車売却

車買取相場を匿名・個人情報なしで調べる時の注意点とオススメサイト

車買取相場を匿名・個人情報なしで調べる時の注意点とオススメサイト

本記事ではこんな悩みを持っている人を解決します。

  • 「車を売りたいけど今の車がどれぐらいで売れるんだろう・・・」
  • 「車の買取店で無料査定すると営業マンに押し切られそう・・・」
  • 「車の売却金額によって次の新車を何買うか迷っている・・・」

「車買取 相場」や「車売却 相場」「車査定 相場」などをGoogleで調べるといくつかの紹介サイトが出てきます。

ただし、残念なことに相場の精度のことはあまり語られていません・・・

つまり紹介サイトで買取相場を調べても意味がない価格を調べていることになるのです。

極端な言い方をするとあなたをダマしたり、まったく違った相場情報を与えたりすることがあるため、相場を調べるにも目利きが必要になるのです。

カー君
えっ?そんなことを言われると、何を信じていいのか分からなくなるんですが・・・
買取相場はデタラメばかり

買取相場はデタラメばかり

当ページで紹介している買取相場サイトは違います。

プロの査定士である筆者が相場の精度を確認しています。

下記のような方法をお探しの方はぜひ当記事をご確認ください。自信をもってお伝えします。

  • 安全に相場を調べる方法
  • 精度の高い相場を調べる方法
  • 相場を調べるだけの場合、注意すべきポイント
  • 実際に売る気がある場合、簡単に最高額が引き出せる方法

読み終えたときに「よし!これなら実践できる」とすぐに行動できること間違いなしです。

個人情報の入力サイトは相場を調べるサイトではないので注意

まず最初に相場サイトを紹介する前に知っておいてほしいことがあります。

それは車売るときの買取相場を調べるときにNGとなるサイトがあります。

NGのサイトは一つ「個人情報を入力するサイト」。

というのも個人情報を入力するサイトでは、個人情報が悪用される危険性は極めて低いものの、売ることを前提として「しつこく買取の営業がかけられる」から。

相場サイトを利用するうえでの注意

  • 個人情報を入力するサイトは売ることが前提になっているため
  • 買取業者からの営業がしつこくなる

そのため前提条件として、買取相場を調べるだけなら個人情報を入力するサイトは最初から利用しないでください。

よく買取相場が分かると書かれている車一括査定というサービスがありますが・・・申し込むと鬼のように電話が掛かってきます。

車一括査定は相場を簡易的に調べられるサイトではない

車買取相場を調べる上で、注意しなければならいのは「すぐに相場が分かる!」などといって、査定申し込みをさせてしまうサイトに引っかからないこと。

お伝えしたように車一括査定は、個人情報を入力する必要があります。

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

でも、いかにも買取相場がすぐわかりそうな文言が書いてあるため、勘違いする人が多くいます。

例えば車一括査定の1つ「かんたん車査定ガイド」を見てみましょう。

かんたん車査定ガイドのトップページ

かんたん車査定ガイドのトップページ

「概算価格がスグわかる!」と書かれていると、相場が分かる気になりますよね。

つまり申し込みをしてしまうと複数の買取店より大量の営業電話がかかってきてしまうのです。

Twitterで「車一括査定」と検索すると、鬼のように電話が掛かってくると書いている人が何人も出てきます。

買取業者からするとあなたが相場を見たいだけではなく、実際に売る気があると思ってしまうので、当然ですよね。

また「今の実際の査定額が知りたい」といって、買取業者に査定依頼をしてしまうのも避けましょう。

これも同じ原理で、査定依頼をする=売る気があると業者は思うことから、しつこく営業をかけられるからです。

そのため相場を知りたいだけの場合には、これから紹介する方法で相場だけを調べるのがオススメです。

カー君
他のサイトを見て申し込んだら営業電話がすごくてびっくりしちゃったよ・・・ どのサイトだったら営業電話なしで買取相場がわかるの?

