車査定 何社

最終更新日:2017年3月28日

車査定って何社に依頼すればいいの?

車査定って何社に依頼すればいいの?
車査定をするときって「とにかく高く車を売りたい」と思いませんか?

 

おそらく私を含めた誰もがそう思うでしょう。

 

そのためどのような方法をとれば高く売ることができるのかをネットで調べたら、「複数の車買取店を競合させる」ということが書いてあり、一括査定がオススメと書いてあるサイトが多いと思います。

 

ただし、とは言っても下記のような疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

  • 競合させるとしても何社に依頼すればいいのか
  • 一括査定はそもそも何?本当にカンタンに競合させることができる?

と実際のところどのように進めて良いのかが分からないですよね。

 

そこで今回は競合させる際は何社に依頼すべきなのか、楽に競合させる方法はあるのかということについて解説していきます。

 

競合をさせることでお得になることが分かっているあなたであれば、すぐに理解して行動できますよ!

 

また簡単で楽に成功できるようになりますので、気楽に読み進めてくださいね!

 

1.車の査定は何社にすればいいのか

車の査定は何社にすればいいのか
車査定は新車購入の際と同様に複数社を競合させることでお得になります。

 

それはあなたもご存知でしょう。

 

しかしどの程度お得になるのか知っていますか?

 

実は競合のさせ方や工夫をすることで初回に提示された査定額よりも50万円以上高くなったというケースもある程に、当初の予想以上にお得になることがあるのです。

 

そこでまずは、競合の仕組みとお得になる方法についておさらいしていきましょう。

 

1-1.競合させることで高く売れる

あなたがもう知っている「競合」は少しだけ誤解している可能性があります。

 

それは競合させる際に自動車ディーラーによる下取りを入れてもあまり効果がないということです。

 

なぜ自動車ディーラーによる下取りは競合の際に効果がないのでしょうか。

 

実は自動車ディーラーによる下取りはそもそも査定額が安いため、車買取店に対する競合額として非常に弱いのです。

 

そして車買取店による買取は専門的に車買取を行っているため、自動車ディーラーの下取りよりも圧倒的に高い場合が多く車買取店同士を競合させた方が高い効果を得られます。

 

そのためまずは「車買取店を3~4社競合させると効果絶大」と覚えておきましょう。

 

また3~4社と限定しているのには理由があります。

 

競合は最低2社あれば成り立ちますが、2社ではあまり査定額が吊り上がりません。

 

というのも車買取店には得意なボディタイプや車種があるため、2社だけの競合では自分が売りたいと思っている車の買取を得意とする車買取店に出会える可能性が極めて低くなるのです。

 

また2社だけを競合させる場合、低い査定額のまま平行線の競合が続くことがあります。

 

つまり車買取店同士が低いレベルで争っている状態なのです。

 

結果的に2社だけで競合をさせると時間や手間ばかりかかってしまい、「かえって損をした」と感じてしまうのでオススメできません。

 

以上のことから3~4社を競合させることであなたの車種を得意とする車買取店を見つけられる可能性が高くなり、高いレベルでしっかりと競合させることができるといえるでしょう。

 

しかし実際のところ3~4社を自分の足で何回もまわり、それぞれを競合させるのは骨が折れますので次の方法がオススメです。

 

1-2.一括査定がオススメ

オススメの方法とは一括査定です。

 

一括査定はインターネット上で車種や年式等の情報を入力するだけで、複数の車買取店に一括して査定依頼をすることができるサービスのことで、短時間に複数の車買取店を競合させるには最適な方法といえます。

 

なぜなら一括査定に登録している車買取店は無料の出張査定に対応しているため、同日同時刻に自宅へ呼び出しておけば一度に競合させることが可能だからです。

 

理屈としては一度に同じ場所で複数業者を競合させることができるため、短時間で楽に最高の結果を得ることができるといっても過言ではありません。

 

ここまで聞くと一括査定は利用しない手はないほどに、お得度が高いと感じるでしょう。

 

しかし注意すべき点もあるのです。

 

次章では一括査定を利用する上での注意点をご紹介していきます。

 

2.一括査定の流れと注意点

前章でご紹介した一括査定を「これぞ完璧な競合方法だ!」と感じた方も多くいるでしょう。

 

私も自動車ディーラーで働きながら「こんな方法があるなんて、自動車ディーラーとしては致命的だ」と感じた覚えがあります。

 

しかし世の中に完璧といえるものはなく、車査定においても例外ではないため注意すべきこともたくさんあるのです。

 

そこで一括査定がどのようなものか、先程よりも詳細に説明していきながら注意点を確認しましょう。

 

