車下取り 傷

最終更新日:2017年1月31日

車下取り査定額に傷はどれぐらい影響?

車下取り査定額に傷はどれぐらい影響?
車の買い替えを検討しているそこのあなたは、おそらく「次はどんな車にしようかな」「予算はこれぐらいにしておこう」「趣味と実用性を兼ね備えた車を希望」など、本当にワクワクして楽しみなのですよね。

 

ただし多くの人の実情は「ワクワク7割、不安3割」といったところではないでしょうか。そして3割の不安は

  • 車下取りが安かったらどうしよう
  • 今乗っている車が傷アリだけど、査定してもらえるのかな
  • もっとお得になる方法は無いのかな

といったように車下取りをはじめ、お得に買い替える方法に関するものが多いかと思います。

 

そこで今回は車下取りに出す際にお得になる方法はもちろんのこと、「傷が付いている車」の下取り査定について解説していきます。

 

傷ついた車に乗っているそこのあなたも、きっと買い替えでお得になるビジョンが頭に浮かぶでしょう。

 

1.傷の大小により車下取りの査定額の影響は変わる

傷があると車下取りの査定額にどれぐらい影響があるのか
そもそも傷がある車って下取り査定をする際にどのような影響を与えるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

 

そして多くの方が「小さいけど傷が入ってしまっているから、おそらく車の価値は非常に低くなっている」と思っています。

 

しかし自分で決めつけるのは時期尚早です。車の査定は、基本的に加減点による方式を取っています。

 

そして傷がある車はほとんどの場合、傷の大きさや種類によって減点されています。

 

しかし傷の種別は非常に多く、傷があるにもかかわらずあまり査定結果に響かないなんてこともあるのです。

 

そのため「傷があるから…」と諦めるのは少し待って、どの程度減点されるのか見極めましょう。

 

なになに?減点の度合いが分からないから見極めができない?大丈夫です。

 

下記にて簡単に箇条書きでまとめましたので、参考にしてみてください。

 

至近距離で確認しなければ分からない小さな傷は減点にならない

至近距離で確認しなければならないような小傷は、減点の対象になっていないと考えて良いでしょう。

 

正しくは減点の対象にはなっているが微々たる誤差であると考えて大丈夫です。

 

実は小傷は自動車の経年劣化と同じようにみなされ、基本的に大きな減点を受けることはありません。

 

また査定時に査定士が見落としてしまうこともあり、「それほど重要ではない誤差の範囲」であると認識されています。

 

上記のような理由から、小傷がある場合は気にしないように心がけましょう。

 

少し離れた距離から認識可能な傷は少しの減点対象程度

少し離れた距離からも認識ができるぐらいの傷は、減点されてしまいます。

 

しかしこれに関しても「車の価値が著しく下がる」ということはありませんので、それほど気にしなくてもいいかもしれません。

 

査定をする際の大前提として「中古車市場で商品として販売した際、どの程度の金額になるか」という指標がありますが、「小傷程度の自動車」と、「比較的認識しやすい傷を持つ自動車」の販売価格を比べると、その差は数万円程度であることが多いのです。

 

また場合によっては数千円程度の差額しかないこともあり、大きな差が出るとはとても言いきれせん。

 

そのため少し離れた距離から認識可能な傷を持っていたとしても、十分に車下取り額は期待できるといえるでしょう。

 

大きな凹み、傷は大幅な減点対象

どこからどう見ても分かるような大きな凹みや傷は、残念ですが大幅な減点をされる場合がほとんどです。

 

中古車市場での顧客は先に挙げた2種類の傷程度であれば「中古車だから仕方ない」という感覚を持っています。

 

そのため金額にそれほど大きな差が出ないのですが、大きな凹みや傷となると話は違います。

 

「見栄えが悪すぎる」と価値が非常に低くなってしまうのです。

 

そのため大きな凹みや傷を持つ車を下取った場合には、修理をしてから販売することになります。

 

大まかな考え方としてはその修理分+αが査定額からマイナスになると思っておきましょう。

 

ここまでおおまかな傷の程度による減点について解説してきましたが、大よそ理解頂けましたでしょうか?

 

気にするべきは大きな凹みと傷です。そのため修理して直した方が査定額がお得になると思いませんでしたか?

