車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?

今の車のローンが残っているけど、新車に買い替え可能?

最終更新日:2019年2月10日

今の車のローンが残っているけど、新車に買い替え可能?
新車や中古車を購入するときに多くの人がお世話になる支払方法のローンは、月々の支払いを抑えることが可能であるため、購入計画が立てやすいですよね。

 

しかし購入計画をたてて購入したからといって、何かしらの事情がありローンの途中で買い替えなければならないこともあるかと思います。その場合

  • ローンの途中なのに買い替えても大丈夫なの?
  • 残った残債はどうなるの?
  • 月々どのくらいに抑えなければならないの?

といったようにいくつかの疑問点が残るでしょう。

 

そこで今回はローン途中での買い替えに注目して、ローンに関するアレコレをご紹介していきます。

 

ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。

【裏技】下取りに比べて10万円以上得した事例がたくさん

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・最大2,000社があなたの車に入札、ネットで入札買取額を気楽にチェックしているだけ
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

【非公開車両が豊富】新古車や未使用車などの極秘中古車を探す

世の中に出回っていない「隠し在庫(非公開車両)」を提案してもらう方法があります。
※隠し在庫にする理由は、それらの優良中古車を出してしまうと、普通の中古車が売れなくなるため。


その方法とは、「ズバット車販売」という中古車提案サービスを利用すること。
そして、【希望条件を伝える=備考欄に記載する】ことで行えます。

ズバット車販売

【非公開車両満載】新古車や未使用車の提案をしてもらう

ズバット車販売はコチラ → https://www.zba.jp/car-hanbai/


 


【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

ガリバーのクルマコネクトを使うと電話不要。チャットで気軽に相談できます。

クルマコネクト

ガリバーの豊富な中古車から非公開車両を優先的に紹介してもらえます!



【営業電話なし】チャットで気軽に相談、非公開車両も優先的に紹介

クルマコネクトはコチラ → https://221616.com/connect/


 

1.車のローンが残っている状態での新車買い替えはできる

車のローンが残っている状態での新車買い替えはできる
まず車のローンが残っているのに買い替えなければならない事情について考えていきましょう。

 

一般的にはローン期間内に事故にあった場合や、ローン期間中に違う車に乗りたくなったという理由が多いのではないでしょうか。

 

買い替えたいという気持ちを止めることは非常に難しいため、止めることは決してしません。

 

しかしローン期間中の買い替えには注意も必要なのです。

 

1-1.買い替えは可能

結論から言うとローン期間中に車を買い替えることは「可能」です。

 

ホッとしましたか?しかし注意していただきたいこともあります。

 

ローン期間中に買い替えを行う場合、そのローン残債は新しく購入する車に乗ってしまうのです。

 

そのため新しい車でもローンを組む場合は、残債が残っているため通常よりも高額な負担をしなければならないのです。

 

月々の支払いを楽にしたいために選択したローンが、下手をすると自分の首を絞めてしまう結果に繋がります。そのため、十分に注意が必要なのです。

 

1-2.筆者としてはオススメはできない

前述したようにローン期間中の買い替えは注意が必要ですが、やはり負担額増の影響は大きいため、筆者としてはあまりオススメではありません。

 

もしどうしても買い替えたい場合は十分な時間を取って考えましょう。

 

またひとつアドバイスをすると、「自分がローンをしてまで欲しかった車を、今手放してもいいのか」を真剣に考えましょう。

 

少なくとも愛着がある場合は、前述した理由もありますが買い替えという選択を改めるべきです。

 

もしどうしても買い替えなければならない、そう思っているのであれば次章に読み進めてください。ローンに関する説明をしていきます。

 

2.ローンの目安は年収の8割分

ローンの目安は年収の8割分
自動車ローンを組む際、自分の給料の何ヶ月分で組むのがオススメだと思いますか?

 

実はひとつの目安として「年収の8割程度」と言われています。

 

年収の8割程度の金額で自動車ローンを組むことは「生活が多少苦しくなるが、生活できないほどではない」とされており、事実上の支払い限度であると考えられます。

 

しかしこれはあくまで一般的な目安で、中には年収以上の自動車ローンを組み、楽々完済させてしまう方もいます。

 

つまりケースバイケースということで、人それぞれ違うわけです。

 

そのため買い替え時にローンを選択する場合は以下のことを確認しておきましょう。

 

自動車ローンの残債

残債は絶対に確認しておきましょう。

 

場合によっては買い替え時に、新車へローン金額が乗ってしまうこともあります。

 

次の車のローン+αの支払いとなるため、きっちり確認はしておきましょう。

 

自分が月々に支払える金額

こちらも非常に重要です。

 

自分の収入を考え、必要経費を差し引いた上で支払うことのできる限度額を決めましょう。

 

またこの場合の収入は確定要素のみで計算することをオススメします。

 

どういうことかというと、「来年はこれだけ収入が上がる気がする」「ボーナスはこれだけ出る気がする」といった不確定要素を見込んで判断し、その構想が崩れた場合には支払い不能になってしまう可能性があるためです。

