車売却

相続した車を売却したい!相続車両にする手続き方法と売却するときの手順

親御さんがなく亡くなってしまい、親御さんが乗っていた車を相続することになった場合どのような手続きが必要かご存知ですか?

実は車買取業界の人でも経験したことのあるスタッフは非常に少ないため、あまり知らないというのが現状です。 そのため

  • 相続した車をそのまま乗りたい場合はどうすればいいのか
  • 相続した車を車売却する場合の手続きは?
  • 高く車売却する車売却はあるの?

といったように多くの疑問点があるでしょう。

そこで今回は相続した車に関する書類や車売却について解説していきます。

難しく思える書類関係のことや車売却について簡単に説明していきますので、安心して気楽にご覧になってくださいね。

読み終わる頃には相続も、車売却も必ず簡単にできるようになりますよ!

\愛車の最高額をチェックする方法/

車は買取業者が競い合うことでどんどん査定額が上がります。

車一括査定を使うと、あなたの売却予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が自動的に競い合うため、特に交渉せずとも最高額がチェックできます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

亡くなった親の車は相続車両にするの原則

亡くなった親の車は相続車両にする

亡くなった親の車は相続車両にする

親御さんが亡くなった場合、実に様々な物を相続するかと思いますが車もそのひとつでしょう。

しかし実際に相続することにはなったものの、どんな手続きをすれば乗ることができるのか悩んでしまいますよね。

今回は相続車両に乗るための手続きについて解説していきます。

相続される優先順位は?

そもそも亡くなった方が乗っていた車を相続するためにはあなたが「相続人」となる必要があります。

相続人になるためには相続の順位が重要となり、下記のとおりです。

相続の優先順位は

  • 第1順位…子(死亡の場合は代襲)
  • 第2順位…父母(死亡の場合は祖父母)
  • 第3順位…兄弟姉妹(死亡の場合は代襲)

※なお、配偶者はいずれの場合も相続人となる

※出典:四国運輸局ホームページ

そのため亡くなった方から見てあなたが相続人として、ご紹介した順位に当てはまる必要があるのです。

結果的に亡くなった方から車を相続するためには、今ご紹介した条件に当てはまる必要があると覚えておきましょう。

相続車両は2つの選択肢がある

あなたが相続するための条件を満たしており、相続することが決まっている場合は2つの選択肢があります。

それは「乗り続ける」もしくは「売却する」というものです。

ここではまず乗り続けるパターンについて説明していきましょう。

乗り続けるためには「この車は私のものになり、私が乗ることになりました」という手続きを行う必要があります。

そのために、相続人全員の印鑑証明や遺産分割協議書と呼ばれるものなど、いくつか書類が必要になりますが、ここでは簡単に「相続人全員が納得の元、自分の名義に変更する」と覚えておけば大丈夫です。