 

次章では査定前に傷を直すべきかそうでないかについてお話していきます。

 

2.傷を治すのは止めておいた方がいい

傷を治すのは止めておいた方がいい
前章では傷があることで多少なりとも減点されてしまうことを説明しました。

 

そして金額の大小はあれど、「モトが取れるなら直しておきたい」と思うのが人情というもの。

 

この章では修理工場で直す場合と自分の力で直す場合の2パターンに焦点を当てて解説していきます。

 

2-1.修理工場に持っていく場合

修理工場に持っていく場合のほとんどは「大がかりな傷や凹みのため、自分で修理することが困難である」と判断したものでしょう。

 

しかし修理工場で直すということは、コストだけに注目すると損である可能性が高いのです。

 

修理工場では作業あたりの時間工賃と部品代の2種類の料金が取られます。

 

そしてその金額は工賃で1万円前後、部品代は値引きなしの定価です。そのため非常に高額な修理金額になります。

 

また修理にかかった金額と修理前後の査定差額を比較すると、モトを取ることが非常に困難な数字を目の当たりにすることでしょう。

 

結果的に「時間とコストをかけてもモトが取れない」という状況に陥ってしまう場合が多いのです。

 

以上のことから、修理工場で直してから車下取りをすることはあまりオススメとはいえないでしょう。

 

2-2.自分で治す場合

自分で直す場合は非常にシンプルで、直せば直した分だけ減点が減ると思って良いでしょう。しかしこちらもあまりオススメできません。

 

なぜオススメできないのかというと、プロの作業ではないからです。

 

例えばうっすら付いてしまった傷(塗装のはげ)を消したいとします。

 

カー用品店には「タッチペン」と呼ばれる、部分塗装のための商品があるためそれを使いましょう。

 

塗装がはげた部分に少しずつ塗っていき、そこそこ綺麗にできましたか?実はこの状態では減点を回避できないのです。

 

査定士はもちろんですが車業界に身を置いている方であれば「あ、ここ後から塗ったな」と簡単に気付いてしまいます。

 

そして「そこそこ綺麗に塗った」状態であってもその部分は「元の傷と同じもの」と認識され、結局同程度の減点をされてしまうのです。

 

やるならばプロ並みのクオリティを出さなければ意味がなくなってしまいます。

 

あなたはどちらを選びますか?修理の素人である私は、時間をかけても同じ評価をされるのであれば、同じ時間をかけてより有効な手段を選びます。

 

その方法、気になりませんか?次の章でお伝えします。

 

3.車の下取り査定額を上げるコツ

車の下取り査定額を上げるコツ
修理して綺麗な状態にし、査定額アップを狙うことは金額的にも時間的にもあまりオススメではないことはお分かり頂けたかと思います。

 

しかし少しでもお得に車下取りをしてもらいたいですよね?

 

実はすごく簡単な方法で車下取りの査定額をアップさせる方法があるのです。

 

3-1.営業マンの成績に付け込む

まずはじめにすることは営業マンの成績に付け込むことです。

 

営業マンは販売台数のノルマがあることは皆さんご存知かと思いますが、実は多くのディーラーでは「車下取り」のノルマも課せられていることが多いのです。

 

商談時は無視してしまいがちなこの部分に付け込みましょう。

 

具体的な方法としては新車商談の中で「やっぱり下取りはやめておくよ」と言うだけで大丈夫です。

 

よほどカンの悪い営業マンでなければ「なぜですか?」と聞いてくるはずですから、「査定額がこんな値段であれば買い替えるのはもったいないし、話を無しにしようかな~」と言いましょう。

 

そうすることで営業マンはより良い条件を提示せざるをえないのです。

 

こちらの方法は考えてみれば当たり前だと思われるかもしれませんが、実践している方は意外と少ないのでオススメです。

 

3-2.査定前に実施する4つこと

査定前に少し手を加えることでお得になる可能性が高くなる方法があります。一覧にしてみましたのでご覧ください。

 

洗車

洗車は査定前に絶対実施しておいた方が良い項目です。

 

そのもっとも大きな理由は「査定士も人間だから」です。

 

感情論ではありますが、仮にあなたが汚い車と綺麗な車を査定する際、どちらの査定結果が高得点であるかは明白ですよね。

 

査定士も同様に、汚い車=雑に使用された車という先入観を持って査定をしてしまうため、良い結果を出しづらくなってしまうのです。

 

またその他の理由としては、「汚れを傷と見間違ってしまい本来の査定結果が出せなくなる」というものがあります。

 

小傷と評価したものであっても実は汚れのかたまりであった等意外にも見間違えは起こりやすいのです。

 

綺麗にしておいて損はありません。最後に綺麗にして愛車を気持ちよく送り出してあげましょう。

 

清掃

車内の清掃も洗車と同様の理由でしておいた方が良いでしょう。

 

査定項目の中には内装に関わる部分もあるため、綺麗にしておかなければなりません。

 

純正戻し

ヘッドライトをはじめとする各種部品に社外品が使われている場合は、できる限り純正に戻しておくことをオススメします。

 

なぜかというと「中古車市場では純正品を使用している車両の需要がある」ためです。

 

よく勘違いされるのは「このヘッドライト○○万円の高級品だよ」と言って査定額を釣り上げようとする方がいますが、非常に効果は薄くあまり意味がありません。

 