 

あくまでご利用は計画的にしましょう。

 

ここまでは新車に買い替えることを中心に説明をしてきましたが、実は中古車の場合は少し事情が変わってきます。

 

3.中古車に買い替えるという選択肢もある

中古車に買い替えるという選択肢もある
ローンの残債が残ったまま、中古車へ買い替えるという選択肢は新車同様に可能です。

 

そして前述してきた不安要素については、中古車の方が薄くなってきます。

 

一体なぜ中古車であれば、新車よりも不安要素が薄れるのでしょうか。

 

3-1.中古車は新車よりも安い

中古車の方が新車よりも安く購入できることは誰もが知っている事実だと思います。

 

そして買い替えの際にはその安さから、中古車に狙いを定める人も少なくありません。

 

そしてローンの残債が残っているにもかかわらず、買い替える人の多くが中古車を購入しているのも事実なのです。

 

実はローンの残債があったとしても、中古車を購入することで新車ほどコストをかけずに済みます。

 

そのため残債が中古車のローンに乗ってきたとしても、それまでの支払額とあまり変わらないのです。

 

そのため今まで通りの支払金額で、無理なく買い替えることが可能になるという仕組みなのです。

 

3-2.中古車でも注意は必要

しかしいくら新車に買い替える場合と比較して不安要素が薄くなったからといって、決して「お得になった」わけではありません。

 

え?月々の支払額がそれほど変わらないのにお得になってないの?と思いませんか?

 

よくローンで購入する人は「月々の支払いが少ないからお得」と言いますが、実際のところ長い目で見たときには元金はきっちり支払いますし、さらに金利も支払わなければなりません。

 

そのため結果的には損をしていると言わざるを得ないのです。

 

しかし損をしているなんて絶対に思いたくないですよね。

 

これを「損から得」にかえることができるとしたらどうでしょうか。

 

実は「買い替え」という条件に限って損から得に買えることが可能かもしれないのです。

 

4.今の車がもっと高く売れないのかを確かめる

今の車がもっと高く売れないのかを確かめる
自動車ローンの残債が残った車を買い替える際に、これまでは損をする可能性が高いからオススメできないという趣旨で解説してきました。

 

しかし買い替えの条件によってはむしろ得になる場合もあるのです。

 

それはいったいどんな条件なのでしょうか。

 

4-1.ローンの残債があっても得する条件とは

買い替えとは「新しい車の購入」と「今乗っている車の売却」という2つの要素で成り立っています。

 

その2つの要素の内で、車の売却に着目するのです。

 

簡単に説明するとローンの残債が残り100万円だった場合に、120万円で今乗っている車が売却できたとすればどうでしょうか。

 

新しく購入する車は計算上ではありますが、残債が乗ることなく、さらに20万円分お得に購入することができるのです。

 

つまり「ローン残債<売却額」である場合は基本的にお得であると考えても良いのです。

 

買い替え検討時に自動車ディーラーでの下取り価格を見ても一目瞭然でしょう。

 

おそらく自動車ディーラーに査定してもらった下取り価格は、残債と同額程度か上回っていることが多いはずです。

 

年式や走行距離、中古車市場での需要にもよりますが十分にローンの残債分を回収できる可能性は高いのです。

 

この話を聞くと欲が出て「もっともっとお得になりたい」と思いませんか?

 

大丈夫です。最後にとっておきのお得情報をお伝えします。

 

4-2.車一括査定を使うと高く売れる確率がアップ

自動車ディーラーによる下取り以上に、買い替え時にお得になる方法は…ズバリ車買い取りの一括査定をすることです。

 

「一括査定をすると高く買い取ってもらえる」という話を耳にしたことはありませんか?

 

実は自動車ディーラーによる下取り価格は、車買い取り業者の買い取り価格を下回ることがほとんどで、売却を考える場合は車買い取り業者に依頼することが最も高額な買い取り価格を引き出すことに繋がるのです。

 

現に車買い取り業者による買い取りは10万円以上高く売れた事例もあります。

 

また自動車ディーラーによる下取りは、車両値引きをごまかすためのテクニックとして使われることも多いため、「購入」と「売却」は分けて考えた方がいいのです。

 

そして売却でお得になるためには日本全国にいる数多くの車買い取り業者から、複数社選んで競合させる必要があります。

 

そうすることで少しでも高額な買い取り価格を引き出すことができるのです。

 

しかし自分の足で何店舗も訪問して、さらに交渉を繰り返すというのは何時間あっても時間が足りないとは思いませんか?

