【2019年最新】車通勤にオススメの車種は?元ディーラーが徹底解説

【2019年最新】車通勤におすすめの車種はどれ?

最終更新日:2019年4月12日

車通勤におすすめの車種はどれ?
あなたは自分が乗っている車をどんな用途で使うことが多いですか?

 

休日のドライブやアウトドアなど色んなことで使うかと思いますが、車に乗っている最も多くの時間は「通勤」によるものではないでしょうか。

 

そして自分の乗っている車を「通勤に使う車」という面で考えると

  • 自分の乗っている車が通勤にあっているか分からない
  • 休日も楽しめる車を通勤にも使いたい
  • 家族がいるけど通勤用と休日用に車を分けなければならないのか

といくつか疑問が湧いてくるかと思います。

 

そこで今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。

 

車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

1.車通勤に対する筆者の見解

車通勤の考え方
「会社に行くことが好きだ!」という方はいますか?おそらくほとんどの方が好きではないでしょう。

 

車通勤は「会社に行くまでの苦痛な時間」を「快適な時間」に変えるのに大きな効果があると考えています。

 

なぜなら、自分だけのプライベート空間で極上の音楽を聞きながらゆっくり通勤することや、快適な車内温度に設定可能など、極限まで通勤時の苦痛を和らげることが可能だからです。

 

ここまで聞くと「車通勤って良いかも!」と思うかもしれませんが、実は大きなデメリットもあります。

 

1-1.車通勤は公共交通機関に比べてデメリットがある

合理的に通勤することを考えると、実は車通勤にはデメリットが多くあります。

 

デメリット①:通勤時間が一定ではない

デメリットの一つ目は、通勤時間が一定ではないことです。

 

電車などの公共交通機関であれば、出発到着の時間はほとんど誤差なく一定であるため通勤時間が変わることはありません。

 

しかし車通勤の場合は道中の事故や工事などの影響で迂回が必要な場合があり、「いつも一定である」とは言いきれません。

 

人によっては毎日会社に到着する時間がバラバラだという方もいるでしょう。それほどまでに車通勤は、時間的な安定性に欠けてしまうのです。

 

デメリット②:事故に合う確率が高い

デメリットの二つ目は、安全性です。

 

公共交通機関を利用すると、安全運転講習などを受けたプロのドライバーによって、比較的安全に目的地まで送ってくれます。

 

しかし自分で運転する場合はどうでしょうか。

 

いくら腕に自信のある方でも、おそらくプロドライバーとは比較にならないでしょう。

 

そのため事故に合う確率が高くなるのです。

 

もし事故をしてしまった場合、会社の規定によってはクビになってしまうこともあるでしょう。リスク回避を考えると、できる限り公共交通機関を利用するべきといえるかもしれません。

 

以上が代表的な車通勤のデメリットですが、リスク回避という面で見ると公共交通機関に軍配が上がってしまうかもしれません。

 

1-2.通勤時間を考えよう

デメリットについて、車通勤にはリスクがあることをご理解いただけたかと思いますが、ダイヤ(時刻表)や勤務地によっては公共交通機関を利用できない場合もあります。

 

また「それでも自分の車で通勤したい!」という方もいるでしょう。

 

そんなとき、考えるべきなのは通勤時間です。

 

実際に車通勤した際、何時間までならOKだと思いますか?筆者の感覚では1時間が限度だと思います。

 

なぜならそれ以上の時間をかけてしまうと往復2時間以上となり、プライベートにおける時間的な損失が出てしまうからです。

 

あと1時間寝られたら幸せではありませんか?2時間も子供と過ごせる時間が増えたら嬉しくないですか?

