車下取りした時に「リサイクル料金」は返ってくるの?

最終更新日:2016年12月20日

車下取り時のリサイクル料金は戻ってくる?

車下取り時のリサイクル料金は戻ってくる?
自動車を購入する際には、必ず「リサイクル料金」というものを支払っていると思います。

 

これは、自動車の部品であったり材料をリサイクルするとともに、廃車の際に出る有害物質を無害化するために利用される費用となります。

 

つまり車を下取りに出す際にはリサイクル料金は戻ってくるのが原則です。

 

原則と記載したいのは、中には査定額に含まれていたり、ディーラーから何も説明がない可能性もあり、知らないと損することにもなりかねません。

 

そこで本記事では、車下取り時のリサイクル料金にフォーカスしてお伝えします。

 

リサイクル料金は売り手に戻ってくるのが基本

リサイクル料金は売り手に戻ってくるのが基本
リサイクル料金は、そもそも何のために払う費用かご存知でしょうか?

 

このリサイクル料金は、用は廃車にするときに消費されるものです。

 

つまり、自動車を下取り(売却)する場合は、次のオーナーがその分を支払うことになります。

 

そのため、車の売り手であるあなたが、このリサイクル料金分を受け取ることが基本です。

 

しかし、実際を見てみると、車下取りをする際には、特段その料金を分けて返金するということは、あまり行われません。

 

下取り査定額の中に一括して計算されていて、車両やパーツの評価額に加えて、リサイクル料金や税金、保険の還付分として上乗せされていることがほとんどです。

 

下取り査定額の詳細をしっかりと確認する

下取り査定額の詳細をしっかりと確認する
良心的なディーラーであれば、リサイクル料金を始めて、戻ってくる自動車税などについて、丁寧に説明を行ってくれますので、査定額の詳細を見ればすぐに分かるようになっています。

 

しかし、とても分かりにくい査定評価をするところもありますし、単に諸費用というだけの説明で、この費用の返還金がいくらになるかを知らせないところもあります。

 

場合によっては、上手に他の費用と絡めてこの返還金を渡さないところもあります。

 

そのため、査定金額が出て書類を受け取ったら、しっかりと返還されるべき料金の詳細はどうなっているかを聞いてみると良いでしょう。

 

無視できない金額なのでなおざりにしない

無視できない金額なのでなおざりにしない
リサイクル料金は車種によって異なりますが、そんなに安い金額ではありません。

 

軽自動車なら、7千円から1万5千円程度で、普通車なら1万円から2万円は戻ってきます。

 

見過ごしても良いような金額ではありませんので、もらい損ねることがないようにしっかりとチェックしましょう。

 

一生懸命交渉して、査定額をアップさせたり値引き額を上げてもらっても、こういうところで損をしてしまっては、せっかくの努力も無駄になってしまいます。

 

また、しっかりしたディーラーや営業担当者であれば、こちらから説明を求めなくても、こうした還付金についての説明をしてくれるものです。

 

こうした対応を見て、信頼できる会社かどうかを見極める材料とできるでしょう。

 

【筆者の見解】リサイクル料金の戻りも大事だけど、車を高く売ることを優先する

自動車税の戻りよりも、車を高く売ることを優先するれ
確かにリサイクル料金の戻り金も馬鹿にはなりませんが、上記説明のとおり、ディーラーに色々と突っ込むのも面倒です。

 

筆者の考えとしては、できればよりあなたの下取り車を高く買い取ってもらう方法を考える方が何倍も得する可能性がありま、そちらを優先することをオススメしています。

 

車を高く売るなら一括査定サービスを検討する

車を高く売る方法としておすすめなのが「車買取一括査定」を利用することです。

 

車買取一括査定とは、WEB上で車種の情報と住所などの個人情報を入力して申し込むと、一度に近くの買取店をマッチングし、一括で査定依頼が行えるサービスです。

 

このサービスを利用すると、複数の買取店から電話がかかってきて、自宅に査定をしにきてくれて、高い査定額を付けてくれた買取店に売れるというわけです。

 

車買取一括査定のさらに詳細が知りたい方は「これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識」をご確認ください。

 

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。

蛇足にはなりますが、家電の最安値を調べるときに重宝する「価格.com」も一括査定サービスを運営していますが、実は裏側は「カーセンサー」のサービスです。(カーセンサーの運営会社は「株式会社リクルートパートナーズ)
価格.comの一括査定注意事項


それだけでも安心して利用できますよね!


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約49社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



かんたん車査定ガイド

車査定比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:211社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ズバット車買取

廃車寸前のボロボロの車であれば「廃車買取.com」

廃車買取.com

 

 特徴①:どんな車でも0円以上の買取保証あり
 特徴②:年中無休で全国どこでも買取がOK
 特徴③:廃車に掛かる費用や廃車の手続きはすべて無料で対応


 

まとめ

車下取りをする場合には、様々な還付金や返還金について調べて、査定額の提示を受けるときにしっかりと確認するようにしましょう。

 

たいがいは、査定の中に車両価格などと一緒に含められていますので、査定の内訳をチェックしていくら返還されるのかをチェックしたいものです。

 

普通自動車では1万円以上、軽自動車でも1万円近くの返還となることが多く、無視できない金額ですので、きちんと対応するべきでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ディーラー下取りの4つのメリットと6つのデメリットとその回避策
ディーラーで下取りをすることによって得られるメリットやデメリットを中心にご紹介していきます。
車下取りした時に自動車税は戻ってくるの?請求してもいいの?
一般的に自動車税は戻ってくるものなのか?還付をディーラーに要求してもいいのか?法律の観点で見ると、戻ってくるのが通常なのか?など、実際に多くの人が疑問に思うことを分かりやすく解説します。
みんな本当にやってるの?車下取りで得た利益の確定申告について
下取りなどで自動車を売ると、その売却代金が所得と見なされるので、税金が発生することになります。そのため、個人であっても確定申告を行う必要が出てきます。ただし、ほとんどの人は税金を気にする必要はない=確定申告をする必要がありません。どういった人が税金が掛かりどういった人が確定申告をする必要があるのかについてお伝えします。
傷やへこみは車下取り査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?
車下取りに出す際にお得になる方法はもちろんのこと、「傷が付いている車」の下取り査定について解説していきます。