個人情報の入力なしで買取相場が調べられるサイトは下記の5種類。

営業電話なしで相場がわかる5つのサイト

  1. シミュレーションサイト
  2. 利用者の実績をまとめたサイト
  3. 中古車情報サイト
  4. オークションサイト
  5. 事故車シミュレーションサイト

まずはそれぞれの特徴について下記に一覧表にまとめましたのでご覧ください。

相場の正確さサイトの種類オススメの人サイトの特徴
★★★シミュレーション・今後の相場予想をチェックしたい人
・今すぐには車を売らない人
・詳細なオプションなしでザックリとした相場情報が調べられる
・一応、利用者のデータをもとにしているため、
今後の金額も「大まかに分かる」と思っても大丈夫
★★★★利用者の実績・実際の利用者の生データを参考にしたい人
・確実に「〇万円」という確証が欲しい人
・レビューのようになっていることが多く、本当の査定額が調べられる
・場合によっては「A社では〇万円」「B社では△万円」といった条件が分かる
・自分の車と全く同じ条件の物が見つかりにくい
★★中古車情報・再販価格=中古車としての売値から逆算したい人
・自分なりの感覚で参考にしたい人
・何台もの膨大な在庫車情報から、再販時の価格が調べられる
・逆算することで自分なりの相場感覚が身につく
★★★★★業者オークション・ガチの限界価格が知りたい人
・業者が出せる仕入れの限界値が知りたい人
・少しでも高く売りたい人
・実際に中古車販売業者が「仕入れ元」として利用する
業者オークションの落札価格が分かる
・落札価格の上限=査定の限界価格であるため
ギリギリまで交渉して少しでも高く売りたい場合に有利
★★★★事故車シミュレーション・事故車、修復歴車、廃車予定の車などを
売りたいと思っている人
・事故車専門のネットワークによって、高価買取が可能
・シミュレーションの結果自体も信ぴょう性が高く
ディーラーなどよりも高く買い取りをしてもらいやすい

そしてそれぞれの具体的なオススメサイトは下記の通り。

どれも個人情報不要であるのはもちろん、調べ方も難しくありません。

ただ、先に述べておきますが、本当の査定額は「実際に車を見て査定してみないと分からない」ことは理解しておいてください。

中古車は「この世に1台しかない車」ということができますから、これらのサイトでは正確な査定額が出ないのは当然だよ。
クルサテ
このサイトならプリウスの買取相場は正確に出るなどもないので注意くださいね。
クルサテ

また、買取相場を調べる上で「車種・走行距離・年式」の3つは必ず一致させてください。

理由は「車種・走行距離・年式」は査定額に影響が大きいから。

査定額に影響する項目(優先順位順)

  1. 車種
  2. 走行距離
  3. 年式
  4. 修復歴
  5. グレード
  6. カラー
  7. 車検残り有無
  8. パーツ
17view
車査定額と走行距離の関係
走行距離は車の査定額にどれぐらい影響ある?

自分の車の走行距離はそこそこ多いけど大丈夫なのか 走行距離はどの程度車査定に関係するのか 走行距離を気にせずともお得にな ...

続きを見る

47view
車売却をする際にタイヤは外したほうが査定額が高くなったりする?

車売却をする際どんなことに注意しておくとお得になるかについて考えたことはありますか? もしかしたら「部品と車体をそれぞれ ...

続きを見る

69view
傷やへこみは車査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?
傷やへこみは車査定額にどれぐらい影響するの?修理すべきなの?

車を乗っているとどうしても傷やへこみというリスクは付いて回ります。 そして、傷やへこみは見た目がカッコ悪くなるという精神 ...