需要の高い純正品に戻して査定をすることで査定額が変わる可能性大です。

 

車検証入れの整理

車検証入れの整理は確実にしておきましょう。

 

車検証入れは売却時に必要な書類の多くを保管してある場合がほとんどであるため、確認の意味も込めて整理しなければなりません。

 

査定額に直接影響を与えることはあまりありませんが、査定前には書類一式をスムーズに出せるようにしておきましょう。

 

4.下取りだけではなく買取専門店からも査定見積もりを取る

下取りだけではなく買取専門店からも査定見積もりを取る
ここまで傷の付いている車の下取り査定でお得になるために様々なことを解説してきましたが、もっと簡単にお得になる方法があるのをご存知ですか?

 

「えっ、今までも簡単だったけど、もっと簡単な方法があるの?」という声が聞こえてきそうですね。

 

その方法とはズバリ、「買取専門店からも査定見積もりを取る」ということです。

 

単に車下取りと競合させるという意味ではなく、もっと根本的な部分から違いがあります。

 

4-1.買取専門店の方が車下取りよりも査定額が高い

実は買取専門店で車の買取査定をした場合、その金額はほとんどの場合車下取り査定額を上回ります。

 

その理由は買取専門店の在庫数が関係しており、多少高額買取しても在庫を多く抱えなければならないためです。

 

買取専門店が利益を上げるためには買い取った車を販売しなければなりません。

 

そして買取→販売までのサイクルは短く、回転率が非常に高いのです。

 

そのためどんな車であっても常に在庫を多く用意しておかなければならず、多少金額が高くなったとしても買い取らなければ利益に繋がらないという側面があります。

 

逆にディーラーの車下取りは、在庫を多く用意しなくてもメーカーから新車を仕入れることができるため、それほど金額に力はいれていないのが現状です。

 

以上の理由から、買取専門店で買取査定をすることで車下取り査定時よりもお得になるといえます。

 

また複数の買取専門店で買取査定額を競合することで、よりお得になることができるでしょう。

 

4-2.車一括査定サイトを利用すると便利

最後にご紹介したような複数の買取専門店で査定をすることは「面倒で時間がかかるし、車下取りよりもお得になるのであれば1社で構わない」と思っていませんか?まだ諦めないでください。

 

たしかに買取専門店を複数社回るのは時間的にも体力的にもしんどいかと思います。

 

しかしそのしんどさを解消できるのであれば、複数社で買取査定額を競合させたいと思いませんか?

 

その「しんどい」を解消するのにもってこいなのが、車一括査定サイトです。

 

車一括査定サイトでは、車種情報などを入力するだけで複数の買取専門店が、自分の指定した場所で出張査定をしてくれます。

 

つまり「自宅でのんびりしながら複数社の査定を受けることができる」のです。

 

この車一括査定サイトを利用するだけで、もっとも高額な買取査定額を導き出すことができるため、本当にオススメなのです。ぜひ利用してみてください。

 

4-3.車一括査定のおすすめランキング

車一括査定サイト(サービス)のおすすめランキング
車が高く売れると評判で利用者が急増している車一括査定サイトのおすすめランキングです。


おすすめ順は1回の申し込みで比較できる買取業者が多い順としています。正直なところ、どこの一括査定サービスも出来ることはそこまで変わりません。


どうせ同じようなサービスを使うであれば、一番買取業者を探せる「カーセンサー」を確認して、自分で業者を選択するのが一番正攻法なのです。


また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。※分からない項目はだいたいでOKです。どちらにしてもあなたの車(実物)を査定するときに確認するため。


カーセンサー簡単ネット車査定

 

 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:12万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:30社
 提携買取業者数:1,000社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carsensor.net/


カーセンサー

ユーカーパック

 

 特徴①:個人情報が流れず、電話も1本のみで強引な営業は一切なし
 特徴②:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴③:オークション形式なのであなたはネットで入札買取額を気楽にチェックするだけ

無料で一括査定を申し込む

 

 入力時間:約30秒
 査定回数:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
 入札の最大買取業者数:2,000社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 https://ucarpac.com/


ユーカーパック

楽天オート

 

 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント
 特徴②:成約するとさらに楽天1,500ポイント
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:5万人
 入力時間:約3分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:100社以上
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://auto.rakuten.co.jp/


楽天オート

かんたん車査定

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分る
 特徴②:現在の年間利用者数がNo.1
 特徴③:JADRIの審査に通過した優良業者

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:35万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約55社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://a-satei.com/


かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

 

 特徴①:申込みと同時に買取相場が分かる
 特徴②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
 特徴③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:18万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約220社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://www.zba.jp/


ズバット車買取

カービュー

 

