車売却

車を売るのに実印?印鑑証明が必要?必要性と登録方法をカンタンに解説

車を売るのに実印?印鑑証明が必要?必要性と登録方法をカンタンに解説

日本にいる限り必ずといっていいほど必要なもの、それは印鑑です。

契約や申し込みなど身の回りの重要な書類には必ず押印する必要があるため、自分の印鑑を何かしら用意している方も多く、あなたもその一人でしょう。

また車売却の場においても例外なく印鑑は必要となり、「ここに実印を押してください」と言われることも多々あります。

  • そもそも実印ってどうやって登録すればいいの?
  • 実印以外にも車売却に必要な書類ってあるの?

今回は車売却における実印の必要性や登録方法、その他の必要書類について解説していきます。

\愛車の最高額をチェックする方法/

車は買取業者が競い合うことでどんどん査定額が上がります。

車一括査定を使うと、あなたの売却予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が自動的に競い合うため、特に交渉せずとも最高額がチェックできます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

車売却で実印が必要な車種と必要ではない車種があるの?

.車売却で実印が必要な車種と必要ではない車種があるの?

.車売却で実印が必要な車種と必要ではない車種があるの?

車売却の際に必要な実印ですが、車種によっては必要ないものもあることをご存知ですか?

実は普通車の売却には実印が必要なのですが、軽自動車の売却の際には必要ありません。

なぜ普通車の車売却には実印が必要なの?

普通車の売却には印鑑証明が必要になります。

というよりも購入時にも実印は必要になると覚えておいてください。

なぜ購入時や売却時に実印が必要なのかというと、普通車は動産として国土交通省にて登録・抹消する必要があるからです。

そのため普通車は実印を用意する必要あると覚えておきましょう。

なぜ軽自動車の車売却には実印が必要ではないの?

一方、軽自動車ではなぜ必要ないのでしょうか。

実は軽自動車は普通車と異なり国土交通省に登録する必要はなく、「軽自動車検査協会」に届け出をすることになっています。

ここへの届け出には住民票などを提出するだけで大丈夫となっています。

普通車のときと違い、簡略化された届け出であるため実印は必要ないと覚えておくと良いかもしれませんね。

ただひとつ注意しておいてほしいのは、車買取店独自の契約書に押印する際に店舗独自の取り決めで実印を求められることもあります。

その場合は実印を用意しなければ売却することができませんので用意しておきましょう。

ここまでの説明で普通車と軽自動車売却時の実印について分かったかと思いますが、そもそもなぜ実印が必要なのかご存知ですか?

大切な契約だから…となんとなく思っていませんか?

実印でなければならない理由はありますから、次章にて解説していきます。

車を売るのにどうして実印は必要なのか?

実印は何のために必要か

実印は何のために必要か

車を売るのに一体なぜ実印が必要なのでしょうか?

簡単に説明すると実印には「第三者が保証する身元確認」という意味があり、実印を押印することで「間違いなく○○さんがこの契約を交わしました」という証明になるため。

そのため車売却においては所有者(あなた)が所有権を譲渡する際に使用されます。

あまり馴染みのない行為かもしれませんが車売却の際には必ずといって良いほど必要になりますので、実印登録を済ませておいてくださいね。

…えっ、実印って登録が必要なの?

とお思いのそこのあなた!

大丈夫です。

次章にて簡単に実印の登録方法について解説しますので、その手順に従って登録をしてから車売却をしてくださいね!

実印の登録方法

実印がどのようなものか良く分からない方は意外と多くいます。

そのため分からない方からすると「何か立派そうな印鑑」「100均の印鑑は実印ではない」というイメージを持っているでしょう。

しかしそれは大きな間違いで、先程少し触れたように「第三者から保証される」必要があります。

そのため立派な印鑑であっても、100均の印鑑であっても第三者から保証されているのであれば「実印」となり、逆に保証されていなければ「ただの認印」となるのです。

ただし100均の印鑑に関しては大量生産され、全国に同一のものが多くあるため印鑑登録できないことがほとんどのようです。

ここまでの説明をご覧になって、保証されるための第三者とは一体どこなのか気になったのではないでしょうか。

それはあなたの住民票がある市区町村役場であり保証されるためには印鑑の登録が必要で、下記3点のステップによって登録することができます。

  1. 実印用の印鑑を用意する
  2. 身分証明書を用意する
  3. 市区町村役場で登録する

それぞれのステップの詳細な解説は以下にしますのでご覧ください。

実印用の印鑑を用意する

まず最初に実印用の印鑑を用意する必要があります。

実印用の印鑑というと立派な物をイメージしがちですが、この世の中に自分しか持っていないオンリーワンな物であれば登録できると思ってください。

そのため先程少し触れたような量産型の印鑑は基本的にオンリーワンではないため登録できないことが多く、ハンコ屋さんで売っているような手彫りの物が多く使われているのです。

