子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?

子供が生まれたので車を買い替えたい

最終更新日:2019年8月16日

子供が産まれたときの車買い替えたい
人生の中で大きなイベントと言えば、結婚、出産、子育てなど様々なことがあるかと思います。

 

そしてそんなイベントには「車の買い替え」を検討しなければならない場合もあるでしょう。

 

特に「子供が生まれた」ときなどは悩みに悩んで買い替えを検討しなければならないのではないでしょうか。

 

しかし

  • そもそもどんな車を選べばいいのか分からない
  • 子供の数が分からないから、買い替えを迷っている
  • 子育てが始まるのにローンを組んでもいいのか

など様々な理由で不安になっているかと思います。

 

そこで今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。

 

この記事を読み終える頃には、生まれてきた子供のためにどのような車種を選択をするのがいいか、分かるでしょう。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

1.子供が生まれたらこんな車がオススメ

子供が生まれたらこんな車がオススメ
子供が生まれたのにこんな小さい車でも良いのか…と不安を覚えてはいませんか?

 

しかしどんな車を選べばいいのかも分からない…とさらに不安な気持ちが倍増していませんか?でも大丈夫。

 

子供が生まれた際の車買い替えに必要な装備やオプションなど、詳しくご紹介していきます。

 

1-1.スライドドアは必須

子供が生まれると本当に楽しいですよね。そして車でお出かけしてピクニックやお買い物などたくさんの思い出を作りたいかと思います。

 

そんなとき安心して使用できるのが「スライドドア」です。

 

子供を抱っこしながら大量の子供用荷物を抱えることを想像してください。

 

その状態で一般的な横開きのドアを開閉すると、隣の車や壁と接触してしまわないか不安ではないですか?スライドドアが付いていればそんな不安はなくなります。

 

スライドドアはドアの開閉時に幅を取ることがないため、子供や荷物を抱えている状態であっても隣の車や壁にぶつかるリスクが格段に低くなるのです。

 

さらにスライドドアの多くは、ドアの開口部が広くなっているため子供や荷物の乗せ降ろしがしやすいことはもちろん、自分自身が乗り降りすることも楽になります。

 

車を購入した後何百回、何千回も子供の乗せ降ろしや自分の乗り降りはありますから、トータルで見ても楽になることは間違いないでしょう。

 

以上のことから、スライドドアの付いた車をオススメします。

 

1-2.三列目シートは用途に合わせて

三列目シートは用途に合わせて
これからの家族計画を考えた場合、三列目シートが必要だと判断する方もいるかと思います。

 

しかし本当に必要な装備なのか良く考えましょう。まずは「この車には通常何人乗るのか」を考えます。

 

子供含めて3人しか乗らない場合は三列目シートがあるメリットはあまりないでしょう。

 

しかし親御さんや友人など、頻繁に4~5人乗車する場合は三列目シートが必要になります。

 

なぜならチャイルドシートが意外にも大きいからです。

 

チャイルドシートは子供を守るために設計されており、そのため子供を包み込むような形をしています。

 

そしてクッション性を持たせるために厚みがあるのが特徴です。結果的に子供よりも大きなサイズとなり、場合によっては大人1名分以上の幅を取ることもあるのです。

 

そのためチャイルドシートの取り付けを考えると、4~5名が乗車するには3列目シートが必要になってきます。

 

もちろん定員5名の普通乗用車であれば法律上問題はありませんが、快適性を考えるのであれば必要だと考えましょう。

 

1-3.こんなオプションをつけておくと◎

子供が生まれて車を買い替えるのであれば、安全・快適装備ともいえる代表的なオプションをご紹介します。

 

自動ブレーキ

自動ブレーキは子供を守るためにもぜひつけておきたいオプションです。

 

自分の運転にいくら自信があったとしてもヒヤリ・ハットはつきものでしょう。

 

「万が一」を考えて子供を守るためにも付けるべきだと思います。

 

空気清浄機

生まれたばかりの子供は、清潔な環境に置いておきたいと思うのが親というもの。

 

できるだけ綺麗な空気に触れてほしいですよね。

 

そんなときにオススメするのは「空気清浄機」です。

 

自動車メーカーごとに呼び名は違うかもしれませんが、基本的には用品等で用意されているかと思います。

 

綺麗な空気を吸って、一緒に快適なドライブを楽しみましょう。

 

電動スライドドア

先程ご紹介したスライドドアのさらに上をいくものです。

 

電動のスライドドアであるため手がふさがっている状態でも力を入れずに開閉することが可能になります。

 

子育て世帯には重宝されるオプションといえるでしょう。

 

