車一括査定の電話のしつこさは異常【体験による対策を伝授】

車一括査定を申し込むと電話が多いのは本当?

最終更新日:2019年2月10日

車一括査定を申し込むと電話が多いのは本当?
車一括査定を申し込むと、複数の買取業者から一斉に営業電話が掛かってくるとネット上に記載されておりますが、事実なのでしょうか?

 

結論から言うと事実です。

 

しかも車一括査定サイトには、不親切にも電話が掛かってくる旨が小さく記載があったりします。(※下記、車一括査定「かんたん車査定ガイド」の流れ)
かんたん車査定ガイドの流れ

 

これは一例を上げたかんたん車査定ガイドのみならず、他の車一括査定も同じです。

 

しかもページの下の方に記載されているため、なかなか見落としてしまいます。

 

ページ上部を見ると「愛車が最高額がわかる」「最大10社を比較して、愛車を高額売却」などであるため、なかなか電話が掛かってくることを想像しにくいのです。

 

そして、気軽に申し込んだ人が、申し込んだ瞬間から電話の嵐。

 

戸惑うのも無理はありません。Twitterで「車一括査定」と調べると、すぐに電話のことが出てきます。

では、車一括査定は悪なのかというとそんなことはありません。

 

実際に車一括査定を使うことによって、ディーラーの下取りよりも20万、筆者が知っている知人なんかは100万以上高く売れました。

 

そこで本記事では、

  • 車一括査定を利用すると、具体的にどれぐらい電話が掛かってくるのか
  • どうしてそんなにも電話が掛かってくるのかの理由
  • 電話の断り方や電話を防ぐ方法

について解説します。

 

最後までご覧いただくことで、きっと満足した車一括査定の利用できます。

 

車一括査定の電話の量は想定以上にすごい

車一括査定の電話量
車一括査定を申し込むと、実際に車買取業者から営業電話が沢山掛かってきます。

 

それは、平日の仕事中であろうとデート中であろうと掛かってきます。受電するまで掛かってきます。

 

沢山掛かってくるとお伝えしても、具体性に欠けてよく分からないと思いますので、私の実体験を記載します。

・車一括査定サイトにて申し込み完了
・3分以内に1社目から電話、電話で話している間にも「プップップッ」が違う電話が入りまくる
・1社目と電話が終了。着信履歴を見ると15件~20件入っている

 

具体的にTwitterでリアルな口コミを見てみましょう。

 

2-3年ぐらい前までは、真夜中であろうと電話が掛かってきましたが、現在はJPUCと呼ばれる規制団体によって制限され、夜9時以降の電話は原則禁止になりました。

 

夜9次以降に申し込んだら次の日の朝8時頃から一斉に電話が掛かってきます。

 

では、どうしてそんなにも営業電話が掛かってくるのでしょうか?

 

その理由と電話を防ぐ方法についてお伝えします。

 

車一括査定を申し込むと電話が沢山掛かってくる理由

私は元買取業者で実際に車一括査定経由のお客さんも対応しておりました。理由はシンプルにこの1点です。

・最初に電話出来たところが一番車を買い取れる可能性が高くなる為

 

買い取れる可能性が高くなる理由は、簡単に言うと多くの人が買取業者の営業手法が、次の買取業者に合わせないために「今ここで契約してくれたら○○万円で買い取ります」といった営業手法に引っかかってしまっているためです。

 

下記、Twitterの口コミからも分かるとおり、1社目で売ると、車一括査定を利用した意味が無くなりますので、最低でも2-3社には合うようにしましょう。

 

最終的には、この方も高く売却できているため、満足しています。

 

筆者としても車一括査定は、確かに少し面倒なところはありますが、それでも数十万の査定額の差が出るため、利用することをオススメしています。

 

ただ、やっぱりどうしても電話は嫌という方がいると思いますので、次の章で電話を防ぐ方法をお伝えします。

 

車一括査定で電話を防ぐ方法は2つある

車一括査定の電話を防ぐ方法
買取業者からの電話を防ぐもしくは電話を少なくする方法として2つあります。それは下記となります。

・カーセンサーにてメールのみの受付で申し込む
・オークション形式の車一括査定に申し込む

 

これらの詳細について説明しますが、先に筆者のおすすめをお伝えすると「カーセンサーにてメールのみの受付で申し込む」です。

 

理由は、オークション形式の車一括査定は、まだ発展途上で大手買取業者には査定依頼が行えず、結果的にカーセンサーで申し込んだ方が査定額もよりリアルに近いのと、最終的に売るとなったときに高く売れる可能性が高いためです。

 

それでは、それぞれの申し込み方法について詳細を解説します。

 

