車売却

車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説

車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説

お得に車を売却するために必要書類を理解しよう!

車の買い替えや売却は、余程の車好きでない限り、人生の内でそう何度もあることではありません。

また、車の売買に関係する書類や用語は、普段の生活の中で耳にするような言葉ではないため、一般ユーザーの方にとっては難しいと感じてしまうことが多いはずです。

初めて車の買い替えや売却を検討している方、または、これから買い替えを予定されている方の中には、以下のような疑問や悩みをお持ちなのではないでしょうか。

  • 車の売却をするためにはどんな書類が必要か?
  • 面倒くさい書類の準備はなぜしなければならないのか?
  • 最も手間をかけずお得に車を売る方法は?

この記事では、上記のような疑問や悩みを解決するために、普通自動車と軽自動車それぞれで必要になる書類のご紹介と解説。

さらに、必要書類の準備がなぜお得な売却に繋がるのか、お得に車を売却するためにはどんな方法があるのかについても詳しく解説していきます。

車売却は所有権の変更が必要

車売却は所有権の変更が必要

車売却は所有権の変更が必要

車は車検証により所有権が公証されているため、電化製品やブランド品のバックなどとは違い、売買するためには、所有権を変更する必要があります。

所有権を変更することを、一般的には名義変更とも呼び、いくつかの必要書類を用意しなければなりません。

もちろん、ディーラーや買取店などに車を売却する際には、必要書類について説明をされますが、事前にしっかりと必要書類を把握し、確認と用意をしておくことが大切。

詳しくは後述しますが、車を手間なくお得に売却するためには、必要書類が大切であることを覚えておきましょう。

次の章では、車の売却に必要になる書類について詳しくご紹介していきます。

車売却の必要書類は普通自動車と軽自動車で異なる

車売却の必要書類は普通自動車と軽自動車で異なる

車売却の必要書類は普通自動車と軽自動車で異なる

先述したように、ディーラーや買取店に車を売却する際、いくつかの書類が必要ですが、売却する車が、普通自動車なのか、軽自動車なのかによって異なります。

また、あなた自身が用意しなければならない書類と、店舗側で用意してもらえる書類があるのです。

下記には、普通自動車と軽自動車で用意しなければならない書類と、それぞれの書類は、自分と店舗どちらで用紙しなければならないかを一覧表にまとめました。

書類普通自動車軽自動車店舗or自分
自動車検査証自分
自動車賠償責任保険証明書自分
自動車税納税証明書×自分
軽自動車税納税証明書×自分
印鑑登録証明書×自分
実印×自分
認印×自分
リサイクル券自分
譲渡証明書×店舗
委任状×店舗
自動車検査証記入申請書×店舗

上記の書類は、車を売却する際に必要になりますが、その中でも、改めて用意しなければならない書類や、紛失してしまった書類があるかもしれません。

そこで、ここからは、それぞれの書類ごとの説明と、取得方法や再発行方法などについて詳しく解説していきましょう。

自動車検査証

車検証

車検証

  • 主な保管場所:車内(グロープボックス)
  • 再発行場所:陸運支局/軽自動車検査協会

ご存知のように、自動車検査証、通称車検証は、その車の基本情報と、所有者や使用者が誰であるかを証明するための書類で、車の書類の中でもっとも大切な書類

公道を走るためには、車検証を携行することが義務付けられているため、通常は車内に保管してあります。

しかし、万が一車検証を紛失してしまった場合は、その車のナンバーを所管する各陸運局や軽自動車検査協会で再発行しなくてはなりません。

普通自動車の車検証を再発行する方法

下記書類を用意し、ナンバーを所管する陸運支局(陸運事務所)にて、再発行の手続きを行います。

  • 申請書(本人が申請をする場合は押印)
  • 車検証(き損した場合)
  • 理由書(紛失や盗難などで車検証が無い場合)
  • 手数料納付書(検査登録印紙代300円を貼る)
  • 委任状(本人ではなく代理人の方が申請を行う場合)
  • 身分証明書(窓口に行く人のもの)

