車売却

駐車違反して罰金を支払っていない車って売却したらどうなるの?

ガリバーの店舗に行って怒り奮闘

分かってはいるものの、ついうっかりやってしまう駐車違反。

私も経験がありますが、客先で短時間の幼児を済ませるために路上駐車しておいたところを取り締まられてしまいました。

実際に罰則を受けると精神的に凹んでしまいますよね。

そのためできれば「罰則を受ける前に車売却をしてしまいたい」とヨコシマな気持ちが湧き出てくることもあるでしょう。

そのため

  • 罰則を受ける前に車売却をしてしまえば罰則を免れることができるのか
  • 駐車違反をした車はそもそも車売却することができるのか
  • 高く車売却するためにはどのような方法があるのか

ということについて解説していきます。

車売却において駐車違反という罰則がどのような意味を持つのか、また実際にどのような方法で高く車売却することができるのかは、この記事を読むことですべて理解することができますよ。

内容自体は「違反と車売却に関する解説」という堅苦しそうな印象を受けたのとは裏腹に、非常に簡単なものとなっていますので気楽にご覧くださいね。

駐車違反の罰則に対する不安感も、車売却に対する疑問もすべて解決できますよ!

\愛車の最高額をチェックする方法/

車は買取業者が競い合うことでどんどん査定額が上がります。

車一括査定を使うと、あなたの売却予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が自動的に競い合うため、特に交渉せずとも最高額がチェックできます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

駐車違反を受けていた車を売却した場合、罰金はどうなるのか

駐車違反を受けていた車を売却した場合、罰金はどうなるのか

駐車違反を受けていた車を売却した場合、罰金はどうなるのか

先に述べておくと駐車違反を受けていた車を売却することは可能。

なぜなら車売却時に車買取店は「あなたが駐車違反をしているかどうか」ということを把握することは、車査定~車売却契約の段階ではできないから。

しかし「よし、売却できたぞ!」とおちおち喜んではいられません。それは一体なぜでしょうか。

以下に説明していきます。

罰金は自分で払わなければいけないの?

車売却の流れは大まかに「車査定→交渉→契約」となりますが、契約書に必ず「駐車違反をしていない車であること」が書かれています。

じゃあそのままスルーすればバレないのではないか?と思いがちですが、必ずバレます。

車を売却した際は、必ず名義変更の手続きをしますが、陸運支局にて必ずバレてしまいます。

結果的に駐車違反をしている場合は罰金を納付しなければならなくなり、納付しない限り車買取店から買取金額の振り込みはされないため注意しておきましょう。

未納のままだと問題あるの?

それではバレると分かっていても未納のままである場合はどのような問題があるのでしょうか。

まずは先ほどもご紹介したように買取金額の振り込みがされない可能性があります。

なぜなら車買取店は買い取った車を名義変更後に振り込みをすることが多いため、違反金を納付していないと名義変更ができない=振り込みもされないというわけです。

またその場での現金買取や名義変更前に振り込みをされた場合には、違反金が未納であると分かった時点から一時的に返還請求をされる場合があります。

結果的に未納のままで得をすることはなくどのみち納付しなければならないため、先に納付しておくことが後々の取引をスムーズに進められるのです。

しかし違反金は違反状況によって変わりますので、実際にどの程度の金額が必要なのか分かりませんよね。

次にて違反金の金額や減点について解説していきましょう。

駐車違反の種類と違反金額・減点

違反金額は主に放置駐車違反と駐停車違反の2種類に分けられます。

放置駐車違反と駐停車違反の違いは「車をすぐに動かせるか、動かせないか」というものであり、ほとんどの場合で「すぐに動かせない」と判断されるため基本的には放置駐車違反になると思って大丈夫です。

それぞれ駐停車禁止場所に駐車した場合と、駐車禁止場所に駐車した場合の2種類に分かれるため、違反金額は合計4つに分かれていると考えましょう。

駐車違反した場合の罰則金

  • 「駐停車禁止場所」で「放置駐車違反」をした場合…18,000円
  • 「駐車禁止場所」で「放置駐車違反」をした場合…15,000円
  • 「駐停車禁止場所」で「駐停車違反」をした場合…12,000円
  • 「駐車禁止場所」で「駐停車違反」をした場合…10,000円

となります。

あまり大きな金額ではありませんが、最低でも1万円かかると思うと少しだけもったいない気がしますよね。

駐車違反した場合の減点

  • 「駐停車禁止場所」で「放置駐車違反」をした場合…3点
  • 「駐車禁止場所」で「放置駐車違反」をした場合…2点
  • 「駐停車禁止場所」で「駐停車違反」をした場合…2点
  • 「駐車禁止場所」で「駐停車違反」をした場合…1点

となります。

しかし減点については警察へ行かず、自分の手元に届いた納付書で直接納付を行えば減点されませんので安心してください。

また自分の正当性を主張できる場合は違反金の納付や減点を回避できる場合もあります。

とはいえ回避するのは非常に難しいため、素直に納付をして少しでも早く車売却をすることがオススメです。

なぜなら次章にてご紹介する方法を実践することで違反金の最高18,000円の納付金額を上回るどころか、初回提示額よりも30万円以上高く車売却をすることができるからです。

車を高価買取してもらう方法

高く車売却をする方法

高く車売却をする方法

違反金の18,000円ぐらいであれば上手くいけば高く車売却できるかもしれないけど、30万円はちょっと言いすぎじゃない?