UVカットガラス(フィルム)

生まれたばかりの子供は自分の身を守ることができません。

 

そのため車の窓から入る紫外線にも直接当たってしまうことになります。

 

まだ幼いわが子を、紫外線にさらすことはできますか?できるだけさらしたくないですよね。

 

そこでオススメしたいのはUVカットガラス(フィルム)です。

 

こちらはその名の通りUV=紫外線をカットしてくれるガラスです。

 

このオプションを選択することで効果的に紫外線をカットし、紫外線から子供を守ることができます。

 

またオプション設定がない場合でも市販のUVカットフィルムやサンシェードである程度代替することが可能です。

 

それほど高価なものではありませんのでぜひ検討してください。

 

1-4.1人目2人目では必要な装備が異なる?

ここまでご紹介してきた装備やオプションは「子供が生まれた家庭にはオススメ」というもので大まかなものでした。

 

そのため1人目と2人目では必要な装備が異なる場合があります。

 

例えば電動スライドドアがいい例でしょう。ついていれば楽になる装備ですが、子供を両側から乗せない限り、あまり大きなメリットがあるとはいえません。

 

またオプションの金額が10万円以上になることもあるため、子供が1人であれば費用対効果を考えるとオススメとは言い切れなくなります。

 

このようにケースバイケースで、装備やオプションは必要なものかどうか見極めていきましょう。

 

次章ではそんな子供の人数をふまえてオススメの車種をご紹介していきます。

 

2.3人家族(1人子供)のオススメ車種3選

3人家族(1人子供)のオススメ車種3選
子供が1人の3人家族の場合、以下の3車種がオススメです。箇条書きでそれぞれの特徴と、オススメの理由をご紹介していきます。

 

ホンダ N-BOX

ホンダのN-BOXは非常に広い室内空間と高級感あふれる内装が魅力の軽自動車です。

 

そして両側スライドドアのため、左右どちらのドアからも乗り降りがしやすいという特徴を持っています。

 

また上位グレードであるカスタムを選択すると、普通車でも見られないような高級感を得ることができます。

 

高級感と利便性を兼ね備えた1台は、子供だけでなくパパ・ママも楽しめること間違いなしです。

 

ホンダ N-BOXはこちら

 

ダイハツ タント

スライドドア付きの軽自動車と言えばダイハツ タントを思い浮かべる方も少なくないかと思います。

 

また可愛らしさとかっこよさが上手くミックスされているフォルムに憧れを抱いていた方もいるのではないでしょうか。

 

タントもN-BOX同様に非常に広い室内空間を誇っており、大きなミニバンなどに負けない快適性を誇りますがその他にも子育て世帯に支持されていることがあります。

 

それは「ミラクルオープンドア」です。このドアは通常のスライドドアとは異なり、中間にピラー(柱)を無くすことで開口部を広くし、乗り降りなどの利便性を上げているのです。

 

利便性、快適性を追求するのであればタントがオススメかもしれません。

 

ダイハツ タントはこちら

 

スズキ エブリイワゴン

スズキ エブリイワゴンがオススメである理由はひとつ、「多くの荷物が積める」ということです。

 

商用車をベースに作られているエブリイワゴンは荷室の広さが他車種の比でないほどに広く、普通車のステーションワゴン並みの積載性を誇ります。

 

そのためキャンプやバーベキューが好きな家庭であれば、重宝するでしょう。

 

またエブリイワゴンも両側スライドドアになっています。子供の乗せ降ろしはもちろんですが、荷物をたくさん積みたいという方にもオススメできる車種です。

 

スズキ エブリイワゴンはこちら

 

3人家族におすすめの車種まとめ

以上が3人家族におすすめの3車種になりますが、これらの特徴をご覧になって何か気付きませんか?

 

そう、「全てスライドドア付きの軽自動車」なのです。

 

実はここ数年のスライドドア付き軽自動車は室内空間が非常に広く、利便性も良くなっています。

 

しかし「スライドドアではない車はダメなの?」と思う方もいるかもしれませんよね。

 

3人家族であればスライドドアがなくても問題はありませんが、万が一のことを考えるとできる限りスライドドアの付いている車種を選ぶ方がいいと言わざるを得ないでしょう。

 

また軽自動車の乗車定員は4人のため、乗車人数を気にする方もいるでしょう。

 

基本的にスライドドア付き車はチャイルドシート込みの4人乗車であってもその広さは必要十分であるため、それほど心配する必要はありません。

 

3人家族の方はこれらを参考に検討してみてください。

 