一見すると用意する書類は多く見えますが、車検証と身分証明書以外、陸運支局(陸運事務所)で入手することが可能です。

また、どこの陸運支局(陸運事務所)にも、総合案内窓口がありますので、「車検証を再発行したい」と伝えれば、丁寧に教えてもらうことができます。

軽自動車の車検証を再発行する方法

軽自動車の車検証を再発行する場合は、車検証に記載された住所を管轄する軽自動車検査協会事務所に書き必要書類を提出します。

  • 申請書(使用者の印鑑の押印またはフルネームでの署名)
  • 車検証(き損した場合)
  • 使用者の印鑑(本人の場合は署名でもOKだが、認印があると安心)
  • 申請手数料(300円)

普通自動車と違い、用意しなければいけない書類は少なく比較的簡単に再発行すること可能で、当日窓口で再発行をしたい旨を伝えれば、窓口の順番なども教えてもらえます。

自動車賠償責任保険証明書

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書

  • 保管場所:車内(グロープボックス)
  • 再発行場所:各損害保険会社

別名強制保険とも言われる自賠責保険の保険証のことで、公道を走る際には携行することが義務付けられているため、通常は車検証と共に車内に保管されています。

万が一紛失してしまい、再発行するためには、加入している保険会社か、代理店で手続きを行うことができます。

ただし、早くても1週間程度かかることもあるため、事前に確認しておくと安心です。

自動車税納税証明書

自動車納税証明書

自動車納税証明書

  • 保管場所:車内(グロープボックス)or自宅
  • 再発行場所:都道府県税事務所(普通自動車)

毎年5月に納付書が届き、納付を済ませると、右端の半券が納税証明書として効力を発揮します。

多くの方は車内で保管していると思いますが、サイズの小さい紙のため、紛失してしまう方が多いのももう税証明書の特徴です。

買取店によっては、納税証明書が無い場合は、店舗で納税確認を行ってくれる場合もありますが、納税確認は平日の昼間にしかできないため、夜間や休日に納税確認を行うことができません。

万が一紛失してしまった場合、普通自動車は各都道府県の税事務所で再発行することが可能です。

また、現在住んでいる地域が遠方で、該当する税事務所に行くことができない場合は、郵送で依頼することも可能ですので、詳しくは各税事務所にお問い合わせください。

軽自動車税納税証明書

  • 保管場所:車内(グロープボックス)or自宅
  • 再発行場所:市区町村役場

普通自動車の自動車税と同様に、その年度に発生する軽自動車税を収めることで、納税証明書としての効力を持ちます。

万が一再発行が必要な場合は、車検証にある使用車(所有者)の住所がある市区町村役場にて再発行を行うことが可能です。

遠方の場合は郵送で対応してもらえる場合もありますが、市によっては、個人情報保護の観点から、必要書類が異なる場合があるため、詳しくは各市町村役場にお問い合わせください。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

  • 保管場所:その都度発行する
  • 発行場所:市区町村役場

店舗によって異なりますが、発行から2~3か月以内のものが必要になるため、車を売却すると決めたら、早めに入手しておくと安心です。

印鑑登録証明書の発行は、住民票のある市区町村役場や出張所、地域によってはコンビニエンスストアなどでも発行することができます。

46view
車を売るのに実印?印鑑証明が必要?必要性と登録方法をカンタンに解説
車を売るのに実印?印鑑証明が必要?必要性と登録方法をカンタンに解説

日本にいる限り必ずといっていいほど必要なもの、それは印鑑です。 契約や申し込みなど身の回りの重要な書類には必ず押印する必 ...