 

おそらく車通勤で1時間の場合は公共交通機関(特に電車)を利用すると30~50分程度に短縮することが可能になります。

 

あまりにも大きな時間的損失は精神衛生上よくないと思いますので、通勤時間を考えた上で車通勤を選択するようにしましょう。

 

念のため付け加えておきますが、「1時間以上かかったとしても車通勤がいい!」という方には車通勤をオススメします。

 

さて、ここまで車通勤のデメリットや通勤時間の条件などについて解説してきましたが、実際に車通勤をする際はどのような車がおすすめなのでしょうか。

 

次章では車通勤の特徴から、オススメの車についてご紹介していきます。

 

2.通勤ではこんな車がオススメ

通勤ではこんな車がオススメ
この章では、車通勤に当たって一般的にこんな装備やスペックの車がおすすめというのを紹介します。

 

具体的な車種については、次の章「3.状況別のオススメ車種6選」でお伝えします。

 

それでは本題です。車通勤であればほとんど毎日車に乗るかと思います。

 

そして意外と知らない「通勤にオススメの車」の選び方もあるのです。

 

その選び方はあまり難しくないのでぜひ覚えておいてください。

 

2-1.ハイブリッドカーなどの低燃費車

あなたは自分の車の燃費がどのくらいかご存知ですか?

 

市街地で信号の多い通勤経路であれば燃費が悪いかと思いますが、いかがですか?

 

実は車通勤において最も重要なのは燃費といっても過言ではありません。

 

ほとんど毎日通勤で乗るため、少しの燃費の差が燃料代の節約につながるのです。

 

そのため車通勤をする場合は「ハイブリッドカーなどの低燃費車」をオススメします。

 

低燃費車であれば燃料代を少しずつ浮かすことができるため、コスト面ではお得といえるでしょう。

 

また会社規定の交通費支給要件によっては会社の基準燃費によって交通費を計算する場合もあるため、低燃費車であることでお得になる場合があります。

 

通勤車には低燃費車を選んでお得感を味わってみてはいかがですか?

 

2-2.安全性の高い車

先程デメリットをご紹介した際に「プロドライバーではないため事故に合う確率が高くなる」と言いましたが、そのリスクを最大限回避することができるのが「安全性が高い車」です。

 

具体的には衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報装置のついた車のことをいいます。

 

最近の車であれば安全装備の精度が非常に高くなっているため、昔に比べて車通勤時の事故リスクの回避率が格段に上がっているといえるでしょう。

 

結果的に遅刻やクビのリスク回避に繋がりますので、安全装備が整っている車をオススメします。

 

以上が車通勤におけるオススメの車でしたが、具体的な車種も知りたいですよね。

 

状況別にいくつかピックアップしましたので、参考にしてください。

 

3.状況別のオススメ車種6選

状況別のオススメ車種6選
車通勤をするのに低燃費で安全性の高い車がオススメということは分かったけど、具体的にどのメーカーのどの車がいいのかは分からないかと思います。

 

この章では「独身」「夫婦」「家族持ち」と使用者の状況別にオススメの車種をご紹介していきます。

 

あなたの気になるあの車種もピックアップされているかもしれませんよ。

 

3-1.独身(1人)の場合

ホンダ CR-Z

独身時代にしか乗れない車両タイプの代表格といえば「クーペ」です。

 

ホンダ CR-Zはクーペタイプでありながらも実はハイブリッドカーという珍しい車で、燃費と走る楽しさを両立することができます。

 

独身時代にしか味わえない感覚を、思い切り楽しみませんか?

 

スズキ ラパン

女性に人気のスズキ ラパンは丸みを帯びたフォルムと軽ならではの燃費の良さを兼ね備えている1台です。

 

そして女性だけに根強い人気があるわけではなく、実は男性からも一定数の支持があります。

 

その理由は「ちょうど良い大きさと、オシャレさがある」ためです。オシャレな車で気分良く車通勤してみませんか?