名義変更自体は後述する書類を揃えて運輸支局に提出するだけですので、安心してください。

次章では相続車両の名義変更や売却の際に必要となる書類、手順をご紹介していきます。

相続車両を名義変更するための必要書類や売却に必要な書類

相続車両を売却するときの手順

相続車両を売却するときの手順

相続車両の名義変更や車を売る場合、通常の手順とは異なり少し複雑です。

乗り続ける場合も売却してしまう場合も必要な書類は似通っていますので、併せてご紹介していきます。

相続を証明するために用意する書類一覧

相続した車に乗り続ける場合も売却してしまう場合にも必要な書類は、下記の2点です。

  1. 戸籍謄本
  2. 遺産分割協議書

それぞれの詳細は以下に説明します。

戸籍謄本

相続車両をあなたの名前にするためにはまず相続人全員が確認できる書類が必要となります。

その書類が戸籍謄本というわけです。

戸籍唐音の見本

戸籍唐音の見本

また戸籍謄本には亡くなられた方も載っていますので、1枚で2つの役割を果たすことができます。

ただしひとつ注意も必要で、戸籍上の長女が結婚し本籍を変えている場合は、戸籍謄本から除籍されてしまうため「改製原戸籍謄本」という書類も必要になるのです。

この改製原戸籍というものがあれば長女が相続人であることも確認できますので安心してくださいね。

どちらも転籍する前の籍がある市町村役場で入手可能ですから、一緒に入手しておくことをオススメします。

遺産分割協議書

車の所有者が亡くなられた際に、その方の相続人全員で遺産分割協議書という書類を作成したかと思います。

この書類は亡くなられた方の資産をどういう風に分配するかを決められた契約書の役割を果たしています。

車を乗り続ける場合や売却する場合には必ず必要になるのです。

また亡くなられた方の車に関して遺産分割協議書を作成していない場合は、次にご紹介する方法をご覧くださいね。

書き方と注意点

戸籍謄本や改製原戸籍謄本は市町村役場で入手できることは分かったかと思いますが、遺産分割協議書はどのように作成すればいいのか分からないですよね。

法的な拘束力を持つ書類ではありますが作成方法は意外にも単純で、

  • 「誰がどの財産を相続するか明確に示されていること」
  • 「相続人全員が特定の個人に財産を相続することを認めていること」

を明記してあれば良いのです。

ただし相続人全員が特定の個人のみに財産の相続を認めるためには、全ての相続人が作成した遺産分割協議書に実印を押印しなければなりません。

つまり相続人全員の印鑑証明も必要になるのです。

とはいえ決まった書式があるわけではないので、司法書士などの専門家に相談しながら作成すると確実でしょう。

これらを揃えた上で陸運支局に提出すれば無事名義を変更して乗り続けることができますよ!

また、売却するために必要な書類は次に説明します。

車売却のために必要な書類一覧

車売却のために必要な書類一覧

車売却のために必要な書類一覧

先程ご紹介したのは乗り続けるために必要な書類でしたが、相続した車を車売却するためには先程ご紹介した2つの書類に加えて、下記に箇条書きした7つの書類が必要となります。

  1. 自動車検査証
  2. 自動車損害賠償責任保険証明書
  3. リサイクル券
  4. 自動車納税証明書
  5. 印鑑登録証明書
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

これらの詳細については以下にて説明しますのでご覧ください。

自動車検査証

車検証

車検証

自動車検査証とは一般的に「車検証」と呼ばれる書類

車検証は全ての登録自動車に必ずある書類であり、車検証上には所有者の名義や住所などの重要事項が記載されています。

そのため所有権が変わる、つまり亡くなられた方からあなたへ、またあなたから売却先の車買取店へ所有権が移る際には記載事項を変更する必要があるのです。

結果的に車検証は車売却において必須ともいえる書類といえます。

車検証のほとんどは車を購入した際、ダッシュボード内の車検証入れ内に保管されていますので車売却前には必ず確認しておくようにしましょう。

車売却には必須の書類ですが、仮に無くしてしまった場合は再発行の必要があります。

再発行には理由書と委任状が必要で、ナンバーが登録されている陸運支局にて手続きをしてください。

担当窓口などが分からない場合は職員に聞けば親切に優しく教えてくれますので安心してくださいね。

自動車損害賠償責任保険証明書

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書

自動車損害賠償責任保険証明書とは正式名称こそ長いのですが、「自賠責保険」のこと

自賠責も基本的には車検証同様、車検証入れの中に保管されているため車検証と同時に確認しておくことがオススメです。

自賠責を無くしてしまった場合も再発行の手続きが必要で、手続き自体は簡単なのですがひとつ注意すべきことがあります。

それは再発行には時間がかかるということです。

自賠責の再発行は加入している保険会社または保険代理店に「再発行をお願いします」と言うだけなのですが、実際に再発行できるまでには1週間~1ヶ月程度かかる場合が多いのです。