2-1.一括査定の全体的な流れ

一括査定を行うには流れというものがあります。それは下記の通りです。

  1. 一括査定サイトの選択
  2. 車種や年式等、基本情報の入力
  3. マッチングした車買取店の確認・選択
  4. アポ取り
  5. 他社競合
  6. 売却

それぞれに注意点や特徴がありますので、詳細は次で解説していきます。

 

2-1-1.一括査定サイトの選択

一括査定サイトは車買取競争が激化している現在、数多くの優良サイトがあります。

 

その中でもそれぞれの特徴は多種多様ですから、自分の最も求めている条件に合うサイト(依頼前にある程度の相場が分かる、入札制など)をよく吟味して選択しましょう。

 

もちろん複数のサイトを実際に利用するのもアリですが結果的に多くの時間を使ってしまうため、最初の段階でひとつのサイトを選んでおくことをオススメします。

 

筆者が厳選したオススメのサイトは後ほど紹介しますが、まずは一括査定の流れを理解頂いた方がいいので、このまま一括査定の説明をします。

 

2-1-2.車種や年式等、基本情報の入力

一括査定サイトを選択した次は車種や年式等の基本情報を入力しましょう。

 

入力する内容はサイトごとに違いますが、大まかには下記の箇条書きの通りです。

  • あなたのお名前やメールアドレス等、基本的な個人情報
  • 車種、年式、走行距離
  • 傷や凹みなど、車種の状態に関するアンケート

これらの情報を入力することで登録している車買取店は査定額の上限と下限を決めてきます。

 

嘘偽りなく自分が把握している正直な情報を入力するよう心がけましょう。

 

2-1-3.マッチングした車買取店の確認・選択

一括査定に申し込むとあなたの地域を担当している車買取店がいくつかピックアップされます。

 

多い場合で10社以上、少なくとも3社程度はピックアップされますのでピックアップされた車買取店の中から自分が気になる車買取店を選択しましょう。

 

2-1-4.出張査定のアポ取り

いくつかの中からピックアップした車買取店からメールや電話での連絡がきますので、出張査定を希望する日時を指定しましょう。

 

この際、注意いただきたいのが想定以上のスピードで電話が一気に掛かってくるということです。

 

一括査定の公式サイトには、そのようなネガティブな情報は書いておりません。

 

予め想定出来ていれば、心の準備が出来ておりますのでそこまで心配する必要ありません。(※とは言っても、本当にすごい勢いで電話が掛かってきますが・・・)

 

どうしても電話が気になる方は「車一括査定の電話のしつこさは異常【体験による対策を伝授】」に対策を説明しておりますのでご確認ください。

 

アポ電話の時に大まかな査定額を提示して「ぜひ当社で!」と詰め寄られる車買取店もありますが、必ず全ての車買取店に実物を見てもらい査定額を比べることを実施してください。

 

2-1-5.他社競合

自分が選択した各車買取店を競合させます。

 

最初にアポを取れた車買取店の査定額が基準となり、その後各車買取店は最初の査定額よりも少しだけ高い査定額を出してくるでしょう。

 

この時少しでも高い査定額を引き出すためには正直に自分の希望額を伝えることが重要です。

 

目安としては最初に提示された金額からプラス30万円程度を目安にしておくと分かりやすいかと思います。

 

車種にもよりますが、30万円以上も査定額が上がることは珍しくありません。

 

決して車買取店に対して吹っかけているわけではありませんから、堂々と希望額を伝えましょう。

 

もしプラス30万円でどの車買取店も涼しい顔をしている場合は、思い切って50万円を希望することで本当の限界額を引き出すことができますよ!

 

2-1-6.売却

競合させて最後まで辛抱強く交渉に乗ってくれた車買取店に売却の依頼をしましょう。

 

車買取店の担当営業マンは買取の契約書類を絶対に持っています。

 

そのためあなたが売却を決めたその場で契約することができるのです。

 

売却に必要な書類は契約後に営業マンから指示がありますので、その指示に従って用意しましょう。

 

あとは指定された日に車を引き渡し、指定された日に入金を確認するだけでOKですよ!

 

2-2. 一括査定で最も注意すべき点は2つ

ここまでの説明で一括査定の流れは把握できたかと思いますが、改めてになる点もありますが、注意すべき点をおさらいします。

 

下記の2点について特に注意していただきたいと思います。

  1. 車買取店は3~4社を選択する
  2. 出張査定のアポ取りについて

この2点に注意しておけば一括査定で怖いものはないと思っても大丈夫ですので、最後にしっかりとご覧くださいね。

 

2-2-1.マッチングした車買取店は3~4社を選択する

先程少しだけ触れましたが一括査定では2社ではなく3~4社を選択すべきです。

 

裏を返すと5社以上選択するべきではないということになります。

 

それはなぜかというと、電話やメールでの対応が面倒くさく、無駄な時間を使ってしまうからです。

 

実は一括査定で査定依頼をした際にくる電話やメールなどの連絡は、正直に言って「迷惑」とも取れるぐらいにかかってきます。

 

そのためあまりに多くの車買取店に査定依頼をすると売る気を無くしてしまいかねません。

 

もしかしたら5社程度であれば大丈夫だという方もいるかもしれませんが、3~4社に留めておきましょう。

 

3~4社の競合であっても十分な結果が出ますよ!