 

3-2.夫婦の場合

トヨタ アクア

トヨタ アクアは言わずと知れた日本が誇るハイブリッドカーの代名詞ですが、やはりその燃費は業界最高レベルです。

 

また安定した販売台数を誇り、車両としては成熟しているため不具合などが少ない傾向にあります。

 

トラブルが少なく安心して低燃費車を楽しみたい夫婦にはオススメの1台となります。

 

日産 リーフ

燃費がいいとかの次元ではない車、それが日産 リーフです。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、この車は電機自動車であるためガソリンを使うことはありません。

 

最近では充電ステーションも豊富になりましたし、フル充電での走行距離も伸びました。

 

またモーターの走りは慣れると病みつきになってしまうほど、快適な乗り心地を感じられます。

 

快適な乗り心地と燃料代からの解放を求めるのであれば、オススメです。

 

3-3.家族持ちの場合

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴンはダウンサイジングターボを搭載した、イマドキのミニバンです。

 

ダウンサイジングターボの実力は高く、低速走行や高速走行でストレスを感じることはほとんどないでしょう。

 

また後部ハッチの「ワクワクゲート」は子供や荷物の乗せ降ろしが非常に楽になるかと思います。

 

家族持ちの方は一考の価値ありですよ。

 

トヨタ アルファードハイブリッド

「将来は大きくて高級感のある車に乗りたい」そう思い続けてきた方にお勧めなのがトヨタ アルファードハイブリッドです。

 

アルファードハイブリッドは大きな車体・高級感を兼ね備えているだけではなく、低燃費も実現している車です。

 

内外装の高級感は所有欲を満たし、毎日の通勤だけでなく家族とのドライブも特別なものにしてくれるでしょう。

 

少々お値段が高くても、特別な時間を過ごしたいという方にはオススメの車です。

 

以上が状況別オススメの車種6選でしたがいかがでしたか?

 

安全性能については触れませんでしたが、ご紹介した車には先進の安全装備が付きます(※グレードやオプションによる)。

 

安全で低燃費な車を選ぶ際はぜひ参考にしてくださいね。

 

あなたがどのような車を選ぶべきか分かったかと思います。

 

しかしその車を購入する方法はどうしますか?やはり一括で払わずにローンを組んで購入しますか?

 

私はその選択、間違っていないと思いますよ。しかしローンを組む際は十分に注意してください。

 

4.どれくらいのローンであれば許容するのか

どれくらいのローンであれば許容するのか
ローンを組む際は「独身」「夫婦」「家族持ち」のそれぞれで状況は異なるかと思います。

 

また稼ぎや生活環境によっても異なるでしょう。しかし一定の感覚においてローンの額は決めておいた方が良いといえますので、解説していきます。

 

4-1.どのくらいのローンであればOK?

私個人の感覚で恐縮ですがローンを組む金額は、年収の8割程度までにしておいた方が良いかと思います。

 

なぜ感覚値でものを申したかというと、ディーラーで自動車ローンを組むお客様のうち、年収の8割を超える金額でローンを組んだ方の多くが支払いをできずに途中で売却してしまうなど、手放してしまう確率が高いように感じられたからです。

 

そのためローンの金額は多くても年収の8割以内に抑えておくことが重要かと思います。

 

4-2.ネット系のローンも検討する

自動車ローンを組む際はインターネット系のローン会社も検討することを強くオススメします。

 

なぜならネット系のローンは金利が比較的安いためです。特に人気なのが住信SBIのマイカーローンです。

 

実際にこれまで自動車ローンを組んだ経験がある方であれば分かるかと思いますが、金利が高いということは「なかなか元本が減らない」こととイコールです。

 

そのため焦って気持ちに余裕もなくなるでしょう。

 

ローン返済時の焦りを少しでも緩和するためにも、金利の安いネット系のローンを検討してみてください。

 

きっと満足できるかと思います。

 

4-3.下取り車があれば高く売ることも考える

もし通勤車を燃費がよく安全性の高い車に買い替えようと思っているのであれば、下取り車を高く売ることを考えましょう。

 

下取り車を高く売ることで月々のローン返済額が抑えられ、返済が楽になることもあります。

 

下取りを高く売る方法については「車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法」をご確認ください。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

5.まとめ

今回は車通勤用の車について様々なことをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

 

車通勤にはデメリットがあること、しかしそれでも車通勤をするのであれば条件に合った車を選ぶことが重要だと分かったのではないでしょうか。

 