その結果、車売却が決定した後に無くしたことを気付いた時には遅いため、必ず車売却を検討し始めたときに一度確認しておいてくださいね。

リサイクル券

自動車リサイクル券

自動車リサイクル券

リサイクル券はあまり聞き慣れない言葉ではありますが、車検証や自賠責同様に車検証入れの中に保管されていることがほとんどの書類

しかし車検証や自賠責以上にご覧になる機会が少ない書類ですので、無くしてしまっても気がつかない可能性があります。

ここまで聞くと「無くしてしまってはいないだろうか…」と不安になって確認を急ぐかもしれませんが安心してください。

実はリサイクル券を無くしてしまっていたとしても、「リサイクル預託状況」というものを確認できれば大丈夫とされています。

そのため車買取店は自動車リサイクルシステムのホームページから確認できるため、無くしてしまっていても特に問題はないのです。

車検証入れの中を確認してもない場合は慌てる必要もなく、心配する必要もありませんので安心してくださいね。

自動車納税証明書

自動車納税証明書

自動車納税証明書

自動車納税証明書は車が抹消されていない限り1年に1度納税の義務があるため、必ず入手しています。

実は自動車納税証明書は車売却の際、法律上必要はありません。

しかし車検の残り期間と納税期間のズレにより、車売却したにもかかわらず当年分の納税をしていないという状況も存在し兼ねないため、一部車買取店は車売却後のトラブルを避けるためにも自動車納税証明書を求めてきます。

もし無くしてしまった場合は全く問題ありませんので安心してください。

というのも自動車納税証明書の再発行は非常に簡単だからです。

実は自動車納税証明書の再発行手続きは、ナンバーの登録されている陸運支局か都道府県税事務所にある専用端末にナンバーを入力するだけというものだからです。

手間のかからない作業であるため、無くしてしまった場合は車買取店の担当営業マンが無料で再発行してくれますよ。

納税証明書についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご確認ください。

177view
自動車納税証明書
車売却に納税証明書は必要ない!どうして求められる?再発行方法は?

突然ですがここでひとつ問題です。 車検の際に必要となる書類で、無くしやすいものってなーんだ? クルサテ カー君 全然わか ...

続きを見る

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書は俗にいう「印鑑証明」のこと

印鑑証明は市町村役場または窓口センター(サービスセンター)にて入手可能です。

印鑑証明がなければ名義を変更することができないため、必ず用意してください。

もし実印の登録をまだしていない場合は、同じく市町村役場または窓口センターにて簡単に登録できますのでしておきましょう。

印鑑証明についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をご確認ください。

46view
車を売るのに実印?印鑑証明が必要?必要性と登録方法をカンタンに解説
車を売るのに実印?印鑑証明が必要?必要性と登録方法をカンタンに解説

日本にいる限り必ずといっていいほど必要なもの、それは印鑑です。 契約や申し込みなど身の回りの重要な書類には必ず押印する必 ...

続きを見る

譲渡証明書

譲渡証明書は通称「譲渡書」と呼ばれる中古車業界では一般的な書類のひとつで、所有権をあなたからあなた以外の第三者(車買取店やエンドユーザー)に移すために必要な書類

譲渡書には名前や住所の記載のほか、実印の押印が必要となります。

そのため必然的に先程ご紹介した印鑑証明も必要となりますので、セットで考えておきましょう。

譲渡書は車売却が決定したときに車買取店の担当営業マンから取得することができますので安心してくださいね。

委任状

委任状は車買取店があなたの代わりに名義変更等の手続きを行うために必要となる書類です。

こちらも譲渡書同様に住所と名前の記載及び実印の押印が必要で、さらに印鑑証明も必要となります。

そして委任状も担当営業マンから入手することができますので安心してくださいね。

以上が車売却のために必要な書類となります。

プラスして、結婚などして性が変わった場合は、住民票が必要です。

詳細は下記の記事をご確認ください。

124view
新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ【ディーラー営業が知られたくない】
車を売るときに「住民票」が必要な条件と取得方法

車売却をする際はどんな書類が必要なのかあまり分からず悩んでしまう方は少なくありません。 おそらく「仕事の合間などの少ない ...

続きを見る

相続車両の売却に関してはこちらの書類にプラスして、前述した「戸籍謄本」と「遺産分割協議書」が必要となりますので覚えておいてください。

もちろんディーラーや車買取店の担当営業マンに相談すれば丁寧に必要書類や手続きの方法などを教えてくれますので、車売却を決定するのと同時に相談することを心がけておきましょう。

そうすることで失敗することなく相続車両の車売却ができます。

また次章にて解説する高く車売却をする方法を実践することで、必ず満足のいく結果に繋がりますよ!