 

2-2-2.出張査定のアポ取り

実はアポのタイミングは非常に重要になってきます。

 

なぜならアポ取りの仕方によってあなたが車査定に割かなければならない時間が変わって来るからです。

 

例えばとにかく短い時間で競合させ、最高の結果を求めたい場合は「同日同時刻」にアポを取るようにします。

 

そうすることでその場にいる各車買取店に対して入札制(オークション制)のような形態を取ることができるため、一発勝負で結果を出させることができるのです。

 

逆に早く決着をつけたいにもかかわらず各車買取店のアポを別日別時間で取ってしまうと余計に時間がかかってしまいます。

 

自分にはどの程度の時間を割くことが可能で、どの程度の時間をかけたいかを意識するようにしておきましょう。

 

そうすることで時間的にも金額的にも本当に満足のいく結果に繋がります。

 

他にも注意すべき点はありますが、上記2点をしっかり頭に入れておいてもらえば、間違いなく良い査定額が期待できるでしょう。

 

もし小さい注意点も気になるということであれば「車一括査定で注意する3つのポイントと具体的な対策を徹底解説」をご確認ください。

 

それではいよいよ筆者が厳選したオススメの一括査定を紹介します。

 

3.一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

 

4.まとめ

以上で車査定をする上で必要となる競合について何社必要かという解説を終了します。

 

それほど難しい内容ではなかったためスラスラと読むことができ、頭に残ったのではないでしょうか。

 

車査定における競合は

  • 競合は3~4社で行う
  • 一括査定を利用すると楽

という2点だけ覚えておくだけで間違いなくお得になります。

 

競合すればお得になるということを知っていたあなたであれば簡単なことですよね?

 

ぜひ今回ご紹介した内容を頭の片隅において実践してくださいね!必ず良い結果が出ますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