 

実際に自分の足で回るのは2~3社が限界ではないでしょうか。

 

そこで登場するのが車買い取りの一括査定です。

 

一括査定とはその名の通り「複数社の車買い取り業者から、一括して売却予定の車を査定してもらうサービス」です。

 

最近ではインターネット上で一括査定の依頼をすることが可能なため、気軽に依頼することが可能です。

 

また出張査定サービスに対応している場合がほとんどであるため、自宅に居ながら複数社の買い取り見積もりを取ることが可能になるのです。

 

さらに複数社の訪問時間を被らせることで、競争入札のような状態を作り出せるため非常にオススメの方法といえるでしょう。

 

ぜひローン残債の残っている車を買い替える際に、もっとお得になりたい方は一括査定を検討してみてください。

 

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。

蛇足にはなりますが、家電の最安値を調べるときに重宝する「価格.com」も一括査定サービスを運営していますが、実は裏側は「カーセンサー」のサービスです。(カーセンサーの運営会社は「株式会社リクルートパートナーズ)
価格.comの一括査定注意事項


それだけでも安心して利用できますよね!


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料



楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約49社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



かんたん車査定ガイド

車査定比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:211社
 対応エリア:全国
 利用料:無料



ズバット車買取

廃車寸前のボロボロの車であれば「廃車買取.com」

廃車買取.com

 

 特徴①:どんな車でも0円以上の買取保証あり
 特徴②:年中無休で全国どこでも買取がOK
 特徴③:廃車に掛かる費用や廃車の手続きはすべて無料で対応


 

5.まとめ

ここまで自動車ローンと買い替えに関して解説してきましたがいかがでしたか?

 

きちんとご理解いただけたでしょうか。簡単におさらいをしてみましょう。

  • 自動車ローンの途中で買い替えることは可能
  • ローン残債が残っているのに買い替えると、次のローンに残債分が乗ってしまう
  • 売却でローン残債を無くなる可能性が高まる
  • 買い取りの場合は下取りよりも高額で売却できる可能性が高い
  • 一括買い取り査定をすることで、もっとお得に買い替えができる

これらのポイントを抑えておけば、ローンの残債があっても買い替えの検討を冷静にすることができるのではないでしょうか。

 

これらのポイントに照らし合わせた際、もし「損をする状態」であれば諦めることも必要です。

 

あくまで冷静な判断に基づいてローン残債のある車の買い替えを検討しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ
これから新車の購入を考え、この記事にたどり着いた多くの方は、「上手な値引き交渉はどうしたら良いの?」「新車は実際いくらくらい値引きしてもらえるの?」「プロの営業マン相手の値引き交渉って難しそう」「損をせずお得に新車を購入する方法を知りたい」と思っていることでしょう。そこで今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、15年以上車業界に携わってきた筆者の経験をもとに解説していきます。
現役ディーラーに聞いた!新車購入の安い時期と安くする3つの方法
新車購入を検討している人は、「お得に購入したい」と誰もが考えると思います。世間では、新車購入は決算期が安くなるよ!と耳にすると思います。結論を伝えると確かに「2~3月」は安くなります。ただし、ディーラー営業マンも慣れているため、しっかりと掴むところは掴んでおかなければなかなか値引きも苦労します。今回は、それらの疑問や不安を解消するために、筆者の知人である現営業ディーラーに本音を教えてもらいました。具体的には、新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?
乗り換えるべきか乗り潰すべきか、あなたにとってベストな選択ができるようになるでしょう。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
車をお持ちの方にとって、年に一度の自動車税は本当に邪魔なものだと思っていませんか?「税金」のため納めないわけにはいかず、なかなか納得いかないですよね。そのため「できれば買い替え時に自動車税を回避したい」「自分の自動車税が分からず毎年不安になってしまう」などの悩みを抱えている方が多くいるかと思います。そこで今回は自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。決して難しいものではないため、読み終える頃には自動車税や買い替えに関して理解していることでしょう。
【2019年最新】車通勤にオススメの車種は?元ディーラーが徹底解説
あなたは自分が乗っている車をどんな用途で使うことが多いですか?休日のドライブやアウトドアなど色んなことで使うかと思いますが、車に乗っている最も多くの時間は「通勤」によるものではないでしょうか。そこで今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。しっかりと最新の車種情報も入れています。
自動車ローンの5つの審査基準と通りやすくするための3つのポイント
新車中古車問わず、車は言えの次に高い買い物ですので、新たな車の購入には、現金ではなく自動車ローンの利用を考えている方も多いはずです。しかし、それほど高額なローンを組むなど滅多にあることではないため、分からないことも多いのではないでしょうか。今回の記事では、一般の方にはあまり知られていないローンの審査基準についてご紹介。また、車を購入する際に良く利用される「ディーラーローン」や「銀行系マイカーローン」の違い、さらに、ローンに通りやすくするためのポイントについて詳しく解説していきます。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
人生の中で大きなイベントと言えば、結婚、出産、子育てなど様々なことがあるかと思います。特に「子供が生まれた」ときなどは悩みに悩んで、車の買い替えを検討しなければならないときが来ます。「そもそもどんな車を選べばいいのか分からない」「子供の数が分からないから、買い替えを迷っている」「子育てが始まるのにローンを組んでもいいのか」など様々な理由で不安になっているかと思います。そこで今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。