続きを見る

カー君
サイトの種類は大まかに分かったけど、具体的にどのサイトを使えばいいか分からない・・・
今から説明していくよ、楽しみにしててね!
クルサテ

※もし売却も検討しているということであれば最初から個人情報を入力して査定をしてもらうことをオススメします。 「売りたい人は車一括査定は使うと最高額が引き出せる」へ進んでください。

買取相場を調べる方法①シミュレーションサイトで買取相場を調べる

シミュレーションサイトには、大きく分けて下記の2種類があります。

  1. メーカーの公式サイト「下取りシミュレーション」
  2. 車査定サイトの「買取相場シミュレーション」

そして下取りシミュレーションは下記2サイトがあります。

ただし、それぞれあまり正確ではないと思ってください。

なぜならこの2サイトは走行距離の入力ができないから。走行距離は査定額に大きな影響を与える要因。

1,000キロの自動車も20万キロ走った自動車も査定額が一緒であるわけがないのは理解できますよね・・・

一方、買取相場シミュレーションについては、下記に挙げた2サイトの利用がオススメです。

両者ともに「車一括査定」というサービスを提供しているサイト。

車一括査定自体は後述しますが、車を高く売るにはもってこいのサービスです。

ただし、買取相場を知りたいだけの場合は、間違っても車一括査定には申し込まないでください。

車一括査定の申し込みには個人情報が必要であり、買取業者から営業電話が鬼のようにかかってきます。

カー君
えっ?じゃあ何でここでオススメと紹介しているの・・・?

実は、この2サイトは個人情報不要で、サイト内にて相場を調べる機能も備えているのです。

これらのデータはオークション相場を参考にしているため、相場としては比較的正確だと思ってOK。

特にズバット車買取比較は実際の買取実績も公表されているため、とても参考になります。

そこで各サイトの使い方を下記に画像付きで紹介していきますのでご覧ください。

ズバット車買取比較で車売る相場を調べる方法

1.ズバット車買取トップページから「中古車の査定相場」を選択
ズバット トップページ

ズバット トップページ

2.メーカー、車種の入力の後、「あなたの愛車の査定相場をチェック!」
ズバット査定相場ページ

ズバット査定相場ページ

3.上に出てくる相場はいったん無視して、下記の詳細条件を入力する
ズバット詳細条件別の査定相場

ズバット詳細条件別の査定相場

上の相場は「車種全体の相場」であるため、詳細条件を入力します。

そうすると下部に条件別で実際の相場が表示されます。

ズバット詳細条件別の査定相場

ズバット詳細条件別の査定相場

今回のケースでは全体の相場が428万円となっていましたが、実際には213万円という相場情報が表示されました。

また画像をご覧になると分かる通り、今後の相場変動についてもこれまでの実績から、大まかに表示されます。

ナビクルで車売る相場を調べる方法

1.ナビクルのトップページから「下取り・買取相場」を選択する
ナビクルトップページ

ナビクルトップページ

2.メーカー、車種を選択する

ナビクル メーカー選択

ナビクル メーカー選択

ナビクル 車種を選択

ナビクル 車種を選択

3.年式や走行距離、グレードなどの詳細条件の入力
ナビクル 詳細条件の入力

ナビクル 詳細条件の入力

4.下取り、買取相場の提示
ナビクル相場の提示

ナビクル相場の提示

ナビクルでも相場については過去の結果をもとに将来の予想データを算出しています。

また特筆すべきなのはディーラーの下取り相場と、買取業者の買取相場についての比較ができる点でしょう。

これを見ても分かりますが、下取りよりも買取の方が高くなっていますよね。

それは当然のことで、よく言われている「ディーラーの方が車売るときに安くなる」というのは本当のことなのです。

ですからここで表示されている通り、下取りの方が買取よりも安くなりやすいということは今覚えておいてくださいね。


以上がシミュレーションサイトの利用方法でしたが、同じような条件で比較していますが、どちらも利用自体は簡単であるということは分かりましたよね。

ただし、両サイトで同じアルファードの査定結果を比較してみると、なんと約60万円もの差額が出てしまいました。

  • ズバット車買取で算出された相場:213万円
  • ナビクルで算出された相場:276.2万円

これはサイトが集計しているデータの違いにもよるのですが、少し差が大きいですよね。

そのため筆者としては、一覧表にも説明している通り相場の正確さは★3つとして評価しました。

ただし使い勝手や利用については最も手軽ですから、すぐに車を売らずに「簡単な相場だけが今知りたい」という人にオススメということができます。

買取相場を調べる方法②利用者の実績をまとめたサイトで買取相場を調べる

利用者の実績をまとめたサイトには、下記のようなものがあります。

カービューについては車買取店での査定レビューを中心に紹介しています。

カービュー プリウスの買取相場

カービュー プリウスの買取相場

車選び.comについては実際の価格や買取店ごとの満足度を紹介しています。

車選び.com プリウスの買取相場

車選び.com プリウスの買取相場

しかし先に述べておきますが、利用者の実績をまとめたサイトは「あなたの車と全く同じ条件の査定結果が見つけにくい」といえるため、なかなかドンピシャの結果が見つからないのが現状。