3.4人家族(2人子供)のオススメ車種3選

4人家族(2人子供)のオススメ車種3選
先程は子供1人の3人家族向け車種のご紹介でしたが、この章では子供2人の4人家族向け車種をご紹介していきます。

 

それでは見ていきましょう。

 

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタは近未来的なフォルムが目に焼きつく車種ですが、すごいのは見た目だけではありません。

 

一見5人乗り程度のスライドドア付き車にも思えますが、実は3列目シートありの7人乗りなのです(※グレードによっては設定なし)。

 

そのためチャイルドシートを2つ付けた状態でもまだ乗車人数に余裕があり、おじいちゃんおばあちゃんと一緒にお出かけすることも可能になります。

 

また普段3列目シートを使用しない場合は、シートを収納しておくことが可能なため、荷室スペースを広く取ることが可能になります。

 

利便性とデザイン性を求めたいあなたにはオススメの1台といえるでしょう。

 

トヨタ シエンタはこちら

 

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴンは高い利便性をほこる車で、もちろん両側スライドドア付き車です。

 

見た目はホンダらしいスポーティーでかっこいいフォルムをしていますが、後部ハッチに「ワクワクゲート」を採用したため(※一部グレードには設定なし)、子育て世帯にとって非常に使い勝手の良い車となっています。

 

ワクワクゲートは通常の縦方向の開閉だけではなく、横開きにも対応しているため後ろがせまい駐車場でハッチから荷物を乗せ降ろしする際には重宝します。

 

また後部ハッチから乗降車することも可能なため、子供が大きくなってからも「ワクワク」すること間違いないでしょう。

 

そして大きな見た目とは裏腹に排気量1.5Lのターボエンジンですので燃費は良いですし、自動車税も同クラスの車種と比べて安いです。

 

経済的にもお得な車といえるでしょう。

 

以上のことから「かっこよさ」「利便性」「経済性」の3つを叶えたいのであれば、非常にオススメの車種かと思います。

 

ホンダ ステップワゴンはこちら

 

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイアは強烈で高級感のある見た目と快適な乗り心地で、競合する同クラスの他車種を寄せ付けない根強い人気のある車です。

 

もちろん両側スライドドアなのですが、ヴェルファイアの魅力はその「高級感」に集約されているといっても過言ではないでしょう。

 

2列目シートにはオットマンが付き、3列目シートは広々。そして天井には嫌味ではなく、むしろリラックスできるイルミネーションランプが付属しています(※それぞれ一部グレードには設定がない可能性があります)。

 

そのため子供は小さい頃はもちろんですが、長い目で見た時にいつまでも満足してくれるでしょう。

 

そしてパパ・ママもいつまでもその高級感と快適性に魅了され、長い間満足して乗ることができるでしょう。

 

以上の特徴から、「少し値段が高くても良いものがほしい」という方にはオススメの車種といえるでしょう。

 

トヨタ ベルファイアはこちら

 

4人家族におすすめの車種まとめ

以上が子供2人の4人家族におすすめの車種でしたがいかがでしたか?

 

全て3列シートを備えている大きめの車種であることが分かったかと思います。

 

「普段そんなに人数は乗らない」という方もいるかとは思いますが、大量の幼児用品を一気に3列目に載せられるなど、乗車以外の使用にも対応できるのです。

 

子供が2人なのであればその荷物も2倍になるでしょうし、重宝するのではないでしょうか。

 

4人家族の場合は、どのくらいの大きさが必要なのかを把握して車選びをすると良いかもしれません。

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

ここまでで、ある程度ご自分の家庭に合った車はどんなタイプかというのはご理解いただけたかと思います。

 

しかし先立つものは「お金」ではないでしょうか。ローンを組んで対応するつもりの方もいますよね。

 

次章ではそんな自動車ローンについて解説していきますので参考にしてくださいね。

 

4.どれくらいのローンであれば許容するのか

どれくらいのローンであれば許容するのか
購入する車のタイプは決まった!あとはローンを組んで購入するだけだ!と意気込むのは良いですが、少し冷静になって考えてみましょう。

 

頭に思い描いているローンの金額、本当に大丈夫ですか?

 

4-1.どのくらいのローンであればOK?

