車を売る時に「実印」「印鑑証明書」が必要なケースと準備方法

車を売る時に「実印」「印鑑証明書」が必要なケースと準備方法

車というのは、1台1台に所有者は○○と必ず登録されています。

つまり車を売るというのは、「所有者を変更(名義変更)」することでもあり、手続きが必要になります。

このような手続きをするときに必ず必要になってくるのが「契約」であり、契約の締結に必要なのが「実印」になります。

また、実印が本当に登録されているものなのかを確認する証明書が「印鑑証明書」です。

今回の記事では、車売却における実印や印鑑証明書の必要性や登録方法について解説していきます。

車売却で実印が必要なのは普通自動車のみ

実は車種によって実印が必要な時と必要ではない時があります。

売却をする際に実印が必要な車と必要ではない車

  • 必要:普通自動車
  • 不要:軽自動車

なぜ普通車の車売却には実印が必要なの?

普通車の売買には印鑑証明が必要になります。

理由は普通車は動産として国土交通省にて登録・抹消する必要があるから

国土交通省に登録する場合は、譲渡証明書や委任状が必要になるのですが、その時の捺印は「実印」というルールになっています。

対して、軽自動車は普通車と異なり国土交通省に登録する必要はなく、「軽自動車検査協会」に届け出をすることになっています。

ここへの届け出には住民票などを提出するだけで大丈夫なルールとなっています。

細かいことは気にせず、普通車の売買は実印が必要、軽自動車の売買は実印は不要って覚えておけばいいよ。
クルサテ

買取業者の契約書で実印が求められる場合あり

車を売買する際は「売買契約書」を買取業者やディーラーと締結することになります。

その際、通常は通常の印鑑で問題ないのですが、買取業者によっては実印を求められる場合があります。

そもそも実印とは何?どうやって作るの?

実印がどのようなものか良く分からない方は意外と多くいます。

「何か立派そうな印鑑」「100均の印鑑は実印ではない」というイメージを持っているでしょう。

しかしそれは大きな間違い。役所に正式に届出した印鑑は、100均の印鑑でも自作の印鑑でも実印になるのです。

実印とは、市区町村に登録した公に認められた印鑑のこと

ただし、100均の印鑑は大量生産している関係から、NGとする役所も多いよ。

あと、実印はこの国においては、かなりの効力があるから、100均の印鑑はオススメできないよ。

クルサテ

実印が必要な場面例

  • 自動車売買
  • 不動産売買(移転登記など)
  • 銀行融資やローン
  • 遺産相続
  • 保険金の受領
  • 法人設立

実印登録の仕方

  • 申請場所:市区町村役場
  • 必要書類:登録する印鑑、本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)、委任状(代理人が申請する場合)
  • 手数料:無料

実印は市区町村の役場にて登録を行う必要があります。手数料は無料です。

下記3ステップに沿って実印登録ができます。

  1. 実印用の印鑑を用意する
  2. 身分証明書を用意する
  3. 市区町村役場で登録する

ステップ①実印用の印鑑を用意する

まず最初に実印用の印鑑を用意する必要があります。

実印登録できる印鑑

  • 一辺の長さが7mmを超え、また25mmを超えない正方形におさまるもの
  • 輪郭が無かったり、輪郭が欠けていたりすることがないこと
  • 「氏名」「氏」「名」「旧氏」または、「氏・名・旧氏」の一部で組み合わせた文字で彫られたもの

実印は、先程少し触れたような量産型の印鑑(100均の印鑑など)は基本的にオンリーワンではないため登録できないことが多いです。

ハンコ屋さんで売っているような手彫りの物が多く使われています。

人によっては自作の印鑑を作る人もいるよ!
クルサテ

もし、特に希望がないなら「ハンコヤドットコム」でお願いするといいでしょう。

ステップ②身分証明書を用意する

実印の用意ができたら自分の身分証明書を用意してください。

実印登録で身分証明書として有効なモノ

  • 自動車運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 顔写真入りの住民基本台帳カード
  • 外国人登録証

健康保険証や社員証は使えないため十分に注意しておきましょう。

ステップ③市区町村役場で登録する

実印登録用の印鑑と身分証明書が用意できたら、あとは印鑑登録をするだけ。

印鑑登録は自分の住民票がある市区町村役場で可能。

自治体によっては窓口センター(サービスセンター)でも登録が可能な場合があります。

市区町村役場または窓口センターに印鑑登録申請書が置いてあるので、そちらを記入して窓口で手続きをするだけ。

印鑑登録申請書

筆者が自分の印鑑を登録した際は窓口も混んでいなかったため、10分程度で完了。

混んでいても1時間程度でできるかと思いますので、少しだけ時間はかかると思っておくといいかもしれませんね。

せっかく市区町村の役場に来ているから、印鑑証明書も合わせて発行しておこう!
クルサテ

印鑑証明書とは?発行方法は?

印鑑登録証明書

車売却では必ず「印鑑証明書」が必要になります。

印鑑証明書とは、登録された印鑑が本物であるかを証明するための書類

車売却の際には、実印の捺印が必要な書類がいくつかあります。

その捺印が本当に実印かを証明するために必要というわけです。

当たり前ですが、実印が登録されていないと印鑑証明書はありません。

印鑑証明書の発行方法

  • 発行場所:市区町村役場やサービスセンター、コンビニ
  • 必要書類:印鑑登録手帳、本人確認書類、マイナンバー(コンビニで発行する場合)
  • 費用:300円~ ※市区町村により異なる

印鑑登録証明書の発行は、住民票のある市区町村役場やサービスセンターで発行することができます。

印鑑登録証明交付申請書がありますので、記入の上窓口で手続きをするだけ。

印鑑登録証明交付申請書

また、市区町村によってはコンビニでの発行も対応しています。

もし車検証の住所や氏名が印鑑登録証明書と異なる場合は、住民票や戸籍謄本が必要だから合わせて発行しておこうね。
クルサテ
車を売るときに「住民票」「戸籍謄本」が必要なケースと発行方法
車を売るときに「住民票」「戸籍謄本」が必要なケースと発行方法

車は車検証と共に所有者が登録されています。 車を売却する=所有者を変更する手続きが必要ということであり、下記書類が必要に ...

続きを見る

車売却で必要な書類一式

車売却に必要な書類は実印や印鑑証明書以外にもあります。

書類普通自動車軽自動車店舗or自分
自動車検査証自分
自動車賠償責任保険証明書自分
自動車税納税証明書×自分
軽自動車税納税証明書×自分
印鑑登録証明書×自分
実印×自分
認印×自分
リサイクル券自分
譲渡証明書×店舗
委任状×店舗
自動車検査証記入申請書×店舗

車を売るときの書類は下記記事でさらに詳しく解説しています。

車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説
車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説

車は購入するときに様々な手続きを行います。 車を売る時も同じで、様々な手続きが必要になるのです。 また、普通自動車と軽自 ...

続きを見る

まとめ

  • 普通自動車の売却には実印や印鑑証明書が必要
  • 実印は市区町村の役場で登録することができる
  • 印鑑証明書は市区町村の役場やサービスセンター、コンビニで発行できる

サイト内検索

キーワードから検索

-車売却
-

Copyright© クルサテ , 2020 All Rights Reserved.