ですからドンピシャの結果が見つかれば正確さは100%と言い切れるかもしれませんが、基本的には「参考程度」というのが変わらないのです。

また実績をまとめたサイトではレビュー自体が集まるまでに時間がかかるという特徴があるのですが、ある程度蓄積されてきた「相場データでも古くなっている」と言えます。

つまりどうしても情報自体が古く、日々変動する査定相場とかけ離れていることも珍しくありません。

そのため筆者としては正確な情報をゲットできる可能性が極めて低いことから、あまり積極的にはオススメできないと結論付けています。

ただし、買取業者ごとのレビューとして「この買取業者は対応が悪い!」などの情報収集はしっかりと実践できます。

つまり相場チェックではなく、対応などの情報を得る目的であれば「利用はアリ」と判断しても良いでしょう。

買取相場を調べる方法③中古車情報サイトで買取相場を調べる

中古車情報サイトは、大手のもので下記2つが有名です。

積極的にテレビCMを打っており知名度もあります。

これらのサイトは中古車情報が毎日更新されて掲載されています。

買い取られた車は、業者オークションと呼ばれる市場に流れて、中古車販売店が買取、中古車として販売されることがほとんど。

つまりこの中古車販売価格から逆算すると、大まかに車売る際の相場を調べることができるのです。

というのも中古車は仕入れ値からザックリと10~30%の利益を上乗せして販売しています。

買取相場=中古車販売価格×70%~90%

で計算できます。

そこで

グー」を例に買取相場の予想価格の出し方を下記に紹介しておきます。

1.メーカー、車種の指定をする(地域は全国でOK)

グーネットのメーカー選択

グーネットのメーカー選択

グーネットの車種選択

グーネットの車種選択

2.グレードや年式、走行距離などの詳細条件を指定する

グーネットの詳細条件選択

グーネットの詳細条件選択

3.ヒットした車種から、逆算して予想する

グーネットで表示された中古車

グーネットで表示された中古車

中古車販売店は車両価格(本体価格)自体で10~30%の利益を取っています。

そのため単純計算をすると160万円の10~30%引きをして、大まかに112~144万円が車売る際の相場ということになります。

車買取相場=160万円×70%~90%=112~144万円

そしてこの手順で逆算していくと、他の車種では下記のようになります。(エクストレイル、ステップワゴンスパーダを例に計算しています。)

