車売却

軽自動車が高く売れるっていうけど本当?残存率はどれぐらいあるの?

各自動車メーカーから、オシャレで使い勝手の優れた新型の軽自動車が次々に発表されています。

それだけ、軽自動車は人気ということ。

しかし、軽自動車は、価格と維持費が安い反面、普通車に比べてどうしても価値が低いとされ、中古車になると二束三文になってしまうというイメージが拭い切れていません。

  • もともと価格の安い軽自動車が高く売れるのは本当?
  • 新車として軽自動車が人気なのはわかるけど中古車ではどうなのか
  • 今軽自動車が人気と言われる理由を知りたい
  • 今乗っている軽自動車を高く売る方法を知りたい

結論を先に申し上げると、軽自動車が高く売れるというのは事実です。

カー君
でも実際売らなきゃわからないから信じられないよ!

そこで今回の記事では、公式に発表されているさまざまなデータを確認しながら、本当に軽自動車は中古車として価値が高いのかを検証。

この記事を読み終わるころには、軽自動車がなぜ高く売れるのかを理解し、あなたの軽自動車を高く売る方法について知ることができます。

軽自動車は高く売れるの?残存率は高い?

日本で買い取られた自動車は、国内で中古車として再販される他、海外に輸出して再販されたりもします。

しかし、軽自動車は日本専用の車であり、海外に輸出できません。

つまり、軽自動車は、国内でしか価値を見出せないのです。

そこで気になるのが、今乗っている軽自動車のリセールバリュー。

カー君
リセールバリュー?
Resaleは再販、valueは価格、つまり中古車の再販価格のことよ。
クルサテ

リセールバリューが高ければ、高く売れやすいということを意味します。

リセールバリューは残存率に比例します。

残存率とは、新車の販売価格と比較して、中古車としてどの程度価値が残っているかを表した率

例えば、新車販売価格300万円の車が150万円で売れた場合、残存率は150÷300=50%となります。

残存率の高い車種ほど、売るときに高く売れる可能性が高いということになります。

そこで、この章では、普通車と比較して軽自動車が高く売れるのか安く売れてしまうのかを検証するために、代表的な車種の残存率を調査しました。

残存率で見る!軽自動車の価値

軽自動車を代表する3車種+各ボディタイプごとのランキングで上位に入る普通車の残存率を見ていきましょう

なお、サンプルとして抽出する基準として、中古車検索サイトの最大手である「カーセンサー」の中古車人気ランキングを参考としています。

また、中古車の価値を決める査定額については、3年3万kmを基準として出しています。

ジャンル車名新車価格買取価格残存率
軽自動車N-BOX110万円66万円60%
ムーブ150万円77万円51%
ハスラー125万円78万円62%
コンパクト
カー
アクア184万円78万円42%
フィット134万円58万円43%
ミニバンセレナ230万円140万円61%
アルファード399万円288万円72%
ステーション
ワゴン
レガシー335万円117万円35%
レヴォーグ247万円118万円48%
SUV
クロカン
エクストレイル261万円139万円53%
CX-5228万円117万円51%
セダンクラウンアスリート572万円259万円45%
マークX270万円125万円46%
クーペフェアレディZ362万円190万円52%
86282万円153万円54%
ハイブリッドプリウス249万円144万円58%
アクア184万円78万円42%

軽自動車は、スーパーハイトワゴンのN-BOX、トールワゴンのワゴン、クロスオーバーのハスラーという、それぞれのボディータイプを代表する車種を抽出しました。

その結果、軽自動車はすべての車種で50%以上の残存率

だいたい3年乗ると半分(50%)ぐらいの価値になっているということです。

対して、普通車は、国内でも人気のミニバンやSUVといった人気ジャンルの残存率が良好。

しかし、その反面、セダンやステーションワゴンなどは50%を切ってしまっています。

残存率を見ると今どんなジャンルの中古車が人気か一目瞭然ね!
クルサテ

軽自動車以外のボディータイプは、車種によって残存率の差が激しい傾向。

一方、軽自動車はどんな車種でも一定の残存率があります。

以上から、軽自動車は高く売れやすい傾向にあるということです。

カー君
すべてのジャンルで残存率の高い軽自動車は優秀ってことだね!