知らないと損!車買取の査定相場を「3分・匿名」で知るオススメ方法
ネット上で匿名で車の買取相場を知る方法はいくつか出ています。ただし、大前提として知っていただきたいのが、中古車というのは時期により変動するため、○○円と断定できないのが本音です。また、買取相場はシミュレーションサイトのため、サイトやサービスによって精度がマチマチで中には非常に曖昧なところも存在します。車の買取査定相場を知る具体的なシミュレーションサイト4つ、また中でも一番のオススメのサイトはどこかを紹介します。
車査定の概算価格/3つの大きな落とし穴としっかり活用する方法を徹底解説
自動車は、ある程度の価格相場は存在するため、知っているのか知っていないのかで、その後の交渉に左右します。車査定の概算を知る方法と交渉の方法を紹介します。
車査定をメールのみで行う方法と実施できる範囲・注意点
「車査定をメールで行えることの本当の真相」と「車一括査定をメールのみで行えるのかの本当の真相」について言及しています。
車査定を個人情報なしで実施できる範囲と注意点について
車査定で個人情報なしでできる範囲とどういう時にそれらのサイトが活用できるのかについてお伝えします。
車査定の流れはどうなっているの?知っておくべきポイントを徹底解説
「中古車買取店により車査定」と「新車ディーラーによる下取りの車査定」がありますので、大きく二つに分けて流れを説明します。
車査定で準備するものは?注意点と合わせて分かりやすく解説
車査定を申し込む前に最低限準備しておきたい事と簡単な注意点について説明します。
車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説
車を売却する際にスムーズに進める様にあなたが予め書類を準備できるようにまとめております。さらに、売却を急いでいる方に向けて、どんな売却方法がオススメなのかも合わせて紹介しています。
車査定が一社だとダメな理由は?車買取のプロが徹底解説
どんな時は「車査定は一社だとダメなのか」について徹底解説して、あなたならどうすべきかの判断材料を提供します。
中古車の売却契約書の締結前に確認すべきチェック項目一覧
契約書というのは、取引を行う上でもっとも重要なものになりますので、しっかり見る必要があります。車の売却契約書を締結する前に確認すべきチェック項目を紹介します。
車買取の手数料は掛かるの?事前に知っておきたい手数料の罠
車買取の手数料が発生する項目と大体どれぐらいなのかについて徹底解説します。
車の下取りが安いは嘘?買取との違いと元ディーラーのガチ意見
今回は「車下取り」と「車買取」について、本音でお伝えします。よくサイトに書かれているのが、車下取りよりも車買取にするべきと書かれていますが、筆者としては必ずしもそうとは言えないと思っています。この記事を読んで、あなたはどんな方法で車を売るべきなのか、そして最終的にはお得に新しいクルマに乗り換えが出来ていることをお約束します。
出張査定のトラブル対処法と実施すべき項目を徹底解説
買取業者が出張査定に来る前に実施すべきことやよくあるトラブルと対処法について解説し、またトラブルが無い買取業者の選ぶ方法について解説します。
出張査定と買取店舗への持ち込み査定はどちらが得かを徹底検証
「買取店での無料出張査定」「買取店への持ち込み無料査定」のメリット・デメリットとあなただったらどちらにすべきなのかについて徹底解説します。
車査定にかかる時間はどれぐらい?パーツ毎の査定時間とチェック項目
今回はあなたが少しでもお得になるよう、車査定にかかる時間や少しでも高く売る方法について解説していきます。この記事を読むことで時間など気にならないくらいお得になる方法が分かります。
車買取で詐欺に合ったトラブル事例と具体的な対処法について
よくある詐欺としては、「再査定」と「キャンセルペナルティー」と呼ばれているものです。それぞれの簡単な説明と対処法について説明します。
大手車買取業者/車査定業者のランキング【売却前にチェック】
業界歴25年の筆者が信頼あるサイトを元に車買取ランキングをまとめました。あなたの買取業者選ぶ際にお役に立てれば幸いです。
近くの車買取店を最短で手間なく探す方法を図解付き解説
車の売却を検討している方に向けて、近くの車買取店舗を手間なく簡単に探す方法を紹介します。
車買取の優良業者を見分ける方法【安心して車売却をしよう】
車買取の優良企業を見極めるとっておきの方法を紹介します。
車買取/車査定の業者は本当にしつこい?【上手に断る方法】
どうすれば上手に断れるのかというのとそもそもどうして買取査定業者の営業がしつこいのかについて説明します。
車買取、車査定会社が流しているラジオCMを徹底調査
具体的にラジオCMを流している買取業者や車一括査定サイトを簡単に紹介します。
bayfmのCMで流れている車買取会社はどこなの?
高額な取引になることが多い自動車の売却は、安心できるところに頼んだ方がいいですし、宣伝を行っていて知名度が高い会社に依頼したくなるものでしょう。
車を売りたいときに相場はどう調べる?売却相場を知るおすすめの方法
車を売却するうえで必要な「相場」と「高く売る方法」について解説していきます。この記事を読めば車の売却に向けて行動を起こせるかと思いますので、リラックスして読み進めてください。
車の査定時にチェックされるポイントは?7つ減点対象とその対策まとめ
中古車査定士資格を保有している私が初心者の方にも分かりやすく、簡単に説明していきます。きっと読み終わるころには同対策すればいいのか、どんな方法で売却すればいいのかが分かるでしょう。
車査定に走行距離はどれぐらい影響ある?走行距離は何番目に重要?
車査定とは、車買取業者やディーラーに車を診てもらう(査定してもらう)ことです。車査定に関する基礎知識を紹介します。
車査定がお得な時期はいつ?3月が新車売れるので狙い目というのは本当?
今回は高く売れる時期や、高く売る方法について解説していきます。難しく考えなくてもしっかりと高価買取を狙えますので安心してくださいね。
車査定の嘘はどれぐらいまでだったらOK?許される嘘と許されない嘘
車査定のときに嘘をついても大丈夫なのか、嘘をつかなくても高額な査定結果を得ることができるのか解説していきます。あなたが希望する査定結果を得るために必要なことが分かります。
車売却をする際にタイヤは査定額にどれぐらい影響があるの?
タイヤと車売却の関係性について解説と同時に、本当にお得な車売却の方法も解説していきます。
スタッドレスタイヤは車査定に好影響?その真実を徹底解説
「スタッドレスタイヤやその他部品・パーツがどの程度車査定に影響を与えるのか」という疑問を解消すべく、詳細を解説していきます。スタッドレスタイヤがどの程度、車査定に影響があるのか、一番お得になるのはどんな方法かということが分かります。
エアコンが壊れているけど車査定にどれぐらい影響があるの?プロが徹底解説
エアコンが故障している車の車査定は、査定額にどの程度影響があるのかを解説していきます。エアコンが壊れているあなたの車がどのような車査定をされ、どのようにすれば高く売れるのか必ず分かります。
車の買取査定で0円でも諦めたらダメ!査定額を引き出すとっておきの方法
あなたの愛車が「0円」と評価された際に1,000円でも、10,000円でも高く売る方法をご紹介していきます。諦める前にこの記事を熟読すれば、古くても過走行でも希望が持てるようになります。