続きを見る

住民票などが必要になるケース

通常は、車を売却する際に住民票などは必要ありませんが、車検証に記載された氏名住所と、印鑑登録証明書の内容が異なる場合は、

  • 住民票:車検証に記載された住所から1回だけ変更した場合
  • 戸籍の附票または住民票の除票:車検証に記載された住所から複数回変更した場合
  • 戸籍謄本:婚姻などで名字が変更になった場合

上記のいずれかの書類を、印鑑登録証明書と共に提出する必要があります。

実印

  • 保管場所:自宅

車の売買以外に、家など重要な物品を売買する際に使用される実印ですので、ほとんどの方が、ご自宅内で大切に保管しているのではないかと思います。

実印とは、住民として登録している市区町村役場に、戸籍上の名前で作成した印鑑を申請し、登録された物で、前提として実印は2つ以上存在しません。

普通自動車を売却する際、実印を無くしてしまった場合は、住民登録している市区町村役場に行き、紛失届を提出すると共に、新しい実印を用意して役所に改印届を提出しましょう。

認印

  • 保管場所 自宅

普通自動車とは違い、軽自動車の売買では実印は必要なく、いわゆる認印で問題ありません。

そのため、万が一手ごろな印鑑が無くとも、100円ショップで販売されているものを使用する事が可能です。

リサイクル券

自動車リサイクル券

自動車リサイクル券

廃車する際に発生する、シュレッダーダスト、エアバッグ、フロン類の処分にかかる費用を、車を購入するときに前もって支払うのが、リサイクル料です。

リサイクル券とは、このリサイクル料の支払いを証明する預託証明書で、通常は車検証と一緒に車内で保管してあります。

ところが、リサイクル法施行直後を除き、近年では、リサイクル料が購入時に加算されるのが当たり前になり、リサイクル券の存在すら知らないというユーザーが少なくないのです。

万が一紛失してしまった場合ですが、通常は自動車リサイクルシステムのホームページで確認されるため、再発行しなくとも問題ありません。

万が一、買取店に提出を求められた際には、同ホームページにて印刷することで対応することができます。

譲渡証明書

  • 入手方法:店舗で用意

普通自動車を売却する際に必要になり、その車両がいつ誰に譲渡されたかを証明する書類で、定められた様式の用紙を使用します。

通常買取店側で用意してもらえるため、ユーザーが自ら用意する必要はありませんが、万が一ご自分で用意するという場合は、運輸支局の窓口で入手することが可能です。

譲渡証明書には、「車名」、「型式」、「車体番号」、「原動機の型式」、そして、あなたの氏名と現住所を記入し、実印を押印します。

委任状

委任状

委任状

  • 入手方法:店舗で用意

普通自動車を売却する際、主に移転登録(名義変更)に伴う手続きを、特定の第三者に委託したことを証明する書類です。

委任状には売却する側(あなた)の、委任者の欄にある氏名と住所、日付を記入し、実印を押印します。

自動車検査証記入申請書

  • 入手方法:店舗で用意

軽自動車の名義変更時に必要な書類で、買取店やディーラーなどに売却する際は店舗側で用意してもらえます。

大方の内容は業者側で記入してもらえますが、使用者・所有者の名称と住所の記入し、使用者と所有者が違う場合は、それぞれの氏名及び名称と住所、それぞれの押印が必要です。

なお得に売却するために書類の準備が必要

なお得に売却するために書類の準備が必要

なお得に売却するために書類の準備が必要

ここまでお読みいただいてお分かりのように、普通自動車、軽自動車問わず、車を売却する際には、必ず用意しなければいけない書類があります。

上記でご紹介した書類の内、どれか一つでも欠けると売却することができませんので、一見すると、「お得に売却する」「車を高く売る」ということには関係ないように思われるかもしれません。