 特徴①:累計利用者数No.1の390万人以上
 特徴②:車一括査定では唯一T-UPと提携
 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

無料で一括査定を申し込む

 

 2016年利用者数:15万人
 入力時間:約1分
 最大査定依頼数:10社
 提携買取業者数:約212社
 対応エリア:全国
 利用料:無料


 http://carview.co.jp/


カービュー

 

5.まとめ

今回は傷の付いた車の下取りについてお伝えしてきましたがいかがでしたか?参考になったでしょうか。最後に大切なことをまとめておきます。

  • 結果的に損をする可能性が高いので、査定前に修理はすべきではない
  • ディーラーによる車下取りよりも買取専門店の方が高額査定をしてくれる
  • 車一括査定サイトを利用すると簡単に査定額の最高額が出せる

覚えていましたか?これらをしっかり守っておけばお得になるかと思います。

 

ぜひ実践してより良いカーライフをお送りください。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

車下取りの価格相場を一番簡単にシンプルに知る方法を徹底解説
自分の車の下取り価格が適正なのか見極めるために大事な「下取りの価格相場」の調べ方を解説いたします。また、最終的にはあなたが満足して車を高く下取りしてもらうための方法をお伝えします。
ディーラー下取りの4つのメリットと6つのデメリットとその回避策
ディーラーで下取りをすることによって得られるメリットやデメリットを中心にご紹介していきます。
最低限知っておきたい!車下取りの流れと必要書類一式を徹底解説
最低限知っておきたい車下取りの流れから必要なもの、またお得に乗り換えを行う方法について解説します。
車下取りは安いって本当?現役ディーラーが答える下取り額を高くする方法
車下取りに関する損得が分かり、最終的には車を適正な価格で下取りできるようになります。
車下取りの注意点/必ず知っておきたい下取り査定額の裏側
車下取りにおける唯一の注意点「下取り査定額」にフォーカスを当てて、分かりやすく解説していきます。
ディーラー営業マンに聞いた!車下取りの査定額を上げるコツ
車の下取りにフォーカスして査定額を高くする方法について徹底解説します。下取りに出す前に一度ご覧いただけると幸いです。
どうせならお得に買い替えたい!車下取りでお得になるタイミングは?
ちょっとしたポイントを抑えるだけで下取り金額を上げて、よりお得に買い替えができるようになりますよ。
車下取りの引き渡し/ガソリンほぼ無しの状態でも大丈夫なの?
車下取りにといて「ガソリン量」はまったく気にする必要がありません。ただ、世間の常識はどうなのかなど気になる人もいらっしゃると思いますので、現役のディーラー営業マンにヒアリングしてきましたので、そのままお伝えします。
車下取りした時に自動車税は戻ってくるの?請求してもいいの?
一般的に自動車税は戻ってくるものなのか?還付をディーラーに要求してもいいのか?法律の観点で見ると、戻ってくるのが通常なのか?など、実際に多くの人が疑問に思うことを分かりやすく解説します。
車下取りした時に「リサイクル料金」は返ってくるの?
車を下取りに出す際にはリサイクル料金は戻ってくるのが原則です。原則と記載したいのは、中には査定額に含まれていたり、ディーラーから何も説明がない可能性もあり、知らないと損することにもなりかねません。
車下取りした時の消費税や税金は大丈夫?どういう人が対象になるの?
もそも車売却で得たお金は税金対象なのか、どういう状況であれば税金が掛かってくるのかについて解説します。
みんな本当にやってるの?車下取りで得た利益の確定申告について
下取りなどで自動車を売ると、その売却代金が所得と見なされるので、税金が発生することになります。そのため、個人であっても確定申告を行う必要が出てきます。ただし、ほとんどの人は税金を気にする必要はない=確定申告をする必要がありません。どういった人が税金が掛かりどういった人が確定申告をする必要があるのかについてお伝えします。
車下取り時にカーナビなどのパーツは外したほうが得する?損する?
どういったパーツやオプションであれば、プラスになるのか、もしくはならないのかについてお伝えします。また、最終的にあなたの車が高く下取りしてもらえるように、知っておいてほしいテクニックについても合わせてお伝えします。
車下取りに純正ホイールだと下取り査定額はプラスに働くの?
車下取り時にどういったホイールであれば、プラス材料になるのかについてお伝えします。また、最後にはあなたの車を高く売るテクニックについてお伝えします。
車下取りのキャンセル可否とより高く売るおすすめ方法を紹介
下取りのキャンセルはどういう状況であればOKでどういう状況であればNGなのかについて徹底調査しました。
車下取りの代車/どのディーラーでも貸してもらうことはできるの?
車下取りに参考価格を調べるオススメの方法と高額査定のポイント
今回は自分の車下取り参考価格を調べる方法や、より高く査定してもらうためのポイントについてご紹介していきます。