【筆者おすすめ】カーセンサーにてメールのみの受付で申し込む

カーセンサー
車一括査定で電話を防ぐ方法として、カーセンサーにて査定額をメールで回答してもらう方法があります。

 

この方法を用いれば、完璧に防ぐことはできませんが、電話の量を十分減らすことが可能です。

 

具体的な申込み方法については「車一括査定をメールのみで行う方法」で説明しておりますのでご確認ください。

 

ただし、注意頂きたいのがメールでの査定額は正確ではないという点です。

 

車というのは、1台1台状態が異なりますので、しっかり実車を見て査定をしてもらわない限り正確な査定額は出ません。

 

売る気があるのであれば、メールのみで査定額をもらった後に2-3社には声をかけて、実車査定を依頼した方がいいでしょう。

 

オークション形式の車一括査定とは

Ucar査定
オークション形式の車一括査定は、申し込むと査定業者に個人情報が開示されず、あなたの車の情報のみ開示されます。

 

その車の情報を元に買取業者がオークション形式で入札をしていきます。

 

期限がきたところで、あなたがこの買取業者が良いなと思ったところを選択して、その買取業者と売買契約を締結します。

 

まだ発展途上ではありますが、「ユーカーパック」が代表的なオークション形式の車一括査定です。

 

オークション形式の車一括査定のデメリット

ただし、オークション形式の車一括査定にはデメリットがあります。

 

それは、買取業者間のリアルタイムでの競争が無くなる分、本来の目的である「車を高く売ること」が通常の車一括査定に比べると弱くなることです。

 

シンプルに言うと通常の車一括査定に比べて買取額が低くなる傾向にあるということです。

 

ユーカーパックのさらに詳細が知りたい方は「ユーカーパック(Ucar査定)は何が優れている?利用して分かったリアル意見」にまとめておりますので、ご確認ください。

 

以上のことから筆者としては、オークション形式の車一括査定はおすすめしておらず、先に説明した通常の車一括査定(中でもカーセンサー)をおすすめします。

 

では、次に既に車一括査定に申し込んだけど、電話が鳴りまくっていて困っている人向けて対処方法を説明します。

 

電話を掛からなくするためにはキャンセル依頼をすること

電話を掛からなくするためにはキャンセル依頼をすること
買取業者から電話を掛からなくする方法としては、申し込みをした車一括査定サービスの問い合わせ窓口より連絡することです。

 

申し込みをしたメールアドレスに、車一括査定サービス会社からメールが届ていると思いますので確認ください。

 

※2019年4月現在での主要な車一括査定のキャンセル窓口を記載しておきます。
・かんたん車査定ガイドのキャンセル窓口はコチラ
・ナビクルのキャンセル窓口はコチラ
・ズバット車買取のキャンセル窓口はコチラ
・ズバブーン車買取のキャンセル窓口はコチラ
・カービュー、カーセンサー、楽天オートは不可能

 

車一括査定サービスによっては、キャンセル依頼ができないところがあります。

 

そのような場合はどうしたらいいのでしょうか?次に説明します。

 

一度電話を取ってしまい上手に断ることを考える

電話を上手に断る
車買取業者からの電話をずっと取らずに放置することも可能ですが、3-4日ぐらいは電話が鳴りまくります。

 

その後もペースは落ちますが、2週間ぐらいは電話が掛かってきます。

 

その状況が我慢できるのであればいいのですが、普段からよく電話をする人は大事な電話を取り過ごす可能性も出てきますので、やはり買取業者からの電話は無しにしたいと考えると思います。

 

一番早いのは、電話を取ってしまって、上手に断ることです。上手に断る=買取業者が納得する理由を伝えることです。

 

元買取業者の人にヒアリングをしたところ、下記の点を伝えられると諦めざるをえなかったようです。

買取業者に上手に断る事例

  • 新車購入を止めて今の車を乗り続けると伝える
  • 親戚や家族にあげることにしたと伝える
  • もう既に売却したと伝える

それぞれ詳しく解説します。

 

新車購入を止めて今の車を乗り続けると伝える

新車を購入しようと思っていたが、やっぱり購入を止めて今の車を乗り続けることになったという旨を買取業者に伝える方法です。

 

ここでのポイントは、「新車の購入」です。もし、中古車の購入と話してしまうと、根ほり葉ほり聞かれて、中古車販売の営業が始まってしまい、余計ややこしくなります。

 

親戚や家族にあげることにしたと伝える

親戚や家族に無料であげることにしたと伝える方法です。

 

売ることにすると、一度売る前に弊社で査定させてもらって、適正価格を調べますといった内容で、結果的に営業が始まります。

 