しかし、必要書類をしっかりと把握し、事前に準備しておくことは、車を高くお得に売却するための基本なのです。

ここからは、なぜ必要書類をきちんと用意することがお得な車の売却に繋がるのかについてお話していきます。

無駄な手間をかけない

車を売却する際にもっとも重視するのは売却金額ですが、売却するまでのかかる「あなたの手間」もできる限り少なくすることが大切です。

いざ車の売却が決まり、ホッとしていたとしても、必要書類の不備があれば、当然再発行などの手続きを行わなければなりません。

通常は、業者側で事前に書類の確認を行ってくれますが、中には車が引き取られたあとに不備が発覚するとも珍しくないのです。

上記でご説明してきたように、車検証の再発行は陸運事務所や軽自動車検査協会にまで出向かなければなりませんし、印鑑登録証明書は役場まで行かねばなりません。

もちろん電車やバスで行くことも可能ですが、車が無い状態ではかなり不便です。

また、業者に再発行や、書類の取得を委託することもできますが、数千円から1万円程度の手数料がかかり、無駄な出費になってしまいます。

時は金なりという言葉があるように、せっかく高く売却したとしても、車を引き渡したあとから、書類の準備に何日もかけてしまう、または、業者に依頼して手数料がかかってしまうようでは、結果的にお得な売却とは言えません。

そのため、しっかりと書類を確認し、不備がある場合には事前に準備をしておくことが大切なのです。

車買取店ではスピードが命

特に車買取店に売却する場合、売買契約締結後の引き渡しにスピード感を要求されることがあます。

買取店では、日々変化するオークション相場をチェックし、その相場をもとに査定額を算出しているため、できるだけ早くオークションに出品したいと考えているもの。

つまり、書類の準備に時間がかかってしまうと、査定したときの金額で買取れなくなってしまう可能性があるのです。

また、希少車や人気車種などでは、その車を欲しいというユーザーが現れることで、相場より高い価格で売却することが可能ですが、やはり、通常の売却に比べるとスピード感が求められます。

愛車を売却すると決め、納得した売却先が見つかった場合には、遅くとも数日以内に車を引き渡せる状態にしておくことが、お得に売却するためコツと言っても良いでしょう。

効率的に高く売るなら一括査定がオススメ

効率的に高く売るなら一括査定がオススメ

効率的に高く売るなら一括査定がオススメ

必要書類を確実に準備しておくことが、結果的にお得に車を売却する方法とお話してきたように、車を売るまでにかかる手間を減らし、高く買ってくれる業者を探すことが重要です。

ご存知の方も多いと思いますが、車を高く売るためのポイントは、一番高く買ってくれる業者を見つけること。

しかし、愛車を高く売るために何社も買取店を回るようでは、かなりの時間と労力を要しまい、かえってマイナスになってしまいます。

そこで、まだ売却先を決めていない、ディーラーの下取り額に満足していないという方は、一括査定サービスの利用がオススメです。

一括査定サービスでは、面倒な基本情報の入力が1度で済み、自宅まで無料の出張査定に来てくれる業者を自動で検出し、査定の申し込みを行うことができます。

さらに、一括査定を利用して査定が申し込まれたことが業者側にも伝わるため、必然的に競争原理が働き、本当にあなたの車を買いたいという業者からは、高額な査定が出やすくなるのです。

必要書類を準備し、一括査定を上手に利用して高く買ってくれる業者を見つけることが、愛車を手間なくお得に売却するためのコツと言っても良いでしょう。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「かんたん車査定ガイド」については、総合点ではかんたん車査定ガイドに軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーのポイント

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスのポイント

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドのポイント

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

かんたん車査定ガイド 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口のポイント

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

売却者全員に5,000円がキャッシュバックキャンペーン中

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

まとめ

車は電化製品や衣料品とは異なり、法律によって所有権が保証されているため、ただのモノではなく、あなたの大切な財産。

そのため、お金のやり取りだけで売買を行うことができず、法的な手続きと、それに伴った公的な書類が必要となることで、不正な売買や盗難といった犯罪の抑止にも繋がっています。

記事内では、必要書類を揃える意味や、その利点についてお話してきましたが、それらの書類を準備することは、その車の所有者であるあなたの義務であるとも言えるのです。

これから愛車を売却しようとお考えの方は、しっかりと書類を準備し、一括査定をはじめとしたサービスを上手に利用して、お得に手間なく売却できるように心がけましょう。

おすすめ記事

145view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

193view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

1,063view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

1,689view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-車売却

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.