私個人の感覚で恐縮ですが、何年の返済であってもローン総額は年収の80%程度に抑えておいた方がいいと感じています。

 

それは年収程度、もしくは年収以上のローンを組んだお客様から「ローンがきつい」というお言葉をよく聞くためです。

 

実際のところ自動車ローンは気軽に組めるため、誰でも好きな車を購入することができてしまいますが、あまりにも無謀なローンを組むとせっかく購入した車を手放すことになりかねません。

 

そのためローンを組む際は一回冷静になって、「本当に返済していけるのか」考えてみましょう。

 

あくまで「無理のない返済=少し余裕を持ってできる返済」というイメージを大切にしましょう。

 

4-2.ネット系のローンも検討する

自動車ローンを組む場合、インターネット系のローンを考えてみるのもひとつの手かと思います。

 

なぜなら、「比較的金利が低い」から。一度でも数年間のローンを経験したことのある方は分かるかと思いますが、金利が高いと「なかなか元本を減らせない」と悩んだことがあるのではないでしょうか。

 

自動車ローンは購入金額に対して金利が発生します。できる限りお得になるためには金利が非常に重要となるでしょう。

 

0.1%でも低い金利のローンを組むことで、返済に対する不安も軽減できるかと思いますので、ネット系の自動車ローンも検討することをオススメします。

 

グーネットに自動車ローン申込ランキングが掲載されておりますので、ぜひ参考にしてください。

 

4-3.下取り車があれば、高く売ることも考える

もし買い替えによる下取り車がある場合は、下取り車を高く売却することも考えましょう。

 

下取り車を高く売却することで借入金を少なくし、ローンの返済が楽になるかもしれませんよ。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

5.まとめ

以上、子供が生まれた際の車買い替えのすすめでしたが、いかがでしたか?

 

大きなライフイベントであるため検討するには様々なことを考えなければならないと思ったのではないでしょうか。

 

大切なポイントは

  • スライドドア付き車がオススメ
  • オプションは子供に合わせて付ける
  • 子供の人数、通常の乗車人数に合わせて車を選ぶ
  • ローンは無理なく、ネット系も検討する

ということです。子供が生まれて車を買い替えるのは非常に大きなライフイベントです。

 

後悔しないようしっかりと車を選んで、子供と一緒に時を刻むことを願っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ
これから新車の購入を考え、この記事にたどり着いた多くの方は、「上手な値引き交渉はどうしたら良いの?」「新車は実際いくらくらい値引きしてもらえるの?」「プロの営業マン相手の値引き交渉って難しそう」「損をせずお得に新車を購入する方法を知りたい」と思っていることでしょう。そこで今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、15年以上車業界に携わってきた筆者の経験をもとに解説していきます。
現役ディーラーに聞いた!新車購入の安い時期と安くする3つの方法
新車購入を検討している人は、「お得に購入したい」と誰もが考えると思います。世間では、新車購入は決算期が安くなるよ!と耳にすると思います。結論を伝えると確かに「2~3月」は安くなります。ただし、ディーラー営業マンも慣れているため、しっかりと掴むところは掴んでおかなければなかなか値引きも苦労します。今回は、それらの疑問や不安を解消するために、筆者の知人である現営業ディーラーに本音を教えてもらいました。具体的には、新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
車をお持ちの方にとって、年に一度の自動車税は本当に邪魔なものだと思っていませんか?「税金」のため納めないわけにはいかず、なかなか納得いかないですよね。そのため「できれば買い替え時に自動車税を回避したい」「自分の自動車税が分からず毎年不安になってしまう」などの悩みを抱えている方が多くいるかと思います。そこで今回は自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。決して難しいものではないため、読み終える頃には自動車税や買い替えに関して理解していることでしょう。
【2019年最新】車通勤にオススメの車種は?元ディーラーが徹底解説
あなたは自分が乗っている車をどんな用途で使うことが多いですか?休日のドライブやアウトドアなど色んなことで使うかと思いますが、車に乗っている最も多くの時間は「通勤」によるものではないでしょうか。そこで今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。しっかりと最新の車種情報も入れています。
自動車ローンの5つの審査基準と通りやすくするための3つのポイント
新車中古車問わず、車は言えの次に高い買い物ですので、新たな車の購入には、現金ではなく自動車ローンの利用を考えている方も多いはずです。しかし、それほど高額なローンを組むなど滅多にあることではないため、分からないことも多いのではないでしょうか。今回の記事では、一般の方にはあまり知られていないローンの審査基準についてご紹介。また、車を購入する際に良く利用される「ディーラーローン」や「銀行系マイカーローン」の違い、さらに、ローンに通りやすくするためのポイントについて詳しく解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
新車や中古車を購入するときに多くの人がお世話になる支払方法のローンは、月々の支払いを抑えることが可能であるため、購入計画が立てやすいですよね。しかし購入計画をたてて購入したからといって、何かしらの事情がありローンの途中で買い替えなければならないこともあるかと思います。そこで今回はローン途中での買い替えに注目して、ローンに関するアレコレをご紹介していきます。ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。