中古車販売価格(平均)
1万キロ259.6万円300万円
3万キロ223.8万円280万円
5万キロ207.2万円255万円
7万キロ196.2万円230万円
10万キロ184.6万円210万円

※買取価格:グーネット買取より
※中古車販売価格:グーネット中古車より

トヨタの高級セダン「クラウン」の場合、走行距離が2万キロ増えるごとに10万円〜15万円ほど買取価格が下がっています。

中古車販売価格は20万円ずつ下がっていますが、10万キロを超えたところで大きな下落は見られません。

これは高級セダンという性質上、過走行でも一定の需要があることが影響していると考えられます。

軽自動車やコンパクトカーと違って、耐久性にも問題がないと思われているからあまり影響がないとも言えるの。
クルサテ

10万キロを超えるような過走行車は売れない?

ここまでの結果を踏まえると、大体走行距離が1万キロ増えるごとに5万円ほど買取価格が変わることが分かりました。

10万キロを超えると買取価格はガクッと下がってしまうことも分かりました。

まとめると、1年1万キロをベースに、10万キロを超える前に手放すのが正解と言えそうだね。
クルサテ

車査定の基準や買取価格を見ると、1年1万キロの走行は問題ないと考えられます。

しかし10万キロを超えると買取価格に影響があるため、10万キロを超える前に車を売るのが良いでしょう。

いまだにある「10年10万キロ」の寿命説

これには、国産車の寿命は「10年10万キロ」という古い考えが根付いてしまっていることが理由として挙げられます。

最近の国産車は品質も高いから、10年10万キロじゃ壊れるなんてことはないんだけどね。
クルサテ

かつて国産車は品質が低く、10年10万キロを乗ったら寿命だと考えられていました。

その古い考えが残っているため、中古車市場では10万キロ以上の車は人気がないのです。

つまりこれは、買取価格にも影響してきます。

売り方を間違えると、安く買い叩かれてしまうので注意しましょう。

10万キロを超えた車でも高く売る方法

カー君
国産車は走行距離が多くても海外では人気があるって聞いたよ。
そうなの!走行距離が多い車でも需要は高いから、売り方を間違えなければ高く買い取ってもらうことが可能よ!
クルサテ

日本車は海外で人気のため、10万キロ以上でも十分値段を付けて売ることが可能。

実際に廃車専門の買取業者「ハイシャル」で買取事例を見てみましょう。

カー君
すごい!10万キロ走ったヴィッツでも普通に3万円で売れてますね!

オーリスに限っては11万円で売れていてすごい!

そうなのよ!クルマというのは思っている以上に値段が付いて売れるんだよ!

ポイントは海外輸出に積極的な買取業者や専門業者を探すこと

クルサテ

海外販路がある専門業者の探し方

海外の販路がある専門業者の特徴を簡単に見分ける方法は2つあります。

海外販路がある専門業者を見極める方法

  1. 外国人が経営しているかどうか
  2. 全国的に大きな車買取店を探すこと

まず1つ目は「外国人が経営しているかどうか」です。

外国人が経営している車買取店は少し怪しげ。

ただし、実際は真面目に働いているところも多いです。

営業している店舗は住宅街の中にある小さな工場の一角など、なかなか見つけるのが困難。

自力で探そうと思うと骨が折れる作業ですのでオススメではありません。

2つ目は「大手買取業者を探すこと」です。

大手買取業者は海外販路を持っている場合が多く、走行距離20万キロを超える車であっても値段を付けて買い取ってくれることがあります。

また店舗も大きく目立つため探すのに手間がかかりません。

手間や労力を考えると2つ目の「全国的に大きな車買取店を探す」がオススメですよ。

複数の専門業者を依頼する

ただし、やはり20万キロ以上になるとなかなかどこの買取業者も値段を付けてくれるわけではありません。

むしろ値段を付けてくれないことの方が多いでしょう。

そこでオススメなのが、複数の専門業者に査定依頼をしてみること。

複数の専門業者に依頼することで、値段を付けて買い取ってくれる可能性が上がります。

もし値段が付くならその車には価値があるということ。

複数業者から値段が付けば、より競い合って値段が吊り上がることに繋がります。

思いもよらないような値段で売れるかもしれません。

カー君
言っていることは分かったけど、1社1社専門業者に査定依頼するってことでしょ?

値段が付くかも分からないボロ車にそこまで労力使えないよ!

そうだよね!そこでオススメなのが車一括査定と呼ばれるサービスよ。
クルサテ

車一括査定を使うと専門業者複数社に査定依頼ができる

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

車一括査定があなたの車にマッチした買取業者を複数社マッチングしてくれます。

カー君
これは確かに便利そう!ただ、車一括査定を調べたらたくさん出てきたんですが、どれを選べばいいですか?
オススメの車一括査定は「カーセンサー」!

理由は、大手買取業者から町の中古車屋、廃車専門業者など幅広く参加しているから。

クルサテ
参加業者数を見るとカーセンサーが圧倒的なんだよ。

つまり海外販路に強い買取業者に査定依頼できる可能性が高いってことなの。

クルサテ

各一括査定の参加業者数

  • カーセンサー:1,000社以上
  • 楽天カーサービス:100社以上
  • ナビクル車査定:40社以上
  • 車査定・買取の窓口:1社のみを厳選紹介

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

車一括査定のオススメについては下記記事でさらに詳しく解説しています

車一括査定のオススメ
【2020年最新版】車一括査定サイトの選び方とオススメランキング決定版

車一括査定は一気に何社もの車買取店へ、査定のオファーができるサービス。 車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると ...

続きを見る

カーセンサーでダメならハイシャルを使う

カーセンサーを使っても、値段が付かないようであれば廃車専門業者「ハイシャル」がオススメです。

冒頭でも説明しましたが、ハイシャルでは廃車にするような車を積極的に買取しています。

しかもハイシャルは「0円以上の買取保証」に加えて、「廃車手続きの代行費用」もすべて無料で実施。

カーセンサーを使っても値段が付かなくて売れない場合は、ハイシャルを使いましょう。

どんな車でも0円以上の買取保証付き

ハイシャル 公式サイト

※全国対応、レッカー代や書類代行費用も無料対応

諦めるのは早い!20万キロ以上走っている車の査定額を出す引き出すコツ
諦めるのは早い!20万キロ以上走っている車の査定額を出す引き出すコツ

車は10万キロ以上を乗ったらそろそろ乗り換え時というが一般的に言われています。 ただ、最近の車は丈夫になったこともあり、 ...

続きを見る

まとめ

  • 車査定と走行距離は大きく関係があり、過走行車ほど安くなる
  • 年間走行距離は1万キロ程度であれば買取価格に影響はない
  • 走行距離は1万キロごとに5万円ほど買取価格が下がる
  • 10万キロを超えた車は買取価格が急激に下る可能性がある
    • 海外販路がある業者を「カーセンサー」で見つけるのがコツ
    • カーセンサーでも値段が付かないなら「T_ハイシャル」に依頼してみる

クルサテキャンペーン

クルサテキャンペーン

サイト内検索

キーワードから検索

-車売却
-, ,

Copyright© クルサテ , 2020 All Rights Reserved.