エクストレイルの中古車

エクストレイルの中古車

車買取相場=190万円×70%~90%=133~171万円

ステップワゴンスパーダの中古車

ステップワゴンスパーダの中古車

車買取相場=218万円×70%~90%=152~242万円

しかし注意点としては「あくまで目安」であるということ。

実際の仕入れ値については販売店や買取業者しか知らないため、大まかな目安となってしまうのです。

そのため鵜呑みにするのではなく、相場の正確さについては★2つとして評価しておきました。

買取相場を調べる方法④業者オークションの落札情報サイトで買取相場を調べる

先に結論を述べておくと、業者オークションの落札情報サイトが最も正確性が高く、相場としては「かなり信頼できる」と思っても大丈夫です。

というのも中古車業界には業者専用オークションといって、業者のみが参加できるオークションがあるのですが、ここでの落札価格は「直接的な仕入れ値」となります。

つまりあなたから車買取をする場合の仕入れ値と意味としては全く同じとなるのです。

また業界の裏話ですが、買取業者側からすると「オークションの落札価格で車買取をすれば、最悪の場合でも赤字になることはない」と思っています。

そのため買取業者もオークションの落札価格をチェックして、その金額を上限に設定していることが多いのです。

そしてオークションで実際に落札されている価格を調べられるのが、下記のようなサイトです。

オークサポートを例に使い方を紹介します

1.メーカー、車種、年式、走行距離などの条件を分かる範囲で入力して、検索開始

オークサポートの相場検索

オークサポートの相場検索

より詳しくグレード名なども入力することで正確な数値が出ますが、空欄でも大丈夫です。

2.落札情報の提示

オークサポートの検索結果

オークサポートの検索結果

ご覧になると左側に「更新年月」という部分がありますよね。

これは実際に落札がされた時期を表しているのですが、全国のオークション会場が対象となっているため「新しいデータがチェックできる」というメリットがあります。

また同時に評価欄では「きれい・すごくきれい・修復歴あり」となっていますが、ザックリ分けると下記の通りになっています。

  • すごくきれい…目立つ傷や凹みもなく、非常にキレイな状態
  • きれい…若干のキズや凹みはあるが、簡単に修復することが可能な程度
  • 修復歴あり…骨格などを傷つけるような大きな修理があった、もしくは大きな修理をしなければならない状態

この条件に当てはまる部分を見てください。

そうすると例えば「きれい」という状態で見てみると、2019年に入ってからの直近のデータでは、おおまかに170~180万円程度であることが分かりますよね。

これが車売る際の相場となります。

もちろん装備品として

  • NV…カーナビ
  • PW…パワーウインドウ
  • TV…テレビ機能
  • PS…パワースライドドア
  • 革…革シートなど

といった条件で若干の変動はしますが、基本的に大きく相場が変わることはありません。

以上のことから、筆者としては業者オークションの落札情報をもとに、買取相場を判断することをオススメしています。

ちなみに「業者用」というと、なんとなくプロ向けのサービスかと思われますが、上記のキャプチャ画像でも紹介している通り、手順自体は非常に簡単です。

おまけに落札相場=仕入れ値が分かるということは、今後中古車購入をする上でも大きな武器となりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

買取相場を調べる方法⑤事故車シミュレーションサイトで買取相場を調べる

最後の事故車シミュレーションサイトに関しては、事故車をこれから売りたい、価格が知りたいという人には圧倒的にオススメです。

というのも事故車は解体されて中古部品などとして再販されることが多いのですが、再販ルートをしっかり確保している事故車専門業者に依頼することで「高く査定してもらえる」といえるから。

逆に言うと一般的なディーラーや買取業者では、安くなってしまうため「相場自体も低く出される」というのが普通になります。

そして今回紹介するのが、「事故車買取のタウ」というサイトなのですが、このシミュレーションが使いやすくて簡単なのです。

こちらも下記に手順通りに載せておきますのでご覧ください。

1.メーカー・車種・年式を選択する

タウ車両情報入力

タウ車両情報入力

2.損傷の度合いについて選択する

タウ損傷情報選択

タウ損傷情報選択

3.査定相場の提示

タウ相場提示

タウ相場提示

ご覧の通り、個人情報不要でサクッと予想金額が提示されました。

あくまで予想ではありますが、事故車ではこの金額が適用されるケースが多く、部品&鉄としての素材代金として、専門業者では非常に高く売ることが可能になります。

事故車の買取については下記の記事より詳しく解説していますので、これから事故車を売ろうと思っているのであれば一度チェックしておいてください。

30view
事故車であっても諦めてはダメ!事故車を高額買取してもらう方法
事故車であっても諦めてはダメ!事故車を高額買取してもらう方法

不幸にも「事故に遭ってしまった」「ぶつけて破損してしまった」など、車は公道を走る以上、事故による衝突や破損を完全に避ける ...