どこに売るのが高く売れるのか

どこに売るのが高く売れるのか

どこに売るのが高く売れるのか

車売却は「どこにどんな方法で売ればいいのか」ということを意識することで、自分の想像よりも高く売ることができます。

そのため書類に関しては担当営業マンに任せておいても大丈夫なのですが、以下にてご紹介する方法は必ず頭に入れておくことがオススメです。

車売却の方法は2つある

車売却の方法は主に2つあります。 それは下記の2つです。

  1. 自動車ディーラーによる下取り
  2. 車買取店による買取

それぞれの特徴をしっかりと把握しておくことでお得な車売却に繋がりますよ!

方法①自動車ディーラーによる下取り

自動車ディーラーによる下取りは、主に次の車へ買い替える際に依頼をすることが多い方法です。

また自動車ディーラーにお世話になっている方の多くが選択する方法でもあります。

しかしひとつだけ欠点もあるというのが本音です。

それは「査定額が安い」ということです。

自動車ディーラーは新車の販売と登録が主な業務であるため、中古車の販売には力を入れていないという背景があります。

その結果中古車在庫の源泉となる下取りにはあまり力を入れておらず、どうしても査定額が低くなってしまうのです。

もちろん査定額が低くなってしまう代わりに、いつでもディーラーならではの質の良いサービスが受けられるというメリットもあります。

方法②車買取店による買取

下取りに対して車買取店による買取の特徴は、ズバリ査定額の高さにあります。

なぜ査定額が高くなるのかというと自動車ディーラーとは異なり、中古車の販売を主な業務としている点が関係しているのです。

実はここ最近の中古車人気の影響で、車買取店の中古車在庫は非常に少なくなっています。

そして車買取店は利益の源泉となる中古車在庫を意地でも揃えておかなければなりません。

その結果、少しぐらい高い査定額をつけたとしても確実に買取をしたいと思っているのです。

以上のことから車買取店による買取は、高く車売却をするためには大切なことだといえます。

また車買取店に買取依頼をしても自動車ディーラーのサービスは低下せず、むしろ「お客様とこれ以上距離を取りたくない」という心理からサービスの向上を狙えるのです。

そのため自動車ディーラーで営業マンをしている私であっても、車買取店による買取が最もオススメだと思っています。

車買取店に買取査定依頼をするという選択肢も頭に入れておくことがオススメですよ!

どの方法が高く売れるのか

「車買取店に買取依頼をすれば高く車売却できるんでしょ?」と思いの方、正解です。

しかしそれ以上に高く車売却することもできるので、方法をご紹介します。

その方法とは…車買取店同士を競合させることです。

先程ご紹介したように車買取店は在庫車確保に必死になっています。

それはどこの車買取店も同様であるため、競合させることで相場の上限前後まで簡単に上げることが可能になるのです。

目安としては3~5社程度を競合させるのがオススメですが、手間がかかりそうで面倒くさそうだと感じた方には「一括査定」の利用をしてください。

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

一括査定とはインターネット上で複数の車買取店に一括して査定依頼をすることができるサービスのことで、自分で車買取店を探す手間を省くことができます。

また登録している車買取店は無料の出張査定に対応しているため、自宅にいながら複数社を競合させることができるのです。

結果的に最も簡単かつ楽をして、最高の結果を出すことができる方法なので一度利用することをオススメします。

申し込みも車種や年式等を入力するだけであるため3~5分程度で済みます。

ぜひ利用して満足してくださいね。

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「かんたん車査定ガイド」については、総合点ではかんたん車査定ガイドに軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーのポイント

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスのポイント

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドのポイント

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

かんたん車査定ガイド 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口のポイント

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

売却者全員に5,000円がキャッシュバックキャンペーン中

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

まとめ

以上で相続車両と車売却についての解説を終了しますが、いかがでしたか?

相続という人生であまり経験することのないイベントや、車売却という大きな金額が動くイベントであるため少し緊張感があったのではないでしょうか。

しかし

  • 車を相続するには「戸籍謄本」と「遺産分割協議書」が必要である
  • 車売却に関わる書類は担当営業マンの指示に従う
  • 高く車売却するには「一括査定」を利用する

ということだけを覚えておけば大丈夫です

あまり緊張せず、しっかりと今回ご紹介したポイントを抑えて満足のいく結果を手にしてくださいね!

あなたなら必ず成功できますよ!

おすすめ記事

145view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

193view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

1,052view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

1,674view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-車売却

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.