もう一度簡単に振り返ってみます。

  • 基本的に公共交通機関での通勤よりも、車通勤の方がデメリットは多い
  • 車通勤をする場合は通勤時間1時間が限度
  • 通勤用の車は低燃費&安全装備の充実

これらのことを十分理解して車通勤をするよう心がけましょう。また、買い替えの際には

  • ローン金額は年収の8割までに抑える
  • 下取り車両はできる限り高く売却する

ことを心がけ、少しでも返済が楽になるようにしましょう。

 

そうすることで自分や家族にとって満足のいくものになるかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ
これから新車の購入を考え、この記事にたどり着いた多くの方は、「上手な値引き交渉はどうしたら良いの?」「新車は実際いくらくらい値引きしてもらえるの?」「プロの営業マン相手の値引き交渉って難しそう」「損をせずお得に新車を購入する方法を知りたい」と思っていることでしょう。そこで今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、15年以上車業界に携わってきた筆者の経験をもとに解説していきます。
現役ディーラーに聞いた!新車購入の安い時期と安くする3つの方法
新車購入を検討している人は、「お得に購入したい」と誰もが考えると思います。世間では、新車購入は決算期が安くなるよ!と耳にすると思います。結論を伝えると確かに「2~3月」は安くなります。ただし、ディーラー営業マンも慣れているため、しっかりと掴むところは掴んでおかなければなかなか値引きも苦労します。今回は、それらの疑問や不安を解消するために、筆者の知人である現営業ディーラーに本音を教えてもらいました。具体的には、新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
車をお持ちの方にとって、年に一度の自動車税は本当に邪魔なものだと思っていませんか?「税金」のため納めないわけにはいかず、なかなか納得いかないですよね。そのため「できれば買い替え時に自動車税を回避したい」「自分の自動車税が分からず毎年不安になってしまう」などの悩みを抱えている方が多くいるかと思います。そこで今回は自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。決して難しいものではないため、読み終える頃には自動車税や買い替えに関して理解していることでしょう。
車買い替えの時期・タイミングのベストと2つの注意点
いざ買い替えるとなったとき、「車の買い替えは何から手を付けたらいいの?」「車を買い換える適切なタイミングとは?」「車検継続か買い換えかはどこで判断すればよいか?」「買い換えで損をしないためにはどうするべきか?」のような悩みや疑問をお持ちなのではないでしょうか。この記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、損をせずお得に車を買い換える方法はもちろん、車の買い替えの流れや、車検継続か買い換えを判断するポイントまでを解説します。
自動車ローンの5つの審査基準と通りやすくするための3つのポイント
新車中古車問わず、車は言えの次に高い買い物ですので、新たな車の購入には、現金ではなく自動車ローンの利用を考えている方も多いはずです。しかし、それほど高額なローンを組むなど滅多にあることではないため、分からないことも多いのではないでしょうか。今回の記事では、一般の方にはあまり知られていないローンの審査基準についてご紹介。また、車を購入する際に良く利用される「ディーラーローン」や「銀行系マイカーローン」の違い、さらに、ローンに通りやすくするためのポイントについて詳しく解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
新車や中古車を購入するときに多くの人がお世話になる支払方法のローンは、月々の支払いを抑えることが可能であるため、購入計画が立てやすいですよね。しかし購入計画をたてて購入したからといって、何かしらの事情がありローンの途中で買い替えなければならないこともあるかと思います。そこで今回はローン途中での買い替えに注目して、ローンに関するアレコレをご紹介していきます。ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
人生の中で大きなイベントと言えば、結婚、出産、子育てなど様々なことがあるかと思います。特に「子供が生まれた」ときなどは悩みに悩んで、車の買い替えを検討しなければならないときが来ます。「そもそもどんな車を選べばいいのか分からない」「子供の数が分からないから、買い替えを迷っている」「子育てが始まるのにローンを組んでもいいのか」など様々な理由で不安になっているかと思います。そこで今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。