中古車でも軽自動車は人気

見ていただいたように、軽自動車は残存率が安定しており、高く売れる確率が高いことがお分かりいただけたと思います。

高く売れるということは、中古車として人気があるということ。

実際、中古車販売全体で軽自動車がどの程度の割合を占めているのか気になるところです。

そこで、一般社団法人日本自動車販売協会連合会と一般社団法人 全国軽自動車協会連合会それぞれが発表している統計データを参考に、中古車の販売台数を比較してみましょう。

年次軽自動車普通車合計軽自動車割合
2015年2,354,077台3,271,148台5,625,225台42%
2016年2,322,533台3,294,176台5,616,709台41%
2017年2,414,874台3,391,703台5,806,577台42%
2018年2,449,940台3,357,843台5,807,783台42%

※2019年11月現在

上記の表は、軽自動車、普通車ともに乗用車(5、3ナンバー)の中古車販売台数を年ごとにまとめた表。

様々なボディータイプの中で4割以上と軽自動車は中古車の中で断トツの人気なのです。

軽自動車が人気の理由は、税金の安さや燃費の良さなどによって維持費が低く抑えられるということ。

さらに、新車ではなく中古車を選べば、購入費用をさらに抑えることができます。

新車よりも中古車の方が売れているのは当然かもしれません。

カー君
軽自動車はその辺の買取店にもっていけばいいの?
軽自動車の専門店に持っていった方がいいよ!
クルサテ

軽自動車を高く買い取ってもらうなら「軽自動車専門店」

“軽自動車は高く売れる”とここまでお話してきましたが、当然のことながら、どんな軽自動車でも必ず高く売れるというわけではありません。

そのため、軽自動車を少しでも高く売るためには、より高く売れる方法で売ることが大切です。

カー君
高く売れる方法と言われてもなぁ…。
カー君
具体的にはどんな方法があるのだろう。

軽自動車を高く売る方法はいくつかありますが、そのうちの一つに、軽自動車専門店に売るという方法があります。

軽自動車専門店とは、その名の通り、軽自動車を専門に販売している中古車販売店のこと。

軽自動車人気の影響もあって、今では多くの店舗を見かけるようになりました。

では、なぜ軽自動車専門店なら、軽自動車を高く売ることができるのでしょうか。

軽自動車専門店なら余計な中間マージンをカットできる

軽自動車専門店で高く売れる1番の理由は、旧ユーザーから新ユーザーまでのあいだに発生する中間マージンを最小限にできるから。

一般的な中古車の流通経路は、買取店(下取り)、中古車オークション、中古車販売店という最低3つの業者を介すことになります。

そして、業者を介す以上、それぞれの業者は利益(マージン)を取らなければなりません。

つまり、中古車の販売価格には、

  • 中古車販売店の利益+オークション業者の利益+買取店の利益

が含まれ、その分買取価格は低くなります。

その点、買取業者やオークションを介さずに販売できれば、販売価格に含まれる中間マージンを大幅にカットでき、その分買取価格を高くすることが可能なのです。

カー君
あれ?専門店じゃなくても買取った車を直接販売しているよね?

確かに、ガリバーやビッグモーターをはじめとした大手買取専門店でも、買い取った車の販売も行っているため、軽自動車専門店に売るのと大差無いように思えます。

しかし、軽自動車専門店には、専門店にしかない強みがあり、さまざまな車種を扱っている一般の中古車販売店とは大きな違いがあるのです。

軽自動車専門店は、軽自動車を買い求める人がたくさん集まっている

軽自動車専門店にしかない強みとは、軽自動車を買い求めるお客さんがたくさん来店しているということ

通常の中古車販売店を訪れる人は、特定の車種を決めずに来店するという人もたくさんいます。

何も軽自動車ばかりを買い求めているわけではありません。

一方、軽自動車専門店を訪れる人は、仮に特定の車種に絞っていない状態であったとしても、少なくとも“軽自動車が欲しい”という意思を持った人。

そのため一般の中古車販売店よりも、自社内で軽自動車を販売することに優れている軽自動車専門店に売る方が、より高く売れる可能性が高いと言えます。

より高くより有利な査定額を引き出す方法

軽自動車に限らず車の買取額は、車種や年式、走行距離といった基本情報のほか、外装のキズやヘコミ、内装の汚れや破損などを細かくチェックし算出されます。

さらに、その時の流行や季節といった世間の需要を考慮し、最終的な査定額が決定されるのです。

車の査定額を決定する査定基準については下記の通り。

  1. 車種の需要:大
  2. 年式・走行距離:大
  3. 傷・凹み:中
  4. 骨格(フレーム):大
  5. タイヤ:小
  6. エンジンルーム:中
  7. 内装:中

車の査定ではあらゆる箇所をチェックされるため、現状の愛車を小手先だけの誤魔化しで高く売ることはできません。

そこで、先述したように軽自動車専門店に売るなどの、ひと工夫が必要となります。

より確実に軽自動車を高く売りたいのであれば、軽自動車専門店での査定だけでなく、複数の買取専門店から査定を受けるようにしましょう。

複数の業者から査定を受けて適正な買取相場を知る

愛車を高く売りたいのであれば、まず、買取相場を知ることが大事。

上記でご覧いただいたように、車の買取価格はさまざまな要素を査定することで算出されるため、一般ユーザーの方が買取相場を把握することはできません。

仮に査定を1社からしか受けていない場合、はたしてその査定額が適正なのかどうか判断できず、法外な安値で買いたたかれる危険があるのです。

お客さんの顔色や人となりを見て査定する業者もあるから要注意!
クルサテ

そこで、1社よりも2社、2社よりも3社という具合に、査定してもらう業者を増やし、複数の査定見積を比較すれば、法外な安値で買い叩こうとしている業者を確実に排除できます。