必ず、無料で手放す旨を伝えるようにしましょう。

 

もう既に売却したと伝える

他の買取業者やディーラーに売却の契約を結んで締結したと伝える方法です。

 

ただし、この場合、しつこい営業担当だと「売買契約は破棄できるし、弊社だともっと高く買い取れるので、考え直してほしい」と営業掛けてくる場合もあります。

 

このとき、査定額がいくらだったか聞かれるので、答えないようにしましょう。

 

これ以外にもそもそも電話を取らずに着信拒否にする方法などありますが、買取業者も複数の電話番号を持っていることがあるため、あまり解決策にはなっていません。

 

まとめ

車一括査定電話まとめ
いかがでしたか?車一括査定は電話が多い理由は理解頂けたでしょうか?また、対処方法も解説しましたが、そちらも理解頂けましたでしょうか?筆者がおすすめする対処方法をお伝えすると

・カーセンサーにてメールのみの受付で申し込む

車一括査定をメールのみで行う方法

です。

 

今回紹介した方法を上手に利用して、納得する車売却を行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車一括査定のおすすめ【業界歴25年の本当のおすすめと見解】
業界歴25年の見解も交えて、本当におすすめの車一括査定はどこかについて説明します。
車一括査定の口コミと評判【悪評の具体的な対策方法を伝授】
車一括査定を申し込みたいけど、まだ何か不安で申し込むのを躊躇っているという方に向けて、実際の利用者の口コミや評判からみえる傾向をまとめています。
車一括査定のトラブルと対処法について【知らないと危険】
車を高く売る方法としてよく利用される車一括査定。筆者も過去に利用して、フィットが下取りよりも35万円高く売れたため、自信をもって進めたいところなのですが、ただトラブルがあることも事実です。実際にTwitterで車一括査定と調べると悪いことがよく書かれています。その大半が電話トラブルです。車一括査定を申し込み後に、一気に複数の買取業者から電話が掛かってきて、着信履歴だらけに。実際に国民生活センターにも寄せられています。本記事では、電話トラブルを中心に筆者の見解と対処法をお伝えしています。
車一括査定で注意する3つのポイントと具体的な対策を徹底解説
車一括査定は高く売りたい人には、とても便利なサービスですので、私も推奨派の一人です。ただし、無知なまま申し込むと、車が高く売れるどころかデメリットばかりが後に残り、満足する車売却が出来なくなります。本記事では、最終的にあなたが車一括査定を利用して満足できるように、車一括査定を申し込む前、申し込み後に注意する3つのポイントとその対策方法について紹介します。
車一括査定をメールのみで行えるのか徹底検証【実際に試してみた】
車一括査定をメールのみで行うことは原則出来ません。ただし、ある方法を用いれば、電話の数を減らして、その分メール連絡にすることが可能です。
車一括査定の体験談/利用して良かった点・悪かった点の本音感想
今回の体験談は、私の友人Aさんにインタビューをさせて頂き、その内容を赤裸々にレビューしています。
車一括査定のデメリットとメリット【知らずに申込みは危険】
車を高く売る方法としてよく紹介されている車一括査定。車一括査定を紹介しているサイトを見ると、メリットがよく表立って紹介されておりますが、デメリットもいくつかあります。ただ、デメリットを知らずに申し込んでいる人も多いのも事実です。本記事では、車一括査定の公式サイトには書かれていないメリット、デメリットを紹介。特にあなたが気になるであろう「デメリット」を中心に解説するとともに、そのデメリットの正しい回避方法までをお伝えします。少し難しそう・・・と感じを受けてしまうかもしれませんが、どんな初心者の方でも理解できるように噛み砕いてお伝えしています。
車一括査定のキャンペーン状況を徹底解説【2018年最新版】
2018年2月現在の有名どころの車一括査定サービスがどの様なキャンペーンを行っているのかまとめました。
車一括査定は談合がありうる?現役の車買取業者の知り合いにヒアリングしてみた
実際の買取業者にヒアリングした事例を元に談合のリスクと回避する方法について徹底検証しました。
車一括査定を利用し出張査定を同時に?実際に高く売れるの?
筆者が実際に過去に数十回と車一括査定を利用しており、その時の実体験をベースに徹底解説します。
車一括査定を複数利用する場合のメリット/デメリットを解説
車一括査定サイトを複数利用する事のメリットとデメリットを紹介します。
実際に試してみた!車一括査定の営業電話時間を指定する方法
車一括査定は申し込みたいけど、営業電話が平日や仕事中に掛かってくるのは嫌だという人向けに、営業電話の時間帯を指定する方法を紹介します。