続きを見る


以上がすべての種類のサイトに関する紹介でしたが、これでもうあなたが車売るための相場チェックは完璧ですよね。

また今回使い方などを説明していく中でお気づきかもしれませんが、下記のポイントに該当していると「より正確な相場が分かる」といえます。

  • 年式
  • 走行距離
  • グレード
  • オプションなどの詳細条件
  • 実データの有無

これらのポイントの中で、最低でも3つの条件がそろわなければ、相場としては「何も分からない」と思ってください。

逆に3つ以上であれば正確性は高くなりますし、4つ、5つとなればほとんど信頼できるデータとなります。

そして再度まとめておきますが、各サイトの利用がオススメの人は下記の通りです。

また今回、念のため様々なサイトやサービスもチェックした結果も、下記に一覧表で載せておきます。

※中には個人情報が必要なサイトもありますのでご注意ください。

サイトの種類/名称個人情報所要時間使用難易度精度オススメ度
シミュレーションDMM AUTO不要(※)3分★★★★★
中古車情報グーネット買取不要 ※メールアドレス必要1分★★
実績ガリバー不要(※)1分★★
実績かんたん車査定ガイド不要(※)1分★★
実績カービュー買取不要(※)2分★★★★
実績査定王不要(※)2分★★★★★
実績ユーカーパック必要2分★★★★★★★
シミュレーション楽天カーサービス不要(※)3分★★
シミュレーションカーミー不要(※)2分★★
シミュレーション車査定・買取の窓口必要2分★★

※個人情報を入れると買取業者に査定依頼することになりますので注意ください。

ご覧の通り、精度の低さなどが目立つため「車買取相場を調べるのにはオススメできない」というのが現状。

車買取相場は無料で調べられるので気軽に利用しますが、1点注意点があります。

 

しかし逆を言うと、売る気がある場合には車一括査定を使うことを強くオススメします。

なぜなら車一括査定を利用することで、ほぼ確実に最高額が引き出せるからです。

詳しくは続けて説明していきます。

売りたい人は車一括査定は使うと最高額が引き出せる

今、車一括査定は申し込み後に大量の営業電話がかかってくると述べましたが、売る気がある場合には「大量の電話を我慢するほどの価値がある」ということができます。

というのも車一括査定というサービスに参加している中古車販売店・車買取店は、昨今の中古車人気の影響から「売る車がない=在庫車不足」という状況に陥っています。

その結果、売る車がなくて利益が上げられないのです。ですからどの買取業者も、あなたの車を確実に確保したいと考えています。

そこで車一括査定を利用して、複数業者へ一気に依頼するとどうなると思いますか?

「他社には負けたくない」という想いで、各社が勝手に競合して徐々に査定額が上昇していき、先ほどお教えしたオークション相場の上限値付近=最高額が提示されるのです。

またデメリットである大量の電話についても、あらかじめアポの日時を決めて約束を取り付けてしまえば、その後もしつこいことはありません。

そのためもし最高額で車売りたいのであれば、筆者としては

  • オークション相場をチェック
  • 車一括査定の利用

という順に実践していくことをオススメします。

ちなみに車一括査定には様々な種類がありますが、その中で筆者がオススメするのが「カーセンサー」が提供している車一括査定です。

なぜならカーセンサーではメール連絡の希望や電話の時間指定ができるほか、提携業者数が圧倒的に多く、なんと1,000社以上も提携しているからです。

提携業者の多さ=競合性の高さとなりますから、より簡単に高額査定が引き出せます。

車一括査定のオススメランキング

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「かんたん車査定ガイド」については、総合点ではかんたん車査定ガイドに軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーのポイント

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスのポイント

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドのポイント

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

かんたん車査定ガイド 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口のポイント

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

売却者全員に5,000円がキャッシュバックキャンペーン中

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

まとめ

以上、車売る相場に関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • 車売る相場は「個人情報不要」で探すのが絶対的にオススメ
  • 相場が調べられるサイトの中でも正確性が高いのは、業者オークションの落札情報サイト
  • 事故車の場合に限り、事故車専門のシミュレーションサイトがオススメ
  • また査定相場を調べたいだけの場合には、そもそも査定依頼をしてはいけない(個人情報を入力するサイトは絶対にNG)
  • ただし実際に売る気がある場合には、オークション相場をチェックしてから「車一括査定」の利用がオススメ

おすすめ記事

142view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

192view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

1,043view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

1,649view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-車売却

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.