そして、査定額そのものを比べることで、あなたの軽自動車を一番高く買ってくれる業者を見つけることができるのです。

車一括査定サービスの利用で大幅に手間をカット

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

軽自動車を高く売るためには、複数の業者から査定を受けることが大切とお話しましたが、実際にはかなりの手間と時間が掛かる作業。

買取査定を受けるためには、買取専門店に連絡しアポを取るか、直接店舗に出向いて査定してもらう必要があります。

カー君
仕事とかで忙しくて1日に何件も回るなんて無理…。
そんな時は一括査定が便利よ!
クルサテ

そこで、車一括査定を利用すれば、あなた自身が1件1件買取専門店を探す必要が無く、24時間いつでも申し込めるため、大幅に手間を減らすことが可能。

また、あなたが一括査定サービスを利用していることが、各買取専門店にも伝わるため、自然と業者同士を競わせ、より高値を引き出しやすい状況を作ることができます。

カー君
車一括査定っていくつかあるみたいだから、どこが良いのか分からない…

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「かんたん車査定ガイド」については、総合点ではかんたん車査定ガイドに軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーのポイント

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスのポイント

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドのポイント

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

かんたん車査定ガイド 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口のポイント

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

売却者全員に5,000円がキャッシュバックキャンペーン中

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

まとめ

  • 軽自動車は海外に輸出されずそのすべてが中古車として国内で再販される
  • 軽自動車はボディタイプを問わず残存率が高い
  • 新車よりも中古車の方が軽自動車を選ぶ人が多い
  • 中古車で安定した人気があるからこそ軽自動車を高く売ることができる
  • 軽自動車専門店を含む複数の買取専門店で査定を受けることも忘れずに

【豆知識」軽自動車は国内需要に特化した車種

今や新車販売の約4割が軽自動車というほど、日本国内での軽自動車人気は衰えることなく続いています。

その人気の秘密は、車体価格や維持費の安さはもちろん、軽自動車とは思えない居住性や走行性能を持っているから。

軽自動車はただ安いだけという車から、1000ccクラスのコンパクトカーにも匹敵する「高い質感と満足度を兼ね備えた車」に進化したのです。

カー君
確かに最近は欲しいと思わせてくれる軽自動車が増えたね!
あまり遠出をしないなら軽自動車でも十分よね。
クルサテ

この軽自動車が誕生したのは、戦後間もない昭和24年。

戦後の日本経済を成長させる目的で、一般庶民でも購入しやすいよう、税制面でも登録車(普通車と小型車)と区別して制定されました。

つまり、軽自動車という規格は、日本のために作られた規格ということ。

買い取られた軽自動車は中古車として国内で売られる

日本国内で人気の軽自動車ですが、“狭くて非力”という評価から、ジムニーや軽トラックといった一部の車種を除き、海外ではほとんど需要がありません。

そのため、日本で買い取られた軽自動車は、基本的にそのほとんどが中古車として国内で販売されることになるのです。

一昔前までは、「軽自動車=安くてちゃちな車」というイメージがあり、新車はもちろん中古車のニーズも決して高くなく、売るときは“二束三文”とまで言われていました。

しかし、すでに申し上げているように、現代の日本において、新車販売のおよそ4割が軽自動車というほど、今では私たちの足として高い支持を集めています。

その結果、軽自動車を中古車で購入するユーザーが増加し、“売れるジャンル”となったことで、必然的に買取額が上昇傾向にあるのです。

海外で人気の国産普通車

一方、普通車はというと、依然として海外での日本車人気が根強く、日本ではほとんど価値がないと思われがちな、いわゆる“ボロボロ”の車でも商品として販売されているのです。

東南アジアでは、人口のわりに道端の狭い地域が多く、サイズがコンパクトで壊れにくい日本車が人気。

市街地には日本車がたくさん走っています。

また、砂漠地帯が多い中東やアフリカなどでは、トヨタランドクルーザーをはじめとしたSUVの人気が高く、砂漠やサバンナを駆け抜ける日本車をテレビでご覧になったことがある方も多いでしょう。

もちろん、各自動車メーカーも、その地域に向けた専売モデルを販売していますが、高価な新車を購入できない一般庶民にとっては、日本の中古車が人気なのです。

そのため、大きく破損し修復歴アリとなってしまった中古車でも、国内で販売するよりも高い価格で販売することができます。

おすすめ記事

106view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

147view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

860view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

1,265view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-車売却

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.