そのため値段が高い立派な物をイメージしてしまうのでしょう。

実は自作の印鑑でも登録できますので、一生モノの愛着をもった実印が欲しい方は自作しても良いかもしれませんね。

もし、特に希望がないなら「ハンコヤドットコム」でお願いするといいでしょう。

身分証明書を用意する

身分証明書を用意する

身分証明書を用意する

実印の用意ができたら自分の身分証明書を用意してください。

印鑑登録の際の身分証明としてメジャーなものは以下の通りですので、参考にしてくださいね。

  • 自動車運転免許証
  • パスポート
  • 顔写真入りの住民基本台帳カード
  • 外国人登録証

これらを提示するとスムーズに登録できますのでオススメです。

しかし健康保険証や社員証は使えないため十分に注意しておきましょう。

なぜかというと公的に第三者保証をするための印鑑登録は、公的ではない身分証明を使用して登録することができないからです。

最近では住民基本台帳カードを取得しておくと住民票の発行などで楽をすることができるため、この機会に取得しておくのもオススメかもしれませんね。

市区町村役場で登録する

実印登録用の印鑑と身分証明書が用意できたら、あとは印鑑登録をするだけ。

印鑑登録は自分の住民票がある市区町村役場でできますが、自治体によっては窓口センター(サービスセンター)でも登録が可能な場合があります。

市区町村役場または窓口センターの担当窓口にて、「印鑑登録をしたい」と申し出れば職員がスムーズに対応してくれますので安心してください。

流れとしては書類に名前や住所等を記入し、押印用書類に押印した後はその場で事務処理をされるのを待つだけです。

筆者が自分の印鑑を登録した際は窓口も混んでいなかったため、10分程度で完了しました。

混んでいても1時間程度でできるかと思いますので、少しだけ時間はかかると思っておくといいかもしれませんね。

登録後はせっかく役場に来ているため、4章にてご紹介する「車売却に必要な書類一式」を取得しておくことをオススメします。

実印以外に車売却で必要な書類

実印以外に車売却で必要な書類

実印以外に車売却で必要な書類

せっかく時間をかけて役場で印鑑を登録したのであれば、ついでに車売却に必要な書類一式を取得しておきましょう。

そうすることで売却後、再度役場に行く必要がなくなるため手間を省くことができます。

役場で一緒に取得するべき書類一式は次の3点です。

  1. 印鑑登録証明書
  2. 戸籍謄本
  3. 住民票

2と3に関してはいる場合といらない場合がありますので、それぞれ詳細な解説は下記にしていきます。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書というと堅苦しい雰囲気がしますが、これはあなたご存知の「印鑑証明」のこと。

印鑑証明は印鑑登録をした際に職員から「印鑑証明はついでに取得されますか?」

と聞かれますので素直に取得しておきましょう。

車売却の際は実印の押印だけでなく、印鑑証明を併せて提出しなければ何の効果もありません。

車売却において実印を押印する場合は「印鑑証明と必ずセット」と覚えておきましょう。

戸籍謄本

売却予定の車の所有者(車検証に記載)が、結婚などを理由として名字が変わっている場合などに必要となる書類です。

名前が変わっていない場合は全く必要ありませんから、取得の必要もありません。

31view
車を高く車売るとっておきの方法
車売却に戸籍謄本が必要なケースは?難しく感じる売却書類をシンプルに解説

車売却のときにいくつか書類が必要だということは何となく予想がつくかと思いますが、所有者の本人証明のためには具体的に何が必 ...

続きを見る

住民票

所有者(車検証に記載)の住所が変わっている場合に必要な書類です。

車を購入してから引っ越しをした経験がある方は、注意しておく必要があります。

先程の戸籍謄本にも同様のことがいえますが、車検証に記載されている名前と住所を確認し、

  • 名前が変わっている→戸籍謄本
  • 住所が変わっている→住民票

と覚えておくと分かりやすいでしょう。

66view
新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ【ディーラー営業が知られたくない】
車を売るときに「住民票」が必要な条件と取得方法

車売却をする際はどんな書類が必要なのかあまり分からず悩んでしまう方は少なくありません。 おそらく「仕事の合間などの少ない ...

続きを見る

以上、市町村役場で印鑑登録をしたついでに取得するべき書類のご紹介を終了します。

しかし車売却に関わる書類は、自分で用意するものと車買取店に用意してもらうものの2種類がありますので、それぞれの説明もここで簡単にしておきましょう。

まず自分で用意するものは

  • 自動車検査証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券

の4点です。

基本的にダッシュボードの中に保管されている車検証入れの中に入っていることが多い書類で、必ず必要になる書類ですので車売却の前には必ず確認しておきましょう。

次に車買取店が用意してくれる書類は下記の2点です。

  • 委任状
  • 譲渡証明書

譲渡証明書や委任状には実印の押印が求められますので、登録しておいた印鑑を押印するよう気をつけてください。

車の所有者の名義が自分本人ではない場合は、また少しややこしくなります。

詳細は下記の記事に詳しく解説しておりますのでご確認ください。

24view
車の名義人が本人ではない場合の売却方法と名義変更の手順・必要書類

車売却を心に決めて「さあ、売るぞ!」と動きだそうとしている方、ちょっとだけお待ちください。 もしかしたらその車「あなたの ...

続きを見る

今ご紹介した書類は車買取店の担当営業マンが必ず指示してくれますので、全てを覚える必要はありません。

担当営業マンの指示に従って書類を揃え、不明点があれば質問してください。 その場ですぐ質問に答えてくれますよ!

車を売るときの書類は下記記事でさらに詳しく解説しています。

9view
車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説
車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説

お得に車を売却するために必要書類を理解しよう! 車の買い替えや売却は、余程の車好きでない限り、人生の内でそう何度もあるこ ...

続きを見る

まとめ

以上で車売却時の実印についての解説を終了します。

実印について知らないことが多かったかと思いますが、いかがでしたか?

それほど難しくない内容であったため、理解できたかと思います。

車売却における実印について

  • 普通車の売却には実印が必要
  • 市区町村役場で登録したついでに他の書類も揃えておく
  • 揃えなければならない書類は車買取店の担当営業マンの指示に従う

ということを覚えておけば大丈夫です。

登録や書類といった難しそうな言葉には惑わされず、簡単に考えてくださいね。

分からないことがあれば遠慮なく担当営業マンに質問すると良いですよ!

おすすめ記事

54view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

55view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

396view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

584view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-車売却

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.