カーセンサーの一括査定の5つの特徴・2つの弱点と利用者の評判
カーセンサーの簡単ネット車査定は、「カーセンサーnet」の中の人気コンテンツでリクルートが運営しています。カーセンサーは雑誌を発行していることもあり、中古車情報サイトのイメージが強いのですが、車の買取サービスも大勢の人が利用しています。
ユーカーパック(Ucar査定)は何が優れている?利用して分かったリアル意見
2016年4月にはユーカーパック(Ucar査定)という新しいサービスが登場。2016年12月からタレントのローラを起用、とても力を入れています。2017年1月にローラを使用したラジオCMも流れています。ただし、まだ新しいサービスであるが故に不安がつきもの。そこで、元買取屋の筆者が「ユーカーパック」について隅々まで調査しました。実は世の中にはユーカーパックと似たようなサービス(車一括査定)が複数存在しています。ユーカーパックは、他のサービスに比べて、何が優れているのか、逆に何が弱みなのかを解説します。この記事を読み終えるころには、あなたがユーカーパックに申し込むべきなのか、それとも違うサービスを利用した方が良いのかの判断が間違いなく付くでしょう。
楽天オートの特徴やお得ポイント・口コミ評判まで徹底解説
楽天オートは楽天が運営する、一括査定サービス提供サイトです。査定会社の口コミや、車の買取価格の相場なども紹介されているので買取を依頼する際の参考になります。また、自動車の一括査定だけでなく、オートバイの一括査定も行えます。
かんたん車査定ガイドの強みは何?3つの特徴と口コミ・評判
東証一部上場の株式会社エイチームのグループ会社である、株式会社エイチームライフスタイルが運営する中古車の査定・買い取りサイトです。50社以上の提携査定会社の中から最大10社に一括して見積依頼ができるのが特徴。簡単な車情報を入力するだけの簡単査定が人気で、約45秒の入力で買取価格の相場がわかります。
ナビクル(なびくる)の評判は大丈夫?利用して分かった強み弱み
ナビクルをラジオCMで聞いて、「愛車の相場が分かる」「愛車が高く売れる」などのメッセージを聞いて気になる人も多いと思います。ただし、ラジオでは良いところばかりアピールされているので何か不安になります。「ナビクルって本当に愛車の相場が分かるの?高く売れるの?」「実際に使った人の評判はどうなの?」「ナビクルの強みと弱みはなんなの?」そこで今回は、業界経験が豊富な私が実際にナビクルを利用してみて分かった強み/弱みと評判を徹底研究しましたので、わかりやすく解説します。本記事を読めば、あなたが最終的にナビクルを利用すべきなのかどうかも判断が付きます。
エイチームが運営する車査定/利用者の評判と強み・弱みを解説
エイチームが運営する車査定サービスは、「ナビクル」「かんたん車査定ガイド」「クルビア」と数多くあります。これらのサービスについて調査してみました。
ズバット車買取比較の特徴と2つの弱点・口コミ・評判まで徹底解説
株式会社ウェブクルーが運営する、車買取り比較サイトです。加盟店が多いことが特徴で、全国の査定会社150社以上と提携しています。提携会社は大手の査定会社から地域密着型のサービス重視の会社まで幅広いため、満足のいく査定が期待できます。
一括査定のパイオニア「カービュー」の魅力と2つの特徴・評判
株式会社カービューが運営する、車とオートバイの情報サイトcarview!(カービュー)。車関係の情報サイトとして大勢の人が利用しており、2015年8月現在の取り扱い中古車台数は35万475件、投稿されている口コミ数1,797万8,950件を誇る有名サイトです。カービューは車の買取サービスも行っており、最大8件に一括査定が依頼できます。一括査定サービスも利用者が多く、これまでに累計で約380万人が利用しています。
高く売れる買取店が見つかる?「くるまたかし」のサービスを徹底解剖
元買取店の筆者が「くるまたかし」の特徴、また車一括査定サービスについての全貌をお伝えします。
ズバブーン(ずばぶーん)の評判は大丈夫?利用して分かった強み弱み
車でラジオを聴いていると流れてくる「ズバブーン、ズバブーン」というラジオCM。ユニークなラジオCMですので、きっと耳に残っている人も多いと思います。そういえば車をそろそろ売るかも…と考えて気になって「ズバブーン」で調べるものの、「ズバブーンはどういうサービスなの?ラジオを聴いているだけではわからない」など不安があるのではないでしょうか?そこで今回は、元買取屋の筆者が実際にズバブーンと他サービスを利用して分かったズバブーンの強みと弱みを徹底解剖します。また、利用した人の評判も調べましたので、合わせて参考にしてください。
一括査定プラスの評判と通常の一括査定との違い
くるぷらの特徴と評判