しかし実際に実践をしてみるとよくわかるのですが、初回提示額から30万円以上高く売れるケースは特に珍しくなく、一般的なのです。

それでは高く車売却するために必要な方法を見ていきましょう。

下取りではなく買取を選ぶ

高く車売却をする上で最も重要なのは、自動車ディーラーによる「下取り」ではなく車買取店委による「買取」を選択するということ。

なぜなら買取を選択するだけで下取りに比べて20~30万円以上高くなることがほとんどであり、簡単に高く車売却をすることができるからです。

しかし両社同様に「車を買い取る」という行為であるにもかかわらず、なぜこれほどまでに価格差が出てしまうのでしょうか。

その理由は自動車ディーラーと車買取店それぞれの、主な業務内容に関係してきます。

自動車ディーラーの主な業務は「新車の登録・販売」であり自動車メーカーから台数をノルマ化されているため、中古車の販売に関してはあまり力を入れていません。

その結果、必然的に中古在庫車の源泉となる下取りにもあまり力を入れておらず、査定額が安くなりやすいという傾向にあるのです。

一方、車買取店の主な業務は「買取した車を再販すること」であり、再販することで生計を立てています。

そのため再販するために必要な「車買取」に力を入れることこそ自社が生きていく成長戦略であるため、基本的に高く車売却できるのです。

以上のことから下取りよりも買取を選ぶことで、高く車売却ができるといえます。

しかし高く車売却をする方法はこれだけではありません。

さらに高く車売却をする方法が存在するのです。

複数の車買取店を競合させる

さらに高く車売却する方法とは、複数の車買取店を競合させること。

前述したように車買取店の主な業務は買い取った車を再販することですが、最近の中古車人気の影響でどの車買取店も在庫車不足となっています。

そのため「何としても買い取りたい!」と意気込んでいる車買取店を競合させることで査定額はどんどん吊り上がり、結果的に初回提示額よりも30万円以上高く車売却ができる場合が多くあるのです。

とはいえ複数の車買取店を自分の足でまわるのは少々しんどい…というのが本音でしょう。

そこで次にご紹介する方法をオススメします。

「こんなにも簡単に複数社を競合させることができるの?」とビックリしますよ!

一括査定を利用するとカンタンに複数社を競合させられる

簡単に複数社を競合させる方法とは、一括査定を利用すること。

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

車一括査定を利用すると、自分の足で複数の車買取店をまわる手間がかからなくなり、楽をして最高の結果を得られるようになります。

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「かんたん車査定ガイド」については、総合点ではかんたん車査定ガイドに軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーのポイント

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスのポイント

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドのポイント

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

かんたん車査定ガイド 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口のポイント

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

売却者全員に5,000円がキャッシュバックキャンペーン中

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

とはいえ「車売却をした後に駐車違反が届いた場合はどうすればいいのだろう…」と心配になる方もいるでしょう。

そこで最後に、車売却後に駐車違反が届いた場合について解説していきます。

車売却をした後に駐車違反が届いた場合はどうすればいいの?

車売却をした後に駐車違反が届いた場合はどうすればいいの?

車売却をした後に駐車違反が届いた場合はどうすればいいの?

駐車違反したことを忘れていたなどの理由で車売却後に駐車違反の納付書が届いた場合、一体どのようにすればいいのでしょうか。

先程も少しだけ触れましたが、ここで詳しく解説していきます。

あなた宛てに駐車違反が届く理由

まずあなた宛てに駐車違反が届く理由として考えられるのは「まだ陸運支局に手名義変更の手続きが済んでいないから」です。

前述したように陸運支局では駐車違反の違反金が納付されていない車の名義変更をすることはできません。

これは自動車税が未納である場合にも同様であるため、注意しておきましょう。

ただし違反金が未納である場合は車買取店がその状況に気づき次第連絡をくれるため、忘れたままになることはありません。

とはいえ車売却の契約が完了しているにもかかわらず違反金が発生している場合はどのように対処すればいいのでしょうか。

対処方法はあるの?

対処法は「車買取店やディーラーの指示に従う」以外にはありません。前述したように一時的な返還請求があれば応じましょう。

違反金の納付さえ済んでしまえば通常通りの車売却と何ら変わりないため、スムーズに車売却を完結させることができますよ。

逆に車買取店の指示に従わず、下手にあらがってしまうと「契約そのものの破棄」など最悪の事態につながりかねません。

必ず車買取店やディーラーの指示に従うことを心がけましょう。

まとめ

以上で駐車違反と車売却についての解説を終了しますが、いかがでしたか?

難しくはなかったかと思いますが、一歩間違えると取引停止になるなど慎重に対応しなければならないことが理解できたでしょう。

駐車違反をしている車の車売却は

  • 違反金が未納である場合は必ず分かるため、先に納付しておくとスムーズ
  • 違反金以上の金額を得するためには一括査定を利用する
  • 車売却後に未納であることが分かった場合は車買取店の指示に従う

ということさえ守っておけば間違いなく大丈夫です。

心配せずにまずは一括査定を利用し、車買取店の指示を仰ぐのも一つの賢い手段かもしれませんね。

いずれにせよ、一括査定を利用することで車売却に関する全てのことは解決し、お得に車売却ができますよ!

おすすめ記事

155view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

217view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

1,167view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

1,877view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-車売却

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.